白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 04月 ( 115 )   > この月の画像一覧

あれ?これは終わるという噂があったのですが、デマでしたか(後で延長したのかもしれませんけど)。

ワイモバイルのモバイルルーターでは「CA対応Pocket WiFi 使い放題キャンペーン」は2015年5月10日まで延長されています。

☆「ワイモバイル

ワイモバショップの305ZT用価格も3月以前と変わっていません。月額3991円(税込み)、本体価格42000円、2年間での本体実質負担は0円(42000円分を24回分割で割引)となります。

使い放題キャンペーンは契約から24ヶ月間、月間7GBの上限を超えた場合に500MB/500円での速度通信制限開放オプションを無料で何度でも追加できるというものです。

本家が変わっていないので、代理店系もキャンペーンを継続しているようですね。

☆「ワイモバイル月額2,490円 GMOとくとくBB

GMO用の新規一括0円月額2490円プランも全く同じ条件で4月30日まで延長されました。

WiMAX2+のCPは4月からキャッシュバック相場が下がったようですが、Pocket WiFi系は今後もしばらくはお得感は変わらなさそうです。


by ke-onblog | 2015-04-02 00:36 | キャンペーン情報 | Comments(0)
月が変わり、いろんなキャンペーンが終わったり・条件が変更されたり・新しく開始されたり。またいろいろと把握し直しです(^_^;)

4月からの大きな変更の一つとして、今年の2月から導入されていたドコモの端末購入サポートの対象機種変更があります。

3月までは全7機種(ドコモオンラインショップ上の対象)でしたが、現在は「XperiaZ3 compact SO-02G」「ディズニーオンドコモ SH-05F」「ドラクエモデル SH-01F」の3機種だけになりました。

対象外になったのは以下の4モデルです。

・Xperia Z3 SO-01G
・GALAXY S5 SO-04F
・AQUOS ZETA SH-01G
・docomo on Disney SH-02G

この4機種は今後白ロムの値上がりが期待できちゃうかもしれませんね~

SO-02Gが割引を継続したので、こちらは今後の値上がりは若干期待薄。すぐに大きく値下がるとは思いませんが、現状キープかゆるやかに下降するでしょうか。

3月に仕入れた端末が今後白ロム市場に大量に流れこんでくることが予想されますので、白ロムショップやオークションサイトの価格を追跡して買い時・売り時を見定めたいところですね~

私もいくつかの機種でヤフオク相場を記録して変化を追跡中です。4月から主要MVNOがデータ量アップを行ったので白ロム需要もさらに伸びが期待できますし、楽しみです。


by ke-onblog | 2015-04-01 21:04 | 白ロム転売法 | Comments(12)
4月2日から格安スマホサービスで有名なフリーテル(freetel)が「通話料いきなり半額」というサービスを始めるそうですが、ぱっと公式サイトを見てもどんなサービスなのかイマイチ判らなかったので、その仕組みを解説してみたいと思います。

もう明日から受付だというのに公式サイトの利用方法や支払い方法、FAQがリンク切れたままになってるんですよね・・・まぁいいや。

それも「格安の理由」ってことでしょう。価格相応というやつですね^^;

「通話料いきなり半額」では、通常格安SIM系の電話料金は20円/30秒程度が一般的ですが、これが10円/30秒になるよ~というものです。

基本料金は0円で全く掛からず、初期の設定コードパッケージ価格が390円(税別)で4/2から販売される予定です。

ここまでだけだと、「初期390円だけで月額料金0円の音声回線が手に入る?!」と思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。

通話料が安いというと既存サービスではIP電話や050電話サービスなどが思い浮かびますが、どうやらこのフリーテルのものはそういった系のものとも違うのです。
d0262326_15525738.png

このサービスでは、電話番号・発信回線自体は既存のドコモやソフトバンク、auといった契約済みのものが必要で、発信時に「freetelプレフィックス回線」を経由させることで通話料が10円/30秒になるというものです。

つまり「音声回線を契約する」「音声SIMを契約する」といったものではなく、フリーテルの用意する特定の回線を使えるようにするサービスということですね。

また、これは「フリーテルのプレフィックス回線を経由する」だけなので、元の回線はキャリアを問わず、どこのMVNOの音声SIMで契約していても使えるはずです。iOS,Androidだけでなく、ガラケーでも使える方法が用意されているようです(スマートフォンではアプリで設定、ガラケーの設定方法はまだ公開されていませんが、特定の番号を通常の電話番号前に自動挿入するような機能を利用するのでしょう)。

フリーテルのサイトによれば、月に88分以内の通話であれば通話し放題のプランを契約するより安くなるということです。

90分間だと1800円分の通話料+通常回線プランの基本料金934円≒カケホプラン2700円の基本料金、という比較をしているみたいですね。

通話し放題プランを外してこの「通話料いきなり半額」で運用すると90分以内の通話時間の月が多い場合は確かに安くなりそうです。

通話回線自体は音声回線を使うので通常のまま、初期設定だけで通話方法も同じままで利用できるというのは手軽で良さそうですね。

初期の390円以外、使わなければ全く基本料金が掛からないというのがいいですね。税込みで420円分として、累計21分間話すだけで最低限のもとが取れますので。

通話を割安にするサービス自体には既存の競合サービスがいろいろありますが、フリーテルに勝ち目はあるでしょうか?

FREETEL マイクロSIMカード[LTE対応・データ通信専用] FREETEL SIM データ通信専用 M002K01

新品価格
¥3,240から
(2015/7/30 19:21時点)



by ke-onblog | 2015-04-01 15:53 | 格安SIM(MVNO) | Comments(2)
どちらが使い勝手が良いのでしょうね?

ソフトバンクの4Gネットワークを利用した家庭用のネットワークルーター「Softbank Air(ソフトバンクエアー)」が新しい自宅用ネット回線の使い方として登場したという話をブログでも扱ったことがありますが、今度はUQコミュニケーションによる「WiMAX」回線でも似たような端末が出てきましたね~

端末名は「Uroad Home2+(ユーロード・ホームツープラス)」ですね。

端末価格は定価は20000円ですが、UQ本家での価格は2800円、代理店だと0円です。

☆「UQコミュニケーションズ」 本体2800円/CB 5000円
☆「BroadWiMAX」/ 本体0円
☆「GMOとくとくBB WiMAX2+ CBキャンペーン」/本体0円 CB 21590円

Uroad Home2+ではインターネット固定回線につかう無線LAN用のルーターと同じく、ACアダプターで電源供給をします。本体に有線LANケーブル用のコネクタもあるため、無線が使えないPCや関連機器にも接続が可能と。

料金体系は通常のWiMAX2+と同じなので、無制限プランにすればギガ放題が4380円、月間7GBで制限の掛かる旧プラン(ツープラス フラット)なら3696円となりますね(UQ本家の場合。代理店だともう少し安いところも多いです)。

同時接続は18台まで、パソコンやタブレット、ゲーム機種など各種Wi-Fi搭載端末でネット接続が可能です。モバイルルーターとは違って大きな外付けアンテナが付いており、受信感度やネット接続端末への接続距離(ルーターと端末の距離)が長いのが特長。

d0262326_1285474.png


この端末はUIMカードスロットにWiMAX用のSIMカードを差し込んで使うみたいですが、他のモバイル端末と同じ仕様なのですかね?ならば家ではUroad home2+に挿しておき、外出時には白ロムか何かで手に入れたモバイル端末で併用が可能というのなら、本体だけでの需要もありそうですね~

モバイル用のHDW15やW01などは白ロムがすぐに出回りましたので、こちらのホームルーターを契約で手に入れて、あとから白ロムを安く買うのが便利かも知れません。

月額料金としてはソフトバンクエアーがオプションを最低限にすると3996円なので、WiMAX2+のギガ放題プランよりは多少安いですね。Softbank AirはSBのスマホとのセット割も効きますし。

その代わりWiMAX2+契約は代理店を挟めば本体が0円ですし、CBも狙えます。CBまで含めたトータルでの比較ならWiMAXにも分がありそう。

自宅利用としてどちらが優れているのかは実際に2台並べて試しでもしない限り判りそうにないですが、そんな人はいないでしょうね(笑) WiMAXの方は「Try wimax」という試用期間があるサービスもあるので、そのうちこの機種も対象になるかと思われます。固定で使うとなれば個々の自宅で如何に安定してスピードが出るかがストレス無く使えるポイントになりますので、急がないなら試してから契約するのが良さそうです。


by ke-onblog | 2015-04-01 12:29 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今日はエイプリルフールですが、残念ながら嘘ではありません(このブログではエイプリルフールネタはやりません)。

WiMAX関連の情報は2月にWiMAX2+用の新プラン(ギガ放題)に切り替わるのにあわせて何度も取り上げて勉強&変動を追跡してきましたが、4月はやっぱり条件が悪くなりましたね~

1月~3月の間は毎月のように「今月末まで」という期間限定感を出しながらも、翌月になると同程度かそれ以上のCBをぶち込んで来たGMO系も、今日からの申し込み分はキャッシュバックがガクっと落ちてしまいました。

GMOの今月(4月30日まで)のCBは以下のようになっています(クレードル無し版)。

WX01 22790円CB 
W01 23990円CB 
HWD15 26390円CB 

あとは新しく追加になった据え置きタイプの「URoad-Home2+ 」が21590円ですね。全機種本体は新規一括0円です。

私の日記によればHDW15の場合、2月→29000円、3月前半→33390円、そして昨日までは36000円のCBでした。一気に2月以前のレベルまで落ちてしまいましたね~。

CB以外の特典(初月無料や送料無料など)、月額維持費等の条件も全く変わっていないはずですが、キャッシュバックだけ大幅減。

どうしても3月中に契約できなかった方は仕方がないのですが、昨日までに申し込んでいれば1万円近く安かった、と。WiMAX2+の鬼安プランは継続中ですが、CBを考慮にいれた場合のトータルコストはCBコースのほうが割安になります。


ということで、今日から携帯契約の案件も悪くなりそうですが、モバイルインターネット系もやっぱり3月が一番有利だったというお話でした。4月以降も変わっていない代理店もあるかもですが、一般的な傾向としては「3月商戦に乗っておく」というのはお得なことが多いようですね。

来年以降に引っ越しや契約変更を考えている方は、今年の傾向を覚えておくと良いでしょう。


by ke-onblog | 2015-04-01 08:41 | キャンペーン情報 | Comments(0)