白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:転売のコツ ( 938 ) タグの人気記事

いよいよ11月11日。いい買い物の日の本番がやってきます。

いい買い物の日関連のセール自体は11月13日の日曜日まで続くものがありますが、最も割引率・還元率がアップするのは11日ですので、なにか買いたいものがあった方は思い残すところなく買い物を楽しんでおきましょう。

特にYahooショッピングのセールでは11日が最大のTポイント還元率になるはずです。通販という性質上値付けがバラバラなジャンルの商品も少なくないので本当にその商品がお買い得なのかどうかを良く見極める必要がありますが、市場価格のわかりやすいスマホ関連の商品もTポイント還元率が高くなり、割安で買えるようになります。

Yahooショッピングに出品している主なSIMフリースマホ取扱店・白ロム販売店は下記の記事でまとめました。

Tポの還元で「1倍」というのは価格の1%に相当し、先日の5の付く日では本体価格の20%~30%以上のTポイントが返ってくるスマホも少なくありませんでした(利用期間の限られるポイントも含むので、ポイント付与後も忘れずに消費しましょう)。

各Tポイントの還元内訳をチェックし、それぞれの還元条件による「Tポイント付与上限額」に注意しながら欲しいものを探すのがコツです。あまり高い商品を買うと付与上限を簡単に超えてしまって還元割合比率は下がってしまうこともありえます。

目安としては4万円~5万円程度のスマホが買いどきですね。SIMフリースマホならZenFone3、白ロムならiPhone 6s 16GBモデルくらいなら新品で4万円~5万円弱くらいです。

お買い物以外ではやはりYJカードの新規登録特典ですね!登録だけで即5000ポイント、カードが届いてから1回使うだけで6111ポイントが貰えるのは11日いっぱいの申し込み分までで、今回が最後っぽいです。

12日以降は大幅にお得感が下がることは間違いないでしょう。どうせ年会費は掛かりませんし、特に必要なくても作るだけ作っておけば良いでしょう(自分で管理がしっかりと出来ない方はクレカ自体を持つべきではないとも思いますけど)。

今から申し込んでももう間に合わないと思われますが、別途YJカードの既存ユーザー向けで10月18日~11月20日までにYJカードを使ってショッピングをした金額・日にちが一致すると最大10万Tポイントが貰える「Yahoo! JAPANカードくじキャンペーン」なんていうのもやっています。
d0262326_19124468.jpg
いい買い物の日にYJカードを使って決済をしておけば抽選対象になるはずなので、カードを既に持っている方は連携しているYahoo IDのカード情報画面からエントリーしておきましょう。

3等、「毎日の明細があればもれなく当たる!」って。。。確かにそのとおりでしょうけれど(笑)でも日常生活のほぼすべてをクレカ払いをするくらいメインとして使っていればありえなくはないですかね。

今のところ今年のいい買い物の日の一番の盛り上がりはApple Watchの11,111円だったと思われますが(そういえば初日以外、一切Apple Watchの入荷情報などは出なかったですねぇ...)、もう少し普通に買えるアイテムでお買い得感の高いものが出ることを期待したいですね~



by ke-onblog | 2016-11-10 19:35 | キャンペーン情報 | Comments(8)
いや~、昨日~今朝の株式市場・為替相場はすごかったですね~。

前回オバマ元大統領が選出されたときが2009年1月だったそうですから、私はその頃FXを初めて間もないころだったはずなのですが、その時もこんな風に動いたのかどうだったのかもう全く記憶にありません(笑)
d0262326_10114547.jpg
開票前の段階で円相場は1ドル104円半ば~、開票速報が出始めた頃に一気に円高に進み101円台前半まで急騰、そこから今朝方まで劇的に円安方向に戻りも戻ったり、1ドル106円近くまで円安方向へ押し戻しました。

明日の独身の日、11月11日に合わせたセールで円高になってくれていればお得にお買い物が出来ていたところだったのですが、どうやらその期待は叶いそうにありませんね(苦笑)

先週末の終値1ドル103円台から比べてもすでに2~3円ほどの円安になっており、大統領選以外での金融ニュースが無い限りすぐには上にも下にも動かないかもしれないですね~(それがいつ出るのかがわからないところがFXの怖さですが)。

海外ビジネスをやっている人にとっては昨日は一日気が気じゃない展開だったかもしれませんが、結局ほぼ「行って来い」の相場になりましたので、昨日以前とこれからの状況が大きく変化したということは無いでしょう。1~2円の為替相場変動は日常レベルでしょうし。

一方で買取店におけるiPhoneの査定額に変化が出ているショップが増えました。たぶん「為替相場が動くかもしれない」というリスク管理を元につけた値段だとは思いますが、ここ最近で底値を脱していた有名買取店のいくつかがiPhone6~iPhone7まで買取価格を2~3kくらい落としました。

auのiPhone5s下取り悪化もあり、11月上旬にかけて回線を動かした方も多かったでしょうからたまたまiPhoneの流通数が増えた時期と大統領選と単にタイミングが被っただけ、とも考えられますけども。

もし昨日あのまま円高方向に振り切れるようなことがあればiPhone買取相場に大きく影響が出るかも、という懸念がありましたが、為替の問題だけなら今日のところは心配なさそうです。昨日下げたショップも、すぐに戻す可能性もあります。

もちろんまでこれから急に大きく為替・株価が動くかもしれないですし、為替以外の要素で査定を下げているなら戻りが鈍くなるかもなので早めにキープ品を処理してしまうというのもアリといえばありですが、昨日のタイミングでまだホールド覚悟を貫き通した方は、せっかくなのでもう少し回復するまで待ってみるのも一興かなと思います。総務省介入による安売りの強制終了&円安が続けば、少しは期待できるかと(例年であれば12月中旬くらいまでが勝負)。

明日のいい買い物の日は国内・海外ともにセールが楽しみなのですけれど、せめて105円台くらいのまま保って週末を迎えて欲しいものです(´∀`)


by ke-onblog | 2016-11-10 10:31 | 白ロム転売法 | Comments(0)
いろんなセール情報がありすぎて覚えきれなくなってきたので、来る11月11日のXiaomi関連のものだけここにメモとしてまとめておきます。

Mi5/Mi5s/Mi5s Plusは今回のセールで目玉にしているショップが多く、特に割安になる可能性を秘めています。いろんな商品が安くなるのでXiaomi以外の製品ももちろんお買い得になるはずですが、気になる商品を全て比べだすとキリがありませんね(´∀`;)

Mi5, Mi5s, Mi5s Plusにはそれぞれ複数のRAM/ROMの組み合わせがありますので、それぞれで目についたセール情報を書き残しておきます。最安値と思われるものをカバー出来ているとは思いますが、もっと安そうな情報を知っていたらぜひ教えてください。

*セール価格・開始時間は私がチェックした時点の情報です。カラーによる価格差は考慮せず最安値情報だけを比較しました。予定変更されたり、数量限定品も多数ありましたので必ず最新情報を各自でチェックして、セール価格が反映されているかどうかチェックしてくださいね(会員限定価格・販売品などを含む可能性もあります)。

では行きます。


【Mi5 3GB/32,64GBモデルのセール情報】

☆「Geekbuying Xiaomi Mi5 」/ 11月12日まで

・Mi5 3GB/ 32GB 239.99ドル → 11日から 222.99ドル 300台限定
・Mi5 3GB/ 64GB 285.99ドル

Mi5のエントリー・ノーマルモデルについてはGeekbuyingのセール価格が現在圧倒的に強いです。アリエクの11日セールより安そうなので、この2モデルは11日を待つ必要がないかもしれません。

☆「GearBest Xiaomi Mi5 3GB/32GB Internatinal Edtion」/259.99ドル 数量限定

こちらは香港版ですので、初めからGoogle Playが使えます。中国版でも良いならGeekbuyingの方が安いのですが、自分でROM焼きをやる自信が無い方にはお手軽です。

☆「AliExpress MC Mart - Original Xiaomi Mi5 3GB/64GB」/セール価格 288.59ドル(11.11 PST 0:01 スタート)

こちらの「MC Mart」は私が先月 Mi5sを輸入したショップです。

【Mi5 (Pro) 4GB/128GBモデルのセール情報】

☆「 AlegreCompra.com Xiaomi Smart Phone」/ 344.99ドル (China Stock)

カラーはホワイトが最も安くなっています。ここはスペインのサイトなので、安全に輸入できるどうかは未知数です(苦笑)

【Mi5s 3GB/64GBモデルのセール情報】

☆「Geekbuying Xiaomi Mi5s 3GB Silver」/予約販売:279.99ドル

*280ドルでの予約分は完売済み

☆アリエク Xiaomi Authorized Store 295ドル 1000台限定 11.11スタート

【Mi5s 4GB/128GBモデルのセール情報】

☆「AliExpress MC-MART Xiaomi Mi5s 4GB/128GB」/セール価格 329.99ドル(11.11 PST 0:01 スタート)

【Mi5s Plus 4GB/64GBモデルのセール情報】


☆「Geekbuying Mi5s Plus 4GB/64GB Gray」/ セール価格 339.39ドル( 300台限定:11.11 UTC +8 PM6:00スタート)
☆「AliExpress.com MC-MART Xiaomi Mi5s Plus 4GB/64GB」/ セール価格 347.39ドル(11.11 PST 0:01 スタート)

【Mi5s Plus 6GB/128GBモデルのセール情報】

☆「AliExpress.com Product - Xiaomi Mi5s Plus 6GB/128GB 」/ セール価格 411.29ドル(11.11 PST 0:01 スタート)

この他、ETERNAL TEAMというショップでも409.99ドルでの販売があります(ただし発送はDHLのみ、送料別途13ドル)。

ほとんどの商品はGeekbuyingのフラッシュセールが最も安くなりそうですが、一部のモデルはAliexpressの方が安いもしれません。

Gearbest, Banggood, Everbuyingなどの11.11セールをやっているショップもチェックしましたが、Mi5シリーズのセールはあるものの、Geekbuyingには遠く及ばないという印象です。まだ公開されていないフラッシュセールなどで安くなる可能性も無くはないですが・・・

ここで挙げたいずれの価格も通常価格に比べれば数十ドル~100ドル近いディスカウントになっているモデルもありますので、この日を逃さないように仕入れたいところです。



by ke-onblog | 2016-11-09 23:52 | 端末輸入 | Comments(8)
昨日から始まった中華通販サイト・Gearbestの11.11関連セールにおいて、既存ユーザー向け(過去に購入歴がある人)のクーポンセールとしてXiaomiの薄型ノートブックが出ており、高額な商品ながら人気があるようなのでちょっとチェックをしてみます。
d0262326_20162920.jpg
個人的な興味があまりなかったのでスルーしていたのですが、このセールはかなり相場よりも安いですね。というか、現地価格の定価より安いです。加えてこの機種はアリエクにはほとんど出回っておらず、国内への入手ルートがかなり限られているようなので、とにかく安い薄型ノートパソコンが安く欲しいという方には向いています。

セール対象になっているモデルは12.5インチのXiaomi Air。Xiaomiの正式表記は「小米笔记本Air」。 Notebook Air, Mi Airなどと書かれることもあるようです。
d0262326_20144907.png
詳しいスペックは公式ページにありますが、12.5インチのフルHDディスプレイ搭載・CPU Intel Core m3-6Y30/ RAM 4GB/ 128GB SSDという構成です。本体のサイズは厚みわずか12.9mm, 重さは1.07kgです。

アップルの最新薄型モデルだと12インチのMacbookが重さ0.92kg。もちろんXiaomi Air 12.5がMacbookに優るスペックを持っているわけではないのですが、Macbookが13万円超であるのに対し、今ならXaiomi Notebook Airは5万円ちょいで買えちゃいます。

☆「Gearbest Xiaomi Air 12 Laptop」/ クーポン適用時 509.99ドル

ギアベストの通常価格は592ドル。これでもそこそこ安いほうですが、今はフラッシュセールで530ドル → 既存ユーザー向けのクーポン利用で最安値509.99ドルになります。クーポンは各アカウントに向けて発行されるものなので、ログイン後にそれぞれでキャンペーンページにて取得してください(自分でクーポンを入力しないと通常価格になってしまうので注意)。
d0262326_20081860.jpg
キャンペーンページに「Get YOUR Coupon」というボタンがありますので、これをクリックすると表示されます。既存ユーザー向けなので説明も不要かもですが、クーポンは「カートに入れた後」で使うタイプです。カートに入れる前は通常価格が表示されていますが、そのまま進めましょう。

このAir用のクーポンは発行数上限に達すると取得できなくなるようです。昨日7日には発行停止になっていたように思うのですが、8日の夜には復活していました。もし発行できなくなっていたら期間中にまた貰えるようになるかもなので、諦めずチェックしてみましょう。

☆「Gearbest 11.11 Sale Storm

もう少し Xiaomi Notebook Airの価格の話を続けましょう。

Macbookに比べて安いというだけならほとんどの他社メーカー製品は安いわけですが(笑)、まず12インチクラスのモバイルノートで5万円で買えるパソコン自体が普通はありません。

ノートパソコンで安いものなら4~5万円程度のものも無くはないですが、10インチクラスで1kg超えだったり、とても低いスペックになりがちです。特にSSDを搭載するような薄型モデルになると、どうしても10万円近いお値段になってしまいます。

また、もともとこのGearbestでの販売価格が600ドル弱であり、他のいくつかの海外通販サイトで輸入すると6万円~7万円程度が市場価格と言えるでしょう。

日本国内で流通している在庫はごく限られており(今はアマゾンには無いです)、ヤフオクを見るとやはり7万円弱で購入可能なようでした(11月8日時点)。7万円で輸入代行してくれると思えばかなりリーズナブルですが、今なら510ドルですから自分で頑張って個人輸入してみるのも良いでしょう(Gearbestの利用なんて誰でも出来る通販ですけど)。

中華製品なのだからAliexpressで安いものが無いかな?と思いましたが、ほとんど出品が無いようです。スマホと違って単価が高いので扱う業者が居ないのでしょうか。

eBayでは出品が複数見られますが、新品の落札相場は7万円を超え。中古品なら5万円台での落札実績も見られますが、まだGearbestの方が安いです。

このように日本へ輸入できるメジャーなルートを探ってみても、Gearbestのクーポン価格は圧倒的に安そうです。さらに、そもそもこのXiaomi Notebook Airの12.5インチモデルは公式の定価が3499元=およそ5万4千円となっており、それに比べても510ドルという価格は安いのですよね。

もちろん現地のショップではもっと安く売られているのかもしれませんが、Xiaomiの通販で「公式価格を下回る」というセールは珍しいです。今値下がっているMi5 3GBモデルのは240ドルという激安価格ではありますが、これが現地定価で2万4千円くらいになりますね。つまり感覚的に「Mi5の個人輸入並のお値打ち感」ということですね(この感覚が解る人は少数かもですがw)

私はモバイルノート自体を必要としていないので買いたいとは思いませんが・・・確かに安く、初日にクーポンが品切れしていた理由は理解できました。

10万円で中華パソコンを買う気にはならないと思いますが、薄型モバイルが欲しかった人は5万円ならサブノート・お試し用としてありかもしれません。

Happy Shopping at GearBest.com, Enjoy Free Shipping Worldwide on all the Best Gears and Upscale Men's Clothing!

by ke-onblog | 2016-11-08 20:54 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
2016年11月7日に実施された第3回目となる「モバイルサービスの提供条件・端末に関するフォローアップ会合」、なかなか興味深い意見が飛び交っていたようです。

会合の内容はまだ公式の広報には上がっていないようですが、ニュースサイトには概要が出ていますのでまだチェックしていない方はチェックしておきましょう。

☆「産経新聞
☆「日本経済新聞

会合での各発言やその方針についての是非や意見、感想を語るとネガティブなことばかり書いてしまいそうなので、ここはひとつ最大限に有識者様たちのお陰で実現するかも(?)しれない、2017年の携帯・スマホ販売の未来予想を好意的に、超楽観的にやってみましょう。

*ちなみに昨日の会議はあくまで「会合」であり、有識者たちの発言にしても「提言」です。この会合の発言が何らかの制限に関する具体的なラインになることが決まったわけではないはずです。そのあたりをちゃんと理解して、以下私の妄想にお付き合いください(´∀`)

【最新機種が1~2世代前の端末の下取り価格や中古価格を下回らないように】
→ 来年はiPhone6/6Plus(2世代前)の中古価格が激下がりし、タダ同然で買えるようになる
→ iPhone6s/6s Plus(1世代前)の下取りを大幅増強、【1年で買い替え】を優遇するようになる

[解説]:会合では「最新機種の具体的な値引きのライン」についての提言がありました。もう「合理的な額」という中途半端でお茶を濁した状態の継続が出来なくなりそうです。ならば今度はそのラインの方をなんとかすれば、最新機種を安く提供してもOK、ということに。「iPhone6の価値を1円にすればiPhone7だって1円まで値下げ出来る」という論理です。デメリットとしては2世代前の端末がゴミのような扱いになる可能性があるので、買い替えのサイクルを見直す必要があるという点。
【SIMロック解除までの期間を”3カ月~の端末の分割払いの確認に必要な日数”に】
パターンA → そのまま、SIMロック解除までの期間が短くなる
パターンB → 分割払い選択時、購入後3ヶ月間はお試し期間として端末代金を無料化(ロック期間はそのまま)

[解説]:パターンBでは「クレジットカード等で分割支払いの初回請求を確認できるタイミング」がキーポイントに。現状の請求システムの方を変えるために最初の3ヶ月ほどを端末代金の発生しない仕組みを作れば、SIMロック解除期間は現状のままに出来ます。デメリットとしては、非公式アンロックをお試し期間内にやられて転売されると大変な事件になりそうな点、3ヶ月を無料にしたとしてもその後の分割代金が値上がるだけに終わりそうなこと、そしてお試し期間内に端末の不具合・不満が出てきて端末販売数が伸びず撤退するメーカーが増えそうなこと。 パターンAは面白くないので省略。

【土日・祝日の”期間限定”で実施される大幅な割引を防ぐ】
→ 週末のショップ混雑の緩和
→ 平日セール・突発的セールの実施

[解説]:週末セールがダメなら、平日に安売りすれば良いのです。子供の屁理屈のようですが、それが今の携帯販売業界ですから、このくらいの論法がまかり通る可能性があります。そして休日だけに集中したセールがなくなれば、単純に購入者も分散されるでしょう。あるいは購入者を限定する「お誕生月割引」といった、別の形での「期間限定感」を出すことも出来るかも。

【販売店が獲得した通信契約数に応じて携帯電話会社が払う奨励金も制限】
→ 頑張って売らなくても良くなるので、ショップ店員さんのストレスが減る

[解説]:・・・ちょっとこれは無理がありますかね。むしろ携帯販売での利益が見込めなくなれば抱き合わせ商法・副商材の押し売りに方針転換するショップが出て来るだけかも。奨励金は別の業者から貰えばいいだけの話ですから。


各提言とも、悪い方向に考えればユーザーにとって値上げ・不利にしかならない結果も予想しうる内容ですけれど、キャリアにはなんとか上手く考えて出し抜いて欲しいですね。

それが出来ないなら・・・あぁ、ネガティブな言葉を書きそうになったのでDel,Del,Del...

2017年の携帯販売はきっとみんなが幸せになれる新しい形態になっているに違いありませんね!\(^o^)/ 日本を牽引する素晴らしい頭脳と権力をもった人たちが、こんなにも長い時間をかけて考えているのですから!!

冗談はさておき、総務省はMVNO/格安SIMの推進には熱心かつ方向性も妥当なようなので、2017年はさらに格安SIM関連については市場拡大の方向に進みそうです。

時代の流れを嘆くだけではどうにもなりませんので、たとえ改悪だとしても上手く立ち回って行きたいものですね。「長いものには巻かれろ」と言いますが、国内メーカー・キャリアはもう「長いもの」ではなくなるのでしょう。



by ke-onblog | 2016-11-08 11:02 | 白ロムコラム | Comments(4)
つい先日ベゼルレス大画面スマホXiaomi MIXと同時に発表された5.7インチモデルのファブレットモデル Mi Note2の予約が中華サイト各社で始まっています。
d0262326_10103745.jpg
見た目の面白さからMi MIXに目が行きがちですが、Mi Note2ではグローバル版として別バージョンが同時発表され、こちらの対応バンドが非常に豊富なことから、実用向けの大画面最強系ファブレットが欲しい人には向いているかもしれません。

ただ、Mi MIX, Note2ともにハイエンド中のハイエンドモデルになっていますので、価格は安くないですね。

中華通販の有名サイト、Gearbestでは12月15日出荷分のグローバルモデルが予約出来るようになっています(中華版の出荷は11月8日から?のようです)。

☆「Gearbest Xiaomi Mi Note2 Global version 6GB/128GB」/629.99ドル

う~ん、良いお値段ですねぇ(´∀`;) カラーはジェットブラック・シルバーが予約出来ます。

グローバルモデルはSnapdragon 821& RAM 6GB/ ROM 128GBのみなので、近いスペックなのはZenfone3 Deluxe(日本版で追加された「名ばかりデラックス」の5.5インチ版ではなく、最上位の5.7インチ版)あたりです。

中華バンド用は598ドル、4GB/64GBモデルは496ドルくらいです(中華通販の最安値クラス)。

Mi note2の詳しいスペックは公式サイトをどうぞ。

☆「http://www.mi.com/minote2/specs/

過去記事に特徴に関する感想は書きました。

グローバル版の最上位モデルが現地価格で3499元なので、日本円にしておよそ54000円ほど。Gearbestの価格が+100ドル程度なので、妥当な価格設定ではあるでしょう。カラーにジェットブラックがあるのでこれが人気になったりするのでしょうか(笑)

Mi5sやMi5s Plusのように現地価格から大きく輸入手数料(ショップの利益)が上乗せされてからの値引き、という感じにはならなさそうなので、今の値段からそうそうすぐには値下がらない(どんなに下がってもグローバル版で550ドルを切ることはまずないでしょう)ことが予想されます。

グローバル版といっても日本の技適があるわけではないでしょう(たぶん日本のロケールも入っていないでしょう)けれど、ここまで豊富なバンド対応&最上位クラスのモデルをメイン機種にして世界中で使いたい!という人には面白いかもしれませんね。国内版はもちろんのこと、技適のない海外版ZenFone3 Deluxeを輸入するよりもずいぶん安いでしょう。

Gearbestの登録・輸入方法やクーポン情報は下記の記事にまとめてあります。今はMi note2用のクーポンはありませんが、Mi5 Pro用のクーポンがあったので追加しておきました。

☆「海外スマホをGearbest(ギアベスト)で安全に購入する方法・個人輸入手順

Happy Shopping at GearBest.com, Enjoy Free Shipping Worldwide on all the Best Gears and Upscale Men's Clothing!

by ke-onblog | 2016-11-04 10:25 | 端末輸入 | Comments(0)
つい先日はソフトバンクエアーのエアーターミナル2が980円で売っているというネタ話もありました(よそから端末だけ手に入れても契約は出来ません)が、いよいよソフトバンクエアーの「いい買い物日」特典が適用されるおトクな期間が始まりました。

2016年のソフトバンクエアー契約特典は「月額料金を通常価格から1,111円×11ヶ月値引」+「66000円分の商品券×11名抽選」です。

昨年2015年版でも同じく1111円×11ヶ月引きはやっていたのですが、今年は商品券抽選特典が増えました(公式ウェブ申し込み限定。代理店・店舗契約は抽選対象外になるので注意して下さい。また、先月までやっていたTポイント特典は終わっていますので併用は不可)。

☆「SoftBank Air」/11月3日~13日申し込み分まで

ソフトバンクエアーの月額料金は、正直言って普通の光回線より割高です。割引を一切考えない基本料金は月額5,370円もします。ここにさらにYahooの基本プラン300円またはプレミアムプラン800円が上乗せされ、割引前の料金は総額6000円を超えることすらあります(他にも有料オプションを付けまくればどこまでも上がっていきますけど)。
d0262326_01552006.png
そんな高いネットを何故選ぶ必要があるかと言えば・・・特定の人以外は必要無いと私は思います(笑) 

ただ、その「特定の人」という対象が他のサービスでは代替が難しい特長を持っている点にのみ、ソフトバンクエアーの強みがあると良いでしょう。

過去記事でも書いたことがあると思いますが、ソフトバンクエアーを検討すべき人は、

・自宅に固定の光回線が引けない戸建てやマンション
・ネット回線工事に立ち会うのが嫌な人
・数ヶ月~1年以内程度の短期間後に引っ越すことが確定している人
・1週間くらいですぐに固定回線を使い始めたい人


他にもメリットと呼べるものはありますが、「ソフトバンクエアーだからこそのメリット」というのはこのあたりです。ソフトバンクエアーはその性質上モバイルルーターやWiMAXと言った回線のメリットと被るところもあるのですが、やはり「モバイル回線」と「固定回線であるソフトバンクエアー」は全く別物です。

散々ソフトバンクエアーのレビューや解説はブログの過去記事で書いてきたので契約当時の使用感などを知りたい方は「カテゴリー:ソフトバンクエアー」の過去記事を参照ください。

SB Airの速度に関するレビューは下記記事に書きました。ちょっと特異な速度制限が入っており、「Gbpsクラスの光回線と全く同じ快適さ」を期待するとがっかりすると思いますので、そのあたりも覚悟して検討するべきです。

今回のいい買い物日の割引は、11ヶ月間の料金値引(課金開始月の翌々月から)であるため「2~3ヶ月だけ使ってすぐに解約したい」という用途の方には金銭的メリットがありませんけれど、SB Airは引越し先にもそのまま回線契約を維持したまま持っていける(引越し前の事前申請が必須)ので、そのあたりの利点を活かせる人が検討すべきです。

1111円値引いたところで、まだ集合住宅用の光回線料金(安いところなら3000円くらいからありますよね)には勝てません。でも戸建用の光回線になると5000円~6000円からしか契約出来ないエリアもあると思いますので、そのあたりは考えどころですね。

1111円割引はスマホとのセット割は条件に入っていません。税込みだと最大1万3千円の割引は期間中の契約者が対象になるのでソフトバンクユーザーでなくてもいい買い物日の特典は享受出来ます。・・・出来ますが、普通はソフトバンクユーザーしか契約しないでしょうね(苦笑) セット割に上乗せして割引が効きますので、これまでセット割が使える回線で無かった方の変更には良いチャンスです。

詳しい申込方法や利用手順についてはモバイルびよりのサイトに画像つきでまとめてありますので、そちらを参照下さい。キャンペーン期間中は普段よりちょっと届くまで時間が掛かるかもしれませんが、私の場合は申込日を含めて6日目に開通(受信機の受取)しました。

☆「 [実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ


by ke-onblog | 2016-11-03 10:01 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
あれ、11月11日のアリエクセールより安い・・・Mi5sの相場はどうなっているのでしょう(´Д`;)

ほんの半月前、Xiaomi Mi5s 3GB/64GBモデルが安いショップを探して330ドルで手を打って輸入したのですが、どんどん安値を更新して今日は279.99ドルのショップが出てきちゃいました。

もちろん通常価格ではなく、特価セールなんですけど・・・ちょっと複雑な気分。先日少しだけ日記に書いた中国・アリババ版のいい買い物日セールであるアリエクスプレス(Aliexpresss)で予告されていた限定1000台のセール品より安いです。

4GB/128GBの上位モデルが欲しい方はアリエクの方がまだ有利なので、まだ待機。でも、3GBモデルが欲しいならギークバイングの事前予約販売品が激安。

☆「Geekbuying Xiaomi Mi5s 3GB Silver」/予約販売:279.99ドル

安くなっているのはシルバーだけです。外のカラーは390ドルと普通よりやや高いくらいなのに、シルバーだけ超値下げ。私が買った時より50ドルも安くなりました。
d0262326_07371436.jpg
すでに発売済みの在庫が「Pre-Order」になっているのは海外サイトではよくあることで、その日に再入荷する予定の商品を割引販売しているというものです。従って、出荷が指定日(今回の場合は1週間後)以降になるので入手を急がない人にとってはコチラのほうがおトクです。

にしても、値下げの速度がやっぱり早すぎます。Mi5s,そんなに人気無いのかな~・・・無いのでしょうね(苦笑) Mi5の販売から1年も経たずのマイナーチェンジですから、買い替え需要が無いのでしょう。

決してMi5sはダメな機種ではないのですが、旧モデルのMi5がさらに安い240ドルまで下がっているので(これもGeekbuyingが最安値)、このくらいまで下げないと売れないという判断かと推測されます。

☆「Geekbuying Xiaomi Mi5 5.15 3GB White - $239.99

Mi5、先週よりさらに10ドル下がりました。両方を所有している私としましては、40ドルの価格差は・・・なんとも微妙なところですね(笑)

Mi5の3GBモデルは1.8GHzに制限されたSnapdragon 820,Mi5sは2.15GHzのSnapdragon 821です。瞬発力としての処理性能ならMi5sの方が上なのですが、はっきり言ってどちらもハイスペック過ぎて、差を体感出来るレベルではありません。

Antutuベンチマークを10回連続測定をした結果は下記の記事に書きましたが、連続で動かし続けるとスナドラ821は820と同じくらいまでパフォーマンスが落ちますから。
3GBモデルでも十分動くので価格を抑えたい方はGeekbuyingの次回入荷分予約を押さえておきましょう(予約せずに通常在庫になってしまうと320ドルくらいの相場価格まで戻ってしまうでしょう)。中華通販で1週間なんて誤差レベルです(笑)

上位の4GBモデルが欲しい方はアリエクスプレスのセールを待つべし。私が購入したこともあるショップで330ドルになりますので、比較的安心して購入できるはずです。詳しくは過去記事をご覧ください。


by ke-onblog | 2016-11-02 11:22 | 端末輸入 | Comments(9)
これは安いですね!安すぎます。買いに行きたいですが、買えるかな~

ソフトバンクグループが実施ている11月11日の「いい買い物日」に合わせ、アップルのウェアラブルデバイス「Apple Watch(第一世代)」を11,111円で11月3日から在庫限りで販売開始します。

型落ちモデルとは言え、この値段なら試してみたいです。このキャンペーンが今回のいい買い物日最大の目玉になりそうですね。
d0262326_13445955.jpg
対象は低価格なSportsバンドだけでなく、38mm,42mmのステンレス系バンドまですべて一律11111円?みたいですよ。これは争奪戦が起こりそうです。

ソフトバンクはアップルウォッチはオンラインでは売っていませんので、店舗に行く必要があります。在庫があるかどうかは各店舗に問い合わせておきましょう。予約確保に対応してくれるかどうかは微妙ですが・・・。大都市部の大型店だけでなく、ショッピングモール内などの店舗もアップルウォッチを扱っているところもありますので、ほしい方は頑張って在庫を探しましょう(笑)

☆「Softbank Apple Watch取り扱い店舗

アップルウォッチ以外にも昨年同様、スマート体組成計の111円・みまもりGPS111円もあります。こちらもスタートは11月3日から。

☆「ソフトバンクオンラインショップ

さらにさらに、先程読者様に教えて頂いたばかりなのですが、先日も入荷して即日完売していたソフトバンクの高性能プリペイドスマートフォンの304SHが入荷しています。iPhoneシーズンでMNPに使い、枠が空いていた方はチャンスです。

☆「ソフトバンク AQUOS Xx 304SH アウトレット」/ 1万8千円(1万円チャージ込み,税・送料・代引き手数料込み)

昨年はプリペイド携帯のいい買い物日セールもあったのですが、今回は特に無いようです。アップルウォッチの投げ売りと304SHの在庫が復活しただけでも良しとしましょう。

この他にもソフトバンクのいい買い物日用のキャンペーンが各種発表されていますので、ワイモバ・SB系列でのお買い物・契約を狙っていた方はこの機会を逃さないようにキャンペーンの下調べをしておきましょう。


by ke-onblog | 2016-11-01 13:57 | 白ロム転売法 | Comments(6)
こんなに早く安くなるなんて。。。

330ドルで3GBモデルを買ってしまった私のココロはズタボロですけれど、日本でもソフトバンクグループが主導でやっている「いい買い物の日」である11月11日のセールに、アリエクスプレス(アリエクはアリババグループなので、、、株売却のニュースもありましたがソフトバンクとは関連が深いですね)でも「Global shopping day」として大きなセール・キャンペーンが予告されています。

その中に、Xiaomi Mi5sのセール情報が事前に出ており, 3GB/64GBモデルと3D Touch対応の4GB/128GBモデルがありました。
d0262326_16572157.jpg
3GBモデルは1000台限定で294.99ドルになる予定です。Mi5sのセール開始は11日から。

☆「AliExpress Xiaomi Online Store

そして、上位モデルのMi5s 4GB/128GBモデルは、私が3GBモデルを輸入したのとの同じMC-MARTでセールになるようです。

☆「AliExpress MC-MART Xiaomi Mi5s 4GB/128GB」/セール価格 329.99ドル(予定)

*上記はセール開始時間までは通常価格が表示されますのでご注意下さい。
d0262326_16574622.jpg
現在の価格は最安値クラスノショップですら380ドル前後なので、一気に5千円くらい安くなりましたね。っていうか、この価格は私が3GBモデルを買った時と同じなのですけど orz.

旧モデルのMi5の3GBモデルが250ドルで買えるので、今回のセールでもまだMi5の方が価格的には有利ですが、この程度の価格差であればストレージ容量が64GB/128GBとたっぷりある5sも便利だと思います。

3GBモデルのセールをやっているショップは私は使ったことがないですが、4GBモデルのMC-MARTは直近の私の取引実績がありますので、それほど心配は要らないはずです。この意味ではまさしく「人柱」にはなれたので良しとしましょう(´∀`;)

今回の価格は他の中華通販と比べてもメチャクチャに安いので、競争率が高くなる可能性もあります。

ここからは細かい解説は後回しにして、今出ているセール情報をいくつか列挙します。詳しいスペックやどの程度安いのかは各自で確認してください(一応相場より安いものだけをピックアップしたつもりですけど)

・Teclast X98Plus II 145ドル (9.7インチ)
・Redmi Note4 3GB/64GBモデル 180ドル (5.5インチ)
・Mi Pad 2GB/64GB 115ドル (7.9インチ)
・Mi band2 23ドル
・Meizu Pro6 3GB/64GB 222ドル
・Meizu Pro6 4GB/64GB 300ドル (5.2インチ)
・Meizu M3 MAX 3GB/64GB 220ドル (6.0インチ)

ほかにもLenovo, Blackview, ZTE, Huaweiといった中華メーカー(の取り扱い販売店)がセールを実施します。これらは「Feature Brand」として11月11日に数量限定で販売予定です。いずれも国内流通価格より安いので、仕入れにも使えそうです。

ASUSのオフィシャルショップも出ていますが、ZE552KLで350ドル・・・日本のボッタクリ価格よりはもちろん安いですが、これならエクスパンシスで買っても大差ないです。11月11日のセール対象だからといって、全部が全部安いというわけではないので注意が必要ですね。バイヤーとして目利き力が試されます。

もちろんスマホやタブレット本体だけでなく、細かいアクセサリーやその他ジャンルのセールもたくさん実施されます。通販で売るための商品仕入れの開拓をこの機会にやってみるのも良いでしょう。

アリエクにおける11月11日向けプリセールは既に10月28日から始まっています。他の中華スマホもかなり安くなるみたいなので、本番の11月11日は国内セール情報だけでなくアリエクスプレスもチェックしておきましょう。

今回初めてアリエクスプレスでお買い物をしてみようと考えている方は、クーポンが出ているショップもあるので予めアカウントだけでも作っておくと良いでしょう。

*ただし、価格だけにつられて怪しいショップで買ってしまうとトラブルに巻き込まれる可能性も無きにしもあらずなので、セラーの評価チェックや支払いには海外専用クレカを作るなどの安全策もお忘れなく。




by ke-onblog | 2016-10-31 17:27 | 端末輸入 | Comments(2)