白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

スマホ単品で使うだけならば同等性能以上で割安な新機種・Moto G5 Plusがつい最近発売されているので、2016年モデルの在庫処分なのかもしれません。

モトローラブランドのスマホでは「Moto G」シリーズが一般向けに人気がありますが、一方で拡張モジュールによってさまざまな機能を付加出来る「Moto Z」および「Moto Z Play」も2016年モデルとして国内でも発売されていました。
d0262326_11443969.jpg
光学ズームが出来るカメラ機能・スピーカー・プロジェクターや、2017年に発売予定のワイヤレス充電・車載ホルダー(Incipio Vehicle Dock)なども追加され、ガジェットマニア向けなスマホとなっています。

Moto ZはSnapdragon 820搭載の上位モデル、Moto Z Playはスナドラ625搭載のミドルスペックモデルとして、それぞれ85,000円・53,300円(税別)にて販売されていたはずです。

SIMフリースマホであることを考えても他のDSDS機種と比べて「単なるスマートフォン」として見てしまうと割高な価格であったので興味があってもなかなか手を出せないところだったかもですが、中華通販サイトにて大きく値下げが進んでいます。

☆「 $292.55(€269)for Moto Z Play 5.5 inch 3GB RAM 64GB ROM

通常価格は4万円ほどなので日本の価格に比べれば安いですが、クーポンコード【BGMotoZP】を適用すると8千円も値引きされ、300ドルを切れます。
d0262326_11530912.jpg
日本の技適があるかどうかはわかりませんが、言語設定は日本語もデフォルトで選べるようです。国内版ではROMが32GBだったのに対し、中国モデルはROM容量も64GBと大きくなっており3万円強で買えるなら割安と言えそうです。

Moto Z Playには販売国でいくつか対応バンドに違いがあります。banggoodのサイトには以下のように書かれています。
2G: GSM/EDGE 850/900/1800/1900MHz CDMA BC0
3G: UMTS: B1/2/5/8 TD-SCDMA B34/B39
4G: FDD-LTE B1/3/7/26 TDD-LTE B38/B39/B40/B41
これは中国モデルですね(http://www.motorola.com.cn/products/moto-z-play)。Moto Z PlayにはシングルSIM版を販売して居るエリアもあるはずですけれど、中国モデルなら「双卡双待」です。

ちなみに日本モデルはもっと対応バンドが豊富です。
4G LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B19/B20/B28/B38/B40/B41
DSDSのみを目的とするのであれば同じスナドラ625搭載・RAM 4GBなMoto G5 Plusが4万円弱で買えるのでそちらをオススメしますが、中国でMoto Modsを使って遊んでみたい人にはこのくらいの値段なら良いかもですね。国内利用にはバンド対応が残念ですが、日本モデルではMoto Zで8万円・Moto Z Playでもまだ5万円以上します。

拡張モジュールのMoto Modsはたぶん全世界共通なので、アクセサリーは日本で買ったほうが安くなりそうです。

モトローラ トゥルーズームカメラ(MotoMods) ブラック 国内正規代理店 ASMRCPTBLKAP ASMRCPTBLKAP

新品価格
¥28,894から
(2017/4/22 12:25時点)


# by ke-onblog | 2017-04-22 12:27 | 端末輸入 | Comments(0)
5.8インチ・6.2インチの防水ファブレットとなるGalaxy S8/S8+、いよいよ海外で発売日を迎えました。

日本ではまだ正式発表すらされていませんが、間もなく登場することでしょう。新型Galaxyは使いやすさ・便利さはまだ触ったこともない私にはなんとも言い難いところですが(苦笑)、デザインを見るだけでも昨今のスマホには無い新しさを感じさせますね。

国内向けにどのモデル(RAM・ROM容量の違うモデルが海外ではいくつか存在する)が投入されるのか私はまだよく調べていないのですけれど、現在eBayに出品されている一番高いモデル Galaxy S8+のRAM6GB/ROM 128GBモデルの価格は12~13万円ほどとなっており、かなりの高額になりました。

発売日は国・取り扱い業者によって違うみたいなのでeBayで輸入する場合は出荷日に注意して買わなければなりませんが、韓国・アメリカの出品者は4月21日から発送を始めているとの記載が見られます。ドイツもかな? イギリスは4月28日のようです。
d0262326_01040936.jpg
すでにタワーを築いている出品者も(笑)S8+が30台以上あるので、300~400万円分。

☆「eBay Samsung Galaxy S8+ Plus SM-G955

写真を見るとSK Telecom向けのS8+ 6GB/128GBモデルであることがわかります。細かい型番は「SM-G955NZKESKO」ですかね。

韓国SK Telecomでの定価は、

・Galaxy S8  935,000ウォン=約9万円
・Galaxy S8+ 64GB 990,000ウォン=約9.5万円
・Galaxy S8+ 128GB 1,155,000ウォン=約11.1万円


となっています(http://shop.tworld.co.kr/tshop/html/html/gate/galaxyS8/index.html)。

発送はFedexで無料、BINプライスは1,187.49ドル(4月21日時点)です。1ドル109円として、およそ13万円。

若干のプレミアム価格ですが、最速輸入を試みるのなら安いほうかも。他の出品・他の輸入方法を採っても同じくらいのコストが掛かりそうです。

☆「eBay Galaxy S8+ SM-G955F 4GB/64GB

こちらはアメリカから4月28日出荷予定のトップセラーで、本体価格が957.97ドル+送料23ドル。S8+で10万円を切るのは難しいようです。

手軽なところでエクスパンシスでもS8のDual SIMモデルの価格が確定しました。

☆「Expansys Samsung Galaxy S8 Dual-SIM SM-G950FDicon」/ 100,145円(送料無料・税別)

RAM4GB/ROM 64GBの一番安いグローバル向けデュアルSIMモデル・G950FDでも価格は10万円超え。S8+の価格はまだ出ていませんが、やはり関税別途で12万円前後が予想されます。


【4月25日追加:エクスパンシスのS8+価格が116,890円で案内されています → エクスパンシス Samsung Galaxy S8+(64GB, Dual)icon

エクスパンシスでは7万円以上の購入で送料無料になります。関税は別途かかりますので、S8で115k、122kくらいになりそうです。

☆「Etoren Galaxy S8シリーズ

もう一つ日本から簡単に輸入できるショップ、イートレンではS8が855ドル・S8+が996ドルに設定されています(両方デュアルSIMモデル)。

それぞれ日本円表示だとS8が94,235円・S8+では109,775円(税込み)になっており、日本への送料は約2,000円であるためエクスパンシスより安く買えそうです。

☆「Amazon.com Samsung Galaxy S8+ Factory Unlocked

アメリカのアマゾンで出ているS8+ 4GB/64GBモデルは1290ドル!上記は日本への直送にも対応していないので、どのみち買いづらいところですけれど、販売されているシングルSIM版の「SM-G955F」はスナドラ835ではなくExynos 9 Octa 8895となっていますが・・・Exynosは主にヨーロッパモデルに搭載されているはずなので、出品者はアメリカでも在庫の出処は違うのかも。

Verizon,T-mobile、AT&T向けのS8/S8+はSnapdragon 835(RAM 4GB)となっているので、販売元によっても仕様が違う点に注意して下さい。

AT&Tでの販売価格はS8が749.99ドル・S8+が849.99ドル。ちなみにこれはiPhone7の128GB/256GBモデルの価格設定と同じですので、日本での販売価格も同じレベルであるとすればSIMフリーモデルで9万円と10万円(日本でGalaxyのSIMフリー公式モデルが出ることはないでしょうけれど)、キャリアでの実質価格は3~4万円くらいでしょうか。iPhoneの実売価格は優遇されていることを考慮して、もう+1万円くらいの実質負担額になるかもですね。

ドコモ版Galaxy S7 edge SC-02Hは現在の価格こそ新規・MNPで一括1.5万円・機種変で実質3.1万円になっているものの、発売当時の2016年5月時点の価格はMNPでも実質48,600円・新規/機種変更では64,800円でした。

輸入モデルを買う場合は、以下のような予算を確保する必要がありそうです(送料・関税込みのトータルコスト)

・S8 RAM 4GB/64GBモデル  10~11万円
・S8+ RAM 4GB/64GBモデル 10~12万円
・S8+ RAM 6GB/128GBモデル 12~14万円

日本で使うのなら素直に国内発売を待つことをオススメしますが、金に糸目を付けず速攻で手に入れたい人は予約販売ではなく実物在庫を持っている出品者から輸入すれば4月中に入手することも出来そうですね。


# by ke-onblog | 2017-04-22 06:20 | 端末輸入 | Comments(0)
デュアルカメラ・Snapdragon 835・防滴対応・ステレオスピーカー・RAM 6GBという超絶スペックで新登場したXiaomiのフラグシップスマホ Xiaomi Mi6の発売を4月28日に控え、各中華サイトがアップを始めました。
d0262326_08203518.jpg
すでに幾つかのサイトでは予約受付も始まっており、クーポンが出ているサイトもあります。Mi6は旧モデルよりも現地価格が上がっていますので昨年末に比べて円高傾向の今はチャンスといえばチャンスです。

中華通販サイトでかなり価格設定がバラついていますので、ショップ比較も重要です。

4月21日時点最も安そうなのは、Xiaomi端末でしばしばセールを行っているGeekbuyingのクーポン利用です。

☆「Only $489.99 for Xiaomi Mi 6 6GB 64GB Smartphone Blackクーポン適用時 469.99ドル

価格が随時更新されているみたいなので最新情報はショップサイトで確認してください(19日時点では481.99ドルだったはずなのですが、値上がってます)。

Mi6にはブラック・ホワイト・ブルー・セラミックスブラックの4種類があるのですが、通常モデルのブラックにのみ適用できるクーポン【XIAOMI6】を適用すると、20ドル引きで470ドルになります(ブルー・ホワイトには使えませんでした)。
d0262326_08261565.jpg
1ドル109円として、およそ51230円。通常送料は無料、入荷次第3-5営業日で発送されるDHLを指定すると+14.71ドル。輸送保証をつけると+1.99ドル。

Mi6の現地価格が約4万円なので、それなりに安いです。昨年10月にXiaomi Mi5sを発売直後に輸入した時には1,999元(当時の相場で約3万円)であったのに対し、アリエクを使って3.5万円ほどでした(去年の10月上旬頃はまだ為替相場は輸入に有利でしたので)。

他の中華サイトもいくつか見てみましょう。今後値下げされる可能性もありますので。

☆「Banggood Xiaomi Mi6」/ 499.99ドル (55,430円)

☆「AliExpress.com MC-mart Original Xiaomi Mi6 Mi 6 Mobile Phone Snapdragon 835 6GB RAM 64GB 」/ 499.99ドル

上記のMCマートは昨年私がMi5sをまさに輸入したショップですが、現時点ではGeekbuyingには及ばず。発売直後は付属の無料同梱品も付いていないことがあるので要注意。

☆「Gearbest Xiaomi Mi6」642.04ドル

ギアベストはいつも予約品(アラート)の価格設定が適当で、実際の販売価格はもっと安くなるはずです。なお、今はGearbestのPaypal円決済がトラブルを起こしているみたいなので、何か買うときはドル決済を選びましょう(円決済では今も1ドル114円レートで固定されているみたいなので損でもあります)。

☆「Light in the Box PreSale XIAOMI MI6 6GB 64GB」/ 57,709円

おそらく半年も経てば現地価格並の値段まで中華通販サイトの価格も下がってくることは期待できますが、発売直後に手に入れたいマニアな方は、中華サイトとアリエクあたりの価格チェックをしてみましょう。4月28日10時から中国では販売が始まるはずなので、早ければ5月頭くらいには出荷を始めるサイトもあるはずです。

# by ke-onblog | 2017-04-21 11:30 | 端末輸入 | Comments(3)