白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 07月 ( 105 )   > この月の画像一覧

以前キャンペーンの存在を知った際にもブログで紹介した案件ですが、ヤフーが発行しているクレジットカード「YJカード」の登録で貰えるTポイントの増額キャンペーンが今日7月31日で終了します。

8月1日追記:このキャンペーンは終了しました。

通常は最大5000円分のTポイントが貰えるのですが、Yahooのプレミアム会員になっていると今日の申し込み分までは+2000円がアップされ、最大で7000ポイントが貰えるというものです。

YJカード自体の登録費用、年会費等は一切かからないので、普通のTポイントカードからアップグレード(あとからTポイント情報を移行できます)でも絶対に損はしません。

Yahooのプレミアム会員は月額410円が掛かりますが、ヤフオクを利用する方(出品・落札)はお得な特典があるのでオススメ。

ヤフオクの出品にはプレミアム会員登録が要りますし、YJカードを作ると1年間、毎月1回ヤフーかんたん決済の手数料が無料になります。通常のクレカだと決済手数料は最低でも100円~、3万円以上の落札だと振込額の5.4%も持って行かれます。JNBのネットバンキングを使えば無料になりますが、クレカでの後払いが出来るのはYJカードのみでしょう。

これが12回分無料で使えるわけですから、オークションを頻繁に利用する方は特にお得です。

プレミアム会員になっていない場合、今はプレミアム会員+Tポイントに登録するだけで1234ポイントが貰えるので、これで3ヶ月分。JYカード登録分(+2000ポイント)でさらに5ヶ月分の月額料金が賄えると考えることも出来ますね。

ちなみにプレミアム会員での増額キャンペーン以外の、5000円分までのポイントバックは来月以降も継続されることが決まっているので、プレミアム会員でないままYJカードを使いたいなら特に焦る必要はありません(笑)

by ke-onblog | 2015-07-31 18:07 | キャンペーン情報 | Comments(9)
3月の引越しシーズンに最も盛り上がり、その後4月から大幅に下がっていたWiMAXの契約時に貰えるキャッシュバック相場ですが、今月7月は結構戻っていたのですね。

まだ3月のレベルには程遠いですが、4月よりも1~2割近くCBが盛られています。

【GMOとくとくBB】WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン

選ぶ端末によってキャッシュバック額は異なりますが、過去の日記(4月1日分)にあるデータと比べると

WX01  22790円CB → 25,950円へ増額
W01 23990円CB  → 27,150円へ増額
HWD15 26390円CB → 27,750円へ増額

あとは当時は発売されてなかったホームルータタイプの URoad-Home2+だと22350円還元です。

マックスでは上記額よりさらに1万円くらいCBがあった時期もあるのですが、携帯電話の安売りシーズンと同じく、そこまで待てない場合には妥協が必要です^^;

WiMAX2+は少し前まで通信制限に関して炎上していましたが、現在は3GB/3日の短期制限を超えてもかなり快適な速度でネットが楽しめるように帯域上限を開放していますので、固定回線の代わりにも使えちゃいそうなくらい突出したモバイル回線になってます。

GMOのギガ放題プラン(月間上限無し、3日3GB制限)だと、受け取り月無料(今申し込めば来月8月分が対象になりますね)、1ヶ月目~2ヶ月目が月額3,609円へキャンペーンで割引、そこから24ヶ月めまでが4,263円(それぞれ税抜き)です。

2年(実質25ヶ月)で総額96741円の維持費です。1ヶ月あたりなら約3870円ですね。ここにHWD15の最大キャッシュバック27750円を考慮すれば、一ヶ月あたり平均2760円まで減ります。

平均的に使い続けたとして30GBで4263円なら、キャッシュバック2万円以上+WiMAX用端末新規一括0円というところ考慮すれば月平均は3千円前後まで下がるため、格安SIMと変わらないくらい安く、格安SIMより快適なはずです。

今の制限時速度開放がどこまで続くのかだけが不安材料ですが、そうでなくても制限に掛からないレベルで利用したいのならWiMAX2+をメイン回線にしてしまうのも節約になりますね。

現在のキャンペーンは7月31日で終わります。また明日以降は金額が更新されて同じようなキャンペーンが始まるだけだと思いますが(笑)、固定回線代わりになりそうなネット回線が欲しいなら、今はWiMAX2+が再び筆頭候補なのは間違いなさそうです。


by ke-onblog | 2015-07-31 11:05 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今日2015年7月31日にオープンする楽天モバイルの実店舗「楽天モバイル 心斎橋店」にて、オープニングキャンペーンが8月2日までの3日間限定で行われますよ!

キャンペーンは2種類あり、1つは「毎日先着20人には2015年10月分までの月額料金を無料にする」という太っ腹なものです。3ヶ月分なので、音声通話SIMの10GBプランなら2,960円×3ヶ月分で1万円くらい安くなりますね~

開店は10時からなので、早い人はもう並んでるかも?!(セレモニーが10時から、一般来店は13時からになっていますので、今日31日分は13時からの可能性大です)
対象サービス: 楽天モバイル 通話SIM 全プラン 、データSIM 全プラン
※"端末+SIMカード"をお申し込みの場合、マイクロSIMのみのご提供となります。
※"一括購入"と"分割払い"のどちらでお申し込みいただいても対象となります。
データでも音声プランでもOKです。

楽天モバイルの実店舗では即日MNP開通も可能になるので、お近くの方は参戦してみては?

住所→大阪市中央区南船場4丁目 長堀地下街6号 、長堀地下街6号 クリスタ長堀内の「フィッシュ広場」というところの近くにあります。

☆「楽天モバイル


by ke-onblog | 2015-07-31 09:08 | キャンペーン情報 | Comments(0)
分かっていて買ったのでいいのですが、安いカメラ用フィルターは重ねると厳しいですね~

夏休みの行楽シーズン前に、景色を撮影用としてサーキュラーPL(円偏光)フィルターが欲しいな、と思っていました。

C-PLフィルターを使うと特定方向の可視光を遮断し、ガラス面への映り込み・反射、空中での散乱された光を減少させた写真が撮れるそうです。

このフィルターを使うと青空が綺麗に撮れるそうですが、色合いは今の時代はフォトショで加工してやればいくらでもコントラストを調整できてしまうので良いとして、ガラスでの反射を抑えるのは後からの加工ではどうにもならないので、1枚買ってみようと思った次第です。

C-PLフィルターはいろんなメーカーが幅広い品質差のある商品を出しているようですね。安いものなら海外輸入品で1000円以下のものもあれば、数万円するハイグレードなものまであります。

私にはそんな高級品を買う余裕はないので(笑)、アマゾンで安かった3千円台のKenko製フィルターをポチってみました。定価は9千円くらい、近所の家電量販店では5千円超でした。

Kenko カメラ用フィルター サーキュラーPL 67mm コントラスト上昇・反射除去用 367117

新品価格
¥3,509から
(2015/7/31 03:40時点)



kenkoのフィルターはレンズのプロテクターも使っています。PRO 1Dは「nojima online(ノジマオンライン)」から買うと安かったです。

私は風景撮影にはもっぱら安価な広角レンズ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMを使っていますので、これに合わせて67mmのフィルター径をチョイス。アマゾンには46mmから82mmまで各サイズが売られていますね。

こちらの写真が広角レンズにプロテクターをつけ、さらにその上にC-PLフィルターをつけた状態です。
d0262326_3442256.jpg

カメラ本来のレンズ面から1.5センチくらいフィルター部分が伸びてしまっています(笑)

保護フィルターの「PRO 1D」というのは一応薄型ではあるのですが、今回購入した安価なC-PLフィルターは厚みが1センチ近くありますね。この枠が薄い上位のフィルターとして「ワイド」や「ZETA」というシリーズがあるのですが、値段が跳ね上がります。

Kenko カメラ用フィルター PRO1D WIDE BAND サーキュラーPL (W) 67mm コントラスト上昇・反射除去用 517628

新品価格
¥7,980から
(2015/7/31 03:54時点)



Kenko カメラ用フィルター Zeta EX サーキュラーPL 67mm コントラスト上昇・反射除去用 046715

新品価格
¥10,244から
(2015/7/31 03:55時点)



景色はよく撮影するのでワイドというのにしようかな~とも思ったのですが、価格が倍以上違ったので日和見しました(´∀`;)

ノーマルのC-PLは上記写真のように厚みがあるため、広角のレンズで利用すると「ケラレ」と呼ばれる枠の映り込みが発生してしまうであろうことは事前に分かっていたのですが、実際に撮影してみると微妙でした。

まずは円偏光フィルターの効果を確認すると、
d0262326_403019.jpg

上下の写真は2枚ともフィルターが付いた状態ですが、フィルター部分をぐるぐると回していくと、スマホ本体の映り込みと、ソファの表面で反射していた光が明らかに減っていますね。面白いw

さて、いよいよ本題のケラレの確認です。

まず、広角レンズ+C-PLの状態で、焦点距離10mmで撮影した場合。
d0262326_462249.jpg

四隅が明らかに中央に比べて暗いですね。。。10mmはこのレンズで幅広い撮影できる設定ですが、撮影後にトリミングしないと使えませんね。

ここから焦点距離を12mmに変更すると、ケラレが軽減されます。
d0262326_46089.jpg

続いて、一番最初の外観写真と同じ、広角レンズ+プロテクターフィルター+C-PLフィルターの2枚重ねで、焦点距離10mmで撮影すると・・・
d0262326_411356.jpg

先程よりもさらに隅が黒くなり、ケラレが広がりました(撮影を黒いソファの上で行ったせいでちょっとわかりづらいですがw)。

このC-PLフィルターは透明ではなく、かなり濃い色が付いています。高級なものだと透明度の高いものもあるそうですが、上記の写真を見ても判るかもしれませんが、室内撮りには向きませんね。シャッター時間を手ブレしない程度に短くしてしまうと、ISO感度が上がりすぎてざらつきが目立ちます。

ISOを800に固定してその明るさの差を比べてみると、こうなります。左がフィルターなし、右がC-PL装着時です。
d0262326_4181186.jpg

これまでのケラレ確認写真を暗くて汚いな~と思われたかもですが、普通に明るい室内で撮っていたのですよ(´∀`;) このC-PLフィルターは外撮り専用だと思ったほうが良さそうです。

ちなみにこの広角レンズと保護フィルター、そしてC-PLレンズの3点でお値段は1ソニジくらいです。レンズやフィルターの中ではかなり低価格なアイテムばかりを使っていますが、初心者なので十分です(笑)

保護プロテクターは透明度が高く、室内撮りに悪影響を及ぼすことはほとんどありません。

今回のkenkoのC-PLフィルターは値段が安かったので後悔はしていませんが、広角レンズと組み合わせて綺麗に撮りたい方は、もうワンランク上のワイドバンド-C-PLが良いかもですね。ワイドバンドになるとフィルターレンズ自体が薄く、枠の厚みが減ります。コーティングも違いますので、汚れもつきにくく、円偏光効果も違うらしいですね。

とりあえず円偏光を試したい!という方ならこちらでも遊べると思います。フィルターを使わなければ撮れない効果がありますので、カメラを始めるなら1枚は持っておいても良いですね~


by ke-onblog | 2015-07-31 04:38 | デジイチ | Comments(2)
お昼にWindows 10にアップデートをしたTransbook T100TAからのブログ更新です。

今のところ問題なくちゃんと動いていますよ~^^

Window8.1からかなりインターフェイスが変わっていますが、Windowsらしいといえばらしい使い勝手みたいですね。

起動後に例のパネルタイプのメニューではなく、いきなり「デスクトップ」表示でWindows7っぽいトップに切り替わっています。これは良い仕様変更ですね~

システムもちゃんとWindow10になってます。
d0262326_20274546.png

更新前の容量をチェックし忘れたのですが、現在保体側のストレージ残量が14.4GBになっています。私が持っているのは64GBモデル(キーボードに500HDD内蔵)なのですが、更新前は20GB以上はあったはずです。

Window10に更新したあとも前のバージョンに戻せるようになっているらしいので、Windows8.1のデータもおそらくキャッシュされているのでしょう。

更新のシステム要件では32bit版は16GB以上の空き容量が必要と書かれていたので、外部からのISOイメージではなく直インストールする場合は、空き容量に注意です。低価格帯のWindowsタブレットだとストレージが16GBや32GBの機種もありますが、更新できない可能性もありそうです。

このタブレットにはあまり余計なソフトはいれていないので動作チェックもなにもほとんど無いのですが、とりあえずOpen Office系の総合ソフトは一通り動きました。これが動けば仕事用につかえるので満足です(^^♪

ブラウザは今Firefoxから投稿していますが、問題はなさそうです。Chromeブラウザも動きました。

Transbookの更新後キーボードドッグに接続させる時には、キーボードとタッチパッド(あと接続していたマウス)のドライバーインストールが自動で行われました。すべて正常に動いています。

いろいろとWindows10からアプリも増えたようですが、「フォト」という画像編集機能がすごくいいですね。画像にいろんな効果や加工ができるツールですが、スマホやタブレットアプリらしい使い勝手です。
d0262326_2043165.png

写真の明るさやコントラストの微調整なども出来ます。フォトショほどの高性能ではありませんが、一般的な「画像加工ソフト」レベルの機能があります。

まだ銀行の取引アプリがWindows10に対応していないとのことでしたのでメイン機種の更新は待った方がいいかもですが、オフィスやブラウジング目的のサブパソコンなら更新しちゃっても良さそうですね。


by ke-onblog | 2015-07-30 20:49 | T100TA | Comments(0)
7月15日から開始となったフリーテルの新プラン「使った分だけ安心プラン」ですが、これは「新プランの追加」というわけではなく、完全に別サービスになっているらしいですね。

新サービスが利用できるのは「新freetel SIM」という別途サービスになっており、既存ユーザーがそのままプラン変更を出来るタイプではありません。

もし変更したいなら、旧フリモバを解約→新SIMを新規契約という手順が必要になるとのことです。APNも変わっているので、回線自体が別扱いなのですね。

旧フリモバはU-mobileと同じ設定(umobile.jp)だったらしいですが、今は以下の情報で接続するように案内されています。
APN(アクセスポイント名):freetel.link
ユーザー名(認証ID)   :freetel@freetel.link
パスワード        :freetel
認証方式         :CHAPまたはPAP

大元はドコモの回線というのは変わりありませんが、MVNE(仮想移動体サービス提供者)が変わったのでしょうか。私は詳しくサービスの中身まで把握していませんが、U-mobileからの又貸しではなく、自社でやっているってことなんですかね?

従来のフリモバよりも速いと豪語していますので、その実力が気になるところです。

サービス開始前日の7月14日時点でのスピードテスト結果はプラスワン代表ののアカウントで出ていますね。


問題はユーザーが増えた後どこまでこの快適性を保てるかという話だと思いますが、期待したいところです。すでに出ているクチコミやレビューではかなりいい線をいっているそうですが、MVNOの速度状況は移ろいやすいので(笑)

月額キープ299円~、1GBまでなら499円というプランはかなり魅力的ですので旧端末は今となってはあまり面白みはありませんが、新ブランドとしての「SAMURAIスマホ」とやらもこれからおもしろくなりそうですね。

FREETEL マイクロSIMカード[LTE対応・データ通信専用] FREETEL SIM データ通信専用 M002K01

新品価格
¥3,240から
(2015/7/30 19:21時点)



by ke-onblog | 2015-07-30 19:45 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
しばらくは更新しないでおこうと思っていたのですが、ネットで皆さんが楽しそうにアップデートしていたのを見てつい。

特にスクショなどは撮らなかったので写真もないのですが、ASUSの2 in 1タブレットパソコンのTransbook, 2013年モデルのT100TA(64GB, ハードディスク搭載モデル)をWindows10にアップデートしてみました。

自動アップデートが降ってこなかったので、公式サイトからツールをダウンロードして更新してみましたが、簡単に出来ました。なんだかネットでは上手く更新出来なかったという話も聞きますが、私のTransbookは何のトラブルもなく最後までいきました。

☆「http://www.microsoft.com/en-us/software-download/windows10

Transbookは32bitのOSが入っていますので、「Download Tool Now (32-bit version)」というのを選んで実行すればOKです。

更新には結構時間が掛かります。本体の空きデータも16GB?くらい必要なので、トランスブックでも容量の小さい32GBモデルだとキツイかも。更新にはトータルで小一時間くらい掛かりますので、電源の確保できる環境で始めたほうが良いですね。

当たり前ですが、更新後はガラっとインターフェイスが変わりました。使いやすいかどうかはこれから試してみたいと思いますが、そもそも普段全く使っていない端末なのでどんなふうにレポートしていいのやら(笑)

とりあえず新しいブラウザのMicrosoft Edgeで、ブラウザに直接メモ書きをしたり、トリミングして画面を保存出来るのは面白かったです。あれは便利ですな。

Windows更新の前後で、Wi-Fiの設定やMicrosoftアカウントの再設定などは必要ありませんでした。そのまま普通に行けます。

動作に関しても特に問題はなさそうですが、細かな点はまた夜にでも。


by ke-onblog | 2015-07-30 12:42 | T100TA | Comments(0)
先日ブログで募集したアンケートのご協力頂いた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

たくさんの回答とコメント、非常に興味深かったですね~。多くの皆さんは乞食クーポンを有効活用しているようですね(笑)

アンケート結果と、引き止め割引関連の情報は新サイトの方にまとめておきましたので、興味がある方はどうぞ~

☆「モバイルびより

私は引き止め割引はそれなりの長期回線でないと貰えないのかと思っていましたが、中には半年程度でのMNP時にも引き止められたとい方もいらっしゃいますね。「引き止める価値のある顧客」になるコツもありそうです。

キャリア毎にもかなり差があるようです。今の傾向はSB>au>docomoの順で必至に引き止めているようですね。

上手く活用することでMNPさせずに留まってもお得になるというのは面白いですね。貰えるかどうか確実にはわからない割引ではありますが、数ヶ月MNP転出を遅延させても元が取れ、回線運用のタイミング調整維持費の捻出に使えそうです(笑)

アンケートはこちら→ [アンケート]MNP予約番号を貰う時の引き止め割引、活用してますか?




by ke-onblog | 2015-07-30 06:44 | アンケート | Comments(0)
iPhone6っていくら位で直せるんですかね。

ノジマのオンライショップにiPhone6 16GBのジャンク在庫が入っているのですが、なかなか安いです。修理業者に依頼するくらいなら始めから新品を買ったほうが良さそうですが、自分でパーツを仕入れて何とか出来るなら、安く済むかも?と。

☆「ノジマオンライン 中古・白ロム一覧

画面割れですが赤ロムではないジャンク品で、au iPhone6 64GB ゴールドで36800円(お昼に見た時は41800円だったので、更に値下げされてます)。

16GBなら31800円。それぞれ複数台在庫があるのですが、皆さん結構壊しているのですね(笑)

普通の白ロムなら16GBで45000円~。ゴールドならさらに相場は上ですね。

落下など事故的な画面割れはAppleの1年修理保証の対象外ですが、Appleの公式サイトによればiPhone6の画面割れは12000円、iPhone 6 plusは14800円になっていますね(修理料金は保証状態、破損状態によって異なります)。

☆「Apple iPhoneサポート iPhone の修理 - 画面の損傷

国内でもiPhoneの修理パーツを扱っているショップはあるようですが、一番安く修理するには海外から輸入でしょう。

ebayを見ると、iPhone6用のバラ売りのパーツもあります。

例えば・・・

☆「LCD Lens Touch Screen Display Digitizer Assembly Replacement for iPhone 6

iPhone6用のフロントディスプレイですが、即決44.32ドル+送料約15ドルです。日本円にして8千円くらいでしょうか。

☆「Black LCD Display+Touch Screen Digitizer Assembly Replacement iPhone 6 4.7" Inch

こちらは中国からの出品で、即決は43.24ドルで先ほどのトップセラー商品と同レベルですが、送料が1ドル。

即決ではなくオークションタイプならもっと安い出品もありますし、修理用ツールのセットもあります。中にはカスタマイズ用パーツなのか、ピンクのバックフレームとかまであります(笑)

iPhoneの修理は動画サイトでやり方を解説しているものもありますので、修理スキルがある方なら安くiPhone6が買えるかもしれませんね(ΦωΦ)


by ke-onblog | 2015-07-29 20:39 | キャンペーン情報 | Comments(8)
う~ん、これは仕方のないところですか・・・

昨日明らかになったドコモ ARROWS NX F-04Gの不具合案件。数百台単位で基板の接触不良が原因で電源が入らない、再起動を繰り返すなどの致命的なエラーをおこしてしまう個体が発見されて発売停止状態になっています。
d0262326_18483672.png

ドコモ スマートフォン ARROWS NX F-04G」の一時販売停止のお知らせ

この影響だとおもいますが、7月27日までオークションではかなりの高額で取引されていたF-04Gの白ロムが一夜にして大暴落しています。

まだF-04Gは併売店等ではほとんど安売りを見かけませんので、それほど出品が多いわけではありませんが、7月27日以前ならば美品中古状態でも制限○なら75000円~、未使用品なら8万円以上という高額で落札されていました。

それが、28日・29日では6万円台までの急落です。

今回の不具合はすべての端末で起きている現象ではないとはいえ、ソフトウェアの更新で改善されるようなエラーではなく、もし欠陥品にあたってしまったら物理的な修理をしないとまともに使えない重大なトラブルです。

今回の不具合に対してドコモおよび富士通が対応しているのかはまだ詳しくわかりませんが、白ロム購入の場合はきっと・・・

そういったリスクを含んだ上で白ロムが安く売買されていることは理解していますが、こういったトラブルが原因で端末の価値が変動することがあるということも覚悟しておかなければならないのですね。


by ke-onblog | 2015-07-29 18:50 | 白ロム転売法 | Comments(0)