白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:ソフトバンク ( 340 ) タグの人気記事

11月に販売が始まったソフトバンクのプリペイド式スマートフォン・シンプルスタイル用にAQUOS CRYSTAL 305SHが販売され、少し前から売り切れ状態となっていましたが、予想通り(?)再入荷しています。

5日10時時点で在庫が全カラー復活しています。

☆「ソフトバンク シンプルスタイル305SH

価格は前回と同じく1万円の無料チャージ込みで、10,800円。送料無料・代引き手数料等も無料です。契約事務手数料は初期チャージから差し引かれます。

アウトレット品なので既存回線からの機種変更は出来ず、新規・MNPのみでの受付です。

今回も数量限定での入荷(おそらく前回販売のキャンセル分でしょう)ですので、どんなに多くても在庫は数百台レベルだと思われます。買い逃していた方はお早めに注文したほうが良いでしょう。カラーによる人気順はホワイト>ブラック>ブルー>ピンクとなっているようです(初回入荷分の売り切れ順)。

305SHについては過去記事に色々と書いたのでそちらを参照下さい。

☆「モバイルびより ソフトバンクプリペイドスマホ 304SHと305SHスペックと機能比較

by ke-onblog | 2016-12-05 10:19 | キャンペーン情報 | Comments(5)
ソフトバンクのプリペイドスマートフォン・シンプルスタイルに11月17日から追加されていたAQUOS CRYSTAL 305SHの在庫が間もなく終了しそうです。

今回はアウトレット用として数百台からの在庫が投入されたので即完売にはならず、一括10800円という超特価ながらよく在庫は保った方だという印象です。10日間も在庫があったので見逃していたという方はあまり居ないと思いますが、きっともうすぐ下の表示が・・・
d0262326_21013747.jpg
SBのオンラインショップは「販売中」という表示が出ながらもカラーを選択して購入画面に行こうとするとこの表示が出るのがウザいのですよね~。

今回305SHの在庫は4色が追加されていましたが、ホワイトが5日目くらい、ブラックが6日目くらい、そして現在11日目にしてブルーも売り切れ(日数は私が確認した時点です)、残すところピンクのみになりました。
d0262326_21085158.jpg
正面から見るとどのカラーも違いはないのですが、各モデルでバックのプラパネルの色が異なります。ピンクを外で使うのはちょっと抵抗があるという場合もパネルは取り外せるので、着せ替えカバー的な感じで他の色の305SHのパネルと交換もできそうです(ただ、右下のパネルを取り外す取っ掛かりの部分には各色に塗装されたパーツがあるので、完全には入れ替わりません)。

今日がが11月27日ですから、今から注文して30日開通に間に合うかどうかは微妙なライン。最短なら間に合うか?いや、ちょっと厳しいですかね。

12月開通になると違約金無しでMNP転出出来るようになるのは2017年12月1日からになります。プリスマは放置しておいても購入後10日ほどで自動開通してしまいます(開通スケジュールは購入後に届くメールに記載されているはず)ので、在庫がこのあとしばらくあれば12月末開通に調整することも可能ですが、プリスマ最安値の10800円機種は今はこれしか無いので、売り切れてしまえばそれまでです。アウトレット品のため在庫追加スケジュールは全く不明ですし。

☆「ソフトバンク シンプルスタイル305SH

あぁ、ついでに書いておきますと先週金曜日にプリスマに新機種が追加されていますが、あの機種の白ロムは1万円あれば新品未使用品が買えますので、、、

by ke-onblog | 2016-11-27 21:30 | 白ロム転売法 | Comments(10)
このタイミングでこのキャンペーン内容をぶつけてくるとは・・・なかなか勇気がありますね!規制される可能性がありますので、SIMのみ契約をしたい方は早めに注文したほうが良いかもしれません。
d0262326_13431876.jpg
ワイモバイルでは格安SIMサービスと同じように「SIMカードのみ」の契約がウェブサイトから受け付けられており、以前は通話付きプランを申し込むと10000円のキャッシュバックが貰えました。

これが11月15日分からプランM(月額2980円~)とプランL(月額3980円~)を選ぶと15,000円のキャッシュバックに増額されていたのですが、今日19日分から上記の画像にもあるように「今なら+5000円」の表示が出る土日祝日のみCBが増額され、最大20000円の現金が貰えるようになりました。

SBからのMNPは割引の対象外で月額料金が異なるので注意して下さい。
ソフトバンクからの番号移行、及びディズニーモバイル・オン・ソフトバンクからMNPのお客さまはご利用開始月から25ヵ月間はS:3,980円、M:4,980円、L:6,980円となります。26ヵ月目以降は、プランSは2,980円、プランMは3,980円、プランLは5,980円となります。
スマホは別途購入するなりワイモバでセット販売されているものを買うなり自由にすれば良いですが、一般的に販売されている全てのスマホが使えるわけではないので、そのあたりは十分に注意して端末の用意をしましょう。それが出来る人向けへの優遇ということですかね。
SIMロックが解除されていない製品はご利用いただけません
音声SIMのCB対象は新規/MNP、2年契約が必須です。短期解約すると違約金が上乗せされるので気をつけて下さい。
契約月を1ヵ月目として、24ヵ月以内(ご請求月単位)にスマホプランMまたはLを解約、または契約変更された場合、契約期間に応じた契約解除料最大10,000円(税込)(加入月10,000円、2ヵ月目から毎月約417円ずつ契約解除料を減額)が、スマホプランM/Lの契約解除料10,260円(税込)に追加でかかります。
このキャッシュバック増額のおかげでSプランとMプランの2年分の維持費が14000円分しか変わらない(通常は差額1000円×24ヶ月分)ということになりますので、2GB→6GBへの増量が月額負担583円で出来ることになります。これはかなり安いです。
d0262326_13500582.png
サブ回線や初心者にはスマホプランSでも良いかもしれませんが、常用利用するのならキャッシュバックが増額されるプランM以上を週末・休日に契約するのが良いでしょう。平日に申し込むと確実に損ですので・・・

端末とセット販売をしなければ週末のみのセールをやってもいいという解釈なのでしょうけれど・・・ケチが付く可能性も捨てきれないので、ワイモバで新規・MNP契約をしてSIMフリースマホ運用をしたい方は早めに検討すべきでしょう。ワイモバのネットは他のMVNO格安SIMとはレベルの違う速度安定性を誇るので、料金面・サービス面でも中途半端な格安SIMサービスを使うより満足できるはずです。

☆「ワイモバイル



by ke-onblog | 2016-11-19 13:59 | キャンペーン情報 | Comments(8)
ソフトバンクのウェブサイトで販売中の実質800円スマホのシンプルスタイル AQUOS CRYSTAL 305SHは自分で使う場合ももちろん、端末が不要になったあとに処分をすればさらにMNP弾としてのコストを安くすますことが可能になります。

MVNO弾の即打ちなどに比べれば非常に時間が長く掛かりますが、そのぶん料金が安く、転出時期についても融通が利きやすいというメリットもありますので、携帯古事記を引退済みな方でも気楽に遊べます。

今から買えば丁度11月末の開通調整に間に合うのでタイミング的にも悪くないです。

2016年11月末開通なら、
→ 2017年 3月下旬頃まで初期チャージの有効期間(120日間)
→ 2017年11月1日~2018年3月半ば まで追加チャージ無し・違約金無しでMNP転出(12回の月跨ぎ~チャージ失効後360日まで)


こんな感じで使えます。1万円チャージのプリスマは初期チャージの有効期間が長いので、無追加チャージのままで転出可能期間も長くて便利です。

☆「数量限定販売 シンプルスタイル AQUOS CRYSTAL

305SHは販売価格10,800円に10,000円分のプリチャージが含まれているので本体は実質800円。10000円分のチャージもデータ通信やら通話やらに使えるので手に入れたら是非上手く調整して使い倒すと良いのですが、格安SIMや定額通話が普及している現代では微々たるデータ通信も通話もイラネーという人も多いでしょう(笑) 

しかし、オンラインショップのプリスマは必ず初期チャージは回線に適用された状態で届く(事務手数料とユニバ料金も引かれる)ので、チャージ無しで安く買う・普通のプリペイドカードのようにチャージ分だけを他社に譲渡・売買することは不可能です。

契約開通状態のプリペイドSIMカードを誰かに売る」のは完全に犯罪なので、絶対にやめましょう。それは白ロム転売ではありません・・・

ついでに幾つか今回の305SHについて「出来ないこと」を挙げておくと、

・1名義あたり3台以上の購入不可 (プリペイド枠の上限に引っかかる)
・機種変更での購入不可 (アウトレット在庫は新規・MNPのみの受付)
・店舗受け取り、予約不可
・法人契約不可 (法人プリペイドは店舗のみの扱い)
・未成年の購入不可(利用者が未成年なのは大丈夫)
・305SHはSIMロック解除不可(ソフトバンクのAndroidスマホ用SIMなら利用可能なカードあり)
・305SHにワイモバSIMを挿してのデータ通信不可(無効なSIMで検出出来ず)
・ジャイロセンサー無し(ポケモンGOは遊べますが、背景を同期したカメラ機能は不可)

このあたりにもよく注意して下さい。

さて、前置きが長くなってきましたが、305SHの買取相場の話をしましょう。

プリスマは一括購入になりますので、購入後ある程度時間が経つと制限○になり普通は赤ロム化することはありません(春に購入した305SHのIMEIを今チェックしたところ、当然ながら○になっています)。

今回販売されている在庫は新品ではなく「アウトレット」なので、純正の箱がないため残念なところなのですが、、、それでも商品自体はおそらく新品同様クラスのものが届きますので、買い取り価格は「中古状態の最上価格」くらいは狙えると思います。オークションに出すなら「アウトレットの新品」という感じで出品がこれから増えるでしょう。

305SHの買い取りではハーマン・カードンのワイヤレススピーカーが5000~7000円ほどで取引れていたものですが、現在305SHの本体のみの買い取り価格相場は3000円~5000円程度(中古・美品を想定)といったところでしょう。

オークションに出せば8000円~12000円くらいでの落札が見られますけれど、どうしても古い機種なので高い金額は望めません。アジアンな買取店でも305SHの本体はあまり高く売れません(特に海外系は新品ではないと一気に査定が落ちてしまうので)。

例えば「ダイワンテレコム」のリアルタイム査定では箱なしのAランクの中古で6000円を出しています。完全新品で8500円、箱あり中古で6500円。イオシスは新品以外での上限は5000円です。

今後ダイワンテレコムの査定も下がる可能性はありますが(笑)、5000円で本体を手放せたとして10,800円の購入価格から見れば、MNO品質の3GB/1ヶ月のデータ通信回線 or 1時間以上の通話(詳しい初期チャージの使い道はこちら)MNP弾を6000円で用意出来たと考えれば悪くないはず。サブスマホを持っていないのなら自分用のおもちゃにしても全然アリだと思います。どうせ中古状態になってしまえば高値で売れるわけではありませんから、傷も電池の消耗も気にせず使える機種があるのはなかなか幸せなことだと思います(´∀`) 

そうそう、水没さえ避ければ下取りにも使えますし。 Androidスマホで1万円下取りに使えば、それだけでとりあえず元は取れますから下手に売るよりAndroid下取りを増額している時期に手放したほうがお得かもですね(笑)

305SHの白ロムだけが欲しいのなら中古ショップやオークションで買えば1万円もしませんので別のところから入手しても良いですが、シンプルスタイル回線の確保がしたい人にとっては良い機会のはず。上記のような使い方をどのように捉えるかは各個人の判断次第ではありますが、305SHは手放しても手放さなくても損の少ない商品だと思います。


by ke-onblog | 2016-11-17 22:53 | 白ロム転売法 | Comments(0)
いい買い物の日に間に合わせればもっと盛り上がったでしょうに、と思わなくもないところですが、本日11月17日にソフトバンクのオンラインショップ限定販売 プリペイドスマートフォン「AQUOS CRYSTAL 305SH」がアウトレット在庫として入荷しています!

私の知る限り、前回最後に販売されたのは2016年4月5日のことでした。今回も入荷後即売り切れが予想されるので、欲しい方は速攻で注文しておきましょう。高確率で明日では間に合いません。

☆「ソフトバンク シンプルスタイル305SH」/10,800円

お値段は据え置きの10,800円(税込)。在庫はホワイト・ブラック・ピンク・ブルーの各色が用意されていますが、アウトレット品ということで数量限定での販売となります。

プリペイドチャージが10000円分含まれていますので、本体の価格は実質たったの800円。送料・代引き手数料も無料・契約の事務手数料は初期チャージ分から差し引かれて届きますので、10,800円以上の出費は発生しません(自分でチャージしない限りは)。

最近では305SHの代わりにソフトバンクのプリスマ用には上位モデルの304SHが18,000円で売られており、こちらはこちらでとてもお買い得感があったために入荷する度に即日完売を繰り返していましたが、、、まだ305SHの在庫もあったのですねぇ。

ただし、前回までは「新品」としての販売出会ったのに対し、今回は「アウトレット」です。オリジナルの本体箱はなく、透明のクリアケースでの発送になるはずですので本体をリリースする際には注意してください。

305SHのSIMカードはnano SIMです。ソフトバンクのAndroid機種およびSIMフリーモデルで周波数が対応していればSIMを差し替えて使うことも可能です(iPhoneの場合は通話・SMS受信は可能)。

ソフトバンク公式のアウトレット品はほぼ新品同様の状態で届く事が多い(傷がないことを保障は出来ませんけど)ので、中途半端な白ロムを買うよりも絶対にお得です。

305SH,304SHの両方を私も所有しています。自分で使うなら304SHのほうが格段に便利なのでどちらかを選べる状態なら+7200円で304SHをオススメしますが、プリモバ弾用や用途を限定した利用目的ならば305SHの10,800円という価格的メリットが勝るでしょう。

いずれにせよいつでも買える商品でないことは確かなので、購入検討をする方は急ぎましょう。冒頭でも書いたように305SHの在庫入荷は本当に久しぶりのことで、ここ数年プリスマの特価セール品は在庫が長続きした試しがありません。

総合判断中の方はプリスマが買えない可能性もありますが、通常「プチ総合」レベルの人であれば買えるはずです(回線枠に上限もあるので、よく注意書きを読んでから注文しましょう)。

305SHのレビュー、他のプリスマ機種との比較は「モバイルびより 304SHと305SHのスペック比較」に書いておきましたので、スマホ本体にも興味がある方は参照してみて下さい。



by ke-onblog | 2016-11-17 10:20 | 白ロム転売法 | Comments(0)
いい買い物の日キャンペーンがスタートした直後にも紹介しましたが、ソフトバンクエアーの期間限定加入増額が11月13日までの申し込みをもって終了します。この時期限定の値引キャンペーンであり、おそらく14日以降は条件が悪化しますので検討中だった方はそろそろどうするのか決めておくと良いです。

現在実施されているソフトバンクエアーの申し込み特典は、

1111円×11ヶ月の割引増額 (税込みで総額13,198円分の値引)
・他社回線からの乗り換え工事・違約金全額負担 (最大10万円まで)
66000円分の商品券が当たる抽選特典


この1つ目と3つ目が、期間限定の特典です。3つ目の商品券プレゼントはウェブ申し込みの上乗せ限定特典。

☆「SoftBank Air

このブログではずっとソフトバンクエアー関連の情報を追いかけてきていますが、現在の特典は普段よりおトク度が高いことは確実です。

例えば先日までのキャンペーンでは、「Yahooプレミアムコース(月額800円のオプション)」に加入するとTポイントが12000円分貰えるというものをやっていました。

Tポイントは加入からおよそ3ヶ月以内には貰えたので短期間のお試し目的であれば正直Tポイント特典の方が契約しやすかったとも言えますが、定期契約期間の2年分を普通に使うのならば【スタンダードコースとプレミアムコースの差額分×2年間の負担】・【13198円の料金値引とTポイント1万2千円分での実質還元】という差があるため、現在の特典の方が金額的にも使い勝手的にも優位です。

過去にはSBエアーの契約でもっとたくさんのTポイントがもらえた時期もあったのですが、次第に条件が悪化していますので・・・2つ目の「他社からの乗り換えコスト還元」特典はここ1年位ず~っとやっていますので、おそらく今後もやるでしょう。

また、上記3特典はソフトバンクの携帯・スマートフォン回線所有の有無にかかわらず適用されます。もちろんソフトバンクのスマホ回線とセットで使うのならさらにいい買い物の日期間限定の「おうち割 光セット割引1,111円×3ヶ月」特典が上乗せ出来るため割引額はさらにアップします。
d0262326_16141093.png
旧料金体系のホワイトプランでもパケフラに入っていれば2年間は光セット割引が増額されていますので、お好きな方を選べばよいでしょう。データ30GBになると最大の月額3111円引きという驚異的な値引にはなりますが・・・個人で30GB契約する人はソフトバンクエアーなんて無くても自宅分もスマホで全部賄えるのでは無いですかね(笑)

普段のTポイント還元も、ちゃんとTポイントを消費できる予定がある・使い道があるのなら良いのですが、あちらはあくまで「実質値引」。今回のようにソフトバンクエアーでは「料金自体を値引く」タイプのキャンペーンはいい買い物の日関連以外では一切やっていないため、特典のもらい忘れ・利用し忘れが発生しないので安心と言えるかもしれませんね。

SB Airの申し込みはウェブから行うとわずか数分で終わります。店頭で申し込むといろいろとトラブルが多いとも聞きますので、余計なオプションを付けられたくない人はネットで申し込みをすれば確実に「最低限のプラン」で契約出来ます(ソフトバンクエアーの場合、ソフトバンクのスマホ回線とのセット割適用のためのオプション追加条件に選択が必須となるもの以外は一切ありません)。

詳しい申し込み方法は過去記事を参照下さい :[実体験レビュー]ソフトバンクエアーの申し込み方法・手順解説


by ke-onblog | 2016-11-09 17:41 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
以前からソフトバンクでは同じガラケーを長期間使い続けたユーザーが、実質無料で買えるケータイの提供を「タダで機種変更プログラム」として提供していましたが、いつのまにやら条件と機種が追加されていますね~

つい先日発売開始となった、VoLTE対応のAQUOSケータイ2も無料なのは結構お得かもしれません。

新規やMNPならAQUOSケータイ2は最初から実質0円ですが、月月割を全額適用しても機種変の通常価格は17,640円の実質負担が残ります。これが現在36ヶ月以上同じケータイをソフトバンクで利用中の方が機種変更をすると月月割が増えて、ゼロ円で買えるようになります。

最近始まった低価格なケータイ専用通話定額プランも対象なところがポイントです。

☆「ソフトバンク AQUOSケータイ2

以前は「60ヶ月以上」が条件だったのですけれど、今は3年に緩和・短縮されたのですね~。

加入の指定プランもありますが、ホワイトプランでもスマ放題プランでも適用されます(S!ベーシックを外すと月額割引が減ってゼロ円に届かなくなるので付けておきましょう)。オンライショップでは条件を満たすと自動的に月月割が増えて実質0円になっていました。詳しい料金の表示は過去記事を参照下さい。

AQUOSケータイ2の場合は新しい料金プランの「通話定額ライト(ケータイ)月額1200円」+「 データ定額S(4G ケータイ)月額0円」の組み合わせでも行けます。

短時間の電話をたくさんしたいならホワイトプランよりも新プランの方がお得になりやすいでしょう。データ通信をモバイル回線で使わないことが前提ですが、この新機種が機種変更で月額1500円~ライトな通話プラン付き回線というのはなかなかです。
d0262326_21413221.png
上記が画像がまさに3年以上のケータイ回線の機種変更手続きを新しい「月額1500円プラン」を選択して最終直前まで持っていったところ。通常830円の月月割が1320円に増えているのがわかると思います。これで実質0円というわけですね(実質的に3年の契約延長となるわけですが・・・)。
d0262326_21441166.png
テザリングオプションは無料、Wi-Fiスポットを使うには別途467円が必要ですが、通話がほとんどという方はオプションは一切いらないでしょう。オンラインショップではオプションは付けなくても機種変でちゃんと月月割が増えています。

AQUOSケータイ2は防水対応でワンセグも見れます。おサイフケータイは相変わらず使えないのですけど・・・ケータイでおサイフ機能を使いたいのなら「ドコモ AQUOSケータイ SH-01J」にMNPすればやっぱり実質0円です。または旧モデルですが301SHならおサイフケータイ・防水・ワンセグフル対応です(ただし従来の3GケータイなのでVoLTE通話やLINE利用などは出来ません)

MNPなら高性能なスマホだって実質0円・一括0円が当たり前の時代ですが、他社に乗り換えではなく機種変更でそのままず~っと使い続けたいというユーザーなら今更3年の実質0円も障害にはならないでしょうから、アリといえばアリな値引です。

☆「ソフトバンク 実施中のキャンペーン一覧



by ke-onblog | 2016-11-07 22:05 | キャンペーン情報 | Comments(0)
前回の記事でソフトバンクのApple Watch在庫処分セールの話を書きましたが、すでに祭りの様相ですね~。当日、在庫はあるのでしょうか(´∀`;)

今日、いい買い物の日に向けてソフトバンク・ワイモバイルで実施されるキャンペーン内容がすべて発表されていますので、注目どころをチェックしていきましょう。ソフトバンクのセール開始日は11月3日(木曜日)からです(ワイモバのセールは1日から対象のものがあります)。

【ソフトバンクのいい買い物の日】

1.Pepper(111台限定) 通常32,888円/月(36回)⇒11,111円/月(36回) 

割引率は高めですが、個人で買うものではないのでどうでも良し。

2.ポッキー配布 無料(限定パッケージ)

11月3日~、各店舗在庫限り。アンケートに答えればSBユーザーでなくてももらえそうです。

ポッキーの貰い方はこちら

3. SB店頭「GETクーポン」にTカードを通して最大11,111TP

11月3日~12月1日期間中、Tカード1枚につき1回限り。

4. SoftBank 光/Air 1,111円×11か月値引き +66,000円抽選×11人

11月3日~13日までの申し込みが対象。光セット割に上乗せ可能。

☆「SoftBank Air
☆「SoftBank 光

5. おうち割 光セット 1,111円×3か月割引増額
d0262326_16595413.png

11月3日~13日までにセット割に加入すると割引増額。【4.1111円×11か月値引き】はネットの割引・こちらはスマホ料金の値引きなので併用可能。

6. Xperia X Performanceに機種変11111円値引き

436円×24か月引きで、実質7609円に。その他各種キャンペーン併用可。

☆「ソフトバンク Xperia X Performance

7. iPad,タブレット 6か月割引
d0262326_17081548.jpg
これはちょっと簡単には書けない複雑な料金設定(契約したプランや購入する機種で割引が異なる)なので、公式サイトを参照してください。値引き額はiPadの場合8,334円~、Android機種の場合14,334円~くらいの節約になります。

☆「http://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/kaimono2016-03/

8. Pocket WiFi キャンペーン 実質1111円×6か月

こちらもスマホとのセット割引が前提になっているので微妙。今は20GB,30GBプランが安くなってきているので、わざわざルーターを別契約するメリットが感じられる人は限られるでしょう。

☆「http://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/kaimono2016-02/

9. 「体組成計」「PhotoVision TV」「みまもりGPS」が111円

昨年もありました。契約事務手数料無料・月額料金も2年間無料なので、解約のし忘れさえしなければお得です。

☆「ソフトバンク フォトビジョン(TV,TV2)
☆「ソフトバンク みまもりGPS
☆「スマート体組成計 301SI

10. Apple Watch(第1世代) 11,111円

今回一番の注目セール。取扱店・在庫はどこにでもあるわけではないので、要在庫チェックです。
11. itomaki shin(ACアダプタ)111円で販売

ソフトバンクショップ・ワイモバショップの取扱店で販売。1.0A 1,728円・1.8A 1,944円の定価なので、予備用にも見つけたら即買い推奨。

12. ソフトバンクセレクションでセール

Beats by Dr.Dre MH7E2PA/Aが19,800円はなかなか安いです(現在密林で22k)。

☆「http://www.softbank.jp/shop/accessories/special/kaimono2016/

☆11月5日~11日限定:「YJカード」の新規登録でTポイントが11,111円相当貰えます!条件がゆるいので、持っていない方はこの機会を逃さず発行しておきましょう

ほかにもiTunes 10%増量、+Styleで販売されている製品が割引などがあるようですが、主なソフトバンクのいい買い物の日キャンペーンは以上です。

お手軽に参加できるのは「2.ポッキー」「3.GETクーポン参加」「9.体組成計・フォト・みまもり111円」「10.Apple Watch」「11. 111円ACアダプタ」あたり。

ソフトバンクエアーのキャンペーンも昨年通りでした。最近ソフトバンクに買い替えて、固定回線のセット割引を使い始めたい方には良いタイミングでしょう。

また、ワイモバイルでも似たようなセールやクーポン特典などが出ていますので、そちらはまた後ほどお得度の高いものをチェックしていきたいと思います。


by ke-onblog | 2016-11-01 17:44 | キャンペーン情報 | Comments(3)
本当にどこから在庫を持ってきたのか、意味不明です(笑)

春頃まで私も利用していたソフトバンクのワイヤレスな固定回線、ソフトバンクエアーの接続に使うモデム「エアーターミナル2」がイオシスで980円の大特価で売っているらしいですよ!

通常価格は58,320円もしますから、実に98% OFFという超絶な安さですね~



店員さんもよく分っていないシリーズ、受けますねw しかも未使用品がこれだけあるということは、一般客からの買取ではなく代理店をやっていたところの倒産品か何かでしょう。リースじゃなくて、代理店が買い取らされているんですかね。

たぶんイオシスで「何に使えるのか?」と聞いても答えが返って来ないでしょうから、利用経験のあるわたくしが及ばずながら・・・(といっても私は契約して使っていたので、実際のところ「白ロム」がどう使えるのかまでは未検証です)
d0262326_1991530.jpg
ソフトバンクエアーのエアーターミナル2は、MIMOという規格に対応した2015年12月から提供が始まった「第2世代」のSoftbank Air用のモデムです。旧モデルの「エアーターミナル(無印)」では最大110Mbpsだった下り通信速度が261Mbpsアップし、実際に私が使って速度計測を行ったところでも100Mbps超えを連発していてなかなかのものでした(20時-25時以外は)。
エアーターミナル2の機能は、「無線LAN兼インターネット用モデム」というところです。よくある固定回線だとスマホやパソコンに無線接続をする際に、インターネット会社から提供される「モデム」にケーブルを差し、そのモデムから「無線LANルーター」へケーブルをさらに接続させることがあります。

エアーターミナル2は「モデム」と「ルーター」の2つの役割が出来ますので、通常2つの電源が必要なところを1つの機器でスッキリとさせることがメリットの一つでした。

で、このエアーターミナル2の「白ロム」なのですが・・・正直、使い道は極々限られますね(笑)

普通に購入すれば定価が6万円近いので「エアーターミナルを持ち込みで契約すれば良いのか!?」と思うところですが、それは出来ないそうです。SBに問い合わせたので間違いないです(2016年2月時点)。なので早まって買わないようにしてくださいね(´∀`;)

解約済みの自分で使っていたソフトバンクエアーターミナルである場合のみ、購入済みのエアーターミナルで再契約をすることは出来ると聞いていますので、使い捨てというわけではないのですが・・・

エアーターミナル2の接続はソフトバンク・ワイモバイルと同じ「AXGP」を使うため、スマホや携帯と同じくSIMカードが入っています。本体の下にSIMスロットがあります。じゃあ「ソフトバンクかワイモバのSIMを挿せば使える?!」と思うかもしれません。
d0262326_19121619.jpg
これはちょっと私は実験できなかったので確証はないですが、SIMカードは標準サイズで「Air(Dual)」という特殊なSIMですので、たぶん「エアーターミナル」・「エアーターミナル2」、そしてソフバン・ワイモバのスマホ用SIMとは一切互換性がないものと思われます。

APNの書き換えなども出来ませんので、ソフトバンクエアーを解析してなんとか出来るような技術を持っている人でもない限り、他のSIMを挿して使うことは出来ないでしょう(技術があってもブロックされている可能性の方がずっと高い)。

じゃあ何に使えるのか、ということですが、、、特に何にも使えないと思います(笑) 無線LANルーター代わりになるという話も聞いたことがあるのですが、そういえば試さなかったで分かりません。仮に無線LANになるとしても、機能性はそこまで良くもなく・・・1000円ならそこそこ安いですけど、普通の無線LAN機器より大きいので邪魔でしょう。

すでにエアーターミナル2を契約中の場合に、故障した時の場合のバックアップ用にも・・・たぶんSIMロックが掛かっていると思いますので、使えない可能性のほうが高いですねぇ。でも試してみないことには分かりませんので、今SB Airを持っている方はイオシスで買ってきて遊ぶのも良いかもしれません。
d0262326_23003254.jpg
あとはLANケーブル、ACアダプタ(DC12V,定格電流0.8A/定格2次出力2A)も入っているはずなので、それが何かに使えるかも。

電源を入れてボタンを押すとLEDが光る(ネットワークに接続されていない場合は青いランプは付きません)ので、ちょっと変わったオブジェとして・・・。あるいはソフトバンク代理店の店頭デモ用として業者が買っていくのならあり?かもしれません。よく契約カウンターの近くに本体が展示してありますからね。

まぁ、こうして980円という激安で売られているのは使い道がないからということをわかった上でなのでしょうけれど(´∀`) よく探すとアマゾンにもエアーターミナルの白ロムが出品されており、☆はすべて1つの評価(苦笑) それは「エアーターミナルそのもの」の評価ではなく、白ロムとしての評価ですね。

普通はソフトバンクエアーを契約するときはレンタルの方がオトクな可能性が高いですけれど、もし店頭で薦められて分割購入をしてしまった場合にも、解約後に「エアーターミナルの白ロム」として金銭的価値が無いことだけは明らかですね~

ということで、もしソフトバンクエアーを契約してみたくてこのイオシスの「エアーターミナルの白ロム」をチェックしていた人が居たならば、悪いことは言わないので普通にSBで契約時にレンタルしましょう。ソフトバンクエアーの使い勝手や申し込み方法はこのブログの過去記事や、「ソフトバンクエアー 申し込み方法・利用手順解説」などにまとめてあります。
.


by ke-onblog | 2016-10-30 21:29 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
ドコモでは10月21日、ソフトバンク・ワイモバイルでは昨日の28日に発売開始となった2016年冬モデルガラケー(ガラホ)のAQUOSケータイ。この2機種は見た目がそっくり&ドコモに追随して月額料金が安いかけ放題の下位プラン+変動型パケット料金プランで同じような使い方が出来るのかな~と思っていたのですが、一部の機能に差があります。

価格も新規・MNPなら両者ともに実質0円ですし、見た目が同じならどっちでもいいか・・・と思ってしまいそうなところなのですが、結構重要なところに違いがあるので注意して下さい。

d0262326_18522529.jpg
左がソフトバンクで発売されている「AQUOSケータイ2」のゴールドであり、右がドコモのSH-01Jです。カラーとキャリアに合わせたアイコン表示の違いくらいはありますが、ボタン配置も本体の形状も、全く同じに見えますね。

カラーラインナップはソフトバンク・ワイモバイルでも違いがあり、

・ドコモ用:ゴールド、ブルーブラック、ピンク 全3色
・ソフトバンク用:ゴールド、ブラック、ピンク、ホワイト、ライトグリーン 全5色
・ワイモバイル用:ブラック、ホワイト、ピンク

こんな感じです。

スペックデータを見ても縦横厚さ本体重量、CPUもRAMもメモリもカメラも、何もかもが同じです。

なので、キャリアが提供している一般的なサービスも似たようなものなので、出来ることもほぼ同じかな~と思っていたのですが・・・

ソフトバンク・ワイモバイル用のAQUOSケータイ2では「おサイフケータイ機能」が使えません
d0262326_19015329.png
上記はワイモバのホームページにあるAQUOSケータイ2 602SHの機能一覧です。おサイフケータイのみ、グレーアウトしています。

ドコモで発売されてきた旧モデルのAQUOSケータイ(SH-06G)もおサイフケータイが使えなかったのですが、今機種のSH-01Jはおサイフケータイに対応!というのを先に見ていたので、当然SB/Yモバでも使えるものかと思っていました。なんで使えないのでしょう???

auはまだ冬モデルをドコモに張り合って2機種だけ先に発表するという小狡いことをやったので同等機種が出るかどうか分かりませんが、夏モデルのAQUOS K SHF33でおサイフケータイに対応するガラホを出しています。

おサイフケータイのチップをわざわざソフトバンクグループだけ外して作っているのか、機能・サービス的に何か使えなくなってしまうような制約があったのか・・・。

では、ほぼ同じ機能でおサイフケータイが使えないソフトバンク・ワイモバイルモデルよりドコモのSH-01Jの方が優れているのか、と言われると、必ずしもそうでもありません。

ドコモのSH-01Jはテザリングが出来ません
d0262326_19093931.png
こちらがドコモのSH-01Jの機能一覧。SB版に無かったおサイフケータイ(Felica)のアイコンが出ています。しかし、ドコモから発売されるガラホSH-01J,P-01Jともにテザリング機能には対応しません。

「他機種のテザリングに接続してインターネットを使う」ことはどちらも「Wi-Fi接続」に対応したので出来るのですが、ワイモバ/SB版で出来るテザリングがドコモでは使えないと・・・

テザリングを使う場合にはガラホ回線のデータプランを大きめのものにしていないとパソコンやタブレットでたくさんネットを楽しむためには制限が掛かったり料金が高くなるので必要かどうかは人それぞれだと思うのですが、個人的にはテザリングは出来てほしかったです。

SH-01J,P-01Jは1800mAhというケータイにしては大きなバッテリーを搭載したので、いざという時にルーター代わりに使えたら便利かと思ったのですけどね。。。残念ながらそういう使い方はドコモでは出来ません。SB/Yモバ/auのAQUOSケータイは出来るのに。

月額料金が変動型の新プランの場合はテザリングさせることは想定されないかもですが、スマホと同じでシェアオプションでグループのパケットを分け合えるようなデータプランも組めるはずですから、スマホやモバイルルーターではなく「AQUOSケータイ+パソコン」というようなスタイルで使うにはテザリング対応が無いと不便(というか使えない)です。

SH-01Jの新プランなら月額1944円、ワイモバのケータイSSプランを使えば月額1332円から運用することも出来ますが、プラン選びも重要です。
d0262326_19342134.png
月額1000円や2000円として挙げられているプランには「パケット通信を殆ど使わない場合の最低維持費」であり、ネットにたくさん繋げばスマホ並の料金が掛かるわけです。

おサイフケータイが要らないならソフトバンク、テザリングを使わないならドコモの新型AQUOSケータイでも問題は無いのかもしれませんが、どちらも使える機能が同じだと勘違いしないようにしないといけません。

じゃあ両方に対応しているauのSHF33が良いの?という話にもなるかもですが、SHF33は今度は本体価格が高く一括45,360円、実質21,600円です(auの3Gケータイを5年以上使っている回線からの機種変時のみ10800円)。auのネット通販代理店として知られる「レクサスプランニング」だと、MNPなら一括14,900円(毎月割 -23,760円)なので実質0円以下にはなりますので、定価販売をしているショップでSHF33を買うと割高感がありますね~。

3キャリアのケータイ向け新料金はどこもソックリなのですが、何もかもが同じというわけではないことを契約前にしっかりと把握してから検討をしましょう。

☆「ドコモ AQUOSケータイ SH-01J

☆「ソフトバンク AQUOSケータイ2

☆「ワイモバイル AQUOSケータイ2 602SH


by ke-onblog | 2016-10-29 19:40 | 白ロムコラム | Comments(2)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン