白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2月1日に発売された子供向けスマートフォンのキャンペーン情報です。



・対象店舗:モバワン武蔵小山店

本体一括購入の場合で一括支払いが30000円(約35000円引き)、あるいは本体は分割にして30000円のCBだそうです。一括の方が総額的には5000円お得ということですね。

さらに月々サポートが3150円×24ヶ月付くので、実質さらに75600円引きとなり、65000円の本体に対して11万円分お得という、驚異のキャンペーンということに。

どんだけドコモはスマホをバラまきたいんでしょうね(笑)

今のところ、SH-05Eの白ロム転売をしている方は見たことがありません。まったく、1台たりとも白ロムが出回ってないんですよね(一部、定価よりも高い情報弱者をカモにした出品はありますけど・・・)。

MNP使って即解約、あるいは別機種にSIMを挿して普通に使える・・・のかな?ちょっとキッズスマートフォンのプランについてよく知らないので判りませんが、月々サポートを受けたまま別機種の白ロムに入れて使うなんてのもアリかもしれません。

白ロムが売れてさえくれれば、結構使えそうなMNPキャンペーンです。コレだけ白ロム供給が少なければ、ひょっとしたら・・・という感じもしますが、ギャンブルですね。
# by ke-onblog | 2013-02-18 06:55 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ドコモやauなどのキャリアでは、毎月数百円の保険料を払うと、万一故障した場合に安い値段で新しい本体を購入できる有料オプションがあります。これを利用して、転売前に携帯・スマホを新品に交換してから白ロムショップに売れば、かなりの高額で買い取ってもらえるのです。

docomoの場合、スマホ機種なら月額~399円でケータイ補償サービスが受けられ、1回目は5250円で新品に交換できます。(古い電話をドコモに返却しないと42,000円かかります。盗まれた・紛失したと騙して転売することは犯罪(おそらく詐称罪)です)

たとえば1年間使用して新品に交換したとして、400円×12ヶ月+5250円の約1万円で中古状態から新品同様に交換できるわけですね。

1年もつかえば結構本体には傷がついてしまいますし、電池の消耗も避けられません。しかし、白ロムショップが買取をする場合、完全新品同様品だとかなりの高額で買取してくれるのです。逆に、ちょっとでも目立つ傷があると、ガクっと査定が下がってしまうんですけどね。

もとが高いハイスペック機種なら、1万円払ってでも新品にしたほうが、かなりのケースで1万円以上の買い取り額アップが期待できます。

使いドコロを間違えなければ綺麗なスマホに取り替えられる便利なシステムなので、よく考えてオプション追加するかどうか決めましょう。



# by ke-onblog | 2013-02-17 14:24 | 白ロム転売法 | Comments(0)
昨日、2月15日に発売されたau唯一の春モデル、INFOBAR A02ですが、あまり注目は浴びていない模様。

au独自のiidaシリーズとして、特徴的なモデルであったインフォバーなのですが、今回の機種はちょっと・・・。

まずスペックが微妙に残念。新しいインターフェイスのiida UIなどは面白いかと思うのですが、1.5GHzクアッドコアの「APQ8064」で、メモリは1GB、ストレージは16GB。CPUはまだしもRAM,ROMともに最新機種に及ばず、一世代遅れた機能です。

定価は59,760円だそうです。スペックが抑えてあるので、値段はそこそこ安いですね。白ロム転売の場合、定価が安いと利益が生みにくいです。

A02に限らず、インフォバーはあのデザインが気に入って買う人はいいのですが、決して万人受けする機種ではなく、白ロム需要も他機種に比べるとどうしても少ないです。

昨年モデルのC01なんて、今は新品購入は1万円でおつりがくるんです。おもちゃかよ、ってくらいの値段でしか売れません。

まだA02の白ロムは市場に出ていないみたいですが、悪いことは言いません、この機種の転売には手を出さないほうが身の為です。

もちろん、気に入ってご自身で使うなら全然アリです。デザインはユニークだし、スペックを追い求めるのでないなら十分に使える機種だと思いますしね。
# by ke-onblog | 2013-02-16 16:15 | 白ロム転売法 | Comments(0)