白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 11月 ( 90 )   > この月の画像一覧

eBayは全世界で展開されていますので、スタート時間はグリニッジ標準時間で27日の0時スタートですかね。

先日少し日記に書きましたが、今日11月27日はブラック・フライデーです。クリスマス商戦に向けたスタートラインということで、海外系通販で多くのセールが出ることが予想されます。

eBayでは特設ページが作られており、それこそクリスマスプレゼントを意識したファッション・ブランド品のセールが用意されているっぽいです。

安いかどうかはちょっと微妙ですが、エレクトロニクス分野からはパソコン・カメラ、そしてSIMフリーのスマートフォンやタブレットもすでにちらほらと。

☆「eBay Global Deals

最近は日本でもSIMフリースマホを安く買えるルートが増えたので、新品のスマホを即決価格で買おうとすると、送料・手数料を考えてしまうとあまりお得感が無いことも多いですが、なにか安いものが出ますかね~?

トップページにはiPhone, Galaxy, LGなどの各種SIMフリーモデルが20~40%オフくらいで並んでいますが、今見た所ではそれほど安くないです(笑)ブラックフライデー本番までまだ時間があるので、日本時間ならお昼すぎくらいにまたチェックしてみましょう。

ブランド品には疎いので手を出せずにいますが、この手のセールはエレクトロニクス商品よりもファッション系の方が安くなりやすいです。プレゼント用としての需要は高そうです(輸入からの転売となると、ちょっとクリスマスシーズンに間に合うかすでに微妙ですが)。

私はかつて時計を輸入して売ろうかと思っていろいろ調べていた時期もあるのですが、安い商品も無くはないのですが、日本での取扱いが少ない商品は売れるかどうかはセンスが問われますし、すでに売れてる製品は国内でも価格が下がりすぎていて・・・となかなか難しいものです^^;


輸入販売はともかく普通に節約、というレベルなら海外製品が安く買える可能性が高いのは間違いないでしょう。日本だけでなく世界的に注目度の高いセールなので、本当に安い商品は瞬殺になるのかもですね。

eBayでの輸入は日本の通販ほど簡単では無いかもですが、狙っている製品があるならBlack Fridayでの特価価格を調べてみる価値はありそうです。


Click Here

by ke-onblog | 2015-11-27 07:39 | キャンペーン情報 | Comments(14)
ファーウェイといえば日本ではAscendシリーズのMate7, honor6 Plusがここ最近では多くのMVNO、SIMフリーショップで販売されるようになって日本でも知名度を上げているところだと思いますが、2015年冬モデルは攻めてきましたね。

2015年12月4日より発売される新機種「Huawei Mate S」は5.5インチの大画面SIMフリースマホで、価格は79800円(税別)となりました。(このモデルは「Ascend」って付かないのですね)
d0262326_218393.jpg

ファーウェイは楽天に公式ショップがありますが、そちらと楽天モバイルで予約が始まっています。

端末単品で買う場合はVモールからでもオーダー出来て、どちらのショップでも楽天スーパーポイントが消費できます。

☆「Vモール 【ファーウェイ公式】HUAWEI Mate S

キャンペーンとして、楽天モバイルのSIMとセット購入をすると15k引きになるそうです。

☆「楽天モバイル

それでもまだ64800円ですか・・・。

細かいスペックは上記のサイトにも書いてありますが、5.5インチクラスの激戦サイズ分野への投入になりましたね。

Xperia Z5 Premium SO-03HやiPhone6s/6 Plusはまさに5.5インチですし、Nexus6Pが5.7インチ、フリーテルのKIWAMIも5.5インチ、ASUSの6インチ版Zenfone2 Laser(これはちょっとサイズ感が違いますかね)なんてのもありました。

解像度はFHDなので他機種に比べるとちょっと弱いですが、4KやらWQHDまでは必要無いといえば無いのかもしれません。

MateSは指紋認証あり、そのままタッチパッドのような役割もできるとか。ナックルジェスチャーなど、機能面でもなかなかユニークなようです(本当に便利かどうかは知りませんけど)。

ちょっと気になるのは軽さを優先したためか、バッテリー容量が2700mAhと5インチオーバーのスマホにしては小さいです。LTEでの連続待受時間も440時間となっており、スナドラ810を載せたVoLTEスマホみたいな短さ。これでも実用には十分なのかもですが、実際に使っているとガシガシ減りそう。

でも、ラウンド形状で重さ約156gというサイズは良いですね!すごく持ちやすそう。5.5インチクラスになると片手での操作が結構キツイと思いますが、

SIMフリーでSIMサイズはnano SIM。USBはmicroサイズです(こんなことを書く必要が出てきたのですねw)。OSはデフォではAndroid 5.1。マシュマロではありません。

対応のバンド数はファーウェイの端末としては結構多いのですが、もともと海外用のためか日本のキャリアが使っている周波数帯とバッチリ合致しているとは言いがたいですかね。
FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28
TDD-LTE: B40

B18,26は入っていますが、KDDIのネットワークで使うことは想定されていないと公式サイトに明記してありますので、つまりはそういうことでしょう。

同じくファーウェイのMediaPad 8.0 M2がソフトウェアアップデートによってUQ mobile(au系MVNO)で使えるようになった例もあるので、もしau系回線で使いたい場合は今後の対応を待ちましょう。

MateSはスペックが高いので2-3万円台で買える格安スマホとは一線を画するモデルであることは判るのですが、79800円はなぁ。。。という感じです。定価で7万、キャンペーンで5万くらいだったらな、というところ。

楽天モバイルでの取り扱いがあるので、将来半額セールに入ったら買いかもしれませんね(´∀`;)


by ke-onblog | 2015-11-26 21:10 | スマホニュース | Comments(8)
今日はなんだかいろんなスマホの新機種情報が出ていますね。もう全然ついていけませんが、とりあえず気になったところから順番に消化していきましょう。

まずはソフトバンク・ワイモバから発売されるAQUOSケータイ 504SH。この機種、今日から予約ができるようになっているのですが、新規でも機種変でもMNPでも全部端末代金が0円なんですね。

☆「ワイモバイル ケータイ機種

ワイモバでは回線はPHS扱いになってますね。ということはスマホとは別枠で持てるのでしょうか?

新設されたケータイプランSSは、月額934円なので税込みで1008円で維持できます。スマホプランも契約出来ますが、504SHはLTEには非対応なはずなので、3Gでそれなりにネットを使うならプランS(2980円)くらいならアリでしょう。

そしてなんといっても本体0円。新規一括0円、機種変一括0円ですよね!

これ、SBでも同じ価格で売るのでしょうか?月月割(月額割引)がMNPでも0円なので、1008円以下にはなりませんが、2年縛りを完走しても大した金額にはならないですよね。

スペックやデザインはソフトバンクで売られていたシャープのTHE PREMIUM 10 WATERPROOF 301SHに近いですが、あちらは7万円超の定価です。MNPなら実質7440円になりますが、機種変更だと3万円以上掛かるので、SBのSIMを入れ替えて使えるのならワイモバでプランSSで契約して端末だけでも使うという方法も有り得そうです(少なくとも半年経てばSIMロックを外してSBで使えるでしょう)。

おサイフケータイが付いていないのが惜しいですが、大容量バッテリーで防水・ワンセグあり。機能性は十分です。

2年完走させないと最近のSBグループはすぐに総合判断になるので2年後にしかPOはオススメしませんが、端末にそれなりに価値が出るなら・・・

その頃にキャッシュバック相場ががどうなっているかわかりませんけど^^;


by ke-onblog | 2015-11-26 19:12 | キャンペーン情報 | Comments(28)
先日のフリーテル「KATANA01」に続き、ヤマダ電機のEvery Phoneがもう明日11月27日にWindows10 Mobileを搭載した国内初のSIMフリーモデルを出すということですが、今のところ日本向けモデルはロー~ミドルスペック機種ばかりなのですね。

お試しならばそれでもいいですが、W10Mの特長の一つである「Continuum」を使うには、エクスパンシスで予約が始まったLumia 950XLくらいのハイエンドモデルクラスのスペックが要求されるということなので、本気で使いたい方はこういうモデルが良いのでしょうか。

スペックもすごいのですが、お値段もすごい(´∀`;)

☆「エクスパンシス Microsoft Lumia 950 XL RM-1085icon」/91,840円(税別・送料無料)

iconicon


多分関税を入れると9万6~7千円くらいになると思いますが、最高級スマートフォンクラスですね。XperiaZ5 Premium E6853よりちょっと安いくらいです。

ただ、スペックも無茶苦茶に高いので、この価格も納得のレベルではあります。

画面サイズは5.7インチでWQHDディスプレイ。サイズと解像度はNexus6Pと同じです。

CPUはQualcomm Snapdragon 810で2.0GHzオクタコアとされています。詳細は不明ですが、これは2015年夏モデルでしでかした発熱チップではなく、Nexus6Pで採用された「v2.1」の改良版と同じっぽいです。

RAM 3GB, ROM 32GB, バッテリー3340mAh. カメラはメインが20M、フロントが5Mピクセルとなっています。

SIMサイズはnanoSIMで、エクスパンシスの商品ページには対応バンドが書いてないのですが、「GSM Arena」には以下の様な記載がありました。
LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 20(800), 28(700), 38(2600), 40(2300)

*このバンド一覧とエクスパンシスが販売するモデルが同じとは限らないので、詳しくは入荷後にサポートに聞いてみてください(FCCのデータと同じみたいなので、多分あってますけど)。

USBも最新のリバーシブルタイプなType-C。

かなり本気のモデルですねぇ。

Windows 10 MobileのContinuumでは、スマホ上の画面を外部ディスプレイなどに接続した場合、まるで普通のWindows10のタブレット・ノートパソコンのようなデスクトップ画面での操作ができるように切り替えられるそうですね。

それにはこのLumia 950XLに搭載されたスナドラ810や808クラスのチップが必要ということですので、今日本で発表されているような3~4万円程度のモデルでは耐えられないのでしょう。

Windows 10 Mobileは試してみたい気もしますが、ちょっと私には手が出ません^^;

エクスパンシス

by ke-onblog | 2015-11-26 13:52 | スマホニュース | Comments(0)
売り切れた正確なタイミングはわからないのですが、11月26日時点でソフトバンクのオンラインショップで販売されていたシンプルスタイル(プリペイド)用のスマホ機種のうち、数量限定で販売されていたアウトレット品が複数のモデルで売り切れになっていることを確認しました。

在庫の無い端末もホームページ上には一見「販売中」と表示されるのですが、購入ページへ進むとエラーで買えないのでご注意。

10日前の11月15日の時点でSIMフリー化が可能なARROWS A 301Fの完売を確認していますが、その時はまだAQUOS PHONE Xx mini 303SHの一部カラーは在庫がありました(過去記事:プリスマ用アウトレットスマホ 301F完売 203SHが高値で取引)。

プリスマ用端末としてソフトバンクの4G LTEに接続できる機種は301F, 303SH, Blade Q+の3機種だけでしたので、これで現状買える4G LTEスマホはBlade Q+(新品販売品)のみになってしまいました。

また、301Fと同時期に追加されていたアウトレットのDIGNO R 202Kも在庫が無くなっています。比較的高性能なアウトレットスマホが悉く売り切れ状態です。

SBのシンプルスタイル用ラインナップは1-2ヶ月くらいの短いスパンで何かしらのキャンペーンや機種追加などイベントが用意されて続けていますので、またいつの日か在庫補充や新機種追加もあるかもしれませんが、今のところ次のセール情報は出ていないようです。

11月末にシンプルスタイル枠を空けてすぐに補填したい場合は普段通り最安値の301Zが安牌ですが、急がないのであれば次の何かしらのイベントを待つか、購入時期を2-3月にずらすのもありだと思います(購入時期に関しては他回線とのスケジュール調整の方が重要なので、3月が良いとも限りませんが)。

301Fや303SHが追加されたのが10月9日でしたから、販売数は不明ですが一ヶ月半での完売と相成りました。

以上、次回高性能で比較的安いプリスマアウトレットが追加された場合の参考用日記でした。


by ke-onblog | 2015-11-26 07:47 | スマホニュース | Comments(0)
私は購入したことはないので実際の評判はどうなのか判りませんが、今日から予約が開始されたフリーテルのWindows Phoneに対抗できる安い海外版のWindowsモバイルを買えるショップは無いかな?と探していたところ、「Etoren」(読みは「エトロン」?それとも「イートレン」?よく判りませんw)というショップが日本語に対応したサイトを開設しているようです。

会社本体は香港にあるので「エクスパンシスicon」と似ていますが、こちらは日本にスタッフ・物流センターも置いているとのこと(エクスパンシスも日本人スタッフは居ますが、香港からの対応)。なので修理・交換対応が早いのがウリとしています。

☆「Etoren.com

サイトのフォントがすでに香港っぽさを醸し出していますが、メールでの対応などもすべて日本語でできるようです。

エクスパンシスとの最大の違いは、日本向けサイトは「関税込み」での価格表示がされていることです。エクスパンシスの場合は配送時に消費税・関税の支払いを配送業者にすることになりますが、Etorenでは発送時に税金を支払う「Delivery Duty Paid」を使っているため、通販サイト上で確認できる金額以上の料金が発生しないそうです。

ラインナップはSIMフリースマホ、タブレット、関連アクセサリーやガジェットなど、こちらもエクスパンシスとあまり変わりませんが、機種はかなり豊富に取り揃えられています。

エクスパンシスで見たことがない在庫として、OnePlus Xとかありますね。

☆「Etoren OnePlus X 16GB」/39,694円(税込み・送料別)

Windows PhoneだとLumiaシリーズは430、640XL, 1320などがありました。価格は特に面白みはありませんでした^^;

価格もいろんな機種で調べてみましたが、エクスパンシスと同等か、若干高いかな?という程度でした。Xperia Z5 PremiumやBlack Berry PRIVなどの最新機種もあります。

ただし、Etorenに不利な所もあります。

それは送料。送料が結構高い。

エクスパンシスでは今は7万円以上(昔は5万円以上だったのですが、ハードルが上がってますね)の商品は送料が無料、それ以下はヤマトで1400円・FedExで1800円という価格なのですが、Etorenでは10万円を超える商品でも送料が掛かるようです。
d0262326_2239617.png

上記は試しにiPhone6s 128GBをカートに突っ込んでみたところのキャプチャーですが、送料が2754円もします。

本体価格は120431円なので、日本のアップルストア価格110,800円の税込み119,664円と800円違いなのでそれほど高くはないのですが・・・

同じように、XperiaZ5シリーズなどの高額なモデルを買う場合にはエクスパンシスの方が安いかな~という感じでした。

日本でSIMフリースマホを買う場合は国内外のAmazonで並行輸入品を買ったり、1ShopMobileなども有名ですね。あとはeBayで直接仕入れるとか。

Nexus6 XT1100などもまだ在庫がありますし、買いたいモデルが他のサイトに無かったり、エクスパンシスのようにセールで安くなるようなことがあるようならこのEtorenも検討の余地もあるかな?というところです。




by ke-onblog | 2015-11-25 22:51 | 白ロム転売法 | Comments(2)
タイトルの1文で全てです。これは安いでしょう。

もちろん、もう売り切れていますけど。

今日のノジマの中古品コーナーではiPhone5sが一気に値下げされており、その中でも元々4万円で売られていたdocomo用の5s 32GBモデル ゴールドが19800円になっていたようです。

☆「ノジマオンライン 中古・白ロム一覧

状態は薄いキズはあったようですがジャンクではなく、利用には問題ないレベルなのでしょう。

ドコモのiPhoneは人気が高く、5cでさえ中古では2万円前後はなかなか厳しい相場のはずです。

他にも、

・SB用32GB 27,480円→19800円
・au用16GB 26,800円→22,800円
・docomo用16GB 34,800円→26,800円

こんな感じで、iPhone5sのちょっと高めだった在庫が一斉に値下げされています。

他の在庫はまずまずの安さという程度ですが、件のdocomo iPhone5s 32GB 19800円はずば抜けています。間違えて値下げしたのかな?というレベルです(笑)

iPhoneではありませんが、以前人気だったGALAXY S4 SC-04Fも15800円から12800円に値下げされています。

ノジマの中古コーナーは売れ残り商品が値下げされることは良くあります。これを調べるには中古コーナーのページ上で並び替えのメニューを「割引率順」にすると、もともとの販売価格から割安になったものを素早く見つけられます。興味のある方は試してみてください。


by ke-onblog | 2015-11-25 17:24 | キャンペーン情報 | Comments(2)
これは買っておくべきなのでしょうか?私はWindowsスマホ自体を一台も持っていないのでちょっと迷ってます。

昨日正式に発売日が決まったフリーテルのWindows 10 Mobile搭載のKATANA01。事前発表では2万円になってたと思うのですが、値下げされて12800円(税別)になったようですね。
d0262326_10363935.png

SIMとセットだと3000円引きのようですが、これ以上回線は要らないので本体だけで買ってもいいかな。

もうビックカメラで予約できるようになっていますね。

発売日は11月30日。

スペックは低いので常用するつもりはありませんが、Windows10 mobileがどんなものなのか確認する程度には十分でしょうか。LTEはB1,3,8,19に対応し、ドコモとソフトバンクの両プラチナバンドに対応しているとのことです。

KIWAMIも予約段階で売り切れていたみたい(今は取り寄せになるみたいです)なので、確保するなら今日中ですかねぇ。

フリーテルの端末ということで出来の良さにはさほど期待はしていませんが、値段が手頃なのでおもちゃとして買ってみるのも悪く無いかな~と。

SIMサイズはmicroのデュアルSIMスロットになっているので、microSIMにしてしまったDMMのSIMも挿せますし。

う~ん、無駄遣いかな?(笑)


by ke-onblog | 2015-11-25 10:37 | 格安SIM(MVNO) | Comments(4)
docomo,Softbankに遅れること数ヶ月、ようやくau版のZ3 SOL26にもLolipopが来ましたね~

時代はもうMarshmallow(Android6.0)ではありますが、Android 4.4から5.0へのメジャーアップデートになるので、UIの雰囲気が変わります。

☆「au-Xperia™ Z3 SOL26 OSアップデート情報

まだSOL26で更新した方の感想などを調べていないのですが、ドコモとソフトバンクで初めてアップデートが提供された7・8月頃には、ワンセグ関連の設定で不具合が出て配信が中断されたこともありますので、不具合が出ると困る方は少し様子を見てからのほうが良いですかね(笑)

XperiaZ3といえば、現在は2015年夏モデルのXperiaZ4, そして冬モデルのXperia Z5の発売開始により2世代も型落ちしているのですが、まだまだ白ロムは高い人気があります。

au版のSOL26は他キャリアのモデルに比べるとまだ価値は低めで推移していますが、ショップでの買取額・ヤフオクの売買相場は少しずつ回復しています。

買取額が高いショップだと未使用品は40000円を超えるようになってきていますね。ドコモ版だとさらに+1万円~1.5万円くらいしますけど。

ドコモ版・ソフトバンク版の場合では、Androidのバージョンによって買取額が異なるという話は聞いたことがありません。というか、ショップの査定表は未使用品でのものなので、普通はすべて「Android4.4」の初期状態での買取を想定しているはずです。

iPhoneのように購入時からバージョンが変わっているということはAndroidスマホでは普通ありません。Z3もそうですが、OSが更新される頃には機種の販売自体が終わっているためです。SOL26はまだたま~に在庫が残っているショップもありますかね?

現状ではAndroid5.0にすると動かなくなるアプリ・機能は少ないと思いますので、中古状態でOSが更新されていても売買価格には大きく影響はしないでしょう。

SOL26はまだオークションにはそれなりに在庫が多く、未使用品で4万円台前半、中古品なら美品レベルで2万円台後半から3万円半ばくらいで狙えます。今はVoLTE機種のXperiaZ4 SOV31でもMVNOで使えるようになりましたが、機種の安定性を考えるならあえてSOL26を選ぶのもアリです。

今後一気にSOL26の価格相場が上がることは無いと思いますが、少しずつ状態が良く・安い在庫は減る傾向に向かうはずなので、安く買えそうなヤフオク出品を狙ってみるのも良いでしょう。




by ke-onblog | 2015-11-25 09:19 | 白ロム転売法 | Comments(7)
たぶんまだ開通させていない人はいないと思いますが、今月上旬の「いい買い物の日キャンペーン」で301Zを購入した方は、明日11月25日までに開通作業をしておかないと特典が貰えなくなるのでお気をつけ下さい。

11月11日までに販売されたアウトレット品のプリモバ301Zでは、先着1000名の購入者にアマゾンギフト券1000円分がプレゼントされます。

その適用条件として、11月25日までに開通させておくこと、そして特典発送時に回線が解約されていないこと、というものがありました。

通常プリモバは発送日から10日ほどが経過すると、自分で手続きをしなくてもソフトバンク側が自動で開通作業を行います(発送時のメールに開通予定日が書いてあったはずです)。もし自動開通のタイミングが25日以降になっていた場合は、必ず自分で開通作業をやっておきましょう。

開通の方法は電話かウェブから手続きを行います(これはオンラインショップで購入した場合です)。

☆「ソフトバンクオンラインショップ 商品到着後の開通手続き(シンプルスタイル用)

手続きが出来る時間が「9:00 ~ 20:30(年中無休)」と決まっていますので、この営業時間内に行うようにして下さい。

今回キャンペーン分のamazonギフト券は、購入時の登録したメールアドレス(申し込み完了や出荷案内メールが来たアドレス)にメールタイプで12月中旬頃を目処に送られてきますので、登録したメアドも忘れたり、無効になってしまわないように気をつけてください。

そういえば、まだ同じく良い買い物の日セールで売られていた203SHの白ロムがオークションに出てますね。商品の状態を見ていると、保護フィルムが貼ったままの新品同様品から、少しキズが付いたようなものまでいろいろとあったようです。

もともとアウトレット品は客からの短期使用後の返品商品を含むとされていたので、全くキズが無いことを保証するものではありませんが、小キズくらいは覚悟しておかないといけないようです。

まぁ、そのキズがあった203SHもほぼ販売価格並のお値段で売れていたようですが(笑)有効期間が携帯機種よりも長いプリスマMNP弾が、実質0円近い値段で作れたレアな機会となっていました。

また来年もあると思いますので、今年のセール内容を頭の片隅に置いておきましょう。


by ke-onblog | 2015-11-24 18:26 | 白ロムコラム | Comments(4)