白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2016年 09月 ( 77 )   > この月の画像一覧

これは良いです。非常に良いです。売ったら売りっぱなしになりがちな海外製品のサポートを買って出た今回の対応は素晴らしいです。

先日より話題に成っているサムスンの最新スマートフォン、Galaxy Note7の爆発事件は公式にリコール(SM-N930FD)が発表されました。

過去記事:Galaxy Note7爆発問題 韓国でリコール確定 購入された方は型番&サポート状況を要確認
関連ニュース:(CNET JAPAN)サムスン、「Galaxy Note 7」のリコールを発表--バッテリの発火問題を受け

不具合が出てしまったことは大変に残念なことではありますが、比較的早いタイミングでサムスン公式にこういった対応を出してきたことはむしろ私は好印象に感じました。まぁ、そこまで今回のトラブルは超深刻ということでもありますが・・・

爆発の原因はバッテリーにあったことが確認されており、対象となるモデルは海外で発売されたモデルも含みます。これまでに250万台が出荷されているということですので、サムスンにとっては相当な痛手ですねぇ。

バッテリー交換による無償修理は韓国では9月19日以降に実施されるということですが、身近な問題としては海外から輸入した場合のサポートがどうなるのかという点が気掛かりでした。

購入した端末の保証をしっかりと利用して元の販売エリアでのサポートを受けることが出来るスキルがあれば問題ありませんが、このブログでも過去に紹介したように、Galaxy Note7は手に入れようと思えばごくごく普通の通販感覚で買えるサイトでの売買も行われていました。

一般的な国内流通製品はメーカーからの直購入ではなく、どこかの業者による転売品でしょうから「販売者」によるサポートが期待できないかも・・・と心配でした。

しかし、中古スマホ・PCを扱うショップ・イオシスがここで神対応を発表しましたね~

私もこのアキバ中央通り店でGalaxy Note7が入荷しているという情報は掴んでいましたが、イオシスで購入した製品に関しては、イオシスが代わりに修理対応(バッテリー交換)の手続きをしてくれるみたいです。Galaxy Note7はもちろんまだ日本では売られていませんから、サポートに問い合わせる場合も最低限英語でのコミュニケートが必要になったことでしょう。

今の時代は海外通販を使ってスマホを輸入できる=英語も出来るというわけでもないでしょうし、ショップが代行してくれるのはありがたいですね~

正直言ってイオシスのGalaxy Note7の販売価格は安いとは思えませんでしたが(苦笑)、こうしたサポートが出来るのならイオシスでの海外製品購入も安心出来るというものですね。

対応は購入した店舗で行うとのことなので、イオシスからGalaxy Note7を購入した方はイオシスに連絡しましょう。今は不具合が無くても、バッテリーが爆発する可能性のあるものを使い続けるのは非常に危険なので絶対に放置してはいけません。

イオシスの店舗情報はこちら→「http://iosys.co.jp/pages/shop

お金にならないサポートですが、こうした対応をすべての転売業者にやって欲しいものですね。

by ke-onblog | 2016-09-04 07:43 | スマホニュース | Comments(1)
いよいよ今晩から楽天スーパーセールが始まりますね!目玉の楽天モバイル楽天市場店の半額スマホだけでなく、いろんな商品がタイムセールに登場します。

大注目のHuawei P9の半額タイムセールは最終日の9月7日20時~なのでまだ時間があります。

過去記事:Huawei P9が半額セールに登場 楽天モバイル200台限定33,912円

音声SIM契約が必須なためP9は転売はともかくとして、普通にP9が欲しい方にとっては間違いなくお買い得になるので、競争率はかなり高めだと予想します。

P9のタイムセール以外にも、期間中にはDesire626が70%OFFになったり、タイムセールほどの割引率ではないかもしれませんがP9の割引販売もやるみたいですね。

☆「楽天モバイル

Desire 626のセールは今晩19時からスタートし、限定数はブラックが500台だそうです。タイムセール版のP9は音声SIM契約必須ですが、割引販売はデータもOKだったりしないかな・・・19時になってから確認しましょう。条件次第ではタイムセールの半額よりオイシイ可能性もありますし(笑)

タイムセールではない、通常販売でもP9が半額になっています!!! タイムセールの意味は一体??
☆「楽天モバイル楽天市場店 P9+通話SIMセット販売」/ 33,912 円
このあと22時からは、楽天モバイル市場店にて、HuaweiのSIMフリースマホでは最上位モデルクラスとして売りだされた「Mate S」が64%オフという高割引率で登場します。

☆「楽天モバイル 楽天市場店

もともと価格が89424円という、ちょっと勘違いをしているのではないかというくらい高い価格設定だったのはもうツッコまないとして、タイムセールでは32,184円で買えるようになりました。Mate Sは月額525円~で使えるデータSIM契約OKです。短期解約しても違約金はありません。アマゾンでは本体単体が42800円で今売られているようなので、やっぱり断然スーパーセールの方が安いです。

限定数は合計200台と多くはないものの、落ち着いて買えば買えるレベルでしょう。一瞬で売り切れるタイプの超絶特価だとは思えませんので。

また、楽天スーパーセールに合わせて割引クーポンも出ています。

☆「楽天スーパーSALE事前エントリー 1000円オフクーポン

上記はラクーポンの割引クーポン。5000円以上の商品で1000円引きになるので、割引率最大20%オフです。
d0262326_17091762.png
☆「楽天スーパーセール クーポン発行ページ

こちらは通常のショッピングで1万円以上の買い物で使える1000円引きクーポン。利用発行枚数に限度があるので最終日まで保たないかもしれませんが、使えるショップリストがクーポン発行ページにあるのでチェックしておきましょう。

タイムセールのラインナップも出ています。超目玉商品はなかなか買えないと思いますが、それでもついチャレンジしたくなるのは古事記の性でしょうか(´∀`;)

☆「楽天スーパーセール タイムセールスケジュール

by ke-onblog | 2016-09-03 17:17 | 白ロム転売法 | Comments(15)
海外サイト通販の安さを知ってしまうと若干物足りないような感じも否めませんが、エクスパンシスにてXperia Z Ultraの後継機足り得ると一部に人気のXiaomi Mi MAXの16GB,32GB,64GBモデルがそれぞれセールになっています。
d0262326_07161179.jpg
中国ではRAM 4GB+ROM 128GBモデルの組み合わせもあるはずですが、エクスパンシスでは3種類です。価格は21800円~となっており、6インチ超えの大画面スマホの中では比較的リーズナブルになっています。

☆「エクスパンシス Xiaomi Mi MAXicon

ディスプレイの解像度はどのモデルでも同じですが、モデルによってCPUとRAM容量が違うので最安値の16GBを買う場合は少し気をつけて下さい。

・RAM2GB/ROM16GB/Snapdragon 650 21800円
・RAM3GB/ROM32GB/Snapdragon 650 28500円
・RAM3GB/ROM64GB/Snapdragon 652 32800円

通常価格よりも1500円~2500円ほど安くなっていますね。上記価格は関税・送料(1400円~)を含んでいませんので、最安モデルで2万4千円くらいが購入総額になるでしょう。

スナドラ650/652はハイエンド用のCPUではありませんが、ミドルーハイくらいの比較的性能の高いチップです。2015年の夏モデルハイエンドスマホと比べても遜色ないくらいのベンチスコアを記録していますので、大画面を活かしてゲームやネットを楽しみたい人にも満足出来る動きをしてくれるはず。

なおエクスパンシスのMi MAXは中華版にグローバルROM・Google関連サービスをインストールしたものであり、「Internatinal Edition」ではないので気をつけて下さい。

昨日もまた円安が進んでしまって昨日の終値は1ドル104円まで上がってしまったので少し個人輸入の旨味が減ってしまいましたが、Mi MAXを買いたいのならまだ中華サイトの方がかなり安いです。

3GB/ROM 32GBの最安値は・・・下のギークバイングですかね。このショップは最近Xiaomi関連に本当に強くなりました。

☆「Geekbuying Mi MAX Internatinal Edtion」 220ドル

ここは本来のインターナショナルエディションから中華モデルまで取り揃えられており、アリエクスプレスよりも現状では安いです。送料も無料(早く欲しい場合は+1000円くらいで有料配送も選べます)。Paypalで支払う場合は今(9月3日)のレートで23,757円(1ドル108円!)になりますが、支払方法の選択画面でカード側の通貨レートを指定すると安くなる可能性があります(為替が急激に動くと、決済時のタイミングで損益が変わることもあります)。
d0262326_07392021.png
エクスパンシスでは3万円強のところが、Geekbuying経由でならちゃんとした国際モデルがさらに2割くらい安く買えるということになります。輸入の手間暇・リスクをどう捉えるのかは人それぞれなのでGeekbuying経由の購入を絶対にオススメするわけではないのですが、このような中華通販をしってしまうとどうしても比べたくなってしまいますね^^;

日本のアマゾンでは3GB/32GBモデルでも34000円くらいするみたいなので、エクスパンシスのセールのほうが少し安いです。

エクスパンシスの保証は1年間のショップ保証があり、GeekbuyingだとPaypalによる買い手保護、こちらも1年間のショップ保証があります(Geekbuying Return Policy)。エクスパンシスだと購入時に代金引換も使えるので、届くかどうかが不安という方は代引きで買ってみるのもいいでしょう。中華サイトで代引きが出来るショップは多分無いので、そのあたりはエクスパンシスの強みと言えるでしょう。

円相場がここ1週間ほど輸入に関して不利に動き始めているので、この流れが今後続く可能性を考慮すれば早めに仕入れたほうが良いのかも・・・しれませんねぇ。


by ke-onblog | 2016-09-03 07:53 | 端末輸入 | Comments(3)
昨日はZenfone3の5.2インチモデル(ZE520KL)が大きく値下げされたという情報をお伝えしましたけれど、それよりも更に安く買えるZenfone3シリーズの販売がEtorenで始まりました。
d0262326_17554361.jpg
日本でもZenFone MAX(ZC550KL)がASUSより公式に販売され、「ASUS ZenFone Shop」では3万円で売っています。旧モデルも安かったのですが、新型の「ZenFone3 MAX」はさらにお安いです。

☆「Etoren Zenfone3 MAX(ZC520TL)」/ 税込み 23,699円(9月2日夕方時点の価格)

カラーはゴールドとシルバーのそれぞれが在庫あり。入荷しているのはたぶん台湾モデルだと思いますが・・・対応バンドは以下のとおりです。
TW/JP version: 2G: 850/900/1800/1900 3G: WCDMA: Band: 1/2/5/6/8 4G: FDD: Band: 1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28 TD: Band: 38/41-ASUS Zenfone3 MAX Specifications
海外での定価は2万円弱という設定ですが、輸入コストを考えても結構安いですね~。送料は別途なので支払総額は26kになるはずです。他のZenfone3シリーズに比べて「MAX」はそのバッテリー容量以外は割りきった格安モデルなので、手を出しやすい価格で輸入できるのが魅力です。

5.2インチの通常モデルに比べて、ディスプレイ解像度がHD + CPU(MediaTekの下位モデル)+RAM 2GB + ROM 16GBと言った感じの廉価仕様になっています。この程度のスペックなら2万円台は妥当。3万円台になるなら逆にコスパが悪いです。

ノーマルのZenfone3は2650mAhで、MAXが4100mAh。そして画面の解像度が落とされたこと・CPUの処理能力も落とされているので、バッテリーのロングライフは確実です。スタンバイで720時間(30日)、連続通話は20時間(1200分)とされており、動画再生も15時間持つそうです(普通のスマホなら10時間がせいぜい)。

この価格差(約6000円)であれば、私なら通常の5.2インチ版ZE520KLを買うところですが(笑)、バッテリーの持ちだけならZenfone3 MAXに分があるでしょう。

5.2インチ・5.5インチ・5.7インチ・6.8インチのサイズ違いに加えての低価格モデル。スマホに何を求めるのかという問題でいろんなZenFoneを選べるのが、Zenfone3シリーズの良さなのでしょう。

さっさとASUSの日本法人には国内販売を進めて欲しいですね(´∀`)

過去記事:Expansysで5.2インチ版Zenfone3がさらに大幅値下げ!格安の2万円台に突入


by ke-onblog | 2016-09-02 18:14 | 端末輸入 | Comments(2)
う~ん、これはどうでしょう。

本日9月1日から、ドコモの公式施策にいくつか変更点が見られます。条件が良くなり値下げ・割引がアップしたものもあるのですが、、、

まずは良いニュースから行きましょう。

ドコモで家族向けに実施されている複数台購入に対する優遇施策において、先月までは条件を満たした上で対象機種を購入すると1台あたり一律「5,184円」の還元がされたところから、「2016年5月以降発売のモデル」を購入した場合の還元が2倍の10,368円にアップしました。
d0262326_11024133.png
この変更は購入の負担にかなり大きく影響するはずです。

2016年5月ということなので、iPhone SEや昨年モデルのiPhone6s/6s Plusあたりが対象外になるのがちょっと残念(投げ売りの加速には繋がらない)ですが、今日から値下げされたGalaxy S7 edge SC-02HやらAQUOS ZETA , Xperia XPあたりへの機種変更は割安になってくるでしょう。

これから発売される機種」も増額対象にはなりそうですが、対象機種の表現として「iPhone」を除外しているのでiPhone7はどうかな・・・どうでしょう?やっぱり通常の5,184円に留まりそうです。

まとめて割の適用条件は特に変わってないかな?たぶん記載は変わっていないと思いますけれど、詳しくは公式サイトを参照して下さい。

☆「docomo 家族まとめて割

この他、端末購入サポートの延長(SO-03Hやガラホの新規一括0円、dtab compactなど)もあります。新機種の追加はありませんでしたが、ショップではXperia Z5 Premiumの投げ売りが先月からエスカレートしている印象があります。

さて、問題は悪いニュースの方。最近ドコモに限らずキャリアの「下取り」に関しては改悪続きですね~
d0262326_11302783.png
これが8月31日までの条件。下が9月1日~の条件です。iPhoneの下取り評価額はドコモモデル・他社モデルに差はありません。
d0262326_11324749.jpg
これからの時期に乗り換えようとするユーザーが増えるはずのiPhone6/6 Plusでマイナス5000円、iPhone5sは半減の11000円へ、iPhone5なんて10分の1以下に落ちてしまいました。

iPhone5の下取り祭りが開催されていた6月下旬が懐かしいですね(´∀`;)

例年であれば新型のiPhoneが出る時期はむしろ下取り施策は増強されても良さそうなものですが、総務省・公正取引委員会による指導の影響が出ていると推測されます。

関連記事:キャリアの下取り増額は独占禁止法違反の恐れ 公正取引委員会が見解

私もiPhone7購入時には全く使っていないiPhone5sを手放そうかと思っていたのですが、11000円ではちょっと寂しいですね。22kなら利益が出たのですが(苦笑)

下取りについては月の途中から変更されることもあるので、今後に期待しましょう。


by ke-onblog | 2016-09-01 18:46 | キャンペーン情報 | Comments(4)
あぁ~、やってしまいましたね。大手スマホメーカーでこのレベルのトラブルは珍しいです。発売直後に一時的に販売停止というのは富○通でもありましたけど。

今朝方、サムスンのGalaxy Note7がドコモから発売される予兆が見られるという話をしたばかりでしたが、雲行きが怪しくなってきました。

過去記事:Galaxy Note7 ドコモからの発売はほぼ確定(SC-03H) ただし発売時期はトラブルで遅延も??

上のブログでは海外において複数件の「Galaxy Note7爆発」が起きたとされる問題で、韓国では販売キャリアへの供給が停止されていたということです。

重要:2016年9月に、Galaxy Note7はバッテリーの不具合により、公式にリコール対象となりました。問題解決前に製造された製品の利用は非常に危険ですので、販売再開まで購入を見合わせることを推奨します】

そしてその続報として、朝鮮日報が報じたところによると今日1日にもサムスン電子は韓国内でGalaxy Note7の全販売分に対してリコールを出すということです。どうやら、スマホに使われているバッテリーに不具合があったみたいですね。

☆「 (朝鮮日報日本語版) サムスン電子「ギャラクシーノート7」全量リコール実施へ

海外へ販売されたモデルでもやはりリコールの対象となる模様です。しかし、記事には「返品・新品交換」での対応ではなく、リコール対象となる場合にはバッテリーの交換・無償修理での対応になるとの記載もあります。このあたりは公式リリースを待ってから動くのが良いと思いますが、海外モデルを輸入した方はどこに連絡すべきか良く購入ショップの保証内容を確認しておきましょう。

Galaxy Note7のバッテリーは脱着式ではありませんので、交換修理の場合は販売国の現地サポートセンターに対応を要求することになるでしょう。もちろんドコモショップやauショップ、格安SIM業者に連絡してもダメです(スマホを輸入して使おうという人にそんな知識レベルの人はいないと思いますけど(苦笑)。

Galaxy Note7にはヨーロッパ・アメリカ・カナダ・中国・韓国・香港・アジアモデルなど、「SM-N930○○」という型番が付いています。所有している端末がリコール対象かどうか、また修理・交換する場合はどこに問い合わせれば良いのか混乱が広がる前に購入元にコンタクトを取ってみるのも手でしょう。誠実なところなら、もしかしたらショップ独自で返品対応などもしてくれるかもしれませんし。

どこのショップとは明言しませんが、「購入後1週間を過ぎるとショップ保証・メーカー保証も一切効かなくなる」という製品を販売している輸入ショップもあります。メジャーなメーカーであれば普通購入後1年のメーカー修理保証は付くものなのですが、それすら付かないという流通路があるみたいなので。。。

これから購入を考えていた方はしばらく様子見をおすすめします。すぐに爆発はしなくても、使っていくうちに電池に不具合が出るという状況も十分考えられるため、今買うのは危険過ぎます。

Noteシリーズは「Sシリーズ」に比べれば出荷台数は少ないと思いますが、一応のフラッグシップ機でリコールは痛いですねぇ。対応は比較的早かったようにも見えますので、傷が広がらないうちにしっかりと対処して日本への投入をおこなって欲しいですね。


by ke-onblog | 2016-09-01 15:56 | スマホニュース | Comments(0)
私も結構気になっている一台、サムスンの最新ハイエンドファブレットモデル Galaxy Note7に関して気になる情報が出ているようですね。。。

国内においてサムスンのGalaxyシリーズはドコモをメインに、KDDI, Softbankの3大キャリアがそれぞれ扱ってきた事例があります。最近ではGalaxy S7 edgeがドコモ(SC-02H)とau(SCV33)から2016年夏モデルとして発売中です。

そして最新モデルのGalaxy Note 7は海外では8月頃より販売が開始されており、輸入した方々ならすでにNote7ユーザーという方もいらっしゃるはず。

そのGalaxy Note 7は公式発表がされた8月初旬より、サムスンの日本向けサイトにGalaxy Note7の製品ページがあったことから「日本でも発売濃厚」と言われてきました。

そして現在はその日本向けサムスンのサイトに、こんなページまで出来ています。まだページの中身はほぼ空なのですが、URLの文字列に注目です。

☆「http://www.samsung.com/jp/support/model/SM-N930DZKADCM

最後の3文字は「DCM」。お察しの通り、DoCoMoのことです。SM-N930という番号がGalaxy Note7に付けられる共通項ですし、そもそも上記のページも「Galaxy Note7」のサポートページとして用意されていますからね。

ちなみにGalaxy S7 edgeのサポートページの場合は「SM-G935DZWADCM」です。SM-G935という部分がS7 edgeの共通項。

auモデルであれば「SM-G930JZKAKDI」というサポートページが作られそうですが、どうやら今のところ該当ページは存在しません。もしかしたらNote7はauから出ない(あるいは発売時期が遅れる)のかもしれません。

ドコモでGalaxy Note7が取り扱われれば、Galaxy Note3 SC-01F 2013年10月17日発売以来の、実に3年ぶりのモデルチェンジ(海外ではNote4, 5が発売済み)ということになるわけですが・・・

このブログサービスと運営が同じエキサイトのニュースにもこんな問題が取り上げられています。

☆「サムスン最新スマホGalaxy Note7がまた爆発か、消費者に不安広がる=韓国ネット「リコールするべき」「新しいアラーム機能?」

Note7、爆発するらしいですね・・・。もちろん事例は何十万、もしかしたら何百万と出荷されたうちの極一部ということのはずですが、スマホ本体が焼け焦げたような画像もネットでは出回っているようです。

爆発が事実であれ噂であれ(あるいは異常な使い方をしたケースであったとしても)、こういうトラブルが表面化してくれば国内への投入に遅延・中止も予想されますね。

Galaxy Note7はいろんな国で発売されていますので、特定の国向けに作られたモデルに問題があるのか、すべての機体に影響するような根本的な問題なのかが気になるところ。過去記事(5.7インチになったGalaxy Note7 SM-N930FD 約9.2万円で予約販売開始 )でも少し紹介していますが、Note7は発売エリアによって末尾の型番が違います。モデルごとに搭載されるCPUに違いもありますので、すでに海外から購入された方は引き続き情報収取を続け、もしトラブルの起きているモデルと同じであると判ればしばらく使用を控えたほうが良いのかもしれません。。。

ニュースには「韓国で」ということなので、”SM-N930S”というのが韓国版になるはずです。これは日本のアマゾンでも並行輸入品として売買されていたことを確認していますので、要注意ですね。

バッテリーが発火・爆発したというのはiPhoneでも他のAndroidスマホでもこれまでに海外では話題になることがあったはずですが、本当に通常通りの使用で爆発するようではデンジャラス過ぎますので、もしドコモから発売するのであればきっちりと安全性を確かめた上でリリースして欲しいものです。

間違ってもiPhone 7と対抗させるために検証が不十分のまま売りだされ、トラブルが起きるということが無いようにしてほしいところです。せっかくGalaxy S7 edgeで少し日本での評判が上がってきた(?)ところなので、しっかりとした対応を期待したいですね。

Galaxy Note7を狙っていた方は、今後のサムスンの動きにも注意しておきましょう。


by ke-onblog | 2016-09-01 07:47 | スマホニュース | Comments(6)