白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2016年 02月 ( 101 )   > この月の画像一覧

このシーズンはWiMAX契約を検討する人も多い時期ですね。昨年もWiMAX2+のスタートに合せて高速通信が出来る端末が投入されたタイミングでもありますが、今年も新機種「Speed Wi-Fi NEXT W02」というWiMAX2+とau 4G LTEに接続できる端末が2月19日から発売されます。
d0262326_204216.png

WiMAXの端末には主に3種類の接続方法があり、

・WiMAX (今は速度がどんどん絞られている古いネットワーク)
・WiMAX2+ (最大220Mbps 現在メインのネットワーク)
・au 4G LTE (プラスエリアモードでWiMAXが入らないエリアで使える有料接続)

W02は旧WiMAXには非対応(2つ目と3つ目が使えます)。

今のWiMAX2+は最上位プランにしても3日で3GBを超えてしまうと数Mbps程度まで速度が制限されてしまうのに対し、旧WiMAXは通信量による速度制限対象外ということで「多少遅くても良いから使いまくりたい」というユーザーさんに人気がありましたが、最近はちょっと・・・ということでした。

旧WiMAXがそんな状況なので、完全にUQはWiMAX2+への移行を考えてのW02非対応なのでしょうね。


W02は旧機種に比べてバッテリーが長持ちになっています。連続待機時間は最大760時間。旧モデルの場合だと、

・WX02 650時間
・W01 730時間 (W02の型落ちモデルになります)
・URoad-Home2+ ∞ (据え置きなので)
・WX01 650時間

こんな感じで、ちょっとW02は長持ち。

WiMAX2+エリアでの連続接続可能時間は最大約510分(バッテリーセーブモード)=8.5時間なので、通常の利用であれば1日カバンに入れっぱなしでも持ちそうですね。
d0262326_20522573.png

UQの公式では本体一括2800円、キャッシュバック1万円付き。

☆「UQ WiMAX

キャッシュバックが欲しいならGMO。

☆「GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOだとWX02と同じ最大キャッシュバックは31950円です。

ただ、今なら新型のW02より、在庫処分的にW01,WX01がクレードル(卓上充電器)が無料で付いてくるので、家でいっぱい使いたい場合は特に新機種じゃなくても・・・という気もします。

W02って、バッテリー関連以外は特に仕様が変わったようでもないですし。節電モード・直近に使ったデータ容量を表示される機能があるようですが、その程度です。便利といえば便利なのですが、常時クレードル接続で3GB/3日なんて常にオーバーし続けるくらいハードに使い倒すなら、どちらの利点も無意味です。


つい最近「SoftBank Air」を使い始めた私としてはここでWiMAXの代わりにSBエアーをプッシュしても良いのですが、やっぱり料金がですね^^;


WiMAX2+のギガ放題プランは月額4380円(4ヶ月目以降の通常価格)。それに対してソフトバンクエアーは月額5,170円(私が使っているレンタル・基本サービス契約時)。

ソフトバンクのスマホとセットで使う(スマート値引き:おうち割セット光)のならこの価格は逆転可能なのですが、単品で考慮している場合はこの価格差は大きいです。

ソフトバンクエアーは1日にどれだけ使っても速度制限は入りませんし、夜間の速度規制時も常に6~7Mbpsくらいは出ます。それ以下になることは10日ほど使ってほぼありません(最低速度は4Mbpsくらいを記録したことがありますが、その直後に再測定するとまた数十Mbps出ちゃったりしてます)。

WiMAX端末だと外に持ち運べるという圧倒的なメリットと、この月額800円の差額をソフトバンクエアーの「データ通信での速度規制無し」だけで太刀打ち出来るかどうかと言われると正直微妙。

固定回線として考え、昼日中もかなりネットを使うのならソフトバンクエアーも向いています。ソフトバンクエアーはお昼時もほとんど速度が落ちないです(平日12時半前後でも50Mbps以上出たりします)。

WiMAXとソフトバンクエアーでは使っているネットワークが違うので通信品質に関しては利用環境によって違いすぎるので、快適に使える方を選ぶのが一番ですけど・・・どちらも2年契約なのでそう簡単には決められませんよね(WiMAXにはTry WiMAX, SBエアーには8日間の返品可能期間があるので、やろうと思えば出来るのですけど)。

自分がどちらに向いているのだろう?とよく考えてから選ぶべきですが、「自分がどちらに向いているのかすら考えられない、でも安い方がいい」のならWiMAXを選んでおけば勝率は高いかと。

「値段はどうでもいい、快適さ優先」というのならSBエアーから試しましょう。もし繋がらなければ購入後8日以内に連絡すれば料金発生無しで契約解除が可能です。申し込み~利用開始方法は普通の固定回線に比べてめちゃくちゃ楽なので、その点はオススメ出来ますね(´∀`)

WiMAXのキャッシュバックは今この時期が一番オイシイので、2月・3月のうちに決めましょう。4月に入ってしまうとバッサリとCBが減りますので。



by ke-onblog | 2016-02-16 21:09 | キャンペーン情報 | Comments(4)
MVNO業界で「無料で体験できるキャンペーン」の乱打戦になっていますね。

昨日から受付が始まったFiimoもドコモ回線・au回線で3GB900円分が8ヶ月無料で使えますが、昨年から5000人→5000人追加とデータ3GBを6ヶ月無料で使えるDTI SIMのキャンペーンが行われていました。

DTIのキャンペーンは2月末で終了予定とされていたのですが、3月31日まで延長&先着枠を一気に10000人増やしてきました。

キャンペーン開始当初に比べて4倍もの人数を突っ込んで、速度品質は大丈夫かしら・・・というところが気になるところですが、キャンペーン増強にあわせて回線設備増強も発表しています。

格安SIMの速度品質といえば今は楽天・UQ mobileがツートップ(特に混雑時間帯)だと思いますが、DTI SIMも結構頑張っていると聞いています。

たぶんこのブログの読者さんにもDTIユーザーな方がいらっしゃるはず。80人くらい(DTIの固定回線も含むかも?)。

あの怪しさ満点の申し込みページですが、少なくともこれまでの先着枠10000人では足りないくらいの方が申し込みをされたのですね(笑)

私はmineoからFiimoに乗り換えるつもりなのでDTIは今回はパス予定です。いろんな格安SIM回線を持って分散させたいという方は試してみるのも良いでしょう。無料期間だけで解約しても違約金はありません。

無料CPを活用してSIM・サービスを試し、気に入った回線だけ残していけばOKですね。


by ke-onblog | 2016-02-16 16:59 | 格安SIM(MVNO) | Comments(7)
先週の急速な円急騰によりちょっとお得感が増したSIMフリーモデルのXperia Z5 compact E5823ですが、先週金曜日に購入の決断をした方が勝ち組だったかもしれません。

SIMフリースマホを通販で簡単に買えるショップとして有名なエクスパンシスでは国内販売が始まる前からSIMフリー版Z5 compactが購入でき、昨年10月18時点では68900円という価格で販売されていました。

そして月日は流れて徐々に値下がりしてゆき、先週前半は53300円、そして金曜日には50900円に値下げされました。

☆「エクスパンシス Sony Xperia Z5 Compact E5823icon」/50900円(16日時点取り寄せ状態)

木曜日の時点ではある程度の数の在庫があったはずなのですが、週末の間に全カラーが在庫切れになりました。

そしてさらに現在のエクスパンシスのHPを見てみると、イエローとピンクはまだ50900円のまま予約(取り寄せ)が出来るのですが、人気のブラックとホワイトの販売ページが削除されてしまいました。

またページが復活する可能性もあるので(過去にNexus6 XT1100のページがなくなった後に復活した事例があります)、もう二度とエクスパンシスで安く黒・白のZ5コンパクトが買えないというわけでもありませんけれど・・・。

もう一店舗、私がSIMフリーショップの価格追跡として使っている「Etoren」ではまだ一部在庫があるのですが、実はちょっと前からブラックの在庫が全く入荷しないな~とは思っていたのですよね。

エクスパンシスもイートレンも在庫を安く確保出来なければ販売を続けることはムリでしょうから、おそらく仕入れルートから黒と白の入荷の目処が立たない状態になってしまったのでしょうね。

日本のドコモ版 Z5 compact SO-02Hは機種変更は以前に比べて多少安く買える割引はありますが、以前のZ3 compact, A4のような投げ売りはすぐには期待できませんし。今SO-02Hの未使用品白ロムを買おうとしたら80k近く必要です。

1shopmobileからもブラック・ホワイトは無くなりました。他にもSIMフリーのE5823を入手できるルートはありますので、どうしても黒・白が欲しいのなら各種で探せばまだ買えるはず。

ドル円相場は120円→111円→そして今は114円台へと急激に動いています。FXのようにレバレッジを効かせて取引するようなギャンブル性はありませんが、SIMフリースマホを含むそれなりに高価な輸入商品を買うと差がつきます。在庫状況・為替状況を見ながら納得できるところで手に入れておく方が良いのかもしれません。

為替変動でお得になる可能性もあれば、その逆もまたあるのですから。




by ke-onblog | 2016-02-16 09:03 | 端末輸入 | Comments(0)
アメリカのアマゾンには過剰在庫品や型落ち、訳アリ品をあつかうアウトレットコーナーがあります。アマゾンなのであらゆるジャンルの商品があり、お買い得なアイテムも多数あるようですね。

いろいろ安い商品はあるのですが、今回はiPhone6/6s用の防水ケースをピックアップ。

アウトレット品なのでカラーによって価格が幅があり、30~40ドルくらいです。

☆「LifeProof FRE iPhone 6 ONLY Waterproof Case (4.7" Version) - Retail Packaging - AVALANCHE (BRIGHT WHITE/COOL GREY)

amazon.comのベストセラー商品になっていますね。

上記の定番カラー・ブライトホワイト/グレイで定価80ドルの防水ケースが33.88ドル。推測される海外発送料金が5.46ドル。価格が安いので多分1~3個の輸入なら関税は掛からないでしょう。ピンクの場合は人気が無いのか29ドルです。

今日はちょっと円安方向に戻ってしまったので1ドル114円ほどで計算すると約4500円。

日本で同じASIN(アマゾン上の商品固有番号)を探すと中古品が8千円弱。同じメーカーのiPhoneケースはやっぱり1万円程度しますので、アメリカから輸入すればおよそ半額です。

送料は1回の配送・1個ごとの配送でカウントされるので、複数購入すればそれだけ配送回数に関する料金分が割安になります。

「LifeProof FRE」は防水だけでなく、MIL STD 810F-516基準の耐衝撃性能もあります。Touch IDの利用も可能。

こちらが公式のケース取り付け動画。水に沈めてテストをする方法が紹介されています。

これをつければiPhoneを毎日、どこでも、何にでも使える!と豪語していますね。

この手のiPhone用ケースは定価から安い低コスト商品を使うのはちょっと怖い、という場合には「元は高級品だけど、今は安い製品」というのは狙い目です。

いろんなアウトレットがあるので、直輸入に興味がある方はいろいろと国内価格と差をチェックして見る価値があるはずです。

☆「Amazon.com Outletトップページ
by ke-onblog | 2016-02-15 21:28 | 端末輸入 | Comments(4)
ちょっと懐かしい感じの話題です。

私が初めてMVNOに手を出したのがちょど1年ほど前、DMM mobile+WM340という激安のSIMフリーモバイルルーターをイオシスで購入したのが始まりでした。それが今や端末からあぶれるほどのSIMカードを契約してしまう人間になってしまいました・・・

過去記事:DMM mobileをWM340で使う 1年16764円で始める格安スマホ

あの日から、ずいぶんと格安SIM業界も変わりました。日記の中ではDMMの1GBプランが712円って言ってますね。それが今や637円(ユニバ料入れて639円の請求が来てます)になりました。

ですが、今もモバイルルーターのお値段はあまり変わってません。イオシスの在庫を見るとなんとWM340がまだあるんですよね。

☆「イオシス WM340

2月15日時点で、中古・新品がそれぞれ40個以上あります。Cランクの中古が5980円、新品が7980円・・・1年前より値上がってます(´∀`;)

あれが6千円ですか~。うん、まぁ、悪くはないですよ。ちゃんとLTEで繋がりますから。Band1しか繋がりませんが、都市部なら特にLTE圏外になることは無かったです。バッテリーの消耗と発熱すごいですけど。


その他の在庫では4980円~からLTE接続できるドコモの中古品もあります。

☆「イオシス 中古モバイルルーター特集

データ通信端末 L-04Dの中古在庫数に注目。また一体どこから集めてきたんだか・・・

L-04Dはmicro SIMサイズですね。こちらが4980円ならWM340よりこっちのほうがいいですかね~。

WM340と同じメーカー・富士ソフトが作っているFS020Wは美品で10800円。こちらはドコモのLTEクアッドバンド対応なので、繋がりやすさを重視するならこっちもいいかも。

今回の記事のコンセプト「低コストで始める」からは外れますが、モバイルルーターといえばアマゾンで売られている「MR04LN」のタイムセール品が良いでしょう。au,docomo両対応・デュアルSIMかつタッチパネルでの操作など、WM340やらL-04Dとは桁違いの性能・利便性があります。安い時なら15000円くらいで買える時すらありますので、予算が許すならそちらを狙いましょう。


さて、1年前は一生懸命安いところを選んで「DMM+WM340」で1年分=16764円という値段で運用を始めた(結局途中で料金が下げられたので、もう少し安く使えたことになります)のですが、今は各種キャンペーンを使いこなすことで、期間限定・無料キャンペーン期間中の維持コストをむちゃくちゃ下げられます。

MVNOのキャンペーンはいろいろあるのですが、今回は最新のFiimoにしておきましょうか。

関連記事:格安スマホお試し用 無料&大幅値引きキャンペーンのある格安SIM・特典一覧

Fiimoは初期手数料は3240円掛かりますが、先行予約を使っていれば8ヶ月間900円引き。ユニバ料金は別途掛かりますが、3GBのデータプランならちょうど月額料金900円分が打ち消されて、2円維持hが可能となります。

4980円のL-04Dとセットで1年運用するなら、

4980円+3240円+(2円×8ヶ月)+(974円×4ヶ月)=12,132円(税込み)です。

私はDMMで1GBプランを使って16kくらいで1年維持したわけですが、Fiimoなら端末台込みで12kで運用できます。8ヶ月で解約すれば1万円を切ります。

端末に関しては何が何でも安くすればいいというものではないですが、初心者のかたはLTE接続出来るルーターは中古でも良ければ5千円以下でも入手可能、ということだけ知っておけば良いでしょう。格安SIMを使う=格安スマホとして知られる2~3万円くらいのスマホを買わなくてはいけないというものではありません。


1年前とは格安SIMのプラン、キャンペーン、SIMフリー・格安スマホのラインナップも随分充実しました。今は家電量販店でもSIMと端末セットで簡単に手に入れることが可能ですが、自分で端末・プランやキャンペーンを選べば、もっともっと安い初期コストでMVNOを使うことだって出来るはずです。




by ke-onblog | 2016-02-15 18:47 | 格安SIM(MVNO) | Comments(5)
現在mineoで行われているキャンペーンのオススメ申し込みスケジュール、第2弾が近づいています。

今のキャンペーンは 1)そのまま安く乗り換え用CP(800円×3ヶ月割引+2GB×12ヶ月増量)、2)紹介キャンペーン(アマギフ1000円CB)の2つが同時運用されており、申込期限が3月31日までと設定されています。

詳細は過去にも解説しているので省きますが、mineoのSIM回線は月末または朔日に利用開始出来るように仕込むのが最もお得です。

今回のキャンペーンは1月から始まっていますので、【1月末・2月1日】、【2月末・3月1日】、そして【3月末・4月1日】の3回のタイミングがあります。まだ第3弾のタイミングは来月にあるので慌てることはありませんが、キャンペーン最終日付近となる3回目は申し込みが集中してSIMの発送スケジュール予想が狂う可能性があります。そういう意味では、今回の【2月末・3月1日】に使い始められる時期がベストとも言えるでしょう。

4月末に寄せる事もできますが、ちょっとこれは面倒なので割愛。エントリーパッケージを使うなら、その入手のスケジュールも考慮に入れましょう。

mineoエントリーパッケージau/ドコモ対応SIM(マイクロ、ナノ、標準、VoLTE)データ通信/音声通話 月額700円(税抜)~ 最低利用期間なし

新品価格
¥471から
(2016/2/15 09:01時点)


今日が15日です。今回はキャンペーンを適用させるためには申込時には音声プランを選ばないと特典を享受出来ないので、データプランの申し込みよりも少し時間が掛かる可能性があります。

音声でも早い時には4~5日くらいで届くそうですが、通常で1週間、混雑時は10日ほどを見ておくべきです。

これも過去に解説しましたが、mineoのSIMは「パケット通信をさせた日またはSIM発送から10日後の早い方」が利用開始日となります。契約を申し込んだ日・契約が承認された日・SIMを受け取った日ではないのです。

このタイミングに猶予があるおかげで利用開始日の微調整が可能になります。月末開始の場合は翌月からキャンペーンの適用が始まり、初月は日割り料金になりますが、たかだか数十~数百円なので大した差ではありません。

15日の申し込みなら、20日前後にSIMカードが届くはずです。そこから10日ほどの自動開通までの猶予がありますから、月末~3月1日開通に合わせられるようになります。したがってオススメの申し込み日程は15日~18日くらいまでですかね。

あ~、今書きながら思いつきましたが、もし音声→データにプランをすぐに切り替えたい場合はSIM交換に時間が掛かりますので、そのあたりも考慮に入れるべきでしたね・・・。やったことがないので変更申し込み審査に掛かる時間は不明ですが、SIM発送は2~3日後と公式に記載があります。

音声(デュアル)→データ(シンプル)への切り替えにはSIM交換手数料が掛かり、交換手続き進行中は回線が使えなくなる期間も発生するのでご注意を。

紹介キャンペーンについては誰かに紹介URLを教えてもらってそこから申し込めばOKです。紹介される当てが無い方はこちらを→[企画]mineoの紹介キャンペーン 1000円アマゾンギフト券がもれなく貰える!

昨年の8~10月に行われていたmineo史上最大キャンペーンの申し込み最終週には申し込み・審査に時間がかかったという過去の事例があります。今回は一般の方にとっても3月という携帯回線の乗り換えシーズンにあたるため、3月末には申し込みの集中が予想されます。

MNPでの転入を予定しているなど日数調整が難しい場合は仕方がありませんけれど、出来るならこの2月のタイミングに申し込んでおけば想定通りのスケジュールで運用出来る可能性が高いでしょう。




by ke-onblog | 2016-02-15 09:25 | 格安SIM(MVNO) | Comments(6)
今週も大きく為替相場が動きそうですが、先日の「 SHIELD tablet K-1」に続いてアメリカ版アマゾンで安いタブレットとして、ちょっと特殊な「Galaxy View」を取り上げてみましょう。

ディスプレイサイズは18.4インチという化物アンドロイドタブレットです。

Galaxy ViewはWiFiモデルしかないはずです。型番は「SM-T670」。発売は2015年11月で、日本での通常販売はされていません。

エクスパンシスではちょっと前から購入できて、2月14時点のお値段は67,155円(税別、送料3200円~)。
iconicon

重さは2.65kg。単位がグラムではなく、キロ(笑)

CPUはExynos 7580で1.6GHz 8コア(64bit)、RAM 2GB。バッテリーは5700 mAhとディスプレイ以外はそれほどハイエンドというわけでもないですね。やっぱり「ディスプレイの大きさ」が全てでしょう。

で、アメリカ版アマゾンです。

☆「Samsung Galaxy View 18.4" 32 GB Tablet (Wi-Fi), Black

価格は「See price in cart(カートに入れて価格を確認)」。日本ではこのような表示になることは無いと思いますが、これはメーカーとの通常価格より差がある場合、他の販売ルートの価格を守るためにアマゾン上の価格を非公開にしたまま売ることが出来るのだそうです。

AmazonGlobal Shippingの送料と関税がおよそ68ドル、それを考慮したうえで1ドル113円でも6万円を切れる計算です。商品が大きいので、エクスパンシスでも送料がスマホより高い設定になっていたな~と思いましたが、amazonでもやっぱりちょっと高くなるのですね。

amazon.comから日本へ配送が可能で、現状はエクスパンシスより10kくらい安いはず。

ちなみに、大画面のAndroidというと別にこのGalaxy Viewが唯一というわけではないですよね。ASUSでは「ASUS Portable AiO P1801-T」という同じ18.4インチのタブレットがあったはず。他にも24インチの「Nabi Big Tab」という機種もあります。

Nabi Big Tabは日本のアマゾンでは80k超えですが、これもamazon.comで400ドル弱(ただし日本への直送は出来ないっぽいです)。

こういう日本ではあまり流行りそうにない端末はアメリカ版アマゾンで探すと安い可能性が高いですね。

良くある10インチサイズのタブレットでは満足できない方は、アメリカンでビックサイズな端末は海外から買ってみるのもアリかもしれません。



by ke-onblog | 2016-02-14 23:42 | 端末輸入 | Comments(0)
昨日は静岡焼津市のiPad, Xperia Z2 Tabletがふるさと納税の返礼品にあってお得というお話をしました。その続きでふるさと納税の特集サイトで他によさ気なものが無いかな~と見ていると、「感謝券」という汎用性の高そうな返礼品を用意しているところもありますね。

ふるさと納税という性質上、どうしても貰えるものは地域の特産品が多く、食べ物が多いんですよね。納税による控除があるので実質2000円くらいで高級食材が貰えるというお得感は良いのですが、食べたら終わり、賞味期限があるという制約がある返礼品がほとんどです。

焼津のiPadはそういう意味ではかなり珍しいアイテムなのですね。

関連記事:2016年もiPad mini4, Xperia Tabletがふるさと納税で貰える焼津市すごい

とはいえ、ちょっと年収が少なくて10万円・15万円の前納税をするのは辛いよ、という方もいるでしょう。

納税額の小さいものになるとやっぱり食品が多いのですが、中之条町ではその町で使える「感謝券」というものが納税額の半額分貰えます(5万円収めたら、25000円分)。しかもプラスαで地域の特産品付き。

☆「ふるなび-中之条町のふるさと納税

納税額は10000円からでもOKみたいですね。上限も無いみたいです。

10万円納めれば、5万円分として使える感謝券が貰えるわけです。10万円で5万円分では損じゃないか!とふるさと納税の仕組みを知らない方は思うかもですが、そうではありません。収入次第なのですが、10万円分以上がそのまま控除になる収入のある方にとっては2000円の実質負担で5万円分の金券が貰えていることになるのですから・・・詳しくは上記サイトや総務省の政策ページで勉強してください。

貰える感謝券の換金は出来ません。直接の換金は。(あとは言わなくても判りますよね?(ΦωΦ)フフフ… 調べるとちょっとニュースにもなっているようなので、良い子は適切な使い方をしましょう)

中之条町は四万温泉という温泉観光が有名で、そこの宿泊施設やアウトドアツアーにも使えるそうです。感謝券の有効期間は1年あるので、家族旅行や誰かへのプレゼントとしても使えるかもしれませんね。

あと、ここはクレジットカード振り込みが出来ますね(iPadの焼津市は郵便振替のみでした)。つまりはポイントのつくクレカを指定すれば、ポイントも貰えるかな?

どうせ支払わなくてはならない住民税ですが、ふるさと納税を使うと本当にお得です。かつてはいろいろと申請に手間が必要だったようですけれど、今は通販感覚でネットから支払いを申し込むだけで良いとは。

知っている人だけ・やった人だけが得をするサービスですが、これも「行き過ぎた還元」とか言って規制が入らなければ良いですね(´∀`)


by ke-onblog | 2016-02-14 18:15 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(2)
自動返信メールが無かったのでちゃんと登録できたのか不安でしたが、無事先行予約が出来ていたようです。

STNetという香川県にある会社が始める新しい格安SIMサービス「Fiimo」が明日2月15日から本受付を開始しますが、今日14日までにサービスサイトで事前予約をしておくと「ウルトラお得な」予約コードがメールで届きます。

私もだいぶ前に申し込んでおいたのですが、メールをチェックすると2月12日に届いていました~

キャンペーンにつかうコードは個々に与えられるものではなく、どうやら同じキーワードのようですね。キーワードさえ知ってしまえば予約しておかなくても契約できちゃうかもですが・・・ここで書いてしまうのはさすがにルール違反でしょうから、まだ登録してない人はご自分でどうぞ(笑)

関連記事:au系新MVNO STNet「Fiimo」登場 先行予約で8ヶ月900円割引

私はauのSIMにするつもりです。

2-3月の間だけ両方を使いくらべてFiimoの方が安定するようならばmineo aプランにはサヨナラです(このサイトのmineo紹介キャンペーンURLに使っているのはドコモ回線で別なのでご安心を)。

FiimoはmineoがMVNEになった下請け的立場のサービスのようですね。DMM mobileとIIJ mioみたいな関係(IIJがDMMのMVNE)です。

キャンペーンが無かった場合は特にFiimoのプラン・サービスに魅力を感じる所はありませんが、サービス開始直後ならスピードにも期待が出来るかもしれません。

今日までに予約をしておけば3月中頃まで申込期間に猶予があるので、気になる方はとりあえず登録だけしておけば良いと思います。


by ke-onblog | 2016-02-14 14:43 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
円高傾向によってエクスパンシスでSIMフリー版のXperia Z5シリーズの価格が週末に下がりましたが、Nexus5Xもちょっと下がりました。

XperiaZ5 compactは今は在庫切れになっちゃいました(現在価格での予約は可能)。でもNexus5Xはまだ在庫があります。

先週金曜日は40,625円であったはずです。いま見てみると一部のセットが39,390円(税別・送料無料)に改定されています。

☆「Google Nexus 5X LG-H791 Unlocked (with FREE Krusell Folio Case)icon

何故か価格が変わっていないセット(本体のみとか、ヘッドホン、保護フィルムセットなどもあります)もあるのですが、 Krusellのケースだけでも普通は2~3千円くらいでしょうか。

さらにNexus5Xは先週まで配られていた2000円割引クーポンが使え、さらに通常は7万円以上の商品のみ送料無料になる特典も今はNexus5X, 9を対象に無料(通常は1400円~)。

32GBモデルは45,235円。+6000円で16GBはちょっと微妙なところですね。

先週木曜日に1ドル111円台になり、金曜日には113円台まで戻ってしまったので、もし来週さらに円安方向に動くようだとまた価格が変わるかもしれません。

どこで妥協するかのラインは難しいですね(´∀`)

エクスパンシス

by ke-onblog | 2016-02-14 10:41 | キャンペーン情報 | Comments(0)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン