白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

先週ドコモとauが春モデルの新機種発表会を行いましたが、ソフトバンクはやらないみたいですね。

まぁ、SBはまだ昨年末に発表したARROWS A 201FやAQUOS PHONE Xx201SHもまだ発売されていませんので、ここからさらに新機種が出るってことにはならないでしょう。

auの新機種もINFOBAR A02の1台だけの寂しいラインナップとなっています。

iPhone不在で喘ぐドコモが春モデルは頑張ってくれそうですね。

XperiaZ SO-02Eは言うまでも無く、2画面ディスプレイという新スタイルを打ち出すMEDIAS W N-05Eなんかも結構面白みはあります(売れるかどうかはともかく)。

iPhone5の発売で一気にau、softbankにユーザーが流れましたが、春モデルだけを見ればドコモが一人で盛り上げているといっても過言ではない状態になりそうなので、このタイミングで白ロム転売をしかけるならドコモへのMNPを利用して端末を入手するのが戦略になりそうです。

事前情報では圧倒的に人気はXperiaZなので、発売日初日転売を行うなら早めに販売経路を確保しておくのが良さそうです。



# by ke-onblog | 2013-01-28 12:04 | 白ロムコラム | Comments(0)
今日は白ロム転売には切り離せないMNPのお話です。

よくMNPで一括0円!X万円キャッシュバック!という広告を見ますが、あのようなキャンペーンは巧みに客を引くために、いいところばかりを強調して、実は条件はそんなにお得でもないこともあります。

MNPをするには、まずどんなキャンペーンでもスマホなら年単位のパケット契約を強制されます。2年縛りなしでMNPをすることはほぼ不可能だと思ってください(違約金を払えば解約できますけど)。

ようするに、2年間の契約を確約した上で初めてキャッシュバックなり割引なりをしてもらえるということで、そうでなければキャッシュバックなんてしていたら電話会社がすぐ潰れますしね。

MNPで割り引かれる価格は、新機種なら3万円程度が相場です。もしそれ以上の定価からの割引がある場合、2台以上MNPを同時に申し込まなくてはいけない、一緒にキッズケータイも買わなくてはいけない、有料コンテンツを何十個も契約させられたりという厳しい条件があります。

これらの条件はお店に行って、細かい契約を聞かなければ教えてくれないショップもあります。広告にはキャッシュバックのことだけしか書かず、詳細はお店で!というのは大体このパターンです。

優良なショップだとMNPで4,5万円の割引が付き、2年縛りはあるものの、コンテンツなどの契約はなし、などはかなり高いレベルのキャンペーンといえます。

MNPキャンペーンがお得かどうか見極めるために、まずはその機種の定価をネットで調べ、3,4万円以上値引かれていたらちょっと怪しいと思って、何か条件が厳しすぎないか注意深く検討してください。



# by ke-onblog | 2013-01-27 11:44 | 白ロムコラム | Comments(0)
すっかり在庫もありふれるようになったアップルのiPhone5。去年は売り切れも続出しましたが、いまやどこでも買えるようになりましたね。

iPhone5の白ロムはいまだにそれなりに需要はありますが、価格は完全に安定しているようです。

白ロム専門ショップならau版64GBでも5万円半ばで買えます。定価は8万円だったので、3万円近く安くなっている状態です。これだと個人でMNPを使っても利益を出すのは非常に難しいレベルです。薄利多売で転売が出来る白ロム専門店だからこそ出来る価格なので、個人でオークションを利用して対抗するにしても、5万円以下での販売では・・・

転売専用というより、今までiPhone5を普通に使って、ほかの機種に変更したくなったから中古で売る、という程度にしておくのがよいですね。わざわざiPhone5を転売用に新規購入するのはあまり旨みはないでしょう。

そろそろ次のiPhone5Sの情報も出始めていますし、それまではほかのMNPキャンペーンを大きく出している旧モデルで転売を行うことをオススメしますね。



# by ke-onblog | 2013-01-27 00:27 | 白ロム転売法 | Comments(0)