白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2016年 07月 ( 65 )   > この月の画像一覧

先週から実施されている楽天のSIMフリースマホ半額セールに、本日から2機種ラインナップが追加されました。
d0262326_20594753.png
増えたのは6.8インチサイズの最大クラススマホ Huawei P8 Maxと、同じくHuaweiのY6というミドルスペック機種。どちらも確か半額セールは初登場のはずです。

Y6の1万円を切る激安っぷりも良いのですけど、個人的にはP8 Maxの方が買いだと思います。通常価格59,800円→29,900円のおよそ3万円引きになっており、他のMVNOではあまり扱われていない&量販店や海外輸入よりもかなり安いはずです。

今回のセールはデータ通信での契約もOKなので、データプランを選べば最低利用期間もありません。

☆「楽天モバイル

アマゾンだとP8 Max本体は今は52000円くらい。Huaweiは海外端末ですから海外から輸入した方が普段は安いのですが、それでもやっぱり350~400ドルくらいはするのですよね。

で、今回の半額セール品なら事務手数料と、まぁ1ヶ月くらいは楽天回線も使ってみるとして、

本体29900円+手数料3000円+データプラン525円=税込み 36100円くらいになります。国内ショップではまず4万円を切ることは出来ない(どころか多くのショップは先程も書いたように5万円台)ので、P8 Maxを買いたいのなら今回のセールは逃さないほうがいいかも。

P8 Maxは最新機種ではないのでスペック的には先月登場したP9には劣りますが、6.8インチのフルHDというのはZenfone3 Ultraと同じですし、何と言っても日本の技適を通っているので合法的に使えます(笑)

LTEの対応バンド数はちょっと少ないのですが、3GはBand6,19のFOMAプラスエリアに対応していますね。 P8 MAXは常時携帯するのには向いていないとは思いますが、旅行やアウトドアで地方に出掛けた時にもそれなりに使えることでしょう。
【 SIM1 (or SIM2) 】
FDD-LTE: B1/B3/B7
TDD-LTE: B38/B39/B40
UMTS: B1/B6/B8/B19
TD-SCDMA: B34/B39
GSM: 900/1800/1900
CPUはHisilicon Kirin 935 オクタコア、RAM 3GB, ROM32GBと、大画面を活かして動画を見たりネットを見たりするくらいなら余裕でしょうし、ゲームアプリもそれなりには楽しめるはず。OSはデフォルトは5.1のはずですが、今はAndroid6.0へアップデート可能です。

SIMフリーのタブレットを買うと考えても、3万円なら安いと思います。スマホとして228グラムは重すぎですが(苦笑)、タブレットとしてならかなり軽量と言えます。

Liquid Z330の一括3600円も面白いですが、P8 Maxはこれまで安く入手するのが難しかったのでレア度も高いですね。一応セール期間は他機種と同じく8月1日午前10時前までとなっていますが、在庫次第では早期終了もありえる(他機種では結構売り切れのカラーも目立ちます)ので、欲しい方は早めにゲットしておきましょう。


by ke-onblog | 2016-07-20 21:00 | キャンペーン情報 | Comments(2)
事前情報通り、本当にドコモの下取りプログラムによる値引き額が、一部機種で本日7月20日申し込み分から減額されてしまいました・・・
d0262326_10014677.png
もっともインパクトがあったのは、やっぱり他社iPhone5の22000円→11000円の半減ですね~。もともとiPhoneの下取り額は2016年6月24日以前の通常時には1万円にも満たない割引にしか使えなかったところですので、元に戻っただけといえばそうなのですけど。

一方で5s/5cはドコモが販売したモデル・他社モデルともに価格を維持しました。今の時期だと5s/5cからの買い替えの人も少なからずいると思われますので、一般の方にはそこまで大きな影響はないのかな?

☆「ドコモ 下取りプログラム

ドコモの下取り基準は頻繁に変更されますので、また値引きがアップすることもあるのかもしれませんが、今回の減額が国の指示だった場合には回復の見込みが・・・

iPhone5はauの下取りでも他社モデルは5400円(機変では11880円)、SBでは21,600円。もしかしたらSBも価格が今後変更されるかもしれませんね。5s/5cはiPhone7発売時くらいまで保つかもしれませんが、5の処分は早めにしたほうがいいかもです。

ドコモ下取りはiPhone以外も価格が変更されています。

以前「ドコモ下取りプログラム 査定額22000円機種の白ロム価格相場と在庫状況」で紹介した22kの査定機種では、304SH・305SH・AQUOS CRYSTAL X(402SH)・DIGNO U(404KC)・URBANO V01・SHV31・URBANO L03・TORQUE 01・isai FL LGL24、下取りでオトク感のあった機種が全滅しましたΣ(゚Д゚;

見事にリストアップした機種が全て11kに減額されちゃいましたね~

現在の査定額は一応7月20日-7月31日までの期間設定となりますので、8月からの復活・すぐに増額キャンペーンなどで値引きを再開して欲しいものです。


by ke-onblog | 2016-07-20 10:14 | スマホニュース | Comments(0)
ソニーXperia C5 Ultraの後継機、6インチサイズのファブレット「Xperia XA Ultra」のグローバルモデルがイートレンに入荷しました。

7月20日時点のお値段は460ドルが基準となり、税込みで5万円弱となりました。

☆「Etoren Xperia XA Ultra F3215」/48,823円

Xperiaシリーズですし、本体も大きいのでそれほど安くはないだろうな~と思ってはいましたが、、、送料まで入れると5万円強。予想通りの価格です(過去記事:Xperia XA Ultra 6インチ大画面スマホ発表 C5 Ultraと比較してみる )。エクスパンシスでもDual SIM版がF3216が46200円。送料・税込みだとおよそ5万円の支払額になるはずなので、若干エクスパンシスの方が安いですかね。


6インチというサイズは良いのですが、それ以外はあまり面白みは・・・
d0262326_07172015.png
Xperiaのデザインが好み・操作性に慣れているという事情があるのなら購入候補に入るかもしれませんが、5万円も出すのなら海外端末でもっと面白い6インチ端末はいくらでも・・・と思ってしまいます^^;

発売直後のなのでXperia XA Ultraはまだお高いですが、eBayだともう少し安く輸入できるかも。

☆「eBay Xperia XA Ultra F3215

台湾からの出品で各カラー500豪ドル=約4万円が相場です。XA Ultraは低スペックというわけでは無いので4万円くらいなら・・・という感じですかね。

海外のファブレット端末については「[海外版]5インチじゃ満足出来ない人向け 6インチスマホ情報 (上級者・海外旅行用)」にまとめてあります。中華端末なら6インチ大画面スマホも2万円くらいから買えます。

Xperia C5 Ultraでもまだ3~4万円くらいはしますので、C5を買うくらいならXA Ultraを輸入する方が快適そうですね。

by ke-onblog | 2016-07-20 07:31 | 端末輸入 | Comments(0)
とても面白い取り組みですし、このタイミングで発表したのは強いですね~。

昨年から何かにつけて半年基本料金無料・料金半額などの大型キャンペーンを実施し続け、いかにも怪しい(笑)ホームページでの格安SIMサービスを展開しているフリービットのMVNO、DTI SIMがスマホゲーム「Pokemon GO」の国内提供に合わせ、同タイトルのゲーム利用中に発生する通信をパケット消費としてカウントしない「ノーカウントプラン」の予約を受け付け始めました。
d0262326_17192469.png
どうやら任天堂と提携しているわけではなく、勝手にやっている模様(笑)
本サービスは、『Pokémon GO』(発売元:Niantic, Inc.)とは関係するものではありません。
現在は事前予約受付中で、提供はゲームの配信時期と同時期を予定しているとのことです。つまりは、スタートは7月下旬ですね。

料金プランは通常の5GBプラン(データのみ1220円、音声つき1,920円)のまま、1年間ポケモンゴーの通信は5GBの中に含まず通信できるというもの。同様のサービスはアメリカでもT-mobileが先日発表しているので、ぶっちゃけ二番煎じです。でも、このニュースでフリービットの株価は跳ね上がっています。

とは言え、そもそもポケモンGOはどれだけ通信のやりとりをしていて、実際のどの程度のパケット消費をするのかというところが気になりますね。

日本での提供はまだされていないのでもちろん正確なところは不明ですが、DTI SIMでは今は3GBプラン半年無料のキャンペーンもやっており、消費量が大したことないのなら、ノーカウントプラン不要なのでは・・・と。

ということで、調べてみました。海外ではもう始まっているサービスなので、情報は探せばあります。たとえばこちらのサイト

参考サイト:http://www.androidcentral.com

実際にポケモンゴーをプレイして消費したデータ量が書かれています。この記事によると、アプリ本体のデータ容量は143MB(アプリ全体の保存容量)だそうです。

ゲームで消費する容量は、もちろんプレイの仕方によっても異なります。注釈として「PokéStop、ジムへの移動、バトルなどの頻度による」とされていますが、1時間の連続プレイでおよそ20MBのデータを消費したとのことです。これは、ゲームアプリとしてはかなり少なめと言えるでしょう。

ブラウザ版の艦これなんて、5分で30MB使いますからね(DMMモバイルで艦これは出来るか?ブラウザゲーをやってみた )。

他のサイトを見ても、やっぱりポケモンゴーの通常ゲーム時のパケット消費は大したことない、という記述が見受けられます。初回ダウンロード時・アプリ更新時などはともかく、普段はそれほどデータを膨大に使うということはなさそうですね。

仮に1時間で20MBだとして廃人並みにプレイする人にとってはノーカウントプランが有利に・・・なるか???

1日10時間やったとしても、せいぜい200~300MB。それを30日続ければ確かに6000~9000MB=6~9GBくらいの通信が発生するという計算になるので、それが無料になって通常利用の5GBも確保されているというのは心強いプランです。

だがしかし、1時間で20MBということは、平均した通信速度に換算すると44.4kbpsのスピードでOKということになります。もちろんポケモンゲームは必要なときに通信をするのでしょうから、常時ずーっと通信をしているという仮定に基づいたこの計算では妥当性は低いのですが・・・

実際にサービスが始まってみないと結果は判らないですけど、もしかしたら普段はMVNOの低速状態(200kbps~300kbps)の通信でも、結構プレイ出来てしまうのではないかな~というところです。モンスターとエンカウントした時など、おそらくほんの数秒のデータ通信だけで、スムーズにゲームが進行すると予想されます。

特に、IIJmioやDMM,mineoのように、低速時にもバースト機能のあるMVNOなんかは強そうです。

まぁ、Pokémon GOをやりたくて堪らない方がノーカウントプランを試してみたいというのなら、予約してみても良いかもしれません。それ以外の方は実際にプレイしてみてから、どの程度の通信量が発生し・通信速度が必要なのかを日本向けアプリのデータで確認してから決めても遅くないでしょう^^;


by ke-onblog | 2016-07-19 17:51 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
先週はYahooトラベルのクーポンでしたが、今回はじゃらんです。

Yahooのクーポンはるるぶプランのみが対象でしたので、本日10時10分から配布されるじゃらんプランとはラインナップが違うはずなので、前回クーポンを取り逃がした方・九州旅行の予定が新たに出来た方はチェックしておきましょう。
d0262326_00292362.png
じゃらんのクーポンは最大3万円の値引きクーポンがあり、Yahooよりも割引額が高いのでファミリー向けにも有利です。特に飛行機とセットで割引になる「じゃらんパック」が強いようですね。

第一弾と基本的には使い方は同じはずなので、予め取得方法・割引率などは公式サイトで確認できます。まだ第一弾のクーポンも一部残っていますので、もしそちらが旅程に合うのならもちろん使えます(最大の3万円クーポンは全エリアで終了済み)。

☆「じゃらん 九州ふっこう割クーポン発行ページ

例えば福岡のJALパックは2万円クーポンが62名分、1.5万円クーポンが69名分しかなく、おそらく今回も人気は高いでしょう。すべて先着順になっていますので、開始直後にアクセスできるように準備しておきましょう。

過去記事:[九州ふっこう割]明日13日10時よりYahooトラベルでクーポン配布予告!

ヤフーのクーポンも1週間で熊本・宮崎・長崎の一部クーポンを残して完売しています。じゃらんのクーポンも2回目とは言え、長くは持たないでしょう。

九州は昨日梅雨明けしましたし、レジャー・観光用に良いタイミングでのふっこう割ですね~。私も前回ヤフーではクーポンの取得は出来たものの、旅行の具体的な予定が立たず、まごまごしていたら終わっちゃったので、リトライしたいと思います(´∀`)


by ke-onblog | 2016-07-19 00:44 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
中華サイトって、こういう企画モノが多いです。

これまでに何度か海外スマホの勉強用に紹介した端末のショップ情報でも登場した、香港を拠点とするガジェットサイト・Hongkong Banggood.comにて、さまざまなガジェット新商品が無料で貰えるキャンペーンが始まっています。
d0262326_18201745.jpg
ただし、単なるプレゼント企画というわけではなく、「Free Trial=無料お試し」なので、使用後にレビューを書く必要があるので注意して下さい。

応募期間は本日18日から、24日までの1週間。商品ごとに当選人数は決まっており、応募締め切り後に抽選が行われ、選べるとタダで商品が送られてきます。詳しい応募手順は公式サイトに書いてあります。

☆「Banggood.com 2016 Free Trial 100% FREE

必要なのは、Banggood.comでの会員登録・Facebookのアカウントですね。最初にFacebookでシェアをすることが手順に入っています。

1. Facebookでシェア
2. 「Apply Now」をクリック
3. 応募する
4. 確認メールを受け取る
5. 商品(サンプル)を受け取る
6. レビューをする

え~と、応募要項を良く見ると、シェアするFacebookのアカウントに500人以上ファンがいること、となっていますね^^; まぁ、Facebookのフォロワーはお金で買えますから・・・

レビューはフェイスブックかYoutubeで、レビュー方法にもワード数・写真の数などの規定があります。

かなり面倒くさそうですが、レビューできる商品はに約260ドルのドローン(マルチコプター)、170ドルのポータブルプロジェクター、94ドルのアクションカメラなど、それなりに値が張るアイテムも用意されていますね~

レビューの言語指定はされていないっぽいですが、たぶん英語ならOKでしょう。ただし企画に沿わない(あまりにも内容が薄い・他者のコピー、投稿自体をしないなど)レビューだとアカウントが凍結され、BL入りするらしいので応募する場合はご注意下さい。商品が届いてから5日以内にレビューを投稿して報告するという期限もあるので。

☆「HongKong BangGood network Ltd.

他にも中華サイトこういう企画っていっぱいあるので、ホームページやFacebook, Youtubeなどをやっている方はコンタクトをとってみるのもいいでしょう。

スマホやタブレットパソコンのレビュー依頼なんかも良くあります。Banggoodの今回の企画もそうですが、良いレビューを書くと次からは応募しなくても優先的にサンプルが送られてくるようになるそうです。

輸入でお金を払って商品が届かないというリスクを犯さず、上手く行けば怪しげなアイテムをたくさん無料で手に入れられますね(´∀`)

by ke-onblog | 2016-07-18 18:48 | 端末輸入 | Comments(0)
8月2日(日本時間だとたぶん3日)に新型モデルとしてGalaxy Note7を発表することが確定しているサムスンのファブレットシリーズの2015年夏モデル・Galaxy Note5(SM-N9200)の価格を、あえてこのタイミングにチェックしておこうかと思います。
d0262326_23214604.jpg
Note5には発売地域によっていろんな型番のモデルがありますが、今回はかつてエクスパンシスでも取扱があったN9200で行きます。

N9200の対応バンドは以下のとおりです。
4G: FDD LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/25/26/28, TDD LTE Band 38/39/40/41 / 3G: 850/900/1900/2100 MHz / GSM: 850/900/1800/1900 MHz
このモデルは昨年の8月時点で9万円前後で流通していました。

過去記事:GALAXY Note5は対応バンド豊富!SIMフリーのSM-N9200が9万円台で早くも日本登場

今更なので細かいスペックをここで書きはしませんが、登場時はハイエンド中のハイエンドモデルでしたので価格も当時最高峰でした。Antutuのベンチスコアではver6.x系で8万台とのことなので、さすがに2016年夏モデル(13-14万前後)には数値上は劣りますが、よほどのアプリは快適に動くはずです。

1年前に9万円。そして半年前の2016年1月時点でもブログで価格チェックを行いました。

過去記事:Galaxy Note5 N920iも円高で若干安く SIMフリーモデルも7万円台

1月時点でも2015年頃に比べれば円高だったのですが、当時で「1ドル118円」と言っています。それが今や、105円です。つい先日までなら100-101円まで高騰していたので、為替相場の影響を考えるだけでも安くなろうというものですね。

まず、国内のアマゾンにもGalaxy Note5 SM-N9200の並行輸入品の在庫があり、価格相場は7万円半ば~8万円弱となっています。簡単に手に入る方法でも、半年前の個人輸入並みに安くなっていますね。

ちなみに1月に調べていたエクスパンシスおよび1shopmobileでは現在取扱いがありません。

アメリカ版のアマゾンではもっとリーズナブル。

☆「amazon.com Samsung Galaxy Note 5 DUOS N9200 International Version

日本に直送出来るマケプレ業者もいますね~。アメリカでのお値段は約560ドル~。1ドル105円計算でおよそ6万円弱です。海外配送だと送料・関税も別途掛かりますが、それでも国内価格より1万円以上安いでしょう。

☆「eBay Galaxy Note 5 N9200 32GB

eBayでは香港からの出品で677.5豪ドル、日本円にしておよそ5万4400円です。他出品者を見ても55k~60kくらいが相場になっており、アメリカのアマゾンと大きな差はありませんが海外配送が無料の出品から買えばある程度安く済みそうです。

Galaxyシリーズは韓国製なので、中華系サイトで探してもあまり安くはありません。6万円以下で入手できるルートは他には多くなさそうです。

さてさて、ではGalaxy Note7登場直前で、1年前のモデルに6万円を出す価値が有るかどうかが次の問題でしょう。NoteシリーズはGalaxy Note3がドコモ・auから発売されたのを最後に、Note4, Note5は国内投入が見送られました。2016年モデルのNote7も、おそらくは・・・この夏はフラッグシップモデルのはずのS7すら日本では未発売です。

Galaxy Note7も、発売直後に日本で手に入れようとすればやっぱり9-10万円くらいになるでしょう。こだわりがある方には5万だろうが10万円だろうが関係なく入手するのでしょうけれど(笑)

コストパフォーマンス面から見れば、Note5が6万円というのは悪くはないはずですが、優れているとも言いがたいレベルでしょう。中華メーカーの高コスパスマホを比較に出すまでもなく、6万円出せばGalaxy S7くらいならSIMフリーモデルが手に入ります。

5.7インチというサイズ感からするとLeEco MAX2がちょうど中華メーカーのライバルとなりますが、スナドラ820搭載+RAM 6GBモデルを持ってきても4万円台です(関連記事:[クーポンあり]RAM6GB+スナドラ820搭載DSDAなファブレット LeTV Max2 X820)。

Galaxy Note5を選ぶのなら、単なる処理性能のスコア・コスパだけではない魅力を感じる人でないと今買うお得感は得られないかもしれないですね。7万円まで出せばGalaxy S7 edgeのExynos搭載モデルG935FDも買えますし、選択肢はいろいろあるはず。

・Galaxy Note5 6万円
・Galaxy S7 6万円
・Galaxy S7 edge 7万円
・Galaxy Note 7 10万円?

Note5はエッジスクリーンではない、フラットなデザインです。個人的な感想ではそこがNote5を選ぶポイントになるかと。5.7インチというサイズ感を重視せず、エッジスクリーンでも良いならS7シリーズの方が・・・と思っちゃいます。

為替の動きは端末輸入の観点からは最近おもしろくない感じに方向転換しちゃってますが、来月本格的にGalaxy Note7が出てくれば、もう少しNote5の価格が下がる可能性もあります。今急いでNote5を買う必要性はなさ気ですけれど、昨年Note5を値段が高くて見送った方は安くなるタイミングをチェックしておくのもいいかもしれません。

ちなみにもう一つ古いNote4は、中華サイトでリファービッシュ品が3万円にまで下がっています。

☆「Fastcardtech Samsung Galaxy Note 4 N9100」/285ドル

このNote4はCPUがスナドラ805,RAM 3GBなのでNexus6に近いスペックですね。これで3万円ならやっぱり高くはないです。いずれも日本では発売されなかったモデルの話ですが、これからもっと円安になってしまうのなら機を見て入手しておくことも必要になりそうです。


by ke-onblog | 2016-07-17 00:49 | 端末輸入 | Comments(0)
楽天モバイルは本当に端末セールが豊富です。

最近ではSIMフリースマホの半額セールも若干飽きられつつあり、タイムセールを行っても在庫が捌ききれなくなっている楽天のラインナップから期間限定で最大70%OFF, 3600円からスマホが購入できるキャンペーンが実施されています。

実質3600円ではなく、一括3600円です。しかも3Gスマホではなく、LTE対応。5000円以下の携帯なんてどこの新興国市場向け端末かと思うところですが、ドコモのネットワークでばっちり使える国内向けモデルです。
d0262326_18135939.jpg
もともと12000円という低価格なモデルですから高性能ではありませんが、LTEバンドB1,3,19,28に対応しています。これで、3600円。

楽天モバイルの半額セールは必ず回線のセット契約が必要なので、端末だけを買う・買い換えるということは出来ないのですが、この機種は音声プランではなくデータプランでの契約もOKなので、最低利用期間が無いプランを選べば契約後いつ回線を解約しても違約金は掛かりません。

☆「楽天モバイル

Z330の3600円という低価格っぷりも驚きですが、他のラインナップもお安いですね。

・arrows RM02 14800円(おさいふ対応・防水スマホ)
・ZenFone Go 9900円(電池3010mAh, 5.5インチの大画面スマホ)
・ZenFone2 Laser(5インチ) 13900円 (カメラ機能特化スマホ)

他にも割引対象の機種はありますが、注目する価値があるのはこの3機種です。Zenfone2やhonor 6 Plusもありますが、そちらは今更・・・

防水機種が良いなら富士通のRM02がオススメ。この機種はau回線でも使えるので、特に楽天モバイル以外の回線・SIMを持っている人には便利でしょう。arrows M03が登場して型落ちしたため、投げ売りが本格化しています。

Zenfone Goは端末として特に面白みがあるわけではないものの、半額になるのは今回が初めて?だと思われます。1万円を切る5.5インチサイズのスマホは中華スマホでもなかなか無いでしょう。

ZenFone2 Laserは楽天では8GBモデルもありますが、今回のセール対象は16GBモデルです。それでも容量が多いとは言いがたいですが、一般的な市場価格は22-24kくらいなのでかなり安いです。

楽天モバイルのデータプランは月額525円~、そして契約月は無料なので、購入後お試しで1ヶ月利用してすぐに解約したとしてもトータル19000円くらいで済みます。

端末だけを目当てにすると破格というレベルではありませんが、Z330,RM02, ZenFone2 Laser, Goあたりを格安SIMで利用したい人にとっては単品で買うよりお得でしょう。


by ke-onblog | 2016-07-16 18:37 | 格安SIM(MVNO) | Comments(7)
毎度おなじみ、ノジマオンライン限定のお楽しみ箱の夏休みバージョンの発売が始まりますよ~
d0262326_10572771.jpg
16・17・18日の連休各日に数量限定・5千円で販売される福袋的アイテムで、今回のアタリ商品は夏休み直前の販売ということで家族・子供と遊べるゲーム機セットが用意されています。

そしてハズレでも1万円以上の雑貨が入っているため、毎回瞬殺されるノジマの目玉商品となっています。今日の販売時間はまだ発表されていませんが、ノジマのサイト・ツイッター・Facebookなどに発売開始後アナウンスが出るはずです。

☆「ノジマ 夏休み箱(3日間・数量お限定)」/5400円(税込み・送料無料)

大当たりはWii Uの本体とスプラトゥーンのソフトセット、今日発売の妖怪ウォッチの新作3DSセット、3DSとモンハンのセット、PS4本体とソフトセットが入っています。ちゃんと夏休みに遊べるように発送時期はお盆時期前に設定されているので、夏休み時期の暇つぶし用にチャレンジしてみるのもありでしょう。


by ke-onblog | 2016-07-16 10:59 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
ふるさと納税で貰えるデジタル製品ではこれまでiPadシリーズをオススメしてきましたが、カメラもいいですね~。初心者向けモデルからセミプロクラスの一眼レフまで選べます。しかも還元率も悪く無いです。

キヤノンの工場があるという大分県の国東市(くにさきし)では、楽天のふるさと納税サービスを経由して申込できます(市役所に直接問い合わせても申し込みできないのでご注意下さい)

☆「楽天ふるさと納税 大分県・国東市

選べるカメラはいっぱいありますので、一覧にしてみます(2016年7月15日時点)。

【寄附額/製品/市場価格】の順です。詳しいスペックはキヤノンのサイトや商品ページでチェックしてください。

・10万円/ EOS M10(ミラーレス・レンズキット) / 約5万円
・15万円/ EOS M10(ミラーレス・ダブルズームキット) / 約6万円
・30万円/ EOS Kiss X8i (デジイチ・ダブルズームキット)/ 約8.5万円
・30万円/ EOS M3 (ミラーレス・ダブルズームキット2)/ 約7万円
・30万円/EOS 8000D (デジイチ・レンズキット)/ 約9万円
・30万円/EOS 80D(デジイチ・レンズキット)/ 約15万円
・50万円/EOS 7D MarkII(デジイチ・レンズキット)/約17万円
・50万円/EOS 6D(デジイチ・レンズキット)/約19万円
・75万円/EOS 5DS(デジイチ・ボディのみ)/約40万円
・75万円/EOS 5D MarkIII(デジイチ・レンズキット)/約30万円
・100万円/ EOS 1DX MarkII (デジイチ・ボディのみ)/約65万円

市場価格はメーカーの定価ではありません。お買い得感があるものを赤文字にしておきました。ふるさと納税額の50%を超える価値があるものはオイシイです。

100万円の寄附でもらえるEOS 1DX MarkII は今年の4月に発売されたばかりのハイエンド、フルサイズセンサーのデジタル一眼レフカメラです。キヤノンの定価なら税別67万8千円だそうで。まぁ、100万円を全額控除(必須負担の2000円は除く)できるレベルの収入となると・・・単身世帯で2800万超くらいですかね^^;

10万円でもらえるミラーレス M10も2015年の秋モデルでまだまだ新しいです。デジカメの世界は値段も大事ですが新しさ・最新技術も性能に大きく影響するため、古い高性能モデルより新しい低価格モデルの方が便利なこともありますよね。

以上は国東市での特典で、続いてiPadのプレゼントで有名な焼津市のリストです。焼津市の申し込みは楽天ではなく、ふるなび経由となります。

☆「ふるさと納税サイト「ふるなび」

【寄附額/製品/市場価格】

・10万円/ PowerShot SX720(コンデジ)/約3.6万円+健康ランド入浴券
・15万円/ EOS Kiss X80(デジイチ・レンズキット)/約5万円+健康ランド入浴券
・15万円/ EOM M10 (ミラーレス・レンズキット)/約5万円+健康ランド入浴券

また、上記のふるなびから「神奈川県綾瀬市」でもデジカメ・ミラーレス・一眼レフやレンズの返礼品があります。

焼津市の場合は「焼津駅前健康センター入浴回数券」というものが付きます。1日券を11枚分とのことなので、家族で旅行・・・という用途でしょうか。場所が指定されているのでちょっと使いづらいですかね^^; でも国東市と焼津市のラインナップは被らないようにしてあるのですね。

ちなみに焼津市のiPad mini4 64GBモデルが15万円の寄附で、市場価格は55000円(アップル定価58,104円)というところです。なぜこのiPadが人気があるのかをここで詳しく語るつもりはありませんが、普段はなかなか買いづらい高級な一眼レフカメラも、ふるさと納税で入手できるというのはいい機会になりますね。


by ke-onblog | 2016-07-15 21:52 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)