白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2016年 01月 ( 103 )   > この月の画像一覧

ついに1月が終わりますね。明日以降、携帯業界がとても静かになりそうです。

一時期ソフトバンクではツイッターやFacebookなどで案件を流すことを禁止していた時期がありましたが、明日以降はauでも一切情報がでなくなるとか。

不発に終わった回線、準備が間に合わなかった回線の処理をこれから考えていこうという話を先日よりしていました。

その第一候補として使い勝手の良いであろう、mineoに移す場合のコストやメリットから検討して行こうと思います。

MVNOでは料金の安いサービス、速度の速いサービス、選べるプランが豊富なサービス、セット割引が豊富なサービスなどいろいろとあります。それぞれのサービス水準に関して「良い・悪い」「高い・安い」と簡単には比較出来ないのですが、今回は管理人の主観入りで適当に評価していきます(実測度や料金比較を見たい場合はこのサイトの過去記事やモバイルびよりの各関連記事、他のクチコミサイトをご自由に調べて下さい)。

【mineoの印象】

・au回線、docomo回線両方を1つのIDで契約出来るのは便利
・速度はそれなり(今はdプランの方が全体的に速い)
・キャンペーンが豊富
・初期手数料が安く済ませられる
・パケット通信量を安くヤフオクで買える
・フリータンク、パケットギフトが便利

・セット端末は高い
・使い放題プランは無し
・高速通信無しのプランも無し
・月額料金は普通(高くもないが、最安値でもない)
・料金プランの種類も普通

あくまで主観的なものでしかありませんけれども、個人的にはサービスにはそこそこ満足しています(auプランはfiimoと入れ替えるので来月解約予定ですけども^^; )。

mineoがあらゆる点で最高とは言いませんが、mineoでしか得られないメリットもあります。

パケットギフトシステム・フリータンク、そしてau⇔docomoのキャリア変更、さらにはデータプラン⇔音声プランの切り替えをしても契約期間が継続されるのはmineoのみでしょう。


続いて具体的な初期コスト・維持コストについて。

最新のキャンペーンを活用した場合の1年間の維持費についてはこちらの「mineoの新キャンペーン活用時 MNP弾作成コスト試算」でまとめているので合わせて参照してみてください。

eo光ユーザーの場合を考慮していくとパターンが増えすぎて面倒なので、今回は一般契約者+紹介キャンペーン分だけ加味します。

他社回線から転入する場合、まず転入元でのMNP手数料が通常2000円掛かります。その他の違約金・契約切り替え月の料金・分割残債などは各自で計算してください。

・他社転出手数料 2000円
・mineo転入手数料 約1000円(アマゾンでエントリーコードを買う場合)
・紹介キャンペーンによる還元 1000円

音声プランの月額最安値は500MBデータ付きaプランで1310円、dプランで1400円です。

現在はキャンペーンによって3ヶ月×800円が値引きされますので、auプランの場合で1~3ヶ月目は月額510円です(月1日開通の場合)。

mineoでは音声プランの場合でも最低利用期間は無いのですが、1年以内にPOさせると転出手数料が大幅に上乗せされるため、短期解約は勿体無いです。

mineoからMNPする場合は13ヶ月以降で2000円、それ未満は11500円の手数料が掛かります。それを考慮して、1ヶ月目から13ヶ月目まで、それぞれの期間でmineoへ転入→他社転出をさせた場合のコスト(税別)を書き出してみると、

1ヶ月利用(月末解約):15010円
2ヶ月:15520円
3ヶ月:16030円
4ヶ月:16340円
5ヶ月:17650円
6ヶ月:18960円
7ヶ月:20270円
8ヶ月:21580円
9ヶ月:22890円
10ヶ月:24200円
11ヶ月:25510円
12ヶ月:26820円
13ヶ月:18630円

*内訳は、13ヶ月は初期2000円+1310円×13ヶ月分-800円×3ヶ月分+転出手数料2000円、という具合です。1-3ヶ月で解約した場合は、アマゾンギフト券還元無しで計算しています。

mineoでは解約月も日割り計算されますが、今回はそれぞれの月末でPOさせた場合で計算しています。今は12ヶ月間+2GBのパケットデータが貰えるので、500MBプランで契約してもそれなりに使えるでしょう。どのプランを選ぶかは各自で考えて下さい。

ドコモ回線にMNPさせる場合は一ヶ月あたり+90円、1年分で約1000円コストが上記試算より上がるはずです。

2.5GBのデータを1年使えて、auプランの全コストは税込みならおよそ20k(パッケージで申し込み、キャンペーンを使った場合)。

つまりは1年後、新規とMNP契約で2万円以上の費用差が生じると予想するのなら、mineoを使って回線を残す金銭的メリットがあるということです。


mineoで寝かせるリスクは上記の試算でも判るように、転出手数料割増期間である7-12ヶ月目くらいまでコストが高くなることです。また、2-3ヶ月寝かせるためだけにmineoに移すのも意味が無いでしょう(1万数千円のコストを払うなら、そのままキャリアで運用したほうが安いでしょう)。

5ヶ月間キャリアで維持する場合とmineoで維持する5ヶ月分の17650円、このコストを比較する必要があります。キャリアで月額3000円以下で維持出来るのなら、わざわざmineoに移さなくても良いです。

紹介キャンペーンの1000円分還元は、専用のURLから申し込んだ場合のみ適用されます。私のコードをブログで紹介したこともありますが、そのページを見てから別のサイトを見たり、トラッキングが有効にならないブラウザ設定で申し込んだ場合、申し込み途中でページを閉じたり・戻ったりした場合にも適用外になる可能性があるので、良く公式サイトの適用条件を確かめて申し込みを進めて下さい。

関連記事:[企画]mineoの紹介キャンペーン 1000円アマゾンギフト券がもれなく貰える!

mineoに移すことで待機中も普通にデータ通信や通話を使うことが出来るというメリットとコストのバランスをよく考えて決めましょう。



by ke-onblog | 2016-01-31 20:28 | 白ロム転売法 | Comments(14)
明日以降どこまでスマホの実質価格が上がるのかと考えると夜も眠れない日々を過ごしている方もいるかもしれません(販売代理店の人とか)。

大幅なキャッシュバックの減額、割引・キャンペーン終了に影響された実質価格の値上がりはもう避けられそうにありません。

一番大きな影響が出るのはやはりMNP・のりかえということになるそうで、機種変更についてはむしろ少し買いやすくなる機種も増えるという情報も耳に入ってきています。


しかしながら、かといって今後すぐに「MNPより新規・機種変更の方が安くなる」ということにはならないでしょう。

いままでお得度が 

MNP >>>>>新規・機種変更、

だったものが、

MNP>>新規・機種変更

くらいになるだけかと。

ドコモでは3月から導入されるシェアパック5GBの小容量データプランにもずっと割が適用されるようになるなど、10年を超えるような長期ユーザーへの配慮は多少増えそうではありますが、それ以下の契約期間では機種変更をしたところで優遇はないわけで・・・

また、今年の3キャリアの学割を見てもMNP優遇は明らかです。

学割を適用する学生本人は機種変更も要件に入ってますが、その家族は新規・MNPでの契約が必須です。「学割で家族もお得」としておきながら、やはり優遇されているのはMNPなのです。

ドコモの家族まとめて割は今のところ1月31日で終了になっているのですが、auの「家族でのりかえキャンペーン」は3月31日、ソフトバンクの「家族まるごと割」および「家族ご紹介キャンペーン」は1月28日から始まったばかりのMNP優遇施策なので、これも間違いなく2月1日以降も継続するでしょう。

☆「au家族でのりかえキャンペーン

☆「ソフトバンク 家族ご紹介キャンペーンについて

☆「ソフトバンク 家族まるごと割について

明日からiPhoneシリーズは「月月割・毎月割・月サポ」のみでの実質0円が廃止されますが、上記のような複数台用割引を適用するだけで一応「実質0円」には届くはずです。でも、機種変更ではムリでしょう。

そう考えれば、やはり今後もある程度のMNP出来る回線を残して運用することをオススメします。プリモバでもシンプルコースでも格安SIMでも良いのですが、予め準備さえしておけばMNP弾作成費用はムダにはならないはずです。


MNPの行き過ぎたキャッシュバックを終わらせるとはしていますが、MNPより機種変更を安くするとは誰も言っていません。

今後は安く買うためのハードルが上がる(携帯以外のサービスのセット契約・商品購入による実質値引き)とは思いますので、どこまでが本当にお得なのかはわからないですけれど・・・。

昨日は「携帯終活」なんていうタイトルでコラムっぽい記事も書いてみましたが、今後の身の振り方を考えるときにはリスクとコストのバランスを考えて回線整理・プランの整理を進めるべきだと思います。




by ke-onblog | 2016-01-31 15:55 | 白ロム転売法 | Comments(2)
MateSっていつの間にかもう結構安くなっているのですね。

楽天モバイルでは定価86,184円→SIMセットで69,984円に割引されるという価格設定だったはずのHuaweiのスマホでは上位モデルのMate Sですが、ヤフーショッピングにあるストアで新品がセールになっており、ポイントまで考慮すれば4万円台半ばで買えます。

☆「shopping広場 Mate S(新品未開封)」/税込み49000円

これでTポイントが全員対象分で2,450円分付き、あとはヤフークレカなりプレミアム会員分なりで実質的なポイント還元増額があれば、楽天の定価設定より4万円近く安いです。

価格○ットコムの最安値でも現時点で53,980円なので、かなり安いはず。



最近HuaweiではGR5という新機種も出ましたが、Mate Sは同じ5.5インチでもスリムで重さも156 gとそこそこ軽くなっています。honor6 Plusも同じ5インチで165グラム、GR5が158グラムです。

GR5が定価34800円だったので、+1万円ちょいしますがこっちのほうが良くないですかね?8万円はちょっと攻めすぎだと思いましたが、4万円台なら逆にコスパは悪く無いように見えます。

ちゃんと国内版と書かれていますので、honor6 Plusよりもドコモ系SIMとの相性も良いはず。
FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28
TDD-LTE: B40

指紋認証あり、Hisilicon Kirin 935 オクタコア、RAM 3GB, ROM 32GBです。

そこそこ安く、でもハイエンドクラスで指紋認証も使いたいという方には良いかもしれません。

ちなみにhonor6 Plusも同ショップで3万円切っていますので、Huawei公式の楽天ショップより安いです。
by ke-onblog | 2016-01-31 07:15 | キャンペーン情報 | Comments(6)
以前紹介したバッテリー内蔵ケースの兄弟商品ですが、在庫が幾つかのカラーで復活しています。

iPhone5s/5に利用できるアップル公認のケースで、「mophie juice pack helium for iPhone 5s/5 」にはカラフルなラインナップがあります。



☆「SBセレクション mophie juice pack helium for iPhone 5s/5」/アウトレット価格3000円

通常価格は1万円弱なので、およそ1/3の価格です。アマ○ンでは7千円で売っているアイテム。

今在庫があるのはピンク・パープル・ブルーだけとなっており、以前私が見た時には確かこれらも在庫切れになっていたはずです。ちょっと目立つ色しか残っていないのは惜しいですが^^;

おもさ約68gのケースに1500mAhの超薄型バッテリーが内蔵されています。前回完売した「juice pack plus」は2100mAh版でしたが、重さが90gあったのでこちら方が軽量です。

在庫数がそれほどたくさんあるとは思えないので、欲しい方は早めにゲットしたほうが良いかもしれません。


by ke-onblog | 2016-01-31 02:23 | キャンペーン情報 | Comments(4)
この流れは昨年秋のNexus6の安売りを彷彿とさせますね(笑)

日本ではGoogle Play Strore,ドコモ, ワイモバの3社から発売されているNexus 5Xですが、現在の公式価格はStoreで16GBモデルが52300円~。発売当時より若干安くなったものの、まだ正直安いとは言いがたいレベルです。

エクスパンシスでもまだ投げ売るほどまでは下げられていませんが、すでに公式より1万円以上やすくなりました。最安値で買うにはツイッターでクーポンを受け取る必要があります。

クーポンを使うと、16GBモデルではありますがドコモ版の販売価格から半額以下ですよw

☆「エクスパンシス ツイートキャンペーン(Nexus9, Nexus5X)icon

上記ページにある通り、指定のキーワードをハッシュタグ付きでツイッターで流すと、DMでNexus9とNexus5Xに使える2000円引きクーポンが貰えます。クーポンはサイトの購入時・カート表示のところで入力するコードタイプです。

このツイッターキャンペーンはまさに昨年Nexus6が投げ売られた時と同じ施策です。去年はさらに5台以上同時に購入すると値引きされるボリュームディスカウントもあったのですが、それはまだ無いようですね~。

現在のNexus5X 16GBモデル(LG-H791)SIMフリーバージョンの価格が41,285円になっています。普段はエクスパンシスでは7万円以上にならないと送料無料にならないのですが、送料もキャンペーンにより無料化(通常1400円程度が掛かります)。

クーポンを使えば2000円引き→39,285円なので、税込みにしておよそ4万1千円くらいの支払いになるはずです(価格はその時の為替相場によって変動するので各自最新情報をサイトで確認してから購入して下さい)。32GBモデルも47,410円で、こちらもキャンペーン対象です。

私が昨年Nexus6 XT1100を購入した時が45kでしたから、ようやくNexus5Xが旧6並に安くなったか~という感じですね。

もともとこのくらいの価格で売られていればもっと人気が出たろうに・・・

キャンペーン期間は2月10日まで(6-10日は香港の祝日につきDMは届きませんが、11日以降に送信されるそうです)なので、興味のある方は早めにゲットしておきましょう。たしか以前はクーポンには使用期限が無かったはずなので。

「ツイートキャンペーン第1弾」となっていますので今後は別の機種も対象になる可能性もあり、楽しみな展開です。

エクスパンシス

by ke-onblog | 2016-01-30 21:39 | キャンペーン情報 | Comments(2)
前回の続きです。

もともと一つの記事として書いたものを分割していますので、前半を未読な方は先にこちらを読むことをオススメします。


4.MVNOに避難させる

維持費は掛かりますが、比較的誰でも簡単に出来る避難方法です。音声プランのまま維持するとちょっと高いですが、データ付きのサービスを選べば維持期間中もそれなりに使えるのでロスは少ないです。

オススメはmineo。今ならキャンペーンを活用したり、場合によっては一時的にデータプランに移行させてコストを少し下げることも可能。

関連記事:mineoの新キャンペーン活用時 MNP弾作成コスト試算

MVNOへ避難させることメリットは「維持中もそれなりに使える」ことですが、デメリットは1回線あたりの維持費はどうしてもある程度掛かるため、退避回線数が大量にある場合はランニングコストが重すぎます。キャリアに主回線を持ちつつ、1人で3回線も4回線も格安SIMを契約するのはムダです。

また、音声プランは最低維持期間もあり、その維持期間を超えても高いMNP転出手数料を設定しているMVNOもあるため、よく計画を立てて業者とプランを選ぶ必要があります。

MVNOへ避難させる場合のコスト計算は別途記事を用意しています。いくつかの候補を挙げて、それぞれの料金やメリット・デメリットを回線回避目的の観点から解説します。

5.ガラケー回線に避難させる

2月以降になる場合はちょっと状況が判らなくなりますが、月々2円運用や1000円程度で通話し放題プランを組めるようなガラケー案件に移して格安維持を続ける方法があります。

通話回線が欲しいならワイモバの504SHあたりも良いでしょう。

関連記事: ワイモバ新規一括0円ガラケー 504SH発売 月額1008円維持の格安回線

2円維持が出来ない場合や、通話し放題回線も1本あれば十分でしょうから、たくさんの回線をガラケーに移すのは勿体無いかもしれません。

6.auの3G回線化(シンプルコース)で維持する


au回線のまま維持したいのなら、いわゆる持ち込み機種変更による3G化が今では強引に契約できる最安値プランです。

シンプルコースについては下記の記事あたりを参照して下さい。

関連記事: au 持ち込み機種変更では「シンプルプラン」は選べないのか?


この方法では契約上のリスクは比較的低めですが、機種変更手数料とシンプルプランの維持費が掛かります。コストとしてはそれほど高くはないですが、手持ちの3G機種がない場合は白ロムの入手から始める必要があるでしょう。プラン変更時にオプションも外れてしまうため、毎月割やキャッシュバック要件などを満たさなくなるので注意が必要です。

7.実質0円以下のスマホに機種変更する

メイン回線をそのキャリアで残したい場合、MNP予約番号発行時のコジポをゲットして比較的機種変更契約でも月サポの高い機種に機種変更させて耐え忍ぶ、というのもありかもしれません。docomoならSH-03G, F-04G, SBならNexus6Pなど実質0円以下の高性能スマホ機種もあります。

この方法は特価BL中でも使えるというメリットはあります。しかし、コジポ・各種クーポン・施策を使ったところで一括0円のような安さにはなりづらく、月サポを2年間受け続けることを前提にしなければ本体代金の負担が大きくなります。

8.シンプルスタイル回線にMNPさせる

ソフトバンクのプリペイド携帯・スマホにはMNP転入が可能です。初期費用は少しかかりますが、維持費は全く掛からず1年間寝かせる事ができるため、他の回避方法と併用するなら・・・いや、やっぱりあまりメリットは無いですかね^^;

この方法を採るなら、一旦解約してから新規でプリモバを買った方がマシです。Blade Q+を買う場合のみMNPの方が端末価格が1万円ほど安くなります。

かつてドコモにあった「おかえりボーナス」のような施策がまた出るのなら、「旧キャリアで使っていた番号を維持する」という目的であれば安いプリモバに移したほうがコスト的にはMVNOより安くなることもあるでしょう。どんなに安いMVNOでも1年音声のままキープすれば1万円以上掛かりますが、301Zなら6458円です。

☆「ソフトバンク シンプルスタイル

*SBの通常回線をプリペイドに変更することは不可です。

9. 潔くサヨナラする

最終手段です。不要な回線は処分し、すべてを忘れましょう。またチャンスが巡ってくる日を千の風になって待ちましょう。

終の棲家(メイン回線)の選択もキャリアで使い続けるのか、MVNOに移してしまうのかは人それぞれの使い方に合わせて自由に選べば良いです。オススメの回線なども挙げても良いですが、、、キリがなくなるので別の機会にしましょう。


以上、私が提案出来るのはこんなところです。

冒頭でも述べたようにそれぞれコストが掛かったり、運用上の制限があります。複数の方法を併用することも可能なはずなので、どこまでリスクを取るのかをよく考えてみてください。リスクを取らないなら【その9】しかありません(あるいはその1の低価格シェアグループ回線分だけキープ)。

番外編として【その10.回線を譲渡する】というのも考えましたが、家族間では総合的にメリットがない・家族以外へ譲渡するのもリスクが高いので候補には入れませんでした。

上に挙げた以外の方法でも何か回避策があるかもしれませんので、各自いろんな道を模索して最適な態勢を採りましょう。


by ke-onblog | 2016-01-30 14:53 | 白ロム転売法 | Comments(1)
最後の駆け込み契約にトライし、惨敗してしまった場合に備えて回線の「終活」を考察してみましょう。

将来の展望・考え方は人それぞれで違うと思いますので「終わらせる形」はいろいろあっていいと思います。

ここでは複数のパターンで「回線を解約」または「回線の延命・維持」をした場合のコスト的メリットとデメリット、そして運用上の影響などを列挙していきます。


具体的な方法に入る前に、管理人の個人的なアドバイス方針を伝えておきましょう。

それは「結論を急がないこと」です。

携帯安売り情報を長く追いかけてきた方なら判ると思いますが、携帯販売の方針は良くも悪くも流動的です。そのベクトルも急変することが多く、上の方針と現場の状況が異なることもあります。

聞こえてくる噂は楽観視出来るものでもありませんが、必要以上に悲観的になりすぎて、無茶な動きをするのはオススメしません。やったが最後、本当に二度と安売りで携帯を買えなくなってしまうような履歴を作ってしまうのは勿体無いかもしれません。

この後解説する「使えなかったMNP弾」の使いみちも基本的には臨機応変に対応できる方法を挙げていきますので、コストと将来の回線価値を良く検討してみてください。


逆に、ここはさっぱりと結論を出してしまうのもありなのかな・・・という場合もあります。

ソロプレイヤーの方は、今後は本当に厳しいかもしれません。そのため、無理をして「回線を生かす」方法を採るメリットよりリスクの方が大きくなる可能性があります。

完全引退をすべきというわけではないのですが、すでに現時点でもかなりギリギリだと感じているのなら、一旦回線をリセットしてまたいつか状況が改善したら戻ってくる、という方法が気楽でいいかもしれません(これはソロプレイヤー以外にも言えることですが)。


つまりは回避方法を採り得る範囲が人によって違う、ということです。どちらの方針を選ぶのも自由ですが、いろんなパターンを想定して動くべきかな、と私は考えます。

では、そろそろ精神論は終わりにして採り得る具体的な方法に行きましょう。



1.シェアグループ+月サポ+各種割引で総合金額を下げて完走させる

これはauでは使いにくい方法ですが、集められるだけ回線を1つかそれ以上のシェアに組み込み、端末の月々割引を分散させて、時が来る(あるいは月サポが切れる)まで維持し続けるだけです。今更すぎる方法ですが、現時点で格安維持が出来ているのなら無理に動かさない方がいいのかも知れません。

この方法は最もリスクが低いですが、大容量シェアの料金を打ち消せるだけの月サポ回線が無くては話になりませんので、一朝一夕で準備できる方法ではありません。今後は月サポは増々減っていくと宣言されていますので、やるなら今しかありません。

ドコモでは5GBシェアなども登場したので比較的ハードルは下がりそうですが、必要以上のデータプランを契約して無駄なコストが掛かってしまうのなら旨味は減ります。

また、急にドコモ・SBへ移そうとして割引適用上限を超える(特価BL・プチ総合)と、この方法は難しいでしょう。家族で協力して名義を分散させて乗り切るのが良いです。

2.固定回線とセットで安く出来る道を探る

この方法は【その1】と併用すべきものです。1年~2年と維持できる予定があるのなら、自宅の固定回線とセット割引を利かせられるネット回線を選び、最大限に維持費を下げて耐え忍ぶという、王道的方法です。

ドコモ光・ソフトバンク光・auひかり・auひかりコラボなどのセット割引はやっぱり大きいです。今後月サポが減るのなら、こうしたセット割引は増々重視される可能性が高く、現在活用できていないならもう一度検討してみるべきです。

固定回線とのセットは「合計金額が安くなる」だけであって、当然ながら携帯のみの代金より安くなるケースは少ないでしょう。

3.電話番号保管を使う

本来はこういう使い方をするものではないのですが・・・、数ヶ月~年単位で利用を一時的に止めたい場合に、電話番号はそのままに契約プランを全て止める事ができる方法です。

3キャリアともに電話番号保管は出来ます。サービス名は「電話番号保管」「電話番号預かり」「休止」などです。

http://www.au.kddi.com/support/mobile/procedure/contract/stopping/?bid=cs-cs-topm020801

https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/change_release/keep_number/

http://www.softbank.jp/mobile/support/oazukari/

これを使えば比較的長い間回線をキープし、必要なときにすぐに復帰させることが出来ます。休止期間の上限はありますが、1-2ヶ月間だけ休止させることも可能なのでフットワークが比較的軽いところがポイントです。

デメリットとしてはコストが掛かること、そして契約したばかりの回線寝かせには危険が伴うということです。

コストはキャリアによって異なりますが、休止時に事務手数料+月額400円ほどの維持費もかかり続けます。寝かせ期間が短い間はそれなりに安く済みますが、そのまま寝かせ続けて使う日が来なければ出費は無駄になります。

auで1年休止させてもコストは(2000円+372円×12ヶ月)×1.08+ユニバ料金=約7000円。それほど金銭面での圧迫はありませんが、契約上のリスクが電話番号保管には存在します。

電話番号保管のルールについての詳細説明はここでは省きますが、保管時に各種割引キャンペーンが解除され、本来のプラン料金がもろに掛かったりします。特に主回線を保管してしまうと複数回線が前提で割引されているキャンペーンが解除されるので要注意。

また、契約したばかりの回線を保管させることはキャリアにとって「即解約と同レベル」とも言われています。そのままちゃんと復活させて使うのなら良いですが、休止時は利用期間としてカウントされませんので、契約→即保管→復活→即解約させるのは非常に危険です。


では残りは後半に続きます。次回は主に回線を移動させて保持する方法を紹介します。




by ke-onblog | 2016-01-30 13:31 | 白ロム転売法 | Comments(0)
3月までそれなりに案件が持つのかなとも期待していたのですが、聞こえてくる情報はかなり厳しい感じなので・・・

数ヶ月後~年単位で将来のことは判りませんが、2月1日からiPhone・スマートフォンの販売に関して大きな動きがあることはもうドコモも公式にアナウンスしたので、ここから「やっぱり今までどおり(1月と同水準・同じをキャンペーン継続)」は無いですね。au,SBに関しても状況は同じようです。

ここでは詳細は書きませんが、一部機種の販売価格・割引適用の範囲の変更は確実に行われるとの情報を聞いています。

5GBシェアプランやカケホライトなどとの組み合わせによるサービス内容を減らして料金の表面的金額を下げることが、キャッシュバック無し・実質0円無しによる集客効果減退をどこまでカバー出来るのか、これはドコモの社長も言っていたように「ある程度の減少は覚悟の上で、頑張る」としか言えないのでしょう。

MNPでの短期契約者は完全排除し、それで上手く回るようなら別に構わないのでしょう。上手く回らないのなら、また同じことが繰り返されるだけだと予想されますので、もう後は結果を待つだけです。

いち顧客が何を言っても変わらないので、方針に納得出来ないのであれば携帯会社に就職して幹部にでもなりましょう(´∀`) (総理大臣・政治家になっても携帯の値下げをすることは出来ず逆効果だと実証されたのでw)

別に高いスマホ・携帯を持つことを強要されているわけではないのですから、対抗したいのなら全部回線を解約してしまいましょう。個々の影響は小さくとも、行動すれば何かが変わるかもしれませんし、ご自由にどうぞ。


2月以降の値上げに関しても程度がわからないことには動きづらいかもですが、ここで動いておかないと後悔するかも、というのなら明日すぐに動いたほうが良いですね。

一部のショップでは昨日の時点で土日の来店予約が終了としていましたし、端末の在庫も危うそうです。激安店では普段とは比べ物にならない混雑があるのかもしれません。

今後の動きについて(主に不発回線の処理とか)はまた改めて考えたいと思いますが、最後の祭りに参加される場合は焦ってトラップに引っかからないように、気を引き締めて挑みましょう。


by ke-onblog | 2016-01-29 23:37 | 白ロム転売法 | Comments(12)
このタイミングで!

ワイモバのウェブストア上で、来月からの一括0円廃止予定の前に在庫処分セールが始まりました。

懐かしのNexus5がMNPで一括0円です。

☆「ワイモバイル アウトレット

他にも月額1980円~で使えるAQUOS CRYSTAL Y, SIMカード契約でPriori2 が追加4800円で買える企画(1MNPにつき2台まで)などもあります。

さらには公式アクセサリーストアのソフトバンクセレクションで使える5000円分のクーポンが貰え、MNPなら月間の最大通信データ量が倍増(7GBプランなら14GB)します。

在庫処分セールは期間が区切られているわけではないようですが、おそらくこれも1月いっぱいで終わりでしょう。

在庫処分セールは関係ないですが、504SHの新規一括0円も終わりですかねぇ。。。ガラケー(504SHはガラホですけど)での通話し放題端末が欲しい方も今のうちに移しておくべきかもしれません。

2月以降はワイモバもどうなるのか判りませんので、在庫・価格の最新情報は各自でチェックして下さい。


by ke-onblog | 2016-01-29 20:16 | キャンペーン情報 | Comments(10)
正確に何分で売り切れたのか確認できませんでしたが、1時間は持たなかったようですね(´∀`;)

一つ前の記事でもお知らせしたとおり、今日29日10時からソフトバンクオンラインショップにてシンプルスタイル(スマートフォン)機種にAQUOS CRYSTAL 305SHが新しく仲間入りし、10800円(1万円分のチャージ付き)という激安価格で販売開始となりました。

そして、発売開始からわずか1時間もしないうちに(20分くらい?)在庫切れで「エラー」表示になってしまいました。

数量限定販売とされていたので在庫追加は期待薄ですが、これまでにも限定発売されたプリモバも在庫が復活・再入荷すること自体はあったので、諦めきれない方はこれから数日間は再チェックしてみる価値はあります。

☆「ソフトバンクシンプルスタイル AQUOS CRYSTAL 305SH販売ページ

在庫が復活するカラクリは、おそらくキャンセル・総合判断で断られる方が多いからでしょう^^;


追記:2月1日午後、在庫が復活しました!

一つ私にとって想定外だったのは、今回305SHはプリモバイルからなら機種変更での申し込みも可能だったという点です。

SBのシンプルスタイルへの機種変更にはルールがあり、通常のポストペイド機種からプリスマに直接機種変更する(契約タイプを変更する)事はできません。プリモバ用の携帯・スマホ機種からなら機変が出来る場合もあるのですが、普段のお得なアウトレット品へは申し込みが出来ないようにされています(新規・MNPのみの受付)。

ところが今回の305SHは新品販売でしたから、機種変更が可能でした。機種変更の場合は1年経っていなくても違約金って発生しないですかね?(未確認です)。もしそうならプリモバ301Z回線を305SHに変えておけば、10000円分のリチャージによって延命&305SHをゲットしておもちゃに出来たかな。。。

ポストペイド機種からプリモバへ番号を持ち込む方法というのは考えたことがあったのですが、今までシンプルスタイルの機種変更が有利になる、というのを真面目に考えたことがなかったので盲点でした。

再入荷があるかどうかはキャンセルの発生数次第ですが、在庫復活があると良いですね~(結構高い可能性があるのではないかな~と思ってますw)

すぐにプリモバを買いたい方は301Zを買っておきましょう。


by ke-onblog | 2016-01-29 11:50 | キャンペーン情報 | Comments(8)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン