白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 08月 ( 107 )   > この月の画像一覧

別記事のコメント欄が少々込み入って来ましたので、こちらで再確認した内容をお伝えします。

ドコモ系MVNOで格安SIMを提供しているU-mobileは、LTEでのつなぎ放題プランや1GB~3GBで料金が2段階になるダブルフィックスプランがユニークなサービスです。

私が今年の春にDMMモバイルと契約を悩んだのが、U-mobileのダブルフィックスでしたね(´∀`)

そんなU-mobileでは、通常のウェブサイト申し込み以外に「web限定パッケージ」というものを購入して開通させる方法があるそうです。
d0262326_1343996.png

このパッケージにはSIM自体は入っておらず、専用のエントリーコードをウェブページで入力して使うものです。エントリーコードを使うことで通常の初期事務手数料(3000円相当)が無料になるというお得なパッケージです。

そして、このパッケージにはいくつか種類があるらしく、ある種のものはパッケージ代金はとても安いのですが、U-mobileの定める最低利用期間以内に解約すると、通常の契約解除料に3000円の追加サービス解除料が掛かるという情報をブログ読者様に教えていただきました。

しかし、このウェブ限定パッケージの利用案内には、そのような追加解除料に関する内容は書かれていないように思うのですが・・・(例えば、雑誌のDIMEのセットパッケージの利用規約はこちら→http://umobile.jp/terms/pdf/dime08.pdf

U-mobileの通常の短期解除料金は以下のようになっています(税別)。
通話プラス3GB、5GB、LTE使い放題、ダブルフィックスプランの場合:ご利用月より6か月以内のご解約の場合は、解約事務手数料として、1契約ごとに6,000円のお支払いが必要となります。
通話プラスLTE使い放題2の場合:ご利用開始月から6ヵ月以内の解約の場合は、解約事務手数料として、1契約ごとに9,500円のお支払いが必要となります。
ご利用開始月から7ヵ月~12ヵ月以内の解約の場合、3,500円のお支払いが必要となります。

そして、ウェブ限定パッケージを見ると、この6ヶ月の通話プラスプランの解除料が「9000円」と書かれているウェブサイトは発見できました。MNPの事務手数料が+3000円、というものと混同しているわけではないと思います。


【追記】:「ST」から始まるエントリーコードが記載された「web限定パッケージ」で申し込むと、最低利用期間内の解約で「本パッケージ経由サービス解除料」として3000円が掛かるという契約内容の存在を確認しました。詳しくは記事コメント欄を参照してください


U-NEXT U-mobile 通話プラスパッケージ(SIMなし) (nano,micro,標準選択可)

新品価格
¥598から
(2015/8/26 13:15時点)


上記のアマゾンのマケプレで販売している「株式会社ソフィア」という出品者では、この通常解除料以外に+3000円が掛かる、とコメントに書かれていますね。

ウェブパッケージを購入してU-mobileを契約する場合は、良く条件を確認してみてください。パッケージの安さには理由があるのかもしれません。

☆「U-mobile


by ke-onblog | 2015-08-26 13:29 | 格安SIM(MVNO) | Comments(15)
昨日はヤフーのクレカ「YJカード」で最大8000円分のTポイントが貰えるという話(過去記事:YJカード特典再び 登録で5000Tポイント,最大8000ポイント付与キャンペーン )をしましたが、ヤフーではなく楽天を良く使う方は楽天カードでも似たようなキャンペーンがありますね。

楽天の場合は、楽天スーパーポイントで10000円分です。

☆「楽天カード」/年会費・登録料無料(プレミアムカードは有料)

ポイントバックの条件もYJカードと似ていますが、最大の10000円分になるとちょっとハードルが高いですか。

1万ポイントの内訳は、

1. 新規登録 1000ポイント
2. 楽天 e-NAVI(会員用ページ内)でキャンペーン適用 2000ポイント
3. 9月30日までに10000円分以上のカード利用 7000ポイント

これで10000円分です。Yahooカードではの場合は「登録+1円以上の利用」で8000円分だったので出費以上のポイントが貰えることもありますが、楽天では「1万円の買い物利用で全額ポイントバック」が最大ですね。

私はあまり楽天系のショップは使わないのですが、Yahooやアマゾンに出品していない白ロムショップがたまにあるので、そういうサイトから端末を仕入れる可能性があるならアリですかねぇ。

ファーウェイの公式通販であるところの「Vモール」は楽天市場専売ですかね。P8 Liteやhonor 6 Plusを単体で買いたい場合には余裕で1万円以上しますのでお得ですね。

キャンペーン期間は8月31日の10時までだそうです。Tポイントよりも楽天ポイント派という方は使ってみる価値があるかもしれません。



by ke-onblog | 2015-08-26 12:13 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
またウェブサイトのプラン料金表を書き換えなければ・・・^^;

ドコモ系MVNOのDMMモバイルでは、9月1日から現在月額1550円の3GBのデータ通信+音声プランを、1500円に値下げすると発表しています。

(まだ26日の朝時点ではDMMモバイルのサービスサイトには載っていないのですが、ニュースリリースで発表されています)

今回はどこのプランに対抗したのかな? この業界は価格変動が激しすぎてわけが判りませんが、とりあえず「業界最安値」を宣言しているDMMが値下げするということは、ライバルが出てきたということのはずです(笑)

☆「DMM mobile

管理人はDMMモバイルを今も契約中ですが、半年ほど使ってみて、現時点でもそれほど急激な速度低下は感じていませんが、混雑時は相変わらず1Mbpsまで落ちますねぇ。

混雑時間帯以外は普通に10~30Mbpsくらいまで出ます。昨日の22時40分で下り9Mbps、23時30分で17Mbps, 今(8/26 朝8時10分)で22.15Mbpsでした(前より速くなってる?)

1GBプランで月額630円。最近は「mineo 史上最大のお得キャンペーン」があるため、そちらに私も興味が移ってしまっていますが(笑)、キャンペーンを考えなければ十分今でも安いですね~
by ke-onblog | 2015-08-26 08:16 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
もう一日早く来るかな?とも思いましたが、申込日を含めて4日で届きました。

現在キャンペーンで非常に安く使いはじめることが出来る格安SIMサービスのmineo(マイネオ)ですが、今回私はあえて土曜日に申し込みをしてみて、届くまでの日数を調査しています。

その結果、土曜日の申し込みから4日目、営業日単位だと2日目でSIMパッケージまで届いたことになりますね(私の推測では土日も審査をしているということなので、「営業日」というのならやっぱり4日なのかもですがw)。
d0262326_215802.jpg

SIMパッケージはゆうパックで送られてきました。ポストの投函ではなく、戸口で直接受け取り・サインが必要です。配送の時間指定はされていませんでした。

中身はmineoの利用ガイドと、台紙に付けられたSIMが入っています。利用予定端末がmicroサイズなのでmicro SIMにしたのですが、nanoSIMにしてアダプターをつけて利用すればよかったと少し後悔しています(笑)
d0262326_2211305.jpg

mineoを運営するケイ・オプティコムは大阪の会社なので、大阪・港区の物流センターから届いていますね。

私の場合はSIM到着まで以下のスケジュールでした。

・8月22日 土曜日早朝 ウェブ申込み→自動返送メールが届き、申し込み手続きの完了
・8月23日 日曜日夜 「契約手続完了メール」が届く
・8月25日 火曜日 SIMパッケージが届く

あとは契約内容の通知書というのが郵便で届くはずなのですが、そちらよりも先にSIMが来ました。

私は9月1日の月額800円割引きキャンペーン開始直後から利用し始めたいのでまだSIMをセットしていませんが、端末にSIMカードを挿して設定すればもうmineo回線を使えるはずです。

今回は8月23日の日曜日に契約が完了したので、おそらくSIM発送日は8月24日でしょう。この契約完了日に即発送されていれば、もしかしたらもう一日早く(3営業日目に)利用開始出来る場合もあるかもしれません。

いずれにせよ、土日をもろに含んで4日目なら、かなり早い対応ですよね~。

たぶんこれから申し込んでも、早ければ金曜か土曜日には開通までたどり着けますね(笑)

9月1日ぴったりからmineoのキャンペーンを適用させたい方は、まだチャンスがありそうです。

☆「mineo 史上最大のお得キャンペーン


by ke-onblog | 2015-08-25 22:13 | 格安SIM(MVNO) | Comments(35)
そういえばすっかり忘れていましたが、ドコモ版のXperiaシリーズに配信されたAndroid 5.0へのソフトウェアアップデートの中止の件ってどうなったのですかね?

もう更新の停止をしてからかれこれ一ヶ月近く経つのですけど。。。

ドコモで発売されたソニー製スマホシリーズのXperia Z3 SO-01G, Xperia Z3 compact SO-02G, Xperia Z2 SO-03Fには7月28日から8月3日まで、新しいOSであるAndroid5.0が配信されていました。

しかし、その後アップデートすることによって一部エリアのワンセグ受信に不具合があるとして、配信が一時中断されています。

この不具合はソフトバンクのXperia Z3 401SOでも発生しており、そちらは8月13日にソフトウェアが修正され、不具合の修正と修正済みアップデート配信が再開されています。

同じ不具合ならSB版での修正と同じように直せそうな気がするのですが、なぜこんなにも「一時」中断が長引いているのですかね~?

やっぱり5.0への対応ってガラパゴス機能との相性が良くないのでしょうか。急いで更新を再開させてまた不具合が出るような事態は避けて欲しいですが、若干放置されているような印象も・・・

8月中旬はお盆休み期間でもありましたし、技術者も休んでいたのかもですね。Android5.0になったからといって劇的に性能がアップするわけでもないと思うのですが、更新を待ち望んでいるユーザーが居るならなんとかして欲しいところですね。

そしてau版は未だ音沙汰なし(笑)

早くしないと時代はマシュマロ(Android M, Marshmallow)に移行してしまいそうです。日本のメーカーの時代遅れ感が浮き彫りになる前に、頑張って欲しいですね(´∀`)


by ke-onblog | 2015-08-25 12:15 | 白ロムコラム | Comments(6)
SIM契約をするならたぶん10000円のキャッシュバックがあるNifMoが一番安いのですが(詳しくは「モバイルびより-混雑時もスピードが速いと評判のニフモからZenfone2 Laser発売 圧倒的な1万円キャッシュバック!」の記事をどうぞ)、回線契約無しで最も安くできるかな~というパターンが今日限定で狙えそうです。

先週もジョーシンのヤフーショップ版で購入すると本体28470円で、ポイントを考慮して26000円~27000円程度まで安く買う方法を考えていたのですが、今日8月25日はヤフーの5の付く日キャンペーンがありますので、ポイント還元率がアップします。

ジョーシンでもポイントが3倍になっているのですが、それよりもニフティのヤフー店で売っているSIMセットの方がポイントを加味すると安くなりそうです。

☆「アット・ニフティ ヤフー店 Zenfone2 Laser SIMセット」/30900円(送料・税込み)

販売の価格自体は、ニフティは高いのですが、今ならTポイントが15倍以上付きます。

Yahooのプレミアム会員であることを前提に計算しますが、

通常ポイント1%+プレミアム会員特典+4%+ストアポイント+14%+5の付く日キャンペーン4倍(スマホ/タブブレットからアクセス)=合計19%相当のTポイントが返ってくるはずです。

具体的なポイント数に直すと、通常+ストアの15倍分4,635Tポイント+プレミア特典1,236Tポイント+5の付くひ1,236Tポイント=トータル7107ポイント分になるはずです。

定価30900円-割引き7107円相当=実質23793円、というわけですね。

この商品にはニフモのエントリーパッケージが入っているので、もしそのままニフモで契約するなら事務手数料(3240円相当)が無料です。ここまで入れると、実質2万円ちょいになって、ニフモの公式サイト経由で契約したときの10000円キャッシュバックとほとんど同じ割引率になるのかな?

(不要ならこのエントリーパッケージ自体も売却できるかと思います。開通したSIMではなく、ただのコードのようなもののはずなので (ΦωΦ)フフフ…)

Yahooショッピング経由ならSIMを開通させなくてもZenfone2 Laserは届くはずなので、契約なしで安く本体を手に入れたい方は検討の価値があると思います。

ASUS本家では30024円ですので、2割位安くなります。

Zenfone2 Laserはかなりカメラ性能がいいらしいので、日常のお供に持ち歩く機種としては良いですよね。

付与されるポイントの実際の倍率は登録したIDの状態によって異なるかもなので、Yahooにログインした状態で確認してみてください。


by ke-onblog | 2015-08-25 08:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
前回はYahoo Japanカードの登録と利用で通常5000ポイント+ヤフープレミアム会員特典2000ポイントで合計最大7000ポイントが貰えるキャンペーンをやっていたことをブログで紹介したことがあるのですが、今度は最大8000ポイントになりました。

前回とポイント付与の条件が変わっているので前回申し込んだ方が損だった、ということはないのですが、こういうキャンペーンは期間ごとに狙い目が難しいですね(笑)

通常時は登録のみで3000円分、そこから3ヶ月以内に1度でも利用すると+2000円で5000円分のポイントになります。

今回のキャンペーンでは利用時の上乗せ特典として、「9月末までに1回の利用で+3000ポイント付与」となります。

プレミアム会員かどうかは今回は関係ないのですね。前回のプレミアム会員時は登録だけで通常+2000ポイントだったので、全く使わずに貰えるポイントは前回のほうが上、9月末までに1回でも使うなら今回のほうがポイント還元率が高まっています。

ポイント上乗せ分(+3000pt)のキャンペーン期間は、2015年9月15日(火曜日)の正午までに申し込んだ場合のみです。

YJカードはヤフーサービスとの相性がよいので、オークションやヤフーショッピングのセール時に白ロムを買うときにもポイント還元率がアップしてお得です。

同一名義による2回めのカード作成は出来ません(特典対象外)なので、前回手に入れた方は残念ながらまたポイントを貰うことは出来ません(´∀`;)

by ke-onblog | 2015-08-25 06:12 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(2)
以前ハワイに行った時に多めにドルを入手しておいて、そのまま放置してあったヘソクリが残念なことに・・・

FXはやってなかったので良かったですが、つい先日まで1ドル123~125円程度だったものが、つい先程には一時116円台に突っ込んでいました(今この日記を書いている時点で119円ちかくまでまた戻していますけど)。

明日は鉄道のダイヤが乱れないと良いですけど・・・


為替相場が大きく動くと、ほとんどが海外からの輸入品であるスマートフォンの製造コストが変動したり、輸出入での為替損益が出来るために価格に変動が起こります。

特にApple社製品は昨今のアベノミクスの影響で円安が続いた影響を受けて、大きく値上がりしていたところでした。

まだこれから為替が戻る可能性もあるのですぐに公式ショップでのiPhoneの価格が変更されるとは思いませんが、その時々の為替に大きな影響を受けている小売店などが心配です。

白ロムの買取店では、アジアン系なショップだと海外に購入した白ロムを流しているところも多いらしく、為替相場が円高に偏ると、輸出での利益が減るために買取査定を下げざるを得なくなりますね。。。

実際今日24日の為替・株価の変動を受けてiPhone6の買取相場を1日の内に何度も下方修正しているショップもあったようですし。

本当に怖い展開です・・・


私はリーマン・ショック時(2008年)がちょうどFXを始めた頃だったのですよね。まだ取引に慣れていない状態で、ひどい目に遭いました(笑) 大した金額でやっていたわけではないのですが、ロスカットぎりぎりくらいで状況に気づいて証拠金を増やし、そのままキープさせて2年間くらい掛けて取り戻しました。

なんだかあの頃の相場を思い出すようですねぇ。相場が大きく動くのを見るとつい手を出したくなりますね。

でもリーマン・ショックが若干トラウマな私はビビって尻込みしております(´∀`;) 

とりあえずFXツールを開いていろんなテクニカル指標を出して遊んでから、そっと閉じました。



by ke-onblog | 2015-08-24 23:46 | 白ロムコラム | Comments(2)
docomoの月サポ適用条件変更については前回の記事で速報を、モバイルびよりの方で初心者向け解説を書いてみましたが、9月はいろいろと考えなければならないことが増えそうですね・・・

これまでドコモで維持費を下げる常套手段としてスマートフォンやタブレットで契約した回線を「データプラン(ルーター)」+「シェアオプション」の契約内容に変更し、いわゆる「ルーター化」によって子回線の維持費をマイナスにするという方法がありました。

しかし、9月1日以降に購入した機種では、スマホ・タブレットでの購入回線はルーター化がそもそもできず、月々サポートの対象外になることが確定のようですね。

スマホ・タブレットでルーター化をするとこれまでは2年定期契約で基本料金1200円、データ化(スマホ/タブ)で基本料金1700円となっていますので、最低維持費は少なくとも500円は上がりますね(´Д`;)

マイナスになった月サポ分を親回線に回し、全体の料金を下げる作戦の難易度が・・・

スマホ/タブ用のプランでも月サポが十分に大きければ毎月の維持費をかなり安く維持できる状況は変わらなさそうですが、ドコモとしてはルータ化して全く使われない寝かせ行為を排除したいということなのかもしれません。

確かにルーター化した回線のSIMをスマホやタブレットに挿して通信させてしまうと現状でも指定外デバイス料金で+500円が掛かり、データプラン(スマホ/タブ)と同じ料金になるように設定されていますし、「回線を使わないことを前提とした料金プラン」を選べてしまうこと自体が一般人からみるとちょっと不可思議ですよね(笑)

プランだけでなく機種変更をすれば、もともとスマホ用に契約した回線でもルーター用プランで契約できるのかもしれませんが、機種変更は端末購入サポートの対象外です。

端末購入サポートは8月31日で一旦終了が案内されているので追記はされていませんが、もし来月も端末購入サポートが続くとしても、購入後即機種変更をしてルータープランで寝かせる、ということは現実的ではありません。


一方で、今回の月サポ条件変更は「2014年9月以降に発売した機種」が対象となっていますね。最近ではめったにドコモのiPhone5s, 5cも見かけなくなりましたが、もし古い機種が残っているショップでセールをやっていれば、それが狙い目になったりするという可能性もありますね。旧機種で月サポが大きいものがあればですが^^;

9月以降はドコモでの割引適用条件も変更されそうな雰囲気です。どの程度のハードルが用意されているのかはまだ不明なので出たとこ勝負をするしかありませんが、回線をパンパンに埋めていてドコモ以外に逃し先が無い方は注意して行動したいですね。


そして、ドコモの改悪だけでなく、昨今の世界株価・為替の変動も要注意ですね。国際市場が大きく動くと、iPhoneの相場に影響があります。すでに買取店では影響が出始めてますよね・・・。為替が戻ればiPhoneの買取額は上がるかもしれませんし、さらに円高が進めば次期iPhoneが少しは安くなったりもするかもしれません。

今後の状況がとても気になります。悲観的にばかりなってもしかたがないので、9月からステキなキャンペーンが出てきて新たな運用が出来ないかを模索したいです(´∀`)


過去記事:[速報・確定情報]docomoの月サポ適用条件 9月1日から変更
by ke-onblog | 2015-08-24 21:03 | 白ロムコラム | Comments(16)
docomoの月サポ(毎月の料金割引)に関する情報出ましたね。

9月1日以降の端末購入の場合、月サポを維持できる「指定の基本プラン」というものが加わります。
d0262326_10174552.png

どうやら「購入日」が判定の基準になるみたいですので、すでに契約済みの回線に関しては9月以降もルータ化できそう?

9月以降もスマホ回線をデータ化することは出来そうですが、ルータ化は月サポ対象外確定ですか。データ通信機種に「機種変更」してやればルータプランも選べますが、それでは端末購入サポートの範囲を超えるため、現実的ではないです。

さらにこんな一文もありますね。前からあったかな?
同一名義等への各種割引適用回数が、当社の定める一定基準を超えた際は適用できない場合があります。

やはり9月1日からドコモの改変が始まりそうです。また後ほど細かく考えたいと思います。

☆「ドコモ 月々サポート


今朝書いた記事も合わせてどうぞ→9月はスマホ代節約の大きな転機が来るか 8月31日までにやっておいた方が良いかもしれないこと


by ke-onblog | 2015-08-24 10:23 | スマホニュース | Comments(12)