白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 12月 ( 89 )   > この月の画像一覧

12月は楽天、アマゾンとタイムセールバーゲンが盛り上がりましたが、今日はYahooです。

ヤフー系列のショップでは最近「年末セール」としてTポイント付与が常時5倍になったりするキャンペーンも実施中ですが、12月20日限定でこのあと10時より、各商品1時間毎のタイムセールが始まります。

☆「Yahooショッピング タイムセールスケジュール

家電系は少ないみたいなので私にはどれがお得なのかパッと見ではあまりよく判りませんが・・・食料品系、ファッション系が多い感じです。
d0262326_9104826.png

今日は年末セールの最終日ですので、年末に備えて買っておかないといけないものがあるならタイムセール品・Tポイントの上乗せ分を考慮してお得度を比較してみるのも良いでしょう。

タイムセール品は数量限定になっているものも多いので、狙うなら開始直後にトライしないとやっぱり争奪戦には勝てないのでしょうかね^^; あまり安くもない商品も混じっているようですけど。

例えば22時スタートの32インチテレビのレグザは、量販店での通常価格は4万円超の商品みたいですが限定3台で29800円。もちろんTポイント還元も対象なので、最大還元まで行けるならここからさらに1割以上の実質Tポイントによる値引きと考える事もできるでしょう。

全商品のタイムセール開始時間と値段は明らかになっていますので、始まる前に品定めをしておくとよいです。


by ke-onblog | 2015-12-20 09:18 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(4)
なんだかまた話が変な方向に・・・

来年1月を目処に各キャリアが月額5000円以下になるようにという総務省の指示を受けて、1GBプランを新設して比較的安いプランを選択肢に増やすという流れになっているのですね。

現状ではドコモ・au・SBともに一般的なプランのデータパック最小容量は2GBでしたから、ライトユーザーにとっては選べるプランが増えること自体は良いのでしょう。

ただし、それで維持費が確実に安くなると思っているのは、よほどの頭がお花畑な人くらいでしょう。

スーパーカケホ、、カケ・ホーダイ ライト、スマ放題ライトが今年の秋からスタートしていますが、一体いくらトータルの維持費が安くなりましたか?


1GBプラン+通話し放題でプランの料金自体は確かに5000円を切れる(それでもMVNOに比べれば馬鹿みたいに高いのですけど)かもしれませんが、そのプランは今で言う所の月サポ・毎月割・月月割の対象になるでしょうか・・・

2GBプラン(3500円)なら月サポは1500円、でも1GBプラン(2000円)なら月サポは500円に減額、みたいな感じになる可能性が高そうです。

下取りプログラムの対象になるでしょうか・・・

すでに某キャリアではライトプランは対象ですが、データシェアでの子回線(シェアオプション)をデータプランとして選択すると割引の対象外にする手法があります。

販売店に支払われるインセンティブは、他のプランと同じでしょうか・・・

これは今回のタスクフォースの一環として含まれているので是非改善して欲しいポイントでもありますが、大容量プランの契約を取ったほうがショップに支払われる報酬が多くなれば、当然ショップ店員は1GBプランが存在していても、それを薦めないでしょう。結局情弱をあれこれ言いくるめて、大容量プランを契約させることにばかり躍起になるのが目に見えています(それこそ先述の月サポのプラン別優遇でもあれば、そのメリットを滔々と語られることになるでしょう)。

インセンティブが下がってしまえば経費を下げる(リストラ増?)か、別のところで稼がないといけなくなります。コンテンツの山盛りや、高額なアクセサリーを売りつけれる事案はすでに発生していますよね。


すでに1GB+通話プランを出しているワイモバイルとの競争はどうなるのかな?というところも気になります。

まさにワイモバが上記のようなプランによる月額割引の増減を付けています。Nexus5Xの場合ならプランSから順番に1,080円→1,620円→2,700円という具合に、料金が高いプランほど割引が大きくなるシステムは存在しています。


ワイモバでは2年契約は必要ですが、すでに1GB+通話プラン(制限あり)が月額2980円です。通話し放題にするために「スーパー誰とでも定額」をオプションで付けても+1000円で、4000円です。

SBはともかくドコモ・auは1GB+通話プランを5千円で出せますかね?今までは2GBで3キャリア足並みを揃えて通話2700円+2GB 3500円を守ってきたから良いですが、1GBプランを新設するならばワイモバのプランに完全に競合しますけど・・・


あと気になるのは快適モードへの加入です。基本の通信データ量を超えると自動で追加データパックを購入して料金が上がっていくアレです。

すでにショップで快適モードが契約条件に含まれているところもあるようですが、1GBプランがどの程度利用できるものなのかすら把握していないライトユーザーに、加入必須条件としてつけてしまったらひどいことになりそう。これは提供側のせいばかりではないので何とも言えないですけど。

料金のシステムを理解できない方は、大人しくガラケー使っておきましょうよ・・・とよく思います。あるいは勉強代だと思って養分になってください、とですね^^; 


まぁ、1GB5000円プランが出来たとしても、ある程度スマホを使いこなす人にとっては殆ど関係ないのかな、とも思っています。各種割引なども含めて維持費が本当に安くなるなら契約する可能性も無くはないですが、、、容量が足りなければデータ通信はMVNOを使えばいいだけですし。

新しいプランが増えて選択の幅が増えるのは良いことのようにも見えますし、上記のようなトラブルのタネもまた増えやすそうです(というか、きっとキャリアはトラップ・制限を用意してくることでしょう。でないと利益が落ちますし)。

具体的にプランが発表され、それに応じた各種キャンペーン・割引・販売システムの全貌が見えないことには「1GBで5000円以下のプランが出来るぞ」というだけでは諸手を挙げて喜ぶことはできませんね。


・・・真面目ぶった記事を書くのは疲れます(´∀`;)



by ke-onblog | 2015-12-19 21:59 | 白ロムコラム | Comments(17)
まだ2週間残っていますのでこれから台数が増えちゃう方もいらっしゃるかも知れませんけれど、そろそろいろんなメディアで「ベスト・オブ・ザ・イヤー」的な企画が出始めるころみたいなので、このブログでもアンケートをやってみたいと思います。

アンケートの内容を「何台契約したか?」とどちらにしようか迷ったのですが、それだと一般人離れした状況があからさまになりすぎるかと思ったので、「何台買ったか」にしておきした(笑)

2015年に入ってから、スマホ・携帯・タブレット・スマートウォッチなどのモバイルアイテムを何台仕入れたのか、是非教えて下さい。

ちょっと区切りが大雑把だったかなとも思いましたが、このブログの読者さんだとこのくらいの選択肢が必要かと考えてそのままにしました(笑)

私は何台かな・・・細かく数えたことはないですが、それなりでございます(´∀`)

あぁ、選択肢に「数えきれないくらい買った」というのを入れれば良かったです。

今年は新型iPhone商戦が盛り上がらなかったのですが、代わりにジャンク・下取り・白ロム転売が活発でしたね。

キャリアでの回線契約で端末を入手するのが次第に難しく、回線回転効率を落とさないと危なくなってきましたが、大きなキャンペーン・セールで端末を手に入れやすい時期、そして在庫が減って価値が上がる機種もあったりと、面白い相場変動もありました。

来年は今年より買いづらい状況になるのかもしれませんが、性能的・価格的に面白い端末がたくさん出てくると良いですねぇ。


by ke-onblog | 2015-12-19 16:11 | アンケート | Comments(4)
楽天モバイルおよび楽天市場での半額セールがスタートしてからもう数日が過ぎたので、狙っていた方はすでにゲット済みだとは思いますが、半額で投げ売られているSIMフリースマートフォンの価値は案の定、大きく下がり始めました。

端末と回線をセットで買って自分で使うというのであればまだ楽天モバイルのセールで買った方が良いですが、端末本体だけを手に入れたいなら、そろそろオークションのほうが安く済む可能性が出てきました。

細かい試算は各自公式サイトをチェックしてやっていただきたいのですが、ポイントを考慮するとオークション経由でも2万円台半ばくらいで新品がゲット出来そうです。

☆「楽天モバイル

楽天の場合は本体22900円+3000円+税がどうやっても最低限かかります。そこにあとは回線継続・解約のタイミングで楽天モバイルの回線料金が掛かるので、およそ28k~となります。

一方、ヤフオクでも大量にhonor6 Plusが出品されており、直近では28000円で未使用・ケース付きの落札も見られます。

12月の半額セールが始まる前には未使用品の落札相場はおよそ33k前後だったはず。現時点では30kではなかなか入札が増えないようですね。

3万円以下での落札も複数見られるため、今狙うなら30k(送料含めて)を目指したいところです。

で、今ヤフオクでは一定条件を揃えると落札額に対して最大10%分のTポイントが付与されるというキャンペーンが行われており、これが12月23日までとなっています。

最大付与の条件は「プレミアム会員であること」+「YJカード会員かつ、クレカでかんたん決済をすること」+「事前にヤフオクアプリでエントリーをすること」という3つがあります。

アプリでの操作は同一IDでエントリーさえしておけば、実際の落札はアプリ経由でなくてもOKみたいです。

ヤフーカードは直前に申し込んでもOKですが、審査が通らなかった場合は対象外になるのでこちらもご注意を。

最大Tポイント付与まで行かなくても通常5万円弱のミドル-ハイエンドスマホのhonor6 Plusが3万円以下で買えるという時点で相当安いですが、ポイントを考慮すれば2万円台半ばくらいまで実質負担を下げられるという状態は、たぶん過去最安値です。11月に11%ポイントが付く時もありましたが、その頃よりもhonor6の相場が安くなっていますので。


30k前後の落札相場と楽天モバイル本家から購入するのと、どちらが安くなるのかというのは現時点では微妙なラインです。オク相場がこれからさらに下がる・掘り出し物的に入札が少ない出品を狙うのが良いか、普通に楽天モバイルから買った方がてっとり早いかは各自でよく考えてみましょう。


by ke-onblog | 2015-12-19 09:50 | 白ロム転売法 | Comments(2)
何のために買い集めているのかは容易に想像はつきますが、ドコモの2012年モデルの旧スマートフォン ARROWS Kiss F-03Dの特別モデル「ガチピンク」がノジマのアウトレット・中古コーナーで超人気になっています。
d0262326_21121581.png

なんだこれ・・・(゚д゚)!

ノジマの中古白ロム在庫は通常新着順に並んでいるのですが、画面いっぱいにガチピンクの完売アイコンが並んでいましたw(右下にF-08Dが混じってますけど)

たぶん今日の夕方に入荷した分だと思いますが、一台残らず全てのガチピンクが売約済み。

数日前にも似たような光景を見たような気がするのですが。。。

ノジマの白ロム在庫の仕入先は完全に判明しているわけではありませんが、このガチピンクはノジマ→購入者→キャリア下取り→ノジマ→購入者→キャリア下取り・・・というループを延々と繰り返している可能性すらありそう(´∀`)

F-03Dはその昔新規一括0円で売られていることもあったように記憶していますが、発売から数年が経った今ガチピンクが携帯市場流通の一部を担っていると思うと面白いですね。

☆「ノジマオンライン 中古・白ロム一覧


by ke-onblog | 2015-12-18 21:23 | キャンペーン情報 | Comments(22)
MNPの場合は一括購入割引があるので「実質」ではなくて「始めから0円だし・・・」という抜け道(あるいは言い訳)もありそうですが、機種変更の場合の無料交換プログラムはどうでしょうか。

docomoではあまり見かけない(機種変更プログラムはありますが)タイプの割引ですが、auとソフトバンクでは機種変更に対して優遇するキャンペーンとして「交換プログラム」というシステムがあります。

auの「auスマホ交換プログラム」は普通の割引という範疇ですが、SBの場合は条件を満たせば対象機種が無料になりますよね。これはある意味で「機種変更一括0円」なわけですが、これは「不公平感のある値引き」と捉えられるのでしょうか?

auの交換プログラムは、例えばINFOBAR A03の場合だと、
auケータイ(★1)もしくはauスマホ(★1)を16ヵ月以上ご利用の方が「INFOBAR A03」へ機種変更すると、本体価格から最大30,000円割引いたします。-au スマホ交換プログラム

もともと72,360円の端末がいきなり半額近い値引きになるわけです。これは「新規契約者に比べて不公平だ」とはならない?

契約条件としては、
・誰でも割(★2)+LTE NET+LTEフラット(V)またはデータ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)(★3)にご加入の場合

という感じで、さり気なくデータ定額の2GB・3GBが外されており、カケホプランで組むと月額8,000円ですけど。

SB版は更に顕著。「スマホへ無料交換プログラム」という名の通り、条件を満たせば本体は0円で貰えます。

対象は元の利用機種によっても異なるのですが、例えばケータイ機種を使っているのなら、
Xperia Z4、AQUOS CRYSTAL、AQUOS PHONE Xx mini 303SH、DIGNO® U、iPhone 6 (16GB)、iPhone 5s (16GB)、シンプルスマホ 2

こんな感じでiPhone6すら対象になっています(交換プログラムは実施していない店舗もあります)。

無料交換プログラムの加入条件は、
通話し放題プラン※3、通話し放題ライトプラン※3、ホワイトプラン
ホワイトプランがあるのは良いですが、こちらも同じく2年縛りは必要です。

本体は確かに0円なのですが、そのかわり交換プログラム専用のプランでの購入になるので月月割が付く「スーパーボーナス」の適用はありません。また、半年以内に機種変・解約すると違約金の上乗せもあります。
2014年9月18日以降のご契約で本プログラムが適用された場合、適用後6ヵ月以内(ご請求月単位)の解約、機種変更には契約解除料[20,000円]がかかります

解除料がこのくらいならiPhone6の新品端末が手に入ると考えれば・・・とも思わなくもないですが(笑)

auの場合は既存回線が16ヶ月以上、SBの場合は12ヶ月以上利用中の回線からの変更がプログラムの対象になります。

機種変更が安い=長期ユーザーの優遇、ということで喜ぶ利用者もいるかもしれません。

今はMNPが優遇されていますが、もしこれが逆に「機種変更を超優遇」&「新規・MNP」冷遇というのがすべてのキャリアで行われるようになったらどうでしょう?

携帯を使い続けて長期契約者になればそれなりの安さで利用できるけれど、他社へ新規や乗り換えをして契約年数がリセットされ、高額な料金状態から使い始めなくてはならない・・・という状況になったら身動きがとれなくなるような気がしますけども。

新規ユーザーは月額10000円で、2年目は8000円、3年目は6000円、5年目以降は5000円みたいにして、3キャリアが同じシステムを導入したらMNP転出・解約→新規は誰もしなくなるでしょう。

そして既存利用者がいる家族の新規契約は最初から月額6000円~みたいにすれば、家系で代々と受け継がれるものになるかもしれません(笑)

無論そうなれば当然他社から客を奪おうとしてMNPを再度優遇しはじめて・・・と繰り返すのがオチだと思いますが、3大キャリアが足並みを揃えて価格を決め、料金高止まりのまま経費をどんどん削減していけば、ムリに客を奪わなくても利益だけを上げられる状況も作れそうです。

経費削減→サービスの質が落ちたとしても5年使った同キャリアにとどまれば月額5000円で、他社に移ったら最初は月額10000円~というような高い金銭的ハードルを作ってやれば、搾取し放題かもしれません。


上記はもちろん妄想であり、MVNOの存在もあるのでこんな不自然な市場状態は起こりえないとは思いますが・・・。でも極論として「新規・MNP優遇はNG、長期ユーザー優遇のみ可」という状況も行き過ぎれば危険な気がします。

何事もほどほどが一番ですかね(´∀`)
by ke-onblog | 2015-12-18 19:37 | 白ロムコラム | Comments(2)
エクスパンシスのSIMフリー版 Xperia Z5 Premium E6853が大きく値下がりました。

週末限定ではあるのですが、大画面モデルのスマホ機種Microsoft Lumia 950 XLとXperia Z5 Premium E6853の2台を対象にセールが行われています。

☆「エクスパンシス Sony Xperia Z5 Premium E6853icon」/80.500円

☆「Microsoft Lumia 950 XL RM-1085icon」/80,900円

Z5 Premiumも随分値下がりしました。下記は私がチェックしたSIMフリーのXperia Z5シリーズ機種の値動きです。
d0262326_1495512.png

ハイエンドモデルなので格安とは行きませんが、結構な短期間で値下がり続けていますよね。

更に現在はクリスマスキャンペーンで10ドルの割引クーポンコード(【XMAS-10-OFF】を買い物カゴの「割引券」というところに入れて、更新ボタンを押すと有効化されます)が使えるので、税別ですがXperia Z5 Premiumも7万円台に届いたということになります。

ドコモ版のSO-03Hのオク相場は9万円前後なので、消費税を入れてもSIMフリーモデルのほうが安いはずです。

ドコモ版との差としてワンセグ・フルセグ、おさいふケータイ機能などに違いがあるので、それらの日本向け機能を優先するのならSO-03Hの白ロムを探したほうが良いですが、E6853は日本での技適マークも付いているそうなので、国内でも合法的に格安SIMと組み合わせて使えるSIMフリースマートフォンです。

通常はSIMフリースマホのほうがキャリア版白ロムより高くなることが多いのですが、Z5 Premiumに関してはドコモでの新規・機種変更価格が非常に高かったので、E6853の方で買い替えを行うのもありかもしれません。

エクスパンシス

by ke-onblog | 2015-12-18 14:21 | キャンペーン情報 | Comments(0)
つい昨日はiPhone5がソフトバンクのプリペイドスマホに登場しましたが、ウェブサイトをよく見るとアウトレットのページが更新されていたのですね。

いつから在庫があったのか全く気付いていませんでしたが、コンパクト携帯機種の301Z、折りたたみ携帯105SH、そしてかんたん携帯から108SHの3機種が常時アウトレットで買えるようになっています。

301Zのアウトレットといえば先月は11月11日の「いい買い物の日」キャンペーンの一環として安売り&アマゾンギフトプレゼントをやっていました。おそらく、その残りです(笑)

☆「ソフトバンク アウトレット在庫

301Zは4000円のチャージ込で5280円です。前回は5111円+1000円のアマギフ還元だったので、さすがに限定キャンペーン時に比べると安くもないですが、通常販売価格である6458円より1千円ほど割安になりました。

105SHは6980円、108SHは11800円でそれぞれ4000円チャージ込での販売となっています。

SBのアウトレット品の質は非常に高いものが多く、私が先月購入した301Zも外観には一切キズ・使用感はありませんでした(アウトレットですから、すべてが完全に新品同様というわけではないのでご注意。傷が気になる方は+千円でも新品が良いです。アウトレット品には外箱や充電ケーブルも入ってないので)。

また、少し前まで在庫が切れていたと思っていたプリスマアウトレット品のARROWS A 301Fの在庫がまた戻っています。ブラック、ホワイト、ピンク全色が購入可能な状態になっていますね。

一方で、303SHはページが無くなってしまいました。11月にキャンペーンで販売された203SHも再販は無いようです。

4G/4G LTE両対応かつSIMロック解除が可能な301Fが欲しかった方は今のうちにオーダーしておくのも良いでしょう。301F以外のプリスマはそこまで需要があるとは思えないので、おそらくすぐに売り切れることもないでしょう(笑)


by ke-onblog | 2015-12-18 12:29 | キャンペーン情報 | Comments(2)
楽天モバイルの半額セールがまだ続いています。

honor6 PlusやXperia J1 compact, Desire626もそれぞれ魅力的ですが、さらに半額対象機種としてAcer Liquid Z330が追加されましたよ~
d0262326_10193979.png

もともと低価格なスマホですが、半額になってなんとSIMフリースマホが6000円!!!

Liquid Z330は3Gスマホではなく、LTE対応です。回線契約は必須ですが、データSIMでも音声SIMでも本体価格が半額になります。

定価が4・5万円であったhonorやXperiaに比べれば半額になったところで価格差は小さいのですが、4.5インチの小型スマホで、最低限のことができればそれで良いという割りきった使用目的ならお手軽で良さそうです。

台数限定とされていますが、こちらもそんなに簡単には売り切れないでしょうから、安さを取るか機能を取るかをよく検討して、他の半額スマホと比べてみると良いでしょう。

☆「楽天モバイル

私ならZ330を買うくらいならDesire626に行きますけど^^; 価格差はDesireとLiquidでは倍の違いですが、Liquidは本当に最低限レベルでしょうし、それに手数料は別途3000円かかるので・・・



by ke-onblog | 2015-12-18 10:25 | キャンペーン情報 | Comments(0)
これもまたある意味「囲い込み」作戦の一つなのでしょう。

ワイモバイルはMVNOとは違いますが、「系列の格安回線」→「キャリア本家回線」へのユーザー回収作戦がこれから流行る可能性もあるでしょうか。格安SIMでサービスが物足りないと感じた利用者を優遇して引き戻す、というのは今までのキャリア間のでMNP争奪戦の次の次元って感じですね。
d0262326_20264398.png

以前もワイモバ回線からソフトバンクのiPhoneへ乗り換えると割引が効くキャンペーンもありましたし、SB⇔Yモバ間への移動すると予約番号を発行するときにポイント優遇・解約違約金免除などの提案がされるケースが報告されているので、ある意味今回のキャンペーンはそれが公式化しただけということでしょうか(笑)
d0262326_20273776.png

現状ではiPhone6s/6s Plusへの転入は割引増強の対象外になっているようですが、iPhone6/6+や5s/5cおよびスマートフォン・ケータイなどが対象機種になっています。

SBのスマートフォン・ケータイへの乗り換えでは割引きはありませんが、違約金と手数料が無料化されました。

また、移動元の回線にも条件があり、PHSの場合は契約月から丸一年(13ヶ月目以降)以降の回線、スマホの場合は期限は無いようですが、Nexus5かARROWS Sのどちらかを対象プランで加入中であることが条件です。Nexus6や他のスマホ機種は対象外です。

Nexus5の安売が行われていた時期からはそろそろ2年が経ちますので買い替え時期としては悪く無いですかね。ワイモバで2年契約を完走していなくても契約解除料が掛からず、番号移管手続料も無料です。通常ならこれだけで1万円以上掛かる手数料。

そしてiPhone限定で1080円×24回分割で25,920円の通信料金割引があります。これは通常の月月割の上乗せという扱いですね。

ただし、このMNPには惜しいところがあり、今オンライン経由だとAndroidスマホを下取りに出すと31600円もの大幅還元が受けられるMNPのりかえ下取りプログラムがあるのですが、これがワイモバからの番号移管(MNP)では使えません。

これが上乗せ出来るようだったらかなり強力な割引になったところですが、そう上手くはいかないみたいです(´∀`;)

ワイモバのプランに不便を感じて、違約金が出るのは嫌だけどSiPhoneに移りたい、というような状況ならありでしょうか。普通に2年契約満了状態ならSBに行くより他社の下取りプログラムを使ったほうがオイシイでしょう。

それこそMNP予約番号発行時にさらに割引・ポイント付与でも提案されるなら検討の余地がありますが、額面通りの「ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム」だけだと下取りが使えない分だけ通常のMNPよりも制約が厳しいのが気になります(特にiPhone以外の割引増強が無い機種への移動は勿体無いです)。移行先で子回線に組み込むのも対象外です。

本気でワイモバからユーザーをSBへ移したいならもう少し条件が緩いか、割引きの上乗せがやりやすいと良かったですねぇ。

Nexus5からNexus6P(32GBモデル、一括購入割引き適用)なら本体一括0円になるので、そのあたりを狙ったキャンペーンなのかもですね。


by ke-onblog | 2015-12-17 20:36 | キャンペーン情報 | Comments(6)