白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2017年モデルのiPhone, Apple Watch発売まであと3日。

予約受付開始日の15日の注文数は歴代iPhoneのそれに比べてすごく穏やかなスタートだったみたいですけれど、やはりiPhoneはiPhoneということで、それなりに品薄な状況も発生するのでしょうか。
d0262326_17464861.png
予約開始の翌日であった9月16日時点ではiPhone 8, iPhone 8 Plusのほぼすべての在庫が9月22日の当日店鋪受け取りが出来た状態だったのですが、今は公式ウェブ予約分は2017年9月27日~10月4日の2次入荷分にまで注文が埋まっているようです。

各ストアの当日在庫分があるかどうかはまだ不明ですが、、、やっぱり今年もある程度のストア行列が見られるのでしょうか(笑)

4.7インチのiPhone8はたぶん当日在庫があるショップもあるかと思うのですが、過去の例だとPlusは発売後の入荷も鈍いことが多かったので、欲しい色・容量で早めに買いたいのならやっぱり予約は必要だったと言えそうです。

9月19日時点でオンライン上ではすべてのiPhone8/8 Plusの在庫が9月27日~10月4日お届予定に変更されていますが、新しいアップルウォッチのほうが品薄になっているみたいですね!
d0262326_17552354.jpg
Apple Watch Series3にはeSIM対応のセルラー版(GPS+Cellular)と通常版(GPS)があり、ストア上ではほぼすべてのセルラーモデルの出荷予定が3~4週間待ちの表示になっています。GPS版は9月27日~9月29日の配送予定と表示されます。

セルラーモデルの在庫が少ないのか予約数が多いのか比率は判りませんが、発売日時点で約1ヶ月待ちというのはプレミアム化する兆候とも・・・。

GPSモデルはたぶん当日でも買えそうな雰囲気ですが、セルラーモデルは当日在庫が一切ない可能性は充分ありそうです。


明日からはドコモで予約した人には入荷連絡・事前購入手続きも始まる予定ですが、、、私もドコモで予約中ですけれど、サイトが混雑していたので予約がちょっと遅れたのですよね(´Д`;)ちゃんと発売日に届けば良いのですけど。

もう交換ベルトは注文したので、あとは明日の手続きを待つだけです。

ウェブでの事前購入手続きは明日9月20日の10時からメール配送が始まります。

☆「ドコモ iPhone予約後の購入の流れ・手続き方法

10時以前でも予約したIDで申し込み確認画面に移動し、入荷状態になっていればフライング注文が手続きが可能です。この手続をした順番で発送手続きが行われるので、最速で手に入れたい人は10時前になったらログインして入荷状況をチェックしてみると良いでしょう。

また、ドコモのオンラインショップではiPhone8/8 Plusの購入者で100人に1人10,000dポイントが当たるキャンペーンもやっていますが、「事前予約をしてから購入すると当選確率10倍」という特典があります。この確率アップ対象になるのがウェブ予約分は今日(9月19日)までということになりますので、機種変更を迷っている方はとりあえず予約しておきましょう。入荷後は1週間の取り置き・キャンセルももちろん出来ます。

☆「ドコモ 話題のスマホ予約・購入キャンペーン


# by ke-onblog | 2017-09-19 18:13 | 白ロム転売法 | Comments(6)
先日、iPhone8/8 Plusの発売に合わせて携帯会社を乗り換えた場合に、固定回線やネットショップ、クレジットカードなども丸ごと切り替えることを前提に、どんな関連サービスがあるのか改めてドコモ・ソフトバンク・auそれぞれの関連事業を調べていました。

各社のネット回線や通販サイトの利用は私も普段からしばしば調べているのでそれなりに最新の情報を知っているつもりではありますが、2016年から始まった電力自由化による携帯貨車の電気事業のことをすごく久しぶりに調べてみると、発表当時から拡大された提供エリア・プラン・割引が少し変わっているようでした。



2017年9月時点では、ソフトバンクの電力サービスには大きく分けて3種類のサービスがあるようです。

・ソフトバンクでんき (Powered by TEPCO)
・おうちでんき
・自然でんき


・・・初見だと何が違うのか解らないネーミングですね(´∀`;) っていうか、私も「ソフトバンクでんき」という一括りのサービスなのかと思っていました。「自然でんき」は2017年2月からサービス適用が始まったらしいのです。ニュースはいつも目を通しているはずなのに、私は初めてその存在を認識しました(笑)

おおざっぱにいうと、ソフトバンクでんき(Powered by TEPCO)は東京電力系のサービス、「おうちでんき」は東京/北海道/北陸/九州【以外】のエリアで使えるサービス、自然でんきは再生可能エネルギーの発電所が近くにあるエリアだけで使えるプラン、という違いがあります。

ソフトバンクのモバイル・固定回線とセットの割引「おうち割でんきセット」が適用出来るのは、以下のプランです。
スタンダード、バリュープラン、プレミアムプラン(東京電力エリア) おうちでんき(東北電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア)
【スタンダード、バリュープラン、プレミアムプラン(中部電力エリア、関西電力エリア)およびFITでんきプランにつきましては、2017年1月31日(火)をもって新規受付を終了いたしました。】
「自然でんき」というサービスはセット割引には使えないのでソフトバンクユーザーかどうかは節約に関係ありません。でも、ちょっと面白いプランです。
d0262326_23533371.png
普通の電力会社だと電気を全く使わなくても基本料金が生じている(東電の場合は契約アンペア毎に異なり、10Aで280.80円、20Aで561.60円~という感じで大きなアンペア数ほど高くなる)と思いますが、ソフトバンクの自然でんきではこの基本料金が0円です。使った分だけ料金が発生するらしいので、一人暮らしであまり家に帰らない・仕事の都合で遠隔地に部屋を借りている場合のような極めて電気の利用量が少ない月がある場合には効果的かもしれません。

ただ、この自然でんきはその名の通り、再生可能エネルギーの割合を高く確保できるエリアでしか提供されておらず、2017年9月時点では北海道・東京・関西電力の3エリアでしか契約できません。

それぞれの電気使用状況・契約エリアで節約効果が異なるので、「このプランに変えると○○円安くなる」という一般論・例はあまり役に立ちません。各家庭の検針票でのシミュレーションチェックをやらないと本当に安くなるかどうかは判らず、価格が割高になるケースもいくらでもあります。

詳しい提供エリア・料金シミュレーションは公式サイト「ソフトバンクでんきのページ確認出来ます。申し込み・シミュレーションには検針票が要ります(検針票の個別番号で申込可能なエリアかどうか判定がある)ので、手元に用意して各自やってみましょう。

我が家でも確か発表直後にソフトバンクでんきに変えた場合に節約になるかどうかのシミュレーションをやっており、その時は全く節約にならないということが判って以来ずっと興味が無かったのですけれど、人によっては新しく出てきたプランで節約が可能かどうか再検討してみる必要がありそうです。

私が試しにソフトバンクでんきのシミュレーションで入力したところでは電力会社を変えても微々たる節約にしかならない or 逆に割高になる場合のほうが多そうでしたが、切り替えはネットから簡単に申し込めて、場合によって宅外にある電力計のスマートメーターへの交換が生じるくらいでほとんど手間がかからないはずです。

私は電力自由化サービス関連の情報を追いかけていないので、ここ数日で調べたソフトバンクでんき, auでんき以外のことはよく知りません。ソフトバンクでんきではメリットが無い・申し込みエリアではないという場合は「エネチェンジ」という比較情報サイトで、一気に複数の電力サービスのプランシミュレーションが出来ますので調べてみましょう。この比較サイトでもシミュレーション条件も各種変更出来ますが、ソフトバンクでんきのセット割引までは考慮していないので微調整は各自でやる必要がありそうですけど。

節約になりそうな電力プランがあるサービスがあるかどうか、最新のプランや特典状況を久しぶりに調べてみるとオトクに使えるサービスが見つかる可能性もあるでしょう。

個別のサービス自体は携帯プランを調べるよりは簡単ですが(笑)、電力事業者・プランがかなりたくさんあるので最適なプランを探し出すのは結構難易度が高い節約方法ですねぇ。


# by ke-onblog | 2017-09-19 06:15 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
iPhone 8, iPhone 8 Plus発売まであと5日。

1年前に8万円も出して購入したiPhone7 32GBモデルも、最近ではブログに使う写真撮影程度にしか使っておらず、新しくiPhone 8 Plusが届いてしばらく比較用に使った後は早めに売ってしまおうか・・・とちょっと悩んでいます。また11月にはiPhone Xを買わなくちゃですし( ゚∀゚)
d0262326_20573923.png
auでは9月22日以降の下取りプログラムの割引額を事前公開しており、iPhone7/7 Plusに驚愕の価値をつけています(関連記事: au 9月22日よりiPhoneの下取り価格を大幅減額 綺麗なiPhone6sは中古専門店に売るのがオススメ)。

auの下取りは画面割れ(尋常ではなく破損範囲が大きい場合はNG)があっても同額の査定になるため、ジャンクの査定としてはこの程度でも良いのもですが・・・。新しくiPhoneでも使えるようになったアップグレードプログラムEXによる「iPhoneの半額相当免除」割引との対比のために、あえて査定を低くしているんじゃないかと思うほどです。

au内の機種変更下取りではもうちょっとマシな査定ですけどね。
d0262326_21043032.png
iPhone 7 32GBで35,640円還元ならそこまで悪条件ではない(傷だらけの状態なら買い取り店でも3.6万円では売れないでしょう)ですが、256GBも同じですからね~。

ドコモでもiPhone7/7+の9月22日以降の査定が発表されました。

☆「ドコモ 下取りプログラム

ドコモではiPhone7/7+は同額30,000円、iPhone6s/6s+は26,568円になりますiPhone6以前のモデルは現状維持ですね。

9/21までのiPhone6s Plusの査定が3万円ですので、そのままiPhone7を追加してスライドさせたということになるのですが・・・iPhone7と6sではスペック・機能面に結構大きな隔たりがあるので、もっとiPhone7には高値を付けてほしいものです。

ソフトバンクの下取りは9月19日から改変されます。
d0262326_21390334.png
ソフトバンクでもiPhone7/7+は29,040円、 iPhone6s/6s+は17,280円まで下がってしまいます。

一方では、3キャリアではiPhone7の一括割引化が進み、巷のショップではMNP一括0円や新規一括0円案件もあるようです。このような投げ売りが続いてしまうとやはり端末の価値は下落傾向に進んでしまいます。

iPhone8/8+/X発表・SIMフリー版の値下げの影響もあったのだと思いますが、買取店のiPhone7/7 Plusの買取相場が9月上旬→9月下旬で激下がりしています。

先週、私は以下のようなことをつらつらと考えていました。

今でもこの日記の結論部分に関する考えは変わっていませんが、9月上旬頃にはiPhone 7 32GBモデルで50,000円前後の査定を出している買取店も、9月16日時点で44,000円~46,000円程度まで、新iPhone発表前後で1割ほど相場が下がりました。

ここからどの程度動くのかはまた予想が難しいところですが、過去のデータによればここからはジリジリ相場が下がり続けることが多く、これ以上の急激で大きな価格変動は起きづらいと見ています。

先週急激に査定が下がったからと言って、焦って手放す必要はないでしょう。例えばあと1~2ヶ月待てばSIMロック解除出来るのなら、そのまま待ったほうがより良い結果を得られると思います。アップルストアでのSIMフリーモデルの値下げも行われましたが、キャリア版のSIMロック解除済み端末の需要が急激に減るということも無いでしょう。

買取店では中古品になると急激に査定が落ちることもありますが、オークションサイト・フリマサイトを見る限りではiPhone7の白ロムの価値はまだまだ高いです。少なくとも20,520円やら30,000円やらにしかならないことは滅多にないでしょう。

先日も紹介した「ゲオモバイル」の買い取りアップキャンペーンだと中古iPhone 7は一律10,000円査定アップなので、docomo版 32GBで41,000円~, au版36,000円~, SB版 35,000円~、SIMフリー版 43,000円~です。

キャリアの下取りについては、あまり高い割引にしすぎると中古買取業者が対抗できず、国が進めたい格安SIM事業の拡大政策にも支障をきたすため、ある程度抑制されるかな~というのは予想通りですけれど、携帯プランを値下げしてもその他のキャンペーンが減ってしまうのではトータルのお得度は大して変わらないという、相変わらず携帯業界は複雑な料金プラン体系から抜け出せないでいるのかなと、近頃の下取りプログラムの改悪・キャリアが出した「買い替えプログラム」を見てしみじみと感じるところです。

アップグレードプログラムEX(au)、半額サポート for iPhone(SB)がおトクなのかどうかはここで論じるのはメンドウなのでやめておきますが、進められるがままに買い換えプログラム・下取りプログラムを使ってしまうと搾取されかねません。

このブログを読んでいる読者層で騙される人は少ないと思いますが、キレイな状態のiPhoneを安値で引き取らせるなんてもっての外です。白ロムの価値を見極め、新型iPhoneへ買い換える前に適正価格で下取り・売却できるルートを探しておきましょう。


# by ke-onblog | 2017-09-17 21:49 | 白ロム転売法 | Comments(2)