白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:転売のコツ ( 960 ) タグの人気記事

今週いよいよ全世界で発売されるサムスンの新機種「GALAXYS4」の転売を検討してみましょう。

サムスンのギャラクシーシリーズは去年のGALAXY SIIIで大ヒットし、日本でもドコモとauから発売されてかなりの台数が売れました。

まだ日本での発売日は明らかになっていませんが、おそらくドコモからは来月5月中にはリリースされるでしょう。

GALAXYS4には2種類のCPUがあり、1.9GHzクアッドコアか1.6GHzオクタコアでしたかね(逆だったかな?)。どちらが日本で販売されるかわかりませんが、どちらにしても現在のスマホを上回るハイスペック機になり、かなり高額な販売価格になると予想されます。

白ロム転売の観点から見れば、元が高ければ高いほど、売りやすくはあります。8万円・9万円という高額ではなかなか機種変更は出来ませんからね。白ロムだと4~5万円という価格帯になるでしょうから、見た目の安さはやはり白ロム転売ターゲットとしては注目なのです。

ただ、ドコモは今年の春に同じくフルHDでクアッドコアを搭載したXperiaZ SO-02E、冬にはAQUOS PHONE ZETA SH-02Eというハイスペック機の人気機種を連発したので、果たしてこのタイミングで機種変更したい人がどれほどいるのか、というのは気になります。

GALAXYS4に魅力がないとは言いませんが、それほど突出して人気が出そうには見えませんでした。また、今年の夏にはドコモからもiPhoneが発売されるとのウワサもあり、それを待つならばGALAXYS4には手を出さない、という人も少なからずいるのでないかと。


上記のような点を鑑みて、GALAXYS4の転売は無しではないものの、この春と夏の中間という微妙なタイミングで白ロムを買いたい人にいかにアピールするか、という点に尽きそうです。

ドコモのギャラクシー推しの販売戦略から、MNPで最初から大きなキャンペーンを打ち出してくる可能性も十分ありえますので、安く手に入りそうなお店があれば、狙ってみるのも悪くは無いですね。



by ke-onblog | 2013-04-22 08:36 | 白ロムコラム | Comments(0)
これもauで先日値下げされた2012年冬モデルの最新機種、PTL21の投売り情報です。

今週末から全国的にMNPと学割併用なら一括0円が当たり前のレベルに落ちてきています。下記で紹介するのは東京の中でもキャッシュバックが最高レベルの部類ですが、探せば似たような条件のところはたくさんあるかと思いますよ~。

対象店舗:「テレワールド明大前店


場所は東京世田谷のショップです。

PTL21の本体支払い一括0円で、最大キャッシュバックが13000円。条件が誰でも割、LTENET、スマートパス、ビデオパスのみです。有料コンテンツはなし、パケットプランの指定も無いようです。

他の店では本体支払い0円でも、キャッシュバック無し、あるいはあっても5000円くらいがほとんどでした。わずかながら1万円を超える店舗もありますが、このテレワールドより条件が厳しそうなところが多いですね。

VEGA PTL21は新機種にしてはそれほど突出した機能はないながら、安定したデザイン・性能をもつスマホって感じです。PANTECHというメーカー製で、あまり馴染みはないかもですが、それなりにいろいろスマホや携帯電話を手がけています。

4G LTE,ワンセグ、おさいふ、防水・防塵、テザリングなど最新機種の機能はほとんど持っているので、機能と価格重視の人には向いています。


ただ、白ロム転売用というには微妙な機種ですね。なぜなら、人気がないから。この一言に尽きます。

最新機種なのに、白ロムショップの買い取り額はすでに1万円を切ってしまっているショップがほとんど。最高レベルのダイワンテレコムでさえ20日時点でマックス16000円でした。本体0円にキャッシュバックがあるところを利用すれば利益が出るかもですが、あまり高望みは出来なさそうですね。

今後もっとキャッシュバックが大きなところが出てくれば、あるいは、といったところでしょう。逆に、白ロムで購入するなら大いにアリな機種です。この性能で白ロムが2,3万円で買えるのはなかなか無いでしょう。



by ke-onblog | 2013-04-20 20:13 | キャンペーン情報 | Comments(0)
auの2012年冬モデルが投げ売られてますね~。iPhone5が先月、今月は国内メーカーをばら撒くのがauの戦略なのかな。

そんな中でもSONY Xperia VL SOL21は結構たくさんキャンペーンがありますね。0円どころか、キャッシュアバック付きです。


対象店舗:「ケータイショップNo.1京成大久保店

千葉県の習志野というところにあるショップですね。当サイトに出てくるのは2回目かな?キャッシュバック額が大きいので目立ちます。東京からも行けなくは無い距離なのもポイントです。

MNPを使った学割併用でXperia VL SOL21本体支払いが一括0円、キャッシュバックが15000円です。

割引はデカイですが、条件がやや多めなんで、そこを妥協できるならかなり優れています。

誰でも割、安心ケータイサポートプラス、ISNET、電話きほんパック、auビデオパス、au通話定額24、通話ワイド24に加入必須、コンテンツも17個を2ヶ月=10,335円が掛かります。

コンテンツなしだと割引額が16800円増えるので、やっぱりコンテンツには加入した方がトータルでは安くなりますが、使わないコンテンツの契約解除だけは忘れないようにしないといけませんね。

今週末はどこも大きなキャンペーンで集客を狙っているところが多いみたいなので、いろいろと店舗を回ってみるのはありですね。東京は今朝からちょっと気温が下がって寒く、週末はあまり天気はよさそうではないですけど。

この感じだと、冬モデルの白ロムの価格も下がりそうですね。転売するには良くない傾向ですが、利用するにはいいタイミングと言えそうです。18日時点ではまだあまりSOL21は出ていませんが、きっとこれから在庫が増えることでしょう。

iPhone5もそうですが、au冬モデルを売るなら早めに査定までこぎつけるが吉です。5月に入ったら値下がりしそうですので。



by ke-onblog | 2013-04-19 20:49 | 白ロム転売法 | Comments(0)
一括0円とはいきませんでしたが、条件が緩くてかなり安いMNPキャンペーン情報です。J蝶ことHTL21は公式で値下げされたため、便乗して複数のショップが今週末あたりからキャンペーンを出し始めており、ねらい目の機種になっています。



対象ショップ:「マジックプライス新丸子駅前店

武蔵小杉よりも東京寄りで、都内からのアクセスも便利な位置にあるショップです。このあたりは携帯ショップの激戦区なので、特に安い情報が出やすいですね。マジックプライスは関東周辺に展開するドンキホーテみたいな家電系バラエティショップのようです。

ここで学割を使ったMNPで、本体一括支払い4800円、学割無しの場合は+10000円だそうです。プランは店頭確認ですが、有料コンテンツは一切無しだそうです。

一括0円でコンテンツ盛られるよりも良い条件の可能性が高いです。週末までたぶん残らなさそうな、要チェック店です。

HTL21の白ロム買取は下記のダイワンテレコムが最高額で36000円という高額買取をやっていました。他ショップでは2万円くらいまで落ちてしまっているところもあるなかではかなり高いです。

もしここより高い買取額があるショップがあっても、価格対抗でアップしてくれるので安心です。



by ke-onblog | 2013-04-19 09:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
最近はドコモの機種がいくつか公式で値下げされたため、ELUGA X P-02E, AQUOS PHONE EX SH-04E
や昨年モデルのXperia GX SO-04Dの一括0円キャンペーンが目立ちます。

しかし、正直どれも転売するには微妙です。利益は十分出せるように思えますが、新機種でもなし、フラグシップ機でもなし、というラインナップです。

あとはau用のiPhone5は相変わらず全国で一括0円ばら撒き作戦中みたいですが、そろそろ白ロムの買取額が下がってくる頃でしょう。

となると、今が4月中旬で、次期モデルの発売まではしばらく現状のような旧モデルがちょっと安くなったりするキャンペーンを拾っていくのが白ロム転売の戦略になります。


今MNP用回線を温存するなら、次のターゲットはやはりiPhone5Sでしょう。7月には発売されるとのうわさもありますので、あと3ヶ月ですね。

または、アップルのライバルである、サムスンのGALAXY S4も良い線行きそうですね。こちらはiPhoneより早く日本でもドコモから発売される見込みなので、5月・6月には転売のチャンスがありそうです。

何度もこのブログで書いた気がしますが、新機種の白ロム転売は速度が命です。出来れば発売日当日に入・翌日中には売り抜けたいところ。GALAXYシリーズなんかは数が相当出回りそうなので、白ロムの値下がり速度が非常に速くなりがちです。

利益を求めすぎて高い価格設定にしてしまうと売れ残って悲惨なことになりかねませんので、臨機応変に対応できるように市場価格には敏感になっておきましょう。



by ke-onblog | 2013-04-14 09:01 | 白ロムコラム | Comments(0)
白ロム転売をするにあたり、少しでも利益を多く上げるには、当然出費・費用を抑えることを考えなくてはなりません。

しかしながらMNPに限らず、最近は携帯電話・スマートフォンを購入する際に、割引の条件として特定のプラン・有料サービスオプション・コンテンツ購入が必須な場合がほとんどです。

ショップによっては、これらのプラン・サービスが一定期間保持されたことを確認した後でなければ、キャッシュバックによる還元が取り消されることもあり、注意が必要です。


さて、この解約までの維持費というのは、転売する際には必ず事前になるべく正確に見積もることが肝要です。転売だけを目的に回線をせっかく作っても、支出が収入を上回ってしまうようでは本末転倒です。

回線の維持費には、「通話プラン」だけでなく、「パケットプラン」「安心サポート」「有料補償サービス」「ネット使用料(spモードなど)」「ユニバーサル料金」「ビデオコンテンツなどの有料サービス」、などなど、さまざまなものがかかることは、携帯電話を使ったことのある人なら明細で見たことがあるでしょう。

この中で特に転売時に割合が大きくなるのは「パケットプラン」です。キャンペーンの条件では定額プランへの加入が必須な場合、たとえばドコモのならば、

・Xiパケ・ホーダイ ライト 定額料4,935円
・Xiパケ・ホーダイ フラット 定額料5,985円
・Xiパケ・ホーダイ ダブル 定額2100円~

などがあり、全く使わなくてもこれらの料金が発生してしまいます。もし3種類で選べるなら、変動性のパケホーダイダブルが一番得(転売回線で全く使わないことを前提)になるのは一目瞭然ですね。

逆に、フラットプランへの加入が必須だと、2ヶ月維持するだけで12000円以上が必ず掛かってしまうということでもあります。その他サービスと合わせれば、一ヶ月の維持費は1万円を超えることも普通です。

したがって、いくら値引率がよく、本体が0円だったとしても、プラン強制が厳しいショップは転売には使えない、ということは良くあります。

以上のようなことを踏まえ、転売して儲けられるかどうかは本体価格と維持費、端末を売却した利益を総合的に計算して比較することが必須である、ということを忘れないでください。



by ke-onblog | 2013-04-13 14:30 | 白ロム転売法 | Comments(0)
先ほどのAQUOS PHONE eX SH-04Eに続き、、同じく2013年春モデルのP-02EもMNP用のキャンペーンが多数出ていますね。P-02EはXperiaZさえ同時期発売じゃなければそれなりに売れていたのではないかという完成度の高い機種です。



対象ショップ「携帯の王様自由が丘

東京目黒の携帯ショップのキャンペーン情報です。ほかにも一括支払い0円を掲げているショップはたくさんあったのですが、ここは有料コンテンツ無し、二年契約、ドコモのオプションのみで、パケット定額も必要ないということで、白ロム転売には持って来いです。

この最新機種で有料コンテンツが要らないというのは素晴らしいですね。即解約して転売すれば、3万円近くで買い取ってくれるはずなので、利益は手数料・違約金を考慮しても1万円以上は出るのではないでしょうか。

下手なキャッシュバックがあって、コンテンツアリの条件よりもよほど優秀です。

ただ、ELUGAシリーズはこれまでにも何機種も発売されているものの、知名度・人気はイマイチなので、あまり長く在庫を抱えないように、すぐに売ってしまえる状況を作ってから転売を始めることをオススメします。
by ke-onblog | 2013-04-12 17:21 | キャンペーン情報 | Comments(0)
4月5日からドコモ公式で2013年冬春モデルが全機種値下げされたことを受け、まだ発売から数ヶ月しかたっていないAQUOS PHONE EX SH-04Eが全国的に一括0円で買えるようになっています。多少条件は地域・ショップによって異なりますが、かなり多くのショップで先日から一気に情報が増えました。

中でも優良そうなショップはこんなところでしょうか。

対象ショップ:「携帯いかがですか下北沢店


下北沢の駅のすぐ近くの携帯ショップです。

MNPを使って0円で、詳しい条件はショップあるいは電話問い合わせみたいですが、有料コンテンツが不要という条件はこの系列ショップくらいでしょう。他ショップもそれほど数は多くないながら、2・3個の有料コンテンツを課してくるところが現在は多いみたいです。

SH-04Eはせっかくのシャープ製なのに、SH-02E ZETA のIGZO液晶を引き継がなかった微妙な機種ですけどね。スペック自体は非常に高く、1.5GHzクアッドコアCPUなども積んではいるものの、人気としてはぼちぼち、といったレベルでした。

しかし、この端末が0円となれば話は別でしょう。これだけの機種が0円で売れるとは、すごい時代になったものです。

ひょっとしたら白ロム価格も追従して値下がりするかもしれませんが(他ショップではすでに買い取り額が万単位で下がり始めています)、ダイワンテレコムはまだ新品で35500円という高額買取でした。いつ転売するの?今でしょ!ってやつですね(笑)


by ke-onblog | 2013-04-12 14:37 | 白ロム転売法 | Comments(0)
MNPを使った白ロム転売法では、いかに安く・キャッシュバックの大きなキャンペーンを見つけられるかというのが鍵になります。

が、正直良いキャンペーンは都市部の激戦区にかなり集中しているのが現状です。

もちろんネットや広告には出ていないようなレアな情報もあるでしょうけれども、その場合はもうお店に直接脚を運んで確かめる以外に方法はありません(電話でもいいですが、価格・細かい条件を刷り合わせるには口頭では辛いところもあります。自身と店員に相当の価格・プランに関する知識が必要なので)

移動できる範囲というのは個人の行動力に依りますが、たとえば大阪から東京まで遠征、なんていうのは移動費用の方が高くなり、せっかくの安いキャンペーンの利益も吹き飛びます。

わたし個人の場合なら、電車なら2000円以内で行ける地域(往復で4000円)が限界ですね。時間にして大体2時間前後、関東一帯をカバーできるくらい。店によってMNPで1万円以上の差があることもありますし、これくらいなら小旅行を兼ねてお出かけもありです。

車で移動する場合でも、やはり片道2時間くらいが限界ではないでしょうか。わざわざそんなに遠く行く手間より、近場で多少高くてもそちらで購入してしまった方が結局出費が少ない、なんてことにもなりかねません。


もし遠征するなら、白ロム入手のためだけでなく、観光や行楽を兼ねてお出かけするのが良いです。出かけた先で結局買えなかったり、契約条件が想定と違っていたら目も当てられませんからね。

がつがつと転売に勤しみたい方は別として、一般の方は事のついで・ちょっとした小遣い稼ぎ以上には考えないで気楽にやるのがコツです。



by ke-onblog | 2013-04-11 13:39 | 白ロム転売法 | Comments(3)
珍しいハイスペック機の新規でも一括支払いがタダという、とんでもないキャンペーンがありました。

対象店舗:「テルル津田沼

津田沼というのは千葉県ですね。船橋の近くで、東京からでも1時間くらいで行けるはずです。その気になれば遠征できる距離でしょうか。ディズニーランドも近いです。

条件の詳細はショップにいくか電話対応のようですが、SO-04Dが新規で一括0円とはかなりの安さです。MNPのキャンペーンもやっていて、こちらはキャッシュバック20000円付きですよ。

XperiaGXは2012年の夏モデルの高性能機種で、結構人気があったスマホのひとつです。それなのに新規で0円は値下げにもほどがありますね。

白ロム転売するなら、今日はダイワンテレコムの査定が一番高そうです。新品状態で18800円(4/11調べ)「でした。

あとは維持費次第ですが、もしコンテンツが少なければ、新規転売ですら利益が出せちゃうかもですね。回線はそのまま残してSIM寝かしへのMNP弾つくりにも向いています。



by ke-onblog | 2013-04-11 13:01 | キャンペーン情報 | Comments(0)