白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2016年 03月 ( 98 )   > この月の画像一覧

先日アンケートをさせて頂いた様子では、どうやらiPhoneSEに関心をお持ちの方も多いようですので・・・

日本時間では3月22日午前2時から行われるアップルの新製品発表にて、ほぼ間違いなく登場するであろう4インチ型の新型iPhone「iPhone SE」を、mineoの紹介キャンペーンに関する当サイトの独自企画にて確保した予算で、レビューすることになりそうです。

過去記事:[アンケート]3月発売のiPhoneSEの実機レビューを見たいですか?

もっと他の機種のレビューが見たい!という方からも多数ご意見を頂いており、興味を持っていただいて本当にありがとうございます。

いくら位を企画用に予算を準備出来そうか知りたいというご意見もあったのですが、弾代わりにすることを前提に、一応キャンペーンも使っておくという方も相当数いらっしゃるのではないかなというところなので、、、

「iPhoneSEも興味はあるけど、他の機種の方が興味の優先順位が高い」という方もいらっしゃるでしょうから・・・

そうですね、たくさんの人に利用していただいていますのでiPhoneを購入した後でも、たぶん他のどんなスマホでも買えるくらいの予算は準備出来る予定です(このくらいの表現で勘弁して下さい(´∀`;))。

具体的な予算額については、ちゃんとマイネオからコードが送られてきた時に開示しますので、管理人を破産させてやろうと目論んでキャンペーンを使っていただいた方はお楽しみに(笑)


まだアンケートは継続中です。もしレビューに興味のないという人が多ければ買わない(少なくともレビュー用の予算は使わない)ですが、おそらくこのまま結果がひっくり返ることもなさそうなので、すでに購入に向けてアップを始めています。

第一弾はこれ。
d0262326_18565470.jpg

安売りしていたので買ってきました。ポリカーボネートのハードケース100円、レイアウトのアンチグレアフィルム200円。

噂ではiPhone5シリーズとiPhoneSEはほぼ外観は同じになるものの、全く同じというわけでもないとのこと。旧モデルのアクセサリーがそのまま使えるのかはけっこう重要な問題です。

5シリーズのアクセサリーはいろんなショップで在庫処分的にワゴンセールを良くやっているので、もしこれがそのまま使えるのであれば節約できて良いですよね。

まだiPhone SEのモックは出てきませんかね?一昨年のiPhone6登場時には発売日前に秋葉原にモックが売られていたのですけど(たしか「三月兎」というお店でした)。

正式発表前でも店頭用モックは海外では作られているはずで、それが流出しているのかそのコピーなのかは判りませんが、iPhone6の時はサイズ・外観もほぼ実物と同じでびっくりしたものです。もしモックがあれば外観だけでも先に比べて置きたいところですが、eBayにも無いので、まだ無いのかな。

iPhoneSEが噂通りの仕様になるのかどうか、とりあえず来週が楽しみです。


by ke-onblog | 2016-03-19 19:16 | 白ロムコラム | Comments(2)
去年はちょっと安い機種が出ることも多かったものの、最近はセールを連発しすぎて面白みがかけているgoo SimSellerの期間限定セールで、今回は3G専用ながら実質負担は8000円で買えるSIMフリースマホがありますね~

国内で通常購入できる格安スマホとしては、これまでにもPolaroid Piguという5000円のスマホ(過去記事:SIMセットで驚愕の5000円以下SIMフリースマホ Polaroid pigu登場)や、今でも6800円で買えるAuBee elmという機種もありました(過去記事:6800円のSIMフリースマホ AuBee elm.初回販売分完売 ).

そして今回の8000円スマホは、gooスマホシリーズで「1万円スマホ」として売られていたg01です。

☆「goo SimSeller 2016 決算セール

セールで他の機種もいくらか安くなっているようですが、面白みがあるのはg01くらいですかね。Zenfone2 Laser 16GBも19800円になってますが、SIMセットで買うなら来週行われる「楽天モバイル楽天市場店タイムセール」の半額セールの方が狙い目。安いといえば安いのですけど、Laserは今どこでも2万円程度で買えるようになってきているので、飛びつくほどではありません(各社が一斉に値下げしているようなので、さらに値下がりが進みそうな予感)。

で、本題のg01は本体価格は1万円なのですが、ここにアマゾンギフト券が2000円分ついて、実質8000円の負担で購入可能です(税別・送料無料)。

g01は3G専用のためLTE通信は出来ませんが、5インチディスプレイ・1.3GHz 4コア、RAM 1GB, ROM8GBといった最低限のスペックを持つSIMフリーモデルです。

ハイスペックスマホに慣れた人だと3分で飽きる端末ですが、格安SIMとセットにして幼稚園児・小学生くらいに持たせるのならアリかもしれません。中高生には、ちょっと可哀相かも(苦笑)

セットになっているのはOCNのSIMですが、このスペックなら通話をメインに使うのが良さそうです。「楽天モバイル 」で月額850円の5分の通話し放題オプションを付けて、データ通信は高速無しにすれば維持費が安く出来ます。高速通信無しでも、200kpbsで一応ネットは出来ますし、自宅や無料Wi-Fiスポットで必要なアプリだけ入れておけば子供でも使えるでしょう。

6800円のelm.は4インチ、ポラロイドピグは3.5インチでした。g01もスペックは最低限とは言え、これらよりは少し上で大画面なので、新品で8000円ならこちらのほうが便利に使えると思います。

中古品でもいいならドコモの白ロムをオススメしますけどね^^; 1万円出せば古い機種ならLTEスマホが買えますので。




by ke-onblog | 2016-03-19 13:16 | キャンペーン情報 | Comments(2)
一部の機種はお得度が高いかどうかと言われると微妙なのですが、端末とセットで買いたい人にとってはまずまずの狙い目です。

3月26日より開催される楽天市場のスーパーセールに合わせ、楽天モバイルがタイムセール・半額セールを行います。これまでにも何度も共催セールは行われてきましたが、今回のラインナップは異例です。

☆「楽天モバイル楽天市場店 スーパーセール(予定ページ)


次のセール品(3/28 11:00開始)半額ZenFone 2(ZE551ML)32GBモデル ゴールド


セールが行われるのは「楽天市場店」であり、楽天モバイルの本家サイトではないのでご注意。販売ページの違いもあるのですが、楽天市場店でのセールでは「本体+事務手数料」が半額になり、ちょっとお得感が高いですね。

セール予定は本家サイトの方で事前告知されています。

☆「楽天モバイル

セールは2種類あります。1つは26日19時より、Zenfone 2 Laser 8GBモデルが27,864→13,932円に期間中ずっと半額になります。台数制限はあるようですが、すぐに売り切れるということもないでしょう。

もう一つがタイムセールで、以下のスケジュールでZenfoneの各機種が台数限定で販売されます。

3/26 20:30-20:59 Zenfone2 Laser 8GB ホワイト200台
3/27 02:00-08:59 Zenfone2 Laser 8GB レッド 900台
3/28 02:00-09:59 Zenfone2 32GB(RAM 2GB) レッド 400台
3/28 11:00-11:59 Zenfone2 32GB(RAM 2GB) ゴールド 400台
3/29 10:00-10:59 Zenfone2 64GB(RAM 4GB) ゴールド 100台
3/29 10:00-10:59 Zenfone2 64GB(RAM 4GB) グレー 100台

3/29 13:00-13:59 Zenfone Selfie ピンク 200台
3/30 18:00-18:59 Zenfone2 32GB(RAM 2GB) ブラック 100台
3/30 18:00-18:59 Zenfone2 32GB(RAM 4GB) ゴールド 50台
3/30 18:00-18:59 Zenfone2 32GB(RAM 4GB) レッド 50台
3/30 20:00-20:59 Zenfone Selfie ホワイト 400台

在庫、いっぱい余っているようです(笑)

なお、必ずSIMカードをセットで購入する必要があり、対象は音声SIMのみとなります。データSIMはダメです。音声SIMには最低利用期間もあり、即解約すると違約金が発生します(それを見込んで購入するのもアリなのが、この半額セールなわけですが(ΦωΦ)フフフ…)。

狙い目は定価が高いZenfone2の4GB/64GBモデル(通常58,104 円→ 半額29,052円)ですかね。Zenfone2 Laserの8GBモデルは・・・SDカードでデータ容量は追加すれば良いとも言えるのですが、そもそもの定価が安いので実際の割引額は小さめ。

Zenfoneシリーズで欲しかった端末がある方はタイムセールを狙ってみるのも一興でしょう。新規だけでなくMNP転入も可能です。

ただ、この楽天セールは人気在庫は文字通り瞬殺されることがあるので、競争率の高いモデルを狙うなら相応の覚悟をもって開始直後に急いで手続きをしないと買えない可能性が高いです。

Zenfone2の最上位モデル4GB/64GBの100台は、たぶん1分持たないでしょう。


by ke-onblog | 2016-03-18 19:28 | キャンペーン情報 | Comments(2)
来ましたね!(事前に聞いていた噂情報とはちょっとラインナップが異なりましたけど)

3月末の年度末ラストスパートへ向けて、ドコモから複数のスマホ機種が端末購入サポ入り。実質負担額が大きく変わったわけではないものの、Galaxy S6 SC-05Gのように一気に白ロムが安くなる可能性がありますので、今後の動きに要注意です。

今回は新規・機種変・MNPの適用が一律ではありません。Z5はMNPのみ、iPad mini4は新規のみなど割引対象が限定されました。

☆「期間限定ドコモ野XperiaZ5 SO-01Hが端末購入サポート入りで大幅値引き F-04Gは機種変一括0円

今ドコモでやっている他の施策との兼ね合いもあり、機種によっては実質価格は機種変更のほうが安い機種すらありますね~

Z5は昨年~今年の1月14日までにも端末購入サポートになっていましたが、当時は一括-52,272円引きだったところ、8万円超の値引きに増額されています。そのかわり乗り換えボーナスがなくなったので、実質負担額はあまり変わっていませんけど・・・

ARROWS NX F-04Gが機種変でも一括0円になりました。F-04Gの購入サポ入りは2回目ですね。

AQUOS compact SH-02H も機種変一括1万円となり、まずまず。カラーリングは私の好みではありませんが(苦笑)、アクオスコンパクトはスペック・性能・サイズ感が良いです。Xperia Z5 compactがこの値段になればもっと良かったのですが。


今回の端末購入サポート対象機種も今後大きく価格相場が動くと思われますので、白ロム在庫の値動きには要注意です。特に機種変更で買いやすい機種。

これから3月の下旬に入りますので、ショップの底力を見せて欲しいですね(通報されない程度に、目立たない方法で、です)。


by ke-onblog | 2016-03-18 12:23 | キャンペーン情報 | Comments(13)
ソフトバンクに続いてauも全く同じ料金値上げシステム「2年のみ縛り」プランを出してきました。

新プランでは従来の定期契約(2年縛り)から毎月300円をプラスして支払うことで、3年目以降の違約金が掛からなくなるという、極めて使いどころが難しいプランになりました。

選択肢が増えること自体は、私は別に悪く無いと思います。キャリアに寄付する感覚で、沢山お金を支払いたい人は支払えばいいです。

ただ心配なのは、あたかもこの料金割増プランが「縛りなくてお得」というような勘違いする人が出てこないかな、ということ。

こんな手に引っかかる人もいないとは思うのですが、選択肢が増える=プラン体系が複雑になったことで、間違えて(あるいは店員の口車に乗せられて)必要もないのに値上げされたプランに加入し続けるユーザーが出てトラブルが起きなければと。

(値上げプランであることも理解せずに、文句も言わずそのまま使い続けるユーザーはむしろ歓g,,,ゲフンゲフン)

「2年のみ縛り」の新料金プランでは、最初の2年間はこれまでどおり回線を解約してしまうと1万円ほどの違約金が発生しますが、それが嫌なら縛りのない格安SIMに移動してもいいですし、ソフトバンクだとプリペイドスマホという手もあります。

たくさん通話やネットを使う場合には割高になってしまいますが、ほぼ受信専用・データ通信もWi-Fiで繋げればそれでいいという割り切りが出来るなら、プリスマは「料金値上げ無しの1年のみ縛りうプラン」と言えないこともないです。

☆「ソフトバンク シンプルスタイル(プリペイド携帯・スマホ)

プリモバ・プリスマには他社から電場番号をそのままに転入することも出来ます(MNP特典的なものはあまりありませんけど。Blade Q+という機種は新規契約の約半額、スマホ用データ通信のパケットプラン料金が安くなるなどのメリットが一応あります)

現在は特にキャンペーンや新しい機種の追加は無いのですが、まだ29,800円→19,800円に値下げされたiPhone 5 16GBの在庫はあります。ガラケー機種だとアウトレットのかんたん携帯108SH(4000円チャージ込み、8980円)が人気が高いようです。携帯は使いこなせないけど、万が一の時に連絡が出来る受信専用携帯として高齢の方に持たせてあげるという用途にも使えますね。

今日は3月18日ですから、今注文をだしておけば3月中には使いはじめることが可能です(通常はオンラインの場合で3~4日程度で自宅に届きます)。

3月中に開通させておけば、12回の月またぎを経て、2017年3月1日で縛りが明けていつでも他社に転出・解約が出来るようになります(1年未満の利用で解約・MNPさせると違約金が2万円ほど掛かるので要注意)。

プリペイド携帯・プリスマの利用可能期間・転出可能時期の考え方は「[図説]シンプルスタイル 違約金無しでMNP出来る期間・日程計算」にまとめてありますので、プリモバの仕組みを知らない方はチェックしてみてください。

4月に入ってから開通させてしまうと転出出来るのも来年の4月以降となり、3月の携帯買い替えのお得なシーズンに間に合いません。手元に端末が届いてからも1週間~10日ほど待機状態のまま開通をさせずに待機する事もできるので、もっとも有効に利用できる月末開通を狙いたい人は良くスケジュールを練ってオーダーしましょう。


近頃は新規も機種変もMNPも全部同じ月サポの機種もありますが、それでもやっぱり総合的に安いのはMNPです。他社から乗り換えでないと適用されないキャンペーン、MNPだとキャンペーンの割増がある状況はきっと今後も変わらないのでしょう。

この状況であまり回線数を増やしすぎるのもムダになる可能性もあるため、よく考えて弾の補充・補充時期を検討してみると良いです。


by ke-onblog | 2016-03-18 06:34 | キャンペーン情報 | Comments(0)
お~、また円高に。

今20時45分時点で1ドル111.3円です。この水準は以前エクスパンシスでグローバルモデルのNexus5Xが最安値を記録した頃の水準ですね。

先週からちょっと円安方向に戻ってしまい、1ドル114円あたりまで上がった時点でエクスパンシスではいくつかの端末が値上がりしてしまいました。

Nexus5XもXperia Z5 compact E5823も、微々たるレベルではあるのですが過去最安値ではありませんでした。

エクスパンシスの価格は円相場をリアルタイムに反映しているわけではありませんので、どこのタイミングで価格改定が行われるかはまだ判りません。前回の最安値時で買い逃していた方は、早ければ明日、または来週月曜辺りの変動に注目しておきましょう。

☆「エクスパンシス Nexus 5X LG-H791 SIMフリーicon」/16GB 31,510円/32GBモデル 35,920円

☆「エクスパンシス Sony Xperia Z5 Compact E5823icon」/51,355円(3/17時点)

エクスパンシスのE5823の過去最安値は50900円だったはずです。4万円台に入るかどうか、注目ですね。

エクスパンシス

by ke-onblog | 2016-03-17 20:47 | キャンペーン情報 | Comments(0)
マイネオの紹介キャンペーンで私のURL使って頂いて、貰えた分のアマゾンギフト券の倍額分だけスマホや関連アクセサリーのレビューをする、という宣言をしておりましたが、ちょっとフライング気味ではありますが最初のネタとして、来週3月21日に発表される新型iPhoneのレビューはどうでしょう?

iPhoneのレビューはたくさんの人がやるでしょうから、もっと珍しい機種のレビューの方が・・・とも思いますけれど、もし「レビューが見たい!」という方が多ければ、発売日に手に入れてレビューをやります。

アンケートは21日までに期限を設定しておりますので、管理人によるレビューを見たいという方は是非投票を。

いや、ここはもっと今後出るであろう機種のために予算を温存すべきだ!という場合は「見たくない」に投票していって下さい。Xperia Xシリーズや、格安スマホを大量購入するのも面白そうですね。

「見たい」という結果が多ければ、SIMフリーモデルを買います。関連アクセサリーなどについてのレビューが見たい場合は、改めてどんな製品を試すべきかまたアンケートをするか、意見を募集しましょう。

mineoからギフト券が貰えるのは早くても4月末頃だと思われますが、iPhoneSE購入予算に届かなかった場合も気にしません(´∀`;)
by ke-onblog | 2016-03-17 13:22 | アンケート | Comments(0)
10日前にもブログで紹介したところですが、また相場がぐっと落ちました。

ドコモで端末購入サポート付きで絶賛投げ売り中のGalaxy S6 SC-05G。出回っている在庫の多くは一括0円で入手された端末でしょうから、赤ロムになる心配も少ないかもですね(´∀`)

3月6日時点で、白ロムショップの相場が45kくらい、オークションで40kくらいでした。

過去記事:ドコモ購入サポ入り機種の白ロム相場急落中 SC-05Gが3万円台

それが今はもう、白ロムショップですら3万円台に入り、Tポイント還元を考えれば38kくらい。

☆「モバイルステーション Galaxy S6 SC-05G 新品白ロム」/ 39800円(税込み、送料無料)

ヤフーのプレミアム会員ならTポイントが約2000ポイント付きます。オークションでも38kくらいが相場なので、ポイント・送料を考慮すると同じくらいですかね。

☆「ムスビー

フリマサイトでの最安値は新品で40-41kというところ。

Galaxyシリーズではもう一つ前のGalaxy S5 SC-04Fというのもありますが、こちらはもう在庫が殆ど無く、あったとしても中古で2~3万円程度になっているため、今買うならSC-05Gの方が良いでしょう。SC-04Fには防水仕様というメリットもあるにはあるのですが・・・

ドコモ系のMVNOで使うのなら、制限が○になっていればSIMロック解除はしなくても使えますので、この春から格安SIM運用をメインにしたい方にはちょうど良い端末でしょう。

ドコモの白ロムは3月~4月頃に投げ売りされた機種はこのように安くなることもありますが、セールシーズンを外すと白ロムが徐々に高くなっていくこともあります。

まだこれから3~5月くらいの間はS6は買い時が続くと予想しますので、購入を検討している場合は更なる白ロム相場の値下がり・セール・キャンペーンの併用で実質的に安く変えるタイミングを狙ってみましょう。


by ke-onblog | 2016-03-16 22:05 | 白ロム転売法 | Comments(0)
今回は読者様から頂いたお題。今回は4部作でお届予定です(続きはモバイルびよりで公開します)。

最近の格安SIMサービスのデータ通信単価は大きく値下がりしています。また、データ通信専用のSIMカードの場合は最低利用期間の設定が無く、いつでも解約が出来るという利便性もあり、高い自由度が魅力ですね。


そんな格安SIMを「日本に滞在する1ヶ月前後の短期間だけ、一時的にインターネット接続を使いたいという目的に使うのは割高なのか、割安なのか」というご質問をお聞きしました。

私はそれなりに格安SIMについて(主に価格方面)は情報を仕入れていろんな使い方を想定して節約方法なども考えたつもりでしたが、「1ヶ月だけ格安SIMを使う」というのはなかなか目新しい発想です。

また、今回はライバルのサービスとしてモバイルルーターのレンタルサービスと比較しても安いのか?というテーマもあります。

☆「楽天市場 Wi-Fiレンタル便

今はこんなサービスがあるのですね。ワイモバのLTEルーターのレンタルで1ヶ月5000円。レンタル規約自体には利用上限はありませんが、ワイモバイルのサービスとして3日制限・月間制限はあるようです。

他社のワイモバやWIMAXの1ヶ月レンタルの相場は6000円~10000円ほどのようです。他にも国内外でレンタルサービスを運営している業者はたくさんありますが、5000円台は最安値クラスっぽいですね。

考え方によっては、これって確かに結構安いですね( ゚д゚) 端末買わなくていいし、通常のワイモバルータープランでも3000円~4000円の月額料金が掛かりますので、単発で使うのなら便利なサービスです。

最低でも月に7GBくらいは使えるでしょうから、価格設定としてはかなり良心的に思えます。ただ、何度も何度もレンタルを繰り返すのなら・・・というあたりが今回の主題です。


さて、これに対抗できる格安SIMの使い方を考える上で、3つのポイントを別けて考察していきます。1つ目は、「プリペイドサービスを使った場合」、2つ目は「ポストペイドサービスを使った場合」、3つ目は「接続に使う端末について」です。

詳しくは次回以降の更新で1つずつ書いていきますが、プリペイドSIMにはIIJmioかOCN,So-net Prepaid LTE SIMあたりが一般的でしょう。

ポストペイドサービスの場合、今考えているのは「0SIMで使わない月を0円維持&利用月は5GBまで1600円の定額で何とかする」、あるいは「3GB1000円くらいのプランを契約→使い終わったら解約を繰り返す」、というもの。事務手数料が安くなるパッケージ購入などを駆使すれば、それなりに安く済ませることも出来なくはなさそうです。

しかも、ライバルがモバイルルータプランなので、ネットはほんの少しだけ使えれば良いというだけでなく、ワイモバルーターで制限が掛かることもある程度に使う(動画も見たい)というハードルもあります。

となると、格安SIMサービスのプラン選びも重要です。あまりにも小さい容量のプリペイドでは不足です。

プリペイドと違ってポストペイドぶつ切り作戦の場合は登録に時間が掛かるのも難点。帰国前に契約手続きの開始を行うなどスケジュールを良く考えて準備も出来るとは思いますが、毎回それをやる価値があるのかどうか・・・

3つ目の接続用の白ロムの準備は私の得意分野です(笑) 今回はルーター代わりをメインにして、ドコモ系のルーターか、au系のスマホでテザリングをさせるかは悩みどころですが、機能を抑えて、長く使うことを考えればレンタルよりトータルコストを抑えられる機種も見つけられるでしょう。


以上のように、格安SIMを日本に一時滞在するためだけに使うという想定はなかなか複雑なことを考えなければなりません。

・・・あれ?これってかなり格安SIM、不利なのでは・・・と今書きながら思っているところです(準備に掛かる手間のわりに、節約出来る金額が(´・ω・`))。でも、せっかく考えたので公開していきます。

使いたい容量が少なめの人、既に使える端末を持っている人、海外でも使えるような端末を持っている・買いたい人の場合にも参考になるかもしれませんので、興味のある方はモバイルびよりのサイトの更新をお待ち下さい(近日公開予定です)。具体的な機種・サービスの料金を出してコスト計算をしていきたいと思います。



by ke-onblog | 2016-03-16 20:45 | 白ロムコラム | Comments(5)
KDDIが先日ニュースになりましたが、料金改定といえばソフトバンク。さすがの動きの速さです。

auの2年縛り廃止のニュースが流れた時に考えていたことが、あまりにも予想通りの結果で笑えますね~

過去記事:au「来年度の早いうちに」2年縛りを撤廃へ 自動更新廃止で料金はどうなるのか?

まぁ、こんな予想はサルでも出来ます。

SBの新プランでは、最初の2年間はこれまでどおり短期解約では違約金が9500円発生し、2年を過ぎるといつでも解約が出来るというもので、2016年6月1日から受付が始まるとのこと。

☆「ソフトバンク-3年目以降、契約解除料のかからない新料金プランを提供

プランの内容自体は現在のものと変わらないようですが、スマ放題・スマ放題ライトでそれぞれ月額料金が2700円/1700円→3000円/2000円と、300円ずつ値上げになり、新プランで32ヶ月以上使うと違約金を払うよりも高いお金をゲット出来るのです(ソフトバンクが)。

新プランに加入しておいて32ヶ月以上使うようなお間抜けさんは、スマートフォン・携帯電話のような高度な文明機器を使いこなす人間には居るはずないので、問題ありません。

どういう方法で2年縛りの違約金ビジネスのメリットを置き換えるのかな?という答えが、ここにありましたね~。

これでソフトバンクは総務省による4つの注文をクリアしました。

・実質0円販売をやめろ → 月月割を調整
・SIMロックを解除せよ → 180日を越えれば対応
・月額5000円以下プランを作れ → データ定額パック・小容量(1)4900円を4月以降導入
・2年縛り見なおせ → 6月1日から3年目以降は縛りがなくなる新プラン導入

SIMロック解除はまぁ、ソフトバンクの端末は需要が無いので出来ても出来なくてもあまり関係ないかもですが、その他3つの対策は完璧に総務省の要求通り。

1GBプランは4月、2年縛り対応の新プランは6月導入とまだ実際のスタートは先ですが、具体的なプラン・スケジュールを真っ先に出せるのはソフトバンクだからこそ出来ることでしょう。

ニュースで話題になったのはauの方が先でしたが、またも全く横並びのプランが出てくるだけでしょうから、もうこれで「キャリアの2年縛りに対する方針」は見えました。

現行の2年縛り自動更新プランが今後なくなるわけではありませんので、別段6月以降はスマホ料金が値上げされるというわけではありません。1GBプラン同様、そういう選択肢が出来た、というだけ。

世は全てこともなし、というやつです。




by ke-onblog | 2016-03-16 15:43 | キャンペーン情報 | Comments(7)