白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 10月 ( 110 )   > この月の画像一覧

え~と、たくさんキャンペーンが出ていますので、詳細は各自でご確認を^^;


このブログではhonor6Plus半額セールの話題ででお馴染み楽天モバイルが、今日10月29日でサービスインから1周年なのだそうです。それを記念して、本日10時~2015年12月5日午後7時までの期間、「超豪華4大キャンペーン」と題して、楽天モバイルのスマホ購入・下取りなどでさまざまなキャッシュバックを行うとしています。

どの程度のお得感があるのかはまた夜にでも考えたいと思いますが、CBの組み合わせ次第ではなかなか美味しいかも・・・

☆「楽天モバイル

4大CPの内容をざっくり書くと、

1. honor6 Plusの購入+SIM契約で音声13kCB,データ 5kCB
2. その他対象スマホ+SIM契約で最大12kCB
3. 契約時に下取り成立で最大6kCB
4. おさいふ機能付き端末購入でedy 1kCB

honor6 Plusの場合だと、特典の1と3は併用できるはずなので、本体は定価の45800円ですが下取りで最大6000円分の楽天ポイントを貰えるならば19000円分の割引となり、以前の半額セールほどでは無いにせよ、そこそこの割引ですね。

半額セールの時は音声SIMのみが契約条件でしたが、今回はデータプランでもOKです(容量は全プラン可)。

下取りは「アワーズ」という携帯買取店が楽天と契約しているようで、そこの買取価格にプラスして楽天ポイントが貰えるという仕組み(少し前にQua Tabの高額買取をやっていたという情報をお伝えしたショップです)。最大6000ポイントの対象はiPhone5,5c,5s,6シリーズとのこと。iPhone5で6000円分増というのはかなり美味しいかも・・・キャリアのMNPとは違いますから、売るのは白ロムで入手した安価なものでもOKでしょう(壊れてなければ)。下取りキャンペーンは「音声SIM」を契約している場合に限ります。

また、新機種として楽天モバイルでは富士通のarrows M02(RM02), シャープのAQUOS SH-M02の32GBモデル(SH-RM02)、HTCのDesire 626,Acer Liquid Z330など4種類を新規取り扱いを始めました。

もともと楽天モバイルは扱っているSIMフリー機種が豊富でしたが、ますます選べる機種が増えましたねぇ。

今回の1周年記念キャンペーンは、個人的には以前の半額セールには及ばないかな?という判断ですが、Zenfone2 Laser・Xperia J compactなど半額にならなかった機種も今回はキャッシュバック対象に入っているので、機種に拘りたい方はキャンペーン期間中の特典適用を検討してみても良さそうです。


by ke-onblog | 2015-10-29 12:19 | キャンペーン情報 | Comments(0)
う~ん、mineoの割引キャンペーンが終了する頃、いったいどの回線を残せば良いのやら・・・

10月月末、たっぷりと余らせたMVNOのデータ残量を消費すべく、スピードテストをガンガン回しております。

先週開通させた新入り・mineoのドコモプランを追加して、mineoのauプラン・DMMモバイル繰越分を含めて10GBくらい使えるのですが、3日間で4GBほど速度測定だけに消えてゆきました(笑)

mineoもDMMも、24時間以内・3日以内などの短期制限は無い(高速通信ON時)ため、残量がある間は快適なネット接続が可能なのですが、私の測定環境では以前に比べてmineoのau回線が遅くなっている気がします。

普通に使う分には十分に快適ではあるのですが・・・

10月28日における1日の実測比較結果は以下のとおりです。
d0262326_22562964.png

mineoのDプランがあまりにも快適すぎます(笑) ミネオを契約する前はDMMでも十分私の用途には間に合ったのですが、mineoのドコモ回線と比べてしまうと残念な速度に見えてしまいますね。

それぞれの1日の平均速度は、

mineo dプラン 34.2 Mbps
mineo aプラン 8.9 Mbps 
DMM (ドコモ系) 11.8Mbps

9月頃にmineoを初めて使い始めた時はとても快適に感じたのですが、今はDMM以下です。

最も混雑する12時30分の測定では

mineo dプラン 5.58 Mbps
mineo aプラン 1.2 Mbps 
DMM (ドコモ系) 0.5Mbps

やっぱりmineo au回線は比較的混雑時も強いのですが、dプランの安定感がすご過ぎて霞みます。

DMMはF-10D, mineo dプランはNexus6で測っているので端末の対応周波数による速度差も出てしまっていると思われますが、SIMのサイズが違うので入れ替えは出来ません。mineoのSIMはnanoにしたので、F-10Dには挿せるため、29日はSIMアダプターを使ってF-10Dで測定予定です。

今回私はmineoキャンペーンの駆け込みで5GBプランを申し込み、速攻で来月から3GBプランに下げる作戦を執っています。28日時点で残り2600MBまで来ていますので、5GBプランを申し込んだ価値はありました。3GBではこのテストは出来なかったですからね(´∀`)

このmineo ドコモ回線の快適さが継続するなら、auプラン・DMMは解約ですかねぇ。mineoの設備投資継続&DMMの価格破壊に期待です。

☆「mineo ドコモスタートキャンペーン」/10月31日申し込み分まで有効


by ke-onblog | 2015-10-28 23:02 | 格安SIM(MVNO) | Comments(3)
まだものすごく安いとは言いがたいですが、一時期のセールから値上げされていたNexus6 XT1100 64GBモデルが以前の価格並に戻してセール販売されています。

一気に在庫数が減っています(先週100台以上あったはずですが、それぞれ50台くらいまで減)ので、欲しい方は売り切れる前に確保しておきましょう。

☆「エクスパンシス Google Nexus6 XT1100 64GBicon」/56,305円(送料無料・税別)

昨日まで64000円くらいになっていたはずです。在庫はブルー・ホワイト両方あり。価格も同じです。

以前は57200円が通常販売の最安値、日替わりセールで52800円くらいで売っていたこともありますが、最近の値上げっぷりを考えれば割安です。

新型のNexus6Pも登場していますが、64GBモデルは8万円超です。6Pでは指紋認証が付いたり、対応周波数帯、キャリアアグリゲーションの種類も増え、スペック自体の向上もしているはずです。

2万円の価格差をどう考えるかは個人の判断によるところですが、私はNexus6でも十分ハイスペックで便利だと思いますよ~
by ke-onblog | 2015-10-28 18:02 | キャンペーン情報 | Comments(0)
Googleストアから購入した方は発売日確保分はもう出荷されてそろそろ届いたのかな?と思いますが、SB版の発売日はちょっと遅れて11月6日になりました。

もともと10月下旬で案内していたはずですが、変更になりました。SIMロックを掛けるのに手こずったのですかね・・・まぁ、よいです。

SBで扱われるのはNexus6Pの32GBモデルと64GBモデルで、MNPなら実質0円~、新規と機種変更は変わらず実質33120円~。MNPの月サポはそれなりに大きめでした。
d0262326_16525465.png

ドコモでNexus5Xへ機種変更すると実質負担で33912円でしたので、5Xと6Pではサイズが違うので絶対に6Pが良いというわけではありませんが、ドコモの5Xに対するMNP以外の冷遇がナンダカナ~という感じに。

ソフトバンクとしては初のAndroid6.0を搭載したモデルになります。私は旧型のNexus6 XT1100をAndroid6.0に手動アップデートさせて遊んでいますが、すでに主要アプリのほとんどがMarshmallowに適応しているようで、私が試したアプリでは動かないものは現状ありませんでした。Androidのバージョンによるアプリの動作が心配という方も、それほど不便になることはないのかもしれません。


Nexus6Pはキャリアで扱われるのはソフトバンクのみなので、回線セットで契約したいならソフトバンクにMNP転入する or Google ストアで購入して白ロムのように勝手に機種変更するしかありません。ワイモバでSIMのみ契約にMNPして20000円CBを貰うという手もありますが。

どう契約すれば安くなるのか、便利なのかは人によって条件が違いすぎるのでどの方法が一番オススメ!というのは特に無いのですが、ソフトバンクで扱うからにはMNP予約番号を取得するふりをして引き止めポイントをもらっておけば実質3万円分もすべて打ち消せるくらい大量のコジポが貰える可能性もあります。

コジポ作戦を使わないなら機種変更はあまり美味しくないので、、、スマート値引きなどを使えて維持費を下げられているのならそれでも良いですけどね。

ソフトバンクでは機種によって売り出し方にムラがあることがあります。すぐに一括0円になったり、いつまでたっても高いままだったり。傾向としては最近はAQUOS,Xperiaシリーズの安売りが早く始まることもあるのですが、Nexusはどうなるでしょうか。

一括購入割引などでのダブル2年縛りなどになっちゃうかもですが、Nexus6P 32GBの価格自体は78,720円とそんなに他のスマホに比べて高いわけではないので、SBがNexusを優遇さえすれば一括0円になる日も遠くないかな、と思います。

半年キープしてSIMロックを外せばGoogleストア版同様に使えるようになるでしょうし、Nexus6Pが欲しい方は、いち早く手に入れて先行者利益を確保する or 投げ売り待ちのどちらか を選ぶのがよさそうですね。

ソフトバンク版の詳しい料金、スペック等は公式サイトで確認して下さい。Googleストアでは売り切れも出ているので、発売日入手をしたい場合は予約したほうが良さそうです。

☆「ソフトバンク Nexus6P
by ke-onblog | 2015-10-28 17:18 | スマホニュース | Comments(0)
明日の国内版発売に備えてか、エクスパンシスでグローバルモデルのSIMフリー XperiaZ5のデュアルSIMモデルが値下げされています。

入荷直後は8万円超での販売ですが、6%ほどですが安くなりました。エクスパンシス上ではデュアルSIM版の方がシングルSIM版より安いということに。

ただし、カラーはグリーン限定です。余ってるのかな(笑)

☆「エクスパンシス Xperia Z5 Dual E6683icon」/75,856円(送料無料・税別)

iconicon

関税を含めても8万円弱でしょうか。ドコモ版は9万円超、ソフトバンク・au版も8万円は超えていますので、キャリア契約の割引を考えなければグローバルモデルの方が安いとも言えます。

実質価格であればキャリア版の方が断然安いですけど。
d0262326_11315764.png

さらにこちらのデュアルSIMモデルはちょっとバンド対応が特殊です。
4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/38/39/40/41 / 3G: 850/900/1900/2100 MHz / GSM: 850/900/1800/1900 MHz

シングルSIM版では対応していたBand28がありません。一方でBand38-41バンドにも対応しているようですが、SB/ワイモバ系のSIMでなら使えるのでしょうか(グローバルモデルなので日本での技適は無いかもですが^^;)

香港ではこのZ5 Dualは公式サイト上では5,698ドルで売られています。1HK$=15.52円くらいなので、そのままのレートでも88433円くらいです。エクスパンシスの方が1万円くらい安くなっており、一体どうやって仕入れているのか謎です(笑) Nexus6の時も感じましたが、海外では卸売で買えるのですかね~

日本モデルの場合はワンセグやフルセグ・おさいふケータイなどに対応している反面、キャリアロックが掛けられた上での販売です。国内で使うだけなら将来安くなった白ロムを買うのがオススメですが、デュアルSIM版がすぐに欲しい方はエクスパンシスから取り寄せてみるのも良いかもしれません。

ちなみにXperiaZ4相当のZ3+ E6553は55,505円(税別)です。Z4の発熱っぷりを考えると+2万円は安いのか高いのか・・・難しいところです。


by ke-onblog | 2015-10-28 11:49 | キャンペーン情報 | Comments(0)
明日10月29日に3キャリアからXperiaZ5が発売されます。auとソフトバンクでは予約キャンペーンをやっていますので、その予約対象期間が今日10月28日までということになります。

auの場合は2000円分のウォレットチャージ、SBの場合は35000円相当のスマートウォッチ+ハイレゾ対応イヤホンが2000名にあたる大型企画なので、すぐに購入を予定しているのなら予約を済ませておきましょう。

☆「ソフトバンク Xperia Z5予約ページ

SBは今日までの予約者2000名に抽選でSmartWatch 3+ハイレゾイヤホン SE-5000HRがあたります。イヤホンだけでも9千円くらいする高価なアイテムで、当たる人数がめちゃくちゃ多いですね~

あとは新規・MNPの場合、自宅で端末を受け取るとオンライン限定でTポイント3000円分がもれなく貰えます。

☆「au Xperia™ Z5 SOV32 予約キャンペーン

auの場合はMNP/機種変更のみが対象で、新規購入は対象外です。

☆「docomoオンラインショップで総額160万円分のソニーストアお買い物券があたる

ドコモの場合はメールの受信者だけが使えるキャンペーンもあるそうですが、オンライン上でやっているソニーストア10万円分の商品券があたるキャンペーンは全員が対象になります。契約の種別は問わず、機種変でも新規でも対象になります(販売価格が5400円以上のすべての端末が対象)。

ドコモはXperiaZ5 Premiumに対して大型キャンペーンを打ってるので、Z5用CPは控えめです(笑) Z5プレミアムはドコモ専売になりそうなので、販売戦略として他社と差別化を図ってきたということでしょう。

XperiaZ5はZ4の汚名返上となるでしょうか。iPhone6s/6s Plusが十分に行き渡ったこの時期の発売ということもあり、各社の売れ行きに注目です。


by ke-onblog | 2015-10-28 09:27 | キャンペーン情報 | Comments(0)
思ったよりもSIMロック解除が白ロム売買に与える影響は小さいのですかねぇ・・・

つい先日iPhone6s/6s PlusのSIMロック解除による買取額への影響について書きましたが(過去記事:キャリア版iPhone6s Plusの転売額は高値維持、SIMロック解除の付加価値が下がる)、SIMロック解除義務化対象となった2015年5月以降に発売される各社のAndroidスマートフォンでも、解除済み白ロムがオークションにわずかですが流通し始めました。

しかし、思ったよりも価格は奮わないようで・・・

ヤフオクで探すと、ドコモ版のXperiaZ4 SO-03GのSIMロック解除済み端末が先週出品されていたようですが、落札額は5万円に届いていませんでした。

SO-03Gのヤフオク相場は新品未使用・制限○状態で普通に5万円前後であり、上手く入札を獲得出来れば52000円~54000円まで、SIMロック状態でも価格が上がっているようです。

ドコモの場合は過去6ヶ月以上に前にSIMロック実績があれば、購入後の日数にかかわらずロックは外せるので発売された直後からSIMフリー化した白ロムが出回る可能性はありましたが、少なくとも現時点ではSIMロック解除がされていることは、白ロム価格に大きな影響を与えないようですねぇ。

SIMロック解除義務化以前であれば、ドコモのロック解除端末はその手数料分くらいを落札相場に上乗せしても売れていたと思うのですが、厳しいですね。。。

海外で使いたいという明確な目的があるならともかく、ドコモ版ならロックが掛かったままでもMVNOでは使えますし、SIMフリー版が欲しいなら今は普通にSIMフリースマホが量販店でもどこでも買えるような環境になりましたから、「SIMフリー端末」自体の希少価値が薄れている影響もあるのかもしれませんね。

また、auやSB版のスマホもロックが外せるようになりますが、Androidスマホの殆どは、その販売キャリアに合わせた対応周波数帯のモデルになっています。

下記はSBが公開している、ソフトバンクモデルの対応表です。
d0262326_20433132.png

こう見ると、やっぱりApple製品以外はSIMロックを外したとしても、日本国内で使う場合はSBネットワーク系でしか快適に使えそうにないですかねぇ。ドコモはBand1,3が広く使われているのでそれなりに繋がると思いますが、例えば3GだとGalaxy S6 edgeでもFOMAプラスエリア(800MHz)には対応していないので、プラスエリア対応の格安スマホよりも実用性は低いということになっちゃうのかもです。

auも同様の実装周波数一覧を公開しています。これを見ても、やはりそれぞれがau用のバンドのみにカスタマイズされているので、ロック解除をしただけドコモ版やソフトバンク版、あるいはグローバル版のように使えるわけではないのですね。

SIMフリーのグローバル版 SM-G9250なら以下のバンドに対応しています。
ネットワーク: 4G: FDD-LTE 700/800/850/900/1800/1900/2100/2600 MHz, TD-LTE 1900/2300/2500/2600 MHz /
3G: 850/900/1900/2100 MHz / GSM: 850/900/1800/1900 MHz-エクスパンシスicon


auのVoLTE機種モデルの場合はSIMロックを外すことによって始めてMVNOで使えるようになるため、国内においてもロックが外せることには意味があるのですが、auの場合は白ロムを持ち込んで誰でもロックを外せるため、「解除済み」であることの優位性はその手数料分くらいです。今のiPhone6sのように+1万円もの価値は生まれないでしょう。

白ロムを売る場合には、SIMロックが解除してあることよりも、制限が○・赤ロム保証・一括払い済みであることのほうが今後も重要視されそうです。オークションに出す場合にSIMロック解除の手続きをアフターサービスで付加することは良いですが、それを餌にあまり価格を吊り上げても売れないかもしれませんので、良く市場需要を見て価格を決められると良いですね。



by ke-onblog | 2015-10-27 20:58 | 白ロム転売法 | Comments(0)
昨日10月26日月曜日分のデータがまとまりましたので、格安SIMサービス mineoの実測状況が知りたい方は参考にどうぞ。

端末を持ち歩いて1日測定していますので、定点測定ではありませんが悪しからず^^;

契約しているのはmineo dプラン(ドコモ回線利用)、SMSなし、5GBのデータプランです。
d0262326_12413983.png

朝8時は都心部の駅で測ったのでちょっと混雑してますが、それでも10Mbps。

お昼12時30分はちょっと速度が落ちますが、1Mbpsは切っていません。

午後~夕方~夜にかけても格安SIMにしては爆速。下手すればドコモ本家より早いんじゃないですかね(笑)

現在mineoの申し込みは僅かですが混雑しており、データプランの場合で審査に3日+発送で2日ほどが掛かっているようです。今日27日申し込みはギリギリ11月1日の開通に間に合うかどうかという最終日になります。

1日開通じゃなくてもキャンペーン自体は適用できますが、11月2日以降のスタートだと11月分は料金日割り→12月分から割引スタートになりますので、少しでも節約したい場合は今日がお得に使える最後のタイミングとなるでしょう。

☆「mineo ドコモスタートキャンペーン(10月31日申し込み分まで)


by ke-onblog | 2015-10-27 12:48 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
ソフトバンクのiPhone6sとセットで使うとスマート値引きによる割引が増額されている11月末までにSoftbank Air(ソフトバンクエアー)に加入検討をしている人が多いみたいです。

現在の割引増量は大容量プランで最大2522円の割引になりますが、それよりも標準の5GBプランや旧料金体系のホワイトプランでもなかなか割引額が大きいことがポイントなのかもしれません。
d0262326_8574484.png

ホワイトプランのパケットし放題フラットでも毎月1522円の割引きは大きいですね。通常なら500円しか割り引かれませんので。

ソフトバンクエアーの評判や口コミについて過去にまとめた記事を参照してみてください。

過去記事:固定回線に替われる?ソフトバンクエアーの実速度や利用制限

今回ちょっと気になった点として取り上げるのは「引越し関連」についてです。

ソフトバンクエアーは2年単位の契約なので、学生や一時的な単身赴任の場合など近い将来に引っ越しを予定していると、引越し先でも使い続けたい場合にどうなるのだろう?と疑問に思う人もいるかもしれません。

上記の過去記事でも解説していますが、ソフトバンクエアーは契約した住所でしか使えません。電源が必要なので外では普通使わないと思いますが、自由にいろんな場所へ持ちはこびながら使うということは規約上出来ません。扱いが「固定回線」ですからね。

まぁ、そこは仕方がないとして(自宅と居所地を行ったり来たりして使いたいならWiMAXが良いでしょう)、登録した住所の変更はどうなのかな?と。

調べてみたところ、ソフトバンクエアーの利用場所の住所変更は可能でした。

ただし、事前の住所変更申請が必要です。事後ではダメです(引越し後の連絡になってしまうとトラブルがありえます)。
d0262326_9134620.png

上記記述がSB Airの重要説明事項にありました。

引越し先へソフトバンクエアーの契約住所を変更を予めしておくと、もしそこが受信エリア外だった場合、更新月以外では通常9500円掛かる契約解除料が無料になるのですね。

もし事前連絡無く引っ越して、後から使えないことが発覚した場合は「移転完了後8日以内」という判定ができませんから、引越し先で使えないことが判っても違約金が発生してしまうということみたいですね。

*そもそも引越し先の住所が提供エリア外である場合はソフトバンクエアーの移転自体が出来ないため、SoftBank Air お問い合わせ窓口まで連絡するようにとのことでした。

ということで、スマート値引きを検討中かつ引越し予定が近くにある場合は、引越し先でも継続して値引き継続をしたいなら普通の固定回線よりもSoftbank Airの方が融通は効きやすそうです。SB Airが安定して使える場所(Sotfbank 4Gの接続エリア)は都市部に限られると思いますが、料金面と利便性を考えて普通の固定回線を引くか、ソフトバンクエアーにするのか選んでみると良いです。

今のスマート値引き増額は11月30日までに端末の購入とスマート値引き適用をさせる必要があります。ソフトバンクエアーは工事不要で申し込み完了から機器到着後すぐに使えるのがポイントの一つですが、期限ギリギリだと手続きが間に合わないかもなので、余裕を持ったスケジュールで進めることをオススメします。


by ke-onblog | 2015-10-27 09:35 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
mineoのドコモプラン、今日は速くないですか?

私はまだ一昨日の24日にmineoのdプランは開通させたばかりなので過去の状況を実体験で知っているわけではないのですが、噂に聞いていたよりも随分とデータ通信の速度がアップしているように感じます。

mineoでは9月、10月に利用者増に伴ってネットワークを増強したと公式サイトにも書かれています。

10月は3回も増強を掛けているらしく、1回めは10月上旬、2回めが10月18日、3回目がもしかしたら昨日か今日だったのかも(今週に増強予定があると書かれています)。

詳しいデータは後日まとめてアップしたいと思いますが、今日の12時30分でも下り速度1.8Mbpsほどを保ち、15時には40Mbpsを超えています。

で、朝6時では上り66Mbps、下り14Mbps(ping 39ms)。

以前測定したmineo auプランより明らかに速いです。au回線も増強されたということなので、そちらもで速度が向上しているのかもしれませんが。。。

今、18時に測定した結果では、

dプラン・・・ 下り42.42Mbps/ 上り 14.28Mbps (Nexus6)

aプラン・・・ 下り15.56Mbps/ 上り 8.76Mbps (FJL22)

ダウンロードはダブルスコアでドコモプランの方が速いですね!

今週はドコモプランのスピードテストをやりまくろうと思っていたのですが、こうもスピードが出てしまうと、5GBでも足りなくなるんですけど・・・

(余ったパケットギフトを要求しているわけじゃないですよ?コードを送りつけないようにしてください(笑)

キャンペーン終了目前ですが、もしmineoのどちらの回線を申し込もうか速度面で迷っているなら、「今は」という前置きが付きますが、どうやらドコモ回線の方が快適に使えそうな感じです。

どちらも決められない!という方は両方とも申しこめば問題無いですw

また、現在mineoのサイト上で「スピードテスト選手権」なるものをやっているそうです。速度テスト結果のスクショを撮って送り、上位に入るとパケットギフト1GB分とグッズが貰えるらしいです。

1GBはちょっと少なすぎて魅力無いですけど・・・IIJmioみたいに1TBとかにしませんか?(´∀`)

1位は1Gbpsとか出ちゃうんじゃないですかね~。応募方法がスクショの提出なので。。。まぁ、ネタですよね。運営も判ってやっていると思います(笑) 本当に厳粛にやるなら専用サーバーなどで接続記録・転送記録と比較して不正を取り締まるなんてことも出来るのかもしれませんけど。

スピード選手権はともかく、MVNOとは思えない速度がmineoのdプランでは現状で出ているので、ドコモ回線を申し込んで放置している方はスピードテストをしてみると面白いかも知れません。

☆「mineo ドコモスタートキャンペーン(au/docomo回線共通)


by ke-onblog | 2015-10-26 18:14 | 格安SIM(MVNO) | Comments(6)