白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

今回は、MNPを最大限に有利に使うための方法「複数同時MNP」についてです。

携帯電話時代の昔に比べてスマートフォンの運用にはパケット代金が高いイメージがありますが、MNPをする場合は、2台以上同時に乗換えを行うことで通常のMNPより優遇されるキャンペーンを多くのショップで見かけます。

いわゆる抱き合わせ販売の類になりますが、最新機種と旧モデルがセットになってMNPをすると、発売直後のハイエンドスマートフォンですら一括0円、という案件も見かけます。逆に言えば、新機種は1台きりのMNPでは一括0円なんてまずあり得ません。

白ロム転売用でなくても、複数契約のキャンペーン優遇っぷりは魅力です。


2回線も維持費が高くて持てないよ、という印象があるかもしれませんが、回線を維持するだけならソフトバンクのプリモバイルSIMを手に入れるのが一番安いです。1年間以上の維持が必須(1年未満だと違約金9975円が掛かるので)のため、3000円のカードを1・2回追加するだけでMNP専用弾が作れます。

プリモバイル用にはソフトバンクの3G携帯電話をSBショップに持ち込んで契約できます。白ロムが無い場合はケータイ★アウトレットなら中古で3000円もしないで740SCが買えるでしょう。どうせ維持するためだけの機種なので、なるべく安い白ロムならなんでもいいですね。もちろん、プリペイド分の電話・メールはできます。

これで1回線の年間維持費は1万円以下でMNP弾が用意できます。今はプリモバイルは同一名義で2回線持てますし、家族名義でもっとたくさん維持してMNP用に準備しておくのも良いでしょう。

ここで注意したいのは、プリモバイル回線の自動解約です。プリペイドカード1枚に付き、通話料の有効期限60日+受信専用期間360日の合計420日間はお金が掛かりませんが、この期間を過ぎてしまうと電話番号が消滅してしまうため、MNPに使えません。

常時MNP弾を持っておきたいところですが、長期間MNPをしないと無駄になってしまうので、気をつけてください。


MNP一台分のキャンペーン割引相場は2~3万円分ですので、優遇しているキャンペーンを見つければプリモバイルの1年分の維持費など簡単に取り戻せます。

2回線維持には手続きの手間はもちろん掛かりますが、誰でも簡単に出来ますので、白ロム転売やMNPで最新機種を安く手に入れたいと考えているならやってみる価値はあるはずです。



# by ke-onblog | 2013-06-13 17:14 | 白ロム転売法 | Comments(0)
auの夏モデルフラグシップ機種、HTC Oneの日本向けモデル HTL22が発売されていますが、いまいち安い情報が入ってきません。

そんな中、一番安そうな情報を探してみました。一般的なレベルだと、本体分割なら1~2万円キャッシュバックが平均的なレベルになっていますが、一括支払いで4万円近く値引いているところもありました。



対象ショップ「テルルモバイルCosmo吉祥寺店

東京は武蔵野市吉祥寺にあるテルルモバイルのチェーン店ですね。ここでMNPを使うとHTL22の一括支払い金額が25800円と出ています。

定価が65,520円 ですから、およそ40000円引きなわけです。これを超えるショップはパッと見では見つかりませんでした。

ただし、条件は結構厳しい。

契約に2年縛り、パケットプラン、有料コンテンツコンテンツ加入 315円×23件 210円×1件 525円×3件 2ヶ月間の加入 (9030円「27件」×2回=18060円)必須、050plus 月額315円×2ヶ月間無件 2ヶ月間の加入です。

コンテンツがとにかく多いので、もし使いもしないアプリを解約し忘れると、毎月すごい額の請求が来ちゃいます。それでも他店と比べて2万円以上値引きが大きいことを思えば、コンテンツが2ヶ月楽しめる、とも考えられます。

6月11日までで、白ロムの転売はほぼ不可能なようです。普段なら発売日から多数の在庫がでるケータイ★アウトレットですら、定価を上回る在庫しかありません。MNPキャンペーンがお得じゃないので、個人はもちろん業者も転売算入出来ていないようですね。

上記の一括25800円の案件でも、2ヶ月の維持費が2万円以上、そこで解約したとして違約・事務手数料で1万円以上掛かってますので、転売の旨みはほとんど残りません。利益が出るようになるには一括1万円くらいじゃないと厳しいですね。

普通に使うには上記でもかなりお得ですが、6月中のMNP白ロム転売法はうまく行かなさそうです。
# by ke-onblog | 2013-06-12 04:19 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今はHTC ONE HTL22が発売されて型落ちとなっている2012年冬モデル HTL21が安いですね。

HTL21は冬モデルの中ではiPhoneを除けばかなり人気があった機種のはずですが、2013年6月にはいった今、東京近辺ではほとんどどのショップでもMNPなら一括0円になりました。

MNPなら大概安く買えると思いますが、あとは見かけの金額ではなく、細かい条件を見極めることが重要ですね。条件が緩いところだと、こんなショップがありました。


対象店舗:「テレワールドあさがやC店

条件は誰でも割・LTENET・スマパス加入のみで、本体一括価格が0円になります。維持安いっすね~。最低プランを組むと

基本料金980円、LTENE 315円、スマパ390円で、6月からスタートしているauにかえる割が聞いて-980円なので、ユニバーサル料金入れて708円ですね。

即解約して転売しても利益が十分に出せるでしょう。ただ、こういった安い案件がそこらじゅうにあるので、HTL21の白ロム価格は暴落傾向。売るなら少しでも早いほうが、利益を確保できそうです。



# by ke-onblog | 2013-06-10 13:51 | キャンペーン情報 | Comments(7)