白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 05月 ( 114 )   > この月の画像一覧

ちらほらとNexus6の一括0円案件が出てますね~。少し前にも抱き合わせで0円案件があったのですが、2台セットでも行けるようです。

Nexus6はもう発売から半年になります。なかなかこれまでは安売りをしてきませんでしたが、最近は5.5インチクラスのライバル機種も増えて、そろそろテコ入れを期待したい時期ではありますね。

対象ショップ:「 フレッツショップ河原町店

京都にある販売代理店系ショップのようですね。

ここでNexus5の32GBモデル+Nexus6も32GBの同時MNP契約で一括0円だそうです。細かい条件は不明ですが、ワイモバの場合は契約時はプランL指定があるショップもありますね。他の3大キャリアほどキャリアサービス系有料公式オプションは必要ないとは思いますが、どうでしょうか。

Nexus5はMNPで一括0円CB2万~3万円くらいの案件はたまに見かけます。そこにNexus6を加えたとして、32GBモデルの定価は75,168円。この75k分を割り引けるのはなかなかです。

毎月割引がMNPでいくら付くのかもちょっと気になりますが、Nexus6には乗り換えサポート的なものはないはずなので、1年縛りも無いはずです。Nexus5の方はありそうですが・・・


それはさておき、Surface3の一括案件はいつ出てくるのでしょうか?(´∀`) 

一応ワイモバ公式でも回線セットで1.7万円分くらいの割引があるわけですが、代理店が取り扱い始めればもう少し割り引き感のあるセールを期待したいですね~

Surface3の価格関連記事はこちらもどうぞ→ ワイモバイル版Surface3セットは1万7千円ほどお得 スマホプランでも通話不可


by ke-onblog | 2015-05-23 19:21 | キャンペーン情報 | Comments(4)
2-3月頃に色々と検討したワイモバイルのPocket Wi-Fi(モバイルルーター)305ZTの代理店で最安値クラスだったGMOの月額2490円プランが今月で終了し、6月からは値上げされるとの情報が入ってきています。

☆「ワイモバイル月額2,490円 GMOとくとくBB

GMOには305ZT用の案件としてキャッシュバックが付くタイプのものもありますが、そちらも終了です。

ワイモバの通常プランだとポケットWi-Fiプランは月額4196円、これが2年契約だと500円引きになって3696円(税別)というのが通常ですが、GMOの2490円プランは他店でキャッシュバックが貰えるようなキャンペーン割引分を月額費用分にすべて回した特殊プランという感じでした。

割引になるのは24ヶ月分だけなので、(3696-2490)×24=28944円分の値引きになるので、2年経過後に解約を忘れないことが重要なプラン。現行プランは5月31日までの受付分で終了し、6月1日以降は月額2980円まで値上げされるとのことです。

2490円のプランの方も今まではずっと2月まで、3月まで、みたいに期間を切ってキャンペーンを出しつつずっと延長されてきましたが、いよいよ終わりということでしょう。

また、305ZTはもともと5月10日までのキャンペーンとして「CA対応Pocket WiFi使い放題キャンペーン」という月間7GB超過時の速度回復オプションサービスを無料化していましたがこの終了期限を延長、現在は終了日未定で提供しています。

GMOで上限開放をするためには専用のマイページから申請フォームを使ってオプションを適用させ無くてはならないという手間もありますので、極限まで使い倒したいという人にはあまり向きませんけどね(笑) 平均して7GBあれば十分まかなえるという人向けです。

3日で1GBの制限もあるので、短期間に大容量通信をしたい人には向きません。そういう用途ならまだWiMAXプランの方が規制が緩い(3日3GB)です。

305ZTの本体自体も新規一括0円なので、初期導入費用が安いのもメリットでした。最近だとMVNOでも7GBプランが2000~3000円でデータ通信運用させられないこともないのですが、その場合は対するキャリアのルーターかSIMフリールータは別途手に入れてこないといけませんので。安いものを選べば1万円以下のLTEモデルもありますが、通常本体は1.5万~2万円くらいが相場。

それを込みで考えるなら305ZTのルータープランの方が「2年間まで」という限定で有利です。2年を超えると割引が終了して一気に維持費が上がるので、養分になりたくないなら解約しましょう。2年後にはきっとMVNOももっと安くなっていますから(´∀`)


by ke-onblog | 2015-05-23 14:07 | キャンペーン情報 | Comments(0)
条件は厳しいですが、2台でCB10万円をあっさり超えてきました。携帯ショップのZ3在庫一掃は短期決戦なのでしょうか。

昨日ネットで調べたところでは1台あたりのキャッシュバックは35000円のショップが一番かな~と見ていましたが、50000円/台のショップを発見。

対象ショップ:「 携帯の王様自由が丘店

目黒にある携帯ショップです。東京がメインの系列店ですが、埼玉・千葉・神奈川・大阪などにも店舗があります。

ここで各種オプション、コンテンツ(2ヶ月分で1台あたり1万円弱)あり、おかボ込みでSO-01G 2台MNPセットが一括0円キャッシュバック100000円だそうです。

XperiaZ3はもうすぐ型落ちになるとはいえ、性能的にそこまで最新機種に劣るものではないはずです。それでCB10万円は美味しいですね。

ただ、もちろんこの割引価格は端末購入サポート適用時のものですので、割引違約金が発生しなくなるまで14ヶ月分の基本料金が掛かります。シェアオプションもいけますし、購入サポートの適用範囲内でプランを弄ることは可能ですが、相応の維持費になりますね。

割引違約金内に2回線とも解約したりすると9万円くらいの違約金が発生しますので、、、

Z3の白ロム本体の価値もそこそこ高いのでCBだけが全てではないですが、Z3を複数台よりも端末購入サポートのないiPhoneなどのセットの方が動かしやすい可能性もあります。機種の選択も悩ましいですね~


by ke-onblog | 2015-05-23 11:11 | キャンペーン情報 | Comments(6)
週末セールですね。ASUSの国内本家ショップでは55000円ほどするモデルのZenfone2 ZE551ML(4GBメモリ、ROM64GB)の輸入版が値下げされています。

昨日までは確か42000円台だったはず。国内モデルより1万円以上安くなりました(送料が要るので実質は1万円弱ですね)。

☆「エクスパンシス ASUSストアicon

グローバル版(エクスパンシスに入っているのはHong Kongモデル)のZenfone2には国内モデル以上にいっぱいモデルがあるので注意していただきたいのですが、一番高いモデルが40,695円に値下げされ、その他のモデルも安くなっています。

在庫がないカラーもあるのですが、現在の価格は以下のとおりでした(送料と消費税は別。送料無料って書いてある気もするのですが、現時点では無料になってないみたいです^^; → 一部モデルは送料無料になってます)。

・ZE500CL (5インチモデル) / 23,770円
・ZE550ML (5.5インチHD) / 24,540円
・ZE551ML (4GB/32GB) / 33,770円
・ZE551ML (4GB/64GB) / 40,695円

1,2つ目のモデルは日本では発売されていません。国内では3つ目は45800円、4つ目は50800円のモデル相当ですね(それぞれ税別)。

香港モデルの3G/LTE対応バンドは以下のとおりです(http://www.asus.com/hk/Phones/ZenFone_2_ZE551ML/specifications/)。
3G :WCDMA :850/900/1900/2100
4G :FDD-LTE:2100MHz(1)/1900MHz(2)/1800MHz(3)/1700MHz AWS(4)/2600MHz(7)/900MHz(8)/850MHz(19)/800MHz(20)

噂によるとグローバルモデルを最新ソフトウェアにアップデートすると日本の技適マークが消えるそうですが、ぶっちゃけ実用上は関係ないので(笑)

昨晩また円安が進んでいたので、週明けにセール開始前よりも値上がる可能性があります(実際発売開始直後の4月時より昨日までは上がっていましたし)。

日本ではそもそも4GB/64GBの最上位モデルはまだ発売されていないわけですが、他のモデルもブラックが販売遅延していますよね。グローバル版の在庫もブラックだけが欠品してるので世界的な製造段階で何か問題があったようですね~

シルバー、レッド、ゴールドは十分に在庫がありましたので、どうしてもブラックが欲しいという場合でなければすぐ買えると思います。

エクスパンシス

by ke-onblog | 2015-05-23 08:39 | キャンペーン情報 | Comments(2)
今朝から携帯業界界隈を賑わせているdocomo Xperia Z3 SO-01Gの投げ売り再開。期待できるような出来ないような、微妙な空気が漂っております。

年度末であった3月シーズンにとってもお買い得になったことがあるSO-01Gは端末購入サポートを適用したものでしたが、3月31日を区切りに一旦セールが終了していました。

4月以降は割引が一気になくなりMNPでも一括0円が難しい状況が続いていましたが、今日再び端末購入サポートの対象機種に指定されたため、携帯ショップ各店が一括0円で放出を始めています。


ざっとキャッシュバック相場を調べてみると、1台のみのMNPでも一括0円は余裕ですね。キャッシュバックをもらうにはある程度の指定条件をのむ必要が出てきます。

1台あたりのキャッシュバックで一番大きな額を出しているのは「 携帯の王様青葉台店 」さんの35000円/台というのがありますね。ただこのショップは独自チェックがあるので・・・

一般的なショップだとおかえりボーナス込、複数台のまとめて割込みで1台あたり20000円くらいのCB・商品券案件が多いです。まとめて割が条件に入る場合はシェアパック15-30の大容量プランでの契約特典(2ヶ月後1日を通過して10800円還元)を含んでいるため、維持費がかなり掛かるパターンが多いですね。

条件を緩めにすると本体は一括0円ですがCB無し~5000円程度です。

どうでしょうか。。。やっぱりまだ3月のベストシーズンほどではないですかね。

現在SO-01Gに適用されている端末購入サポートは、縛り期間が12ヶ月になったこと以外は条件は同じようです。サポート割引の上乗せ違約金は33,696円(購入時の一括割引額は67,392円)、MNPの月サポ810円も前回と同じですよね。

端末購入サポートについて忘れてしまった方はこのあたりの記事もどうぞ(ちょっと内容が古くなっているので
対象機種・期間のくだりはスルーして下さい^^;)→ドコモ端末購入サポート違約金発生ケース 詳しく聞いてきました

今週末はまだ月末ではないので、来週のほうがもう少し条件が良くなる可能性はあります。今週の案件をチェックしつつ、来週に備えるのが良いと思います。





by ke-onblog | 2015-05-22 20:09 | 白ロム転売法 | Comments(2)
302Zはプリモバの新機種じゃなかったんですね・・・。

つい今週火曜日にソフトバンクは夏モデルのスマホとプロジェクターやら何やらを発表したところでしたが、今日22日は新しく従来機種の携帯電話を2台追加発表しました。au、ドコモは「ガラホ」でしたが、SBのは普通にガラケーのようですね。

☆「SB 従来型の携帯電話2機種の発売について

1台はCOLOR LIFE 5 WATERPROOFの防水ガラケーシリーズの新作。何が新しいのかは良く分かりません(笑) 301P(カラーライフ4)の後継機ですね。

カラーライフシリーズは安いガラケーとして一括0円、それも新規一括0円が出ることがあるので、その次世代ターゲットとして有力視されるところです。発売日は5月29日、Galaxy S6 edgeと同じですので、もうすぐ予約が始まるのかな?

もう1台はかんたん携帯8(ZTE製)。これがたぶん型番302Zなんですよね(´Д`) シンプルスタイル最安値の301Zの後継機登場か!と密かに期待していたのですが、とんだ勘違いでした。

ソフトバンクのシニア向け携帯シリーズ「かんたん携帯」ではZTE製はお初ですかね?いや、840Zがあるか。2010年モデル。

最近よくセールで見かけるのは108SH 2012年のシャープ製でした。ZTEは安い端末が多いので、108SHより安価に買えるならとにかく通話とメールさえできればよいというユーザーには良いかもしれません。

バッテリー容量が1100mAhもあり(これも301Zと同じだったので余計に勘違いを誘ってくれました(笑)、1週間待ち受けで利用できるという安心設計というのがウリになっています。こちらの発売は6月以降が予定されていますね。

旧機種の301Pも108SHも新規一括0円ガラケーとして度々見かけましたので、夏以降も本体を安く手に入れるには旧機種・新機種ともに狙えそうです。


シンプルスタイルの新機種ではなかったのは残念ですが、そもそも301Zに性能アップを求めているユーザーはそんなにいませんかね(笑) バッテリーも十分大きく、プラチナバンドにもさり気なく対応して6,458円(無料チャージ4000円付き)で価格設定はこれ以上ない安さですし(新機種が出て新しいキャンペーンでさらに安く、というのをほんのり期待していましたけども)。

ソフトバンクはガラホはまだやらないのですかね?auやドコモではガラケー用の部品の調達自体も困難であるという理由でガラホへのシフトを行っているという話もありましたが、実際まだしばらくは普通に作れるのでしょう。


by ke-onblog | 2015-05-22 18:12 | スマホニュース | Comments(0)
テザリングが有料という事自体もはや時代遅れなサービスとすら感じますので、今回のKDDIの判断は良いですね。

6月1日より、これまでは月額500円のオプションサービスとなっていたauのテザリングサービスが主要プランの適用で無料にすることを発表しました。

適用されるプランは以下の通りです。
データ定額2/3/5/8/10/13、シニアプラン、ジュニアスマートフォンプラン
ダブル定額(VK)、LTEダブル定額
☆「テザリングのご利用が無料に!「テザリングオプション」料金改定について

もともとこのテザリングオプションはiPhoneやiPad,スマホや各種タブレットなどを購入するときに加入すれば2年間無料だったので、実質殆どの人が無料で使ってきたようなものだと思います。テザリングって有料だったの?みたいな人もいるかもですね~

auのLTE機種向けテザリングサービスが始まったのが2012年9月の発売頃だったはずなので、そこからまだ2年半です。iPhone5購入時にオプション加入してそのまま使い続けている人だと無料期間が切れ始めているころですね。

ただ、この無料化対象のプランに「LTEフラット」が入ってないですね・・・。旧プランのフラットで運用する場合は従来のまま2年間制限をつけて無料にするってことでしょうか?まぁ2年を超えて契約することなんてこのブログの読者さんにはあまりいないかもですが(笑) 

さて、SBはどうでますかね?スマ放題データ定額パックの場合はすでに無料になっていますが、他のプランへも拡大するかな?




by ke-onblog | 2015-05-22 13:23 | スマホニュース | Comments(0)
選択するプランによってはお得感があります。

格安スマホの取り扱いでは先駆者的だったfreetel(フリーテル)が、5月19日~6月2日までの期間で新キャンペーンを出していますね。前も同じような割引をやっていたような気はしますが、新規に格安スマホを手に入れて回線も欲しい方にはお得感がある組み合わせが考えられます。

FREETEL マイクロSIMカード[LTE対応・データ通信専用] FREETEL SIM データ通信専用 M002K01

新品価格
¥3,240から
(2015/7/30 19:21時点)




端末はSIMフリースマホのfreetel XM(FT142D)ブラックのみです。ホワイトはずっと売り切れなので、今後の入荷見込みは無さそう。

キャンペーン内容ではこのXMとフリーテルの格安SIMをセット購入することで、8月分までの基本料金をデータプランや通話プランなどすべての契約パターンで無料にするというものです。

プランは一番安いものでデータのみ1GB670円~音声通話付き7GBプラン2880円/月額 です。したがって6月から開通・キャンペーンを適用したとして、670円×3=2010円~、2880円×3=8640円分程度までの実質的な割引となるわけですね。

フリーテルでのXM販売価格は24980円です。5インチのSIMフリーLTE対応スマホとしては特別高いわけではないのですが、実のところ他のショップでは19800円で売られていたこともあるモデルなのです。なので、せめて5000円分くらいは回線側に割引がないと割安とは感じないレベルです。

あまりfreetelのSIMを使っている人のレビューも最近は見たことが無いのでどの程度の速度安定性があるのか知りませんが、月額料金が大きめのプランでXMを手に入れたい方には多少のお得感がありそうですね。

フリーテルのSIMには最低利用期間が設定されていませんので、3ヶ月間使ってから利用を続けるか考えれば良いでしょう。端末はSIMフリーなので他のMVNOでもドコモ系ならどこでも使えますし。

普通こういうキャンペーン価格を適用するためには6ヶ月や12ヶ月の契約期間の縛りをつけてくるサービスが多いですが、フリーテルはその辺良心的ですね。それでこそMVNOの「いつでも止められる・変更できる」という特性を生かしていて良いと思います。最近はMVNOでも様々な条件をつけて割り引くというキャリアと変わらないことをやる会社もありますし・・・。
by ke-onblog | 2015-05-22 11:07 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
読者様から教えてもらって調べてみると、どうやら今日22日からドコモから発売中のSONY Xperia Z3 SO-01Gの投げ売りがまた始まるのは確実なようです。

各キャリア6月の中旬からXperiaZ4を発売しますので、それにあわせて在庫処分を始めるのでしょう。これからZ3を手に入れたい方、すでにキープ中で白ロムの放出時期を窺っている方は要注意。

丁度昨晩ブログで3月投げ売りモデルの白ロムオークション相場をチェックしたのですが、投げ売り再開となれば相場が変動する機種が出てくる可能性大ですね。

SO-01Gは3月末頃に37000円前後まで落札相場が落ち、その後4万円台前半まで回復していたところだったのですが、ちょっとこの先の相場が見えづらくなりました。

今日22日からの案件を案内しているショップを見ると、ドコモへの1台だけのMNPでも一括0円キャッシュバック付きのセールが予告されているようです。iPhone6とのセットやZ3Cとのセットも見られますね。

どの程度Z3の在庫を保有しているかは不明ですが、大量放出となるとまキャッシュバック合戦が月末にかけてヒートアップしそうです。

しかし、皆さまご存知のように3月末のドコモ投げ売りともまた状況は異なります。タイトルにも書いていますが、どうやらSO-01Gの再びの安売り条件にはあの「端末購入サポート」の適用が必須のようです。

3月時点ではXperiaZ3の端末購入サポートによる違約金発生期間は6ヶ月でしたが、現在Z3C SO-02Gに適用されているのは「12ヶ月」の発生期間です。

2015年4月23日にドコモは端末購入サポートに対する規約を改定しており、そのファイルを読むと縛り期間は6ヶ月と12ヶ月の両方が書いてありましたので、今回SO-01Gへ再適用されるのならば12ヶ月縛りとなりますね。

高額な違約金・長い維持期間による維持費の高騰が買い易さに大きく影響しますので、3月時に比べて相応にCB額が増えているのか、3月より買いづらくなっただけなのか、公式発表とショップのセール内容をじっくり確認してから売るなり買うなりした方が良さそうです。

→ 昨日の記事: 5月21日版 投げ売り機種の白ロム落札価格動向
by ke-onblog | 2015-05-22 06:35 | キャンペーン情報 | Comments(6)
日本では取り扱われたことのないローエンドシリーズのXperia 「E」の新機種がExpansys経由で国内在庫が入ってきています。SIMフリーの安いXperiaではあるのですが、どうでしょうか。。。

☆「エクスパンシス Sony Xperia E4g E2003icon」/26080円(税別・送料別)

E2003はLTEモデルで、3G版の話は2月にブログで紹介しましたね(輸入転売のチャンス?日本では発売され無さそうなXperia E4)。この時の妄想はイマイチ実現はしてませんが^^;

icon
icon


CPUは1.5GHzクアッドコア、RAM1GB,RAM8GB, ディスプレイ4.7インチ(960 x540),バッテリー容量は2300mAhと少し大きめですが、これで2.6万はちょっとお高いですかね~。2月の記事で予想した価格はぴったり当たっていますが、これなら5インチ版のZenfone2 ZE500CLや他のXperia旧モデルの方がお得感があります。

SIMフリーで防水に対応したXperia M2 Aqua D2403は同じくエクスパンシスで3.8万ほどで売られていましたが、今は22,235円まで値下げされました。CPUは1.2GHzで少し性能が落ちますが、ディスプレイは4.8インチ(qHD)なので似たサイズです。M2はフロントカメラが5MピクセルとセルフィースマホとしてもPRされていたはず。4万弱だと高い気がしますが、防水SIMフリースマホで2万円半ばならまずまずです。

Zenfone2の低価格版ZE500CLは24,540円。ディスプレイは5インチ(HD)、CPUはIntel Atom Z2560の1.6GHzクアッドコア、RAMも2GB。バッテリー容量も大きく2500mAh。

低価格のXperiaは今も海外で人気はあるのですかね~?SONYブランドであることを重視するなら良いのですが、同じくらいの価格で1~2世代分くらい性能の高い中華スマホが買え、デザインも昔の野暮ったい感じから脱却して洗練されたものになっているので、Xperia E4のようないかにもローエンドなモデルの存在感が希薄です(だからこそ日本には直接投入しないのでしょうけれど)。

円安の影響もあるのかもしれませんが、Xperiaの逆輸入モデルはちょっと手が出しづらいですね。上記のM2 Aquaみたいに古くなって安くなり始めたものならまだしも、ほぼ定価状態の新機種は魅力が少なめに見えました。

☆「Sony Xperia M2 Aqua D2403(LTE版)icon」/22235円~
☆「ASUS ZenFone 2 ZE500CL icon」/24540円
by ke-onblog | 2015-05-21 21:12 | スマホニュース | Comments(0)