白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 12月 ( 89 )   > この月の画像一覧

カー用品店のオートバックスでの初売り情報が入ってきました。

店舗によって準備数・販売開始時間が異なるため各店に確認が必要ですが、去年と同じく1月1日12時から初夢割引券入りの福袋が販売されます。

福袋には10%OFFから50%OFFまでの商品購入に使えるクーポン券が入っており、去年は2015円で売られていたので、今年は2016円でしょう(笑)

幾つかの店舗情報を調べましたが、中には元日はお休みで2日から販売するショップもあり、開店前に整理券を配布するショップもありました。販売時間だけでなく販売ルールも異なるので、よく確認してください。

☆「オートバックスドットコム

福袋だけでなく、キャッシュバック(1万円の購入ごとに2000円還元)を行うショップもあるみたいです。

あとはカーナビの下取りキャンペーン、ポイントアップキャンペーンなどがちらほらと。ドライブレコーダーやタイヤ・ホイールのセット特価を初売りで出すところもあるようです。

今年の冬は今のところ暖かい日が続いていますが、まだ1-2月に冷え込んだり雪の日があるかもしれませんので、スタッドレスタイヤやチェーンなどを福袋の割引券を使って手に入れておくには良いかもしれません。


by ke-onblog | 2015-12-31 23:24 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
ひとつ前の記事でも紹介しましたが、別途記録用にピックアップしておきます。

明日、2016年1月1日の初売りからパソコン工房の店頭で福袋販売が行われるのですが、そこでSIMフリースマホが入った25000円の福袋が出ます。これが結構狙い目っぽいのです。

オンライン販売も1日スタートしました→☆「パソコン工房 2016年新春福袋icon

d0262326_2159256.png

スマホ以外の細かい商品の詳細は不明なのですが、

・Zenfone2 Laser 8GB 市場価格2.4万円相当
・9600mAhのモバイルバッテリー 3000円くらい?
・専用保護フィルム 1000円くらい?
・32GB microSDカード 1500円くらい?
・専用ハードケース 1500円くらい?
・無線LANルーター 性能によって大きな価格差があるので・・・
・イヤフォン 2000円くらい?

ん?Zenfone2 Laserが8GBモデル?になってますね。楽天モバイルでは8GBモデルというのもあるので誤植なのかどうか微妙。パソコン工房では通常16GBモデルしか扱っていないと思うのですけども。。。

広告には4万円相当と書かれていますが、定価が4万円だとして、それぞれの実売価格合計は3万円前半くらいでしょうか。それでも25000円(税別)なら安い・・・かもしれません。

う~ん、今この記事を書く前までZenfone2 Laserは16GBモデルだと思っていたもので(苦笑)

ストレージだけでなく、8GBモデルだと16GBモデルに比べてバッテリーが2400mAh→2070mAhとサイズダウンされているので、5グラムくらい本体も軽くなります。

本家ASUSのショップでは先日24800円(税込)でZenfone2 Laserの16GBモデルが(たぶん)入った38000円相当の福袋が即日完売しました。その代わりにPC工房の福袋はちょうどいいかな?と思ったのですが、8GBモデルとなると話はまた少し変わりますねぇ。。。

SDカードとモバイルバッテリーがセットになっているので、そちらでカバーすれば良いといえばそうなのですけどね。

Zenfone2 Laserの特徴はカメラ性能でしょうし、そこは16GBモデルとも違いはないはずなので、ライトユーザーにはこちらでも良いかもしれません。

全店舗で250個限定となっていますので、各ショップでどれだけの数を用意しているか判りませんが、お近くのショップに問い合わせてみるのも良いでしょう。たぶん即完売するほどの人気にはならないと思います。たぶんですが、並ばなくても買えるのではないでしょうか(笑)

関連記事:ビック・ヤマダ・ヨドバシ etc. 2016年福袋・初売り開始時間まとめ

パソコン工房

by ke-onblog | 2015-12-31 22:19 | キャンペーン情報 | Comments(0)
この時期気になるのはやっぱりこの情報でしょう。

全部のショップの情報を集めるのは大変なので、とりあえずSIMフリースマートフォンやタブレット、PC系の福袋・安売が行われそうなショップを集めておきましょう。

すでにネット予約は終わっているものもありますが、再来年の参考用ということで。


☆「ヤマダ電機」/1月2日午前10時スタート

ヤマダ電機は2日スタートです。ネットも2日。



☆ビックカメラ/予約12月25日終了

ビックは9980円の5インチの格安スマホ福袋があります。ネット予約は終了していますが、店頭でも元旦から販売が始まります。ラインナップは基本的にはウェブ予約であったものと同じだと思いますが、店舗では開始時刻が異なる場合もあるので行きたいお店の情報は各自でチェックしておきましょう。

☆「ヨドバシカメラ」/17日・21日予約終了

ヨドバシでは5000円と15000円の「SIMフリー端末の夢」が発売されましたが、ネット予約は悲惨な状態で終わりました。初売りの店頭販売でも在庫が出ると思いますが、どうでしょうか・・・。初売りは元旦から行われる店舗もあります。

☆「ソフマップ

☆「コジマネット

ソフマップとコジマもビックカメラグループなので、福袋関連も同じタイミングで出るでしょう。コジマのウェブ予約ではモバイル関連はありませんでしたが、パソコンは出てましたね。2年前にはSurfaceが福袋に入っていたのだったかな?たしかあれはコジマだったと思いますが・・・

☆「nojima online(ノジマオンライン)

ノジマは毎月「お楽しみ箱」として福袋チックな商品が出ますが、お正月向けの企画はまだ出てないですかね?31日のこの時間帯でまだ情報が出てないので・・・何かしらありそうな気はしますので、明日になってから再チェックです。

→1日から初売りセール情報が出ました。福袋は4種類ですが、普通のセット販売レベル・・・

☆「カメラのキタムラ 初売り・福袋特設ページ」/1月1日0時スタート

今年1月にチャレンジしました・・・懐かしい。一眼レフ・ミラーレスやデジカメなどのセット販売品と、キッチン福袋などもあります。

☆「イオシス

去年は1月3日から「不幸袋」というジャンク品入りのアイテムを売って話題になりましたね。2016年版の情報は出てないようですが、営業日的に4日が初売りかもしれません(3日までイオシスが休みみたいなので)。

→店舗では3日から初売り・不幸袋の販売が始まりました

☆「エディオン 2016年新春福袋」/来る年セールは1月2日13時から

福袋という名のセット販売品はすでに買えます。一番高いものは201万6千円の家電セット。

☆「パソコン工房 2016年初売り・福袋icon」/福袋は1月1日~(店舗によって異なる)

おぉ!パソコン工房はSIMフリー福袋ありますよ!中身はZenfone2 Laser確定ですけど(笑) すでに売り切れたASUSのZenfone福袋と似ていて、約4万円相当の中身入りで25000円で販売されます。これは結構狙い目(そんな大行列にもならないでしょうしw)。

☆「HP 2016年 New Yearセール&福袋icon」/販売開始済み~1月5日まで

4万円からのパソコン福袋が数量限定ですでに買えるようになっています。

とりあえずこんなところで。また追加情報があれば、このページで更新します。

以下、追加分です。

☆「ソースネクスト 新春福袋2016」/1月1日0時スタート

77777円のノートパソコンセットなどが出てます。PCは東芝のdynabook Satellite B35/Rという機種ですが、Core i3,オフィス付きモデルだと本体だけで7万円前後のはず。そこにプリンター・マウス・セキュリティソフトなどがつくので若干安いかと。他にもいくつかセット販売品が出ています。

☆「TSUKUMOネットショップ 初売り福袋セール」/1月3日

開始時間はチェックできませんでしたが、3日時点で福袋セールが出ています。
by ke-onblog | 2015-12-31 17:46 | キャンペーン情報 | Comments(11)
携帯キャッシュバックは今年で終わりなんて言われていますので、今日も携帯ショップは大繁盛でしょうか。

もう今年も残すところ1日を切りましたが、白ロム転売法ブログおよびモバイルびよりを御覧頂き、ありがとうございました。
d0262326_12183522.png

このラインスタンプを作ったのも今年でしたねぇ。

2015年、今年も一年いろいろありました。

いろいろありすぎて1年を振り返るまとめ記事を書いてみようかと思っていたのですが、面倒になったので途中でやめました(´∀`;)

まとめ記事に書こうと思っていた内容から一部だけ抜粋すると、やっぱり今年は「SIMロック解除の義務化」でしたね。

国内スマートフォンのSIMロック解除が開始になると、端末価格が上がる・白ロム転売ができなくなるなんて情報が昨年末あたりから出ていましたが、結局どうってことなかったです。それはキャリアが半年のロック解除不可期間を設けたり、購入サポシステムで割引に違約金を付けるという商法を一般化させた影響なのかもですが、、、


2016年からはまた大きく携帯販売に関するアレコレが変わりそうですが、来年の今頃には「別段騒ぎ立てるほどでもなかった」と振り返る日がくれば良いですね(´∀`)

来年の携帯業界のことはよく判りませんが、いろんな情報を集めながらお得にやり過ごす方法を模索していきたいと思います。


最後に年末年始のブログの更新についてお知らせです。

すでに先日から皆さんから頂いたコメントへの返信が通常時より遅れ気味で申し訳ないと思っていたところですが、三が日あたりまでブログ更新・コメントへのお返事が遅れる可能性がありますのでご了承下さい。

福袋・初売り系の情報がこれからガンガン出てくると思いますので、面白いネタがあれば今日この後、そして元旦からも更新していく予定です。

年末年始にお暇な方は、ぜひブログに遊びに来て下さいませ。

では、私はこれから煩悩を取り払うためにamazonの欲しいものリストを処理してきます(∩´∀`)∩(←煩悩丸出し)

白ロム転売ラインスタンプ

by ke-onblog | 2015-12-31 12:39 | 白ロムコラム | Comments(2)
25日に購入してから放置してあったのですが、ようやく開通できました。

開通方法などについては今記事をまとめているところなので、興味のある方は後ほどモバイルびよりのサイトの新着記事をチェックして頂きたいのですが、デジモノステーション2016年2月号の付録である「0SIM by So-net」はデータ通信専用なので、比較的簡単に開通作業が出来ますね~

利用者情報とクレカを入力するだけなので、あっと言う間に登録が完了して使い始められました。

ということで早速スピードテストです。今回は普段はmineoのdプランSIMを入れているNexus6(XT1100)を使いました。
d0262326_20502336.png

年末休暇中ということで普段の回線混雑状況とは比較できないかもしれませんが、そろそろ通信が混み始める19時ジャストで下り29Mbps出ました。

ちなみに直後にmineoのドコモ回線でも測定していますが、そちらは24Mbps。双方とも十分に快適な速度が出ています。

これだけ速度が出てしまうと1回のスピードテストで大量のデータ通信をしてしまうので連発は出来ませんね。実際この1回で55MB使いましたので、約9回で無料の499MBを超えてしまいます(笑)

現状で0 SIMを挿しておきたい端末は特に私は無いのですが、お正月の間に1台0SIM用スマホを手に入れようかと考えています。「節約」という意味では本末転倒も良いところですけども^^;

雑誌のコラボSIMは良くある格安スマホの「登録用パッケージ」とは異なり、SIMカード本体がそのまま入っていますので、買ってすぐに使えるというのも面白いですね。

すでにデジモノステーションは売り切れ続出、オークションでは高騰してしまっていますが、SIMを挿せる端末が余っているのなら、是が非でも確保しておきたい一枚です。
by ke-onblog | 2015-12-30 21:01 | 格安SIM(MVNO) | Comments(8)
Xperia Z5 Premiumといえばあの「鏡面」が特徴的ですが、グローバルモデルのSIMロックフリー E6853のChromeカラーがエクスパンシスで再入荷していますね。

ゴールドやブラックはかなりの数の在庫が確保されていましたが、先日までChromeだけはずっと取り寄せ状態で在庫がありませんでした。

30日現在でChromeも31台と表示されています。

☆「Sony Xperia Z5 Premium E6853(SIMフリー)icon」/77,980円(税別・送料無料)

発売直後は10万円弱でしたが、21%OFFで2万円ほど値下がりしています。まだクリスマスクーポン(XMAS-10-OFF)が使えますので、ここから1200円くらい値引きされます。

つい先日も少し値下がりして79500円になっているな~と思っていたところですが、そこからさらに現在は値下がりました。この先も待ち続ければジリジリとお値段は下がると思いますが、現状でXperiaZ3, Xperia Z3+(日本のZ4相当)も5万円~5万円半ばくらいで推移していますので、Z5Pがそのレベルになるにはまだ半年や1年という長い時間が掛かるはず。

ドコモ版SO-03Hも先日から端末購入サポート入り(関連記事:ドコモXperiaZ5 SO-01HとPremium SO-03Hが端末購入サポート入り 値引き額が大幅変更)したため、今後はドコモ版の白ロムもある程度は値下がってくることが予想されますので、ドコモ系のSIMで使うならドコモ版でも良いかもしれません。

一方で昨日はXperia Z4 TabletのSIMフリー版が2000円値引かれて66500円になっていましたね。タブレットは68500円からちっとも値下がりしません^^; Z6 tabletでも出ないかぎり、まだまだ高値が続きそうです。
by ke-onblog | 2015-12-30 18:14 | スマホニュース | Comments(0)
mineo,DTI,So-netの0SIM, U-mobileの上場記念と、やっぱりこの手のキャンペーンは人気があるのですねぇ。

12月22日からスタートしていたパナソニックの格安スマホサービス「Wonderlink」のゼロ円スタートキャンペーンでしたが、12月29日時点で受付が中断されていることに気付きました。

Wonderlinkのキャンペーンは具体的な限定数は示されていませんでしたが、標準・micro・nano SIMとサイズごとに上限数が決められており、25日時点ではnano SIMが速攻で完売していました。

その後microと標準SIMは販売が続いていたと思っていたのですが、すでにmicroSIMも完売しています。

年末年始の休みに入ったという影響もあるのだと思いますが、現在は受付自体が中断されています。

☆「パナソニック Wonderlink ゼロ円スタートキャンペーン

お試しSIMの販売再開は2016年1月5日の13時より、標準SIMのみを数量限定で受付開始するとのことです。

無料期間は3ヶ月とmineoやDTI SIMに比べてやや短いですが、初期費用が一切かからないので、まさに「お試し」にはうってつけのキャンペーンです。

SIMカードのサイズ変更は可能ですが、変更には手数料がかかりますので気をつけて下さい。また、キャンペーンの影響でSIMカードが不足しているらしく、最短でも1月21日以降の変更対応になるアナウンスも出てしまっています。

特にPanasonicは自社のレッツノートシリーズにLTEモデル(SIMロックフリー)があるため、そのあたりのユーザーに使って欲しかったのかもしれませんが、想定以上の人気だったようですね(っていうか交換用のSIMくらい別途確保しておきましょうよ、と思わなくもないです)。

同じくPanasonicのサイトには年末年始はLTE搭載モデルの2万円割引クーポンも出ています。

☆「パナソニック 年末年始 2万円OFFクーポンキャンペーン

U-mobileも先日上場キャンペーンとして初期手数料を無料にしたのですが、ほんの数日で打ち切りになったほどです(Uモバの場合は音声SIMも対象だったので・・・あとはお察しくださいw)。

格安SIMがどんなサービスか判らないから使っていない、という層にアピールするためのお試し・無料キャンペーンはツマミ食いユーザーにとっては非常にお得で面白いですが、あまりやり過ぎると提供側にとっても既存ユーザーにとっても良いことばかりでは無いのかも知れませんね(´∀`;)


by ke-onblog | 2015-12-30 14:45 | キャンペーン情報 | Comments(4)
携帯電話契約におけるブラックリスト(BL)・総合判断・プチ総合・スパボ適用不可・特価BLについてはさまざまな判定基準情報がありますが、これらのBLになってしまうかどうかの参考情報として対応オペレーターの言動から推測できる場合があるようです。

契約中の回線を純解約する場合や、のりかえで他社に転出させるためにMNP予約番号を取得する場合には対人で口頭対応をすることが多いと思います。

いくつか私が聞いた事例では、この予約番号取得時に対応するスタッフによって手続きを行う回線状況を確認する際に、契約期間の確認を行いながら「今解約すると短期解約になる」ということを示唆されるケースを複数報告していただいています。

2年間の定期契約時には、更新月以外で解約・転出させると違約金が掛かるという話はされるはずですが、中には「今解約すると、次にすぐ契約することができなくなる」とはっきりと伝えられたという情報もお聞きしています。

やり取りをしているオペレーターは手続きをする回線状況をその場で確認できているのは間違いないでしょう。そこでそのまま「ここで解約するとBLになる」みたいな情報が出ているとは思えませんが、ある程度の契約履歴は見られるのかもしれませんね。

BLになりそうな場合に必ず教えてくれるわけではないでしょうし(少なくとも私は一度もそのような話をされたことはないです)、サポセン・オペレーターのいうことが100%正しいかどうかはわかりませんが、実際に「短期解約扱いになる」と言われてBLになってしまわれた方も、そのBLになってしまった方より維持期間が短い運用でも何も言われずにBLにならなかったという事例を直近でも聞いています(このあたりからも単なる日数だけでない「短期解約」判定基準の揺らぎが垣間見えるのですけど)。

キャリアの短期解約基準について具体的な日数を出すのはここではやめておきますが、自分で大丈夫だと思っている日数をキープした後でも、オペレーターにBLを示唆された場合にはもう一度契約状況・利用履歴を再確認してみたほうが良いのかもしれません。

たくさんの回線を運用して何度も繰り返しMNPの予約番号取得手続きに慣れてくると、あまり細かい内容を確認せずに話しを進めてしまって、間違えて予定とは違う回線を解約してしまうとこともありえますし(笑)




by ke-onblog | 2015-12-30 10:34 | 白ロム転売法 | Comments(0)
まだ発売から5日しか経過していませんが、ヤフオクでの取引数は1000冊を超えていますね(´∀`)

書店での販売価格は620円(税込み)です。すでにオンライン・通販サイトでは悉く売り切れており、オークションや中古販売品以外での購入は難しいでしょう。本自体は電子書籍としてKindle配信されているので読めますが、このデジモノステーション2月号は付録が本体みたいなものなので。。。

本の内容はいろんなジャンルの「デジモノ」を集めたカタログみたいな感じです。スマホだけでなくタブレットやデジカメ、プロジェクターなどいろいろと出てますが、どれもちょろっとコメントと仕様が書いてある程度。ガジェット系サイトをよくチェックしていれば「こんな商品があるのか!」という驚きすら無い定番商品が並んでいるだけでした。

この本に620円の価値が有るのかどうか私には何とも言えませんが、付録には620円どころではない価値があります。

発売直後からオークションに出品は見られましたが、12月30日時点でもまだまだたくさんの出品が続いています。

*オークションにはSIM無しの本のみで出品されているものがありますので、付録が含まれている(未登録状態)かどうかよく確認してから入札してくださいね

現在の落札相場は1400円前後でしょうか。送料無料で1500円以内は狙えるでしょう。

定価の2倍以上の売買相場ですが、どうしても近くに在庫が無いのならば1400円でも買いだと思います。余っているスマホ・タブレット用など格安SIMの使いみちが少しでもあるのなら、このSIMは何としてでも手に入れておくべきです。


コラボしているSo-netとしてはPRキャンペーン、広告の一つとしてこの「0SIM」を付録にしたはずです。今回この本が人気だからといって、さらに何千・何万回線分も0SIMプランを契約できるようにするとは思えません(そんなことをしたら回線が混雑してしまって、逆に評判を下げることになるでしょう)。

500MBを超えて通信させる人が多ければ儲けがあるのかもしれませんが、やっぱり採算度外視の限定商品として、利用者の声をクチコミとして広げる効果が十分に果たせる程度の枚数しか発行しないと見るべきです。

今は1500円程度ですが、このSIMが3000円(通常の格安SIMの初期手数料相当)の価格で売っていても「少しでもSIMを使うなら買うべき」と薦めることでしょう。499MBまで無料のプランはそのくらい破格のサービスです。

購入のためにいろんな書店・コンビニを1時間かけて回るくらいなら+1000円でもいいからヤフオクで買ってしまうのが手っ取り早いこともあるでしょう。定価の2倍超というと高く感じますが、手間と時間をお金で買うと思えばその程度です。

まだ在庫があるショップも残っているかもしれませんが、25日に発売した地域ではかなり厳しい状況です。書店だけでなくコンビニに置いてあることも多いそうなので、お買い物ついでにチェックしてみると良いでしょう。

今回のゼロSIMには2月24日までに開通するという期限がありますが、オークションではこの後も期限近くまで高値で取引される可能性が高いです。どのみち月額料金は499MB以下なら無料なわけですし、早めに手に入れて使いはじめる方がお得ですね。

デジモノステーション 2016年02月号

中古価格
¥280から
(2015/12/30 05:24時点)



by ke-onblog | 2015-12-30 05:31 | 格安SIM(MVNO) | Comments(10)
楽天モバイルの半額セールが先日終了しましたが、honor6+,Xperia J1C, Desireは3機種とも結局売り切れること無く終わったのですかね?

最終日のチェックをしていなかったので「数量限定」という上限があったのかどうか判りませんでしたが、1ヶ月近くにわたりいつでもSIMフリー機種が半額で買えるという状態が続いた影響はオークションの価格相場にも大きな影響を与えています。

honor6 Plusはもともと以前から楽天半額セールに何度も登場していたので値下がり具合は予想の範疇ですが、12月のセールで初登場したHTC Desire 626も良い感じで値下がりました。


Desire 626は日本向けに発売されたSIMフリーモデルであり、楽天モバイルの定価は税込30,024円でした。そこから楽天市場店でのタイムセールでは本体+事務手数料が半額、楽天モバイルサービスサイトのセールでは本体のみ半額(ただしデータSIMプランでもOK)という販売が行われました。

本体は半額で13900円(税別)ですが、税込み+手数料まで考えると18k前後は出費が必要でした。それでも十分に安いのですが、回線契約・解約手続きが面倒だと考えて契約をしなかった方は、これからのオークションが狙い目です。

12月29日時点の落札相場は22000円前後といったところですね。安いところでは2万円を切り・・・おぉ、17000円というのまでありますね!もちろん新品です。

このDesire 626は家電量販店でも普通に売っている機種です。10%ポイント還元などを狙ってもせいぜい3万円を切る程度になっているはずなので、オークションのほうが1万円以上安いですね~

Desire 626はSIMフリー機種なので、キャリアの白ロムと違ってロックが掛かって使えなくなるということはありませんし、少しでも安く買いたい方はオークションが狙い目です。

Desire 626は5.0インチのHDディスプレイ、CPUはスナドラ410 1.2GHzクアッドコア、RAM 2GB, ROM 16GB,バッテリー2000mAh。本体重量は約140グラムとなっています。

カメラ性能は結構高く、メインが13M/フロントも5Mです。

au系では使えないと思いますが、ドコモ回線・MVNOならバッチリ使えます。
対応通信規格
LTE: FDD-700/850/900/1800/2100/2600/800(FDD B28/B5/B8/B3/B1/B7/B19)
高性能なモデルというわけでもありませんが、同じく5インチのSIMフリースマホで2万円前後で売っている機種と比べればDesire626は悪くないスペックかと。メインとしてはちょっと物足りないと思いますが、サブスマホ・ライトユーザー向けならデザインもオリジナリティがあって面白いでしょう。

楽天モバイルではまたしてもhonor6 Plusの半額セールが12月28日から始まっているのですが、Desireは終わってしまったので白ロムの買い時はこの年末になりそうです。


by ke-onblog | 2015-12-29 19:39 | 白ロム転売法 | Comments(9)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン