白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 08月 ( 107 )   > この月の画像一覧

みなさんもいろいろすでに噂は耳にしているかと思いますが、9月からD社の携帯電話契約のルールが変更され、大きな影響が出そうな(ただし一般人は除く)情報が飛び交っています。

この業界は一般消費者にとっては大した変更ではなくても、運用的に致命的なルール変更のリスクは常にあります。これまでにも大きな規約・基準変更はありましたが、なんとか抜け道を探して生き抜けると良いですね~(´∀`;)

来月にはiPhone6sが登場すると予想されますので、それも含めていろいろと動きが活発化しますが、落ち着いて今のうちにやっておくべきことを考えてみましょう。8月末は噂のことは関係なくても、期間限定系の締め切りはいくつか迫っています。

【auのシングル化用プランの改廃】

これは5月にアナウンスされた内容ですね。私はあまりシングル化は詳しくないのですが、これが現状でもっとも優先してやっておくべきことの一つかも知れません。

過去記事:au プラン改廃でシングル化が8月末で封鎖 どうする?どうなる?

9月以降に新しい契約プランが追加されないとも限らないのですが、少なくとも現状の「WINシングル定額WiMAX」と「LTEダブル定額for Tab/Tab (i)」が廃止されることは確定です。これを活用した運用をしたいなら、今動くしかありません。

【docomoの各種キャンペーン終了】

延長される可能性が高いとは思うのですが、一応公式には8月31日で終了するということになっている端末購入サポートです。先週からiPhone6,6+にも対象が拡大された購入サポですが、仮に延長されたとしても対象の機種・維持期間・割引額・割引き対象となるプランの変更などがあっても不思議ではありません。

端末購入サポートが足枷となっている場合は期間が終了するのを待つというのも無しではないと思うのですが、次の施策が明らかになるまではなんとも言えません。

さらに、iPhone買い替え割・家族まとめて割・Xperia Z4 Tablet PCスタイルキャンペーン・ありがとう10年スマホ割、タブレットお取り替え割、ご愛顧割も、すべて終了します。

こう考えると、ドコモの節約用キャンペーンは総入れ替えみたいな感じですねぇ。このあたりも噂の信憑性を高める一因に感じますが。。。不穏ですね。

新しいキャンペーンの登場で、これまで以上にお得に買える組合せが出てくることを願うばかりです(´∀`;)

【各社の有料コンテンツ、コースの解除】

契約時に割引きの条件となっていた有料コンテンツを外すのは毎月の恒例行事ですね(笑) 外していいコンテンツ、月を跨がなければいけないコンテンツなど、間違えないように確認して、外し忘れのないように気をつけましょう。

【mineoのドコモプラン先行予約】

私も申し込み中の格安SIMサービス mineoの先行予約キャンペーン分が8月31日で終わります。9月に入ってもキャンペーンは続きますが、新しいドコモ回線を使い始めたいなら今のうちにエントリーしておきましょう。

☆「mineo 史上最大のお得キャンペーン詳細

【SBオンライン 301Zのamazonギフト券プレゼントキャンペーン】

白ロム転売法ブログではおなじみの、ソフトバンクのプリモバ用キャンペーンも8月31日までで終了です。キャンペーン期間自体も8月で終わるのですが、先着枠500人に達すると8月末前でも打ち切られますのでご注意。

☆「ソフトバンクオンラインショップ シンプルスタイル amazonギフト券プレゼントキャンペーン

【ぷららモバイル 1ヶ月無料キャンペーン】

これもたぶん延長されますが、3Mbpsの中速無制限通信が可能なぷららモバイルの格安SIM「定額無制限プラン」の契約初月無料キャンペーンが8月31日までです。

読者様に教えて貰ったテクニックなのですが、ぷららの無料期間は「利用開始月」が無料になるため、月の初めから利用できるように月末近くにオーダーして、月の頭から使えるタイミングを狙うと最大限に無料期間を活用できます。

おすすめは31日の午後中まで、とのことです(そのタイミングなら、当日中のSIM発送が期待できる)。すぐに使い始められるように申込時のIDとパスワードの記録もお忘れなく。

☆「ぷららモバイルLTE


こんなところでしょうか。

未確定情報について細かく議論をしてみてもどうにもなりませんので個々を取り上げるつもりはありませんが、現状のルール内でやっておけることは、8月中に済ませておくこともリスク管理として必要なのかもしれませんね。


by ke-onblog | 2015-08-24 06:52 | 白ロム転売法 | Comments(2)
どうやらmineo(ケイ・オプティコム)は頑張って開通審査をしているようです(´∀`)

昨日土曜日の8月22日早朝にmineoのauプラン、シングル回線を申し込みました(昨日の日記はこちら)。

で、さきほど日曜日 8月23日午後19時頃に登録したメアドに「mineoサービス手続き完了のお知らせ」が届きました。

この通知で契約の申込が完全に成立したはずなので、mineoの審査は土日の休日にもやっている、と言ってしまって良さそうです。

年末年始や大型連休時はどうかわかりませんし、今はもしかしたらキャンペーンのために人員増強・休日返上で審査できるところは進めている可能性もありますので、「現時点では」という前置きは付きますが、mineoをネット申し込みたい方は休日でも特に利用開始までの時間が遅くなることは心配しなくても良さそうですね~

(木曜日・金曜日に注文すると、審査完了が金曜遅くや土曜になって、発送手続きが次の月曜日~となると一番時間が掛かるかもです)

ドコモの先行キャンペーン終了まであと1週間、auのプランも9月1日からキャンペーン適用させて利用したいなら今すぐ申し込んでSIMパッケージ受け取りまで進めておきましょう。契約申し込みは完了しても、まだパッケージ発送に時間が掛かる可能性が残っているので。

☆「mineo 史上最大のお得キャンペーン 申し込みページ


by ke-onblog | 2015-08-23 20:21 | 格安SIM(MVNO) | Comments(6)
ドコモのiPhone6 16GBの相場が崩れているようなので、探すなら64GB,128GBあたりを狙いたいところですが、なかなか案件探しが難しいですね。

16GBが見た目に安いので、多くのショップは64GB,128GBはあまりプッシュしていないようで(笑)

16GBモデルは下取り無しでも一括0円に届きますが、64GB以上は0円までは行かないショップが多いです。それでも64GB以上のほうが端末の価値が高いため、ドナ前提なら64GBを探してみた方がお得な可能性もあります。

端末購入サポートはもう必須なので仕方がないとして、他の条件もさまざまで・・・条件はなかなか厳しいですが、最大限まで行くとiPhone6 128GBでも一括15000円というショップもあります。

対象ショップ:「カメラのキタムラ宝塚・安倉店

カメキタには容量の大きいモデルが余っているようで(笑)

2台セット、下取りなしで128GBモデルが一括15,000円。64GBだと12000円、16GBは0円です(これ価格は1台あたりですかね?どちらもありえそうな微妙なラインです^^;)。

昨日のブログで書いた(過去記事:ドコモの端末購入サポート付きiPhone6一括0円案件 割引額とドナ値の目安)でもチェックしたように、16GBと64GBの買取相場差額は12k,16GBと128GBなら18kの差があります。つまり、この条件なら128GBが最も利益率が高い・・・

と見せかけて、やっぱりそうでもないのです。

端末購入サポートで維持期間が長くなっていますので、月サポ分を考えると一概に128GBが良いとは言えません。

このショップの話ではないのですが、容量毎にオプション指定の内容が違うところもあったので、オプションの条件もよく確認して比較しなければ最大の節約を目指すことはできません。

カメキタは下取りを入れることで、128GBモデルも一括5000円まで下ります。

他店の条件では64GBくらいまでなら一括0円まで行くところもあります。しかし、やっぱり下取りやドコモ光への加入込み、クレカ契約込みなどいろんな条件がありますねぇ。

どのあたりが相場平均なのかまだ把握できていませんが、購入サポ入り前に比べてさほどキャッシュバックも変わっていないですかね?端末購入サポート入りでもう少しCBがアップするかとも思っていたのですけども。

まだ来週が8月末として残っているので、今週はもう少し相場を見守りたい感じです。来月からは不穏な噂もあることですし、出来れば今月中に動いておいた方が安全なのでしょうか。。。




by ke-onblog | 2015-08-23 10:13 | キャンペーン情報 | Comments(21)
現在実施されているmineoのキャンペーンでは、毎月800円の割引きが契約のパターンによって6ヶ月・9ヶ月・30ヶ月の3種類あります。

au用プランとドコモ用プラン(先行予約)でそれぞれ6ヶ月・9ヶ月適用させた場合の1年間のお得感などは「mineoキャンペーン適用時のMNP転出までの維持費計算(1年維持)」で分析したので、残りの30ヶ月割引が続くパターンも一応考えておこうと思います。

今回の「mineo 史上最大のお得キャンペーン」では、基本の割引期間が「6ヶ月」あり、ここにmineoからAQUOS SERIE SHL25(auで2014年夏モデルとして発売された機種)を購入すると、割引が24ヶ月分延長され、トータルで30ヶ月の割引となります。

このSHL25は発売から1年以上が経過しているとはいえ、ひとまず今でも十分ハイスペックなスマホといって問題ない程度に高性能なモデルです。
d0262326_5562699.png

SHL25の口コミや評判を見てもかなり高評価ですね。

5.2インチのフルHD IGZOディスプレイ搭載、CPUは2.3GHz クアッドコア、RAM 2GB, ROM 32GB, バッテリー容量も大きく3250mAh、重量は141グラムと5インチオーバーのスマホとしては軽い部類です。

機能面でもワンセグ・フルセグ・おさいふ機能、防水・防塵ももちろん対応しています。Androidは現状4.4ですが、Android 5.0へのアップデートも予告されており、将来のセキュリティ面も期待できる、かなりオススメ出来る一台です。

ただし、mineoの販売価格はauで2014年当初発売されていた定価75,600円(分割なら3150円×24回)という超高額設定です。ちなみに2015年8月現在、au本家オンラインショップでも48,600円にまで値下げされています・・・。さらに75600円は税抜き。

この機種をmineoから買うことで、800円の割引が30ヶ月にもわたって続くのですが、それにしたって800円×30=24000円分の割引であり、本体価格はキャリアで良く言われる「実質負担51600円」に相当します。

せっかくの30ヶ月割引も、このSHL25本体の価格の高さの前では塵芥・・・ この端末は普通にauで売られているものと同じなので、SIMロックも掛かっています。MVNOだからってSIMフリーというわけではないのです。

SHL25セット購入なら特典はこの2倍だとしても少ないです(´Д`;)

性能はいいのですが、ぶっちゃけこの価格では論外ですねぇ。どうしても自分で白ロムを用意するのが面倒だというのなら止めませんけど・・・

SHL25の新品白ロムなら4万円もあればオークションで買えます。端末セット購入ではないのでキャンペーンの割引きは800円×6ヶ月=4800円に減りますが、それにしても本体実質35000円程度で手に入ることになるので、mineo経由で買うより軽く15000円は安く済ませられます。

SHL25の相場はそんな程度なので、mineoから端末セットで購入→端末を売却してキャンペーン適用だけ受けて契約を続ける、というのも話になりません。キャンペーン分がすべて吹き飛び、足が出ます。

15000円くらいの差額ならmineoで買ったほうが楽だ、というのならセットで買えば良いと思います。それ以外の方は白ロム購入+6ヶ月のキャンペーン適用を。

なお、このSHL25の後継機にあたる2015年夏モデルのAQUOS SERIE SHV32はVoLTE専用端末なので、現状mineoでは使えませんので注意して下さい。mineoでも11月頃をめどに使えるようになるとの情報は出ています(MVNOのVoLTE対応については過去記事参照)。

mineo用の端末をどうしようか迷っている方は、上記のSHL25セット購入だけでなく、白ロムで自分で用意することも検討してみてください。よほど変な買い方をしなければ、新品の白ロム購入はそんなに難しいことではないので^^


by ke-onblog | 2015-08-23 06:29 | 格安SIM(MVNO) | Comments(2)
先日モバイルびよりのサイトの方で、LTE接続が出来るSIMフリーおよびキャリア版の6~7インチタブレット特集をやりました。

次は8インチタブレット版を調べてみたいな~と思っているのですが、新登場のASUS ZenPad 8.0や、Galaxy Tab S2 8.0など、続々とラインナップが増えてきますね。

今比較しようとしているラインナップは以下の様なモデルを検討中です。

SONY Xperia Z3 Tablet compact 
Apple iPad mini 3 (7.9インチ)
Huawei MediaPad M1 8.0
Huawei MediaPad M2 8.0
Huawei docomo dtab d-01G

ASUS au MeMO Pad 8 AST21
京セラ au Qua Tab
LENOVO YOGA Tablet 8 SIMフリーモデル
LENOVO YOGA Tablet 2-830L
ASUS ZenPad 8.0(Z380KL)

NEC LaVie Tab S TS708/T1W
ヤマダ電機 EveryPad Pro
Samsung Galaxy Tab S2 8.0 SM-T715
docomo GALAXY Tab S 8.4 SC-03G
Dell Venue 8 15Q23

これで15台分ですね。Windows搭載で8インチのSIMフリー機種はEvery Pad Proだけ?

他にまだ8インチのLTE接続が出来る機種ってありますかね・・・どなたかご存知でしたら教えて下さいm(_ _)m
by ke-onblog | 2015-08-22 22:26 | 白ロムコラム | Comments(8)
ドコモのiPhone6案件がやっぱり今週は目立ちますね~。

端末購入サポートのお陰で一括0円+月サポ付きという好条件(に見える)のショップが増えているのですが、モデル毎に月サポ額がバラバラで、維持期間の長さによって各モデルの実質的な割引額が異なり複雑化しています。

iPhone6 64GBと128GBが同じ条件で、一括価格・キャッシュバックもすべて同じ(ただし月サポは64GBの方がデカイ)、みたいなですね。

このような場合、端末のドナを前提にしているなら、それぞれのモデル価格差と維持する期間×受けられる月サポ額の差額を考慮して、どのストレージを狙うかを考えなければいけません。

そのための目安として、こんな計算データを把握しておく必要がありそうです。

まずは各機種の月サポ額一覧です
iPhone6 16GB → 2565円×24回 =総額 61560円
iPhone6 64GB → 2376円×24回 =総額 57024円
iPhone6 128GB → 1971円×24回 =総額 47304円

iPhone6 Plus 16GB → 2376円×24回 =総額 57024円
iPhone6 Plus 64GB →  1971円×24回 =総額 47304円
iPhone6 Plus 128GB →  1431円×24回 =総額 34344円

続いて6ヶ月の月サポを、16GBモデルを基準にした差額。

iPhone6 16GB → 2565円×6回 =総額 15390円
iPhone6 64GB & 6 Plus 16GB → 差額1134円
iPhone6 128GB & 6 Plus 64GB → 差額3564円
iPhone6 Plus 128GB →  差額6804円

某買取店における各モデルの買取額。

iPhone6 16GB → 50k
iPhone6 64GB → 62k
iPhone6 128GB → 68k

iPhone6 Plus 16GB → 69k
iPhone6 Plus 64GB →  74k
iPhone6 Plus 128GB →  78k

あとは、これらのデータをショップの実際の案件における一括価格とキャッシュバック額と比較していくと・・・

6ヶ月で計算して大丈夫かどうかはわかりませんが、例えばiPhone6の16GBと64GBなら、

16GB 2台で 一括0円 CB24000円付き & 64GB 2台で一括0円CBなしのショップがあれば 、月サポの差額分16GBの方がトータルでお得です。

24ヶ月維持するなら、1台ごとに4500円分の月サポ総額差額があるので、

16GB 2台で 一括0円 CB15000円付き と 64GB 2台で一括0円CBなしでも同等なわけですね。

ドナ値もキャッシュバックもショップによって条件は変わりますのでその都度再計算が求められますが、モデルを選べる場合はいろいろと考えるべき項目を抑えてトータルの維持費を安く出来るとよいですね。


by ke-onblog | 2015-08-22 18:20 | 白ロム転売法 | Comments(11)
試してみただけです。ついさっき。なので結果はまた後日報告しますね^^;

追記レポート書きましたmineo SIM、受け取りました

mineoのドコモ回線プラン スタート記念キャンペーンについては先日から何度もお伝えしていますが、新規契約のキャンペーン割引きは「利用開始月の翌月」または「利用開始日が1日の場合は当月」から始まります。

docomo回線は9月1日からのスタートですが、au用回線のプランは早く注文して8月中に開通させてしまうと、8月分は普通に日割りで料金が発生しますよね。

私はmineo回線は使ってみたいのですが、特にパケット量に困っているわけではないので、9月1日ぴったりに利用を始めたいと考えてここまで待機してました。

今日22日に注文したので、もし仮に今日審査が終わり、そのまま発送されてもSIMを受け取ってからパケット通信をさせずに放置しておけば、9月1日まで利用開始日を遅延させられます(通信をさせない場合はSIM発送から10日後が利用開始日になります)。

あとは、土日に注文すると審査とSIMが届くのに何日掛かるのかな~というのも知りたい方がいるかもしれませんので、その意味でもお試しです。

通常では申し込みからSIMパッケージ到着まで3日~1週間程度だそうです。今回は端末購入なし・データ通信のみなので審査は早いはずですが、土日に注文すると発送が遅れるのかどうか、届いてからまたレポートしたいと思います。詳しい申し込み方法も説明できるようにスクショは保存したのですが、特に難しくもなかったので・・・。気が向いたら解説記事を作ります(笑)

今はキャンペーンの影響で審査登録が遅れる可能性もありますので、9月1日から格安SIMを使い始めたい方はそろそろオーダーしておくと良いと思います。特にドコモ回線を使いたい場合は31日までの事前予約をしておくと800円割引き期間が6ヶ月→9ヶ月に増えるので、事前予約推奨です。

☆「mineo ドコモプラン提供開始・史上最大のお得キャンペーン


by ke-onblog | 2015-08-22 06:16 | 格安SIM(MVNO) | Comments(8)
今のmineoのキャンペーンセールではドコモプランの方が本当はお得なのですが、個人的にauのMVNOが試したいのでau版をこの機会に申し込もうかと思っているのですが、空いている([開いている]でも誤字ではない)auスマホが無いので、1台何か仕入れようかと思っています。

VoLTEにすぐ対応するならVoLTE端末がいいかな~とも思うのですが、SHV31は今SHL24も持っているので被って面白く無いかなと。

今日はノジマの在庫をチェックしていたのですが、気になっている在庫を幾つか紹介。売り切れたら売り切れたってことで(笑)

☆「ノジマオンライン 中古・白ロム一覧

・au ARROWS Z FJL22のピンク/11800円

2013年冬モデルで、2.2GHzクアッドコア,RAM2GB, バッテリ2600mAh、5インチフルHD, 重量149グラム。富士通製ですが、デザインはあまり好みではありませんが、性能は十分。これで11800円ならまずまず。どうせ買ってもあまり使わないので、このくらいでもいいかな~というレベル(笑)

・au Xperia ZL2 White SOL25 / 21800円

2014年5月モデル。 2.3GHzクアッドコア機。Android5.0へアップデートあり。本当はSOL24が欲しいところですが、SOL24だと+1万はするので・・・。中古のエクスペリアなら一番SOL25が在庫多めで割安かなと。

・ au AQUOS PHONE SERIE Black SHL22 / 9800円

安い。2013年5月モデルのIGZOディスプレイ搭載機種。ただし解像度がHDで、現在203SH,304SHを持っている身としては面白みを感じない・・・

・au ARROWS Tab White FJT21 /21800円

データSIMにする予定なので、タブレットでもいいですよね。10インチの防水タブレットで、9600mAhの巨大バッテリー搭載モデル。

LTEが使えて、割安感のある在庫はこんなところですかね。FJL22を手帳ケースに入れて使えばピンク色も気にならないかな~と。ただ、OSが4.2止まりなのがちょっと残念。4.4だったらよかったのに。

18日から先行予約が始まった「mineo 史上最大のお得キャンペーン詳細」では、相当な数の回線契約が入っているそうです。キャンペーンで割安になる6ヶ月~9ヶ月くらい使うだけでもお得なので、試めしてみようという方はやっぱり多いですよねぇ。

なるべく早めに手に入れたいのですが、イマイチ欲しい端末が無いです。コスパ重視でいくか、将来のau保守端末として使えるくらいしっかりしたものを買うか・・・悩みます。


by ke-onblog | 2015-08-21 22:29 | 白ロムコラム | Comments(4)
アウトレットの程度がちょっとわからないのですが、多分安いです。

ファーウェイのSIMフリースマホ Ascend G620SはMVNOでも取り扱いのあるところが多いですが、楽天モバイルはそのアウトレット在庫をSIMとセットにして、新規やMNPでの同時契約購入を受け付けています。

SIMフリーのLTE対応スマホで、本体価格9980円。税込みで10779円ですね。

☆「楽天モバイル

購入には楽天ポイントも使えます。

ヤフオクでAscend G620Sの在庫を探すと、新品で16000円前後、中古品で12000円ってところですね。10779円がむちゃくちゃ安いというほどでも無いですが、オークションで別途手に入れて楽天のSIMを使う、というくらいならセットで買ったほうが安く済むと思います。

G620Sは5インチスマホですね。性能は・・・まぁ、価格相応のローエンド~ミドルのローエンド寄りってところでしょうか。国内での取り扱いが始まったのが2014年12月らしいですが、在庫が余っているのか最近セールで売出しているショップが多い機種です。先日はDMMモバイルでも2万円超の定価から、12800円(税込み13824円)まで値下げしていたはず。

2万円は確かに手を出さないレベルだと思いますが、1万円ならアリ? メイン機種にはちょっと物足りないような気がしますが、おもちゃや初心者用にはいいかも知れませんね。


by ke-onblog | 2015-08-21 19:11 | キャンペーン情報 | Comments(0)
まだ105SHの在庫があったのですね!

丁度先週の14日から始まっていたSBオンラインショップの301Zプリモバイル購入で1000円分のアマゾンギフト券が先着でもれなく貰えるキャンペーンをやっているのですが、今日からギフト券のプレゼント対象がガラケー機種の202SHと、105SHにも拡大されることになりました。

☆「ソフトバンクオンラインショップ シンプルスタイル amazonギフト券プレゼントキャンペーン

プレゼント対象となるのは、すでに販売されていた301Zも含めて先着500人となっているそうです。機種を追加してくるということは、まだそれなりに枠は空いているみたいですね。

202SHは301Zを除けば現在プリモバとして購入できる唯一の通常ガラケー在庫です。
d0262326_12193720.png

202SHの価格は4000円のチャージ込みで新規・MNPともに18,576円(送料無料・税込み)です。301Z(6458円)の3倍の価格ですが、ガラケーとしての性能は断然上です。

202SHはおさいふケータイが無いのがちょっと惜しいですが、防水・ワンセグ付き折りたたみ携帯ですね。

105SHの方はかつてプリモバとして通常販売されていたのですが、いつの間にかオンラインショップからは無くなっていました(今年の3月頃にはあったはず)。今回の在庫は最終処分という感じかもしれませんね~。
d0262326_12184633.png

105SHは202SHの旧モデルで、防水はありません。98グラムと非常にコンパクトなガラケーです。

通常価格はポストペイドタイプで12,240円なのですが、プリペイドの場合でも9698円(送料無料・税込み)です。ポストペイド契約なら実質価格は0円に出来ることもありますが、どんなに安いプランで契約しても毎月の料金が発生しますが、プリモバ契約で受信専用機にすれば維持費を安く出来ます(通話発信をたくさんしたい場合はプリペイドはかえって割高になる可能性も大なので、使い方にあわせて選んで下さい。オンラインショップ上にはポストペイド契約用の在庫は無いようです)。

アマゾンギフト券プレゼントのキャンペーン終了日は8月31日まで、特典付与の条件は9月15日までに開通していることとありますので、忘れずに開通作業をしておきましょう。


by ke-onblog | 2015-08-21 12:23 | キャンペーン情報 | Comments(2)