白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2016年 02月 ( 101 )   > この月の画像一覧

こんなキャンペーンがあったのですね。

私は使ったことがないのですが、いろんなショップのウェブ予約システムを展開している「EPARK」というサービスがあるそうで、その会員数が1000万人を突破したことを記念して携帯予約キャンペーンが明日2月15日までやっています。

EPARKは飲食店や病院・ゴルフ場・旅行・美容院などいろいろな分野の予約システムがあるようですが、携帯ショップの予約もやっているようです。

ショップの予約だけならキャリアのホームページからでも出来るのですが、現在2015年12月2日から2016年2月15日までに該当店舗で携帯を購入した人=契約済みの人が遡ってキャンペーンに申請しても、3000円のキャッシュバックが貰えるとのこと。

*該当キャンペーンは終了しています

対象になるのは上記サイトにあるショップで購入していることが条件ですが、キャッシュバックは1台につき3000円です。つまり、複数台契約していれば回線数分だけ3000円が貰えるという・・・

ソフトバンクショップが多いようですが、au、ドコモ、ワイモバショップも全国各地に登録ショップがあり、850件以上が掲載されています。

キャッシュバック申請ページには購入したショップ情報と契約した回線の情報・契約したことを証明できる書類の添付が必要となっています。EPARK限定のクーポンを利用した場合のみキャッシュバックということでは無いようです。

普段のキャンペーンだとこのEPARK経由のクーポンを使って、この予約システムを使わないと特典が無いのだと思いますが、1000万人記念キャンペーンということで結構奮発していますね。

併売店よりキャリアショップの登録が多いようなので、運営元が同じ代理店がガバっとEPARKの予約システムに参加しているってことみたいです。

申請が2月15日までと期限が迫っているので、12月・1月に駆け込み契約をした方は対象になっているかどうか確かめてみる価値はありそうです。




by ke-onblog | 2016-02-14 09:07 | キャンペーン情報 | Comments(0)
20時15分時点で、ブラックのみ在庫ありです。

本体はアウトレット品ながらMNPでNexus5 16GBモデルが一括0円。

2月18日/19日は21時からタイムセールで、Nexus5 32GBモデルが新規・機種変更でも一括4800円です!16GBモデルよりお買い得なので断然オススメです

☆「ワイモバイル

2週間ほど前にNexus5の在庫販売が再開されたのち、すぐに売り切れていたはずですが総合で契約できなかった人からのキャンセル品ですかね^^;

MNPではどのプランを選んでも一括0円です。Mプラン(3GB)Lプラン(6GB)だと月額割引があります。容量の大きいほど値引率は上がりますが、月額料金はSプランから順番に3,218円→3,758円→4,838円です。

また、キャンペーンでデータ容量上限がプランの2倍まで高速化オプションが無料で使えます。

1GBプランと3GBプランの価格差は割引効果で2年間は月額540円分。MNPの2倍キャンペーンを考慮して2GB→6GBとすれば4GB分のパケット容量差があり、それがたった540円ならMVNOのデータプラン単価を超える安さとも言えます(格安SIMの大容量プランでも1GBあたり200円強が最安値クラス)。

月額3218円から使える格安回線および名機Nexus5を手に入れておきたい方は狙ってみるのも良いでしょう。


by ke-onblog | 2016-02-13 20:15 | キャンペーン情報 | Comments(2)
近年ではふるさと納税でお得に地域の特産品やグッズを手に入れる方法が普及してきましたが、今はタブレット端末も貰えるのですね。

もうすぐ確定申告シーズンですが、昨年利用した方は寄附金の受領証を確定申告時に使ったりするのでしょうか(ワンストップふるさと納税特例制度を使う場合は不要ですかね)。

ふるさと納税のお得さは「貰えるアイテムの価値>(寄付した金額-控除によって受けられる減税額)」なので各人の収入によって異なりますが、上手く使うとほんの数千円の負担でiPadが貰えたりします。

静岡の焼津市の返礼品でiPadが貰えるのは結構有名みたいですが、2016年も継続しているようなので、2016年分の所得がある程度ある方は最小でたった2000円負担でiPad mini 64GBモデル、iPad Air2 , Xperia Z2 Tabletなどが貰えるかもしれません。

納税額によって貰えるアイテムは異なりますが、iPad mini4をもらうためには15万円以上の寄付が必要です。申し込みは結構簡単で、下記のようなふるさと納税サイトからネット経由で申し込みをするとクレジットカードで支払いが出来るので、ネットだけで申請から振込まで可能です。

☆「ふるさと納税サイト「ふるなび」

上記のサイトにリストがあります。

・LAVIE Tab E 16GB 10万円~
・iPad mini 2 16GB 10万円~
・iPad Air2 16GB 15万円~
・iPad mini 4 64GB 15万円~
・Xperia Z2 Table 32GBモデル 15万円~

それぞれにデジタルコペルという子供向けのアプリ利用権利(4~5ヶ月)がついています。

それぞれWi-Fiモデルなのでおよその価値をネットで探してみるとLavieタブは2万円弱・iPad mini2 は3万円前後、Air 2なら5万円強、 mini4も5万円以上、 Xperia Z2 Tablet 32GBはWi-Fiモデルは4~5万円ですが、キャリアの白ロムならもっと安いでしょう。

この中ならやっぱりiPad mini4ですかね。防水タブレットならXperiaも良いですが、端末の価値はiPadが高いです。

ただ、この焼津市の返礼品は人気がありすぎて申し込み(入金)から商品が届くまで3~4週間待ちとのことです。

独身・共働きの場合は700万円程度の収入でも10万円以上の寄付で、ほぼ全額が減税対象になりますね~

☆「ふるなび-ふるさと納税で税金控除になる金額の目安

15万円以上の寄付が必要なiPad mini4を狙うなら大体1000万くらいの収入が目安ですが、別にそれ以下の収入でも寄付は出来ます。

もっと少額でも貰える返礼品はたくさんあるので、来年の納税分を有効活用したい場合はふるさと納税を検討してみましょう。


by ke-onblog | 2016-02-13 12:52 | スマホニュース | Comments(0)
昨晩はちょっとドル円が戻してしまったようですが、一旦戻ったように見せかけてドーン、というのも良くある流れ・・・

昨日からamazon.comでタブレットやスマホをチェックしていると、やっぱり日本で普通に売られている機種というのはそれほど海外を経由したところでお得感が小さめな傾向です。特にスマホは日本へは送れない商品も多いので、難しいみたいですね。

では日本では発売されていない新商品系を狙うのならありか・・・ということで、珍しいモバイル端末で安い機種を探したほうが面白そうです。


Nvidia Shield K-1 8.0-Inch 16 GB Tablet


こちらのタブレットはIT機器のグラフィック関連製品で良く名前を見かける「NVIDIA」が作っているゲーミングタブレット、というやつです。AndroidタブレットなのですがCPUにはNVIDIA Tegra K1、 NVIDIA Kepler GPUが利用されたビデオゲームに特化させたモデルです。

でもRAMは2GB, ROMは16GBでちょっとメモリー関連は小さいですね。ビデオ性能について私はあまり詳しくないですが、GPUが強ければRAMは2GBでもスムーズに動くってことなのでしょうか。


並行輸入品は日本ではおよそ4~5万円で売られているようですが、amazon.comでは本体のみで199ドル・専用のBluetoothコントローラーセット(Wi-Fi接続のコントローラーだそうです。初稿時は間違ってましたm(_ _)m)で258ドルになっています。両方とも日本へ配送が可能です(2月12日時点)

SIMフリーではなく、普通のWi-Fi接続専用8インチタブレットで40kというと下手なノートパソコンくらいのお値段ですが、直輸入なら25kくらいで済みます(1ドル112円換算)。

発売は2015年11月になっていますが、日本ではたぶん売っているショップはまだ少ないはず(ググると秋葉原のJan-gleというショップでは取扱いがあったようです。さっきウェブで見たところ在庫切れでした)。

Wi-Fi専用タブレットの8インチモデルなら1万円以下の商品も世の中にはありますが、ゲーム専用のタブレットが欲しいという方には安く手に入れるチャンスなのかもしれません。
by ke-onblog | 2016-02-13 09:32 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(2)
数あるMVNOの中でmineoをユニークたらしめている一つの目玉機能である「フリータンク」に関する議論がファンサイトの「マイネ王」でちょっと炎上中の模様。

発端はマイネ王に投稿された一つのトピックで、ユーザーが余ったパケット容量を「フリータンク」に貯めておき、ユーザー同士で引き出して使えるはずのパケットデータを一定容量削除&換金し、その金額をどこかに寄付する、というアイデアに対する意見を募集したことです。

☆「【アンケート回答求む!】フリータンク残容量の活用方針

フリータンクに詳細な利用規約があるのかどうかすら判らないのですが、ユーザーが意図しない形で預けた容量が変えられるのでしょうか?法的に問題はないんですかね。

あくまでまだ案の状態で、アンケートとしての話題なので運営が本当にそうしたいと考えているというわけではない(運営内でも賛否両論みたいですし)です。
案としては「毎月1日時点の残容量の○%分である×MBを、1MB=△円と換算して、日本赤十字などの団体に寄付する」ような形

企業による寄付というのは節税目的・社会貢献(という名の会社のイメージアップ戦略)で良く行われることでしょう。

どうせ何にも使われていないほどの容量が余っているのだし・・・というのは判るのですが、ユーザーが購入したパケット容量を、自社のPRに使うのはいかがなものか?ということですね。

13日朝の時点で200を超えるコメントが寄せられていますが、9割がたは反対orどちらでもないという意見のようですね。

私はフリータンクをそもそも使っていないので意見するような立場ですらないですが、やっぱり反対ですかねぇ。

いかにmineoが「ユーザー様から頂いたパケットを使って寄付をしました!」と言っても、寄付された団体には「ケイ・オプティコム社が寄付してくれた」としか認識されないわけで。100%あらゆる意味で善意の寄付・献金であったとしても、いろいろと影響が出てくるのが世間・社会というものでしょう。

寄せられてるコメントの中に「寄付に使われる専用のフリータンク」(もやはフリーでもなんでもないので、「ドネイションタンク」でしょうか)のようなものを別途作るべきだというものがありますが、それなら確かにアリな気がしますね。


他社では余ったパケット容量は繰り越し期限を超えれば消えていくのみなので、ただ余っているパケットが有益なことに使われるというアイデア自体はステキな考え方ですが、それをそのままピュアな気持ちで受け入れられるほどユーザーとmineoの信頼は出来上がっていないでしょう。

あえて悪く考えるのなら、「ユーザーにムダなパケット通信をさせることなくデータ容量を消滅させ、その分でネットワークを圧迫することなくさらに多くのユーザーを設備投資することなく詰め込み、通常なら単なる企業からの寄付をイメージアップに使ってやるぜ」というように心の擦れた私なんぞはついつい考えてしまいます。


私はフリータンクを使ってないのでどうでもいいですが。知らない誰かに渡すくらいなら、読者さんにあげます(´∀`)

mineoのサービス自体は気に入っていますので、ユーザーの反感を買わないような結論を出していただきたいですね~


by ke-onblog | 2016-02-13 07:23 | スマホニュース | Comments(0)
決算時期でもあり、やっぱりショップにも焦りがあるのでしょうか。

総務省のおかげで携帯ショップ店内の閑散とした様子が各所で報道されており、キャリアのトップもちょいちょい此度の「実質0円廃止」に関して言及を始めているようですね。

この影響が将来においてどのような改善・改悪をもたらしてくれるのかは一般人にもキャリアのトップにもハッキリとは判らないところなのでしょう。


携帯安売り通報システムの発動により、先週は一気に店頭・ネットから「キャッシュバック」の文字が消え失せましたが、一方で今週はちらほらと安売り情報があるような・・・どことは言いませんけど。

あのスマホも、普通に一括0円のショップがありますねぇ。パッと見では庭の案件が多め。茸も禿もありますが。

ペリア・銀河縁・6Pあたりも一括0円です。

今は「一括0円・キャッシュバック付き」という文言に対してはやはり自粛ムードなのですが、この1週間でショップが模索した道は「一括1万円から2万円をさらに割引」という表記のようです。

キャッシュバックは地下に潜っただけで、ショップとしては1月とほとんど状況を変えなくてもやっていけるという話もあるので・・・

これからは知っている人だけが安くスマホを買える時代が本当に来そうですね。情報収集能力・・・というよりこれからは行動力ですかね。やったもの勝ちです。今までのように「このショップでCB○○万円!」という情報は出てこなくなるかもですが、同じ条件で買えないというわけではなさそうです。

携帯購入で得を出来るのはより洗練されたプロ契約者だけになるということでしょうか。それとは別にキャリアの締め付けも強くなっているので、契約自体が通らないという問題もありますね^^;


今週末の案件は先週よりは探しやすそうです。ショップも通報されてしまうとペナルティがあるでしょうからまだ情報は小出しだと思いますので、安売りをやっていそうなショップに当たりをつけて聞きこみを行い、その情報を持ってさらに別の店舗に交渉に行って見る価値はありそうです。

とても面倒ですけどね・・・

以前はネットでごく一部の案件情報のみを提示・詳しくは電話では教えず店頭まで、というショップが多かったですが、今後は電話でもある程度の情報を伝えてくれるところが増えるかもしれません。でないと、集客範囲が狭くなって激戦区では淘汰されちゃいますからね。

まだ本格的に動くときだとは思いませんが、2-3月中に撃つべき弾を持て余している方は少し注意して今週のショップ情報をチェックしてみるのもありでしょう。




by ke-onblog | 2016-02-12 20:52 | 白ロム転売法 | Comments(7)
本日12日正午から2月16日の午後4時まで、ソフトバンクの公式アクセサリーウェブサイトでタイムセールが始まりました。

「新生活応援特集」として、ショップ内の商品(一部対象外品あり)が15~18%になる割引コードが発表されています。

クーポンコードは「TIME15」です。これをカートに入れた後に決済画面で入力すると、3500円以下の商品は15%OFF, それ以上の商品は18%OFFです。

外観サイズが全く同じiPhone用やXperia用のケースも多数ありますので、ソフトバンクユーザー以外でももちろん利用可能。

新品だけでなくアウトレット品も対象ですので、以前紹介したiPhone用バッテリー内蔵ケースも15%ですね!在庫も一部カラーを除いて復活しているようです。

過去記事:アップル公認のiPhone5s用バッテリー内蔵ケース(2100mAh)が78%OFF!

あのケースはもともと13000円ほどの商品が3000円になっていたので、15%オフなら2550円になりますね。2500円以上なのでギリギリ送料も無料(合計が2500円未満の場合は送料540円が掛かります)。

最近の人気アイテムはiPhone6/6s用の超薄型防水・防塵化ケースなんてものもあります。通常は1万円くらいしますので、クーポンの18%値引きは結構大きいです。


by ke-onblog | 2016-02-12 18:47 | キャンペーン情報 | Comments(2)
ソフトバンクエアー、エアーターミナル2を使い始めてからはや一週間です。テスト目的も兼ねてガンガン使っています。夜間の制限はちょっと気になりますが、それ以外は本当に速いです。

エアーターミナル1の時代では最高速度は60~70Mbpsくらいというクチコミ情報を見ていたのですが、新型のターミナル2では100Mbpsオーバーも結構頻繁に見かけます。今のところの私の実測最高速度は133.55Mbps(2月10日の深夜測定)です。

1日で5GB以上通信させた日もありますが、全く通信制限は掛かりません。WiMAXやソフトバンクのモバイル回線のように3日3GBという制限は無いようですね。固定回線なので当たり前といえば当たり前ですが。

そんなソフトバンクエアーですが、申し込みから利用開始・そして課金開始(契約の成立)までに少しクセがあり、申し込みのタイミングと利用開始月がずれる可能性があるため、契約を予定・検討しているのならば以下のことを頭に入れておくと良いかと思います。


まず、あくまで私の申し込んだ実体験でのケースですが、ウェブでの申し込みから受信機受け取り・利用開始まで6日間が掛かりました。

エアーターミナルの申し込み時点では「ご利用開始の案内発送まで7日程度」と書かれているのでむしろ6日という日数早かったほうなのですが、この日数は今後2月・3月~4月の引っ越しシーズンになると多少延びる可能性があります。

通常の光回線なら3月時期は最短でも2週間~1ヶ月、またはそれ以上の工事日待ちになることもザラにあるでしょう。ソフトバンクエアーに限らず、これからの時期のインターネット契約はスケジュール管理は要注意です。


とりあえずソフトバンクエアーの場合は公式に記載があるように「利用開始まで1週間」というのが一つの目安で良いですが、「課金開始日」の関係について注意して下さい。

ソフトバンクエアーは、エアーターミナルの受取日を含めて8日間のテスト期間ががあります。

重要契約事項には以下のように記載があります。
本サービスのご利用料金は、契約成立日の翌日を1日目として8日目より発生し、翌月に請求します。なお、本サービスの月額利用料金は、課金開始日が月の途中となった場合当該月の料金は日割り計算します。

契約成立日=エアーターミナルを受け取った日ですので、私の場合は2月6日の受け取り→料金の発生は2月14日からということになります(ということは私は今まで無料で何十GBも通信させまくったことになりますねw ムダにスピードテスト回しまくってすみませんm(_ _)m)

また、ソフトバンクエアーはもれなく2年縛りの定期契約になります。
本サービスの契約期間は2年間(本サービスの課金開始日の属する月を1ヵ月目として、24ヵ月目の末日まで)となります。

この契約期間の開始は、エアーターミナルの受取日ではなく、その8日後の課金開始日なのです。

つまり、ソフトバンクエアーの2年縛り開始のタイミングは「申し込みから1週間+8日=約15日後」くらいになるわけです。

私のケースだと、2月1日申し込み→2月14日に2年縛りスタート(2018年2月が更新月)、ということですね。

で、何が問題なのかというと2月の下旬に申し込みをした場合なら、受け取りは2月中でも契約の開始が3月になる可能性があり、定期契約の24ヶ月目は2年後の3月末までということになりますね。3月が更新月なら引っ越しシーズン的には悪くないのですが、これが3月の下旬申し込み→4月課金開始になってしまうと、2年後の3月を過ぎてもまだ定期契約が終わらず、引っ越しのタイミングで解約したいという状況になったときちょっと厄介です(*引越し時にソフトバンクエアーをそのまま継続して契約することはできるので、引越し時に他の回線を契約しないのなら別に良いですけど)。

ソフトバンクエアーは土日も審査をやっているのかどうか判りませんが、仮に今週末中に申し込みをして、「21日までにターミナルを受け取れなかった場合は課金開始は来月」に繰り越されるはずです。

21日から1週間分を逆算すれば2月14日が2月中に定期契約をスタートさせる期限ということですね。なので、これから2年使いたいという人にとって今週末は一つの申し込みに最適なタイミングとも言えるのです。

こんな細かいことはどうでも良いと思うのなら好きなときに申し込めば良いのですが、ルールを知らなくて契約の満了月が引っ越しの予定に合わなくなった、というトラブルが起きないようにしてみてください。

☆「SoftBank Air


by ke-onblog | 2016-02-12 17:52 | ソフトバンクエアー | Comments(4)
前回の記事に続き、アメリカアマゾンでもうひとネタ。

amazon.comでは日本に送ることが出来る商品とそうでないものがありますが、どれが発送できるのかは個別にチェックしていく必要があります。

全く同じ商品でも販売主の差によって配送の可否が異なるため、オプションをあり・なしだけでも配送状況が異なります。

例えばこちらのASUS製のスタンダードノートは、本体のみは約375ドルで日本への配送は不可(This item does not ship to Japan.)と出るのですが、amazonのマウスセットを選ぶと何故か日本に送れるようになります(笑)


ASUS F555LA-AB31 15.6-inch Full-HD Laptop

この機種は日本では直接販売されているモデルではないようです。見た目の雰囲気があの会社のノートブックに似ていますね(´∀`)

ワイヤレスマウスセットで386ドル=約43000円となるのですが、国内のアマゾンでは並行輸入品として約9万円で売られています・・・。

ASUSのノーパソだと国内でも買えるモデルも多く、「ASUS公式オンラインショップ」で扱われているアウトレット品なら同じサイズのノートPCも4万円くらいで買える機種もあります。

でも、このF555LA-AB31というモデルはちょっとスペックが高め。

CPUは第5世代のCore i3-5010Uなので世代落ちはしていますが、簡単な用途なら問題なく動くはず。RAM 4GB, HDD, 500GBなどは普通ですが、ディスプレイがフルHD(1920×1080)です。

ASUSの低価格モデルはほとんどが1366×768ドット (WXGA)になっており、フルHD仕様のモデルは10万円クラスの上位モデルばかりです。

9万円の価値はもちろん無いですが、でも4万円台ならかなりリーズナブルに感じます。


他に日本に送れるものだと、スマートウォッチの「Motorola Moto 360 Sport - 45mm, Black」は300ドル。日本の並行輸入販売品は50k。これはエクスパンシスから買ってもやっぱりあまり変わりませんが・・・

日本に直接送ることの出来る商品は大手メーカー品が多いです。メーカーがアマゾン経由で直接販売していない、二次販売品の場合はほとんどが「This item does not ship to Japan.」と表示されちゃう気もしますが、日本へ発送可能かつ安い商品を探すのはゲーム感覚でなかなかおもしろいですね。
by ke-onblog | 2016-02-12 14:37 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
いや~、円高が進みましたねぇ。もうどこまでも下がっていきそうな(ドルに対する円の強さとしては上がっているので「急騰」とも言いますが)ドル円ですが、介入があったんだか無かったんだかで、ひとまず110円台手前でストップのようです。

昨日は予想通りエクスパンシスのSIMフリースマホが一気に値下げされて割安感が出ています。

関連記事:1ドル113円台でエクスパンシスが春節明け Nexus5X割引クーポン配布再開

あくまで為替が動いただけで商品の価値が大きく変わったわけではないため、いきなり半額や何万円引きにもなったりするものではないですが、新品のスマホを買うのが1週間ずれただけで保護ケースやフィルムのセットが同じ価格で買えるようになる、くらいの差は生じます。


eBayではブランド品や高級品を買うのがちょっと怖い、という場合はアメリカのアマゾン(amazon.com)を使うのもありです。日本に送ることができない商品もあるものの、ほとんど日本のアマゾンと同じシステム(ボタンの並びなどもほとんど同一なので)で買物が出来るのでハードルが低めです。

日本から買う場合はクレジットカードを登録して使う方法が一般的だと思いますが、日本円での決済とドル決済でレートが異なります。今はたぶんドル決済の方がお得でしょうね(´∀`)

日本でも当たり前のように売っている商品は日本のアマゾンで買った方が安いこともありますが、そもそもが輸入商品として国内で売られているものは、円高効果でお買い得感が増しているはずです(日本で並行輸入販売しているものは、販売者が価格を変えないかぎり下がりませんからねw)

ではいくつか見てみましょう。(日本に直接送れないものもありますので、セラーを変えるか輸入代行サービスを使うかなどしてみてください)

*ここでは1ドル112円として計算していきます。高価なものを買うと関税・国際送料も別途掛かりますので、初めて海外から買物をする方はテキトーにググって調べて下さい。

☆「Microsoft Surface Book (128 GB, 8 GB RAM, Intel Core i5)」/1,497.99ドル

一番低価格なサーフェスブックです。日本円にして約16万8000円。日本のアマゾンでは 218,999円、マイクロソフト公式では221,184円です。

キーボードがアメリカ版になっているかもですが、価格差は5万円超。高いグレードの機種ならもっと差が広がります。

☆「LG Nexus 5X Unlocked Smartphone - Black 16GB (U.S. Warranty)」/ 299ドル~

ドコモで売っている32GBモデルでもおよそ350ドル=39000円ちょいです。もっとも、北米版ですけど。

☆「Samsung Galaxy Note 5 DUOS N9200 32GB Gold Factory Unlocked GSM - DUAL SIM - International Version no warranty」674ドル~

Galaxy Note5もおよそ75500円ほどになる計算です。

☆「Sony Xperia Z5 Compact E5823 2GB/32GB 23MP 4.6-inch 4G LTE Factory Unlocked (BLACK) - International Stock No Warranty」/449ドル

税抜き段階のレベルで5万円強なので、これはイートレンやエクスパンシスでもあまり差はないかも。アメリカから配送するよりは香港から送ってもらったほうが早く届くでしょうし。何でもかんでもアマゾンが安いわけではないです^^;

日本のアマゾンでタイムセールがあるように、もちろんアメリカ版 amazon.comにもセール(Deals)があります。今はバレンタインシーズンなので「Valentine's Day Deals」で男性用ファッション・生活家電などが対象になりやすいみたいです。

何がどれだけ安くなるかは個別で見ていかないと比較しきれませんけども、円高だからこそ安く買えそうな商品を今のうちからチェックしておくのは大切です。まだこれからさらに円高方向に振れるかもしれませんし、日銀が介入して戻すのなら今が仕入れ時になりますし(ΦωΦ)フフフ…
by ke-onblog | 2016-02-12 09:32 | 白ロム転売法 | Comments(5)