白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

今日は白ロムセールや売買情報ではなく、次々と登場する秋~冬モデルを使って感じていたコラム的なテーマで書き散らしてみます。

昨日11月17日にドコモからXperia XZ1 Compact SO-02Kが発売され、私も早速手に入れることが出来たので弄っているところです。旧モデルのXperia X Compact SO-02Jもいい機種だな~とずっと思ってきたのですが、SO-02Kをほんの少し触っただけで、もうSO-02Jには戻れなくなる感じです(詳しいレビューは「ドコモ版Xperia XZ1 Compact SO-02K実機レビュー 型落ちのSO-02Jとデザインの違いを徹底比較」など、モバイルびよりの方でやっています)。

Xperiaシリーズの場合はデザイン面ではほとんど旧モデルから変わっていないというところもあるのですけれど、iPhoneやGalaxyシリーズでは昨年モデルに比べて今年のスマートフォンの進歩・変化は際立ったものがあるように感じます。
d0262326_06385005.jpg
今年の秋~冬モデルは特に各メーカーのハイスペックモデルが面白く、今手元にある5台だけでAntutuベンチマークテストの合計スコアは1,000,000点近くまで行きます(笑) Note8の白ロムは手に入れたばかりなのでレビューはまた後日・・・

スマホの発展も円熟期に入り、もうあまり面白い機能追加・革新的なモデルは出ないかと昨年あたりは感じていたものですが、Galaxy S8/S8+から本格的に始まった18.5:9の「縦長ディスプレイブーム」、とでもいう流れが来ていますね。

iPhone Xもそうですが、まだアプリの対応・システムの最適化が追いついていないのでその本領を全て発揮しているとは感じられない点もありますけれど、iPhone Xの新しい操作を使っているうちに、これが新しいスタンダードになる可能性を感じています。

iPhone X購入初日に「つい昔のiPhoneやAndroidスマホの操作をしたくなる」みたいなことを日記に書きましたが、今では逆にNote 8で「下からスワイプ」させてアプリを閉じようとしている自分が居ます。人間の慣れって、早いですね(´∀`;)

iPhoneのホームボタンが無い・指紋認証が使えないという点については、やはり一抹の物足りなさを感じる時もあります。iPhone XのFace ID・顔認証は目玉機能の一つなので、これが上手く使えない・使い方に合わないという人にはXの魅力は半減して映るのは避けられないかな?というところ。それを差し引いても、iPhone 8 Plusの重量感から開放された身軽さの方が、私は嬉しいと感じましたけども(苦笑)

iPhone 8/8 Plusは話題性こそiPhone Xに全て持って行かれてしまったものの、従来通りの操作感+ワイヤレス対応、iPhone Xと比べた場合の購入のし易さというメリットは変わらず存在します。

「スマホは1人1台だけしか持てない・買ってもいけない」という状況になったら、たぶん私はiPhone 8を選ぶでしょう。定番モデルには定番なりの魅力があります。

Xperiaシリーズでは、夏モデルのPremium SO-04J が大ヒットし、冬モデルとして新色のRossoが追加・同じCPU/RAMにバージョンアップされたXZ1, XZ1 Compactの新3サイズ展開がこれから始まります。
d0262326_11191469.jpg
Xperiaはサイズやデザインについては特に面白味はないものの、960fpsのスーパースロー・3Dクリエイター機能といった新しいスマホの使い方を提案するイノベーションもありました。

3Dプリンターは年々安く、個人でも買いやすいものになっているとは言え、3Dデータ自体が無い・作るのには3D CADなどの知識が要るためにまだまだ高いハードルがありますが、専用・プロ用の機材でしか出来なかったことをスマホで出来るようにした点において、爆発的な普及を促す一歩になるかもしれませんね。

XZ1 Compact SO-02KはSnapdragon 835搭載スマホの中では最小クラス(4.6インチ)というポジションも獲得したので、これも需要はあるでしょう。3台とも実機レビューをやらせてもらいましたが、2017年モデルのXperia3兄弟機種は盤石という感じです。

☆「ドコモ 新しいXperiaで、毎日をもっと自分らしく

SamsungのGalaxyシリーズでは、2017年モデルとして5.8インチのGalaxy S8, 6.2インチのGalaxy S8+、そして冬モデルとして発売中のGalaxy Note 8、低価格モデルとしてのGalaxy Feelの4種が国内投入されました。

発火トラブルで大騒動になったNote 7もありましたが、2017年モデルについては今のところ問題無さそうですね(笑) 私もこれでS7 edge, Feel, Note8の3種を手に入れたことになり、いずれも好みが分かれそうなモデルではありますけれど、やっぱりよく出来ていると思います。

2017年のGalaxyシリーズはXperiaとは違う意味で、低価格帯機種・スタンダードなハイエンド・大画面ハイエンドモデルという幅広いターゲットをカバーしたモデル展開になりました。

シャープではブランドのリニューアルとなる「AQUOS R」が誕生しました。今までキャリアごとに少しずつ名前やデザインを変えて出すという小手先の変更ではなく、統一感のあるコンセプトで機種開発を行っていくというのは、ようやく他のブランド戦略を見倣い始めたのかな?という感じです。従来のようにいろんな機種があるのはそれはそれで面白いのですが、体力が続かないとスマホ業界撤退なんてことにもなりかねないので、、、

この冬モデルでは低価格帯の「AQUOS sense」も投入しています。こちらは格安スマホ向けという側面が強そうですが、海外の高コスパSIMフリー機種に対抗しうる価格帯と国内ユーザーにターゲットを絞った戦略端末になっており、良さそうな感じです。


他にもいろいろ国内キャリア向けモデルもありますが、海外のSIMフリースマホシリーズでは、やはりHuaweiの勢いがすごいですね。

低価格帯では nova liteが2017年2月に発売され、最近ではワイモバイルからも608HWとしてリリースされるなど、販路を広げてきています(もともとHuaweiの端末はキャリアでも一部取り扱いはありましたけれど)。

PシリーズとしてはP10 lite, P10, P10 Plus, honorシリーズからはhonor 9、さらにMate 9・・・は2016年12月ですが、Mate 10、Mate 10 Proでは、やはり流行の「縦長ディスプレイ」で勝負を仕掛けてきそうです。

DSDS対応のSIMフリースマホは2016年夏から一気に増えて、今では数え切れないほどのモデルがある気さえします(たぶん国内技適を取得しているモデルは30種くらいでしょうけれど)。

ASUSは・・・私が興味無がないためかもですが、ZenFone4シリーズは売れているのでしょうか?あまり話題を聞きません。ZenFoneは格安スマホとのセットで安くなってからが本番?なのかもしれませんね。HTCもまた然り。

MotorolaではMoto G5シリーズ、Moto Z2シリーズが2017年モデルとして発売中です。Motoシリーズも私はあまり詳しくない&一般的な知名度もやはり低いため大ヒットしている印象はありませんが、特にトラブルや不評が多いということもなさそうですかね(G5のDSDSアップデート未提供?はどうかと思いますけど)。


ざっと思いつく2017年モデルを挙げただけでも上記のようにたくさんのスマホがあり、どれが1番良い・優れているという話ではなくとも、いずれのメーカー・端末も新機能・新デザイン・新価格帯で面白みのある機種が多かったかな、と私は感じました。

まだ今年は1ヶ月半残っていますし、まだ発売されていない2017-18年冬-春モデルもあります(ZTE Mとか, LG V30+とか)。新機種を発売直後に買う必要があるかどうかは人それぞれの判断ですが、2017年発売のモデルが安くなった頃に白ロムで入手すると便利そうだな~というスマホが多いと思います。

メインスマホの買い替え時期が近い人は、1~2年前からのスマホの買い替えでも、違いを感じられる特徴的な新機能・モデルを狙って、2017年に発売された人気機種が安くなるタイミングを待って買い換えるのもアリだと思います。


# by ke-onblog | 2017-11-18 08:15 | 白ロムコラム | Comments(0)
普段はゲオは白ロムを仕入れる時にしか私は使わないのですが、iPhone Xの本格的な出荷が始まって型落ちのiPhoneを買い集めたいのか、ゲオモバイルのオンライン買取にて新しいキャンペーンがまた始まっています。

ゲオモバイル ネットで買取

☆「ゲオモバイル

類似のキャンペーンを11月12日までやっていましたが、11月13日~12月26日までの期間中にゲオモバイルのネット買い取りを申し込むと、

・iPhone X, iPhone 8/8 Plus, iPhone 7/7 Plus 10,000円アップ
・iPhone 6s /6s Plus 5,000円アップ
・iPhone 6/6 Plus 3,000円アップ
・iPhone SE/5s/5c/5 1,000円アップ
・Androidスマホ 20%アップ


となります。iPhone Xだと64GBモデルは72800円、256GB 84400円なので、1万円アップしたところで・・・。ゲオの新品買取はあまり高い査定ではないので、未使用品の売却にはキャンペーンを提供したところで弱いでしょう。

しかし、例えばiPhone 6s 16GBモデルならau版の未使用品 19,800円・中古品18,000円・中古最低価格11300円(画面割れ・水没系ジャンクはネット買取対象外)となっており、そこそこ状態が良ければ中古1.8万円+キャンペーン上乗せ5千円=2.3万円を狙えるでしょうか。

キャリアの6s下取り額はauとSBで17,280円ドコモで26,568円割引相当となっていますので、auやSBの下取りプログラムを使うより高く売れる可能性があります。

ネット買取は梱包材・送料・手数料、すべて無料、買い取った端末はデータ消去ソフト「blancco」で完全初期化をしているので、セキュリティ面も問題はないでしょう。

同じ端末の査定額は店鋪よりネット買取のほうが高く設定されているらしいので(状況によって店鋪と同額になることも)、査定額を調べてキャリアの下取りに使うより値引き額が大きくなりそうなら、ゲオに売ってみるのも良いでしょう。


# by ke-onblog | 2017-11-17 20:42 | キャンペーン情報 | Comments(0)
普通に使う用の音声回線が欲しいなら安いと言えるかもしれません。

以前は常設開催していた楽天モバイルのSIMフリースマホの格安SIM回線セット契約販売が、2年・3年契約方式の「スーパーホーダイ」登場後、まったくお得ではなくなってしまっていました(スマホとのセット割引額(最大2万円引き)と、SIMのみの契約還元幅(2万円CB)が同じ)。

このまま楽天モバイルでスマホを購入することは無いのかな・・・と思っていたところですが、11月末~12月初旬は楽天のスーパーセールシーズンでもあります。去年はZenFone 3 Ultraを私も買ったりしました。

そんなタイミングで、抱き合わせの回線契約が今までの「音声SIMならプランはなんでもOK」ではなくスーパーホーダイが必須にはなるものの、11月15日から台数限定・期間限定で一部の機種を対象に割引額が大幅にアップされています。

目玉はこれでしょう。
d0262326_20304186.png
通常53,800円で販売されている Huaweiの最新機種 honor 9が、1000台限定・3年契約セットで41000円引きとなり、一括12,800円(税別)になります。2年契約の場合でも31000円引きの22,800円と半額以下となり、まずまずでしょうか

あとはSIMフリーのiPhone SE 16GB(整備品)が1000台限定・39,800円→ 本体0円+200ポイント還元付、ZTE Blade E01になると一括0円+19020円相当PTです。

ほかにHuawei P10 liteも3年契約で一括4,980円(2.5万円引き)というのもありますが、これはスルーで良いでしょう。

・・・3大キャリアの一括0円は(表面上)規制がされましたが、MVNOで全く同じことをやっていれば世話がないですね (´∀`;)

楽天のスーパーホーダイとは、UQやワイモバイルのプランと似ており、「2GB/6GB/14GB」の高速データ通信と、それを使い切った後でも最大1Mbpsで通信し放題&5分以内の通話し放題プランがセットになったものです。

5分の通話オプションは通常なら月額850円で提供されています。高速容量の2~14GBはともかく、その後の微速(1Mbps)使い放題+通話オプションにメリットを見いだせる人であれば、料金プラン自体が他社にはないユニークな組み合わせなので、端末をセットで安く手に入れられることを合わせて考えれば、割安でしょう。

ただし、スーパーホーダイ3年プランを短期解約すると最大29,800円・2年プランだと19,800円の割引解除料が発生します。
d0262326_20425759.png
このセールは楽天の公式HPと、楽天の店頭でもやっていますが、楽天市場店での購入は対象外になっているので注意して下さい。

また、事務手数料は3,394円となっているので、たぶんエントリーコードが使えない?のだと思われます(未確認ですが、これまでのセール時にも使えなかったので、たぶんダメかと。詳しくは各自問い合わせてください)。

☆「楽天モバイル

honor 9の単品販売だと、海外版でも良ければギアベストで329ドル、Geekbuyingでも330ドルで売ってますね~

☆「Gearbest Huawei Honor 9 4G Smartphone International Version」(クーポン [Bfriday065] で 328.99ドル 16日23時スタート)
☆「Geekbuying Huawei Honor 9 Gray (4GB/64GB)」329.99ドル


# by ke-onblog | 2017-11-16 20:48 | 白ロム転売法 | Comments(12)