白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2016年 09月 ( 77 )   > この月の画像一覧

まだ楽天スーパーセールの半額スマホセール時の在庫をキープしている方は、早く何とかした方がいいかもしれません。

この前のセールでは数百台の在庫も一瞬で売り切れるほどの人気でしたので、購入したい方は急ぎましょう。
d0262326_11112324.jpg
前回同様に音声SIMとのセット契約が必須です。P9の通常価格は59800円なので、29900円はちょうど半額ですね。

☆「楽天モバイル

楽天市場でのセールには「事務手数料も含めて半額」でしたが、今回の販売は楽天モバイルのサービスサイト側なので手数料は別途です。手数料は3000円がかかりますので、この前のセールより1500円高いということにはなりますが、これでも十分お買い得でしょう。

台数制限は書かれていませんが、もちろん在庫が無限にあるわけではないでしょうから、売り切れる可能性大。前回のセールで1000台放出されたわけですが、まだ需要は強いと予想します。

つい最近楽天モバイルでは同じくファーウェイのhonor 8の取扱も始められましたが、スペックはP9の方が上です。honor8はデータ通信でも契約できるものの、通常価格が428000円→キャンペーンで35800円になっても、まだこのP9半額セールより高いです。

他にもZenfone2 Laserが7800円?!これも安いですね~。こちらはデータSIMもOKです。


by ke-onblog | 2016-09-17 11:18 | キャンペーン情報 | Comments(0)
iPhone7/7 Plus発売から一夜が明けました。昨日購入した方も出来なかった方も、いろいろとネットでiPhone7関連の話題を目にしたと思います。その中で、「iPhone7は尿液晶」というあまり良くない話題も出ていますね~。

言われるまで気づかなかったのですが、私の入手したSIMフリーモデルのiPhone7(ブラック A1779)も旧モデルと比較すると、確かに色がちょっと違います。
d0262326_10340583.jpg
写真で見ても、実物を見ても、iPhone7単体で見ている分には別にふつーのディスプレイで不具合があるわけではないのですが、ディスプレイの輝度を最大にしてiPhone4s, iPhone5s, iPhone SEと並べてみると画面の色合いが違うことが判ります。

iOS9.3以降では「Night Shift」によってブルーライトカットをする機能もありますが、もちろんそれは使っていません(ナイトシフトを使うともっと暖色になります)。
d0262326_10360244.jpg
SEと5sの発売順が逆になってしまったですが、左から順番に「iPhone4s/SE/5s/7」です。なんだか新しくなるに連れて、だんだん黄ばんでいるように見えますね~。それぞれフィルムが付いていますが、透明度は高いフィルムなのでたぶん色合いに大きな影響はしていないでしょう(どうしてもと言うなら剥がしてもいいですけど)。
d0262326_10374014.jpg
こちらはiPhone7と、Xiami Mi5の比較。Mi5と比べても少しiPhone7の方が黄色いように感じます。どちらもガラスフィルムを付けていますが、正直、Mi5のディスプレイの色合いの方が私は好きです。

スマートフォンによっては色合いを端末上で変更する事もできますし、個人の好みもあるので「iPhone7の画面が黄ばみすぎておかしい・見にくい」というレベルではないと私は感じますけども、ネットで見かけた別のiPhone7のディスプレイ比較画像ではもっと黄ばんで見える個体もあるようです。

iPhone7/7 Plusでは、iPhone6s以前のモデルからディスプレイのサイズは同じですが、仕様が変わっているため、そもそも使われているパネルは同じではありません。新モデルでは「”広色域対応の”3D Touch搭載Retina HDディスプレイ」が使われています。この広色域~というのがこの色味の変化に関係あるのでしょう。

私は何台もiPhone7を買ったわけではありませんのでこれが個体差なのか、モデルによる違いなのかは断定出来ませんが、個体差でこの色合なのだったらちょっと惜しいですね^^;

購入された皆さんはいかがでしたか? もっと黄色い個体、普通に白い個体もあるのでしょうか?

あまりに色合いが可怪しいと中古買取時にジャンク扱い・査定減額される可能性があるため、尿液晶が問題になると厄介なのですが・・・

尿液晶問題はともかく、iPhone7はやっぱり良い端末ですけどね。普段もっと軽いスマホを使っているので138グラム(+ガラスフィルム7グラム)ではちょっとずっしりとした重みに感じてしまいますが、手の収まりもいいし、Tapticのホームボタンもとても使いやすいです。

ジェットブラックは在庫が全然ありませんがノーマルのブラックなら指紋も目立たず、すぐに手に入るのでオススメです。私はこの程度の色味の違いは、尿液晶というより単なるディスプレイの特性によるものだと思いますので大きな問題にはならないと考えています(これで黄ばんでいるのが一部の在庫だけだとしたらショックですが(´∀`;)


by ke-onblog | 2016-09-17 11:03 | スマホニュース | Comments(0)
いくら買取額をアップしたところで、入荷してないものは売りに来ないのではないでしょうか(笑)

iPhone7の「つるつる」こと、ジェットブラックの初回入荷分がごくごく限られた数しか存在していないことを受けて、イオシスの買取センターが大暴れしています。

オークションではなく、買取店でこの額はすごいですねw

国内アップルストアでの定価はそれぞれ90,504円と102,384円ですから、お使いをするだけで8~9万円儲かってしまいます(初投稿時7+の値段かと思っていたのですが、「iPhone7」でこの価格は正気じゃないですねw)。

だれか持ち込んだ人がいるのでしょうか???明日以降、イオシスの店頭にジェットブラックが並ぶのかどうか注目ですね(笑)

ヤフオクではそこまでの高騰はしていないのですけれど、1台9月20日~の入荷分で195000円で落札されている出品がありますねぇ。。。マジなのでしょうか。でも、入荷が早いものはある程度のプレミアム化が始まっているのは間違いないです。

私の調べた範囲では、iPhone7の方であればいくつかのショップで予約分のジェットブラックが発売日に受け渡されたことは確認出来ましたが、iPhone7 Plusに関しては一台たりとも存在を確認出来ませんでした。今日本であるのは大手メディアサイトのレビュー用に提供されたものとアップルストアの展示品くらいじゃないでしょうか。

d0262326_22314546.jpg
私も昨日まではジェットブラックが入手できなくて落ち込んでいたのですが、ネットでは「ジェットブラックは指紋が目立ちすぎる」との感想が多く出ていたので、却って普通のブラックを買って良かったなと思うことにしました(´∀`;)

レビューはまた明日から少しずつアップしていく予定です。iOS10自体は先にiPhone SEで体感したので特に目新しいことも無いんですけど・・・TapTicエンジン内蔵のホームボタンは良い感じです。物理ボタンよりも操作しやすいくらい。

今日はドコモでiPhone6sシリーズが大きく値下げされたので、機種変更をするなら旧モデルも悪くはないのですが、防水・おさいふ機能、そして新ホームボタンの使い勝手だけでもiPhone7の利点は感じられました。

関連記事:docomo 型落ちのiPhone6s/6s Plusの機種変更価格を大幅値下げ!最大2万円以上月サポ増額

iPhone7はちょっと画面が黄色っぽい、いわゆる「尿液晶」である傾向もあります(ツイッターに写真はアップしてあります)。iPhone7 Plusはどうなんでしょう? 7/7 Plusではディスプレイが「広域色対応のRetina HD」に変わっているので、その影響だとは思いますが・・・まぁ、このあたりも後日詳しくレポートしていきますね。

発売日に2台のiPhoneをゲットするつもりで今回は動いていましたが、1台で手一杯なので却ってジェットブラックが買えなくて良かったかな・・・と強がっておくことにします。


by ke-onblog | 2016-09-16 22:50 | 白ロム転売法 | Comments(4)
iPhone7本体のレビューの前に、こちらのほうが重要度(緊急度)が高いだろうと思われるネタとして「ガラスフィルムの貼り比べ」をやってみたいと思います。
d0262326_09521766.jpg
一昔前であればスマホ用のガラスフィルムは2000円~3000円くらいが相場の高級品というイメージを私は持っていたのですが、今や通販では1000円以下の格安製品も多く出回っています。

特にiPhoneシリーズのフィルムは多くの業者が取り扱い、販売数が多いため価格破壊が起きやすく、他のスマホに比べても低価格で入手が容易なところが良いですよね。マイナーな機種だと製造メーカーが限られ、いつまで経っても高いのですよね・・・

本日発売されたiPhone7/7 Plusでは背面のカメラ周りのデザインは変更されているのですが、正面のディスプレイ側のデザイン・ボタン配置等は全く変わっていないため、「iPhone6/6s」および「iPhone6 Plus/6s Plus」用に販売された保護フィルム・ガラスフィルム類が利用可能です。これは非常に良いです。

今回レビュー用に購入した2枚のガラスフィルムも、もともと「iPhone6/6s用」として販売されたものです。

低価格なフィルムとして購入したのは「神業」と書かれた強化ガラスフィルム。購入時の価格は498円です。

液晶保護 ガラスフィルム iPhone 6 / 6s 0.3mm 3D touch 対応 硬度9H

新品価格
¥498から
(2016/9/16 09:53時点)

もう一つ購入したのは、少しだけランクの高そうなNEW LOGICという会社が扱っているフィルムです。購入時価格は980円。

NEWLOGIC 【 iPhone6 / 6s 】 C-Glass 0.3mm 保護ガラス (硬度 9H) 感圧タッチ ( 3D touch ) 対応 液晶保護 ガラス フィルム

新品価格
¥980から
(2016/9/16 09:55時点)

参考価格としてアマゾンに出ているお値段は前者が3480円、後者が3980円。どちらもフィルム枚数は1枚で、厚さ0.3mm・硬度9Hの商品です。アマゾンではベストセラー商品であり、今は大きく値下げされています。

では、500円という普通のフィルムの中でもかなり安めの製品と、元は4千円(?)で売ろうとしていたというちょっといい感じ風のフィルムに違いがあるのか見ていきましょう。

まずはパッケージに含まれる同梱品の確認から。
d0262326_09593815.jpg
こちらが安い「神業フィルム」の中身です。製品のパッケージ台紙の裏が取説になっており、他に使用方法の解説はありません。ガラスフィルム1枚と、ゴミ吸着用シール・ガイドステッカー、そしてゴミ掃除用のウェット・乾燥タイプのクリーナーが入っていました。

ガイドステッカーの使い方などは一切書いてないですが、フィルムを貼るだけならこの説明でも良いでしょう。日本語に不自然なところも見当たりません。

続いてNEWロジのパッケージ内容です。
d0262326_10080957.jpg
こちらにはガラス本体,フィルムの貼り方説明が2枚、ゴミ除去シール1枚、クロスクリーナー1枚、そして神業にも入っていたウェット・乾燥クリーナー(とチラシ)が入っており、確かに500円のフィルムよりも充実した同梱物です。

フィルムの貼り方説明もとても詳しく書かれており、見やすさは断然神業よりNEWロジの製品の方が上だと感じました。こちらはガイドステッカーはありません(そもそも神業のガイドステッカーも使いみちがよく分かりませんし)。

ただ、クロスやゴミ除去シールは必要といえば必要ですが、上等なクロスは1枚持っていれば何度でも使えますので、毎回セットで買う必要があるわけでもないでしょう。問題は「ガラスフィルム自体の品質」です。いくら説明が丁寧でも、肝心のフィルムが使いづらいのでは話になりません。

ではフィルムを比べていきましょう。
d0262326_10312565.jpg
どちらも柔らかいポリ素材の袋に入れられています。
d0262326_10322846.jpg

袋から出すと、「ガラスフィルムの保護フィルム」の取り外し用シールの位置が上下で違うところにありますね~。どちらが良いのかしりませんけど。

この「フィルムのフィルム」が付いた状態で、重さはどちらも7グラムでした。
d0262326_10344076.jpg
フィルムの厚さもサイズもほとんど同じ。遠目には2枚に差はまったくありません。

でも、よ~く重ねてみるとほんの少しだけ外周の「曲率」が違います。
d0262326_10361494.jpg
この写真でわかりますかね?極僅かですが、「神業」フィルムの方が大きくカーブをしており、保護する面積が広くなっています。差は0.5mmくらいでしょうか。

2枚とも「iPhone7本体」に比べてやや小さく作ってありますので、面積が広い神業でも、実際の本体前面をすべてきっちりと覆う事はできません。これはAppleが公式で販売しているフィルムでも同じことが言えます。iPhone6シリーズ以降はエッジ部分が曲がっているので、平滑なガラスフィルムを隅まで覆うようなサイズにしてしまうと絶対に周辺部分が浮いてしまいますから。

両製品ともにフィルムの外周は「2.5D」というか、指が引っかからないように滑らかなエッジ処理が施されています。処理の程度は似たようなもの。フィルムの透明度も見た目には差は全く判りませんね。

販売価格は2倍の差がある2製品ですが、ガラスフィルムの質に関しては「ほぼ同等」であると言えると思います。2枚がラベルなく置かれていたら、どちらがどちらなのか判りません(苦笑)

まずは安物の「神業」を貼ってみました。
d0262326_13174990.jpg
周囲が浮きまくりです^^; 上下左右、ほとんどの領域で1mm弱くらいの浮きが発生しています。若干左によってしまいましたが、それでも右側も左側も同じくらい浮いているので・・・。
d0262326_13232681.jpg
iPhoneのディスプレイガラス自体が曲面なのでこれくらいは妥協できなくはないですが、こんなものなのでしょうか。う~ん、微妙。

タッチ操作・指触りは特に問題ありません。隅の浮き以外はゴミや気泡も入ること無く綺麗に貼れたつもりです。指紋はまぁ、それなりについてしまいますがガラスなのでクロスで拭けばすぐに綺麗になるのは普通ですね。

うむむ、どうしようかな。「貼り比べ」なんていっておいて、現時点では今1枚目を貼ったところで止めています。まるっきりダメだったらすぐにでも剥がして次に行くところですが、画面を点けていれば気になりませんし、浮きと言ってもツメや指が引っかかるほどではありません。一応耐久度的なものを見るために2~3日様子を見ようかなと。一度剥がしてしまったらやっぱりゴミが付きますからねぇ。

サイズは低価格な神業もNEW LOGICのフィルムもほとんど変わらないので、たぶん貼ったら同じように浮きがでます(NEWロジの方がほんの僅かに小さいですが、この浮きの幅より小さな差です)。浮きをなくそうと思ったら、多分もっと保護する部分が小さいデザインにするか、フィルムが柔らかくカーブするように覆うタイプじゃないと難しいでしょう。

このくらいの浮きは仕方ないだろう、と思える方には500円のガラスフィルムでも十分使えるとは思います。

で、1000円のフィルム(まだ実際には貼ってないですけど)は何が違うのかというと、パッケージに同封される説明が丁寧なだけでなく、決定的な違いがひとつありました。
d0262326_13313568.jpg
NEW LOGICの方は初期保証がありますね~。1ヶ月だけですが、故意に破損させたものではなければ1回限りながら無償交換を受けることが出来ます。これは500円のフィルムにはないサービスですね~

もちろん落として割っただとか、貼り付け時に上手く行かなかったなどの理由で交換することは出来ないと思いますが、簡単に欠けてしまった・粘着力が落ちてずれたり・隅が大きく剥がれたりしたら交換してくれるかもですね。

そういう意味では、1000円のフィルムは「修理分含めて2枚分」の料金だと思えば「1枚500円保証なし」の製品とフィルム自体は同質でも、1000円の価値があると言えなくもない・・・でしょうか。500円のフィルムを2枚買った方がオトクと考えるかどうかはひとそれぞれかと。

とりあえず、現時点では神業ガラスフィルムも使って使えなくはない、くらいの評価にしておきます。今の浮き状態から悪化したり・剥がれてきたりしないかチェックするほうが有意義でしょうから、このまま試用を続けてみます。また後日問題が起きるかどうか追加レポートを書きたいと思います。

ちょっと決定打に欠く、中途半端なレビューになってしまいました。500円なら試しに買ってみても良いか、という方にはとりあえずで買ってみても悪くはない品質ではあるでしょう。サイズ・操作はiPhone6s/6で実績のあるものであれば普通にiPhone7でも使えますので、わざわざ「iPhone7専用」という高いものを買う必要は無さそうです。


by ke-onblog | 2016-09-16 17:54 | 白ロムコラム | Comments(2)
つい先程、アップルよりSIMフリーのiPhone7 32GBモデル ブラックを入手しました~
d0262326_11403966.jpg
さっそく開封の儀をすっ飛ばして、iPhone4s/5s/SE/6(フェイク)と並べて記念撮影です。

ジェットブラック7+の方は結局今日も連絡が無さそうなので、もうかなりどうでも良くなってきました(´∀`;)

iPhone7の機能や外観レビューよりも先に、まず昨日ゲットしたケースやガラスフィルムのレビューをやろうと思いますので、これからiPhone7を購入してオススメのケースやフィルムは無いかな?とお探しの方は少々お待ち下さい。

iPhone7の方は32GBモデルの在庫は少ないらしいのですが、128GB,256GBモデルは店頭で買えるとこもあるようです。キャリア版でもかなり予約分の在庫確保も進んでいるということなので、ジェットブラックのような遅延は無さそうですね。

ネットを見ているとジェットブラックよりブラックの方が良い(つるつるは指紋がすごく目立つとのこと)という反響も多いみたいなので、何週間も待たされるくらいなら通常のブラックに予約を切り替えてしまうのもありでしょう。

ブラック、良い感じです。iPhoneの「Dライン」とよく呼ばれるアンテナ感度を高めるデザインが目立たないし、サラサラとしたアルミ質感で指紋も付きにくそうです。


by ke-onblog | 2016-09-16 12:03 | 白ロムコラム | Comments(1)
お~、これは良いタイミングですね。

以前のレベルに戻っただけといえばそうなのですが、今日9月16日からのドコモの公式下取り価格でiPhone5s(全容量同じ)が22000円に変更されました。

☆「ドコモ 下取りプログラム

他の機種は・・・特に変わってないかな? 5s以外のiPhone, ドコモ・他社のアンドロイド端末で特に美味しい感じの下取り価格になっているわけではないみたいですか、ひとまずiPhone5sが22kというのは良いレベルです。今はドコモ版のiPhone5sの白ロム相場もかなり下がっていて、22kは新品クラスでもない限り無理でしょう。

まぁ、これでiPhone5sとiPhone6(全容量)が同じ22000円での下取りというのは、それはそれで解せないところもありますが(笑)
d0262326_11010758.png
また、オンラインショップ経由でiPhone7/7 Plusを買うときに下取りを指定するとその場で1200円値引きされる「ドコモ 期間限定下取りでオトクキャンペーン」もやっているため、店頭下取りと郵送で実質的に同じ還元が得られます。機種変更の場合はオンラインなら契約事務手数料が無料になるため、発売されたばかりで定価で売られていることの多いiPhone7シリーズに機種変更したいのなら、下取りアップ分も含めてオンラインショップの方が有利になります。

問題は、そのiPhone7/7 Plusがオンラインショップに全然在庫がないことですけどね・・・。店頭では4.7インチモデルならかなり多くのショップで当日販売分があるみたいなので、オンライン在庫も予約さえしておけばすぐに確保は出来ると思いますが、どうなんでしょう。

事前予約をしたのなら、77700ポイントが当たるキャンペーンや予約山分けキャンペーンの対象になるのでキャンセルしてしまうと勿体無いということもあるので、機種変更したい時期と相談しながらキャンセル・再予約の決断をする必要がありそうです。


by ke-onblog | 2016-09-16 11:07 | キャンペーン情報 | Comments(4)
9日の予約開始直後に注文しておいたSIMフリー版のiPhone7 ブラックは無事発売日入手が出来そうです。
d0262326_20514945.jpg
4.7インチモデルのブラックは今から予約しようとすると2-3週間待ち。ジェットブラックや7 Plusに比べれば入手が容易ですが、ローズやゴールド・128GBモデルより若干入手難易度が高いと見られるモデルです。

関連記事: iPhone7予約状況 色・容量別の納期予想 初回入荷分入手難易度一覧

予約は16時11分に完了メールを受信しています。で、本日15日18時半頃に出荷完了のメールが届きました。あとは到着を待つばかりです。

発送はヤマト運輸が使われており、引受け支店は「ADSC支店」。この支店はアップル製品の出荷時に利用されることで有名だそうですね~。

ADSC支店はどこにあるかというと、羽田空港の近くです。
d0262326_20580667.jpg
住所にすると「東京都大田区羽田旭町11番1」ですね。ここから全国の林檎好きのもとへ配送されるというわけです(他にも別の発送元があるのかもしれませんが)。

ドコモで予約すると大阪からの発送になるのですが、在庫管理元がSIMフリーとキャリアではやっぱり違うのかな?

都内からの発送になるのでここから大きく離れたエリアへの配送の場合、初回在庫分でも発売日に届かないことがあるのかもしれません。

もう私の注文分はヤマトの追跡番号に登録されていて、状況を確認できるようになっていますが、時間指定は変えようと思えばクロネコメンバーズにログインしてから変えられます。デフォルトでは時間帯指定なしになっています(購入時に指定できましたっけ?急いで手続きしたので記憶にありません^^;)ので、一応そのままで最短時間で届くはずですが予定のある方は事前に登録して変更しておきましょう。

明日から店頭での販売も行われますが、ジェットブラック・Plusが無いのでは量販店あたりは結構閑散としたものかもしれませんね(´∀`;) キャリアショップはどんなものなのでしょう?多くの方がジェットブラック・ブラックを予約していればまだ入荷連絡を受け取っていないという人もかなりの割合でいるはずなので、やっぱり例年よりは空いているのかも。


by ke-onblog | 2016-09-15 22:23 | 白ロムコラム | Comments(4)
なるほど~、そうなりましたか。

2016年モデルのiPhone7/7 Plusについての予約状況・在庫状況については先日よりお伝えしている通りに、一部のモデルが極めて少数しか用意がなく、私も負け組入りしてしまいまいた。

過去記事: iPhone7 Plus発売日購入失敗 orz. ジェットブラックの入荷連絡は全キャリア壊滅

一方で、すべてのモデルで同じように品薄になるかというと、そうでもないみたいです。某家電量販店の入荷情報を見ると4.7インチモデルのiPhone7ではゴールドやローズゴールドは予約のタイミングに関わらずすべての購入者に在庫が行き渡るようです。おそらく、明日16日当日に予約なしで店頭に行っても買えるモデルが出ると予想されます。

昨年のiPhone6s/6s Plus, 今年の春のiPhone SE発売時にはアップルストアでの当日販売は行われず、iPhone発売日恒例だった長い行列が作られませんでした。

今回の7/7 Plusの発売日である9月16日の前日である今日は、日本のアップルストア前に行列が一部作られているという目撃情報が出ていました。「今年は当日販売分がある」という情報も、確かに以前からありましたね。

でも、やっぱり話題になっているジェットブラックの在庫がないことは確定したようですね。。。

☆「ASCII-悲報】ジェットブラックのiPhone 7とiPhone 7 Plus全色は徹夜で並んでも買えません!

すでにストアの店員により、ジェットブラックを所望の人にはiTunesカードが渡され、行列解散が行われたとのこと。でも4.7インチモデルのジェットブラック以外は当日在庫があるらしく、今から並べば買えるかもしれません。

オンラインストアの予約状況は、iPhone7 Plusのジェットブラックが11月、その他の色が2~3週間待ち。iPhone7のジェットブラックは3~5週間待ち、その他は6-8営業日・2~3週間待ちの表示になっていますので、今から予約するよりは行列に並んだほうが早く手に入る可能性は確かにあるでしょう。

不人気モデル・・・というと言い過ぎかもしれませんが、スタンダードなゴールドやローズゴールドの128GBモデルあたりはたくさん作ってあったのでしょう。この傾向はキャリア版でも同じで、iPhone7の方は明日予約無しで買えるモデルも出そうです。ジェットブラック・プラスの予約状況を除けば昨年のiPhone6sのローズ以外の状況と似たようなものだと予想されます。

モデルや色に拘らなければiPhone7は簡単に手に入り、ジェットを狙うと酷い待ち時間になるということですね・・・

待ち遠しすぎてジェットブラックの予約情報を集めるページもつい作ってしまいました。

☆「 [情報募集]iPhone7/7Plus ジェットブラック入荷連絡 納期予想用

すでに何件かの情報を寄せて頂いていますが、auの4.7インチ版256GB以外は入荷報告はないですね~。ショップに問い合わせても、「いつ頃入荷」という予定すらまったく判りません。

SIMフリーモデルのジェット+は最短で9月20日~10月1日の納期予定で通知が行っているようなので、私の分も来週以降でしょうねぇ。これなら7をジェットにして7+は平凡カラーにすればよかったな~とちょっと後悔。
d0262326_19091149.jpg
先ほどSIMフリーのiPhone7出荷メールが来ていました。7用のケース・フィルムも入手済みなので、コチラは明日本体と一緒にレビューしますので興味のある方はお楽しみに^^


by ke-onblog | 2016-09-15 19:10 | スマホニュース | Comments(0)
確か楽天では去年もSIMフリーのiPhoneを店頭に持ち込むと手数料が無料だか無料期間の延長だかという特典をやっていましたね。今年はキャッシュバックで勝負するようです。
d0262326_11501663.jpg
名目としては、「他社からの乗り換え時に発生する違約金を負担」ということで、通話SIM+楽天電話の5分かけ放題オプションに加入することで1万円分のポイントが貰えるというものです。でもMNP転入ではなく新規申し込みでもOKみたいですね。

☆「楽天モバイル

楽天モバイルではMVNOの中ではまだまだ提供しているサービスの少ない「通話し放題オプション」を早くから提供していて人気があります。
d0262326_11571041.png
通話SIMは月額1250円~、カケホオプションは月額850円~なので維持費は最低でも2100円(税別)~となりますが、データ通信ではなく短い通話をメインにしたい人には確かに安いでしょう。キャリアにも5分のカケホプランはありますが、セットで加入する必要があるデータプランを1GBにしてしまうと月額割引が無くなってしまい、結局維持費は5000円オーバーになったりします。

ここに1万円分のポイント還元があるわけですから、実質4~5ヶ月の料金が無料になるということですね。これは確かにお得度は高いです。

ただ、この1万円還元のプランは「24ヶ月縛り」が発生します。しかも、オプションの解約金が12000円になり、通常の楽天通話SIMの違約金発生条件(12ヶ月・9800円)より厳しいものとなります。

キャンペーン分の1万ポイントは開通月の翌月下旬頃に付与されますが、短期解約をしてしまうと台無しですので即撃ちMNP弾にはなりませんね~。初期事務手数料+転出手数料+1ヶ月分の維持費だけで18kを超えてしまいますので。

このキャンペ-ンは楽天モバイルのサイト・ショップの購入に適用されますが、対象となるのは「SIMカードのみ」での契約であり、半額スマホセールとの併用も不可。

すでに端末を持っており、楽天で2年以上使うことも苦にならないという人向けです。


by ke-onblog | 2016-09-15 12:06 | 格安SIM(MVNO) | Comments(2)
8月にシンプルスタイル入りして一時的に売り切れ状態になっていたソフトバンクの304SH在庫がオンラインショップに昨日から復活しています。

私のチェックしたところでは8月31日頃には在庫がなくなっていたので、2週間ぶりですかね。

☆「ソフトバンク AQUOS Xx 304SH アウトレット」/ 1万8千円(1万円チャージ込み,税・送料・代引き手数料込み)

販売価格は据え置きの18,000円。ゴールド・ブラック・レッドすべての在庫が9月15日朝時点で購入可能ですよ~。8月に販売されたときに注文された分でBLキャンセルされた在庫が戻ってきたのでしょうか(笑)

304SHのアウトレット販売が始まったのが8月19日で、それ以降304SHの本体がヤフオクでちらほらと状態の良い物が放出されていますね。

アウトレットは正確には新品ではないはずですが・・・アウトレット用304SHは18000円~23000円くらいの結構良い値段で取引が9月も続いています。

前回は2週間足らずで売り切れましたので、欲しい方は早めに注文しておいたほうが良いでしょう。304SH自体の性能も良いですし、304SHがこの値段でリリース出来るのならMNP弾としても結構優秀です。

今年はドコモがiPhone7/7 Plusの月サポを新規・MNP・機種編で全て揃えるという、総務省の「不公平な価格設定を無くせ」という命令にお手本のような回答を出していますが、結局チェンジ割やらまとめて割の条件緩和やらの割引を以ってMNP優遇が行われたため、コストの安いMNP弾はきっと来年も有効でしょう。


by ke-onblog | 2016-09-15 06:51 | 白ロム転売法 | Comments(0)