白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:節約 ( 1426 ) タグの人気記事

楽天モバイルのスマホセールラインナップが7月13日に更新されています。7月も引き続きオトクなスマホが出ていますので、枠が空いている方は早めに動くと良いことがあるかもしれません。
d0262326_09180134.jpg
価格情報は更新直後にチェックしていたのですが、ブログ読者さんに言われるまでその魅力(価格的な意味で)に気付いていませんでした(´∀`;)

今回のセールで一番の狙い目はAQUOS mini SH-M03。他の機種は以前から値下げされている・他社セールのほうが安い機種も多くなっていますけれど、SH-M03は楽天セールが圧倒的です。

販売数は2,000台限定ということなので、急いで買ったほうが良いかも。色はホワイトんのほうが人気?みたいですよ~

☆「楽天モバイル

AQUOS mini SH-M03は4.7インチフルHD・Snapdragon808搭載・RAM 3GB、防水/防塵・おサイフケータイ・ワンセグ付きという、全部入り系SIMフリースマホです。

発売当時は確か5万円弱(44,800円)での販売であったため、ベースとなっているドコモのAQUOS Compact SH-02H(多少仕様が違います)の白ロムに比べてあまりお買い得感があるものではありませんでしたが、今回のセールでは7割引きを超える12,800円(税別)に。

先月やっていた楽天スーパーセール時では2.8万円だったので、そこから比べても半額なのです。前回のセールではほとんど売れなかったようなのでいずれ値下げするだろうとは予想されましたが・・・ずいぶんと思い切った価格にしましたよね(笑)

最低利用期間はありますが、音声SIMではなくデータSIMでの購入でも12,800円なので、これは安いです。

さらに「掘り出し物セール」ではないので、「楽天モバイルエントリーパッケージ」の利用が可能。エントリーパッケージの使い方は「楽天モバイルの事務手数料が無料になるエントリーパッケージ登場 通常申込よりはるかにおトク」にて解説しましたけれど、初月料金は満額掛かるため、同月内ならは少しでも早く開通させた方が長く使えて良いです(データ容量は繰り越せます)。

楽天のデータSIMは最安月額525円のベーシックプランから使えます。でも3.1GBでも900円なので、SIMを挿す端末があるのなら3GBのほうがオススメです。お昼時は遅いですが、それ以外は普通に使えます。

さて、そんなAQUOS mini SH-M03の現在の価格相場なのですが・・・これから大きく値下がることが予想されるものの、現時点ではまだそれなりの価格を維持しています。

ヤフオクでの新品落札価格履歴はこんな感じ。

・7/16 30,500円
・7/15 39,890円
・7/9 41,800円
・7/4 36,500円(ストア出品・税別)
・6/5 36,300円(ストア出品・税別)
・4/6 39,900円

7月に入ってからでもまだ3万円を超えています。今回の楽天セールではデータプランを選べば最安値維持で2万円以下で入手可能なので・・・

買取店の価格だと(7月16日調査時点)、

・ゲオ 16.5k
・じゃんぱら 25k
・ソフマップ 20k(ポイント付与で最大22,000円相当)
・ダイワンテレコム 22k
・イオシス 24k
・F社 27k
・L社 24k
・J社 26k
・S社 28k

だいたいこんな感じです。今後急落が予想されますので、楽天の契約をしたくない人はもう少し待つと白ロムが各所で安く買えるようになるでしょう。イオシスとかで。

楽天モバイルのシャープ端末は未開封状態で届くかどうかは未確認なので、端末リリース前提の方は梱包状態にもよく注意してください。


by ke-onblog | 2017-07-18 21:41 | 白ロム転売法 | Comments(1)
2016年を代表するAndroidスマホと言っても過言ではないGalaxy S7 edgeが2017年モデルのGalaxy S8/S8+に取って代わられました。

S8/S8+の超大画面なのに持ちやすいインフィニット・ディスプレイ、Snapdragon 835の圧倒的パフォーマンスは確かに魅力的なのですが、機種変更で買うにはまだちょっと高く、白ロムも発売直後より安くなったとは言えまだ買いやすいほどでもありません。

7月上旬時点でau版Galaxy S8 SCV36が7万円を切っていたので、その勢いで下がり続けないかな~と期待していましたが、一旦下げ止まった模様です。

auのSIMロック解除条件が8月1日から変更されるため、比較的新しい機種(最近安売りされている機種)でも日を待たずにau系MVNOで使えるという期待もありますので、安く買えるGalaxy S7 edgeなら十分遊べるかな~と思っています。

Galaxy S7 edgeにはドコモ版・au版・そして海外版もありますので、順番に2017年7月中旬時点での白ロム価格相場を見ていきましょう。

【au版 Galaxy S7 edge SCV33】

まずはau版から。auのSCV33は今年の春頃から本格的な投げ売りがショップで行われた影響を受けて、結構早い段階から白ロムが安くなっていたはずです。

ブログの日記では、2017年3月末の時点ですでに新品未使用品が3万円台に突入していたと記録があります。

この時のオークション相場が40-43k、アマゾンでも40500円の在庫がありました。

しかし、あれからもう3ヶ月以上が経っているのに、SCV33の価格相場は完全に停滞しています。S8/S8+が出たら型落ちしてもっと安く・・・というのを期待していたのですけれど、全然でした。

中古品であればそれ相応に安いものも見かけることがありますが、ヤフオクの新品価格相場は2017年7月に入ってからも40,000円を超えるものがほとんど。SIMロック解除済み・解除を約束したものであれば42~47kくらいまで上がっているものもあります。

Galaxy S7 edgeのスペックを考えればむしろこのくらいの価格が妥当だと思うのですけれど、春頃から全く相場が変わらない(むしろちょっと高くなってる?)というのが・・・ちょっと買い時を逸した感じです。

現時点でもまだSCV33の販売は続いていますが、公式による大幅な値下げでもない限りはまだしばらく現状の相場が続くのかもしれません。8月1日以降になればSIMロック解除可能期間になった白ロムが急激に市場に増える可能性はありますので、MVNOでの利用を想定しているのなら狙うならそこでしょうか。

オークション以外のネットショップだと、以下のような在庫があります。

☆「ムスビー」美品中古38k~、新品46k~(mineoエントリーパッケージ付き)

☆「Yahooショッピング SCV33本体一覧」ジャンク3万円前後、中古3万円台後半、美品4万円前後、新品4.5万円~

コメ欄にて教えて頂いたゲオのオンライン在庫、7/21日時点で3色あり、実機写真も見れます(赤ロム保証あり、SIMロック解除可能期間に入っているものもあります)。

☆「ゲオモバイル楽天市場店 au SCV33本体」Aランク 30,574 円~


【ドコモ版 Galaxy S7 edge SC-02H】

ドコモモデルのGalaxy S7 edge SC-02HはSIMロック解除不要で格安SIM(ドコモ系)での利用が可能であったため、au版よりは新品白ロムの相場は今も高めで推移しています。

SC-02Hに関しては2017年春に一時期だけ機種変更向けの端末購入サポート対象に入っていた実績があるので、そこを区切りに価格が急落→その後こちらもずっと安定した相場が続いています。

白ロム価格変動が少ないので最近おざなりになっていますが、上記の日記は6月23日時点のドコモモデルの白ロム価格相場をチェックしたものです。1ヶ月前の時点でSC-02Hは50-55kとしています。

2017年7月の時点では、ヤフオクでのSC-02Hは4万円台後半~高いものは5万4千円での落札実績があります。平均すると5万円弱というところで、少し相場が下がりました。

au版より少し高いですが、以前に比べてau版との価格差が小さくなってきました。これはドコモ版が6月に機種変更向けに1万円ほど実質価格が下げられた影響でしょう。

ドコモで月サポ3,000円超えの機種変機種は少ないですし、白ロムの需要自体がちょっと弱まっているのかもしれません。

一方、ドコモの公式ショップではすでにホワイトとピンクが販売終了状態になっていますので、今後在庫が減ってくれば比較的長く現状の価格相場が続くかもしれません(再度購入サポート入りをしなければ)。

☆「ドコモ Galaxy S7 edge SC-02H

SC-02Hも中古品ならかなり安く買えるものがあります。

☆「ノジマオンライン 中古美品 docomo Galaxy S7 edge Pink Gold

実は私が買おうかどうか今週末悩んでいた在庫です。極上中古品コーナーにあり、「あまり使用傷のないきれいな商品」と書かれています。現在の制限は△ですが、ノジマは赤ロムだけはオプションを付けなくても保証があります。

在庫は一点限りですが、35,800円(税込)。dケータイ払いプラスを使えば10%のdポイントも貰えますので、実質3.2万円ほどです。au版と違ってSIMロック解除は出来ませんが、ドコモ系回線で使うだけなら全然問題ないでしょう。

ノジマの中古品は実物写真が見れないので実際の状態がどんなものがくるかはギャンブルですが、、、この3.6万円という価格は他店であればB~Cレベル(目立つレベルの傷がある・一部欠損がある)の中古品相場ですので、ディスプレイが綺麗なら十分お買い得レベルだと私は思いました。

でも自分で買って実際に使うのか?という根本的な問題と、S7 edgeは充電端子がmicro USBなのが個人的にストッパーになりました。

ちなみにですが、Galaxy S7 edgeの白ロムを探すと結構画面割れのジャンク品もヒットします。でも、あまり画面割れ品の購入はオススメしません。

Galaxy S7 edgeの修理に関して「Galaxy S7 edge(SC-02H,SCV33)の修理費用 画面割れを安く直す方法と修理パーツ集」というコンテンツを書いたのですが、これは「安くスマホを直せるよ!」という紹介というより、現時点ではGalaxy S7 edgeの修理は高コスト過ぎる、という現実を再認識するために公開しました。

Galaxy S7 edgeはそうは言ってもまだ発売から1年ちょっとしか経っていませんし、あの独特な曲線のガラス面・高解像度のディスプレイパーツはどうしても高くなっちゃうのだと思います。Galaxy S7 edgeの画面割れジャンク品を買う→画面交換して安く使うというルートは現状では無謀です。S7 edgeは防水機種ですので、分解してしまえば防水性能も怪しくなりますし。将来パーツがもっと安くなってからならアリかもしれません。

Galaxy S7 edge SC-02H, SCV33の白ロムを買いたいのであれば、「今はそれなりに買い時」という状況です。早めに値下がったという意味では春頃のほうが買いどきだったと言えますが、新品・中古在庫も比較的まだたくさんありますし、価格も安定しています。

S8/S8+が出てもau版は価格が下がらなかったので、今後すぐに大幅な白ロム価格下落が起きる可能性は低そうです。

エッジディスプレイは好き嫌いがあるので万人にオススメするものではありませんが、去年Galaxy S7 edgeが気になっていた人は安く出されている中古白ロムを手に入れて遊んでみるのも悪くないかもしれません。


by ke-onblog | 2017-07-17 19:03 | 白ロム転売法 | Comments(2)
開始直後にも紹介しましたが、本日2017年7月17日月曜でドコモの「dケータイ払いプラス」で実施中のポイントアップキャンペーン「夏のスーパァ~チャンス」、第一弾が終了します。
d0262326_09135132.jpg
対象のショップでdケータイ払いプラスを選ぶだけで期間限定ながら利用用途の広いdポイントが実質10%相当貰えるため、普段はあまりキャンペーンをやっていないサービスでの割引・キャンペーンをやっているサイトならさらに割引上乗せと考えればオトクに買い物が可能です。

17日いっぱいで終了するのは「第一弾」ということで、もしかしたら明日になればすぐに次のキャンペーンが始まるかもですが、内容は現時点では不明なので・・・対象ショップも変わる可能性もあり、買いたいものがあるのなら今日中に対象ショップがないか・安売りしていないか探してみるべきでしょう。

対象ストアのロゴをぎゅっと寄せ集めてみました。
d0262326_09442171.jpg
dケータイ払いプラスはドコモユーザーではなくても使えますが、スーパァ~チャンスCPエントリー必須なので登録だけは忘れずに。dポイントが貯まるキャンペーンは各種ありますので、合わせてエントリーしておきましょう。

☆「dポイントクラブ

dカードを持っていない場合はアプリでも利用は可能なはずですが、ノーマルカードで最大7000ポイント・ゴールドで最大12000ポイント(2017年7月時点)が貰えるキャンペーンもやっています。

☆「dカード登録キャンペーン

dケータイ払いプラスでポイント10倍の対象になっているサイトはdポイントクラブのエントリーページに一覧がありますが、メルカリ・ノジマ・ソニーストアなどの人気ショップが使えます。

dケータイ払いプラスの支払い額自体には制限はなく(クレジットカード決済の場合、連携されたクレカの限度額が上限になります)、スーパーチャンス自体にもポイント付与額の上限は設定されていないようです。ただし、各サイトで利用できるdケータイ払いプラスの商品・サービス価格上限額はある(たとえばソニーストアの場合は現在最大20万円まで、ノジマは10万円まで)ので、ケータイ払いプラスが使える商品・サービスかどうかは各サイトで確認が必要です。

実は私もノジマのオンラインサイトでとある白ロムを買おうかな~と思っている商品があるのですが、もう少し待てば値下がらないかしら・・・と思いつつ17日まで来てしまいました。ヤフオクのくじで高還元率が当たればそちらで買っても良かったのですが、3%ばかり(´Д`;)

イマドキのキャンペーンではポイント10%還元くらいは大した割合ではないとも言えますが、私の狙っているものは他サイトの相場に比べて1割以上安いので、、、悩ましい。

☆「ノジマオンライン 中古・白ロム一覧

ひかりTVショッピングでは白ロムはありませんがSIMフリースマホをクーポン利用でそれなりに安く買える機種もあります。

先日試算したP10の4.6万円購入方法も17日でクーポン・夏CPが終了します。

今回のスーパーチャンスキャンペーンは買い回り系ではなく1店鋪だけの買い物で10倍になるので、他のキャンペーン等で買い物疲れをしている人向けです。無理にそれほど欲しくもないものまで買う必要がない・買物額によるポイント付与率の変動もないという点で参加のハードルが低くて良いです。

第二弾も楽しみですが、とりあえず10倍のポイント還元で十分にオトクになるものがあれば決済のタイミングが今日中に処理されるように買い物をしておきましょう。



by ke-onblog | 2017-07-17 10:20 | キャンペーン情報 | Comments(6)
これも先日の楽天モバイルセールの影響ですかね(笑)

今日は秋葉原にあったBEAT-ON秋葉原店が改装されて、イオシスアキバ路地オモテ店としてリニューアルオープンします。それに合わせて店頭・ウェブサイトで各種セールが実施されています。

ビートオンのアキバ店には去年ゲオジャンク巡りをした時にも行きました。イオシスとあまり変わらないラインナップだったのでほぼスルーでしたが(´∀`;)

本日のイオシスのセールではいくつかのSIMフリースマホがかなり値下げされており、ヤフオクレベルの安さで買える機種もあります。

オススメはこのあたり。

☆「イオシス Huawei honor8 SIMフリー」税込み27,777円

先日2.5万円・6ヶ月データSIM縛りで買った私の立場は・・・。維持費を考えると先日のセールより安いですね。

☆「イオシス 富士通 arrows M03」税込み 19,777円

先日後継モデルのarrows M04が発表されましたが、スペックはあまり変わっていないので安くなったM03が今はお買い得ですかね~。M03はソープスマホではないですが、防水機能はあります。

☆「イオシス ソニー Xperia XZ SOV34(au)」税込み 39,800円

新品が値下げされて、Aランク中古品の39,800円と同額になってしまっています(笑) イオシス販売品はSIMロック解除はされていないはずですが、8月1日以降は購入日から100日でロック解除が出来るようになりますし、auピタットプラン/フラットプランで機種購入をせずに回線だけ維持するのであれば、白ロムで機種変更を続けるのが良いでしょう。

他にもMONO MO-01Jが14800円、中古TORQUE G01が6,980円、パソコン類などもセールをやっているようです。中にはあまり割安感の無いモデルもありますので価格相場を見ながら安いものを探してみましょう。


by ke-onblog | 2017-07-15 10:15 | キャンペーン情報 | Comments(12)
先日、auの新プラン登場に合わせて購入サポートが終了するという噂が出ていましたが、やっぱり(一部)本当だったようですね。

auピタットプラン/auフラットプランの受付が今日から始まり、まだ私も情報収集中&どうやれば安くなるのか・どういうケースでプラン変更が有利になり得るかの分岐点をつらつらと考えてはいるものの、やはりいろんな条件がありすぎて比較もシミュレートも単純にはなりません。

毎月割がなくなることで初期費用の増大・またはアップグレードプログラムEXを使ったとしても端末が回収されるというデメリットも小さくないため月額料金での比較はもちろん、2年間の総額コスト比較なども条件が揃わず、複雑化していく一方です。

そして、新プランを選んだ時にこれまであったスマホの一括0円にキャッシュバックを盛った併売店の価格がどうなるのか・・・という懸念がありましたけれど、どうやらそこはあまり問題なかったようです。

具体的な店名・案件はこのブログでは扱わない方針なので出しませんけれど、今週末の案件でXperia XZ SOV34の販売に関して新プランでも一括0円+38k/台のキャッシュバックを出しているショップがありました。3台同時契約なら合計10万円を超えるCBです。

(ネットに出ている案件なので、探せばすぐに見つかるでしょう)

条件は家族割・コンテンツあり・iPhone6以上の下取り・スマバリ必須・auでんき必須と言った、よくあると特盛り系案件ですが、購入サポート無し・毎月割無しでも0円を潜ることはできるようですね~。ちゃんと新プランでもインセンティブは出るようです。

一方、auの購入サポートは新プランへの適用は広げられていません。条件は7月14日時点では以前から変更されていませんので、「新プラン+購入サポート」という条件での提供はないはずです。

☆「MNPau購入サポートについて(PDF)
☆「機種変更au購入サポート

7月14日以降もauのMNPau購入サポート、機種変更au購入サポート自体がすべて終了しているわけではなく、機種・ショップによっては一括0円・キャッシュバック条件として購入サポが付いている可能性もありますので契約時には条件によく注意して下さい。

上記のSOV34の案件だとキャッシュバックは3ヶ月後となっていますけれど、8月1日から分割購入時でも100日経てばSIMロック解除ができますし、1年を待たずに回線を解約してしまっても購入サポート違約金のような上乗せ請求は発生しないはず・・・そうなれば購入サポート機種よりも早く・安く回せるはずですが・・・もしかしたらまたBLのルールが変わったりするかもですので、無茶な運用はあまりオススメしません(´∀`;)

また、今日からGalaxy S8/S8+, AQUOS R契約時にピタットプラン/フラットプランを選んだ場合のみ最大5,000円のキャッシュバックが貰えるau公式キャンペーンも始まっています。こちらの案件はまだ見かけていませんが、新プランで安く買える端末があれば、短期間だけ回線を活かす運用法には相性が良いのかもしれません。

そうでなければ・・・引き続きGRATINAのほうが安牌でしょうか。

既存回線を機種変更する場合・テザリング・スマパスを利用したい場合などは注意点が多いですが、通話をほぼ使わない・1GB以下の利用といった限られた条件では維持費が安くなるのは確かなので、各自使いどころを検討してみましょう。

関連記事au新料金(ピタット/フラット)限定キャッシュバックあり! auオンラインショップでの注文方法


by ke-onblog | 2017-07-14 18:22 | スマホニュース | Comments(0)
まだ大きな値引きは他所ではあまり出ていない、Huawei P10。本体単品で買うという条件であればたぶん最安値級です。

Huawei P10シリーズ「P10 lite/P10/P10 Plus」の3機種のうちP10 liteは価格が3万円というエントリー~ミドルスペックモデルの機種で買いやすい価格帯になっていますが、P10になるといきなり6万円超のハイエンド機種となり、旧モデルP9から比べても市場価格は高めになっています。

発売記念としてDMMモバイルが1万円引きのキャンペーン(新規契約、または既存回線の追加もOK)をやっていますが、それでも55,800円(税別)でした。

これが今日配布されているひかりTVショッピングのポイント付与クーポン・dケータイ払いプラスのキャンペーンを併用すると、ポイント還元だけで1万円を超える実質値引きに到達出来ます。

先日開催されていた「たま~るキャンペーン」では合計3万円分の買い物で上限に達していたためP10用ではちょっと勿体無い感じがありましたが、今回は上限に引っかかるキャンペーンは使いません。

また、今日やっている20550円以上の買い物で2050ポイントが貰える「GOGOポイントクーポンicon」も使いません。

☆「ひかりTV Huawei P10 icon

P10本体の販売価格は60,890円(税込・送料無料)。価格.comの最安値は7月14日時点で60,800円となっていますが、ポイント還元がひかりTV系列の本領です。

P10だけの購入で狙える最大のポイント還元は以下の通り(7/17日まで)。

・通常ポイント 5倍 3,040ぷららポイント
・dケータイ払いプラス 10倍 6,080 dポイント
・メルマガ読者クーポン 5,000ポイント


期間限定ポイントも含まれているのでポイント消費に注意が必要ながら、合計で14,080円相当のポイントが貰えます。P10本体代金から差し引けば実質本体代金46,810円相当ということに。dケータイ払いプラスの支払いをクレカで行えば、そのポイントも勿論付きます(これはdカードでもYJカードでも楽天カードでもなんでもいいですが)。

ちなみにP10 Plusにも6000ポイント付与のクーポンが出ていますので、実質5万円強くらいまでなら狙えるはずです。

メルマガクーポンは既存会員であれば今日14日に届いているはずですのでチェックしてみましょう。メルマガ会員で無い人は上記のGOGOクーポンを代わりに使いましょう(クーポンは複数種類を同時に使うことは出来ません)

本体価格自体も最安値級ですし、P10の超ハイスペックを考えれば実質4.7万円ならまずまずになってきましたね。旧モデルのP9でも普通に買えば4.5万~4.8万円くらいはしますので、dポイント・ぷららポイントがたくさん欲しい人なら良さそうです。

Huawei P9 SIMフリースマートフォン (グレー) 【日本正規代理店品】EVA-L09-GREY

新品価格
¥45,241から
(2017/7/14 11:41時点)


dケータイ払いプラスの還元はエントリー必須、メルマガクーポンはひかりTVの会員になっていないと届かない・使えないのでポイント付与条件を確認してから購入するようにしましょう。支払いにdポイントを使うと一部dケータイ払いプラス還元分の対象外になります。

ひかりTVショッピング

by ke-onblog | 2017-07-14 11:43 | キャンペーン情報 | Comments(0)
7月10-11日に開催されたプライムデーではアマゾン店からセール品を出していたgoo SimSellerが、またセールをやるようです。

今度のサマーセールはNTTレゾナント系列店である本家サイト・ヤフー店・楽天店での開催です。在庫状況・セールはそれぞれの店鋪で違う可能性がありますので、セール開始の本日10時~7月24日10時前まで、各店で在庫チェックをしてみましょう。

事前に出ているバナーはこちら。
d0262326_06281947.png
もうセール価格も出ており、ヤフー店での表示は以下の通りです。

・HUAWEI nova lite 18,144円
・ZenFone3(ZE520KL) 32,184円
・ZenFone 3 Max (ZC520TL) 18,144円
・VAIO Phone A 21,384円
・SIMフリーモバイルルータ Aterm MR05LN クレードル付き 20,304円


・・・いかにアマゾンプライムデーセールがオトクだったのかよく分かる価格設定でした(苦笑)

プライムデーセールのほうが断然安かったです。MR05LNなんて11,880円でしたし。

もちろんプライムデーセールと違ってこちらのセールはプライム会員じゃなくても買える、ヤフー店・楽天店ならポイントの獲得・利用が出来るという差はありますけども。

☆「Yahooショッピング NTTコムストア by goo SimSeller
☆「NTTコムストア 楽天ショップ

ZenFone3,maxはプライムデーセールには無かったと思いますけれど、ZenFone3 Maxはヤマダ電機の日替わりセールで9800円で買えますし。ZenFone3も29,800円で同額。

ZenFone3はヤフー店で明後日の5の付く日を狙えば多少安いと言えるかもですね。

ということで、今後機種追加・値下げでも行われない限りはさほど見どころは無さそうなセールでした。他社に比べて高いわけではないですが、直近のプライムデーであそこまで値下げされた価格を見てしまうとどうしても感覚が狂います(´∀`;) 

そろそろP10シリーズのセールも期待したいところですね。NTTレゾナント系列店のセールは月一くらいでやっていますので、どうしてもすぐ欲しい機種がある場合以外はスルーで良いでしょう。


by ke-onblog | 2017-07-13 06:52 | キャンペーン情報 | Comments(4)
日本のアマゾンプライムデーセールも残すところあと僅かとなりました。今年もSIMフリースマホ・タブレット関連もそこそこお買い得なものがあり、プライム会員の人は年会費分をペイ出来る買い物を楽しんだ人も多かったでしょう。

特に格安スマホ類ではnova lite, nova, NECのモバイルルーター、そして中華スマホシリーズが飛ぶように売れていました。ラインナップはかなりマイナーで低スペックよりの機種が多かったですが、個人輸入をするよりも安く中華スマホが買えるチャンスがあったのはちょっと興味深かったです。

まだ特選セールの商品ではいくつか買える在庫も残っているので、心残りのないよう11日終了までセールをチェックしておきましょう。

☆「アマゾンプライムデーセール SIMフリースマホ・タブレット 開始時刻・最安値情報リスト

出品しているショップとしては在庫処分のつもりか、はたまた安く出して評価・口コミを集める広告効果を狙っているのか・・・アマゾンの口コミは胡散臭い高評価なレビューが並んでいることも多いですから、ちょっと値下げしてでも実際のレビューが得られれば安いものなのですかね(笑)

それはさておきまして、本家であるアメリカのアマゾンでも日本時間で11日の10時からプライムデーセールが始まっており、日本のアマゾンとはまた違ったラインナップで盛り上がっています。

一番の注目商品はこれですかね、Galaxy S8のセット商品。

それぞれ日本でもすでに発売されているアイテムなので輸入しなければ手に入らないということはないのですが、S8の本体+新型のワイヤレスチャージャー+Gear VR with Controllerのフルセットでなんとたったの625ドル。米国のアマゾンではS8本体単品で665ドルなので、これに100ドル以上の価値がある純正アクセサリー付きでこれは大特価ですね。

☆「Samsung Galaxy S8 64GB Unlocked Phone - US Version (Midnight Black) + 2017 Gear VR W/Controller + Fast Charge Wireless Charging Convertible Stand

今これらを日本で買い集めようとすればau版のGalaxy S8 SCV36なら新品白ロムで約7万円、ワイヤレスチャージャーが7千円、Gear VR with Controllerはキャンペーンでばら撒かれたので1.6万円の定価→8千円前後まで値下りしているため、トータルで8.5万円くらいでしょう。

それが625ドルならかなりお買い得な感じに見えますね~...現地価格でなら。

日本にも直送が可能ながら、このセットを送ろうとすると送料・輸入手数料で+70ドルくらい掛かってしまい、カートに入れてみるとトータルでは710ドルくらいで表示されていますので、今の為替相場でおよそ8万円強になります。それでも上記の通りau版の白ロムを買うより若干安くはなりますが、SIMフリーとはいえ米国での補償しかない製品を買うのはメリットが正直少ないかな?というところでした。米国にお住まいの人ならきっともっと安く感じるのではないでしょうか。

他にもいくつかSIMフリースマホがありますよ~

☆「Moto G Plus (5th Generation) - Lunar Gray - 64 GB - Unlocked - Prime Exclusive - with Lockscreen Offers & Ads

これ、日本でやってくれれば売れたでしょうに・・・Moto G5 Plusの4GB/64GBモデルが299.99ドル→179.99ドルの超値下げ。日本では4GB/32GBモデルが3.4万円ほどで売られています。

ロック画面に広告が表示されるタイプの「Prime Exclusive」版は日本への配送は対応していないため、Prime会員になっていても買えません(転送業者を使えば多分買えますが、そこまでするなら日本版を買ったほうが手っ取り早いかも)。

☆「Xperia XA Ultra Unlocked

こちらもタイムセール。珍しくXperiaスマホがありました。日本未発売の6インチサイズのXperiaが250ドルほどで日本への直送にも対応しています。エクスパンシスでは税別・送料別で3.1万円ほどなので、これもまあまあ安かったですね。

☆「Amazon.com Huawei Prime day

Huaweiは特集ページが出来ています。ただ・・・こちらは日本のほう上。

日本のHuawei製品販売価格は世界的にも比較的安い設定がされているらしく、今回Mate 9はセール価格でも450ドルにしかなっていません。日本への直送にも対応するものの、輸入すると5.8万円ほどになっちゃいますので、日本の「Huawei Mate9 + LINEモバイルSIMパッケージ付き」を4.2万円で買えばOKです。

honor8は299ドル。こちらも送料が無ければ高くはないですが、先日の楽天セールで投げ売られた分が国内でも大量にヤフオクに出回っていますし、それこそ楽天モバイルでデータSIMセットで契約したほうが断然安く済みます。

Huawei Watch 2は日本では3.4万円ほどですが、これもセールで240ドル(およそ2.7万円)で輸入できる計算なので、これはちょっとお買い得でしょうか。


Huawei Fitは日本では1.4万円→送料込みで87ドルはそこそこの割安感。


このような感じで、ちゃんと日本に送れる商品でもそれなりのセール気分が味わえるラインナップもありました。どうしても国際送料分が上乗せされるので国内のプライムデーセールのように気安く買えるほどでもないかな?という感じでもあります。


日本に送ることを考えると「小さくて高価なもの」または「日本では直接買うことの出来ないもの」でないと個人輸入をしてまで買う価値のある商品というのは限られてきます。たとえばスマホ用のアクセサリー・パソコン周辺機器などの日本でも全く同じメーカー製品が買えるようなものは、私がざっと確認したところではプライムデーセールでも割安とは言えない印象。現地では安くとも、日本のプライムデーセールでも買えるものをわざわざ輸入しても・・・という感じです。


私には価値がわからないのでダメですが、インポート商品として日本で人気のあるアイテム(アメリカのホビー商品やキッチン雑貨とか?)を探し出せるのなら並行輸入転売の仕入れには使えるかもしれません。日本では手に入りづらい特定の商品が欲しいというのならセール対象になっていないか探してみるのもアリでしょう。


私もせっかく米国のプライム会員登録もしたので、何か輸入してみたい気もするのですが・・・目移りしてなかなかターゲットを絞れていません(´∀`;)


アメリカのアマゾンプライム会員も日本から簡単に体験期間を登録する事ができ、プライムデーセールの間だけで解約すれば無料でセールにだけ参加することも可能ですので、興味のある方はまだ20時間以上残っているアメリカのプライムデーセールを楽しんでみてはいかがでしょうか。


☆「Amazon.com Prime Day Deals


アメリカ版Prime会員の登録手順は下記のページで解説もしています。



by ke-onblog | 2017-07-11 18:05 | 端末輸入 | Comments(1)
アマゾンプライムデーセール、始まりましたね!
d0262326_19275731.jpg
見慣れないワンコが出てきたときは何事かと思われましたが、トップページ以外はすぐ通常通り稼働復帰しています。

今回のプライムデーセール品の価格情報は「アマゾンプライムデーセール SIMフリースマホ・タブレット 開始時刻・最安値情報リスト」にて一通りまとめておきました。この後も随時追加された分・アマゾンよりも更に安く買えるショップがあれば追記を繰り返していく予定です。

上記のページはひたすら価格情報だけを記載したので個別のセール情報に関するコメントは書いていませんが、今回のセールでのモバイル関連の目玉はHuaweiのnova lite, NECのルーターですかね~。

☆「HUAWEI nova lite 格安スマホ OCNモバイルONE SIMカード付」/ 21,384円→15,984円

nova liteは私も発売時のgoo SimSellerでやっていたクーポンを利用して、今回のセールと同額の14,800円(税込み15984円)にて購入しました。nova liteは通常時で1.8万円強でgoo Simsellerで買えたこともありましたが、近頃ではセールはあまり出ていません。楽天では半額セールにもなりましたが、回線不要で手に入れたいのなら今回のプライムデーセールはお買い得です。

過去最安値と同等クラス、ということになりますが、nova liteのスペック・仕上がりを思えば十分買い。

☆「NEC Aterm MR05LN 3B モバイルルーター (OCN モバイル ONE ナノSIM付) クレードル付属」/15,984円 → 11,880円


モバイルルーターのド定番機種、MR05LNもめちゃくちゃ安いですね~。クレードル付きでこの値段は過去最安値?でしょうか。2枚のSIMを入れられ、au系MVNO SIMでも使えるためルーターが欲しい人はこの機種を買っておけば間違いないですね。

あとの機種は・・・そこまでずば抜けて安い感じはないでしょうか。Mate 9の4.2万円もヤフオク価格レベルで安いので、アマギフを安く手に入れる・dケータイ払いなどで支払ってポイント還元を狙うなどのルートを考慮すればまずまずです。

国内回線で使うのはどうかと思いますが、中華スマホもタイムセールに入っており、これがなかなか安いです。ラインナップは正直微妙な機種が多いですが、1万円前後で買えるSIMフリースマホがあり中華通販サイトで個人輸入した場合にも負けないくらい安くなりそうです。「自分で輸入するのは面倒だけど、昨今の中華スマホがどんなものなのか知りたい」というお遊び目的でならアリかもですね。

人気のある商品はタイムセールが始まると一瞬で100%まで売り切れているものもあるみたいなので、セールが始まる前に価格チェックをやっておく必要があります。

全部が全部プライムデーセールだからと言って最安値というわけでもないですので。例えば, Huawei P9 liteは1.4万円での販売になりましたが、これも十分安いのですが過去最安値はgoo SimSellerが先日行った数量限定セールのほうがさらに1割くらい安かったですね。

パソコン類ではSurface Pro 4のエントリーモデルが7.2万円になっていますが、これもお正月にヤマダ電機で5万円で売っていたモデルです。

これはヤマダの投げ売りがちょっと異常レベルだったということもありますが(苦笑)

タイムセールは11日23時59分まで続き、特選セール品はこの後11日に日付が変わると商品が入れ替わるはずです。今買いたいものがない人も随時アマゾンのプライムデーセール会場をチェックしてみる価値はまだまだありそうです。

☆「アマゾンプライムデーセール 30時間の特選セール一覧

by ke-onblog | 2017-07-10 19:56 | キャンペーン情報 | Comments(4)
今アマゾンでも「Kindle本 50%オフセール」という大型の電子書籍半額セールをやっていますけれど、一人あたり買える量は限られますが、こちらもかなりお買い得です。特に漫画・コミック・小説類までなんでも対象になるので、キンドル向けに安くなっていない本を探してみる価値がありそうです。

実は私もさっき初めて使ったのですが、ヤフーも独自の電子書籍サービス「Yahooブックストア」というものやっており、ヤフープレミアム会員限定の特典として「超エンタメ祭り」というキャンペーンが7月1日~8月末まで実施されており、ヤフプレ会員(ソフトバンク・ワイモバイルの同等権利を持つ会員でもOK)になっているとヤフーブックストアおよびGYAOストアで購入するすべての作品に対して50倍のTポイントが付くという、対象の全電子書籍が実質半額で買えるチャンスがあります。

いくつかの注意点はありますが、ヤフプレ会員になっているだけで50倍に到達出来るため、ハードルはゆるゆるです。
d0262326_17380853.jpg
貰えるのは期間限定のポイントですが、Tポイントを使って支払いをした分も対象になるはずです。貰った期間限定ポイントはまたブックストア等で使えますので、Tポイントで買いたかった漫画や小説などを買ってみるのも良さそうです。

既存のヤフープレミアム会員でも、新規登録したアカウントでもOKです。

キャンペーンはエントリーが必須で、ストアで購入前にエントリーを完了していないと還元対象にならないので注意してください。

また、このキャンペーンで貰えるポイントはブックストア・GYAOストアそれぞれで月ごとに2500ポイントまで(2ヶ月分で最大1万ポイント)という上限があります。45倍分で2500Tポイントなので、逆算すると税込みならおよそ5600円分の購入でカンストします(月額料金タイプ、税別100円未満の購入は対象外)。税別100円あたり1ポイント→45倍という計算(税抜価格で4500円分のカウントまで)です。

詳しいルールはプレミアム会員登録後の会員ページから、キャンペーンの詳細を参照ください。

☆「Yahoo!プレミアムの会員特典

d0262326_17472877.jpg
有効期限の近いポイントがあったので、全額Tポイントで支払ってみました。購入した本はパソコン・iPhone・Androidの各種端末で読めます。スマホのアプリを入れて本をダウンロードしておけばオフラインの状態でも読めます。

7月・8月とそれぞれでキャンペーンポイント付与上限がリセットされますので、シリーズものを買う場合は付与上限金額に気をつけて分割して買うと良いでしょう。

ポイントの進呈時期も7月購入分はつぎの8月中に貰えますので、そこで消費すれば丁度よいでしょう。
-2017年7月の購入の場合:2017年8月中旬頃にポイント進呈
-2017年8月の購入の場合:2017年9月中旬頃にポイント進呈
微妙に余っているTポイント・期間限定ポイントのお手軽な消費方法として活用出来そうです。



by ke-onblog | 2017-07-09 17:58 | 白ロムコラム | Comments(2)