白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 02月 ( 104 )   > この月の画像一覧

もう1ヶ月くらい前の話題なのですが、パナソニックのMVNO「Wonderlink」について調べている途中でふと目についたSIMフリーデジカメについて、ちょっとターゲットとしての可能性を感じたので書き残しておきます。

海外では昨年から発売されているというLTEでの通信機能を搭載した「LUMIX CM1」というカメラをパナソニックが3月12日より発売します。

d0262326_2134369.png


LUMIX CM1は「コミュニケーションカメラ」という分類だそうで、撮影した写真をすぐにホームページやSNSにアップできるように本体自体に通信機能を持たせています。

これまでにもデジカメのようなスマホ機種というのはありましたが(GALAXY Zoomとか)、このCM1もAndroid 4.4搭載でGoogle Playからアプリのダウンロード、通話機能まで持っていながらカメラ機能としてもかなり高いみたいです。

20メガピクセルの解像度を持ち、1インチの大型MOSセンサーを搭載、レンズカメラのフォーカスをあわせるようにコントロールリングを回してシャッター時間や絞り、ISO感度の変更まで出来ると。一眼レフカメラに慣れた人でも気軽に楽しめそうです。

で、この機種は国内において限定2000台のみの販売となるそうです。販売は一部の店頭でのみと公式HPには書かれています。

公式のモニター募集として「ルミックスクラブ」で一部販売がされていたようですが、すでに受付が終わっています。

モニター価格で129,600円(税込)だったみたいですので、実売価格はプラス数万円くらいになりそうです。実際にネットで探してみると、一部ショップで予約を受け付けており158kだったり178kだったりするようです。ニュースサイト等を見ると実売価格は12万円前後って書いてあったのですが、もう少し高くなるようですね。

デジカメとしてもSIMフリースマホとしてもかなり高めではありますが、面白いです。

すでに販売中のイギリスからebayで取り寄せると19万~20万円くらいするようで、すでにプレミア感があります。

SIMフリーなので国内だけではなく、海外でも使えるというのは大きいですね。
4G(LTE) サポートバンド:FDD Band1、3、4、5、7、8、20 カテゴリー:4
3G(WCDMA) サポートバンド:FDD Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅷ HSDPA カテゴリー:24 HSUPA カテゴリー:6
2G(GSM) サポートバンド:850、900、1800、1900 GPRS/EGPRS:Class10


band1があるのでソフトバンクやauでも使えるのでしょうか??基本はPanasonicのMVNOであるWonderlink(ドコモ系)で使えるように狙ったものだと思いますが。

カメラとして限定2000台という台数が多いのか少ないのか市場調査が足りていない私にはよく判りませんが、需要は結構ありそうにも思えました。

もし品薄になるようだったらチャンスです。全国どこのショップでも買えるというわけではないみたいなので、気になる方は発売前にチェックした方が良さそうですね。

レンズの交換などは出来ないっぽいのでミラーレス一眼+スマホ機能とまでは行きませんが、良く写真をネットにアップする方には受けそうです。


by ke-onblog | 2015-02-18 22:05 | スマホニュース | Comments(2)
久しぶりの入荷です。たぶん。

中古・アウトレットパソコンやスマホを扱い、秋葉原・大阪にショップを構えるイオシスの通販サイトにdocomoのLTEで接続できるSIMフリーモバイルルーターNI-760Sが再入荷しているようです。以前にも扱われていたはずですが、ここしらばらくオンラインの在庫は品切れになっていたはず。

☆「イオシス SIMフリー NI-760S

私はつい最近同じくイオシスでWM340というLTE対応のSIMフリールーターを買ってきたのですが(今イオシスの通販では売り切れました。店頭にはまだ在庫があるようです)、あちらは値段こそ4980円でさらに安かったですが中古品だったのですよね。

私の買った在庫はそれほど傷やバッテリー劣化も気になりませんでしたが、運が悪いとバッテリーの持ちが悪かったりすることもあるはず。

しかしこのNI-760Sは未使用品で7980円です。ドコモの対応バンドはLTE 2.1GHz/3G 800MHzだけですが、範囲は広いのでMVNO用にならこれで十分でしょう。

実はDMM mobile用はこの機種を仕入れようかと思っていのですが、ずっと品切れだったので妥協してWM340を買ったという裏話があったのです(笑)

NI-760Sのスペックは2000mAhの比較的大きなバッテリーを搭載して本体重量108g.LTEはband1だけなので下り最大75Mbpsまでとなっています。LTEでの連続動作時間は約5時間。

ちなみにアマ○ンだと今はイオシスの倍くらいの値段がついているものしかありませんね~

正直この前goo SimSellerでセールになっていたFS010Wのほうが更に買いだったな、とは思いますが今は通常価格で14800円。初期費用を抑えたいならNI-760Sも十分なコスパを期待していい機種だと思います。


by ke-onblog | 2015-02-18 20:19 | キャンペーン情報 | Comments(2)
先週発表されたASUSの2 in 1タブレットパソコン・Transbookシリーズの新機種「CHI」ですが、私がチェックした2月13日時点において10インチサイズの「T100CHI-3775S」モデルが「在庫切れ」になっていました。

しかし18日現在、予約が再開されたようで公式サイトで注文が出来るようになってますね~

☆「ASUS TransBooK CHIシリーズ

旧モデルのTransbookユーザーとしては新しい90シリーズ、100シリーズはなかなかお薦めです。ガンガン使う用ではなく、ちょっと持ちだして使いたいライトユーザー向け(あるいはサブノートPC用)です。

私の場合で言えばT100TAの電源を入れるのは月に1回以下の頻度。それでも「10インチというサイズ」「Windowsタブレットである」「外に持ち出したい」という特性を活かしたい利用シーンがあるので、欠かせない一台になっています。

詳しい所感は過去記事をどうぞ→ ASUSの脱着PC TransBook新型機のT100CHI、即日完売

ASUSオンラインショップでのT100CHI-3775S販売価格は79,704 円です。

アマゾンでも予約が受け付けられていますね。

ASUS TransBook T100CHI ノートブック ダークブルー ( WIN8.1 32BIT-WITH BING / 10.1inch WUXGA touch / Z3775 / 2GB / eMMC 64GB / Microsoft Office Home&Biz 2013 ) T100CHI-3775S

新品価格
¥72,451から
(2015/2/18 16:16時点)



アマゾンのほうが公式より安いっすね(笑)

T100TAは家電量販店ならほとんどのショップで取り扱いがありますので、CHIもたぶんどこのショップでも買えるようになると思います。このモデルは機種の内面的性能よりも本体の軽さ・薄さ・使い勝手などがポイントになるPCなので、実物を触ってから購入検討した方が良いですね~
by ke-onblog | 2015-02-18 16:25 | T100TA | Comments(0)
私のチェックした段階で2月14日から売り切れが続いていたソフトバンクオンラインショップのシンプルスタイル携帯・301Zの在庫が2月17日のよる頃に復活していたようです。18日1時現在は全カラー在庫があります。

☆「ソフトバンクオンラインショップ 301Z特別キャンペーン

301Zは2月3日から先着2000名にアマゾンギフト券をプレゼントするというキャンペーンをやっており、注文が一気に増えて在庫切れを起こしていました。

11日頃にはブラック・ホワイトが完売状態、その後ブルーも無くなったという順番だったと思います。

今日は2月18日ですので、今日以降に注文しておき、2月28日までに商品受取り・開通操作を行えば違約金なしでMNP出来るのは2016年1月31日を過ぎてから「2016年2月1日~」となります。

シンプルスタイルを最大限に活用するためになるべく開通日は月末に近づけたほうが有利(電話番号有効期限が後ろに伸びる)ですので、シンプルスタイル回線が空いている方はここで埋めておくのも良いでしょう。

ちなみにシンプルスタイルでの新規契約の場合は2015年2月から始まった「1名義当たり3回線目からの利用者登録」に入らないことを読者さんに教えてもらっています(既存通常回線2回線契約済み→新規プリモバ開通が可能)。


301Z以外ではキャッシュバックはありませんが、他にプリスマのSTREAM 201HWや101Kも売り切れのカラーがあったりするんですよね・・・。このあたりの端末がそんなに人気があるとは思えないのですが、そもそも在庫が少ないってことなんでしょうかね。

301Zの在庫&キャンペーンもいつまで続くか判りませんので、計画的に運用することが大前提ですが欲しい方は早めにオーダーしておいたほうが良いと思います。2月も下旬に近づけばMNP弾の空きを補充する人が増えて再完売、という流れがあり得るとおもいます。


by ke-onblog | 2015-02-18 01:00 | キャンペーン情報 | Comments(2)
MVNOの参入で日本国内で購入できるSIMフリースマートフォンが増えました。今回は自分用のメモとして、2015年2月現在で出回っているSIMフリーモデルの価格帯と、それぞれのスペックをチェックしてきました。

これからどんどん価格は安く・スペックは高く進化していくと思いますが、将来の参考用にも面白いデータになるかもしれません。

【1万円以下】

[3G] Polaroid pigu/ Dual core 1GHz, RAM 512MB, 3.5インチ(480×320),1400mAh
[3G] freetel priori/Single core 1GHz, RAM 512MB, 3.5インチ(480×320),1500mAh

【1万円~2万円以下】

[3G] Sony Xperia E(C1505) / Single core 1GHz, RAM 512MB, 3.5インチ(480×320),1530mAh
[3G] covia FLEAZ F4s/ Quad Core 1.2GHz, RAM 512MB, 4インチ(480x800),1350mAh
[LTE]Ascend G6/ Quad Core 1.2GHz, RAM 1GB, 4.5インチ(960X540),2000mAh
[LTE]Ascend G620S / Quad Core 1.2GHz, RAM 1GB, 5インチ(1280×720), 2000mAh
[LTE]freetel LTE XM FT142D/ Quad Core 1.2GHz, RAM 1GB, 5インチ(1280×720), 1700mAh

*FT142Dは先日まで「イオシス」に19800円で通販在庫が何百台もあったのですが、2月17日時点で売り切れていました。店頭にはまだ残っているところもあるようです。定価は3万円ちょっとです。

【2万円~3万円以下】

[LTE] StarQ Q5002 / Quad Core 1.2GHz, RAM 1GB, 5インチ(1280×720), 2600mAh
[LTE] Blade Vec 4G /Quad Core 1.2GHz, RAM 1GB, 5インチ(1280×720) 2300mAh
[LTE] Sony Xperia M2 D2303/Quad Core 1.2GHz, RAM 1GB, 4.8インチ(960x540) 2300mAh
[LTE] ASUS ZenFone 5/Quad Core 1.2GHz, RAM 2GB, 5インチ(1280×720), 2110mAh
[LTE] Ascend P7 / Quad Core 1.8GHz, RAM 2GB, 5インチ(1920x1080), 2500mAh

*Xperia M2には防水の「Aqua D2403」もあります。今日の価格は+3000円くらいで2万円台後半。

【3万円~4万円以下】

[LTE]LG G2 mini / Quad Core 1.2GHz, RAM 1GB, 4.7インチ(960x540), 2370mAh
[LTE]LG G3 Beat D722K/ Quad Core 1.2GHz, RAM 1GB, 5インチ(1280×720), 2540mAh
[LTE・防水]Sony Xperia Z Ultra C6833/Quad Core 2.2GHz, RAM 2GB, 6.4インチ(1920x1080) 3050mAh
[LTE]GALAXY A3 Dual SIM SM-A3000/8コア 1.2GHz, RAM 1GB, 4.5インチ(960x540), 1900mAh

【4万円~5万円以下】

[LTE] HTC Desire 820/ 8コア(1.5GHz/1.0GHz)RAM 2GB, 5.5インチ(1280×720), 2600mAh
[LTE] Ascend Mate7/ 8コア(1.8GHz/1.3GHz), RAM 2GB, 6インチ(1920 x 1080), 4100mAh
[LTE] Nexus5/ 4コア 2.26GHz, RAM 2GB, 4.95インチ(1920 x 1080), 2300mAh
[LTE・防水] Sony Xperia Z2 D6503/4コア 2.3GHz, RAM 3GB, 5.2インチ(1920 x 1080), 3200mAh

【5万円~6万円以下】

[LTE・防水] Sony Xperia Z3 Compact D5833/Quad Core 2.5GHz, RAM 2GB, 4.6インチ(1280x720) 2600mAh

【6万円~】

[63,525円]Sony Xperia Z3 D6653/ Quad Core 2.5GHz, RAM 3GB, 5.2インチ(1920 x 1080) 3100mAh

[75,170円] Google Nexus 6/ Quad Core 2.7GHz, RAM 3GB, 5.96インチ(2560x1440) 3220mAh

[16GB 94,945円]Apple iPhone 6 A1586/ A8チップ 4.7インチ(1334x750)

対応バンドも一緒にリスト化しようと思いましたが、ぐちゃぐちゃになって見づらくなるのでやめました(笑) 3GとLTE対応の境界線は1.5万円くらいですね。それ以下の安さになるとどうしても3G限定になってしまいます(ルーターなら無くもない)。

Ascend G620SはBand 1,3,7,19に対応している中で最安値級でしょうか。

この他、「この機種もリストに入れておけ」というものがありましたら是非コメントでお知らせ下さい。リストを作っている途中で飽きてきてしまって抜けている機種がいっぱいあると思いますので(笑)

なお、価格帯の参考には国内系SIMフリー機種の安い「goo SimSeller」と輸入系SIMフリーの大手「エクスパンシスicon」をメインにしています。ストレージ違いによって価格帯がずれるものもあると思いますので、あくまで目安と考えて下さい。この2ショップは他店や定価価格よりかなり安いモデルもあり、上記の価格帯は「定価・一般市場価格」とは異なる部分もあります。



by ke-onblog | 2015-02-17 15:01 | キャンペーン情報 | Comments(2)
この「モンスターPC」というのは私やメディアが考えたものではなく、公式のキャッチフレーズです。

今日VAIO(もうソニーではない)が発表した2015年春モデルとなるノートパソコンは「VAIO Z」と名付けられ、スマホシリーズの「Xperia Z」のZを引き継いだようなハイエンドでスタイリッシュなデザインで、超かっこいい。

液晶は脱着タイプではないですが、ディスプレイが反転してタブレットのように利用できる「3つのスタイル」。その変形途中の姿がまさに「Z」。

iconicon


このVAIO Zはすでにソニーストアで販売が始まっています。発売日は2月26日のようです。

☆「ソニーストア VAIO Zicon

最小構成の場合で189800円、ストアではメモリーやストレージ構成を変更できますが最高級構成にすると30万円を超えます。昨今では2,3万円で買えるタブレットパソコンもある中、まさに「モンスター級」ですね。

icon
icon


ノートパソコンスタイルでは極普通の薄型ウルトラブックPCのですね。ディスプレイは13.3インチですが解像度は2560x1440ドットのWQHDですね。Microsoft Surface Pro3(2160×1440)よりワイドです。

CPUは2モデルあり、Core i7-5557U(3.10 GHz)かCore i5-5257U(2.70 GHz)。第5世代Coreシリーズの中でもワンランク上というハイパフォーマンスが期待できます。

Core i5版でさえ旧世代のCore i7を上回るのですね~(゚д゚)
icon
icon


ストレージには第二世代ハイスピードSSDを採用し、従来のハイスピードSSDの1.5倍の処理速度を叩き出すそうです。スタンバイからの再起動はたったの約0.3秒。パソコンというよりタブレットとしての利用にも十分応えます。
icon
icon


本体重量は約1.34kgと13インチノートにしては軽量ではありますが、もっと軽いモデルもあるにはあります(Lavie ZとかSurfaceとか)が、ここはあえて薄さや軽さだけに拘らずに「実利用パフォーマンス」を優先したとのこと。そのおかげかバッテリー駆動時間が脅威の15時間オーバー。丸一日外で使い倒しても持ちますね~。

今ソニーストアで注文すると到着予定日が2月26日と表示されます。

また、まだ発売はされていませんが「VAIO Z Canvas」というクリエイター向け構成のタブレットパソコンも5月に発売予定とのこと。

ちょっと私には手が出ない価格帯ですが、個性のある面白い機種ではありますね。似たような性能の薄型パソコンというのは確かに他にもありますが、一歩突き抜けた感があるVAIO Zは魅力的です(予算が許せば)。

ソニーストア

by ke-onblog | 2015-02-16 19:22 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
いつから案内が出ていたのか気づきませんでしたが、NTT東日本のホームページに「ドコモ光」や「Softbank光」などのフレット光回線とのセット割が適用できるようにさせるための契約切り替え(転用)方法が案内されています。

詳しくは公式ホームページを見てもらえればわかると思いますが、具体的な転用方法を解説してみたいと思います。判らないところは実際の方法をサポートなどに問い合わせながらやってみてくださいね(簡単なので迷うところはあまりないと思います)。

【インターネットで申し込む場合(NTT東日本のみ)】

1.転用申し込み用サイトにアクセス(https://flets.com/tenyou/

2.サイトの一番下にある規約を下までスクロールさせてから、「同意する」のチェックボタンを押す。
d0262326_1525619.png


3.契約中の「お客さまID」と「ひかり電話番号」、契約中の住所や名義、支払い方法を入力する

4.確認画面で入力事項を確認 → 転用承諾番号が発行

ネット申し込みが出来るのは東日本地域だけです。NTT西日本の場合は電話のみでの受付みたいですね。

【電話で申し込む場合】

下記の電話番号に連絡をして、上記のネットの場合と同じく転用承諾番号を教えてもらいます。
(NTT東日本 フレッツ受付センタ)0120-140202、(NTT西日本 フレッツ受付センタ)0120-553-104 、(受付時間)東日本 9時~17時、西日本 9時~21時

これでNTT側でやることは終わりです。この転用承諾番号の有効期間内(発行日含め15日)に転用先の光コラボプランの登録サイトで番号を入力し、切り替えを行います。

例としてソフトバンクの光コラボの場合は、事前申込みページに進むと以下のように入力項目が出てきます。
d0262326_1591215.png

あとは普通の契約のように各種登録情報を入力してサービス提供を待つだけで良いみたいです。ネット接続方法を変えなければ機器の変更もないはずです。

☆「ソフトバンク ホワイトBB

転用は思ったより簡単ですね~。ドコモ光や他のサービスプロバイダーの場合も同じ感じでしょう。ドコモの場合はドコモショップやオンラインサイトの場合はドコモIDとの連携がいるみたいです。

☆「ドコモ光 お申込み方法

フレッツ回線を利用中の方は工事はありません。

ドコモとソフトバンク以外ではOCNやIIJmioもMVNOとのセットを発表しています。光コラボでの割引を狙っている方は契約中の携帯回線に合わせて、それぞれの光コラボ提供先で手続き方法を実行する必要があります。

転用方法を簡単にまとめると、「NTT東西西日本で転用承諾番号発行→コラボサービスサイトで転用手続き申請」、この2つだけです。

既存の組み合わせで安く出来そうな人は転用手続きをやってみましょう。大きな割引を受けるには大容量プランに入っていないと恩恵があまり感じられないかもですが、適用条件を満たしているのに使わないのはもったいないです。


by ke-onblog | 2015-02-16 15:25 | 白ロムコラム | Comments(0)
日程が・・・

楽天傘下のグループ会社で「楽天モバイル」の運営元であるフュージョン・コミュニケーションズが、ブロガーを招いて3月16日(月曜)にイベントをやるそうです。

イベント参加者にはモニターをすることを条件として、1年間無料で使える楽天モバイルの格安SIM回線と、ASUS Zenfone5 8GBモデルがプレゼントされるそうな。

☆「Zenfone 5(8GBモデル)&1年間のデータ料金(2.1GBパックプラン)を無料でモニター参加できる!楽天モバイルブロガーイベント

プレゼント、って書いてありますのでZenfoneは返却しなくてもいいんですよね???これはなかなか太っ腹です。定価だと24000円くらいはするはず。

楽天の2.1Gプランは通常1650円(音声通話付き)なので、こちらも1年で2万円弱の価値があります。

イベント定員が30人と少ないので競争率は高そうですけどね・・・。そしてイベント日程は月曜日の3月16日。開始時刻は19時半からですが、ちょっと私には厳しい。会場は渋谷にある楽天カフェです。

参加条件は以下のとおりです。
①イベント内容や商品についての率直なご感想を1記事以上、イベント実施時にお渡しする端末やSIMカードの使用体験について1記事以上、計2記事以上を2週間程度でご自身のブログに書いていただける方。
②上記「楽天モバイルお申し込み手順」にてご契約いただき、イベント当日までにSIMカードをお受取いただける方。
③満20歳以上の方

まぁ「転売ブログ」としているこのサイトではどちらにしても審査に落ちちゃいますかね(笑) 

Zenfone5が欲しい、楽天SIMが無料で使いたいという東京近郊の方は応募してみてはいかがでしょうか。

Zenfone2なら仕事を休んででも行きたいところですが、Zenfone5はちょっと今更感です(負け惜しみ)。


by ke-onblog | 2015-02-16 13:24 | キャンペーン情報 | Comments(0)
2015年2月の相場記録用に、auのGALAXY S5 SCL23とXperiaZ3 SOL26の案件をピックアップしておきます。

この2機種は2014年のハイスペック機種ですが、昨年からずっと投げ売りが継続しているので本体の白ロム価格としては少々割安感が出てしまっていますが、キャッシュバックもMNPシーズン突入でさらに増えている印象です。

下記に取り上げるショップは特にキャッシュバックが多いものです。条件はあまりゆるく無さそうですが、後日振り替える時のデータとしては面白みがあると思います。

対象ショップ:「もしもしモンキー 東京エリア店舗

もしモンの関東案件でau XperiaZ3 SOL26が2台同時MNPで本体一括0円+80000円キャッシュバックです。1台ではCB2万ですが、2台同時で一気に跳ね上がっています。

ただし、このCBはスマートバリューを含み、かつ有料コンテンツ15個×2ヶ月維持費が必須。CB付与まで3ヶ月以上掛かりますので、最低限それまでの維持費がかかっちゃいます。


続いて同ショップでGALAXY S5を購入した場合。

SCL23を1台MNPで本体一括0円にCB39,000円、2台で110,000円、3台なら177,000円へアップします。

こちらのキャッシュバックにはスマバリに加えてU25適用も含んでいるため、家族回線で25才以下の名義を絡めないと最高額には到達できません。2台購入時に1台あたりのCBが55000円なので上記のSOL26よりも割引率は高いです。

白ロムの価値としてはSOL26が40000円~43000円ほど、SCL23だと30000円前後がヤフオクの落札相場です。本体の売却を考えるなら上記のもしモンを使うならSOL26のほうが多少有利かな~という気がします。

というのもXperiaZ3はnanoSIMなのですが、auのMVNOであるmineoに加えて2月からUQ mobileでもnanoサイズに対応したので需要がちょっと増えているという理由があります。

もしモンはコン盛り系なのでCB額だけで比較すると他店を上回っていると思いますが、維持費等を考えて近くにあるショップと比較してみると良いでしょう。もしモンの上記サイトは契約条件・キャッシュバックの条件がきっちりと解説してあるので親切です。

今月末や来月に向けてCBは変化するでしょうか。この相場を覚えておいて移動するタイミングを図りましょう。




by ke-onblog | 2015-02-15 19:31 | キャンペーン情報 | Comments(0)
毎日調べるのは面倒ですが、週一くらいなら。。。

1月に自分でLINEスタンプの申請をした日から、LINEのアプリ上で販売されている承認済みスタンプ数の経過を記録して、その増加具合などを分析してみたいと思います。

ドコかのサイトでこういうのってやってないかしら?(笑)

とりあえず私のチェックしたデータを元にして適当に計算していきたいと思います。


・2015年1月8日 スタンプ販売数:約41000個

・2015年1月26日 スタンプ販売数:44061個

・2015年2月9日 スタンプ販売数:48277個

・2015年2月15日 スタンプ販売数:49643個

まだ4点しかデータがないですけど。

グラフにするとこんな感じ。ちょっと手抜きで申し訳ないですけど。
d0262326_18141955.png


なんとなく判ってましたけど、2月になっても全然承認スピードアップしてネー。後ろ2点での増加数は1366個/6日≒227個/dayですね。

現時点で販売されているスタンプは5万足らず。申請されたスタンプは20万超。ID17万の私のスタンプがリリースされるのはまだまだ先。

来週もまた数をチェックしていきたいと思います(覚えていたら)。



by ke-onblog | 2015-02-15 18:19 | LINEスタンプ | Comments(1)