白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

いよいよ赤いiPhoneこと、iPhone7/7 Plusの特別仕様 (PRODUCT) RED Special Editionの発売が明日に迫ってきました。

国内ではdocomo・au・ソフトバンクが3社同時に25日より取扱を発表しており、年度末の最終週末ということもあわせて明日以降の携帯ショップは大混雑しそうです。もし店頭で今週末携帯購入を予定しているのなら、相応の覚悟をして行ったほうが良いかもですね。

25日に発売される赤いiPhoneは「Special Edition」ではあるものの、販売数自体が限定されたものではありません。しかしながら普段の新型iPhone発売時のように事前予約は行われないため、購入は早い者勝ちになります。

どのくらいアップルが初期在庫を用意しているのかは不明ですが、iPhone7はともかく5.5インチのiPhone7 Plusの方は品薄になる可能性・初期在庫が全く入らない可能性すらあります。今はもう全国どこのショップでもすぐに買えるようになっているはずですが、大画面モデルの7+はジェットブラックに限らず品薄がけっこう長引きましたので・・・

iPhone7/7 Plusのレッドバージョンの価格は、ソフトバンクのオンラインショップ向けにはすでに確定した情報が出ています。

☆「ソフトバンクオンラインショップ

レッドバージョンも通常モデルと同じ定価・月々割が設定されており、カラーによる価格差はありません。iPhone SEの32GB/128GBモデルの価格も出ていますが、こちらはまだ発売日未確定ということです。

関連記事:国内3キャリア+SIMフリーiPhone7/7 Plusの価格一覧


2月~3月に入って年度末商戦が過熱している影響で、最近のiPhone7/7 Plusの買い取り価格相場はauモデルの場合には他社に比べて大きく値下げがされているそうですね。某買取店だと他社端末に比べて-6k~9kなのだとか。ドコモ版も制限△だと大きく減額するショップが複数見られます。

一方で、iPhone7の買い取り価格変動幅自体はそれほど大きくもないようですね。

iPhone7 32GBモデルに限って過去のデータ(私が保存しているもの)を見てみると1ヶ月くらい前に比べて2~3kほど下がっているものの、年度末時期の値下がり具合としては小さい方だと思います。

iPhone7は昨年10月頃に買取額がやたらと安くなった時期もありますが、その後11月~12月頃に盛り返し、そこからはジリジリと下落傾向。au版だけは下げられることがあるみたいですが、SB・ドコモ版の制限○であればまだ比較的高い価格がついているようです。

そして本題の「RED」の価格ですが、買取店では通常カラー+2000円と見積もっているようですね~。この価格差はiPhone7/7+発売直後の艶黒の評価と同じレベルです。

店頭ではジェットブラックの在庫が潤沢になるまで随分時間が掛かった印象もあるものの、かつてゴールドが暴騰したようなプレミアム価格には新色で話題になったジェットブラックですらなりませんでした。おそらく、レッドも同じような感じになると見込んでいます。レッドの初期出荷数がものすごく少量であった場合でも、超高騰化はおそらくありません。

ただ、先程も書いたようにソフトバンクはレッドも他のカラーと全く同じ価格に設定しているため「どうせかうなら新色のレッドが良い」という人も多そうですから、発売から1~2ヶ月間くらいは他のカラーより有利になる可能性もかなり高いでしょう(ジェットブラックも指紋が目立つと発売直後の評判はさほど良くなかったものの、10月半ば頃までは他のカラーより高めでしたので)。同じ値段で在庫を選べるのなら、レッドも悪い選択肢ではないでしょう。

SIMフリー版の予約開始は25日の深夜0時1分スタート。日本時間で0時1分なのでお間違えなく。

☆「Apple Store iPhone7

例年パソコンサイトよりもアプリ経由のほうが繋がりやすいので、iOS端末を持っている人はストアアプリも入れてスタンバイしておきましょう。遅い時間のスタートですが、週末ということで参加者は少なくないかもしれません。

キャリアはショップの各開店時間に依存・オンラインでは10時スタート。

ドコモのオンラインショップで新規・MNPの契約とともにREDバージョンを買う場合、シークレットクーポンも利用可能です(一括5400円引き)。

☆「 [新規/MNP用]docomoのiPhone7に使えるシークレットクーポン取得ページ

ただ、このウェブクーポンや機種変更向けクーポンは今のところ2017年3月31日までというものがありますよね・・・もしかしたらレッドが品薄だった場合に救済措置が入るかもしれませんが、今のところ利用期間延長予定はドコモから聞いていませんので、レッドの購入に使いたい方は予約開始直後即注文出来るように、事前にクーポンコードを発行して控えておいてください。
d0262326_14463432.jpg
私もこのラインナップにさらに赤を足すかどうかちょっと悩んでいます。でも今買ったら次のiPhone7sだか8だかまであと半年しかないので、それはそれで9月の新型を買う意欲が削げそうですね(´∀`;)

REDプロダクトはチャリティが目的な部分もありますので、実機を見に行くついでに良い赤いケースでもあれば追加で買って「赤いiPhone7」という雰囲気だけ感じられれば良いかなと思ってます。


# by ke-onblog | 2017-03-24 06:32 | 白ロム転売法 | Comments(0)
ふるさと納税の利用を予定していた方もそうでない方も、寄付は3月中に済ませておいたほうが無難かもしれません。

つい先日もブログでは長野県飯山市に寄付することで手のひらサイズのパソコンとディスプレイが貰えておトクという話もしたところですが、あれももしかしたら4月には規制対象として削除されてしまうかもしれないショッキングなニュースが出ていますね~

☆「返礼品、寄付額の3割上限=ふるさと納税過熱化で―総務省-時事通信

4月上旬ころに各自治体へ通達、従わない場合には個別で指導するとまでしていますので、強制力はないとしつつもこの「上限を3割とせよ」という勧告は事実上の規制のようなものでしょう。

こういってはアレですが、ふるさと納税を扱う自治体だって「お役所仕事」であり、強引に反発してまで高額な返礼品を維持するとは思えません。それでふるさと納税による税収が激減したところで、担当者各個人の懐が痛むわけではないので(もしそんなことがあればそれはそれで企業との癒着が疑われますが^^;)。

実際に、すでにこれまで「おトクすぎる返礼品」には規制が入り、取扱をやめている自治体もあります。こうした前例があるとお役所の対応は早いです。
以下は昨年のデータですが、ふるさと納税で貰えるパソコン類の市場価値を一覧にしたこともあります。
上限が3割になれば、上記でリストアップしたパソコンはほぼ全滅でしょう。多くの返礼品はメーカー定価の5割・6割の価値に達していますので(実際の「市場価格」から比べると実際はもう少し低いとも言えますが、そういう判断はお役所はしないでしょう)。

ふるさと納税に関して返礼品の設定や、そもそものふるさと納税の仕組み自体に対して議論をするつもりはありませんが、梯子を外された企業や自治体は混乱するでしょうねぇ。。。

私もまだ今年の分は申請していないので、どうしたものかと思案中です^^;

特にこれと言って必要なものもないし、、、お手軽なところでやはりお米や商品券に変えておくべきか。静岡県の小山町にあるサーティワンアイスクリームの商品券は現状で寄付額の4割なので、これも来月以降額面が下がるかも。

☆「ふるなび 静岡県小山町の返礼品

還元率50%で提携店の食事の支払いに当てられる「ふるなびグルメポイント」も危ないですねぇ。申請済みのポイントの価値が下がったりはしないと思いますが、条件の悪化はありえます。

返礼品の上限が寄付額の3割になっても、ふるさと納税の節約効果がなくなるわけではないものの、やっぱり少しでもお得に制度を利用したいところです。こちらは「違法ではないが不適切」な支出やら「制度の枠組みでは違法ではない」控除すらできないのですから。

改悪されてからでは遅いので、今月中にはおトク度が高い返礼品を今のうちに探して申請しておくべきでしょう。控除上限を超えた寄付をしなければ、基本的に1年間はどのタイミングでふるさと納税をしても節税効果は変わりませんので。

☆「ふるなび ふるさと納税控除の収入別目安


# by ke-onblog | 2017-03-23 20:49 | ふるさと納税 | Comments(4)
U-mobileではこれまでにもワイモバイル回線を使った「U-mobile Super」というプランも提供していましたが、本格的なソフトバンク回線のMVNOとしてのサービス「U-mobile S」の提供が始まっています。

U-mobile Sは日本通信をMVNEとしたサービスであることは明らかで、料金プランはほぼ日本通信の「b-mobile S」と同じみたいですね。
d0262326_14393986.png
SIMカードはiPhone用・iPad用(nano/micro)にそれぞれ分かれています。ソフトバンクのキャリアロックが掛かった端末およびSIMフリーのiPhoneでも利用可能。3GおよびLTEでのデータ通信が可能で、現時点では音声プランはb-mobile同様にありません。

b-mobile版では特にキャンペーンはやっていないみたいですけれど、Uモバでは開始キャンペーンをやってます。
ご契約者様の中から抽選で10名様にiTunesカード10,000円分プレゼント!
対象:2017年3月22日~4月30日にお申し込み且つ、6月1日時点でご利用継続中の方
どのくらいU-mobile Sをこの時期に試してみようとする人がいるかどうかというところですが、、、(苦笑)SB回線プランはデータSIMなので、最低利用期間はありませんから、いつでも解約は可能です。料金は月単位の請求で、解約月も日割りにはなりません。

眠っているソフトバンク版のiPhone, iPadを再活用したい人向けです。いつかは速度は遅くなってしまうものと予想されますが、サービス開始直後ということでb-mobile Sと同様、しばらくは爆速が期待できそうですね。

☆「U-mobile

また、こちらはドコモ系回線のみですが以前紹介したこともあるU-mobile 5GBのデータプラン無料お試しサービスも継続しています。どうせ申し込むのならこちらも一枚申し込み、SB回線MVNOと比較してみてみるとも良いでしょう(無料SIMはドコモ系白ロム・ドコモのバンドに対応したSIMロックフリー端末です。ソフトバンクのロックが掛かった端末では使えませんので気をつけてください)。

トライアル期間内に解約すれば通信料金は一切かかりません(ただしSIMの返送送料は自己負担です)。解約もウェブからかんたんに出来るのでおすすめです。

☆「無料でたっぷり10GB格安SIM体験 U-mobileトライアル申込方法・所要日数・注意事項まとめ


# by ke-onblog | 2017-03-23 16:59 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン