白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2017年11月30日、auショップに大量にスマートフォンの白ロムが持ち込まれ、ロック解除作業が行われていたという話も見かけましたけれど、auでは2017年12月1日よりSIMロック解除に関わるルールが変更されました。

従来では購入後101日経過するまでSIMフリー化が出来なかったiPhoneやAndroidスマホでも、本体代金を一括払いしていれば(支払情報がauのシステムに反映された後)すぐにロック解除が可能になりました。

一方では、これまで可能だった本来の購入者ではない端末の所有者によるSIMロック解除(白ロムの持ち込み解除)が出来なくなったことを受けて、すでに元の契約者本人の手を離れた、キャリアロック状態のままの白ロムは、通常の方法ではロック解除が不能になったはずです。

関連記事: 2017年auスマホのSIMロック解除ルール変更で何がどうなる?白ロム運用・格安SIM利用時の注意点

白ロムのロック解除はドコモ・ソフトバンクではもともと出来ない(ドコモの旧モデルでは受け付けているモデルもある)ため、他社と横並びになったと言えばそれまでですが、auの一部モデルはSIMロックを解除しないと同じau系列の格安SIM回線で使えないため、影響が及ぶ範囲が大きいものと推測されます。

この変更により、auの白ロムを購入して運用する場合にはいろいろと注意が必要になったわけですが、事前に予想された白ロム価格相場への影響としては、

・SIMロック未解除かつ、解除しないとMVNOで使えない機種 → 価値下落
・SIMロック未解除かつ、解除しなくてもMVNOで使える機種 → 相対的に価値微減
・SIMロック解除済みの新しい機種の白ロム → 流通数が増えて、相場は下がる
・SIMロック解除済みの比較的古い機種の白ロム → 今後手に入りにくくなるため、一時的に価値が上がる?


こんな傾向が予想されるところでした。その結果は、、、
d0262326_19333772.jpg
いろんなショップの相場を全て把握しているわけではないので一概には言えないのですが、白ロムを販売する各種ネットストアでは、SIMフリー端末としてかなりの付加価値を付けて売りたいという思いがあるようです。

ネットショップで検索すると、SIMフリー化端末には分かり易く「解除済み」と記載をするショップが増えた気がします。楽天やヤフーで検索すると、めちゃくちゃいっぱい出てきますね(笑) 

例えばですが、ゲオモバイルの楽天市場店ではauのGalaxy S7 edge SCV33の美品(Aランク)が少し前まで3万円台前半で売っていたはずです。

それが今では、

・SCV33 Aランク ロック解除済み/未解除 53,146円
・SCV33 Bランク ロック解除済み/未解除 47,832円


・・・ロック解除品を値上げするのは判るのですが、未解除品も同じ値段で、2万円も値上がっています(´∀`;)

と見せかけて、

・SCV33 Aランク 未解除 35,704円
・SCV33 Bランク 未解除 32,134円


の価格設定のまま売られている在庫もあります。ゲオモバイルの楽天市場店は状態が同じなら一律で価格を付けていると思ったのですが、12月1日以降で「ロック解除版」という価格帯カテゴリーを新たに作ったせいなのか、新旧価格が混在しています。

白ロムの価格は流動的に変化するものなので、端末が値上がりすること自体はおかしな事ではないのですけれど・・・ちょっとゲオのロック解除版は高すぎでしょう。今はもうスーパーセールでポイント還元率が高いというわけでもないのに。

Androidの場合はいろいろとauモデルには対応周波数帯の問題でクセがあるので微妙ですが、iPhoneの場合は素直にSIMフリー版と同じように振る舞うはずなので、安売りされているiPhone 8がオークション等ではお買い得かもしれませんね。

8の64GBロック解除版がヤフオクで7.3万円~8万円というのが直近でありますが、普通にアップルストアで買えば8.5万円です。ヤフオクのキャンペーンでポイント還元などを使えば、購入者にとってもそこそこなお買い得感があったことでしょう。

auのiPhone 8 64GBはショップではコンテンツや下取り込みならば一括0円にキャッシュバックまで付けてばら撒いているショップも少なからずあるみたいですし。

今も販売が続いているau機種は、今後ますますロック解除済みの端末が市場に増えてくると予想されますので、安売りが加速する年末・年度末シーズンの値下がりペースには注意が必要になるでしょう。

11月末に駆け込みでロック解除した旧端末の白ロムも、あまり高い価格を付けていると後続の新機種のロック解除在庫が割安になればそちらに需要が取れるはずなので、売るタイミングと値付けのバランスが難しいですね。ショップ的には折角コストを掛けて白ロムをSIMフリー化したのだから高く売りたい・・・と思うかもですが、auのAndroid端末のSIMフリーモデルの希少性は今後薄れていくことでしょう。そもそも、今のauの新機種(2017年8月以降発売のモデル)はロック解除せずともau系MVNOで使えるはずですし。

また、12月1日からは確かに一括支払いをしていればSIMロック解除が出来るようになりましたが、2018年1月以降、今度は端末購入サポートを適用して購入した場合にドコモと同じくauも101日待たないとロック解除が出来なくなるので、auの端末購入サポート機種を買うのなら12月中が良いでしょう。

今後auの白ロムを買う場合には、用途に応じて安いSIMロック未解除版を買ったり、SIMロック解除版を買う場合も価格相場から外れていないか、よく確認してから検討するべきですね。


# by ke-onblog | 2017-12-10 20:13 | 白ロム転売法 | Comments(4)
今日はアマゾンのサイバーマンデーセールでmicroSDカードの値引きをしているようですが、本家アメリカでやっていたブラックフライデーセール時に輸入した商品が先程到着しました。

購入日から数えて3週間弱掛かりましたが、日本のセールなど話にならないほど安く買えました。
d0262326_16180663.jpg
SanDiskのmicro SDCXカード 64GBと、ワイヤレスイヤホンです。ブラックフライデー時にそれぞれ13.99ドルと14.69ドルで日本へ直送が可能でした。

細かい話はブラックフライデーのセール時に書きましたのでそちらを参考にどうぞ。

それぞれ現在のアマゾン(米)での販売価格はSDカードが19.99ドル、イヤホンは23.99ドルで売っていますので、3割強の値引き率だったということに。

SDカードなんて今は国内でも比較的安く買えますので、どうしても輸入しなければならないというものではないものの、日本のアマゾンではこのSDカードは3千円弱で売られています。

SanDisk microSDXC 100MB/s 64GB Ultra SD変換アダプター付属 サンディスク SDSQUAR-064G 海外パッケージ品 [並行輸入品]

新品価格
¥2,540から
(2017/12/10 16:23時点)

上記のものとパッケージも全く同じでした。当時のレートでおよそ1600円でしたので、およそ半額です。
d0262326_16251448.jpg
実は今、この日記を書きつつSDカードの読み込み・書き込みテストを以前紹介したSDカードの偽装を見破るツールを使ってチェックしています。
d0262326_16262029.png
結果が出るまでまだ小一時間くらい掛かりそうですが、、、今、25GBくらいまで来ました。

変な業者から輸入するとSDカードにも偽物が混じっているという話もよく聞きますが、今回はアマゾンが販売・出品したものだったので、楽観視していましたがどうやら大丈夫そうです。

ブラックフライデーのセールでは64GBのSDカードが13.99ドルで売られていた他、128GBは28.5ドル、200GBも49.99ドルで販売されました。

単品で買っても複数買っても送料・輸入手数料はほとんど変わらないので、こうした小物はある程度まとまった数を輸入したほうがお得でした。

一緒に購入したワイヤレスイヤホンも、ちゃんと動いてます。音質がすごく良いというわけではないですが、ストリーミングの音楽を聴くくらいなら全く問題ないですね~。イヤホン部分のパーツは結構大きく感じましたが、重さはほぼ気になりません。こちらは電池の持ちや操作感などをもう少し把握してから、気が向いたらレビューします(´∀`;)

同じくEssential Phoneの安売りも行われるなど、今年のアメリカのブラックフライデーセールはなかなかおもしろかったですね。

同時期にSDカードやイヤホンを注文した方のところにもそろそろ届く頃かと思います。開封せずにマーケットへ回す方も多いかと思いますが(笑)、一応中身の故障チェック・偽物チェックなどをしてから使い始めるのが良いでしょう。

日本のアマゾンではもちろんすぐに購入できる・トラブル時も日本語で対応してもらえるなどのメリットは大きなものですが、急ぎではない・壊れにくい・小さい/軽い商品ならば海外のアマゾンセールを使って個人輸入にチャレンジしてみるのも楽しいと思います(本当に日本のアマゾンと同じような感覚で買えるので、「個人輸入」なんて大それたものですらないですが)。

・・・そうこう書いている間に、SDカードのテストは40GB(書き込み)まで来ました(→無事完了しました。偽装/エラー無し・書き込み平均15MB/s, 読み込み72MB/sでした)。特に使いみちも考えず輸入しましたが、書き込み速度は15~16MB/sくらいで安定しているみたいなので、コンデジにでも使おうと思います。


いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意

新品価格
¥1,836から
(2017/12/10 16:54時点)


# by ke-onblog | 2017-12-10 16:57 | 端末輸入 | Comments(2)
2017年のふるさと納税申請締め切りまであと3週間。もう皆さんは控除限度額まできっちりと寄附を済ませたでしょうか。

まだ欲しいものが決まらずふるさと納税をやっていない・枠が余っている人向けに、2017年12月時点で貰える金券・ギフト券・商品券系のふるさと納税返礼品をまとめておきましょう。

商品券系の返礼品は2017年中に規制が入った影響で一部還元率が下がってしまった/取扱を止めた自治体もありますが、まだいくつか貰えるところが残っています。ギフト券系ならば実際の利用までの有効期限が長かったり無期限だったりするので、少額の寄附でも便利に使える(例えば来年も同じ自治体に寄付して、2年分の商品券を一気に使う)メリットがあります。

また、商品券なら在庫切れになる可能性が低いので、年度末の申し込みが集中する時期でも最後まで注文を受け付けてくれる自治体が多いので、うまく活用しましょう。


☆「静岡県小山町 サーティワンアイスクリーム商品券」寄附額:1万円~

商品券では一番人気。有効期限もなく、還元率も4割(1万円につき、500円券×8枚)と高めのまま維持しています。

☆「長野県小谷村 ヒマラヤオンラインクーポン」寄附額:1万円~

スポーツ用品店として有名なヒマラヤで使える、クーポン券が3割の還元率で貰えます。小谷村には他にも、

・コールマンオンラインポイント (3割)
・モンベルポイントバウチャー (約3割)
・小谷村宿泊補助券 

などが人気のギフト券系返礼品として提供されています。

☆「新潟県湯沢町 ありがとう湯沢感謝券」寄付額:6千円~

11月の時点では5割の還元率を誇るこの感謝券は12月15日までの決済が2017年分として扱われるので注意してください。有効期限は1年となっています。

☆「群馬県草津町 くさつ温泉感謝券」寄付額:1万円~

ここもかつては5割の還元率でしたが、現在は3割に。温泉街として有名な草津温泉の各種対象店鋪で使えるのでまだまだ人気が高いです。

☆「群馬県中之条町 ふるさと寄附感謝券」寄付額:1万円~

ここも高還元率の定番だったのですが、以前の5割から3割へ減りました。中之条町にある旅館やホテル、アウトドアの参加料などにも使える感謝券です。

☆「大阪府泉佐野市 ふるさとへ帰ろう Peachセット」寄付額:1万円~

ふるさと納税を交通費に変えることの出来る数少ない返礼品です。1万円の寄附で5,000円相当のチケットが買えるピーチポイント+オマケが貰えるため、ピーチの空路をよく使う人には向いています。

☆「岐阜県美濃加茂市 ベルメゾンカタログギフト」:寄付額1万円

ギフト券とはちょっと違いますが、いろんな商品を後から選べるカタログギフトも人気上位に入っています。ギフト交換の有効期限は6ヶ月あるので、贈答用にも使えそうです。

☆「ふるなびグルメポイント」寄付額:2万円~

ふるなびが独自でやっている、飲食店で使えるポイント制プログラムです。寄付額の3割相当の金額として東京・大阪・名古屋・神奈川の有名老舗店などでお肉やふぐが食べられます。複数の店鋪から自由に選べる・自分で調理しなくていい・ポイントの有効期限も無いという利便性があります。

☆「ふるなびトラベル」寄付額:2万円~

同じくふるなびが実施している、旅行系の予約に使えるポイントです。還元率は同じく3割。

ふるなびのグルメポイント/トラベルポイントはまだ比較的新しいサービスであるため提携先の自治体は少なめですが、2017年12月31日までに寄付すると10%相当のアマゾンギフト券が上乗せで貰えるキャンペーンをやっているため、おトク度が高めです。

この他のギフト券・商品券系返礼品は以下のランキングを参考にしてみてください。利用者も良く判っているようで、人気上位にあるものはやっぱり還元率・おトク度が高いです。

☆「ふるなび ギフト券・特典人気ランキング

ふるさと納税の締切は自治体ごとに設定があり、12月31日23時59分までに決済が終わっていればOKなところもあれば、早めに打ち切ってしまうところもあります。また、年末は決済システムがダウンして申し込みが翌年にずれ込んでしまうトラブルが去年も起きていましたので、31日の申し込みは絶対にオススメしません。

ギフト券・商品券系のふるさと納税返礼品は今後も先細り感はあるので、今年の分はもちろん、2018年に切り替わってから来年分のふるさと納税も早めにやってしまうのも一つの手でしょう。今のうちに来年の寄付先を探しておき、2018年分として再開されたらすぐに申し込みを済ませてしまうのも節約には必要かもしれません。

ふるなびを使ったふるさと納税の手続き手順は「 [初心者向け詳細解説]スマホで簡単 ふるさと納税のやり方と節約方法・お得なオススメ返礼品」でも解説しています。初めての人でもかなり簡単に申請ができるようになっていますので、手続きが面倒くさいと思い込んでふるさと納税を使ってこなかった人は参考にどうぞ。

ギフト券以外にもiPadやデジカメなどの返礼品もまだ生き残っていますので、高い税金を少しでも還元、使いみちを指定することで地方自治体の発展に参加するという意味もあり、せっかくある制度なので使わないのは損です。




# by ke-onblog | 2017-12-10 01:35 | ふるさと納税 | Comments(0)