白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:タブレット ( 172 ) タグの人気記事

海外では昨年すでに発売されていたAcer(エイサー)のハイエンドタブレット「Predator GT-810」が日本では2月19日より発売開始されます。

日本での価格設定はかなり強気で、ヨドバシでの予約価格は58,920円(税込)。アマゾンだと53kです。

それにしても8インチのAndroidタブレットで5万円超って・・・GT-810は相当にハイエンドなので安くはないだろうなと思われるところではありますが、Wi-Fi専用機種で5万です。他のAndroidタブレットが2~3台は買えますね^^;


本体の4隅あるのはスピーカーです。デザインもかなり「ゲーミング」っぽさがあります。

OSはAndroid 5.1.1, RAM 2GB, ROM 32GBといったところは普通なのですが、CPUはAtom x7-Z8700を使っています。これはMicrosoftのSurface3と同じですね。SurfaceはRAM 4GBですけど。

CPU/ディスプレイ/スピーカーは確かに他の格安タブレット機種とは一線を画するもののようですが、アメリカのアマゾンでは280ドルなのですよね。

☆「Acer Predator 8 GT-810-15NC 8-inch Full HD Gaming Tablet (Android Lollipop)

日本へも直接配送が可能で、国際送料と推測される関税込みで36000円くらいで済むはずなんですけど(1ドル113.5円換算)。日本のモデルと何か違うんですかねぇ?

☆「ACER

Acerの公式サイトに行くとスペックシートがあるのですが、RAM 4GBって書いてあります。でも、下の方に小さく【訂正 RAM 2GB, バッテリー4550mAh】て。間違ってしまうのは仕方ないですが、まず先にデータシートの方を直しておけよ・・・と。

RAM 4GBならアメリカ版より多少高くてもわかりますが、スペックに差がないのなら断然海外輸入のほうが安そうです。

プライオリティシッピング(優先配送)を選んでも、たぶんamazon.comの方が安いです。
d0262326_15211070.png

2月19日には間に合わないと思いますが、AmazonGlobal Priority Shippingを選ぶと2月23日予定となりますね。

なかなか日本メーカーではこういう尖ったタブレット端末を作っているところを見かけませんので、スピードとサウンド重視でゲームを思いっきり楽しみたい人はGT-810を検討してみるのも良いかもしれません。

関連記事:高性能ゲームタブレット SHIELD tablet K-1も輸入でちょっと安い
by ke-onblog | 2016-02-17 15:30 | 端末輸入 | Comments(0)
新型dtabも良いんですが、やっぱりdtabといえばd-01Gですね!

ドコモのオンラインショップでは長らく売り切れが続いていたと思っていた旧モデルのdtab「d-01G」の販売がいつの間にか再開しています。2月に入ってからも一度確認していたので、たぶん昨日・今日くらいに在庫が復活したのだと思いますが・・・

店頭でもやや在庫が少なくなってきていたdtabはもともとの定価が3万円と安く、そこにdtab 特別割引で2万円引き+月サポで4万円引き、これだけで新規でも機種変更でも実質マイナス3万円を超えています。

キャンペーンが入れ替わっているので全く同水準とは行かないのですが、まだまだ安いです。

私が最後にオンラインで在庫を見たのは2ヶ月くらい前ですかね?ずっと入荷時期未定で予約も出来なかったのですが、ここにきて再入荷というのはやっぱり狙いがあるのでしょうか(笑)

関連記事:ドコモの激安タブレットdtab d-01G在庫復活 実質マイナス3万円の価格もそのまま

2月1日以降の「ドコモ実質0円廃止宣言」がありましたが、あれはあくまで「新しいスマートフォンに限る」という話でもあり、旧モデルやタブレット端末は実質0円も継続しています。

それでもネットの販売案件を見る限りではd-01Gのセール情報も一気に減っていますね^^; 価格情報の取り扱いにはどのショップも「センシティブ」になっているらしいですし。

「実質0円という安さ」が問題というよりも、「実質0円という表記」を避ければという兆候もありますので、これからは【最新スマホ+タブレットの抱き合わせセール】も流行りそうですね。


by ke-onblog | 2016-02-04 19:04 | キャンペーン情報 | Comments(0)
海外で相当に売れている(生産数に対して)という事前情報があったのでどうかなと思っていましたが、日本でもやっぱり多少は品薄になる可能性も???

Microsoftの新モバイルPC「Surfacebook」は4モデルが公式サイトでは販売されており、Core i5/RAM 8GB/SSD 256GBのスタンダードなモデルがオンラインショップで在庫切れに(4日2時時点で予約は可能)。

公式価格は税込みで以下の通りです。

128GB / Core i5 / 8GB 221,184円
256GB / Core i5 / 8GB / GPU 269,784円
256GB / Core i7 / 8GB / GPU 291,384円
512GB / Core i7 / 16GB / GPU 372,384円

売り切れているのは上から2番めのやつです。

4日12時時点で、256GBモデルも在庫が入荷したようです

Surfaceが22万円~37万円というとかなり高いようにも感じますが、Surface BookはSurface Proよりもさらに上位のノートパソコンという立ち位置ですので、、、

13.5インチサイズで重さは約1.5 kg 。ディスプレイのみだと726 g。良くある10インチタブレットよりも二回りは大きい画面なので超軽量とはいきませんが、やっぱりノートパソコンとしてはかなり軽いですね。

OSはWindows 10 Pro (64 ビット)、Surface Proなどにも付属する「Surfaceペン」、オフィスはフル機能の「Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」が付いています。

Surface Pro 4から見てもモデルによっては倍以上のお値段です。ちょっとしたネットサーフィンくらいにしか使わない人ならもっと安価な2in1タブレットでも十分かもしれませんが、CADを動かしたり、動画編集や超高解像度の画像処理をガンガン行ったりとあらゆる利用を想定するならSurface bookという選択肢になるのでしょう。

公式ストアでの保証は1 年間、90 日間無償テクニカル サポート、30日の開封後返品も可能です(返金条件は公式サイトで良く確認して下さい)。

過去にはSurface Pro2が確か品薄になったこともありましたが、Surface bookも海外同様生産数が少ないのであれば、早めに確保しておくのが良さそうです。

by ke-onblog | 2016-02-04 02:40 | 白ロムコラム | Comments(0)
VoLTE専用SIMの保守機としても面白い、auの防水タブレット Qua tab(キュアタブ)が本領を発揮する時期がやって来ましたね。

今auでは10インチ版のQua tab 02やQua Phoneなんていう新商品も出ていますが、それよりも2015年夏モデルのQua tab 01 KYT31の方に注目したいです。

この機種は2015年7月24日(一部地域は25日)発売でしたので、発売直後に購入された端末はキャリアの定める「発売後180日のSIMロック解除拒否期間」を超え始めているはずです。

7月24日から数えて、今日(2016年1月23日)で184日目になるはずです。auのSIMロックは「購入日を含めて180日」を超えればOK(だったかな?auに問い合わせたのは随分前なのでちょっと記憶が曖昧です)。


Quatabが新規一括0円でばら撒かれるようになったのは発売日直後ということはなかったと思いますので、多くの方が所有している端末が解除できる用になるのはもう少し先かもですが。

Quatabは投げ売りが続いているので白ロムも安定した価格が続いています。ヤフオクでは12-15k前後です。

フリマサイトでも16k前後(送料込)。

☆「ケータイアウトレット

本体のみの出品ですが、新品で12kという在庫もありますね!(赤ロム保証あり)

白ロムで購入する場合は自分でauショップに持っていけば有料ですがロック解除が可能です(元の利用者が購入した日から180日過ぎていることが条件)。

オークションの場合は落札前に購入日を聞いておくと良いでしょう(ショップで解除可能日を確認してもらう事もできます)。回線を活かしているなら、オンラインからのロック解除手続きをお願いしてみるのも良いかもしれません(出品内容・説明に含まれていない場合は、無理強いはダメですよ(´∀`))

すでにロック解除済みの商品が出品されていれば、ロックを解除した状態で他社のネットワークをどれくらい掴めるのかというのも気になるところですが、それよりもMVNOのVoLTE SIMで使う場合にはSIMロック解除が必須なので、相場よりも2-3千円くらい高くても構わないと考えられます。

数カ月前からQua tabの白ロム相場は16k前後で推移していますので、たぶんこれ以上下がることはしばらく無いでしょう(1年・2年の長期スパンではもちろん下がると思いますけど)。

一部ロットでトラブル(ディスプレイがまるごと外れる)が出ているとも聞いていますのでそのあたりも気を付けたいですが、auのネットワークで使える防水タブレットとしては破格のコスパです。




by ke-onblog | 2016-01-23 22:37 | 白ロムコラム | Comments(4)
店頭販売は明後日20日開始ですが、オンラインでは先ほど10時から購入が可能になったドコモのdtab compact d-02Hが登場です。

旧モデルのd-01Gは機種変更でも一括0円にCB付き・月サポ付きでばら撒かれましたが、新型も発売日から新規一括0円(端末購入サポートあり・dtab特別割適用)なので、初心者ホイホイです。

ただ、定価は5万円弱まで上がり、スペックも大きくアップしてしまったのでそう簡単にはd-01Gのようなマイナス数万円レベルに到達するのは難しいでしょうか。

新規一括0円がすぐに出たNexus5→定価が高く、最後まで投げ売りがあまり無かったNexus6みたいな感じになる可能性の方が高そうですね。

現在ドコモで買えるタブレットは10インチモデルまで含めると結構選べるのですが、7-8インチクラスは販売終了になったモデルが多く、d-02Hを含めて3機種しかありません。

関連記事:d-01Gから大きく進化!ドコモ最新タブレットdtab compact d-02Hを比較

今買うなら、d-01Gの在庫を探す・d-02Hに行く・7インチならSH-05G、この3択です。あるいはドコモで同じ実質0円なら、iPad mini4(16GB)の方が良いかなと。

割引適用時の価格差でd-01Gに比べてd-02Hは3万円くらい高くなるのですが、その価値があるかどうかはちょっと微妙。欲を言えばもう1万円くらい安くなると嬉しいところです。

8インチタブレットはライバルが多いので、売れ残れば今年の秋~冬頃には割引増強がありそうです。

ドコモで発売日から端末購入サポート対象の機種ってこれまでには無かったと思いますから、これが新しいドコモの販売方法のスタンダードになるのかもしれませんね。


by ke-onblog | 2016-01-18 11:27 | スマホニュース | Comments(4)
購入を狙っていた方は在庫探しを急いだほうがいいかもしれません。

ドコモから発売されていた低価格なタブレット端末 dtab d-01Gの売り切れがドコモのオンラインショップ上で続いているな~ということが以前から気になっていたのですが、先日までは予約自体は可能でした。

しかし、現在は入荷未定になり、予約も出来ない状態に・・・
d0262326_11542560.png

ショップでは一定の条件さえのめば機種変更でも一括0円にキャッシュバック付きなどで散々ばら撒かれていましたので、月サポ増額・特別割引によって値下げがされていたこの数ヶ月で一気に在庫を売り切ったのでしょう。

各種割引きを使うと公式サイトでさえ実質マイナス数万円(参照:ドコモの低価格タブレットdtab d-01Gへの機種変更がまとめ買いで実質マイナス5万円!)で買えるという破格機種でしたから、それこそ来年になったら「行き過ぎた値引き」として行政指導が入ることを恐れて・・・なんて事情があったのかもしれませんねぇ(笑)

まだ「入荷が未定」なだけであり、確実に販売終了が決まったわけでもないです(販売終了になれば公式サイトにそのように表示されるはず)。でも発売からもう10ヶ月経ってますので、Android端末の販売スケジュールだとそろそろ終わっても不思議はないです。どんなに人気の機種でも、発売数ヶ月で販売が打ち切られることもありますし。

dtabに関しては新型のd-01Hも出ていますが、あちらは10インチモデルで定価も2万円以上上がっていますので、d-01Gと同じような感覚で安くなるのは難しいかもしれません。

ドコモではキャッシュバック廃止論も出ていますし(これはMNPだけなのかもですが)、d-01Gを買うなら早く動いたほうが安全でしょう。


by ke-onblog | 2015-12-22 12:06 | スマホニュース | Comments(9)
楽天のスーパーセールも最終日を迎えました。

もう楽天モバイルの方はセールは終ったに等しいです(笑)昨年はMVNOの年末年始のセールはほとんど無かった(gooがmate7の安売りをしていたくらい)と思いますので、SIMとのセットで安く購入できるチャンスは今年最後ではあるかもしれませんが・・・

家電量販店での福袋企画でSIMフリースマホが今年は増えるかもなので、そちらに希望を託すのも良いでしょう。

さて、今日の目玉商品はタイトルのとおり最新のiPadなのですが、時間が時間なので全く買える気はしません(笑)

☆「PCあきんど Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 64GB MK9H2J/A」/29,052円

Wi-Fiモデルではありますが、2015年モデルのiPad miniが半額。限定数は10台です。

iPad mini4は良いです。miniシリーズの完成形を見た気がします。mini3も今は安くなってきているのかもしれませんが、3と4だと重さが30グラム以上違い、本体の薄さも相まって持ちやすさも向上しましたよね。

RAMも1GBから2GBへアップし、マルチタスクに強くなったというのも良いです。

ちょっと使うだけならiPad mini2や3も良いのですが、メインとしてガンガン使うタブレットにiPad mini4は向いています。セール対象が16GBモデルではなく64GBモデルというのも実用向けで宜しいですね。

楽天セールの価格はアップルの公式価格から半額になっているので、どう考えても圧倒的に安いです。

まだキャリアでもiPad mini4の安売はあまり見かけませんので、買えるものなら欲しいですが(´∀`;)

アマゾンのサイバーマンデーはイマイチ面白みがないですし、ダメ元で22時30分にチャレンジだけはしてみようかなと思います。



by ke-onblog | 2015-12-09 07:20 | キャンペーン情報 | Comments(2)
ドコモのdtab,いよいよ最後の投げ売り段階に突入した感じがありますね。今は特にタブレット端末を欲していないのですが、将来を見越して今のうちに購入しておくのもありなのか・・・ちょっと悩んでいます。

ドコモのdtabは初代(dtab 01)はWi-Fi専用のモデルだったはずですが、現行のdtab d-01Gはドコモのネットワークで利用が可能なセルラーモデルです。

8インチのタブレットで定価は32400円となっており、ハイエンドモデルではないのですが、外出先での軽いネットや動画視聴程度に使うのなら十分なモデルでしょう。

そしてなにより、今は無茶苦茶な投げ売り機種になっています。

☆「ドコモの低価格タブレットdtab d-01Gへの機種変更がまとめ買いで実質マイナス5万円!

上記の価格シミュレートにはまとめて割の増額分まで含ませているので単品購入ではマイナス5万円までは届かないのですが、3万円の本体価格に対して割引が8万円超って・・・

しかも機種変更が安いのが珍しいですよね。

auではQua Tabが安売りされていることもあるのですが、あちらはほとんどが新規契約&既存回線が必須だったりと条件が付くことも多いです。

SBのタブレットは・・・あまり見かけませんが、確か3年縛りなどがあるはず。

その点、今回のドコモのdtabはスマホ機種の「端末購入サポート」のような割引による違約金上乗せなどもなく(月サポによる2年間の割引ではありますが)、そこまで特殊な条件を乗り越えなくても実質マイナス数万円というレベルに到達できるのが稀有ですよね~


ただ、個人的な状況としては今はあまりドコモの回線・プランを弄りたくないので、複数台機種変をしたり、新規で追加してまでは・・・とですね(笑)

今年はドコモのオンラインショップ機種変祭りも無さそうですし、dtabで手を打っておくのも良いのですが。。。

一方で、ここまで公式での割引が強化されると、白ロム本体の流通量も増えます。回線が不要という方は安くなった白ロムを狙うのも良いでしょう。

ヤフオクでは未使用品・制限○で12000円前後が相場ですかね。

今(12月5日夕方)見たところでも、新品・中古あわせて200台くらいありますねw

d-01Gの安売は以前から続いていますし、昨日からの割引額アップで今後さらに値下げが進む可能性が高いです。目標としては1万円を切りたいところ。

白ロムショップでもかなり安くなってきています。

☆「ケータイアウトレット

アウトレットサイトでは新品で送料込み13000円前後。新品同様レベルの中古品で1万円を切り始めているようですね。

Wi-Fi専用の中華タブレットなら1万円程度でも買える機種はいくらでもあると思いますが、ドコモや格安SIMの回線で利用できるセルラータブレットがこの値段なら初心者用・サブタブレットとしては十分すぎるコスパだと思います。

現在の安売り在庫が市場に出回るタイミングも結構すぐだと思いますので、市場相場より安いものはいつ出てきても不思議ではない状況です。在庫は豊富すぎるほどにあふれていますので、平均価格より値下げされた在庫は見逃さないようにしたいですね。

いつまでd-01Gの投げ売りと在庫が続くのかは不明ですが、現状でもほぼ底値に近いレベルだと思いますので、予備タブレットとして保管しておくのもアリなお得感があるな~と思います。




by ke-onblog | 2015-12-05 18:08 | 白ロム転売法 | Comments(19)
これなかなか良いアップデートですね。

海外のSIMフリースマートフォンやタブレットでは、iPhoneなど極一部を除いてau系ネットワーク用のLTEバンドには対応していません。

しかし、逆に言えば一部のモデルはバンド的には使えるモデルもあります。

そしてまた別の問題として、あまり詳しくは私は知りませんがau系のネットワークを使う場合にはLTEバンドと他のPHS用帯域がかぶっているらしく、そのあたりでちゃんと技適を受けていないと合法的には使えないということになっています。

でも、ファーウェイから発売されている8インチタブレットのMedia Pad M2 8.0というモデルが先日公開されたアップデートによって、UQ mobileでの利用が可能になったと公式サイトにアナウンスが出ています。

☆「Huawei Media Pad M2 8.0

Media Padといえばつい先日ワイモバのタイムセールで810円で売られていたことが記憶に新しいですが、このM2はその後継機です。LTEの対応バンドが多く、使い勝手が良さそうなモデルでした。
通信方式 GSM:850 / 900 / 1800 / 1900MHz
UMTS:Band 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
LTE -FDD:Band 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 19 / 26
LTE -TDD:Band 40 / 41

auのネットワークだと1, 26で使えますかね。B18がないので万全というわけにはいかないのかもですが・・・SIMサイズはmicro SIMです。

UQの公式サイトでもすでに対応機種一覧に入っており、テザリングもOKと書かれていますね~。

☆「UQモバイル

UQ mobileではつい先日からVoLTE SIMに対応し、11月からはデータの繰越にも対応し始めて利便性が大幅に向上しました。

料金は若干mineoより高いのですが、速度の安定性を考えるとUQ mobileは現状では利用頻度の高い人には向いているのでしょう。

今Huaweiの公式楽天ショップがポイント10倍(22日10時まで)になってるので、実質で4万円半ばくらいです。

☆「楽天 Vモール MediaPad M2 8.0

「UQ mobileで対応」とだけされているので、mineoやau本家回線を使った場合はどうなのか判りませんが、ドコモ・ソフトバンク系のバンドでも問題なさそうなのです。マルチキャリア運用をしたい方にはarrows M02より便利な可能性があり、面白い端末になりました。
by ke-onblog | 2015-11-21 11:43 | 格安SIM(MVNO) | Comments(4)
前回に続いて、Apple Pencilネタで。

昨晩(11月18日~19日)のヤフオクでも4万円を超える額での売買が行われているiPad Pro用のスタイラスペン「Apple Pencil」ですが、国内では入手困難になっています。

なら、海外ではどうかと思って調べてみると、やっぱりありますね。iPad Proはアメリカ・中国・イギリスなどでも同時に発売されているそうで、e-Bayには海外からの出品が大量に出ています。

☆「eBay- Apple, Apple Pencil

殆どの出品はアメリカからのようですね。日本からも出していらっしゃる方がいるようですが(笑)

Apple Pencilは「Computers/Tablets & Networking」というカテゴリーから出品されている物が多いです。

現状ではeBayの方がヤフオクより断然相場が安く、多少の時間が掛かっても良いならば「Appleストアで予約するより早く」「ヤフオクより安く」買えそうです。

e-Bayでは予約品ではなく、在庫品(手元に実物がある)の出品が多数見られますが、日本への輸送に掛かる時間は出品地域・配送方法次第で色々なので、良くチェックして購入する必要がありますが、アメリカから輸入する場合はおよそ2-3週間くらいですかね。一番早そうな在庫で11月26日~くらいが予想日になっています。

価格の相場(本体のみ)は22000円~26000円くらいでしょうか。定価の倍は超えていますが、日本ほど異常に盛り上がっている国はないのかもですね(´∀`;)

即決で今ある在庫(11月19日日本時間7時)だと、アメリカからの出品で200ドル(私が見ている時点では入札で99ドルまで上がっています)、送料が19ドル、Import chargesが21ドルで、合計が3万円弱くらい。オークションタイプなので200ドルまで行くかどうかは判りません。

日本へ配送しない出品者もいますので、よく注意して入札を検討しなくてはいけませんが、輸送に関しては商品ページの「Shipping and payments current」という項目で日本への配送予測を見ることが可能です。

国内在庫ほど早くゲットするのは難しいと思いますが、アップルストアでは4-5週間待ちなので、その半分くらいの時間で入手出来そうな感じです。

eBayでの輸入に慣れている方で早くApple Pencilを手に入れたいけど、ヤフオクの4万超えは高すぎる!という人はチャレンジしてみる価値があるかもしれません。

ただ、日本のキャリアがまだApple Pencilの取り扱いに動き出していないので、どこかでキャリアショップが売り始めるタイミングもあるのかな~という危惧もあります。ドコモ・auは販売ページはありますが、SBセレクションにはまだiPad Proのアクセサリーページ自体がないので、もし今準備中の段階ならば・・・

新製品なので今後の在庫入荷状況を予想するのは難しいですね。




by ke-onblog | 2015-11-19 07:10 | ebay | Comments(4)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン