白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2016年 06月 ( 80 )   > この月の画像一覧

まだ公式情報が出たわけではないのですが、数多くのショップが情報を出しているのでまず間違いないでしょう。

ドコモの折りたたみ型ガラホ、シャープのSH-06Gおよび富士通のF-05Gは現在でも実質価格は0円ですが、明日6月17日分より端末購入サポート入りし、一括0円になるようです。

☆「docomo AQUOSケータイ SH-06G詳細ページ

☆「docomo ARROWSケータイ F-05G詳細ページ

ケータイ電話機種では購入サポ入りは初?ですかね。iPhone, スマートフォン, Nexus, iPad , タブレット端末はこれまでにもそれぞれ購入サポ入りした機種がありました。

ドコモのガラホはカケホプランだけでなく、従来のFOMAプランでも契約がまだ可能です。購入サポに入るとおそらく月サポが無くなることになるのでしょうけれど、FOMAプランならそれなりに安く維持できそう。

FOMAプラン自体は端末購入サポートでも選べるようですが、プラン内容の指定があるかどうかが気になりますね。月サポと同じでFOMA契約であればデータのプランの制約が無ければいいのですが・・・パケ・ホーダイ フラット必須だと維持費が高すぎです。

☆「ドコモ 端末購入サポート

ショップが漏らしている情報を見ると、「家のあんしんパートナー」やら「パケットパック」などの文字が・・・ショップ独自の指定なのかどうかは明日になるまでわかりません。

詳細が判明しました→ドコモ携帯SH-06G 新規一括0円802円維持(+ユニバ料)が可能に



今の購入サポの条件は、
1. 「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン」「データプラン(スマホ/タブ)」いずれかへのご加入
2. ドコモの指定パケットパック※3のいずれかへのご加入(予約付も対象)

この2つを満たすことです。FOMAプランが対象というのなら、上記の要件が改定(追記)されるのでしょう。

現在端末購入サポートの対象端末は、旧モデルのiPhone6/6 Plus, iPad mini3, dtab compact d-02Hのみです。Androidスマホは一切なし。

夏商戦に向けて型落ちしたモデルでも良いのでもう少し購入サポ入りさせて投げ売りをしてほしいものです。まぁ、出来ない事情がいろいろとあるのでしょうけれど(´∀`;)


話は変わりますが、auがXperia X Performanceの発売日を6月24日で発表しました。ドコモはまだ価格も出せていませんが、おそらく同じ日になるのではないでしょうか。

ZシリーズからXシリーズへの切り替えが成功するのかどうか、非常に興味があります。同じくデザインを刷新したAQUOS ZETA SH-04Hは結構受けが良いみたいなので、波に乗れるのか注目です。


by ke-onblog | 2016-06-16 17:27 | キャンペーン情報 | Comments(2)
ルーターセットでこの値段なら結構安いですね。
d0262326_1129110.png

ワイモバでは通常月額2480円~のプランで提供されているPocket WiFi 401HWのモバイルルータプランが、Yahoo経由の登録で1年間は月額2020円(契約月を含む12ヶ月間)で使えるキャンペーンをやっています。

このプランは月間7GBまでの標準モバイルルーター用です。キャンペーン期間は6月末まで。

☆「Yahoo Wi-Fi 20周年記念特別価格プラン

ただ、2020円で使うためにはYahooのプレミアム会員である必要があります。たぶんこのブログをご覧の方の多くはヤフオク用などにプレミアム登録をしているIDを一つや二つは持っていることと思いますが、プレミアム会員を解約してしまうと一気に通常価格の3696円に戻ってしまうので注意してください。

もしまだプレミアム会員でない場合、Yahoo WiFiの契約と同時に加入すると月額462円の会費が最大6ヶ月無料になる特典もあります。

端末は401HW。重さ75グラムの軽量タイプです。バッテリー容量は1500mAh, 連続利用可能時間は6時間程度とややスタミナに難ありですが、モバイルルーターの中でも小型で持ち歩きには便利でしょう。7GBまでの制限もあるので、固定回線代わりにはなりませんがライトユーザーにはコストも安めで良いかもしれません。

月額料金以外のコストは、事務手数料が3000円・端末0円・送料0円となっています。


by ke-onblog | 2016-06-16 11:40 | キャンペーン情報 | Comments(0)
最近の中では大きめのキャンペーンですね。

過去に何度も紹介したことがありますが、Yahooのクレカサービス「YJカード」では通常時新規登録をすると最大5000円分のTポイントが貰えます(カード登録で3000円+カード利用で2000円)。

時期によって貰えるポイントは変動し、ここしばらくは特別なキャンペーンがなく、ずっと5000円でした。

それがヤフーの20周年記念キャンペーンに乗っかり、6月15日~6月21日までの1週間限定で通常時+3200ポイントに増額されました。



登録3000ポイント+カード利用2000ポイントの条件は普段と同じ。そして最大付与のクリア条件は、
本キャンペーン期間中に、Yahoo! JAPANカードをお申し込みされたYahoo! JAPAN IDでログインのうえ、Yahoo!ショッピング、LOHACOでお買い物、またはヤフオク!で商品を落札した方

です。通常時の付与条件である「カード申し込み月から2ヶ月以内にカードを使う」というものとは異なるので気を付けて下さい。

上乗せ3200ポイント分のお買い物はカードが届く前の期間ですので、6月21日までに別の支払方法で買い物をすることになります。これは昨年の11月11日頃にあったいい買い物の日キャンペーン時と同じ判定方式ですね~

今回は「8200」で「ヤフー」に掛けたポイント付与です。過去には1万ポイントの付与だった時期もありますが、その時は「2ヶ月連続で2万円以上カードを使う」などハードルが高めでした。

また、別途特典として8月31日までにYJカードを受け取って使うと、ヤフーショッピングで使える820円分クーポンがもれなく貰えるえそうです。このクーポンが面白くて、「821円以上の買い物で使える」とのことなので、821円の商品なら1円で買えますね(笑) 

この手のクーポンだと5000円以上、1万円以上などクーポンの額の10倍くらいの買い物をして、クーポンで1~2割引というシステムが多いですが、対象ショップはヤフーショッピングに限られるものの比較的使いやすいでしょう。

11,111ポイントが貰えた昨年11月よりは劣りますが、8000ポイント超えの登録キャンペーンは久しぶりなので、次の大型キャンペーンまで待てないという方はこのあたりで作っておくのも良いでしょう。

明日からはヤフーショッピングサイト・トラベルのセール(過去記事:6月16日Yahooトラベルで20周年旅得タイムセールや5000円引きクーポン配布 )もありますので、ヤフー関連サービスでポイント還元を狙ってなにか安く買えないかチェックしてみると良さそうです。

by ke-onblog | 2016-06-15 23:22 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
日本の技適を通すとやっぱりこういう価格になるのですね・・・

みまもりケータイやソフトバンクのプリモバ301Zなども製造しているZTEが、新しくSIMフリースマホとして「Blade V7 Lite」および「Blade E01」の2機種を日本で発売することを発表しました。

iconicon

どちらも格安スマホですが、V7 Liteのほうが指紋認証付きの上位モデル、E01は必要最小限のエントリーモデルということです。

ソフマップ・ビックカメラでは既に予約が始まっており、V7 liteが21700円(税別)、E01が14700円になっていました。

V7の主なスペックは5.0インチのHDディスプレイ、CPUはMT6735P 1.0GHzクアッドコア、RAM 2GB/ROM16GB, バッテリー容量2,500mAhの重量135グラム。指紋認証あり、メイン・サブカメラは両方8メガピクセル。

LTEの対応バンドはB1、3,5,8,19。Dual SIMのグローバル版(V0720)だとB19がなくB20、B40があるので、ちょっとは日本向けにカスタマイズされているのかな?

これで2万円台前半。

Blade E01の方はディスプレイは同じ5インチHD・CPUもMT6735P 1.0GHzなので同じ。RAMが1GB,ROM 8GB、 バッテリーが2,200mAhに減っているのに重さは155グラム・・・

これで1万円半ば。

エントリーモデルとしては悪くはありませんが、特に面白みもないですかねぇ。V7 liteの方はこの価格で指紋認証対応、Android6.0からスタートというあたりが見どころでしょうか。

海外版はV7 liteでも1万円台前半ですが、やっぱり日本向けに調整するとコストが掛かるってことでしょうか。

☆「エクスパンシス ZTE Blade V7 Lite Dual-SIM V0720icon」/ 13,785円(税別・送料別)

2機種とも将来MVNOで投げ売られる予感。量販店での取り扱いがあるので2017年のSIMフリー福袋に入りそうな感じです(´∀`)

エクスパンシス

by ke-onblog | 2016-06-15 22:08 | スマホニュース | Comments(0)
もうこのクラスのスマホはアジア圏では2万円で当たり前なのでしょうか?凄すぎますね~

昨晩チェックした「UMI Super」が尋常ではないクラスのコスパの高さで驚いていたのですが、それと同クラスのスマホが海外ではいくらでもあるようです。

過去記事:AliExpressフラッシュセール UMI Super 4GB RAM+4000mAhのスマホが2万円

d0262326_1622212.jpg

「Blackview」というのは香港のメーカーでしょうか。私はほとんど聞いたこともないのですが(苦笑)、そのブラックビューの最新端末「R7」の事前販売セールを昨日UMI Superを扱っていたショップと同じ所が販売しています。

☆「AliExpress Blackview R7

Flash Dealで送料無料、現在の価格で18,325円となっています。

この機種もXperia XAと同じSoC Helio P10 (MT6755) , RAM 4GB, ROM 32GBを搭載、5.5インチのフルHDディスプレイに3000mAhのバッテリーが積まれています。指紋センサーあり。
d0262326_16421927.jpg

ディスプレイは2.5Dガラス。UMI Superだけでなく、これは今季夏スマホのAQUOS ZETA(SERIE,Xx3)やXperia XPも同じです。エッジ部分が丸くなっていて、指あたりが優しいのが特徴的ですね(その代わりフィルムが張りにくそうw)

ベゼルが1.6mmと非常に狭く、ディスプレイの占有率が大きいですね。ボディ背面はアークデザインではないですが握りやすいようにフレームのサイドがカットされているあたりはHTC10っぽいです。

バッテリー容量は3000mAhと普通ですが、9V/2Aの急速充電に対応とのこと。5分の充電で90分の通話が出来るとされています。

*Blackviewのサイトにはニュースリリース時3500mAhと書いてあるように思うのですが、3000mAhに変更されたっぽい?です。

メインカメラは13M,サブが5Mピクセル。メインカメラでは0.3秒のオートフォーカスが可能。

最近国内でも3万円程度で比較的高性能・ハイセンスなスマホがで出てきてはいますが、中国ならもう1万円安いですね。日本で使うためのカスタマイズ費用が+1万円で今の格安スマホが作られているのかな~というのも納得できるレベルです。

デザインはやっぱりちょっと似たり寄ったりなものが多いですが、かつての中華端末で良く見られた野暮ったいものではなく、高級感のあるメタル・ガラス素材を使い、薄く・ムダのない構成をしているSIMフリースマホがここまで安いというのは、スゴイですね。

今季のP9 lite, Freetel REIあたりがこのクラスになるのでしょう。ハイエンドモデルは若干停滞気味な業界ですが、「低価格で高品質」なジャンルはまだまだ進化の余地がありそうで興味深いです。

R7はeBayでも180ドル(約1万9千円)でかなり安いです。

☆「eBay Presale Blackview R7


【クーポン・セール情報】

・「TOMTOP Blackview R7」/6月30日まで10%OFF(169.99ドル)
・「Geekbuying」/6月30日までR7に使える10ドルクーポン  
by ke-onblog | 2016-06-15 16:57 | 端末輸入 | Comments(6)
SonyのXperia XAに搭載されているCPUのMediaTek 6755 Helio P10と同じモデルはどんなものがあるのだろう・・・というところから始まって、面白いセール情報があったのでピックアップ。

中華端末なので海外での利用が前提ですが、「UMI」という中国のスマホメーカーが2016年モデルとして発売している「UMI Super」という低価格なのにかなりの高機能なスマホがあります。
d0262326_0122863.jpg

主なスペックは5.5インチのフルHDディスプレイ、4000mAhの大容量バッテリー、RAM 4GB, ROM32GB, 指紋認証搭載、そしてCPUがXperia XAと同じHelio P10。

このスペックで2万円です。

☆「Aliexpress UMI Super Smartphone

通常価格は240ドルくらいなのですが、フラッシュセールで180ドル。Xperia XAの半額です(笑)

OSはAndroid6.0, デフォルトで日本語表示も出来るようです。
d0262326_0165869.jpg

アルミボディでデザインも悪くない感じ。ディスプレイはシャープ製で、2.5Dのゴリラガラス。

5.5インチクラスで4000mAhのバッテリーは珍しいですね~。ASUSのZenfone Maxみたいにバッテリーにステータス極振りな機種もありますが、動画再生で15時間・ウェブ閲覧で12時間行けるとのこと。バッテリーはソニー製。

アリエクを使うのが不安なら、eBayにも在庫があります。

☆「eBay UMI Super

eBayだと23000円~。支払いにPaypalが使えるので安心度は高いでしょう。

SIMの仕様には「Dual SIM Cards Dual Standby」の文字が・・・。

CPUはやっぱり低価格並ですが、RAM4GBと大容量バッテリー+デュアルスタンバイSIMという特徴は海外での利用には便利かもですね。

【セール情報追加】

☆「TOMTOP UMI Super」/クーポン【Super40】利用で179.99ドル(100台限定)

☆「DealsMachine」/フラッシュセール 176.99ドル(8月18日まで、台数限定)

UMI Super / SIMフリー / Android 6.0 / RAM 4GB / ROM 32GB / 5.5型 [並行輸入品]

新品価格
¥32,000から
(2016/6/15 00:26時点)



by ke-onblog | 2016-06-15 00:29 | 端末輸入 | Comments(10)
日本での発売日は6月下旬とされているXperia X Performanceですが、台湾での発売日は6月20日っぽいです。

まだ台湾のソニー公式サイトには具体的な記載はありませんが、eBayで予約品転売を行っているショップ(先日GalaxyやXperiaを安売りしていたショップと同じ)が、6月20日から発送開始で販売しています。

モデルはF8132というグローバルモデルで、国内向けとは仕様が異なりデュアルSIM、ROMが64GBになっていますね。

☆「eBay Sony Xperia X Performance F8132 64GB

予約段階での価格設定は750ドル。日本円だと約8万円。まぁ、妥当なところでしょう。もう何台か売れてますね~

XシリーズのSIMフリー版価格相場はXperia XAで4万、Xで6万、XPで8万円くらいになるようです。

アメリカへの住所以外は台湾から発送となっています。仕入れは台湾で行い、アメリカの場合は一旦出品者が受け取って(まとめて輸入して)から送るということでしょう。

F8132のLTE対応バンドは以下のとおり。
LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20/B28/B38/B39/B40/B41

Xperia XシリーズのDual SIMモデルはDSDAが噂されていましたが、果たしてF8132もそうなのでしょうか(デュアルスタンバイは出来るようです)。Zenfone3でデュアルアクティブが確認された今、技適の無さそうなXperiaに手を出すメリットがあるかどうか微妙ですが、防水ありのXperia XPなら8万円という価格はそれほど悪くないかもしれません。ハイエンドSIMフリーモデルは発売直後にはやっぱり8~9万円が相場になるので。

あとはデザインもアンテナの仕様?のせいで日本向けだけバックパネルの下部が変更されているという問題も、海外版ならオリジナルデザインのままというメリットもありますね(´∀`)

たぶん同じ出品者(の別ID)だと思うのですが、オーストラリアからも発送も6月20日になっています。

また、香港の出品者は同じF8132と書かれているのですが、容量が32GB?になっているようです。こちらはシングルSIMモデルですかね。そして価格が3000ドル(笑)

日本のXperia X Performanceはソフトバンクとauは価格が発表済み。ドコモはまだ未定ですね。実質価格は機種変更で4万円くらいに設定されていますが、auなら予約で5000円CB,ドコモでも6000円分のソニーストア商品券が当たるなどの特典による実質値引きを用意しています。

海外と同じく日本でも20日に発売になるのなら確かに「6月下旬」と言えなくもない・・・普通は21日以降が下旬だとは思いますが、そのあたりに発売日が設定される可能性は高そうです。予約キャンペーンを狙う場合はあと1週間位が期限だと思っておけば良いでしょう。

*au版の発売日は6月24日に決まりました!


by ke-onblog | 2016-06-14 17:34 | スマホニュース | Comments(0)
今回はタイムセールだけでなく予約販売も始まっています!
d0262326_152950.jpg

前回5月末に行われた楽天モバイルのセールは「楽天モバイルのサービスサイト」で行われましたが、今度は「楽天市場店」でのセールです。

楽天市場の場合は事務手数料も込みで半額になるので、お得感がアップします。

☆「楽天モバイル楽天市場店 Zenfone2 半額セールプレ販売

タイムセールは6月18日から順次行われますが、まず先行してZenfone2 RAM2GB/ROM 32GBモデルが半額の19999円で予約販売が始まっています。

楽天モバイルの事務手数料込みで19999円。もうすぐZenfone3が登場して型落ちするとは言え、2万円なら安いですね!

販売数はレッド600台、ブラック275台、ゴールド300台、グレー50台。

タイムセールではZenfone2のRAM 4GBモデル、Mate S, Zenfone Selfieが登場予定です。P9 liteは残念ながらまだ対象外でした。

今回の目玉は最終日6月22日のZenfone2 4GB/64GBモデル 58,104円→半額の29,052円ですかね。4GBモデルのZenfoneは半額セールは3月にも行われており、その時は1~2分の間に完売しました。購入を予定している方は開始時間直後にアクセスし、落ち着いて行動しましょう。アクセス不能になったりすることは少ないですが、ちょっと目を離した隙に売り切れるレベルです。

過去記事:楽天半額スマホセール最終日 今宵もZenfone2の奪い合い18時/20時開戦

楽天モバイル楽天市場店でのセールはすべて「通話SIM契約必須」です。回線契約の手続きを進めないと注文がキャンセルされてしまい、端末だけを手に入れることは出来ませんので気を付けて下さい。



by ke-onblog | 2016-06-13 15:03 | キャンペーン情報 | Comments(0)
通常価格も公式よりちょっと安く、Tポイント分を考えると現状最安値っぽいです。

6月17日に発売日を迎えるHuaweiのP9 liteは多数のMVNOが取り扱いを予定しています。SIMとのセットなら楽天の3000円引きがお得感が高そうですが、本体単品購入ならNTTレゾナントの通販の方がよさ気。

関連記事:Huawei SIMフリースマホ P9 liteの各MNVO販売価格比較

Huaweiの通常価格は税別で29980円、税込みだと32378円となります。MVNOではそれぞれ価格を設定していますが、現時点では3万円前後のサービスが多いですね。

goo SimsellerのYahooショップ版サイトでは、定価が税込みで30,024円。

☆「HUAWEI P9 lite+選べるOCNモバイルONEセット


OCNのSIMパッケージがセットになっていますが、開通させなくても端末は購入可能です。

これでYahooポイントが通常で1%=300円分、Yahooのプレミアム会員なら5倍=1500円分のTポイントがもらえます。さらにYJカードを使えば+1%。ここまでのぶんでおよそ28224円くらいの実質価格。

あとは2016/06/06 00:00 〜 2016/06/15 23:59の期間でYahooショッピングのランクがブロンズ・シルバーの場合は1回1000円の注文ごとにT100ポイントが貰えるキャンペーンもやっています。
d0262326_10254079.jpg

こちらは対象が限られるので全員が適用出来るわけではないですが、エントリーさえすればもれなく貰えるみたいなのでチェックしてみてください。

旧モデルのP8 liteの現在の価格相場は21000~23000円くらいです。旧モデルも安定したスペック・動作で評価は高めでしたが、この価格差なら新型の方が良いでしょう。バッテリー容量が2200mAh→3000mAhまで大幅にアップしているので、連続利用可能時間が大きく伸びています。


by ke-onblog | 2016-06-13 10:37 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ひさびさにイオシスの在庫でちょっと気になるタブレットパソコンを発見。

富士通のタブレットは個人向けに「ARROWS(今はarrows)」シリーズがドコモからAndroidモデル、富士通の直販サイトや量販店ではWindowsモデルもありますが、法人向けに「STYLISTIC」というシリーズも販売しています。

その法人モデルの「STYLISTIC Q702/F」は2012年頃のちょっと古いモデルではあるのですが、当時15万円くらいの定価で売られていたモデルがイオシスに大量に入荷しています。

☆「イオシス Bランク中古 STYLISTIC Q702/F」/27800円(税込)

在庫が100台近くありますし、何と言っても「法人モデル」なのでどこかの企業が使っていた中古品を買い取ったのでしょう。

法人向けの「定価」なんていうのはあまり当てにならないかもですが(笑)、数万円程度で売られている一般的なAndroid向けタブレットとはレベルの違うハイスペックなモデルです。

CPUはCore™ i5-3427U 1.8GHz, RAM 4GB,ストレージは64GBのSSD。高性能ノートパソコン並というわけではないものの、エントリークラスのノーパソよりは使えそうです。

ディスプレイは11.6インチで、この在庫には付いていないのですが本来は専用のキーボードドックでノートパソコンスタイルでも使える2 in 1モデルです。キーボードだけ別売りで手に入れることが出来ればそれも良いかもですが、イオシスでは+12000円(今は在庫なしでした)。
d0262326_842111.jpg

(上記の写真はキーボードも一緒に写ってますが、27800円の在庫は「タブレット本体」だけです)

純正のキーボードにはバッテリーも積んでおり、USB差口も増えるでしょうから安く手に入るならキーボードがあると便利そうですが、無いならないで汎用のBluetoothキーボードか何かを使えば良さそうです。タブレット本体にはmicroではない通常サイズのUSB3.0と2.0の2箇所が使えます。この辺りもタブレットというよりパソコンライクな使い方がしたい人むけですね。

セキュリティ重視の法人モデルということで、指紋認証が付いています。OSはWindows8 Proが搭載されいるようですが、今ならまだWindows10への無料アップグレードも可能でしょう。

詳しいスペックは富士通の法人向けサイトにもありますので、チェックしてみてください。

☆「http://www.fmworld.net/biz/fmv/lifebook/1212/q702f/

ドコモのアローズタブと違って防水は無いですし、本体も重いので持ち歩き専用のタブレットとしてのみ使う人には向きませんけれど、自宅やオフィス内の利用がメインでちょっと高性能・でも安いWindowsタブレットが欲しいという人には向いていそう。

このスペックで3万円ならビジネス用途には同価格帯のAndroidタブレットの中古品よりは便利に使えると思われます。


by ke-onblog | 2016-06-13 08:54 | キャンペーン情報 | Comments(0)