白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2016年 02月 ( 101 )   > この月の画像一覧

私はFiimoのSIMを先日手に入れたのでこれを29日に開通させるべきか1日に開通させるべきか、ちょっと悩んでいます。

すでに利用中の方の情報などを集めれば判るのかもですが・・・Fiimoはmineoとほぼ同じ仕様になっているということですが、初月のデータ付与システムもmineoと同じなのかな?と。

現在のFiimoのキャンペーンでは、通常申し込み月の翌月から900円の値引きがスタートします。そして開通日が月の朔日の場合のみ当月から割引が始まるわけです。

1日以外に契約した場合、その月の日割り料金が発生することは公式にも書いてありますが、しかし「契約月のデータ容量」についてはどこかに記載がありますかね?

FiimoのMVNEであるmineoの場合は、月の途中に開通させた場合にも契約プランのデータ容量がまるごと付与されているはずです。月末最終日に3GBプランを開通させれば、1日分の日割り料金で3GBが貰えて、翌1日には繰越分を含めて6GBになっているはず。

また、1日に開通させた場合でもなぜか先月分のデータが繰り越されていることもありました。これは2日以降だとダメらしいです。

同じようにFiimoも契約初月分のデータはまるごと貰えるのでしょうか?それともデータも日割り分だけ? どなたかご存知でしたら教えて下さい(´∀`)

もし初月データ分も日割りされず契約プランの全量が貰えることが既知なら、私は3月1日に開通させても2月分も貰えるのかどうか試すとしましょう。


このように「開通日の調整」は格安SIMのキャンペーン活用にとってちょっとしたお得感・無駄を減らす節約方法になります。微々たるものですけども^^;

mineoやFiimoの開通日は「SIMで通信させた日かSIM発送から10日後」という猶予があって調整しやすい部類です。しかし、例えば今同じく6ヶ月間3GBのデータプランが無料で使える「DTI SIM」の場合は「SIMを受け取った日」が開通日になるため注文・申し込み自体で調整する必要があります。月初めに受け取りたい場合、今日(26日)はオススメのタイミングです。

音声プランの場合は今日ではちょっと遅いくらいなのですが、DTI SIMの申し込み~SIM受け取りまで最短で4日ほどが掛かりますので、土日に発送しているかどうかわからないですが3月の上旬にはSIMが届くでしょう。

詳しくは先月も全く同じ話を書いたのでそちらを御覧ください。

関連記事:DTI SIM 3GB無料キャンペーン 審査・到着日数から逆算した最適注文日

同じように無料系格安SIMの申し込み・開通はは月末または月初めに行ったほうがお得なことが多いため、契約の予定があるのなら手続きを進めておくべきですね。

多分同じように開通日の調整を考える方も多いはずなので、キャンペーン中のサービスを申し込む場合は多少の遅れも想定して動くと良いです。


by ke-onblog | 2016-02-26 05:48 | 格安SIM(MVNO) | Comments(2)
amazon.com(アメリカ版)のタイムセールにTech Armor(テックアーマー)というiPad/iPhone用の高級ガラスフィルムが出ています。

Today's dealsに出ているのはiPad Pro/iPad Air,Air2用の「Premium Ballistic Glass」というグレードのフィルムです。通常価格は約70ドル(8千円弱)という超高級品です。国内のアマゾンでも買えるのですが、参考価格は1万円近いです。

☆「Apple iPad Pro Premium Tech Armor Ballistic Glass Screen Protector (HD) Protect Your Screen from Scratches and Drops

タイプに「Glass(グラス)」「Antiglare(非光沢)」「HD Clear」「Privacy(プライバシー)」「Retina」の5種類がありますので好みに合わせて選べますが、お得度が高いのは9Hの硬度があるガラスフィルムです(普通の光沢・非光沢は日本でも安く買えるので)。

iPad Pro用は日本へ直送出来ないみたいなのですが、iPad Air2用は大丈夫です。

送料と推定関税を含めて、現在のセール価格は約15ドル。日本円にして1700円(1ドル112円換算)くらいです。国内販売価格のおよそ1/3のお値段。

このフィルムはすごく評価が高く、アマゾンでは☆4.5個で5000件を超える評価が入っていますね。

ガラスフィルムは「ガラスフィルム」という一括りにしても質の良い物・悪い物といろいろありますので、日本ではなかなか高くて買えないような高品質フィルムを海外輸入するのはアリかもしれません。

国内購入に比べて配送に時間が掛かるのは避けられませんが、製品のサイズが小さければ海外配送でも安く済む製品が多めですね。海外の人気家電なども表示価格は安いな~と思っても、国際送料が60ドルやら70ドルもプラスされてしまって、結局並行輸入品と変わらないレベルにまでなってしまうものも多いので(´∀`:)

Tech Armor iPad Air 2 / iPad Air ガラスフィルム Premium Ballistic Glass 9H 強化ガラス 耐衝撃 液晶保護フィルム スクリーンプロテクター for Apple iPad Air 2013 iPad 第5世代 透過率 99.99% ガラス ( 保護フィルム 1枚入り )

新品価格
¥4,954から
(2016/2/25 21:11時点)



by ke-onblog | 2016-02-25 21:20 | 端末輸入 | Comments(0)
最近の格安SIM業界は初期費用や月額料金が無料で使えるお試し期間が設けられるサービスが増えており、「契約回線数>所有端末数」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は先日リニューアルしたムスビーから、メイン端末としては微妙ながら激安で買えるLTE対応スマホの白ロムを探してみました。

以下に挙げる在庫はすべて一点ものですが、同じ機種・似たような状態ならオークションでも探せるはずですので、売り切れの場合も機種選びの参考程度にはなるはずです。

☆「中古スマホ・白ロム専門フリマ/ムスビー

【au回線用】

・AQUOS PHONE SERIE SHL22 中古/6990円:[micro SIM]
・HTC J One HTL22 良品/7800円:[micro SIM]
・Xperia Z1 SOL23 良品/12000円:[micro SIM]
・Xperia UL SOL22 良品/10800円:[micro SIM]
・Xperia VL SOL21 中古/7000円:[micro SIM]
・Qua tab 01 KYT31 美品/12800円:防水8インチタブレット [VoLTE SIM]

【ドコモ回線用】

Xperia AX SO-01E(イオシス在庫) 中古/7980円 [microSIM]
・ARROWS Tab LTE F-01D 美品/7800円:防水10インチタブレット [microSIM]
・GALAXY S4 SC-04E 良品/15800円 [microSIM]
・AQUOS PHONE ZETA SH-06E 中古/13000円 [microSIM]

すでに格安系在庫が少なくなってきていますね・・・思ったより面白い在庫がありませんでした(´Д`)

1万円前後程度ではやはり最新端末は無理です。ここで挙げた2012年~2013年あたりのLTEモデルなら一応はネット閲覧・軽量なゲームアプリくらいなら動くと思いますが、メインスマートフォンとして使うには、個人的にはもう少し予算を確保して上位機種を狙ったほうが良いと考えますね。

逆に言えばメール確認やLINE, Twitter, FacebookのようなSNSアプリ、ニュースアプリを読むくらいなら1万円出せば中古品の白ロムは買えます。新品級を狙うと今回ピックアップしたものより価格が跳ね上がるので注意です。

2~3年前古い機種では、新品はかえって割高になる可能性が高くオススメしません。新品が良いなら初めからSIMフリーの海外格安スマホを使えばいいでしょう。

オークションで探してもいいですが、MVNOで使う場合は制限が○、一括購入済み端末にしましょう。△表示は制限がかかるリスクを覚悟して買うべきです。


DTIは半年、,mineoは3ヶ月,Fiimoは8ヶ月,0SIMは500MB未満なら永久,freetelは1GBプランなら端末セットで最大1年、無料で使えるキャンペーンをやってます。他にもお得なキャンペーンを展開中のサービスもあるはずです。

キャンペーンを活用すれば回線は安く増やせますが、これから安い白ロムがどんどん減りそうなので、必要に応じて早めにサブスマホを確保しておくのも良いでしょう。

関連記事:格安スマホお試し用 無料&大幅値引きキャンペーンのある格安SIM・特典一覧





by ke-onblog | 2016-02-25 14:19 | 白ロムコラム | Comments(6)
エクスパンシスでシーズンセールということでMoto X Play XT1562が大きく値下げされています。

最近NTTレゾナントのショップでも取り扱いが始まったので国内の技適を通っているのかな?と気になっていたのですが、どうやら日本でもちゃんと使えるみたいです。

iconicon


☆「Motorola Moto X Play XT1562 Dual SIM LTEicon」/36,288円(税別・送料別)

goo Simsellerでは税込み47736円。エクスパンシスの在庫はガラスフィルムとヘッドホンがセットになってこのお値段です。送料と関税を入れると4万円ジャストくらいでしょうか。もうちょっと安いかな?

販売ページには日本の技適通過状況などは書かれていないのですが、エクスパンシスのレビューを書かれている方がAndroid6.0にて技適表示を確認されているということです。これは朗報ですね~。

XT1562は対応バンドも豊富です。
LTE バンド 1/3/5/7/8/19/20/28/38/40/41

B21はありませんが、ドコモで使うのなら1,3,8,28, SBなら41も多分使えますよね。

Moto X Playはハイエンドではないのですが、5.5インチフルHDディスプレイのエンターテイメント機です。カメラ性能も高く、メインが21Mピクセル・フロントも5M。

防水ではないはずですが「撥水コーティング」がされており、生活防滴仕様です。

これが4万円なら悪くないコスパですね!ライバルとしては最近3万円台に突入したNexus 5Xということになりますが、価格がほとんど変わらないレベル。あとは機種の好みによって選べば良いでしょう。

☆「Google Nexus 5X LG-H791 Unlocked (with FREE Krusell Folio Case)icon」/37,695円

送料無料な分、5Xの方がちょっと安いですかね。
by ke-onblog | 2016-02-24 23:08 | キャンペーン情報 | Comments(2)
最近入手困難になっていたSIMフリーモデルのSony Xperia Z5 Compact E5823の人気カラー、ブラックとホワイトの在庫がSIMフリースマホの輸入代理店に再入荷しました。

エクスパンシスにも1shop mobileでも白・黒が買えない状態が続いていますので、在庫が減ってきているのでしょう。

☆「Etoren.com ソニー Sony Xperia Z5 Compact E5823

価格は為替相場と販売価格設定によって毎日変動しているので今後値下がる可能性もあるかもですが、24日20時時点で白・黒は560ドル(62,667円)になっちゃいました。売り切れる前は460ドルくらいだったのですけどね・・・

イエローは455ドル・コーラルは470ドルなので、人気カラーだけが値上げです。発売当初は7万円くらいだったわけですし、現在価格の560ドルでも昨年に比べれば高いというわけじゃないのかもですが、やっぱり割高に感じちゃいますね~

これならamazonで並行輸入品を買っても余り変わらないです。

SIMフリー Xperia Z5 Compact E5823 2GB/32GB 23MP 4.6インチ 4G/LTE Black【並行輸入品】

新品価格
¥64,800から
(2016/2/24 20:38時点)



イエローはイートレンで税込み50,917円なので、ここ数日また円高傾向にもどったおかげもあり以前よりさらにお買い得になっています。

あとはアメリカ版アマゾンのマケプレには在庫があります。

☆「Sony Xperia Z5 Compact E5823 2GB/32GB 23MP 4.6-inch 4G LTE Factory Unlocked (BLACK) - International Stock No Warranty

ブラックも450ドルほどになっており安いのですが、日本に直送出来る出品者はいないっぽいです。向こうで受け取れる人ならいいですかね。あるいは転送業者でも使えば手に入れることは出来ると思いますが、それだとたぶん中継コストが・・・

6万円でも国内モデルのZ5 compactの未使用品白ロムを買うよりは安いはずなので、ブラック・ホワイトがすぐに欲しいという方は価格を妥協するか、イエローを検討してみるのが良いでしょう。

コンパクトでなくてもいいなら、ノーマルのXperia Z5 E6653も62,219円でブラック・ホワイトも在庫があります(Z5 compactより安い!)。



by ke-onblog | 2016-02-24 20:48 | 端末輸入 | Comments(0)
ソフトバンクエアーのサービスについてのレビューは前回の記事で最後にするつもりでしたが、もう少し遊びを思いついたのでお付き合い下さい。

過去記事:[ソフトバンクエアー総まとめ] クチコミ・評判と実際に契約して感じたこと

私が2月から利用しているソフトバンクエアー・エアーターミナル2(受信機)では下り速度のベストエフォートは261Mbpsとされています。一般的な光回線にも劣らない高速がウリな新型受信機なのですが、利用端末とインターネット接続する方法として2.4GHzと5GHzのWi-Fi接続を選ぶことができます。

説明書には両方利用できる環境であれば5GHzでの利用が推奨されています。

別の記事でもちょっと書いたのですが、この2Gと5Gの違いは、

2.4GHz:通信速度は遅いが、電波干渉・減衰を受けにくく繋がりやすい
5GHz :通信速度が速いが、電波干渉・減衰を受け易い


ということのようです。我が家では普段ターミナルをリビングの窓際に置いて使っていますが、狭いマンションなので5GHzで部屋の中ならほぼどこにいても繋がります。

でも、実際に体感として2.4GHzと5GHzでは何か違いが出るのかな?ということで、試してみました。


測定には現在ソフトバンクのオンラインショップで実質6200円で投げ売られているAQUOS Phone Xx mini303SH・・・ではなく、その兄弟機種のAQUOS SERIE mini SHL24を使いました。この機種は2.4GHz,5GHzの両方に対応しています(というか、最近の国内メーカーLTE機種ならほとんどすべて両Wi-Fiに対応しているはずです)。

実験にはスピードテストアプリを用い、各条件で3回ずつの測定を行って平均を算出しました。測定条件は4種類で、

1:0m(0)  / ターミナルから0m(受信機の真上において測定)
2:5m(0)  / ターミナルから5mの同室内で測定
3:5m(1)  / ターミナルから5mの別室で測定(ドアを1枚隔てる)
4:10m(2)  / ターミナルから10mの別室で測定(ドアを2枚隔てる)


括弧内の数字は、ターミナルと利用端末の間にある扉の枚数です(普通のガラスと木材で出来た、仕切り的な扉)。

測定時間は混雑の影響を受けない土曜日深夜3時台に、20分間で連続的に行いました。

その結果をまとめたものが以下のグラフです。
d0262326_12155367.png

右に行くほど遠く、遮蔽物の多い条件となっています。

測定自体に結構ばらつきが出てしまうのでどこまで有意なデータと見るべきかというのは本当は難しいのでしょうけれど、「5GHzの方が2.4GHzより速い」というのは明らかと結論づけても良さそうです。全然違います。

2.4GHzで接続した場合にも下り40Mbpsは出ているので普通にネットサーフィンを楽しむのに速度差は気にならないと思いますが、5GHzを使うと平均して2倍近い速度が観測されました(深夜でガラガラでしょうし)。


次に、距離と隔てた扉の枚数に着目すると、1部屋分の距離を離れたくらいでは2Gも5Gもほぼ速度に差は見られません。5m(0)と5m(1)はほぼ同じ距離で扉の内と外、という条件の違いなのですが、室内の薄い扉くらいなら5GHz帯でも全然OKみたいです。

一方で2部屋分離して、さらに扉も2枚隔てると5GHzの速度が2割ほど落ちています(ただしやっぱり測定にブレがあり、3連続の測定で50~90Mbpsまで差があったりします)。それに比べて2.4GHzでは5m(1)に比べての速度低下が少ないようにも見えます。

なお、pingとアップロード速度はどちら、どの距離で測ってもほぼ一定になっており、pingが30-40ms程度、アップロードは8-9Mbpsでブレません。


また、グラフには入れていないもう一つの実験をしています。

それはマンションの外に出てどこまで届くのかという長距離接続実験

なぜグラフに入れなかったのかというと、5GHzではマンションの外に出た時点ですぐに繋がらなくなったためです。直線距離としては12,3メートルくらいしか離れていません。マンションのドアはなかなか電波遮断性能が高いようです。

ですが、ここで2.4GHzが本領を発揮。5GHzがすぐに利用できなくなったのに対し、マンションのドアの前で2GHzは繋がりました。ただし、激遅。

扉の前でダウンロード速度は2.6Mbpsまで下がり、お隣さんの前で1.9Mbps, 2軒隣まで行くと0.62Mbps。3軒目はちょっと離れてしまうので、さすがの2GHzも途切れました。

やっぱり受信機から離れたところで使う場合は2GHzを、近距離で使うのなら5GHzを使うべきという一般論は、今回の実験結果からも支持されるものであると言えるでしょう。

要点をまとめると、

・2.4GHzより5GHzを使った方が2倍近くダウンロードが速い
・屋内であれば、受信機を設置した隣室で使うくらいなら5GHzでも大した劣化はない
・どちらを使ってもping、アップロードには差がない
・5GHzでは分厚い扉は突破できない
・2GHzなら分厚い扉を突破できるが、速度減衰は著しい


報告は以上です。


Softbank Airを使っていて速度が周りの評判より遅いな、と感じる方は使っているWi-Fiが5GHz帯になっているかどうか確認してみると良いかもしれません。スマホは皆さん2年くらいで買い換えるのが一般的になっていますが、パソコンの場合は数年前の機種でも本体のWi-Fi受信機能が5GHzに非対応の場合もあるかと思います。

ソフトバンクエアーの速度は時間帯・利用地域・利用端末によって大きく異なることは明らかなので、契約を検討している方はあまり他人のデータを鵜呑みにするべきではありません。

ソフトバンクエアーは端末を受け取ったあと、8日間のキャンセル可能期間が設けられています。もし電波の受信感度が悪い場合はその間に申し出ることで料金を一切掛けずに契約を取りやめることが可能なので、最後はご自身で試して契約を続けるかどうか判断を決めれば大丈夫です。

☆「SoftBank Air



by ke-onblog | 2016-02-24 12:25 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
昨日情報が解禁されたみたいなので・・・

少し前から噂はあったのですが、2月26日からドコモの端末購入サポート対象機種が増えることが複数のドコモ取り扱いショップからリークされました。

今はiPhone6なども新規契約で端末購入サポートが拡大され始めていましたが、26日からの機種は新規・MNPだけでなく、機種変更でも一括0円になるとのこと。

注目はGalaxy S6 SC-05Gです。この機種は昨年7月の時点で一度端末購入サポート入りしていました。

関連記事:ドコモの端末購入サポート 割引システムと違約金

上記のページに過去の端末購入サポート追加・値引き・解除料のログを取ってありますが、ツイートを見る限り、SC-05Gと他のF-01HやSH-04Gといった元々低価格なモデルが同等に扱われていますね。

Galaxy S6は2015年夏のハイエンドモデルなので型落ち&投げ売りの時期としてはまだ判ります。でも、arrows Fit F-01HとAQUOS EVER SH-04Gはそもそもが4~5万円程度の低価格スマホ(という表現はいささか納得しかねるところ)です。今でも新規・機種変も実質0円ですし。

これがおそらく26日から購入時に一括0円に到達し、月サポ0円になるのでしょう。月サポが残っていると「本体価格を超える値引き」と通報されちゃうかもしれません。現場ではお米やらチケットやら独自特典を配布するショップは出てくるのでしょうけれど・・・でないとSC-05GとSH-04Gが同額とか笑っちゃいますよ(´∀`)


表面上の価格が実質0円を下回らない(ように見える)状態で、店舗でどのように機種ごとの差別化を図るのかは見ものです。今週末は月末でもありますので回線を動かしたいと考えている方もいらっしゃるかもですが、注意深く案件を比較してみてください。

もし本当にどちらも実質1円、みたいな価格差が無い状態で販売されるようであれば、それはそれで人気が偏りすぎて白ロム価格の急落が懸念されます。だって、絶対このラインナップならSC-05Gにいきますって。

Nexus5XはSIMフリー版が安くなったのでドコモ版には期待していません。DM-01Gは・・・ディズニーが好きならば良いんじゃないですかね。ベースは LG G3ですが、RAMが2GBに落とされています。

ツイートには出ていない機種も端末購入サポートに入っている機種がありますので、詳しくは本格的に26日以降の案件が出てきて、公式価格に反映されてから比較すれば良いでしょう。

関連記事にも書きましたが、端末購入サポート入りは決して直接的な値下げには繋がりません。むしろキャッシュバックが抑制されている現時点では店頭価格は悪化の可能性すらありえますので、これまでの端末購入サポート購入時よりさらに慎重に動くことをオススメします。

個人的な印象としては、ドコモは本当にMNP優遇を減らし、機種変更・長期ユーザー向けに原資を振り分け始めているように見えます。機種変でコジポを使えたり、専用キャンペーン・クーポンが使えたりする場合はMNPより安く買い換えられる方法が出てきてもおかしくない(実際すでに条件次第ではそういうケースがあります)ので、複数の回線を運用している方は月サポの維持とシェアグループの調整も2~3月の状況変化に合わせて考えなおしてみると良いかもしれません。




by ke-onblog | 2016-02-24 00:47 | スマホニュース | Comments(13)
22日~26日の期間、22時から翌9時までの夜間に開催されるナイトセールが始まりましたが、お得度はあるものの、プリスマの新機種が無くてちょっとインパクトに掛けるラインナップでした。

関連記事:SBプリモバタイムセール 販売機種&価格情報&狙い目スマホはコレ!

一方で、初見ではあまり興味がなかったのですが、同じくナイトセールで出ているアウトレットの高性能体重計(スマート体組成計)がちょっと面白いですね。

☆「ソフトバンクオンラインショップ ナイトセール(特設ページ)

301SIは通常14,160円。これがアウトレットで100円×24ヶ月=2400円になっています。料金は一括購入も可能です。

スマート体組成計の月額料金は通常590円(2年契約時)ですが、スマート体組成計基本料無料プログラムによって590円が割引され、「実質維持費無料」というのは以前からやっていました。この無料プログラムはアウトレット品にも適用されるので、最初に2400円払ってしまえば月額料金は無料です(ユニバーサル料金は別途)。

このスマート体組成計は事務手数料も無料ですよね。一緒に出ている203Z(モバイルルーター)はアウトレット品のみ事務手数料無料キャンペーン対象外になっちゃってますけれど、初期コストも掛からず月額100円だけで利用が可能というのはお試し感覚で使えそうです。


店舗なら一括0円案件はたまに見かけますが、オンラインで単品購入可能なのは大きいです。店舗に行く手間・しつこい店員による契約勧誘もウェブ経由なら関係ありませんしね。

で、このスマート体組成計は測定したデータをウェブ上に通信で転送させてヘルスケアが出来るというアイテムですが、解約後でもデータ送信以外の測定機能はそのまま使えます。
d0262326_19513126.png

301SIの本体はヤフオクなどでも多数販売されていますけど(笑)、2年間はちゃんとデータ送信機能サービスが使えることを考えれば、このアウトレット品を通常契約したほうがお得かもしれません。

単なる体重計だと思っても、2400円なら安いものでしょう。2年を超えると維持費がかかるようになるので、契約を継続しない場合は忘れずにプラン解約することだけは忘れないようにしましょう。


by ke-onblog | 2016-02-23 20:20 | キャンペーン情報 | Comments(0)
まだ発売は先ですが、MWC2016で発表されたマウスのWindows 10 Mobile搭載「MADOSMA(マドスマ)」の新型機が良い感じです。
d0262326_13161879.jpg

Windowsスマホがさまざまなメーカーから湧いて出てきます。このQ601は低価格モデルではなくハイスペックな高価格帯になるようですが、処理性能の高さなどはさておき、国内のLTEバンドの対応状況が素晴らしいですね!NuAns NEOより豊富です。
FDD-LTE : 1/3/8/19/28(B) TDD-LTE : 41

Windows10 mobileでBand41に対応している機種は他にありますかね?旧マドスマはB1,3,19には対応していましたが、新型は他のLTEバンドリッチなSIMフリー機種と比べても見劣りしません。キャリアアグリゲーション・VoLTEは非対応かな?

関連記事:SIMフリースマホのLTE対応バンド表(国内外モデルまとめ)

ディスプレイはJDI製6インチで、フルHD仕様。バッテリー容量が大きく、3900mAh。CPUはSnapdragon 617 (MSM8952)でContinuum対応。

心配なのは販売価格くらいですが、、、おいくらくらいでしょうね?(笑)5万円では足りないかな・・・6~7万円だと普通に安いノートパソコン・ハイエンドなWindowsタブレットが買える価格になってしまうので、価格次第ですね。

でも、LTE対応については日本国内でドコモ系・ソフトバンク系SIMを使うのであればバッチリです。nano+microのデュアルSIMなので、発売がちょっと楽しみです。

☆「株式会社マウスコンピューター MADOSMA 新モデルに関してのお知らせ

マウスコンピューター/G-Tune

by ke-onblog | 2016-02-23 13:30 | スマホニュース | Comments(0)
あまり使っている人をこれまで見たことが無いのですけれども、Nexus5Xと共にエクスパンシスのセール品になっているSIMフリーモデルのタブレット Nexus9が安くなっていますね。

Nexus9はその名の通り約9インチ(8.9インチ)で、iPad miniより一回り大きなサイズです。Google Storeでは現在64,690円で売られている32GB LTEモデルが2万円近く値引きされています。

☆「エクスパンシス Nexus9(SIMフリー, LTE, 32GB)icon

対応バンドを見る限り、LTEモデルは1つしかない(グローバルモデル)っぽいので、エクスパンシスの在庫も日本で使えるはず。日本のキャリアとは適合具合はちょっとイマイチですが、ドコモ系・SB系で使うのならそれなりに使えるでしょう。
4G: LTE バンド 1/2/3/4/5/7/8/20 / 3G: 850/900/AWS/1900/2100 MHz / GSM: 850/900/1800/1900 MHz

Nexus9についてあまり詳しくスペックを見たことが無かったのですが、この機種はCPU/GPUが特徴的なのですね。

Androidスマホだと多くはQualcommのSnapdragonシリーズが搭載されることが増えていますが、NexusタブレットはNvidia Tegraが旧Nexus7にも使われていました。2013年モデルではスナドラになっていましたが、Nexus9は「Nvidia Tegra K1」というTegraシリーズでもハイエンド(ただし2014年時点)なSoCだそうです。

動作周波数は2.2GHz 4コアとなっており、昨今のオクタコア機種よりコア数は少ないですがGPUはKepler DX1を搭載し、グラフィック性能が他の低価格タブレットとは大きく異なります。

普通にネットサーフィンや軽いアプリを見るくらいの用途ならもっと低価格なタブレットでも十分な気がしますが、3Dゲーム用に大画面機種が欲しいならセルラーモデルとしてはコスパは悪く無さそうです。

少し前に輸入が安いとして紹介した、「SHIELD tablet K-1」は8インチ・Wi-Fi専用モデルで199ドルでした。この機種がまさにNexus9と同じ「Nvidia Tegra K1」を使っています。

さらに追加で紹介した、国内でも最近発売開始されたばかりの「Acer Predator GT-810」もWi-Fi専用のゲーミングタブレットで5万円超。プレデターはサイズもCPUもスピーカーも異なるのでNexus9と比べるものでは無いのかもしれませんが、「大画面で外でネット接続が必要なゲームがしたい」というのなら4万円台で買えるNexus9は安いでしょう。

エクスパンシスで行われていた2000円引きクーポンの配布はもう終わってしまいましたが、このNexus9も対象だったはずです。クーポンを取得済みな方は税別では3万円台に。

ちなみにアメリカのアマゾンでNexus9はセルラーモデルで429ドル~なので、エクスパンシスの方が今は安いですね。

☆「Nexus 9 (Unlocked, LTE, 32GB, Indigo Black) no warranty

ケースやフィルム類はアマゾンの方が安いかもしれませんが、Nexus9は日本でも発売されているモデルなので、国内ショップでも比較的簡単に手に入るのでわざわざ自分で輸入する手間に見合うかどうかは微妙です。
by ke-onblog | 2016-02-23 10:51 | キャンペーン情報 | Comments(0)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン