白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2016年 06月 ( 80 )   > この月の画像一覧

香港の通販サイトでSIMフリースマホやガジェットを多く扱うBanggoodにてSnap-upセールという、タイムセールを6月24日~30日の期間で実施しているようです。

開催時間はUTC+8の午前4時および午後8時、日本時間だと5時と21時ですかね。

今日の夜9時からは、以前紹介したRAM 4GBを搭載したUMI Superが通常219.99ドル→179.99ドルになります。機種概要については過去記事を参照下さい。

過去記事:UMI Super 4GB RAM+4000mAhのスマホが2万円

先日はアリエクスプレスで180ドルだったので、今回のSnap-upセールもそれと同等です。違いは支払いにPaypalが使えるということくらい。円高効果もあり、たぶん今晩のセールでは1万8千円くらいで買えることになるでしょう。

☆「Banggood.com UMI Super Snap-up Sale

UMI Superの値引きは期間中何度もタイムセールに出てきます。通常価格は特別に安いわけでもないので、セール在庫が無いときは別のショップを探したほうが良いかもです。

このセールでは支払いはPaypalのみで、事前に会員登録・発送先住所などの設定を済ませておかないとオーダーが確定出来ないようです(購入ルールは公式サイトに書かれていますのでよく読んでおきましょう)。

UMI Superも安い(180ドルなら海外サイトでも最安値級で間違いないでしょう)のですが、タイトルに書いた Raspberry Pi3のほうが面白いかもしれません。

通常価格は約65ドルのRaspberry Pi 3 Model Bが、セールで20.5ドル(約2100円)です。Raspberry Pi3は日本でもアマゾン等で買えますが、国内価格の半額以下です。

Raspberry Piのセール開始時刻は明後日29日午前5時、数量は限定1個。このサイトのセールをチェックするのは初めてなのでどのくらいの争奪戦になるのかは分かりません^^;

私はあまりこういう分野は詳しく無いのでラズベリーパイで何が出来るのかはwikiや関連サイトでも読んで下さい。

☆「Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi

Bang goodは通常価格はアリエクに大半の商品で及びませんが、フラッシュセール・シーズンセールになるとトップクラスの安さで中華端末が買えることもあるようです。プリオーダーで安い商品もありました。

また、ここは業者向けの通販サイトでもあり、大量購入をする場合はディスカウントがあります。それぞれの商品ページで3個以上購入する場合のBulk Buy Discounts価格が表示されます。
d0262326_7355246.jpg

ただ、この手のサイトで仕入れ・大量購入をする場合は送料が別途設定されることがあるので事前にメールで確認しておくことを推奨します。税関を通すときも個人ではなく業者としてInvoiceも正確に記載してくれないと困るでしょうし。

6月30日までMid-Yearセールもやっているので、いろいろ狙ってみるのも良いでしょう。

初回登録をすると承認メールが届き、メールに記載されるURLで確認を行うと商品購入に使えるポイントが50ポイント、ファッションカテゴリーで使える10%クーポンが貰えました。

今使えるクーポンだと、こんなのもあります。

【redmi3s】:Xiaomi Redmi 3s の20ドル引き(7月15日まで)
【LEN15】:スマホ用カメラ・レンズ 15%引き(7月16日まで)
【WT8888】:メンズ財布10%OFF (9月16日まで)

クーポンとセールはこのサイトは併用できないことが多いので、カートで良く確認してみてください。


by ke-onblog | 2016-06-27 07:55 | 端末輸入 | Comments(0)
今一部業界でブームのムーブバンド(ムーヴバンド)。手に入れたは良いけれど使い道が無い場合はリリースを検討する人も多そうなので、買取に関するメモを。

ドコモのムーヴバンド3(型番WMB-03)は公式価格では13800円(税別)のリストバンド型活量計として2016年3月25日に発売されたモデルです。

ムーヴバンドには旧型の1,2もありますので、そのあたりの相場と混同しないように気を付けて下さい。


ムーヴバンド3の2016年6月末現在のオークション相場は8000円~9000円。1万円はちょっと厳しいです。今後の相場はさらに下がると見られ、定価の半額・7000円程度までの下落が予想されます。

買取店ではイオシスが6000円を店頭限定で提示しています(宅配買い取り不可)。ちなみに販売価格は全カラー7980円(税込)。

☆「イオシス ムーヴバンド3 WMB-03

イオシスで8千円で売っているのですから、オークションの相場はやっぱり・・・

アマ○ンの最安販売価格は11k。出品の手数料は販売形態によって異なるので一律ではありませんが、手数料はおよそ10~15%になりますので、10kくらいで売れるのなら状況によってオークションより利益は残りやすいかも。

イオシス以外の買取店だと、

中野とか新大久保にあるお店:5k
秋葉原にある伝説の生き物っぽい名前のお店:6k(銀減額あり)

ネットですぐに出てきたのはこの2店だけでした。スマートウォッチは常時買取しているショップは少ないですね~。

あとは普通のリサイクル店などに持ち込んで幾らになるのかというところですが・・・定価が14kですから、やっぱりせいぜい4~5kくらいでしょう。

メルカリでは・・・8-10kくらい。


売買の手間が面倒ならイオシスまたはアクセサリー買取をしている有名携帯ショップ、amazonに出品できるアカウントがあればアマゾンでもそこそこ、フリマ・オークションは大差がない感じでした。

いくらのオプションと引き換えに手に入れたのかにもよりますが、1台あたり3-4kくらいの利益になるパターンが多いのかな?これくらいだったら普通に自分で体調管理用に使うのも良いかもしれませんね(´∀`) 健康はプライスレスです。


by ke-onblog | 2016-06-26 21:42 | 白ロム転売法 | Comments(2)
額はあまり大きくありませんけれど、適用出来そうなら貰っておきましょう。
d0262326_13595138.png

白ロムのフリマサイト、ムスビー(かつてはケータイアウトレットというサイト名でした)にて既存ユーザーが対象の白ロムを購入すると1000円の現金キャッシュバックを行うキャンペーンを6月22日~7月29日までの期間で実施しています。

☆「ムスビー

キャッシュバックの条件は、過去にムスビーで購入履歴のある会員であり、かつ15000円以上の商品を期間中に購入すること、だそうです。

キャンペーンとしてはリピーター向けの施策ではありますが、期間内に複数台購入をしても対象ということです。1回めの購入(過去の購入歴)は15000円以上でなくても良いのかな?

還元は8月に指定口座へ振り込みで貰えます。登録情報に不備があるとキャンペーン対象外になるそうなのでご注意。適用回数は1回のみ(上限1000円)なので、繰り返しのキャッシュバック受け取りは出来ません(IDを変えれば出来るかもしれませんがそこまでやるメリットは小さいでしょう)

最低でも15kの購入なので下取り白ロムを買い集めるのには使えませんね(笑)1000円のために敢えて使いもしない15k以上の白ロムを買う必要はありませんけれど、スマホの買い増しをしたい方はラインナップを見てみる価値はあるでしょう。

今私がざっと見てきたところで面白そうな在庫だと・・・

・極美品 SIMフリー P8 lite 15000円
・美品 Xperia Z Ultra C6833 18000円
・良品 Every Phone 19800円
・中古 au Xperia Z4 25000円(制限△も6/27からSIMロック解除化)

海外版のズルトラは結構安い?中古なので劣化具合は不明ですが。あとは15000円以上という金額で指定してお得な機種を探すって、難易度高すぎでした(´∀`;)  具体的に欲しい機種があるのなら見当もつけやすいでしょう。

元から白ロム相場が15k以下のような商品は今回のキャンペーンで探すべき対象ではありません。

iPhoneなら5s以前のモデルなら15kでも当たり前にノジマの中古在庫から買えるので、狙うなら美品クラス・ドコモモデル・32GB以上の5s。iPhone6は15-20k程度では完全ジャンククラスしか買えないでしょう。

ムスビーは白ロムの専門業者が出品しているものが多いですが、個人からの出品もあり相場よりも安い在庫も稀ですが混ざっています。実物の写真・IMEIも掲載されている商品が多いので、状態をチェックしながら欲しい機種を探してみるのが良いでしょう。




by ke-onblog | 2016-06-26 14:41 | キャンペーン情報 | Comments(2)
下取り情報はリークさせても良いというルールでもあるのでしょうか(笑)

先日はドコモのiPhone5や一部Androiidスマホの下取りが大幅にアップするという情報が出て、6月24日より実際に下取り・買い取りが増額されました。

過去記事:6月24日からドコモ下取りプログラム増額の噂 iPhone5がすごいことに

auは増額せずともすでにドコモの増額後よりも高い下取りで、キャッシュバック規制・一括0円規制など何処吹く風という販売を店頭で継続していますが、もしかしたら上からの指導があったのかもしれませんね・・・

既に複数のショップから同様の情報が出ているので、7月からの下取り悪化は確かな内容のようです。

iPhone5の下取りが一気に1/4に。5,4sの下取りも厳しいですね~。ただ、iPhone6/6 Plusは変わらないそうです。

来月から下取り分だけで5k-15k/台くらいのキャッシュバック相場悪化がありえます。auも今月は夏モデルの新機種としてXperia X Performance SOV33, Galaxy S7 edge SCV33,それにHTCやAQUOSも出しました。

これから夏モデルを売ろうというタイミングでここまで下取り条件が悪化するとなると、何かそれを補うような新しい値引き施策を用意するか、あるいはやっぱり下取り額の維持をしないと他社に対抗できないように思われますので・・・

もしこの下取り額改訂が総務省指示ならば、auだけでなく他社も同じタイミングで値引き施策の取り下げを行う可能性が考えられるでしょう。今のところ騒がれているのはauだけですが、7月以降にならないと契約ができないというタイミングの方は慎重に行動したほうが良いです。相場が1万円以上悪化するなら、違約金発生でも行動したほうが良い状況も想定だけはしておきましょう(強引に動くのは決してオススメしませんけども)。

SBに関しては情報があまりありませんが、ドコモではGalaxy S7 edgeの5000円ポイント還元は確実に終わるでしょうから、SC-02H狙いの方は下取り増額が続いている6月中に入手を検討するのが良いかもです。

関連記事:ドコモ  6月30日終了予定のキャンペーンまとめ

ドコモのCPは継続しそうな施策も多いのですけどね・・・どうでしょう。行き過ぎた割引と判断するのはキャリアではなく彼の方々なので、もはや予想は付きません。

今日のショップは混雑しているところも多かったですが、明日も人気店は混み合いそうです。お出かけの予定は計画的に。



by ke-onblog | 2016-06-25 20:00 | スマホニュース | Comments(2)
以前の64GBモデル1165円祭りに比べるとインパクトは少ないですが、またエクスパンシスでPower Link Driveが安くなってますね~
d0262326_1252458.jpg

すでにメーカーのサポートが打ち切られているため将来のことは解りませんけれど、現状でiOS9系統で使えていますからiPhone6s/6s Plus,iPhone SEでも問題なく使える外部ストレージ兼モバイルバッテリーです。

このシリーズは32GB,64GBモデルも製造されていましたが、現在在庫があるのは16GBモデルのみ。内部バッテリー容量は共通で3000mAhです。

☆「Imation Link Power Drive with Lightning (16GB, 3000mAh, for iOS & Mac/PC)icon」/792円

接続はLightningケーブルが本体に直接付いているので、AndroidスマホやType-C USB接続の最新端末には使えないので気を付けて下さい。ファイルの管理には専用のアプリ(無料)が必要です。

iPhone用の外部ストレージは値段が高価なものもあります。データ保存用・モバイルバッテリー目的だけで購入するにしても792円ならお試し価格レベルです。

ただ、単品で買うと送料で+1400円~が掛かってしまうので、エクスパンシスの他のSIMフリースマホと一緒に買うか、100個くらいまとめ買いがオススメです(1回の注文で合計額が7万円を超えると送料無料)。

iPhoneならSIMフリーのiPhone SE A1723が16GBモデルで51,005円、64GBモデルが67,300円で在庫があります。以前は16GB 55200円、64GB 70900円だったので少しこちらも安くなりましたね~

Xperia X PerformanceのSIMフリー版、国内未発売のXperia X, XAの販売も始まっています。Xperiaシリーズも昨日のEU離脱の影響を受けて今後値下がる可能性が高いので注目です。

エクスパンシス

by ke-onblog | 2016-06-25 13:08 | キャンペーン情報 | Comments(0)
円高効果&クーポン値引きで割安で買えるようになったBlackviewの耐衝撃・防水スマホをピックアップしてみましょう。

日本では防水スマホの需要が強いため、当たり前のように多くのスマホは防水・防塵機能を備えていますが、SIMフリーモデルのスマホではまだまだ防水仕様のモデルは少なめです。

最近ではGalaxy S7シリーズが防水仕様になったのでハイエンドモデルが欲しいという欲求を満たしてくれる一台になっていますが、Blackview BV6000もまた尖った機能を持った端末で面白いです。
d0262326_11473067.jpg

http://www.blackview.hk/

BV6000のディスプレイサイズは4.7インチなのですが、けっして小型スマホではありません。耐衝撃スマホとして京セラのTORQUE, Galaxy S5 Activeのような頑丈スマホがありましたが、このBV6000もその系統です。非常にゴツい作りで重量は247グラムもあります。

でもメタルフレームで剛直さを感じさせるデザインは好きな人は好きかもですね。

-15℃~55℃で利用が可能、標高5000mでも動くそうです。防水・防塵・耐熱など各種の防御力が高いモデルですがそれだけではありません。高性能スマホとは比べられませんけれど、値段の割にスペックも悪くないのです。

まず画面4.7インチのHD仕様。このサイズでフルHDの機種もAQUOSコンパクトなどがありますが、Xperia Z5 compactだって4.6インチでHD解像度です。2万円のスマホなら十分でしょう。

CPUはMediaTekのHelio P10 (MT6755) 。最近このブログでは何度も登場していますが、Xperia XA,Xperia XA Ultraと同じチップです。オクタコアでAntutuのベンチスコアは4万台後半くらいなら出るようです。RAMは余裕の3GB。

バッテリー容量は超大容量の4500mAhなのですが、公式サイトの表記を見るとHD動画再生で8時間、ウェブブラウジングで15時間くらいとされています。普通この容量ならもっと持ちそうな印象ですが・・・まぁ、格安スマホですし(苦笑) 5V2Aの急速充電にも対応しています。

カメラは13Mピクセル/フロント5Mピクセルで特に特徴はないですが、防水仕様と合わせて水中撮影が可能になっています。シャッターは物理ボタンを使うようですが、一般的な「防水スマホ」では水の中に入れて操作することを前提にしていない(通常は静止させて水をかけたり沈めたりする規格)のですが、ハードな使い方をしても大丈夫なようですね。


で、このBV6000は定価は250ドルくらいみたいなのですが、TOMTOPで6月23日~7月23日まで使えるクーポンが出ています。

☆「TOMTOP Blackview BV6000 4G Tri-proof Smartphone 40%+Extra10$ OFF

追加値引きクーポンコードは「10BV6000」です。カートに入れてから適用すると、40%OFFの199.99ドル→さらに10ドル引きになります。
d0262326_1155753.png

クーポン適用時の価格はざっと調べた限りではアリエクより安く、最安値でした。

189ドルとして1ドル102円計算なら1万9千円台です。TorqueのSIMフリー版もかなり国内でも安く買えるようになっていますが、全体のスペックはBlackview BV6000のほうが上でしょう。

対応バンドは以下のとおり。
4G LTE/ 1800, 2100, 2600, 800 MHz
3G/ 1900, 2100, 900 MHz
2G/1800, 1900, 850, 900 MHz

それほどLTEバンド数は多くないですが、B1はあります。海外でアウトドアを楽しむときに持って行くとこういうスマホは便利そうですね~。
by ke-onblog | 2016-06-25 11:59 | 端末輸入 | Comments(0)
本日のイギリスEU離脱確定により一時的とはいえ1ドル100円を下回り、99円台に突っ込みましたね。ジェットコースター相場で手を出すにはあまりにもデンジャラスな一日でしたが、これからは海外端末輸入がとても楽しい時期がやってきそうです。

ドル建てで支払う場合はもちろん、ユーロやポンドを基準にして支払うショップも海外サイトならあるはずです。

夕方にPaypalのアカウントを見たら、以前Paypalを通じて支払わたままキープしてあった残高の評価レートは1ドル100円を下回り、このまま出金させると残念なことになったりします(´∀`;) 大した額ではないですが、1ドル120円くらいになる前から放置してあったので、、、

夕方から現時点にかけて混乱が収束し始めているものの、昨日までのレートと比べると円との絡みでドルなら3.5%,ポンドは10%以上価値が動いたことになります。
d0262326_23361747.png

今年の1月にはスイスショックによりスイスフランがぶっ飛んだ動きをしていましたが、今回は全通貨が大きく動いていますね~

まだここから週末に要人発言などで動くかもしれませんね。英国の離脱は序章にすぎない・・・なんて展開だってあってもおかしくありません。

FXのようにレバレッジを効かせていない取引ならば1ドルあたり1円や2円動いたところで1000ドルのハイエンドスマホがあったとしても1000円~2000円しか安くならないのですが、500ポンドのスマホは8万円(1ポンド160円計算)→7万円(1ポンド140円計算)まで為替差で安くなっています。

海外のサイトで買い物をしたことがある方ならわかると思いますが、サイト・支払い方法によって決済のタイミングが異なるので、今から注文しても決済額が確定するのは来週になることもあるでしょう。まだ混乱が収まっていないので週末は世界各国の動きを見ながら海外サイトで何が安いか、何を買いたいか物色するのが良いでしょう(´∀`)


最近私は海外のスマホやガジェットを扱うサイトに複数登録して価格チェック・セール情報収集を行っていますが、今の時期は海外ではサマーセール・1年の中間期セールを実施しているサイトが多いです。日本でもボーナスシーズン・・・はちょっと過ぎましたが、夏に向けてセールを実施するサイトもありますよね。

クーポン情報もいろいろあるのですが、、、クーポンを使っても大して安くないショップや決済時に手数料が上乗せされて他社のほうが安くなるなど、価格比較を始めると奥が深いです。せっかくなので私もこの週末で何か買ってみようかなと思っているのですが、難しいものですね(苦笑)

eBayはユーロ・ポンド基準で出品しているアイテムも探せばあります。特別なセールは無いようですが、何でもあるのでまずはeBayで探すのが良いでしょう。

☆「eBay Cell phones and more:Deals

Xperia Z5 compact E5823がまた3万円台担っている在庫もありますね~。

☆「Etoren.com

イートレンではデュアルSIMバージョンのXperia X Performance F8132が725ドル→税込みで74,294円に下がりましたね~。先週は8万円くらいが相場だったのですが、最新機種としてはまずまずの値下がり具合。

☆「Tomtop 12th Anniversary

こちらは先日も少し紹介した中国のガジェット販売サイトの12周年セール。6月26日までタイムセールや値引き販売が行われており、中華スマホやドローンがそこそこ安いです。

☆「Dealsmachine.com

こちらも中国系のサイトで、中華スマホのセールが多いです。今は「EURO 2016 SALE」というド直球なセールもやってますね(笑)初回登録をすると50ドル割引クーポンが貰えます(ただし使える商品が限られているようです。あと成年向け商品の取り扱いもあるサイトなので年齢確認があります)

☆「Deal Extreme Cool Your Summer

夏レジャー向けのアウトドア製品が36%OFF~になるセールをやっているサイトです。モバイル端末もありますが、、、それほど安くもないですかね^^;

☆「Gear Best Summer football festival

海外通販ではお馴染みのギアベストもサマーセール中。フットボールフェスとスマホやタブレットの割引に何の関係があるのかは不明です(笑) Redmi 3 Pro 32GBが162ドルは安いですね!(国内アマゾンなら3万円はします)

運営本家は中国系のサイトでも、在庫はヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどにも倉庫を持っている大手サイトもあります。そういうサイトはこのタイミングで値下げ・安売りの可能性も高いので、週末にいろいろとお買い得品を探してドナ値下落の穴埋めを狙うのも良いでしょう。





by ke-onblog | 2016-06-25 00:24 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今日は大変な一日になりました。

為替の話は悲喜交交な状況ですけども、SIMフリースマホの輸入に限っては美味しい展開です。エクスパンシスのクーポンを取得して結局使っていなかったのですが、やっぱり使っておきましょうかね(´∀`)

FXはもうお手上げです。さっきお昼につまみ食いでも出来ないかとツールを開いて見守っていましたが、あれよあれよという間に乱高下を繰り返してタイミングが図れないですねぇ。素人は余計なことをしなくて正解だったと自分に言い聞かせてスルーしておきます。


それはさておきまして、今日は事前情報通りドコモが動きました。結局総務省が何をしようとMNPの乱打戦に回帰していくのだな~という茶番を楽しむのも良いですけれど、さり気なくGalaxy S6 edge SC-04Gの機種変更月サポ増額幅も大きいです。

SC-04Gは5月までは機種変更でもU25スマホ割を使うと安かったのですが、通常機種変は5万円超の実質負担で、新機種のGalaxy S7 edge SC-02Hと変わらないレベルでした。
d0262326_1359552.png

上記価格比較は5月時点でモバイルびよりのサイトにまとめたものです。

これが今は普通の機種変でも月サポが-3,240円/月に増え、実質15552円になりました。

☆「ドコモ Galaxy S6 edge SC-04G

SC-04Gの月サポは容量小・シェア5でも減額はありません(ただし低価格パケットプランだと家族まとめて割の対象外になりますので、契約時は大きいプランのほうがいいかも)。

MNPをするのなら同じく今日から月サポが増えたS7 edgeのほうが断然狙い目ですけど、機種変はS6 edgeのほうが4万円以上安いという状況に。

機種変更をすれば下取りも使えますので、コジポをゲットしたりキャンペーンを併用すれば実質0円以下も余裕でしょう。

この他の機種も月サポが変わっています。
■機種変更、新規(追加)契約/ Xperia™ Z5 Compact SO-02H、Galaxy S6 edge SC-04G
■他社からのりかえ(MNP)/ AQUOS ZETA SH-04H、Galaxy S7 edge SC-02H、Xperia™ Z5 Compact SO-02H、Xperia™ Z5 Premium SO-03H

下取り増額も合わせて、このところ落ち込んでいた市場の白ロム流通が活発になる可能性もあります。6月の月末も近いことですし、今後数週間の動きはよくチェックしておいた方が良さそうです。

買取店は早くも動いている(あるいは動きを止めている)ようなので、なるべく直前に問い合わせて売買価格を確認するべきでしょう。ここまで為替の動きが激しいと、iPhoneの買い取りを停止するショップも出るかもしれません。


by ke-onblog | 2016-06-24 14:14 | キャンペーン情報 | Comments(6)
このブログもエキサイトのサービスですけれど、7月1日のよりエキサイトの新格安SIMサービス「エキサイトモバイル」が開始されるそうです。

これまでにもBB.exciteモバイルLTEというサービス名でMVNO事業をやっていましたが、正直言ってあまり見どころのあるサービス内容や料金プランはありませんでした。

新サービスでは月額500円から使える可変プラン、そして最大50GBまでの大容量プラン(30GB以上は期間限定)を追加するという大変革を行ってきましたね~。

料金が使ったデータ量に応じて変わるプランも数十GBプランも別に業界初というわけではないですが、サービス開始前の6月30日までに申し込むと最大25000円ものキャッシュバックキャンペーンが用意されました。

☆「エキサイトモバイル

最適プランで1500円、定額プランで2000円、30GB/6000円、40GB/12000円、50GBプランを選ぶと25000円のキャッシュバックがあります。最適・定額プランのCBは開通翌月まで、30GB以上のプランは6ヶ月以上の利用が条件となっています。
d0262326_541495.png

まだエキサイトモバイルのサービス内容を把握していない人向けに、いろいろとポイントを見ていきたいと思います(端折ってざっくり紹介しますので、MVNO初心者の方は公式サイト等で良く意味を確認して見てください)。

まず、エキサイトモバイルはBB.exciteモバイルLTEとは完全に別のサービスとなり、旧サービスからプラン変更などで移動することは出来ません。契約するなら解約→新規という手順が必要なはずです。

回線はドコモ系。MVNEはIIJmioでしょう。以前もそうでしたし、50GBプランなどはイオンモバイル・DMMモバイルを彷彿とさせます。APNも「vmobile.jp」ですし。バースト機能もあります。
d0262326_5425160.png

料金プランは500MB以下は500円~10GBまで2,380円という「最適料金プラン」と、1GB~20GBまでの定額プラン、そしてそれぞれにSIMカードを1枚・3枚で契約するサービスがあります(料金が異なります)。音声SIMは+700円(/SIM)。
d0262326_5431281.png

また、サービスイン期間限定で30GB/40GB/50GBという超大容量プランが提供されます。料金的にお得とは言いがたいですが(笑)

定額プランの容量追加は1GBあたり580円(税別)。最適プランは変動制なのでデータくりこしはなく、定額プランは翌月までデータ残量の繰り越しが出来ます。

データプランは最低利用期間無し、音声プランは12ヶ月未満の解約で解約事務手数料9,500円が掛かります。MNP転出させる場合は転出手数料が別途3000円掛かります。

SIMサイズ変更・再発行手数料は3000円。

手数料つながりで新規の事務手数料も3000円です。今のところ手数料代わりになるエントリーパッケージは無い模様。

通信制限は高速データ使い切り後、高速通信オフ時に366MBを超えると制限を掛ける可能性があるとのことです。このあたりもIIJっぽい。低速時の速度は200kbps。

料金プランは日割りにならず、契約月・解約月ともに満額請求。判定は「SIMの到着日が属する月」のカウントとなりますので、契約するなら月始め(申し込みは月末)がいいでしょう。

音声プランはMNP転入も可能。SIM到着後にウェブからアクセスして切り替え手続きが行える「自宅MNP切り替え」に対応しています。

現時点では端末のセット販売は行われていません。SMS・留守電・割り込みオプションなどはありますが、端末補償オプションはありません。


エキサイトモバイルの概要はこんなところでしょう。既存のMVNOサービスに比べて真新しい特徴は見当たりませんが、サービス開始直後であれば回線に余裕があって快適に使えるかもしれません。

変動プランといえばソネットの0SIM,フリーテルの使っただけプラン、ファミリー向け大容量プランならイオンモバイルというライバルが存在します。

エキサイトモバイルのプラン料金設定は高くも安くもなく業界標準レベル。30GB~50GBプランも単価が安くなるというわけでもないです(むしろGBあたりは割高になる)。

サブスマホ・初心者向けに通常利用でコスパが良いのはやっぱり最適料金プランでしょう。後からでもプラン(データ容量)の変更は可能です。

維持費が安いのでエキサイトつながりで試しに契約してみてもいいですが・・・どうしようかな。mineoのDプランも始まった直後は平日お昼でも5Mbps以上が当たり前に出た時期もあったんですよね~。最適プランにするとスピードテストを繰り返すほどに料金が掛かるのでお遊びとしてはちょっと使いにくそうです(´∀`;)

キャッシュバックキャンペーンは6月30日までに申し込みが必要なので、キャンペーン狙い&サービスイン直後の快適な期間を体験したい方は事前予約しておくと良いでしょう。




by ke-onblog | 2016-06-24 05:49 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
もうすっかり刈り取られていますね~

公式情報ではありませんが、明日6月24日よりドコモの下取りプログラムにおいて、下取り額アップが行われるようです。

パンフレットっぽいものまでリークされているので、多分間違いないでしょう。


他社iPhone5が22k!!5が22k! 現状の3000円(良品)から一気に7倍です。期間は月末までのようですね。

私のよくチェックしている白ロムショップを一通りチェックしましたが、もう安い在庫は残ってい無さそうでした(苦笑)

1万円前後の在庫ならまだかろうじて見つかります。

☆「ダイワンテレコム」au版 8800円~

☆「ムスビー」下取りに使えそうなのは9k~11kくらい

☆「ノジマオンライン 中古・白ロム一覧」刈り取られ済み(笑) 明日10-11時頃の入荷に期待

13-15kくらいまで出せば楽天や白ロムショップ系サイトには在庫はあります。

5s/5c,6/6 Plusの下取り額は現状の増額時と同じです。ドコモの下取りはauと違って画面割れは減額されますので、下取り端末を探す場合は十分に注意して下さい。

☆「ドコモ 下取りプログラム

ドコモ系以外でも公式施策とは関係なく下取りを増額させているショップも以前よりちらほら見かけていますが、6月末はなかなか熱いことになりそうですね。

まだiPhoneの在庫が残っているショップはあるのでしょうか(´∀`;) リアル店舗の在庫なら明日の朝イチで探しに行けばあるかもしれませんね。


by ke-onblog | 2016-06-23 22:01 | キャンペーン情報 | Comments(17)