白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:転売のコツ ( 938 ) タグの人気記事

ついにXperiaZに一括0円どころか、キャッシュバックがついたキャンペーンが登場しています。8万円もするスマホがタダでもらえるチャンス・・・

対象店舗:「テルルモバイル新橋店




東京の新橋西口通り近くのショップですね。駅からも近いので、行きやすい場所にあります。

現在人気ナンバーワンのSO-02Eがただどころか、現金もついてプレゼントしてくれるわけですが、条件はなかなか。

Galaxy Tab 7.7 SC-01Eを同時購入し、ドコモOP、コンテンツ25個×2ヵ月(1台分)が条件になります。学割やクーポンを持っていれば、さらにキャッシュバックは増額されるそうです。

タブレットのほうは使わないなら違約金支払って即解約、白ロムとして転売してしまえばいいでしょう。スマーケットで新品買い取りは14000円なので、違約金くらいは完全に補完できます。

コンテンツは多めですが、それでもXperiaZが一括0円なのでお得すぎますね。



by ke-onblog | 2013-03-27 14:51 | キャンペーン情報 | Comments(0)
16ギガバイトモデルの一括0円はもはやどこでも当たり前になってきたので、32GBモデルのキャンペーンを探してみました。

iPhone5は16GBが売りやすいのか、ほとんどのショップが16GBモデルだけキャンペーンを出しているので、意外と32,64Gの情報が少ないですね。

対象ショップ:「auショップ高田馬場

高田馬場といえば、早稲田ですね。受験シーズンに駅に行ったらものすごい数の受験生でごった返していた記憶があります。

条件は学割を効かせたMNPで、一括10500円でした。定価から6・7万円引きなので、相当お得ですね。16GBモデルも同時にキャンペーンが出ていて、そちらは一括0円でした。

それにしてもアイフォン5が安くなりましたねぇ。この分だと遠からず白ロムの相場価格が暴落しそう。白ロム転売をするなら本当に急いだ方がいいです。逆に、白ロムでiPhone5を買いたいなら来月頭まで待つことをオススメします。

3/27時点で最高に高値で白ロムを買い取るゲオSmarketで40000円、白ロムが最高に安いケータイ★アウトレットでの売値が55000円前後です。

MNPで買えるなら白ロム購入は高いですが、普通に新規・機種変更でiPhone5を買うよりはケータイアウトレットは格段に安いです。来月になれば、5万円を切るのは難しいかもしれませんが、5万ジャストくらいまで落ちても不思議ではありませんね。
by ke-onblog | 2013-03-27 07:17 | キャンペーン情報 | Comments(0)
昨年モデルで型落ちしているARROWSシリーズのスマートフォンが、激安どころかお金を配ってプレゼント中でした。定価が78120円、50000円キャッシュバック、月割りサポートがつけば実質20万円ちかい割引になるのでは?

対象ショップ「テルルモバイル代々木店

5万円の現金を貰うには学割必須です。学割なしだと1万引かれて40000円です。

条件は、コンテンツ6405円分×2ヶ月,スマパス,安サポ,ビデオパス!にauの無料コンテンツだそうです。コンテンツがやや多めですが、十分にキャッシュバックで元が取れるレベルですね。

ISW13Fはそうはいってもまだ発売から1年も経っておらず、それなりにハイスペック機種でした。

3月27日時点でヤフオクでの白ロム相場が1万2000円くらいでしょうか。SMARKETなら新品買い取りが10000円なので、オークションの手間を考えれば断然ショップ転売向きです。

手に入れたら即売り払いたいところですが、コンテンツに2ヶ月の縛りがあるので、2ヶ月後だと若干値下がりするかもしれませんので、なるべく早く売りたいところですね。再来月でも十分利益が出せるはずです。



by ke-onblog | 2013-03-27 00:01 | キャンペーン情報
まだずいぶん先のように感じますが、3ヶ月後に開かれるアップルの新製品発表イベントにて、ついにiPhone5Sが登場するようです。

もちろん公式発表ではないんで、まだウワサ段階ですが、最近のリーク情報はかなり信憑性も高くなっていますからね。

もともと8月頃にiPhone5が出るとのことだったので、ひょっとすると発売はもう少し早まるのかもしれません。これまでには発表イベントから1,2週間で発売まで持ってくることが多いので、2013年7月にも発売の可能性は高そうです。

iPhone4時には、約一年後に登場した4Sの完成度が非常に高く、「S」がついたバージョンこそホンモノのアイフォン、というイメージもあります。

なので、iPhone5時に耐えて、5Sを待っていたユーザーもまだまだ居るでしょう。iPhoneの新製品は発売直後は白ロム転売にもってこいです。MNPを使わない購入でさえ、うまく売れればプレミアをつけて販売することすら可能でした(1,2日後までがギリギリです)。

iPhone5がauで値下げされていることからも、近いうちに5Sが登場することを裏付けるかのようです。

今のうちにしっかりと回線を寝かせておくのもよいでしょう。



by ke-onblog | 2013-03-26 00:58 | 白ロムコラム | Comments(0)
MNPで荒稼ぎをしたい人向けの情報です。

携帯電話・スマートフォンの白ロム転売には、MNP弾が欠かせません。しかし、MNPは1回線で何度も繰り返すことは実質不可能です(やってみてもいいですが、ブラックリストの載せられてしまうと、二度と携帯電話を国内で持つことができなくなります。これは都市伝説じゃなく、マジです)。

何度もMNPを利用するには、それぞれの回線を1~2年は保持しておくことが望ましいのですが、では一体何回線まで契約できるのかとなります。

一般的に、1つのキャリアで保持できる回線は、どこも5回線まで、というようになっているようです。

ドコモ・ソフトバンク・au・ディズニーモバイル・イーモバイル=各5回線×5=25回線

ウィルコム=3回線(家族が居れば最大18回線までいけるらしい)もう1台無料キャンペーン副回線でさらに契約も可能。

このようにメインキャリアでは通常個人でも28回線以上の契約が可能です。

ここにさらに日本通信のb-mobile SIMなどのデータ通信系回線を足すと、30,40回線以上も同時に契約可能です。

後者のいわゆる仮想移動体事業者では、SIMを眠らせるのに向かない(最低維持費が高いし、そもそもMNPが使えない場合もあり)ので、転売用には使えるとは思いませんが、キャンペーン次第といったところでしょうか。


ということで、少なくとも20回線くらいは個人で運用することも出来ます。これだけあれば何十万円、下手すれば100万円以上MNP転売で稼ぐことも出来ますが、そこまで行くと収入を税務署に申告しなければいけなくなるので、ある程度のところでやめておくのが吉です(サラリーマンなら1年の副収入20万円以下にとどめておきましょ)。

*白ロム転売をする場合は、絶対に違約金・本体料金未払いはやめましょう。他人・バイトをつかって不正入手するなんて以ての外です。



by ke-onblog | 2013-03-25 21:23 | 白ロム転売法 | Comments(0)
スマートフォンや携帯電話を買うとき、MNPを使えば一括0円で購入出来てしまう機種はたくさんあります。

発売されたばかりの最新機種、今ならiPhone5だってMNPを利用すれば一括0円で購入できる時代です。

しかし、ただ一括0円なだけでは、それがお得なキャンペーンなのかどうかは判断できません。0円という言葉に安易に飛びついてはいけないのです。

一括0円トラップには、たとえば2台同時契約が必須であったり、大量の有料コンテンツを契約しなければならない場合が多くあります。というか、ほとんど、といっても過言ではありません。

一般的に有料コンテンツは1個あたり315円、という計算でいいでしょう。それと、何ヶ月コンテンツを契約しなければならないのかが重要です。

10個のコンテンツを2ヶ月なら、およそ6000円前後の費用が発生するのです。中には20個、30個というコンテンツ契約が条件になることも。


たとえば、一括0円(コンテンツ20個×2ヶ月強制)と一括9800円(コンテンツ無し)ならば、場合によっては後者の方がお得になるのです。

このように、トータルでいくら費用がかかるのかを事前に比較できない人は、0円トラップに引っかかってしまうこともあるでしょう。お得なキャンペーンを探すには、初期費用だけでなく維持費がいくらかかるのかが重要なのです。

白ロム転売をうまく行うコツは、情報収集を徹底して行い、見落としなく条件を確認し、費用を見積もることです。それが出来ない人は、手を出さない方が無難です。



by ke-onblog | 2013-03-24 14:43 | 白ロムコラム | Comments(0)
MNPを使った白ロム転売法を当サイトでは解説していますが、今日はお得なキャンペーンの選び方講座です。

MNPで大幅な割引・キャッシュバックをやっているお店はどこにでもあります。正規ショップであったり、代理店であったり、量販店であったりします。

チラシ広告やホームページなどで「○○円値引き!」「x万円キャッシュバック」という宣伝文句がありますが、ここで値引きやキャッシュバックについての価格をよく見る必要があります。
まず一番重要なのが「一括価格」なのか、「実質価格」なのかということです。この両者には越えられない壁のごとく、大きな差があります。

実質価格というのは、月割りサポートなどを本体価格から差し引いた場合のことを示すことが多く、実質0円というのは最新機種でも結構当たり前の話です。

入手した機種を白ロム転売用端末とするならば、いくらで売れるのかということも知っておく必要があります。オークションで売るのか、ショップに転がすのかも重要ですね。オークションのほうが高く売れますが、その分手続きはもちろん面倒です。相手とメールのやり取りをしたり、梱包・発送の手間が割に合うのかを判断しなければなりません。

白ロムショップに売る場合は、手続きはお店やネットで申し込み、本体を送るだけで簡単ですが、やはり利益は自分で売るほどは出ない場合が多いです。送料などについても、余計なコストが掛からないショップを選ぶのが儲けるコツになります。

わたしが良く利用するのは(よくと言っても、そんなにMNPを繰り返すことはできないので、それぞれ数回程度ですが。)、以下のようなショップが高額かつ迅速で評価の高い買い取りショップです。

スマーケット
ダイワンテレコム

上記2社とも送料が無料で、ネット上で査定がすぐにわかるため、転売前にここで値段をチェックします。ヤフオクなどの相場が安ければ、ショップに即転売しています(売るタイミングはどの機種でも早ければ早いほうが良い)。

動作確認や初期化などのために本体を触るのはいいですが、初めから付いているフィルムなども剥がさないようにしましょう。でないと、新品買い取り額の最大支払いにならない場合がありますので。


まとめると、本当に割り引かれている値段はいくらなのか、そして転売したことによって得られる総合利益はいくらなのかを事前シミュレートすることが大事、というお話でした。
by ke-onblog | 2013-03-23 09:09 | 白ロム転売法 | Comments(0)
ドコモのタブレット端末、SC-01E GALAXY Tab 7.7 PlusがMNPで相当安く出しているキャンペーンがありますね。

SC-01Eは2012年10月にでた秋モデルです。

対象ショップ:「モバワン西新井店

お店の場所は足立区ですね。一括支払いが0円に、プラスしてキャッシュバックが20000円というマイナス売りです。定価は84,840円もするんですけど、もうタダどころか、買うとお金がもらえるようになっちゃいました・・・。定価で買った人はほんとうにバカみたいですけどね。

条件も緩く、有料コンテンツなどはありません。通話機能がそもそもない機種なので、加入しなければいけないのはXiの定額プランなどドコモの基本プランだけでしょう。

キャッシュバックしてくれるタイミングは明らかではありませんが、とりあえず2ヶ月後だとして、発売からすでにおよそ半年が経っている機種なので、そんなに白ロム相場が変わることもないかと。自分で販売できるなら2万円台前半がいいところです。

今現在新品状態でショップ買取額が下記ダイワンテレコムで17000円でした。初期チェックだけで保管しておけば、まず間違いなく満額もらえるでしょう。オークションで売ったとしても2万円がいいところでしょうから、送料や手数料を考えたらショップのほうが便利で早く、確実です。

発売直後の人気機種なら自分でオークション出品したほうが利益が大きい場合がほとんどですが、一定時間が経つとショップのほうが手間隙分だけお得になる場合も多いです。



by ke-onblog | 2013-03-22 15:16 | キャンペーン情報 | Comments(0)
白ロム転売でお小遣い稼ぎをすることが出来るのですが、一般に20歳未満の未成年で転売はやめておいた方がよいです。

というのも、白ロムに限りませんが中古ショップ・買い取りショップでは通常20歳以下からの商品買い取りを断られる可能性があるからです。ショップによっては親の同意書や委託書があっても受け付けない場合があります。

もちろん、20歳以下の学生名義で取得した白ロムを、20歳以上の大人の名義で転売するなら何の問題もありませんので、回線とキャンペーンを有効利用するためには20歳以下が契約に関与するのはOKです。

要は、未成年だけで契約し、支払いが滞ったり、あるいは代金を支払わず不正契約した機体などを防ぐ目的でショップは20歳以下お断り、としているわけです。


スマホ・携帯電話の元の契約者が20歳以下でも構いませんが、転売時の販売者・買い取り申し込み者が未成年なのはいただけない、という話でした。

もちろん年齢などを偽ってはいけませんよ。良識ある皆さんはルールを守って正しい手法で白ロム転売をやってくださいね。



by ke-onblog | 2013-03-22 08:49 | 白ロム転売法 | Comments(0)
新規契約・機種変更やMNP時に、割引を受けることを前提に有料コンテンツに強制加入させられる場合が最近は増えてきました。

有料コンテンツは一般に100~500円くらい、一番多いのが315円/月くらいです。MNPで大幅な割引・キャッシュバックを得られるのはいいですが、場合によってはコンテンツ料金だけで1ヶ月1万円ちかく支払う必要も。

使いたいコンテンツがあればよいですが、大方の場合はほとんど不要なサービスばかりでしょう。それでも初期費用の割引を受けるためには加入は必須条件とされることも。

では、これらのコンテンツは購入後、即時解除していいのかどうか?という話になります。

この疑問に回答としては、「ショップ・店舗によってまちまち」ということになり、対応は店によって異なるようです。

とあるお店では、一応1ヶ月以上契約することをお願いするが、強制ではない(=つまり解除してもいい)というショップや、必ず規定期間以上を契約してもらわないと、割引額を後で請求したり、キャッシュバックがもらえなかったりします。

とくにキャッシュバックや商品券系がある場合、支払いは購入後数ヵ月後にコンテンツが稼動しているかどうかを確認してからでないと貰えないケースも増えています。


コンテンツ強制に法的縛りがあるのかどうかはわたしは専門家ではないので知りませんが、それでも大幅な割引をしてもらっているし、そういう約束で契約しているのだから、やはり提示された期間は解除しないのが大人の対応かと思っています。良質なキャンペーンならどちらにせよ、ちゃんと儲かるのですから。

コンテンツ強制加入が条件となっているショップでMNPをする際には、必ず絶対に維持しなければならないのかどうかなど、自分で確認するようにしましょう。。



by ke-onblog | 2013-03-20 20:19 | 白ロム転売法 | Comments(0)