白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:アンドロイド ( 17 ) タグの人気記事

昨年発売されたモトローラ製のスマートウォッチ「Moto360」がエクスパンシスでセールになっています。

この機種は日本では正規取り扱いしている代理店は結局無かったんですかね?ヤフオクやアマゾンを通じて輸入品は入ってきていますが、値段はちょっとお高い状態が続いてきました。

☆「エクスパンシス Motorola moto 360 Light Finish with Grey Leather Band (with FREE Screen Protector)icon

icon
icon

レザーバンドと保護フィルムが付属して30500円まで値下げされています。

昨年10月時点でこのブログで取り上げた時(参照:モトローラのウェアラブル端末 Moto360の輸入転売が熱い)には国内価格は4万円前後でしたが、ちょっと人気が落ちてきたんですかね。こういうのはファッション的なので、熱が冷めたと。

といってもまだ日本では希少なMoto360はヤフオクでも3万円前後、アマゾンなら36000~4万円弱くらいです。エクスパンシスのフィルム付きで30500円ならそこそこ安いはずです(消費税、送料は別途掛かります)。

あ~、もしかしてこの値下げはApple Watchの発売が正式に4月に決まったからですかね(笑)Moto360もカッコいいですが、やっぱり日本でも人気はApple Watchに持って行かれるのは必然ですね。

Apple WatchがiPhoneのような転売ターゲットとしてまた祭りになってしまうのでしょうか。一応Appleのサイトには「2015年発売」となっていますが、転売ばかりだとSIMフリーiPhoneのように販売停止措置を取られるかも知れませんね・・・。

ウェアラブルデバイスは初動が肝心です。むしろ日本で同時発売じゃない方が輸入ビジネスのチャンスかも(笑)
by ke-onblog | 2015-01-29 11:56 | キャンペーン情報 | Comments(0)
Googleスマホの人気モデル、Nexus5の後継機モデルとされていた「Nexus6」正式登場しましたね~。日本ではGoogle PlayでSIMフリーモデル、ワイモバイルで回線セットモデルが近日中に買えるようになるそうです(具体的な発売日はまだ出てないです)。

d0262326_1694925.jpg


6インチファブレットとして、スペックは現行モデルの2014年夏~冬モデルと比べても最高峰と言って良さそうです。前のNexus5発売時には値段が安かった(16GBで約4万円)かわりに、スペックはハイエンドモデルに比べてちょっと低いかな?という印象もありましたが、Nexus6では最強レベルまで性能を上げてきましたね。

特にカメラが1300万画素で4K動画撮影にも対応してきました。4K動画自体は2013年冬モデルあたりから一部のモデルで撮影が出来ましたが、Nexus6では発熱問題は大丈夫なのでしょうかね?

バッテリー容量も3220mAhと大きく、15分の充電で6時間の利用が可能なんだとか(ぶっ続けの連続使用が出来るという意味ではないでしょう)。6インチモデルなので3000mAhオーバーは普通といえば普通ですが、あとは価格だけに期待です。

海外では32GBモデルが約60000円で販売されるというリーク情報があるそうです。たぶん日本でも同じくらいでしょう。32GBモデルで5万円後半くらいかな?と予想しています。64GBで6万円前半とかでしょうか。


Google Playでは他の6インチスマホと比べてSIMフリーモデルとしては多少安く販売されると思われますが、それよりもワイモバイル版として販売されるモデルでの激安販売に期待したいところです。

Neuxs5の場合は、2013年の11月15日が発売日でしたが、去年の12月頃にはすでに新規一括0円でバラまきが始まっていました。Nexus6の方が価格が高そうなので0円になるにはちょっとハードルが高いかな?という気もしますが、Nexus5と同じくらいの割引率ならすぐに新規一括1-2万円くらいで月末セールが出る可能性もありそうです。

ワイモバイルならプランSで運用すれば通話し放題がついて月額2980円から利用が可能ですから、サポートを使った格安寝かせ回線のようには使えませんが、かなり安いのは間違いありません。新規0円は無理でも、MNPなら一括0円がすぐに出てくるでしょうから、安いファブレット端末を購入検討しているならば候補に入れておくべき一台になりそうです。


by ke-onblog | 2014-10-19 16:24 | 白ロムコラム | Comments(0)
ATOK、パソコンでも結構便利。

ATOKはジャストシステムが販売しているいわゆる日本語入力ソフトです。ジャストシステムは「一太郎」というワードソフトを扱っている会社ですね(最近某情報流出事件で話題にもなっていましたが・・・)。私もこれまでスマホ用に購入して使ったことがありましたが、このたび自宅パソコンのWindows7にも導入してみました。
d0262326_946789.png


ATOKといえば、富士通のスマホシリーズ、 ドコモのARROWS NX F-05Fに最新版のATOKが搭載されて、文字入力の快適さをアピールするほどの威力を発揮しています。

ATOKはWindowsだけでなくMac用、Android用もあります。商品にもいろんな種類があり機能もちょっと異なります。

下記がWindows用の機能一覧。
d0262326_9301747.png


なぜ今回私がATOKを導入したかというと、WindowsデフォルトのMicrosoft IMEにおいて、あまりにも文節の誤認識が多く、上手く漢字の変換ができないことが多発していたからです。どう考えても日常的に使う簡単な単語なのに、その直前の文字とくっついている為かまともに変換してくれませんでした。

そう、このブログに誤字が多いのはIMEの所為だったのです!(うそです。私の所為です。人のせいにしてごめんなさい)

ATOKの変換能力の高さはスマホ版で知っていましたので改めての驚きはあまりありませんが、このブログを書くのにも重宝しています。

このブログ、なんだかんだで結構文章を書いているんですよね。以前Kindleで発売したブログの電子書籍版作成時に文字数を数えたところ、半年分で約11万文字でした。

電子書籍版 白ロム転売法 vol.1




11万文字っていうとちょっとした小説並です。最近はもっと書いている気がします。その割には文章を書く腕は上達しませんけども・゚・(ノД`)・゚・。

パソコンは毎日のように使っているのにタイピングがあまり速く、よく打ち間違いもするのですが、それも予測変換でけっこう修正してくれます。

Windows版のATOKの価格はベーシック版通常バッケージが8,640円、ダウンロード版だと6,804円、今はキャンペーン中で旧バージョンのATOKを持っている場合は10%OFFになります。

30日の試用版もありますので、パソコンの変換にイラついたことのある方は試してみるとよいです。

☆「ジャストシステム ATOKicon

atokatok

by ke-onblog | 2014-08-13 09:59 | キャンペーン情報 | Comments(0)
さきほどNexus7(2012)を見たらシステムアップデート通知が出ていました。つい先週Android 4.4.3が降ってきていたので何事かと思えば、もう4.4.4に。

4.4.4へのアップデートではデータ容量がわずか1.8MBになっていました。更新する前から予想はしていましたが、更新しても何が変わったのかまったくわかりません・・・。

更新前の画面にはシステムの安定性とセキュリティに関する改善が入るようなことが書かれていましたので、見た目や操作性には変更はなかったようですね。

「安定する」とのことですが、それ以前から不安定なことも何も無かったので・・・。私の使う範囲ではNexus7がフリーズしたりアプリが落ちたりすることも滅多になく、快適に動いてくれています(最近はあまり使っていませんけど)。

いくつかインストールされていたアプリを開いてみましたが、特に使えなくなったアプリはありませんでした。セキュリティが改善されているのならば見た目は変わらずとも更新しておいたほうが良いのでしょう。

Android 4.3から4.4への変更ではFlashプレイヤーが動かなくなったり、一部アプリの表示がおかしくなったりしたので変化が実感できましたが、4.4.○のマイナーチェンジでは一般人の私には全然違いがわかりませんでしたね。

そういえばもうすぐAndroid 5.0(コードネームはLollipopだそうです)へメジャーアップデートがあるという噂もありますね。Nexus7 2012が対象になるかどうかわかりませんけど。まだ見捨てられないかな。

NexusシリーズといえばNexus8だか9だかがもうすぐ(今夜?)発表されるかも、という話も。Android 4.X機種ならすぐには欲しくありませんが、Android5に対応した新機種が出るかどうかは気になるところです。

iOSも9月にiOS8になるそうなのでAndroidもマイナーチェンジばかりでなく、次のステージがそろそろ見たいですね。



by ke-onblog | 2014-06-26 20:29 | スマホニュース | Comments(0)
ソニーの最新タブレット端末の、ドコモ版 エクスペリアタブレットZ SO-03Eが激安で買える情報です。

携帯電話やスマートフォンの安売り情報は結構見かけるのですが、SO-03EのMNP情報ってほとんど見かけないです。

直近で見かけたのは、「MNP 一括57000円」「MNP 一括54390円(有料コンテンツあり)」程度でした。定価からは3万円くらい安くなってはいるので、それほど悪くはないキャンペーンのはずですが、元が高すぎるのであまりご利益を実感できませんね。先月なら学割を利かせてコンテンツありなら一括3万程度まであったんですけど。

しかし、「ケータイ★アウトレット」では、すでに5万円半ばで新品白ロムが出ています。

MNPを使うよりも、白ロムのほうが安いという驚異の現象ですね。おそらく先月までのキャンペーンを利用して安く手に入れた方の在庫がいま出ているのでしょう。

この価格は今だけかもしれませんが、キャンペーンの切り替わり時期にはこんな値段逆転現象も起こるようです。
by ke-onblog | 2013-04-02 19:29 | キャンペーン情報 | Comments(0)
3月22日にドコモから発売されたばかりのエクスペリアタブレットSO-03Eですが、すでに白ロムが出回っており、普通に買うよりかなり安くなっていますね。

対象ショップ:「ケータイ★アウトレット

在庫情報はトップページからタブレット端末のタブを選び、検索枠でSO-03Eと入れて検索すると出てきます。

3月27日時点の最安値は新品で64800でした。普通に買うより20000円以上安いので、相当お得です。

タブレット端末はあまりMNPキャンペーンとかやってませんし、最新機種は特に安売りはしませんね。3G,Xi通信の無いWi-Fiモデルがソニーから4月に発売されますが、それよりすでにドコモ版のほうが安そうですね。

XperiaZ SO-02Eが大ヒットだったので、このSO-03Eも結構人気が出ているみたいです。

こちらのサイトでSO-03Eの最安値追跡情報も見られます→XperiaZ SO-03E白ロム価格情報



by ke-onblog | 2013-03-27 17:19 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ドコモのデータ通信料金が安くなるというニュースが入っていますね!

これまでは、ドコモが5985円、auが5460円、ソフトバンクが4410円でパケット定額が使えていましたが、ドコモが3Gバイト=3072メガバイトまでの利用者に対して1000円程度安くなるような設定を新設するのだそうです。


ドコモやauでは、すでに一定の条件下で割引プランに加入すると上記の価格から1000円くらい値引きするキャンペーンがありましたね。事実上は現在auが一番パケット料金が安かったのです。

ここで、ドコモの値下げにより、上限が無制限ではないものの、3Gバイトまでのユーザーは4000円前後とauに追いついてくるのでしょう。


今回の値下げは、ドコモがauやソフトバンクに比べて、契約者数を減らし続けていることに対する梃入れだそうです。アイフォンの導入を頑として否定しているドコモの社長さんでしたが、このやせ我慢がいつまで続くことやら。

国内産の機種も魅力がなく、値段も高かったドコモは、これまでのイメージでなんとかやってこられていましたが、いよいよシェア確保が出来なくなってしまったということなのでしょうね。

料金が下がるというのは、ユーザーとしては魅力的な提案ではあります。使おうと思えば、海外のSIMフリーのiPhoneを白ロムで買えば、ドコモ回線でもiPhoneを使うこともできますしね。海外のSIMフリー白ロムはこちらで探せますよ。auやソフトバンクのアイフォンに比べればどうしても価格は高いですが、たとえば通信料がソフトバンクよりも毎月500円安く使えるなら、2年使おうと思えば、10000円ほど節約ができるというわけですね。


選択肢が増えるというのは、お客からみればいいことです。ドコモには倒産しないうちにもっとがんばって魅力的な機種・プランをもっと出して欲しいですね。それに伴って、他者の通信会社も値下げしてくれないかな、という期待もでますしね。

これをきっかけに、値下げ競争が進んでくれるとうれしいですね。機種本体はナンバーポータビリティや白ロムを使うことでかなり節約できますが、パケット代金は、ネットをたくさん使う人にとっては節約のしようがなかったのが現状ですしね。パケット制限なしで3000円くらいで使えるとうれしいな、とか。

今後のドコモの動向にも注目ですね。
by ke-onblog | 2012-06-26 15:46 | 白ロムコラム | Comments(0)