白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 11月 ( 90 )   > この月の画像一覧

これはまさかmineoのパケットギフト的なヤツか!!

と思ったら、違うのですね・・・

KDDIは11月27日から「購入したパケットデータ」を指定したユーザーに遅れるデータプレゼントという新サービスを始めるとしています。

☆KDDIニュースリリース-ご友人やご家族にデータ容量を気軽にプレゼント「データプレゼント」サービス登場!

すでに契約中の余ったデータをプレゼント出来るのならmineoのパケットギフトサービスのように便利だな~と思ったのですが、どうやらプレゼント出来るのは「0.5GB/550円」や「1GB/1000円」という単位でサービスを購入し、それを贈られた人が利用できるというもののようですね。

1GB1000円て。。。mineoなら150円もしませんけど?

パケットフラットや通話定額+データプランではそれ以上の課金を得られないので、既存ユーザーからさらにお金を回収するための新サービスというところでしょう。


by ke-onblog | 2015-11-24 13:54 | スマホニュース | Comments(2)
日本ではあまり馴染みのない習慣ですが、アメリカでの大きなセールシーズンの一つ、「Black Friday」が今週の金曜日=11月27日に迫ってきています。
d0262326_2113365.png

アメリカでの感謝祭(11月第4週の木曜日)の翌日がブラックフライデーとなるわけなので、日本では馴染みがないも何も、文化的に関係ないわけですが(笑)

でも今の時代、通販を使って海外から商品を購入・取り寄せする人もそれなりに居るでしょう。スマホ関連グッズも海外から直接仕入れちゃう人もいるかもしれませんね。

日本のアマ○ンで販売される安いスマートフォン・タブレットのアクセサリーなどは、大半が海外から輸入されたものの転売ですので、自力で輸入することが出来れば相当に安く商品を買うことが出来ます。

例えばですが、ちょうど今朝からなにか面白い商材は無いかなといろいろと漁っていたところで発見したアイテムとして、XperiaZ5用のアルミバンパーがeBayに出ていました。

☆「eBay Sony Xperia Z5 Slim Premium Aluminum Metal Push-Pull Bumper Frame Case

中国製のバンパーケースですが、即決で8.98ドル=約1100円です。

このバンパーケースですが、某大手通販サイトでは定価4千円、セールで半額2千円で売られています(某サイトの方はロゴが付いていますが、どう見ても同じ商品に、画像加工で文字を入れただけ)。

もちろん業者としては輸入の手間賃・利益が確保されないと商売になりませんので国内で簡単に買える通販サイトではマージンが乗っていることは何も悪く無い(むしろ2千円なら良心的でしょう)のですが、「セールで安く見えるけど、あの商品って原価はさらに半額以下なんだ~」とか気付いてしまうと、ちょっとやるせない気分になります(苦笑)

中華アクセサリーだと安かろう悪かろうな商品も多数混じっている可能性もありますので、eBayで輸入するのが絶対に正しい、国内で普通に買うのは損だとは言いませんけど。


アクセサリーの価格はさておき、ブラックフライデーの話でした。

ブラックフライデーまであと4日あるわけですが、eBayではカウントダウンのアーリーセールも一部出始めています。

スマホやモバイル関連のセールもいくつか見られますね。

SIMフリーのiPad mini3 128GBモデル(A1600)が430ドル=約53000円。日本のアップルストアではiPad miniは2と4しか買えなくなっていますが、家電量販店ではWi-Fiモデルでも6万円を超えるでしょう。

XPERIA Z3 Compact D5833が35%OFFで48000円ほど・・・これはそんなに安くないですかね(笑)

珍しいところで、BlackBerry Playbook が90%OFFで50ドルになっています。

☆「BlackBerry Playbook 16GB WiFi Tablet-PRD-38548-001

2011年発売のタブレットなのでスペックは今となってはゴミかもですが、珍しい端末を集めている方はいかがでしょうか?日本への送料が58ドルになっているので、これは転送サービスを使ったほうが安いですかね。微妙。

正直今は1ドル80円~100円やらの時代と比べて円安が進んだせいで、モバイル端末をeBay経由で仕入れてもあまり安くないですが、日本では通常販売されていないものを輸入して安く買いたいなら、11月27日以降のブラックフライデーになってからeBayをチェックしてみましょう。

日本で人気があるところだとオシャレ家電、雑貨(小物家具)、ブランド化粧品あたりはセール対象になりやすいので、日本での市場価格と比較して掘り出しものを見つけるのも楽しそうです。


Click Here

by ke-onblog | 2015-11-23 21:29 | キャンペーン情報 | Comments(8)
先日行ったアンケート(XperiaZ5 Premiumはどの色が人気になると思いますか? (SO-03H,E6853))では、クロムに続いて人気が高かったゴールドのXperiaZ5 Premiumがエクスパンシスに在庫が復活しています。

先日までゴールドの在庫はデュアルSIM版はあったのですが、日本の技適マークがあるシングルSIM版E6853の売り切れが続いていました。

☆「エクスパンシス Xperia Z5 Premium SIMフリー版icon」/93,425円(送料無料・税別)

iconicon


記録用に在庫数を書いておくと、銀33,金30、黒23台です。エクスパンシスの在庫表示は週末(香港のカレンダーに従う)は全く更新されないなどあまり信用できるものではありませんが^^;

ドコモ版もMNPなら実質的に安く買うことも出来るのですが、新規・機種変だと実質負担でさえ6~7万円という高額機種になったので、プランに縛られないSIMフリースマホで買いたいという方、日本では何故か未発売のゴールドが欲しい方はE6853がオススメです。
E6853 LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28/38/40
E6883 LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/38/39/40/41

ドコモのモデルでも多分将来的にはAndroid6.0(Marshmallow)へのアップデートはされると思いますが、グローバルモデルはソニーが公式にアップデート予定を発表済みなので、Z5プレミアムは長く使える一台になるでしょう。

Xperia Z5 Compact E5823も在庫が十分入るようになりましたね。こちらは現在価格は63,315円となっています。10月18日時点では68900円だったので、ちょっと値下がりしました。

☆「エクスパンシス Sony Xperia Z5 Compact E5823icon

Z5 Premiumはともかく、Z5 compactの方はauやSBでも扱えばいいのに・・・と思いますが、大人の事情なのか相変わらずドコモ独占販売が続いていますので、格安SIMなどで安く運用したい方にはこちらもありでしょう。
by ke-onblog | 2015-11-23 17:27 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今週末から新たにMNP一括0円機種になったソフトバンクのNexus6P(32GBモデル)ですが、激安系併売店ではすでに複数台購入・コンテンツ・下取りなどを含めてキャッシュバックが数万円貰える案件が出ていますね~

こんなに早いタイミングで公式一括0円が出る機種も珍しいと思うのですが、「一括0円機種に仲間入り」の後に待ち受けているのは、急速な白ロム売買相場の値下がりです^^;

ソフトバンク版のNexus6Pはまだ発売されて1ヶ月も経っていないので、ネット上には買取査定情報を出していないショップも多いですね~

パッと探して出てくるのはかつてXperiaZ3をいい感じの値段で買い取っていたスマーケット(今思えば、スマーケットの買取戦略は大成功だったわけですねw)の36k。スマーケットでは制限△でも簡単に満額査定が出て便利なのですが、さすがにこれでは・・・


アジアンな買取店だと、具体的な店名や価格は出しませんが、結構良いお値段でNexus6Pを買い取っているところもありますね。

iPhone6 ゴールド 16GBとNexus6P(制限○、SIMロックあり) が同じくらいが相場のようです。複数店舗で確認しましたが、どこも似たようなものでした。

ということは、ドナ前提で狙うなら契約条件が全く同じであれば、

iPhone6金>Nexus6P>iPhone6その他カラー

というのが良さそうです。Nexus6Pはオークションでもまだほとんど出回っていないので、上手く売り抜くことが出来れば買取店より利益が残るかもしれません。

キャッシュバックがiPhoneの方が大きい(条件が緩い)なら、iPhoneの方が安全です。

ソフトバンク版はSIMロックが掛けられているので、オークションに出すなら半年後のロック解除を約束して出品するのもありでしょう。SBのSIMロックは本人でないと白ロムの解除が出来ないので、レア度が高めです。一括0円だと一括購入割引で2年間の維持が必須なので、回線はどのみちしばらくは活かしておくでしょうし(割引き違約金だけで最大56,580円が掛かります)。

ただ、Nexus6Pは5.7インチモデルのファブレットクラスなので、そもそもの需要がiPhoneとは桁違いに少ないでしょう。安い在庫が出回り始めれば一気に価格が下がると予想されますので、チャンスは今のうちだけかもです。


by ke-onblog | 2015-11-23 11:42 | 白ロム転売法 | Comments(0)
ソフトバンクでは11月20日より他社からMNPで乗り換える時に、Androidスマホを下取りに出すと21600円分の割引に使えるようになりました。

Androidスマホでありさえすればどの機種でも2万円引きという大型かつハードルの低い施策のため、MNPをするならば絶対に使っておくべき割引です。

下取りには適用条件がありますので、細かい内容は各自で確認して下さい。

☆「ソフトバンク のりかえ下取りプログラム

また、かつてSBで使っていた回線をSBに戻す場合も要注意。
同一電話番号での適用は1回限りとします。かつ、当社解約後、3ヵ月以内の再契約も適用外となります。

こんな一文前からありましたっけ?(笑)普通に考えて3ヶ月以内で戻ってくるなどあり得ないと思いますが、他社BLを覚悟の上で即再契約などをした方は対象外になる場合がありえます。

さて、すでに下取りに使えるAndroidスマホを持っているならばいいですが、白ロムで手に入れる場合はなるべく安く、下取り条件に合うものを集めてくる必要がありますね。

どんなに傷があっても構わないのですが、起動しない・水没反応・ひどい画面割れ・改造品・赤ロムはダメです。

ちゃんと白ロムとして使えるスマホ機種は価値が高いのでお値段もそれなりになってしまうことがありますが、「Androidスマホ」であれば何でもいいというのであれば、5年位前のスマホでも対象になるので、安い機種はあります。

例えば、auのIS03。

☆「楽天ショップ エコモ au IS03

以前にも紹介したことがあるかもですが、ECOMOという中古白ロムショップで送料・税込みで1200円。在庫もたっぷりあります。他の機種も2000円前後くらいでいくつかありますので、お好きなものをどうぞ。

*23日夕方時点で、上記1.2kのIS03は完売しています。10台以上あったはずが、誰か買い占めました?(笑)次の候補はIS05が1280円で20台以上在庫があります。IS11Nは1380円でこちらも20台以上あります

この機種は2010年発売のAndroid 2.1.1搭載なのでOKでしょう。なお、エコモでは難ありのジャンク品(水没ありなど)も扱われていますので、下取りとして使う場合は良く商品説明を読んで入手してください。

SBで下取りって私は移動元以外の端末を出したことがないのですが、やっぱり移動元のキャリアと合わせたほうがいいのですかね?

ドコモ回線から撃つ場合にはドコモ端末のスマホとなりますが・・・ドコモの初期機種だとT-01C、SH-03C、N-06C、SO-02Cあたりが比較的在庫が多いです。

やっぱりドコモの白ロムの方が高めですねぇ。4000円まで出せば余裕で買えますが、2000~3000円ではなかなか探すのは大変です。あっても水没マークが出ている物が多いですね。古すぎて、本当に水没させていなくてもマークが経年劣化で変色してしまっているのでしょう。

以前はF-05DやF-10Dあたりも3000円前後で買えたと思ったのですが、在庫が減っていますね(あ笑)

21600円分の割引に使えるので1台5000円だろうが1万円だろうが無いよりはマシなのですが、出来れば3000円以下くらいを目指したいところです。

今のところソフトバンクの下取り増額は期限が切られていないのですが、このキャンペーンに乗るならばなるべく早めに確保をしておくべきでしょう。




by ke-onblog | 2015-11-22 20:06 | 白ロム転売法 | Comments(4)
今週末はiPhone6sやNexus6Pの投げ売りも面白いのですが、白ロム相場的には各キャリアのXperiaZ4 が割安になってきていますね~

端末的にいろいろと残念なところがあると聞きますのでメイン機種にはあまりオススメしませんが、安く手に入ればサブスマホ・ライトユーザーにはちょうどいいかも知れません。

ソフトバンク版は402SO(非公式型番)、ドコモ版はSO-03G, au版はSOV31です。

全キャリアで購入サポート(端末購入サポート・一括購入割引・MNP購入サポート特約)に入れられており、回線とセットなら1台あたり一括0円キャッシュバック5万円超も当たり前でばら撒かれ中のZ4は、2015年6月発売なのでSIMロック解除にも対応しています。

特に安いのはau版です。ヤフオクではZ3 SOL26に比べても安価で売買されており、底値が近いかな~という感じです。

現在はヤフオクでは最大で10%分のTポイントが付くキャンペーン(ココロオドル!ヤフオク!年末モール)が行われています。10%にするにはちょっと条件が必要ですが、Z4の相場を考えればポイント上限の5000円分にちょうど収まるので、ロス無く1割引と考える事も出来るでしょう。

現状で旧モデルのはずのXperiaZ3 より1~2割は安いです。新型のXperiaZ5の方が端末的には断然オススメできるところですが、もちろん今は4万円台で買えるはずもないです。

このXperiaZ4の価格相場は、2015年3-4月頃に投げ売り最盛期を彷彿とさせます。Z4の価値が今後高くなるとちょっと思えませんが、発熱以外の基本性能は十分に高いZ4が4万円前後、ポイントなどを考慮すれば3万円台前半を狙えるのなら悪く無いかな、と。

auのVoLTE専用機種はSIMロック解除をしないとMVNOでは使えませんが、白ロムで購入しても販売日から半年が過ぎていれば持ち込みでロック解除出来ますし、そのままauのVoLTE SIM保守用端末として使うのも良いでしょう。

Z4はまさに今が投げ売りのピークという感じなので、さらにこれから白ロム価格は下がると予想します。発売当時に定価で買いかえた方はガッカリだったかもですが、白ロムで3万円くらいなら1台買っておいても悪く無いかな?と思います。

今後の値動きをチェックして、買いどきを狙ってみるのも面白いと思いますよ~


by ke-onblog | 2015-11-22 13:38 | 白ロム転売法 | Comments(0)
単品はさすがにまだ見当たりませんが、2台以上の同時MNPならばどのキャリアでもiPhone6sの一括0円案件があるようですね~

auは例年発売直後から一括0円になるので驚きはありませんが、今年は先週から始まったのりかえボーナスと下取り増強によって、ソフトバンクとドコモの0円到達がちょっと早かったですね。確か去年は12月末頃がiPhone6が値下がりはじめたタイミングだったので。

しかしながら、今狙うなら旧モデルのiPhone6の方が良いかもしれません。この3連休のセール情報を見る限り、6sの買取相場が来週以降に下がりそうなので。6も下がるかもしれませんけど^^;

新旧モデルの販売価格差はどれくらいですかね~?16GBモデルの場合で3万円くらいですかね。キャッシュバックが大きいショップだともっとあるかもしれません。

iPhone6s(抱き合わせではなく、6sの複数台購入)の一括0円にキャッシュバックをつけているショップはまだ少ないと思いますが、iPhone6なら2台で10万円以上のCBも各社余裕です。

でも、iPhone6の場合は割引による1年・2年縛りが付いていることも多いので、6と6sを比べるなら購入サポート系が無しでの条件で比較しないとフェアではないでしょう。ドコモの購入サポートはなかなか外せないと思いますが、auとSBはショップによっては条件から外せることもあります。その場合でキャッシュバックがどこまで減るのか聞いてみると実質的な差が判ることでしょう。


具体的な案件を挙げるのはやめておきますが、「iPhone6sの一括0円」としているショップでも、ツイッター上は台数指定がないのに店頭に行ったら2台以上だったり、1台は一括ではなく分割支払いだったり、別の抱き合わせ契約が付いてきたり、トラップを仕掛けているショップもいくつか見られました。

簡単に見抜ける程度のショップは端から検討リストにも入らないと思いますが、なかなか巧妙な書き方をするところもあるので注意して下さい。

auなら他機種との抱き合わせならiPhone6s Plus 16GB, iPhone6s 64GBも0円が狙える相場です。6+6sなども安定していそうです。先ほども書いたようにauはMNP購入サポート特約の有無で大きくキャッシュバック相場が異なりますので、良く要件をチェックして比較したいところです。




by ke-onblog | 2015-11-22 09:39 | 白ロム転売法 | Comments(6)
NTTレゾナントが販売する「gooスマホ」シリーズは01-03までが1万円・2万円・3万円というキリの良い数字で販売されていたように思っていましたが、今はちょっと値下げが進んでいるのですね~。

g01は1万円という安さながら3G専用なのであまり使い道が思い浮かびませんが、g02,g03は思いの外好評価な口コミを見かけます。ずば抜けた機能・万能性は無いものの、必要十分な性能と品質の高さが受けているのですかね~。

最近は「安くてスペックも高いスマホ」は増えましたが、ロー・ミドルスペック機種は特に数値データだけでは判断できない使い勝手で差がつくようです。

NTTレゾナントの公式通販サイトであるgoo SimSellerでは現在「秋のお客様大感謝祭」というのを11月20日~27日でやっています。このショップは事あるごとにセールをやっているので最近スルーしていましたが(笑)、そのgooスマホがちょっと安くなっている感じがするので、記録用にセール内容をピックアップしておきましょう。

☆「goo SimSeller

まず、ショップで販売されている対象商品にクオカードが付きます。金額は1000円~2500円くらいでしょうか。

goスマホだと税込みで以下のような価格になります。

g01 本体10800円+クオ 1000円=実質9800円
g02 本体21600円+クオ 2000円=実質19600円
g03 本体26784円+クオ 2500円=実質24284円
g04 本体41904円+スマホケース=実質41904円

値下げされたのはg03だけなのですね。実用するならg03(Blade S)が良さそうです。gooスマホは大手家電量販店でも買えますが、ヨドバシは定価の3万円のままでしたから公式サイトの方がポイントを考慮しても安いです。

楽天ポイントが欲しいなら、楽天版のショップでも変えます。

☆「NTTコムストア 楽天ショップ

こちらでも値段は同じで、楽天ポイントが10倍分=2670円還元になりますが、クオカードは付きません。2500円分のクオカード or 2670円分の楽天ポイント、どちらを選ぶかは各自の使い方に合わせてお好きな方を。

ZenFoneやルーター機種はアマゾンタイムセールの方が安いので、特に今回のセールではお得感が無いですかね。


by ke-onblog | 2015-11-22 06:24 | キャンペーン情報 | Comments(0)
国内転売価格もちょっと落ち着き始めたようですが、今だに品薄が続いているiPad Pro用のスタイラスペン「Apple Pencil」。

国内のヤフオクで買おうとすると一時期は4万円超の落札額での売買も見られたのですが、ここ数日で相場が下がり、今は3万円くらいで取引されているようです。

それでも定価に比べるとまだ随分高いのですが・・・

一方で、一昨日ブログに書いた(iPad Pro用の品薄なApple Pencilを早く・ヤフオクより安く買う方法)ように、海外ではApple Pencilの売買はそれほど盛り上がっておらず、プレミアム価格はプレミアム価格なのですが、eBayでの落札額も大きく下がりました。

今なら即決で18000~20000円くらいの在庫も複数見られます。

eBayで直接海外との取引をするのが難しいというのなら、セカイモンという日本代理店を使うことも可能です。

☆「セカイモン

頻度高く輸入をしたり、輸入業をするなら代理店など使っていてはコストが嵩んでしまうので論外ですが、アップルペンシルを安く買いたいだけならこういうのもありでしょう。Apple pencilは商品が小さいですから、送料も安めですし。

例えばトップセラーが販売しているもので、即決20,232円(日本円換算)のものが、輸入代理手数料込みで23,266円。送料を含めると+3千円くらいですかね。

ということは代理購入を使うと26k,自分で輸入できれば23kくらいでしょうか。オークションタイプならもっと安く落札することも可能でしょう。

日本のアップルストアですぐに変えるようになるのが一番なのですが、現時点でもまだ4-5週間待ちです。下手すればもう2015年以内には手に入らない可能性すらありそうなので、お金に余裕があるならヤフオクで国内在庫を、もう少し安くしたいなら輸入、待てるなら在庫が豊富になる来年まで待ちましょう。


by ke-onblog | 2015-11-21 19:03 | 白ロム転売法 | Comments(4)
これなかなか良いアップデートですね。

海外のSIMフリースマートフォンやタブレットでは、iPhoneなど極一部を除いてau系ネットワーク用のLTEバンドには対応していません。

しかし、逆に言えば一部のモデルはバンド的には使えるモデルもあります。

そしてまた別の問題として、あまり詳しくは私は知りませんがau系のネットワークを使う場合にはLTEバンドと他のPHS用帯域がかぶっているらしく、そのあたりでちゃんと技適を受けていないと合法的には使えないということになっています。

でも、ファーウェイから発売されている8インチタブレットのMedia Pad M2 8.0というモデルが先日公開されたアップデートによって、UQ mobileでの利用が可能になったと公式サイトにアナウンスが出ています。

☆「Huawei Media Pad M2 8.0

Media Padといえばつい先日ワイモバのタイムセールで810円で売られていたことが記憶に新しいですが、このM2はその後継機です。LTEの対応バンドが多く、使い勝手が良さそうなモデルでした。
通信方式 GSM:850 / 900 / 1800 / 1900MHz
UMTS:Band 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
LTE -FDD:Band 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 19 / 26
LTE -TDD:Band 40 / 41

auのネットワークだと1, 26で使えますかね。B18がないので万全というわけにはいかないのかもですが・・・SIMサイズはmicro SIMです。

UQの公式サイトでもすでに対応機種一覧に入っており、テザリングもOKと書かれていますね~。

☆「UQモバイル

UQ mobileではつい先日からVoLTE SIMに対応し、11月からはデータの繰越にも対応し始めて利便性が大幅に向上しました。

料金は若干mineoより高いのですが、速度の安定性を考えるとUQ mobileは現状では利用頻度の高い人には向いているのでしょう。

今Huaweiの公式楽天ショップがポイント10倍(22日10時まで)になってるので、実質で4万円半ばくらいです。

☆「楽天 Vモール MediaPad M2 8.0

「UQ mobileで対応」とだけされているので、mineoやau本家回線を使った場合はどうなのか判りませんが、ドコモ・ソフトバンク系のバンドでも問題なさそうなのです。マルチキャリア運用をしたい方にはarrows M02より便利な可能性があり、面白い端末になりました。
by ke-onblog | 2015-11-21 11:43 | 格安SIM(MVNO) | Comments(4)