白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2016年 07月 ( 65 )   > この月の画像一覧

楽天モバイルのオンラインサイトで8月1日まで開催されているSIMフリースマートフォンの半額セールで超お買い得になっていたHuaweiの超巨大スマホ P8 Maxの祭り前後における動向を、今後の参考に書き残しておきましょう。

P8 Maxは国内では2015年9月に発売された、6.8インチというタブレット顔負けの巨大端末です。ドコモのタブレット機種でVoLTE通話対応機種であるSO-05G,SH-05Gなどを除けば、通話ができるスマホとしては間違いなく最大クラスのディスプレイサイズでしょう。
d0262326_13205885.jpg
P8 Maxは家電量販店や各種通販サイトでも購入は可能ですが、定価は約6万円でSIMフリースマートフォンの中では高価な部類です。現在端末のみで購入できるショップにおける市場価格は52000円~58000円といったところ。

その6万円弱のスマホが、楽天モバイルのデータ/SMS付きデータ/音声SIMの回線セット契約で半額の29,900円で購入できるというのが今回の目玉商品でした。

☆「楽天モバイル

半額セールのスマホを手に入れるためには、携帯回線をセットで契約する必要があります。端末のみの購入、既存回線への追加購入などは対象外になりますが、データプランを選べば最低利用期間の設定はないため、解約時の違約金はありません。

契約事務手数料・消費税を考慮したトータルの購入コストはおよそ36000円となり(参考:楽天半額スマホ P8 Maxが格安29900円に値下がり ファブレット好きにオススメ)、通常購入に比べて1万円以上お得、というわけですね。

P8 Maxを取り扱っているMVNOは少ない(楽天以外には無い?)ので、他社でSIMセット割引で安く買えるチャンスなども無く、今回のセールは初めての大幅値下げと言って良かったのでしょう。


では、ここからが本題です。

ここまでお得感が大きく・市場価格との価格差があったので白ロムの転売が可能となっていました。具体的な店舗名は出しませんが、今回のセール開始日(7月20日)以前の携帯買取店のP8 Max未使用品の白ロム価格は高値をつけたショップでおよそ43000円~45000円程度の査定が出ていたはずです。

それが1週間のセール期間を経て、買取相場は急落し新品状態でも30000円~35000円程度まで下がりました。今日(7/26)査定価格を調べたところでは最高額は38kでした(40kと表示していたショップもありましたが、データが古いだけでした)。

購入コストが36k前後なので、現時点では転売利益はかなり薄くなってしまいました。予想通りの展開ではありますが、下落は早かったですね^^; 

セール開始が先週水曜日。そこから敏感なショップは1-2日後には査定を下げているショップもありました。購入した端末が届き始める3-4日後の週末には目まぐるしく査定を変更して対応したショップもあったと思います。

ここからはメジャーではないショップでまだ買取価格を保っているショップを足で探すか、オークション・フリマサイトなど他の方法でリリースする方法を採るしか無いでしょう。あるいは普通に使うかですね。

今回はかなりの数が出ていると予想されますので、8月1日以降にセールが終わったあと買取額が復活するという展開は望み薄でしょう。スマホとしての評価は低くないので、ここから更に暴落するようなことも無いとは思います。このサイズのスマホは珍しいですし、ポケモンGOも出来ますし(笑)

ヤフオクを見ると、まだそれほどの数は出回っておらず、7月25日時点の落札実績を見ると45kを超える額で取引が行われているようです。システム手数料が掛かりますので買取店で下落前に手放すことの出来た人に比べるとやはり利益は減ってしまいますが、まだマイナスにはならないでしょう。

よくブログでも紹介している個人でも出品可能なフリマサイト「ムスビー」ではまだ今回の楽天セール品は登場していないようで、最安値は47,815円。ここは売買成立手数料が10.26%も掛かります(収益の出金にもコストが掛かります)が、オクよりも信頼度が高く、売買相場はヤフオクより若干高くなるので今後の動向次第では有利になるかもしれません。

amazonのマケプレ出品の相場もちょっと下がっています。アマゾンでもセール前は5万円以上だったはずですが、45-47kくらいの在庫が出てきました。

アマゾンで45kで買うくらいなら、やっぱりまだ楽天モバイルセールで購入したほうが断然安いので・・・これまでは安い販売ルートがほとんど無かったP8 maxではありますが、今後さらに多くの白ロム取扱店で入手が容易になってくるはずです。その時に本体だけが欲しい人にとってドコまでが妥協できるレベルなのかという価格設定が勝負になってくる、ということですね。

出品側にとってもこれ以上は下げられない、というラインはあるでしょう。ここからはチキンレースになりますが、発売からわずか1週間で上記のような状態まで進んだというのはなかなか速い展開です。これは此度の半額セールがタイムセール・台数限定ではなく、1週間経った今でも普通に買えてしまうほど在庫が多そうであることも影響しているのでしょう。

楽天のセールだと購入自体が競争になることもありましたが、販売数・時間が限定されていない今回は如何に早く手に入れ、素早く放流できるのかというところがポイントになりました。私は気付かなかったのですが、セール開始直後に一時的に販売が停止されていた時間帯もあったと教えていただきました。今回の勝ち組は、おそらくその停止時期以前に判断・行動を出来た人なのでしょう。

今後も楽天モバイルではお得なSIMフリースマホのセールを実施することでしょう。その時に今回のセール開始からの各買取店の値下げ反映までのタイミング、買取店売却とヤフオク・フリマサイト等へのリリース方法の切り替え判断時期を覚えておくことは有益なはずです。

SIMフリースマホはキャリアの端末とは異なりネットワーク制限もないですし、取扱易いのでタイミングさえ上手く掴めれば手軽でお得ですね~


by ke-onblog | 2016-07-26 17:25 | 白ロム転売法 | Comments(7)
先日楽天モバイルがいち早くポケモンGOに対応したスマートフォンの動作報告を掲載しているという情報をお伝えしましたが、同じく格安スマホを提供しているビッグローブとマイネオもそれぞれのサイトで販売しているスマートフォン端末(過去の販売機種も含む)のゲーム対応状況を公表しています。

各機種でポケモンGOアプリのインストールが可能、AR機能が利用可能(ジャイロスコープ搭載)かどうかが掲載されているので、同タイトルで遊びたい方は購入時の参考になるでしょう。

まずはビッグローブの対応機種。
d0262326_11082021.png
複数のモデルは楽天でも取り扱われているので既知の結果(参考: ポケモンGOが遊べるスマホも半額で!楽天モバイルがゲーム動作検証結果を公開 )ですが、最新モデルのデュアルスタンバイスマホなMoto G4 Plusの動作確認がされています。

一方でコンパクトで安売りを良く見かけたLG G2 mini,旧モデルのシャープ製SH90B, SH-M01のゲーム動作不可も判明。

SH90BはドコモのAQUOS PHONE ZETA SH-06EをベースにしたSIMフリー機種、SH-M01は2014年1月に発売されたAQUOS PHONE EX SH-02Fと同等の機種です。どちらもAndroid OSの更新がされていないのでポケモンGOのプレイは不可ということですね~

昨今はだいぶ状況が改善されているのかもしれませんけれど、シャープのスマホはOSのメジャーアップデートが実行される機種が少なかったですよね・・・SH-02FもSH-M01も発売からすでに2年以上が経過しているので、残念ですがポケモンGOをやりたいなら機種変更の時期ということでしょう。

ZenFoneシリーズはこちらの結果でも全滅。ZenFone MaxやSelfieはCPUがAtomではなくSnapdragonなのにダメなのですよね・・・このあたりの判定が意味がわからないのですが、アプリストアでASUSの端末を弾くように設定されてしまっているということのなのでしょう(ウイルス混入の危険性が高いのでオススメしませんが、実際にapkから直接インストールすれば動作はするそうですし)。

Moto X Play XT1562はジャイロが無いのですね。海外のスマホだとジャイロスコープを搭載しているかどうかはだいたい公式サイトのスペックで「Sensor(センサー)」の項目が存在しているので調べられるのですが、日本のサイトだとセンサー類の項目がないメーカーサイトもあるので、こうして動作確認を実際に公表してないとわからないことがあります。日本向けのモトローラのサイト(http://www.motorola.co.jp/products/moto-x-play)にも、やっぱりセンサー関連のスペックって書いてないですし。

あと、7月29日に発売されるワイモバのAndroid One 507SHの対応も気になります。この機種もジャイロ対応かどうか公式サイトに書いてないようです。

ビッグローブで格安スマホを買い換えるのなら、一覧の最新機種arrows M03,Moto G4 Plus, AQUOS mini SH-M03が良いでしょう。これらはAndroid 6.0から始まっているので、今後のOS更新も他機種よりは望みがあります(一番OSの更新の可能性が高いのはMotoでしょう)。

現在この3機種と「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」を対象に、7月26日までに公式サイトのアンケートに答えると3千円の値引きクーポンが貰えるキャンペーンも実施されていますし。

☆「BIGLOBE 格安SIM

続いてケイ・オプティコムのマイネオの動作状況も公開されています。

京セラ製のmineo専用端末・LUCE(KCP01K)はジャイロはありませんが、RAM 1.5GBながらインストール・動作は可能。DIGNO M(KYL22)はauからも発売されていた2013年冬モデルですが、こちらはOSが追いつかず対象外。

mineoから発売中のモデルでARまで動作するのは、AQUOS SERIE SHL25とarrows M02の2機種のみですね。もともとmineoは端末は豊富でもなく安くもないので、、、mineoの良さは端末よりもサービスそのもの、フリータンクやパケットギフトのシステムにあると思いますので、普通に対応白ロムを専門店・中古ショップで買った方が節約にはなるでしょう。

☆「mineo

ちなみに私はポケモンGOはiPhone SEで動作確認を行ったのち、そのまま放置になっちゃいました。ポケモンを探して捕まえるのは面白いのですが、涼しい自宅でゆっくりと遊べるゲームのほうが好みです(´∀`;)

by ke-onblog | 2016-07-26 11:58 | スマホニュース | Comments(0)
携帯関連のキャンペーンも7月で終了してしまう・条件が変更されるものがいくつか見受けられますが、ソフトバンクのネット回線・ソフトバンクエアーのキャンペーン・割引も7月末で一気にお得なものが終了予定です。

現在実施されているキャンペーンは大きくわけて3種類あり、

・他社回線からの移行コスト10万円まで還元
・ギガ特盛キャンペーン(SB携帯回線とのセット割)
・Tポイント26000円分特典

この3つのうち、一つ目の他社違約金負担施策は今のところ無期限になっており、7月31日で2つ目と3つ目が終わる予定となっています。

ギガ特盛の増額はソフトバンクのスマートフォン回線の契約プランに応じた割引増額&データ容量の増量が受けられる、新規・MNP限定のキャンペーンでした。ギガ特盛については過去記事で詳しく解説しています。

過去記事:ソフトバンクエアーも対象 スマホセット割のギガ特盛の割引が7月1日より1522円に増大

現在はスマホ1回線あたり最大月額3522円も値引きされる過去最大のセット割なのですが、、、延長はあるかどうか微妙なところです。6月時点に比べて割引額もデータ増量分も大きく上乗せされており、7月というネット契約にとっては微妙な時期に契約を取るためのブーストだったと見られますので、今後もずっと続く増額とはいかないかもしれません。

スマホとのセット割引は何かしら8月以降もあるとは思いますが、条件が悪化する可能性もあるでしょう。

3つ目の26000Tポイント付与はYahooの20周年記念による特典なので、延長はまず無いでしょう。これまでにも抽選でギフト券がもらえたり、家電製品を1円で買うことの出来る限定セールへの参加権利が得られる特典はありましたが、今回のように自由に買い物に使える(付与されるTPは使えるサイト・期限は制限されています)、全員プレゼントの特典は珍しいです。

私がソフトバンクエアーを契約した今年の2月には、このような特典は一切無かったですからね・・・まぁ、携帯CBと同じくタイミング良く契約しないと最大のお得さを得られないということですね。

一応この26000ポイントのキャンペーンは先着人数が決まっているので、月末になると申し込みが増えて早期終了しないとも限らないです(今のところ終了案内は出ていないので、まだキャンペーン対象のはずです)。いま契約を検討している段階であれば、早めに決断をしたほうが良いでしょう。Tポイント特典は7月中に申し込みを済ませていれば、開通・課金日(エアーターミナル到着の8日後)は8月にずれ込んでもOKです。

また、利用開始月の料金はどのみち日割りになりますので、どのタイミングで申し込んでもオトク感はほぼ変わりません(セット割を適用せず、通常の加入特典1184円・1484円引きを受ける場合、特典値引き額は日割りではなく全額分基本料金から差し引かれます)。

☆「SoftBank Air

ちなみに通常の光ネット回線である、ソフトバンク光でもこの26kTPの特典対象になります。ソフトバンクエアーはマンションタイプのネット回線に比べると正直割高&夜間速度制限(20時-25時まで下り7-8Mbpsくらいしか出なくなる)があるので、光回線工事が可能で、すぐに引っ越しをする予定があるなどの事情が無ければ、エアーより普通の光回線を選んだほうが良いでしょう。

今から申し込んでもおそらく開通月(申し込み→端末到着→その8日後が含まれる日が開通月になるはず)はどんなに早くても8月になりますのでポイントは開通付きの翌月末、つまり9月末には貰えるのでしょう。26000ポイントと言えばソフトバンクエアーの解約違約金(9500円)より多いので、月額費用はもちろん掛かりますがお試しで使いはじめるのにも丁度良いキャンペーンです。


by ke-onblog | 2016-07-25 18:24 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
これまでにもiPadやXperia, Lavieシリーズのタブレット端末はありましたけど、SIMフリーのスマートフォンまでふるさと納税で貰えるようになったみたいですね~。
d0262326_02231234.jpg
長野県にある安曇野はソニーから分離(あるいは切り離し)されたVAIOの本社・工場があることで有名です。安曇野市へのふるさと納税は楽天経由で受け付けられており、台数限定でVAIOシリーズのパソコン、そして今年発売されたWindows Phone版のVAIO Phone Bizが選べるようになっています。

☆「楽天ふるさと納税 長野県安曇野市の返礼品

VAIO Phoneと言えば例の残念なモデルもありましたが、VAIO Phone Bizは5.5インチのファブレットモバイル端末でContinuumにも対応した高性能モデルです。一般販売価格は6万円弱。

安曇野市で貰えるVAIO製品は以下の様な納税額が設定されています。

・15万円/ VAIO phone biz
・55万円/VAIO Z(フリップモデル・ブラック)
・50万円/VAIO Z(クラムシェルモデル・ブラック)
・45万円/VAIO S11(LTE対応・ブラック)
・55万円/VAIO Z Canvas(ハイスペック・シルバー)
・58万円/VAIO Z Canvas(英字配列キーボード・シルバー)
・35万円/VAIO S13(ブラック・シルバー)
・40万円/VAIO S15(ブラック)

35万円のVAIO S13だと、ソニーストアで16万円くらいですかね(オフィス込み)。納税額は全体に高めの高額商品が多いのでそれなりに年収がある人向けです。

電化製品に対してはふるさと納税の返礼品として規制するという動きもあるそうですが、安曇野市では雇用を促進する効果もあるので問題無い、というような話らしいので今後も継続が期待出来そうです。

モンスターノートPCのVAIO Zを貰うためには納税50万円・・・実質2000円で買える人は単身世帯でも年収1500万円でも足りないですね( ゚∀゚) VAIO Phoneなら1000万未満でもほぼ全額控除対象になりえますので、身の丈に合わせた納税をしましょう。

☆「ふるなび-ふるさと納税で税金控除になる金額の目安


by ke-onblog | 2016-07-25 11:39 | スマホニュース | Comments(0)
前回は7月15日にも実施されていた、Yahooのプレミアム会員有料会員登録でTポイントが5000円分も貰える5の付く日限定キャンペーンが今日もやっていますね~

☆「Yahoo!プレミアム

私も前回一つ登録しましたが、今回はいくつかのアカウントをチェックしたところでやっぱりキャンペーンバナーが表示されるIDとされないIDがありますね~
d0262326_00305454.png
登録のルールは前回と同じく、上記のキャンペーンが表示されたページから登録を行い、来月から3ヶ月間5の付く日に一月に1回以上エントリーを行うことです。詳しくは前回の解説記事・公式サイトの表記を確認してくださいね。

過去記事:5の付く日限定でYahooプレミアム登録最大5000Tポイントキャンペーン実施中

このキャンペーンは○○円の買物をするとポイント還元という実質値引き系ではなく、ただエントリーをするだけでポイントがもらえちゃうところが素晴らしいですね(´∀`)

ちなみに同一名義・同一クレジットカードでプレミアム登録をしようとすると弾かれるとの情報を教えて頂きましたので、対象になったアカウントを複数登録したい場合はクレカを替えたり、家族の名義で加入するなど工夫をすると良いそうです(不正登録とみなされると特典対象外になることがあるので、十分お気をつけ下さい)。


by ke-onblog | 2016-07-25 00:37 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
ポケモンGOの登場で急激に認知度が高くなっているであろう、ジャイロセンサー(ジャイロスコープ・角速度センサー)を搭載した機種を色々と調べてみました。

ジャイロ機能が無くてもポケモンGOのプレイ自体は可能ですが、せっかくARを使って現実の風景にポケモンを表示させて楽しむという要素なので、出来れば対応したものを使いたいものですね。

国内で通常購入が出来て、ジャイロセンサーにも対応した動作確認済み機種は「楽天モバイル 」のarrows RM02 の半額セール品 14,900円が最安でしょうか。これはSIM契約セットでの価格なので若干フェアではないですが(笑)、これよりも安く買えるポケモンGO完全対応SIMフリースマホは数少ないでしょう。

さて、日本でプレイするにはいろいろと問題もありますが、ポケモンGOは海外でも遊べます(という建前)のでジャイロ対応の中華スマホ・海外スマホの機種がどれくらいの価格で購入できるのかもチェックして見る価値はあるかな~と思います。

*以下の機種は調べられる範囲でスペック的にポケモンGOが遊べそう、というだけで実際に動作確認をしたわけではないので(Mi5のみチェック済み)、確実に遊べるという保証は出来かねますのでご了承下さい。購入・利用は自己責任でどうぞ。

記載した価格は、中華サイトから個人輸入した場合の大体の価格です(中華系じゃない端末はeBayやその他海外サイトの価格相場の場合もあります)。

【ジャイロスコープ搭載を確認した機種】

・Xiaomi Mi5 3.4万円~
・Xiaomi Mi4 1.4万円~
・Xiaomi Mi Max 2万円~
・Xiaomi Redmi 3S 1.4万円~
・Xiaomi Redmi Note 3 Pro 1.8万円~
・OnePlus 2 3.5万円~
・OnePlus 3 4.5万円~
・Meizu Pro6 4万円~
・Ulefone Future 2.5万円~
・ZUK Z2 Pro 5万円~
・Honor X2 3万円~
・Blackview BV6000 2万円
・Elephone P9000 2.5万円~
・LeTV Max2 X820 3万円~
・LeTV Le1 Pro X800 2万円~
・APOLLO LITE 2万円~
・Nexus 5X 2.5万円~
・UMI Super 2万円
・Galaxy S7 6万円~
・Xperia Z5 compact E5823 4万円~
・LG G5 6万円~

調べたついでに出てきた、ジャイロスコープの記載が無かった機種情報も残しておきます。

【ジャイロスコープ非搭載を確認した機種】

・Ulefone Vienna
・Ulefone Metal
・Oukitel K6000 Pro
・Doogee F7 Pro
・Xiaomi Mi Pad2
・UMI Touch
・Blackview R7 (*現在プレイ不可との情報を頂きました

以上です。あとは気が向いたら情報を追記していきますね。

一通りメーカーホームページ・販売ページを見て確認したつもりですが、確認ミスもありえるので購入検討前には必ずご自身で再チェックをお願いします。

各機種のスペックはブログ内で過去に取り上げたことのある機種を中心に選びましたので、気になる機種がある方は過去記事をチェックしてみてください(まだ紹介したことのない機種も含まれます)。

関連記事:2016年7月版 ブログで紹介した中華スマホ・海外端末情報20機種まとめ


by ke-onblog | 2016-07-24 13:21 | 端末輸入 | Comments(4)
エクスパンシスってMi5売ってたのですね。今日はじめて気付きました(´∀`)
d0262326_08494677.jpg
個人輸入に比べればちょっと高いですけれど、日本語サイトで信頼できるお手軽海外スマホ通販サイトであるエクスパンシスで、私もかなり気に入っている超破格のハイエンドスマホXiaomi Mi5、中国で人気のタブレット機種のMi Pad2、さらにOne Plusの最新作「One Plus3」などが入荷・販売されています。

☆「エクスパンシス 高コスパスマホ特集

Xiaomi Mi5は、私が以前輸入したRAM 3GB/ROM32GBのエントリーモデル、ホワイトが42,170円・ゴールドが42,740円、RAM 3GB/ROM 64GBモデルがブラックが43,080円となっています。

さらに上位モデルのRAM 4GB/ROM 64GBモデルが48,915円。上位モデルは海外通販でも高めなので、ハイエンドモデルが買いたいというのならこちらの方がお買い得かも。

アリエクを使えばエントリーモデルは320ドルくらいが最安値なので34000円(+関税・オプション送料等)、Paypalが使いたいなら「Fastcardtech.com」で317ドル(Paypal手数料別)です。送料無料の方法を使うと届くまで1ヶ月くらい掛かる可能性もありますので、Mi5を買うならDHLなどを指定するのも良いでしょう。私はそうしました。

エクスパンシスなら早ければ3営業日くらいで届くので、「中華サイト+有料送料オプション」と比べるべきです。お手軽で、すぐに手に入れたいのならエクスパンシスを使うのも良いでしょう。ROMのバージョンはたぶんオリジナルのグローバルROMですかね(もしカスタムロムが入っていても、結構簡単に焼けます→Xiaomi Mi5 Global Stable v7.3.5のROM焼き方法 前編(ブートローダー解除))。

スナドラ820搭載、RAM6GB, ROM64GBのOne Plus3も入荷しています。海外の定価が440ドル(約4万7千円)に対し、エクスパンシスの価格は53,975円。これもまずまずの安さですね~

他にもXiaomi Mi MAX 24,005円、Mi Pad2 22,095円, Redmi 3 Pro 19,740円、 ZUK Z2 37,015円なんてのもあります。こんなマニアックな端末、前からありましたっけ?^^; 中華スマホは中華サイトばかりを調べていたので見逃していました。

中華通販サイトを使うのが怖いという方はエクスパンシスの在庫を探してみましょう。アマ○ンの並行輸入品よりは随分安いものが多いはずです。

エクスパンシス

by ke-onblog | 2016-07-23 11:47 | 端末輸入 | Comments(4)
日本中、猫も杓子もポケモンGOな週末です。

同じくお祭り状態の楽天モバイルのSIMフリースマホ半額セールも盛り上がっていますが、楽天モバイルで販売される機種のポケモンGO対応状況が公表されました。

ポケモンGOを遊ぶためにはAndroid4.4以降のOS, RAM 2GB以上かつAtom系CPUではないこと、という条件があるそうですね。一部対象外の機種でも動くそうですが、、、ASUSが残念なことに。
d0262326_06524224.png
ジャイロスコープは非搭載でも遊ぶことは出来ますが、カメラを使って現実風景とポケモンの表示を重ねあわせるAR機能が使えなくなります。今一番お買い得なP8 Maxも対応ですね!

☆「楽天モバイル

楽天セールで値引きされている機種だけを価格順に抜き出すと、

・Mate S → 39,900円 ○
・P8 MAX → 29,900円 ○
・honor6 Plus →  28,867円 ○

・Zenfone2 → 28,867円 ×
・Zenfone Selfie → 22,220円 ×
・Desire 626 → 19,978円 △
・arrows RM02 → 14,900円 ○
・Zenfone GO → 9,900円 ×
・Y6 → 8,900円 ×
・Liquid Z330 → 3,600円 ×

ジャイロまで完全に動作する最安値機種はarrows RM02の14,900円ということになりますね~。SIMフリーの防水機種で1.5万円というのはかなりの安さなので、初心者向けといえば初心者向けなのかも。ただ、CPU的にはギリギリな気もします。

Zenfone2でも動くという情報も見かけたのですが、、、公式には「対応とは書けない」という大人の事情なのかも(格安SIMでiPhone 5sのiOS9系列が「対応」と書けないようなものでしょう)。

Pokemon GOはデータ消費は大したことないので(関連記事:DTI SIM ポケモンゴーのデータ通信を1年無料化 Pokemon Goの消費する通信量は? )、プラン選びはそれほど気をつけることも無さそうですが、問題はバッテリーですかねぇ。

私もiPhone SEでどれくらい遊べるのか試そうかなと思っていますが、GPS・ジャイロ・3Dマップ表示を連続で行うため、電池消費は大きいです。

楽天モバイルのラインナップではhonor6 Plusが一番電池の持ちが良いですかね。5.5インチで3600mAhなので。電池容量だけならP8 Maxが4000mAh超ですが、ディスプレイがデカイので画面をつけっぱなしにして遊ぶと電池がガシガシ減りそうです。

楽天のスマホではないですが、4000mAhバッテリー搭載のフリーテル Priori 3sの時代が来そうですね(笑) RAM 2GB, OSはAndroid5.0以降なのでポケモンゴーは一応動くはずです(ただしジャイロセンサーは非搭載)。

FREETEL Priori3S (パールホワイト)

新品価格
¥16,000から
(2016/7/23 07:12時点)


by ke-onblog | 2016-07-23 07:16 | 格安SIM(MVNO) | Comments(2)
日本向け初の「Android One」スマホ、507SHの発売日が7月29日に確定し、本日22日よりワイモバイルのオンラインストアで予約が始まりました。
d0262326_08152144.jpg
507SHはauから発売されているAQUOS U SHV35にそっくりなモデルで、実質価格は1~2万円になると機種発表時にも伝えられていましたが、MNPの場合はauモデルの実質負担となりました。

auでの販売価格は一括定価52,920円、スマートパス加入時の最大毎月割は新規・機種変・MNPすべて月額-1155円の、実質価格25,200円です。

一方でワイモバイル507SHの価格設定は51,948円。一括価格には差がないもののMNP時に優遇があり、月額割引適用時で1万2100円(税込みで13068円)となります。さらにSHV35にはiPhone SEのようなイチキュッパ割はありませんが、507SHはワンキュッパ割の対象になるため、月額コストにはかなりの差が出ますね~

Mプラン(3GB×2倍の6GB)へMNPした場合、通常の月割が1620円×24回+ワンキュッパ割分1080円×12回=51840円引きとなり、実質負担は108円、2年分だと月額4.5円(笑) 本体一括で購入していれば、最初の1年は6GBプランが1,598円/月~と、格安です。

507SHの月額割引は、

新規 Sプラン 540円、M/Lプラン 1080円
機種変 スマホ・PHS/旧イーモバ機種の、変更前の機種によって540円~1620円に変動
MNP Sプラン 1080円、M/Lプラン 1620円


となっています。実質108円で使うためには月額割引が1620円のパターン+ワンキュッパCP適用が必要となりますが、いずれの契約でもauプランよりは随分と安いでしょう。まぁ、auのSHV35は将来的には投げ売られそうな端末ですので半年後~来年春に期待しましょう(笑)

507SHとSHV35の違いについては下記の記事にまとめています。

☆「ワイモバイルから格安スマホAndroid One 507SH発売 AQUOS U(SHV35)と比較

スペックは大して高くもないので面白みがある端末ではありませんが、Google手動によるOSアップデートが期待でき、さらにワンセグ・防水スマホとして維持費・実質価格が安いというところは、悪くはないでしょう。

価格を考えるとSIMフリー機種+MVNOより高く、2年縛りで自由度もありませんが、お昼でも格安SIMのように大混雑することもなく、シャープ製で安心して利用できるというメリットを重視する人に向いているのでしょう。低速な格安SIM、保証・サポートが期待できない格安スマホと、3大キャリアの高額スマホ・プランの中間位置という住み分けが良く出来ていると思います。

☆「ワイモバイル Android One 507SH詳細ページ


by ke-onblog | 2016-07-22 10:31 | スマホニュース | Comments(0)
久しぶりのプリモバセールですよ!月末開通にも間に合う、なかなかよいタイミングでの販売です。

7月21日~8月18日9時59分までにソフトバンクのオンラインショップで対象のプリペイド携帯・スマートフォン(アウトレット在庫も含む)を購入すると、最大4000円分のアマゾンギフト券がもれなく貰えます。



今回は「クリアランスキャンペーン」なので、機種の新規追加はありません。申し込みは新規・機種変更・MNPのすべてが対象ですが、プリペイド在庫はアウトレット品は機種変更出来ない・新規限定での申し込み機種等がありますので、もし機種変・MNPをしたい場合はご注意下さい。

キャンペーンの対象・販売価格・アマギフ還元額は以下のとおりです。

【アマゾンギフト券1000円対象】
・105SH 9,698円(4千円チャージ)/ワンセグ付きガラケー
・301Z 6,458円(4千円チャージ)/最安値ガラケー
・108SH(outlet) 8,980円(4千円チャージ)/簡単携帯

【アマゾンギフト券2000円対象】
・Blade Q+ 11,340円~(1万円チャージ)/MNP可能機種
・201K 15,984円(1万円チャージ)
・109SH 20,800円(4千円チャージ)/ハイスペック防水ガラケー
・202SH 18,576円(4千円チャージ)/防水携帯
・201K(outlet) 14,040円(1万円チャージ)
・200SH(outlet) 16,200円(1万円チャージ)
・205SH(outlet) 16,200円(1万円チャージ)

【アマゾンギフト券4000円対象】
・303SH(outlet) 23,760円 (1万円チャージ)

いずれも以前から取扱のある機種なので、特筆するようなモデルはありませんが・・・スペックは低いですがスマートフォンが欲しいのなら201Kのアウトレット品なら14040円の支払いで無料チャージ1万円+2000円還元=実質2040円負担、携帯なら301Zが6458円で無料チャージ4000円+1000円還元=実質1458円、ということになります。

プリモバ最安値の301Zは量販店等でも安売りされていることもありますが、近くに取扱店が無い・交通費が掛かる・契約の時間を省きたいのなら今回のアマギフ1000円還元のチャンスを狙うのも良いでしょう。

301Zは小型のストレート携帯でiPhone SEより小さく、通話専用機にも使えます。
d0262326_04474242.jpg
109SHはおサイフケータイ付き防水ガラケーです。お値段はスマホより高いですが(笑)、ガラケーシリーズの中では高性能なので、SBの通常回線契約のSIMを挿して機種変更用に使うのならアリ。白ロムで新品を買うと、やっぱり2万円くらいするので。

今回のセールでは購入数制限はありませんが、シンプルスタイル回線は1名義あたり最大2回線までしか持てないのでご注意。プチ総合中(特価BL)でもシンプルスタイルは買えますが、総合判断中の場合は契約が通らないこともあるので、こちらも気を付けて下さい。

アマゾンギフト券は9月中旬の配送予定とのことですので、特典の受け取りもお忘れなく。

また、購入後9月2日までに開通していない場合も特典対象外になるので、狙ったタイミングで利用開始をしたい場合にも注意して下さい。通常は自身で開通操作を行わない場合でも、購入後10日ほど経過すると自動で開通します。キャンペーン最終日の8月18日に申しこめば、普通は2-3日で手元に届き、9月2日には開通されるはずですが、審査等で時間が掛かって自動開通期限が遅れることもあるのかもしれませんので。

7月中に開通させておけば、2017年7月1日から違約金は発生しなくなります。購入後追加チャージをしない場合の電話番号有効期間は携帯機種で2017年9月24日くらいまで、1万円チャージのプリスマは2017年11月下旬まで行けます。その頃にはiPhone7sが・・・(´∀`)

シンプルスタイルのオンライン在庫はセール時に売り切れることも多々あるので、欲しい機種・色が決まっている場合は早めにゲットしておきましょう。7月末開通を目指す場合は今日申し込んでも大丈夫です。8月末開通を目指す場合はキャンペーン終了日で良いでしょう。

☆「ソフトバンク シンプルスタイル夏のクリアランスセール


by ke-onblog | 2016-07-21 10:01 | キャンペーン情報 | Comments(12)