白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:節約 ( 1502 ) タグの人気記事

日本での発売も期待されるSペン対応・デュアルカメラ搭載の新型ファブレット、Galaxy Note8がアメリカ版アマゾンですでに日本へも発送可能状態になっています。

アメリカでの発売日は9月14~15日頃に予定されているものと思っていましたが、キャリアが発売するものと本体のみの発売日が違うのでしょうか。

☆「Samsung Galaxy Note 8 Factory Unlocked Phone - 6.3" Screen 6GB/64GB」

現在の価格は日本への送料(輸入手数料)込みでおよそ1,000ドル(10万8千円)ほどになっており、Galaxy S8+より200ドルくらい高いですね~。

Galaxy S8+も発売直後には10~12万円くらいの輸入価格でしたので、むしろこのくらいなら安いと考えるべき?なのでしょうか。

Galaxy Note8のアメリカでの価格は上記の通りRAM 6GB, ROM 64GBの組み合わせで900ドル超えが定価になっていますが、Samsungスマホの定番である販促用特典の価格が含まれていると考えれば、あるいは割安かもしれません。
d0262326_07232500.jpg
日本へ発送した場合に貰えるかどうかちょっと解らないのですが(ちょっと調べたところではたぶんダメな気がしています)、事前予約をしてから買うと229.99ドル(~469.99ドル)相当の購入特典が貰えるキャンペーン(https://www.samsclub.com/sams/pagedetails/content.jsp?pageName=samsung&_requestid=46211)があります。

このキャンペーンは契約キャリアや販売店・販売国によっていろいろと種類があるようです。

事前予約をしてからアプリをダウンロード→申請すると 全方位カメラの「Gear360」か「128GBのメモリーカード」と、私も少し前に廉価版を輸入した急速ワイヤレス充電器がもれなくプレゼントされます。

ドコモ・auで夏モデルのGalaxy S8/S8+が販売されたときにはGear VR with Controllerがセットでしたが、2017年冬-2018年春モデルとして国内での販売があれば、次は充電器かカメラが付くかもしれませんね。Gear VRはS7 edgeでもセットになっていたので、そろそろ飽きてきましたし(笑)

Gear 360の国内市場価格はおよそ3万円です。コントローラー付きの新型Gear VRも定価は1.5万円ほどでしたが、今はその半額くらいでヤフオクでは出回っています。

急速充電が出来る純正ワイヤレス充電器は7千円前後の価値があります。

スペック的にはGalaxy S8/S8+とそこまで大きく違うわけではないので若干新鮮味には欠けるようにも感じますが、Noteファンにとっては待望の新シリーズということになるのでしょうか。発火スマホとして国内では廃版となったGalaxy Note 7は「Fan Edition(FE)」として数量限定で海外での再販はありましたけど、発売時期も大幅にズレたために最新機種でもない中途半端なものになってしまいましたし。

日本での発売日は(あるとすれば、もしくは発売までにトラブルが起きなければ)早くても10月中旬以降になる見込みです。昨年の冬モデル発表が10月半ばでしたので、多分今年も似たようなスケジュールで進むはずです。

国内でのGalaxy Note8の販売価格もかなり高額になることが予想されますが、S8/S8+同様に予約特典の価値が高い場合は機種変更でも即SIMロック解除が出来るのなら有利に動ける可能性がありそうなので、スマホ本体そのものだけでなく特典のほうにも期待したいところです。


by ke-onblog | 2017-09-09 10:15 | 端末輸入 | Comments(2)
近頃の楽天モバイルは先日の大規模なセールやこの9月からiPhoneまでラインナップに加えたことと言い、ビジネスの手広さも手伝ってどんどんMNOじみてきていますね。

9月7日まで開催されていた楽天スーパーセールのタイムセール・数量限定のSIMセット半額スマホセールで楽天モバイルの契約を今まさに進めている人もたくさんいらっしゃるかもですが、楽天モバイルでは同グループの「楽天ゴールドカード」・「楽天プレミアムカード」を併用すると買い物時だけではなく月々の料金に対してたくさんポイントが貰えます。

これは9月7日10時から始まっているキャンペーンで、新規入会・契約者だけでなくすでに楽天モバイルを契約中・楽天カードを持っている人でもどちらかが新規契約・新規加入なら適用できますので、条件が揃えられる人はエントリーしておきましょう。
d0262326_23325039.jpg
☆「楽天モバイル

適用条件・エントリー条件は上記公式ページに詳しく書いてありますが、10月31日までに条件を満たしてエントリーしておくと、楽天プレミアムカード利用時には楽天モバイル料金の100円毎に10ポイント、ゴールドカードの場合でも5ポイントに、2018年1月~12月までの1年間倍率アップされます。

対象となる契約・加入パターンは以下の3種類のいずれかならキャンペーンが適用出来ます。
①キャンペーン期間中に楽天モバイルを新規お申込みし、楽天プレミアムカード/楽天ゴールドカードに新規入会もしくは切り替えし、楽天モバイルの支払いを新規に発行された楽天プレミアムカード/楽天ゴールドカードに設定
②楽天モバイルを契約中で、キャンペーン期間中に楽天プレミアムカード/楽天ゴールドカードに新規入会もしくは切り替えし、楽天モバイルの支払いを新規に発行された楽天プレミアムカード/楽天ゴールドカードに設定
③キャンペーン期間中に楽天モバイルを新規お申込みし、楽天モバイルの支払いを既に持っている楽天プレミアムカード/楽天ゴールドカードに設定
  • 2017年11月末日までに楽天モバイルが開通
付与されるポイントは通常の楽天スーパーポイントで、上限はプレミアムカードで月に5000ポイント/ゴールドカード利用時で2500ポイントになっています(楽天モバイルの料金が5万円を超えることなんてめったにないでしょう)。
ポイント付与対象となるのは、月額基本料、通話料(国際電話、国際ローミングサービス含む)、楽天でんわ by 楽天モバイル利用料、SMS送受信料、留守番電話、キャッチホン、転送電話、ユニバーサルサービス料
残念ながら解除料・MNP手数料はポイント付与対象に入っていません(笑) 音声プランだけでなくデータプランも対象になるのは良いですね。

注意点としては、月額料金自体をポイントを使って支払った場合には請求が楽天カードのほうに行きませんので、ポイント付与も対象外になるということです。期間中は楽天モバイルの支払いにポイントを使わない設定にしておきましょう(ポイントの支払い・カードの支払い変更設定はメンバーズステーションから切り替えられます)。

このキャンペーンはエントリー必須です。楽天モバイルの契約手続き・カード入会をしただけでは自動では適用されませんので、必ず期間中にエントリーをしておきましょう(楽天モバイル・カードの加入順番は問わず)。

この「携帯料金に対して10倍」というと、思い浮かぶのは「dカードGOLD」の特典ですね。dカードGOLDの方は1,000円につき100ポイントというシステムですが、楽天の方が細かい単位での付与になっているので端数分も有利です(その代わりdカードGOLDのほうは1年限定ではなく、ドコモ光なども対象になる)。

楽天ゴールドカードの年会費が2160円ですので、音声プラン(3GB)を単純に1年(1,600円)維持するとして、毎月80ポイント×12ヶ月=960ポイントが貰えますので、他のポイントアップ特典もあることを考えると簡単に元は取れるでしょう。

年会費無料の楽天カードは本キャンペーンの対象になりませんが、楽天カードからゴールド/プレミアムへ切り替えた場合は対象になるため、元が取れそうなくらい楽天回線をたくさん維持費している人はこの機会に作ってみるのも良いでしょう。

☆「楽天ゴールドカード入会キャンペーン


by ke-onblog | 2017-09-09 00:06 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
新型iPhone発売期を狙って動き出すのは通信提供業者だけではありません。今使っているiPhoneの買い換えを考えていて、それなりに端末の状態が良いのであれば、キャリアの下取りに出すより高額で売れる可能性があります。
d0262326_15175234.png
今日9月8日から11月12日までの期間において、ゲオ・ゲオモバイル(ウェブ申し込みも含む)にて中古のiPhone・スマートフォンを売ると最大で通常表示価格より10,000円の買取金額アップが行われるということです。

ぶっちゃけゲオの買取査定はそれほど他の有名買い取り店に比べて高くもないのですが、有名店が強いのは「新品未使用状態のiPhone」だけであることも多いので、すでに開封済みで普通に利用してきて生じた傷・塗装剥げのある端末は必ずしもアジアンな買い取り屋が最高に高くなるとは限りません。

ゲオモバイルではウェブから査定をリアルタイムで見ることが出来るので、価格相場と端末の状態を比較して高く売れるかチェックしてみましょう。

ゲオモバイル ネットで買取


*ゲオの買い取りと言えば「スマーケット」というウェブサイトもあるのですが、こちらでは8日15時時点では買い取り額アップのキャンペーン告知は出ていません。また、一部店鋪ではキャンペーン対象外にところもあるようなので注意してください。また、同じくゲオでやっている「未使用携帯の買い取りアップ」はオンライン申し込みは対象外になっています。

9月8日15時時点のiPhoneシリーズの査定をいくつかチェックしてみましょう。

【docomoモデルの場合】

iPhoneモデル
中古最高額
キャンペーン価格
ドコモ公式下取り
7/256GB
42,000円
+10,000円
---
7/128GB
37,000円
+10,000円
---
7/ 32GB
31,000円
+10,000円---
7+/256GB
52,000円
+10,000円---
7+/128GB
45,000円
+10,000円---
7+/32GB40,000円
+10,000円---
6s+/128GB
33,000円
+5,000円30,000円
6s+/64GB
31,000円
+5,000円30,000円
6s/128GB
31,000円
+5,000円27,000円
6s/64GB
29,000円
+5,000円27,000円
6/64GB
15,000円
+3,000円
22,000円
5s/16GB
11,000円
+1,000円
11,000円

*現時点ではカラーによる査定の差額はありませんでしたが、在庫状況次第で査定は随時変わりますので最新価格は各自で問い合わせて下さい。ドコモの下取りは郵送時にはポイント付与になります。

ドコモの下取りにはまだ7シリーズはありません。iPhone7の未使用品であれば人気買取店では32GBでも5万円超えも当たり前なので、ゲオの新品に対する査定は特に注目に値する水準には達していません。

しかし6s/6s Plusは中古状態でも市場価値がまだ比較的高いため、ストレージ容量が大きい・状態が綺麗ならゲオの買い取りキャンペーンが有利になりそうです。

iPhone6に関してはゲオのキャンペーンを考慮してもドコモの公式下取りの方が有利になる可能性が高いでしょう。

☆「ドコモ 下取りプログラム

傷が多い・付属品に欠品がある場合にはドコモの公式下取りを使ったほうが高い値引きとして使えるケースもあります。キャリアの公式買い取りでも画面割れ・水没は査定が下がりますので、どちらが良いかはそれぞれの端末の状態と査定状況で比較する必要があります。

ドコモの公式下取りは画面割れ・水没さえなれれば基本的にどれほど新品のように綺麗でも、傷だらけでボロボロでも同じ査定になります。逆に一般店の買い取りでは状態が良ければ高くなるものの、状態が悪ければどこまでも査定は下がりますので使いわけが重要です。


by ke-onblog | 2017-09-08 15:51 | 白ロム転売法 | Comments(0)
楽天スーパーセールも終わりが近づいてきました。楽天モバイル楽天市場店でのセールも連日盛況でしたが、最後のタイムセールがこのあと日付変更後の7日0時から始まります。
d0262326_19173809.jpg
一昨日・昨日に続きHuaweiのSIMフリースマートフォンより、5.9サイズのファブレット Mate9が64,194円→ 52%OFFの30,400円に割引されて販売されます。

☆「楽天モバイル楽天市場店 Mate9(組み合わせプラン)」/ 30,400円(税別)

販売台数は3色合計で550台となっており、競争率はP10,P10 Plusよりかなり低そうではありますが・・・楽天セールでの半額スマホは知名度・人気ともに高くなっているみたいで、また早い時間で売り切れてしまう展開もありそうです。

Mate9の性能としては、CPU Kirin 960を搭載、ダブルカメラレンズ、RAM 4GB/ROM 64GB、DSDS対応というスペックはP10/P10 Plusともよく似たものです。
d0262326_19261783.png
Mate9は2016年12月頃に発売されモデルですが、今でもスペック的にはSIMフリースマートフォンの中ではトップランクであり、P10 Plusよりさらに一回り大きく、電池容量も大きなところが特徴的です。

今回のセールでP10、P10+は初めて楽天の半額セールに登場したため話題性も高かったと思いますが、Mate9は過去の半額セールでも何度か登場しています。

以下の記事は2017年6月時点のセール時の情報。

こちらが2017年3月時のセール情報。

2017年3月9日に、今回と同じく0時から30,400円で販売された時には500台が30秒で売り切れていました。

一方、2017年6月17日22時から34,664円で販売された時には1,100台が15分程度で完売しています。

そして今回は30,400円で550台ですから・・・5分~10分程度くらいなら保ちそうな気がする一方で、最近の楽天セールの人気っぷりを見るとP10/P10 Plusを買い逃した方が殺到すると短時間で売り切れてしまうこともありえるかもしれませんね。

Mate9の市場価格相場としては、新品未使用品で47,000円(ヤフオク)~52,000円前後(一般通販)です。同じく楽天市場なら、ポイント還元考慮で4万円台での購入が普通に可能です。

☆「NTT-Xストア楽天市場店 Mate9」52,800円

9月7日2時までストアポイントが5倍になっているので、買い回り・ポイントアップ条件を満たせば最大20倍=10560ポイント還元→ 実質42,240円くらいで買えるはずです。

また、2017年7月に実施されたアマゾンのプライムデーセールでは41,990円で売られていたこともあります。今思えばあれも相当な格安でしたが、今回の楽天セールもこれに(即解約した場合のコスト比で)匹敵するということですね。

買取相場もP10/P10+に比べれば安く、P10に44,000円の査定を出している「携帯・スマートフォン買取のダイワン」でも、Mate9は35,500円です(9月6日時点)。

今回のMate9セールは音声SIM契約必須となりますので、普通に音声回線がほしい人・端末が使いたい人にとっては十分おトクなレベルには達しているものの、やはりP10/P10+ほどのお得感があるとは言いづらいでしょう。

Mate9の機種としての評価は上々みたいですので、需要は決して低くはないと予想しています。他のセールのように瞬殺は無いかな?と予想しますが、油断していると買えない可能性も十分です。

【後記】今回の売れ行きは以下の通りでした。

10秒:266/184/27
20秒:83/89/0
50秒:完売

・・・もう楽天モバイルの半額セールは「事前に準備・落ち着いて買えば買える」時代は終わったようです。


特に在庫が少ないブラックはすぐに売り切れてしまうかもしれませんので、セールが始まったら即購入手続きに入ったほうが良いでしょう。夜遅い時間ですので、楽天セール最後の半額端末を狙う方は寝落ちに注意して下さい。


by ke-onblog | 2017-09-06 22:30 | キャンペーン情報 | Comments(8)
iPhone8発売日前に間に合わせるべく、ギアベスト(Gearbest)を使って輸入していたiPhone8用のアクセサリーが無事届きました。

各商品についてのレビューは後ほどアップ予定ですけれど、その前に今回初めて私は利用したGearbestの配送オプション「Priority Line(プライオリティ・ライン)」を指定した場合の配送日数や追跡状況の体験談を備忘録として残しておきます。
d0262326_05522246.png
今回購入したのは先にブログにも書いた、1枚3ドルのiPhone8用のガラスフィルムです。発送元は中国・深センでした。

到着までの日数は注文日を含めて9日間。注文時に表示されていたPriority Lineを使った場合の納期目安は「7-15営業日」でしたので、標準レベルでしょう。

ギアベストからは注文から3日目(2営業日目)の時点で出荷完了メールが届き、追跡番号が記載されていました。Priority Lineにはヤマト運輸が使われることもあるそうですが、今回は郵便局(JPEXPDHE)が国内配送を担当しています。

追跡番号はすぐに教えて貰えたのですが・・・実際にウェブ上にデータが反映・追跡出来るようになったのは注文から8日目、日本国内に入ってからでした。これでは「いつ頃届くのか」を予想する役には立ちませんね(´∀`;)

海外での輸送中の状況は「http://hgzx.kingtrans.cn/WebTrack」あるいは「http://www.sgx-th.com/」のウェブサイトで追跡が出来ることになっています。こちらも反映が遅く、やはり国内に届いている8日目になるまではデータが表示されていませんでした。

ちなみに、ギアベストから出荷連絡があった日付よりトラッキングサイトで荷受けがされた「到达收货点」が行われている日付は4日もズレています。これは中国国内で処理・貨物移動するために3~4日がかかってしまっているということなのでしょうか。そこからは3日で手元に届いています。

日本国内でゆうパックやヤマト・佐川などの輸送を申し込めば普通は数時間~半日くらいで追跡情報が登録・ウェブから参照出来るようになるのが一般的ですよね。海外通販では追跡が出来るはずのサービスを選んでも、このレベルのトラッキングしか提供できないのですね・・・まぁ、料金も安いですから妥協するしかないでしょう(中国→日本の輸送、日本ではゆうパック60を使っているのにたった300円ですし)。

ギアベストでは

・Unregistered Air Mail
・Registered Air Mail
・Priority Line (Japan Direct Air Line, Japan Express)
・Expedited Shipping


の4種類があります(商品によっては選べないものもあるかもしれません)。一番高い「Expedited Shipping」はDHLが使われることが多いです。

日数的に最速なのはJapan Direct Air Lineとなりますが、料金的にはJapan Expressの方が割安なので、お値段とお急ぎ具合・購入した商品の価値に合わせて選びましょう。

ギアベストと言えばツイッターで日本語によるサポートをしているアカウントもありますが、また最近日本語でのヘルプ/サポートが出来るようになったと告知を出していました。


日本人が対応するわけではないみたいなのであまり難解な質問を投げかけると怪しい回答が返ってくるかもですが、英語に自信がない人でもより気軽に使えそうですね~。
d0262326_06350241.png
実際にMy Ordrerの[Send / View Message]から進むと、日本語での質問表記を選べるようになっていますね。「チケットを提出」という表現はあまり日本のサイトでは聞かない気がしますが、海外では「問い合わせをする」的な意味で使われるようです。

個人的には最近はあまりギアベストは使っていなかった(今回は半年ぶりくらい?)のですけれど、先日行ったアンケートでも、やはりギアベストは海外通販利用者御用達(ご回答頂いた半数近くの方が利用経験あり)のサイトでしたので、中華通販の初心者には日本語でのサポートが期待できるという点だけでも安心出来ますね。個人輸入は安く買えてなんぼなので、英文を書くために余計な時間・コストを取られてしまっては本末転倒なことになりかねませんし。

トラブルを避けたいのなら日本の通販・他社が並行輸入したものを買うのも楽ではありますけれど、日本では買えないもの・安ければそれほどクオリティを重要視しないものを買うなら中華通販を楽しむのも一興です。

iPhone8用のガラスフィルムなら国内価格の1/2~1/3くらいで輸入が出来ます。

☆「海外スマホをGearbest(ギアベスト)で安全に購入する方法・個人輸入手順

Happy Shopping at GearBest.com, Enjoy Free Shipping Worldwide on all the Best Gears and Upscale Men's Clothing!
by ke-onblog | 2017-09-06 18:00 | 端末輸入 | Comments(0)
総務大臣は変わりましたが、ふるさと納税の改悪はまだ止まりません。

2017年7月には山形県米沢市がNEC製も含めたパソコン類の取り扱いをすべて取り下げ、今は返礼品リニューアル中となっています(10月以降に新しい返礼品が出される予定だったと思います)。

そして今度は大分キヤノン株式会社がある、大分県国東市が規制に屈してしまったようです。
d0262326_16333090.png
私も一眼レフ・ミラーレスはキヤノン製を使っているので貰ってみたかったですが残念・・・。国東市の返礼品にはエントリーモデルからセミプロ向けレベルの高価なものもあったのですが、返礼品の価値としてはそれほど突出したものではなかったはずなのに。

☆「ふるなび 大分県国東市ふるさと納税返礼品一覧(電化製品)

安いものなら10万円の寄附から貰えるミラーレスカメラ Canon M10や、フルサイズのEOS 1DX MarkIIまでが選べます。
d0262326_16432039.jpg
EOS 1DX MarkIIは寄付金1,500,000円からですけど・・・売り切れてますよ!1DX MarkII(ボディ)市場価格は60万円弱~70万円くらいです。

他にもAPS-CセンサーのKissシリーズなら最新のX9iもあり、ふるさと納税でカメラを取り扱っている自治体としては人気があったのですが、、、

他にデジカメを扱っている自治体は「神奈川県綾瀬市のふるさと納税返礼品」にもキヤノンのミラーレス・一眼レフ、ソニーのコンデジも扱われています。あとは「神奈川県海老名市のふるさと納税返礼品」も数は少ないですがペンタックスの一眼レフカメラがまだありますね。今のところ返礼品廃止の案内は出ていませんが、これらもいつまで続くかは分かりません。

ふるさと納税の申し込みは毎年年末に飛び抜けて増えるそうですが、今年はギリギリまで待っていてはおトク度が減ってしまう可能性がありますので、欲しいものがあるうちに選んだ方が良いですね。


by ke-onblog | 2017-09-06 06:25 | ふるさと納税 | Comments(2)
iPhone8発表前に届いてよかったです。

先日ギアベストで注文しておいたiPhone8(仮称)用のアクセサリーが届きました。

次期iPhone8は、iPhone7(4.7インチ)よりやっぱり大きいようですよ。
d0262326_11470438.jpg
リーク情報によれば、iPhone8は5.15インチらしいとのこと。ホームボタン廃止の噂もどうやら本当で、届いたガラスフィルムにも本当にホームボタン部分が無い!!!

ホームボタンが無くなったので縦の長さ自体はディスプレイサイズが大きくなってもそれほどは変わらないようです。

横幅も少し大きくなるのかもしれません。iPhone7用のガラスフィルム自体が少し小さめに作られている製品なのであくまで目安ですけど。
d0262326_11491983.jpg
3mmくらいiPhone8用のフィルムの方が幅広です。
d0262326_11420516.jpg
iPhone7に乗せてみても、どう考えても上下左右がはみ出ます。

今回輸入したギアベストのフィルムのお値段は318円でした。

☆「Gearbest-Tempered Glass Screen Protective Film for iPhone 8

Priority Lineを使って10日弱で届いたので、今から注文すればiPhone8の発売日にたぶん間に合いますよ~。

他にも全面保護フィルム・ケースも買ったのですがそちらはまだ届いておりませんので、届き次第レビューします(´∀`;)


by ke-onblog | 2017-09-05 11:55 | 白ロムコラム | Comments(0)
つい先程楽天モバイル楽天市場店では上位モデルのHuawei P10が半額で販売されて盛りあがりましたが、今度はエントリーモデルのP10 liteのセール情報です。こちらも売り切れがありそうなので、購入のタイミングには気をつけて下さい。
d0262326_19414858.jpg
8月31日からNTTレゾナントの系列店goo SimSeller・NTTコムストアのヤフー店・楽天市場店で開催中の格安スマホ大特価セールにて値引きされているP10 liteが、この後セール期間中(8/31-9/12)唯一の5の付く日を迎えます。

通常価格23,800円→2000円引きの21,800円(税込23,544円)に割引されており、楽天市場店では先行して始まった買い回りキャンペーン狙いの人が多かったのか、すでに完売しています。

ヤフー店ではまだ在庫が残っていますが、5の付く日に入った途端に購入手続きをする人も多いと思いますので、在庫切れに注意して下さい。

☆「Yahooショッピング Huawei P10 lite(+OCN SIMパッケージ)」/税込23,544円

現時点ですでに人気のサファイアブルーは完売していますけれど、ヤフープレミアム・YJカード・ソフトバンク(ワイモバ)ユーザーであるなどの条件を満たすと、最大で16倍くらい(3,760ポイント相当)のTポイントが付く人もいるはずです。

Tポイント還元を含めれば実質1万円台に到達出来る可能性もあり、これはなかなかのお得感があると思います。

OCNのSIMは契約任意ですが、このセール品は1人1台しか購入できませんのでご注意下さい。

また、同様に大特価SALEとして、

・Huawei nova lite 17,064円(ヤフー、楽天ともに完売)
・gooのスマホ g07 14,364円(ヤフーに在庫あり)
・VAIO Phone A 19,224円 (ヤフー、楽天ともに在庫あり)
・ZenFone3(ZE520KL) 34,344円 (ヤフー、楽天ともに在庫あり)


などの商品もあります。nova liteは楽天の買い回りで買うことが出来ればお買い得でしたね。ZenFone3は先日の楽天モバイルのセールに比べれば1万円以上も高いですが・・・楽天モバイルセールで買いたりなかった人・買い回り達成用に何か買っておこうかなという人はこのあたりも狙ってみるのも良いでしょう。

☆「gooSimSeller 楽天市場店 格安スマホ特価セール


by ke-onblog | 2017-09-04 23:03 | キャンペーン情報 | Comments(9)
今季楽天市場スーパーセール、楽天モバイル半額スマホセットタイムセールの目玉商品がこの後22時30分から始まります。今回のセール品はとにかく競争率が高いので、狙っている人は販売開始時間前に買うかどうかしっかりと決断をしておきましょう。
d0262326_17511084.jpg
HuaweiのP10はスナドラ820クラスのハイスペックなCPU「Kirin960」を搭載、Leicaのデュアルレンズカメラを採用、そして従来のPシリーズとは異なりDual SIM, Dual Standbyに対応しています(詳しいスペック解説は省略しますので、公式サイトでも見てください:http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/tech-specs/p10-jp.htm)。

国内で販売されているSIMフリースマートフォンの一般価格帯が3~4万円であるのに対し、P10の定価は65,800円(税別)と高額なモデルでした。

これが今回楽天モバイルの事務手数料を込みにして、半額(52%OFF)で放出されます。

楽天モバイルスーパーセール P10(音声SIMセット)販売予定ページ」/32,900円(税込35,532円)

楽天市場店での販売ですので、もちろん購入価格に対してポイントも付きます。還元率は達成条件次第で異なりますが、買い回りも達成すれば15%くらいまではいけるでしょう。

このP10のスペックで3.5万円という価格が如何に安いのか、他社のキャンペーン・販売価格と比較してみてみましょう。

HuaweiのP10は国内でも複数のMVNOが扱っていますので、回線とセット契約前提ならある程度の割引がすでにあります。

☆「DMMモバイル」 → 1万円引き(既存ユーザーも適用可能)で55,800円(今はSIMカード手数料0円)

普通に回線契約もしたい・すでにDMMで回線を持っているのならこちらも実は結構おトク度は高い、DMMのキャンペーンが8月末から再開されています。データSIMでも契約OK、新規で契約するならSIM手数料も11月30日まで0円です。

☆「IIJmio」→セット契約5,000円アマギフ還元で52,800円(+音声契約なら月額300円×12回引き

こちらも結構悪くないのですけどね・・・音声SIMの300円1年間引きはmineoの900円×1年値引きが登場したおかげで霞みました(苦笑)

☆「BIGLOBE SIM/スマホ→音声3GB以上15,600円CBで49,200円

ビッグローブのP10はこの価格でも現在は売り切れています。

☆「エキサイトモバイル」→ 音声SIMセット10,100円~CBで44,700円

あとはmineoの59,400円、LINEモバイルは65,800円、イオンモバイルも65,800円です(すべて税別価格で統一しています)。

楽天も音声SIMセット契約が必須ですので上記の他社MVNO音声SIMセットもほぼ同様の条件(事務手数料はエントリーパッケージで無料化出来るところもあります)と言えますが、やはり他社SIMセットキャンペーンと比べても楽天セールの方が1万円以上安いです。

また、SIMセット以外でのセールでは国内アマゾンで60,876円。

ヤフーショッピングでは58,000円~くらいが相場。明日の5の付く日でポイントアップを考慮するのならある程度安くはなりますが、仮に20倍のポイントが付いたとしても5万円前後(そこまでいけば十分安いですけど)。

☆「Yahooショッピング P10本体

あとは・・・そうそう、ひかりTVでも取り扱いがありましたね。

☆「ひかりTV Huawei P10 icon」/ 60,405円(16060ポイント還元)→ 44,345円相当(P還元考慮)

今日はd曜日ではないのでポイントアップが少ないですが、金曜・土曜にdケータイ払いプラスを使うとして、dポイント5倍 3020ポイント+ひかりポイント6040ポイント+クーポン7,000ポイントくらいまでいけるはず。ポイント還元でも良いならSIM契約無しで到達出来る最安値レベルだと思います。

HuaweiのP10シリーズは海外でも販売されていますが、国内価格は海外に比べて比較的安く、輸入すれば安く買えるというものではありません。P10の並行輸入品は普通に6~7万円なので、国内保証の観点からもわざわざ輸入するメリットは小さいでしょう。

以上を踏まえて、単品で買える相場(5万台後半~6万円弱)・他社MVNOのキャンペーン考慮価格(4万円半ば~5万円台)に比べて、楽天モバイルの32,900円(契約事務手数料込み)は圧倒的に安いと言えるでしょう。

P10の取扱店を余さず見たわけではないですけど、たぶん今回の楽天セールより安く買えるチャンスはこれまで一度も無かったと思います。

ここでP10の維持費を考えてみると、1年分の音声回線維持費(13ヶ月めまで)は最安のベーシックプランで考慮すると、

・1,250円×12ヶ月(初月無料)×1.08=16,200円+ユニバーサル料金

契約を1年完走するとなると、購入費用と合わせて5万円強になります。端末だけが目当てで一切回線を使わず1年間放置するのなら、ポイント還元を含むとは言え4.4万円で買えるひかりTVショッピングとあまりお得度は変わらないかもしれません。

MNP弾として即撃やすぐに解約するのなら違約金は9,800円(税別)。端末代込みでおよそ4.6万円の総コスト(転出手数料別途)になります。

他社MVNOではキャンペーン価格でようやく4万円台半ばに達せられますので、他社MVNOを使いたい場合でも端末だけは楽天セールで買い即解約してもある程度まではおトクだと言えます(他社MVNOのSIM契約だけで得られる特典も併用出来ますし)。

では最後にP10の買取価格相場をいくつか。

・I社 40k
・S社 32k
・M社 40.5k
・J社 44k
・O社 40k
・L社 38k
・S社 32k

う~ん、高いところで44k前後でしょうか。「ダイワン」のオンライン買取も44kです。セールの有無にかかわらずあまり国内のSIMフリースマホを高値で買い取るショップは少ないですからね(iPhoneやXperiaのような海外需要がないから)

このあとのタイムセールで販売される台数は、

・グラファイトブラック 50台
・ダズリングブルー 30台
・プレステージゴールド 30台


の合計110台だけです。そうですね・・・やっぱり1分保たない可能性もあるでしょうか。旧モデルのP9からとても人気・評価の高い機種なので、普通に欲しい人はいっぱい居そうです。

購入したい方は22時30分スタートまでしっかりと精神統一をしてから臨みましょう。

楽天モバイルスーパーセール P10(音声SIMセット)販売予定ページ


by ke-onblog | 2017-09-04 19:09 | キャンペーン情報 | Comments(10)
楽天モバイルのスマホセットがタイムセール以外の在庫が終わってしまったので、次はお買い得な白ロムでも探してみましょう。

楽天モバイルのSIMフリースマホはASUS・Huawei端末は豊富ですが、SIMフリーであること・新品未使用状態に拘らなければ安いスマホ在庫が楽天市場の中古品取扱店にはいくらでもあります。
d0262326_18005388.png
最近私もよくチェックしている「ゲオモバイル楽天市場店」、そしてこちらも良くセールをやっているアワーズの「スマホ生活」および「ガラケー生活」ではショップの基礎ポイントが10倍になっているので、買い回りとポイントアップ条件を満たせば最大25倍までのポイント還元が狙えます。

ガラケー生活とスマホ生活は同じ運営元のはずですが、ショップが違うのでたぶん買い回りは別々でカウントされます。在庫はまった同じというわけではないみたいですが、一部は重複しています(もちろん価格も同じ)。

また、ガラケー生活・スマホ生活では5,000円以上の商品に使えるクーポンも出ています。
d0262326_18024519.jpg
↑個別の商品ページに行くと、こういうポップアップが出てきますので、5,000円以上の白ロムを買うなら使って節約が可能ですね。

ゲオモバイルでお買い得な商品は過去記事でまとめています。

例えばですが・・・今日このあと楽天モバイルのタイムセールで登場予定の「楽天モバイル SIMセット Huawei MediaPad M3」は20,412円(通常価格の52%OFF)ですが、ほぼ同スペックのdocomo dtab Compact d-01Jなら、もっと安く買えます。

☆「ゲオモバイル dtab Compact d-01J未使用品 18,262円

ガラケー生活では未使用品で22800円なので、ゲオの方が断然安いです。過去記事では21,340円だったと記録していますが、3千円も値下がっていますね!

ここでポイント還元を考えてみると、

ストアポイント 10倍
+買い回り最大10店鋪達成 9倍(上限10,000ポイント)
+楽天カード利用 3倍
+楽天アプリを同月に1回以上利用 1倍
+楽天プレミアム/ゴールドカード保有 1倍
+楽天モバイル契約者 1倍


以上合計25倍で、4550ポイントまでいけます。18262-4550=最大実質13,712円でd-01Jが買える計算です。ドコモ端末の白ロムは購入後にSIMロックを外すことは出来ませんが、ドコモ系MVNOで使うだけなら何の問題もありませんので、rMediaPad M3を購入した楽天モバイル回線でも使えます(笑)

dtab Compact d-01JとMediaPad M3(スタンダード) のSIMロック以外の主な違いはメモリ(RAM)。その他にも細々とした違いがあります。

項目
MediaPad M3
dtab d-01J
ディスプレイ
8.4インチ WQXGA
左同
縦幅
215.5 mm
216 mm
横幅
124.2 mm
124 mm
厚さ
7.3 mm
7.3(最厚7.6mm)
バッテリー
5,100mAh
4,980mAh
重さ
310グラム
325グラム
RAM
4GB
3GB
ストレージ
32GB
16GB
LTEバンド
1/3/5/7/8/19/20/28
38/39/40/41
1/3/19
(公式に記載があるもの)
CPU
Kirin 950
Kirin 950
OS
Android 7.0提供中
Android 6.0(7.0対応予定)

こうして書き出すとやっぱり多少違いはありますか~。でも、ドコモ系MVNOでしか使わないのならRAM3GBと4GBの違いはそこまで大きなものではないでしょう。ストレージはmicro SDカードで増やせますし。

d-01Jの白ロムはヤフオクでも2万円前後が相場ですので、ポイント還元を考えなくてもかなりお買い得なレベルに達しています。MediaPad M3のSIMフリーであること・RAM/ROMとの違いと価格差を考えて、興味のある方は狙ってみてはいかがでしょうか。

他にもゲオモバイルには安い白ロムが多いです。すべてが安いというわけではないので相場をよく調べる必要はありますが、基本的にすべての商品は実機の写真が使われているので傷の状態を見ながら購入できて安心出来ます。

☆「ゲオモバイル楽天市場店


by ke-onblog | 2017-09-03 20:00 | キャンペーン情報 | Comments(4)