白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:iPhone5転売 ( 112 ) タグの人気記事

コメントにて教えて頂いて相場を改めてチェックしてみると、iPhone6発売前後に取引相場が下がっていたiPhone5sの査定がアップしているところが増えています。

相場平均としては9月末頃に比べて1割くらい増えてますかね?

iPhone5s 16GBの場合だと、2014年8月頃までは1台50000円近くでも白ロム買取をやっているショップもありました。その後、9月のiPhone6発売前には4万円~4万円半ばまで下がり、6発売後には3万円を割り込むショップも多かったはず。

私がチェックしていたiPhoneのオンライン買取に特化した白ロム買取店「iPhone55」でも、16GBで最高買取額は36000円くらいまで落ちていたはず。都心部にあるアジアンな買取ショップでも4万円前後でした。

☆「iPhone55!

それが今日(10月15日)の査定を見てみると、iPhone55で40000円まで回復しています。

1年前のスマホが4万円と考えると、さすがの人気ですよね~。アンドロイド機種だとちょうどXperiaZ1が同時期の発売でしたが、ドコモ版もau版も買取額はおそらく3万円にすら届かないでしょう。定価はiPhoneの方が安いのに。

au, softbankのiPhone5sの安売りは今でもありますが、一括0円キャッシュバック付きとなると新プランやオプションなどの条件が付くため、そうホイホイ仕入れられるほど美味しい案件も無いですが、3台同時MNPなら10万円近いキャッシュバックを積むショップもあります。

また、iPhone5sを白ロム売却前提で手に入れる場合は、カラーは必ずゴールドにしましょう。需要が偏っているため、シルバー・グレイは査定が低くなるショップも多いようです。

iPhone6の安売り案件はまだまだ少ないため、あえて複雑なオプション・セット販売で安いものを探すより、サクっとiPhone5sの一括0円案件を探したほうがスピーディーに稼げそうです。

この後さらに5sの相場が上がるかどうかはちょっと疑問ですが、10月に入って特に新キャンペーンが出たわけでもないので年末くらいまでは現状維持の相場が続くと予想しています。


by ke-onblog | 2014-10-15 10:21 | 白ロム転売法 | Comments(8)
Appleが一部iPhone5のバッテリーに関して、仕様よりも早くバッテリーが消耗してしまう不具合を認めて無償交換対応を始めると発表して、ネットが沸いていますね。

でも、「本当にそれが朗報か?」と思ってしまったのは私だけでしょうか。

交換対応とされるiPhone5はウェブサイトでMEID(シリアル番号)をチェックして確認ができます。

☆「Apple iPhone 5 バッテリー交換プログラム

不具合が確認されているのはiPhone5が発売された2012年9月から2013年1月までに製造されたものだそうです。つまり、該当のユーザーはもう1年半~2年も不良品をずっと使わされていたというわけですよね。

無償での交換対応はさすがのAppleサポートだな、とは思いますが、そもそもそんな不良品をこんなに長く放置していたことの方がよほど【悲報】だと思います。

他メーカーではバッテリーの消耗が多少早いくらいなら「仕様です」で済まされてしまうだろうと思えば神対応ですが、手放しにバッテリー交換が出来てラッキー!と思うのは違うような・・・


日本のユーザーでもすでに多数の方が対象になっていることを確認しているようなので、auやソフトバンクで提供された端末にも相当数が含まれていそうです。

iPhone6発売直前ですし、ちょうどiPhone5は乗り換えの時期です。このタイミングにわざわざバッテリー交換をしても使わなくなってしまう方も多いだろうに。どうせ使わなくなるから交換しなくても良いか、と考える人が多い時期を狙ったのでは?と邪推もしてしまいます。

iPhone5をオークションで売ろうとしている方は交換してもらった方が良いです。「電池新品」と商品説明にあれば、それは大きな魅力ですよね。ショップ下取りの場合はバッテリ-状態の確認はされない(電源が入るかどうかだけが問題となるため)ので、普通は査定に影響しません。

交換対応は日本では8月29日から始まるようです。交換したい方はApple 正規サービスプロバイダ 、Apple Store 、Apple テクニカルサポートへ連絡しましょう。



by ke-onblog | 2014-08-23 13:30 | スマホニュース | Comments(0)
今回はiPhone6の発売に向けて準備をしようと動いている白ロム転売・携帯乞食を始めてから間もない方向けに、過去記事の紹介をしてみようと思います。

白ロム転売がテレビで報道されまくった2014年春頃から参入された方では、昨年のiPhone5sの祭りを実体験していない方も多いようです。この業界では大騒ぎだったのですが、まぁ一般の方はスルーしてしまいますよね(笑)

白ロムの転売は2011-12年頃から活発となり、このブログも流れに乗って2012年6月にスタートしました。私はiPhone信者というわけではなく、iPhoneをはじめて使ったのも4sからですが、iPhone5,そしてiPhone5s,5cの転売状況はしっかりと見てきました。


以下にiPhone発売~転売祭りが起こった当時のブログ記事をまとめてみました。駄文かつ私の主観が入った記事ですが、当時の状況を全く知らない方は軽くチェックしてみると、iPhone6向けの戦略を立てる参考になるかもしれません。

【発売前】

2013年8月22日:iPhone5Sには新色「シャンパンゴールド」が追加?でも転売は白or黒で

見事に予想を外しています(笑) でもゴールドがあんなに人気になるなんて、アップルすら予想していなかったはず。

2013年8月26日:iPhone5Sを最速でゲットするために、ソフトバンクオンライン注文を復習

2013年9月4日:iPhone5S MNP予約番号取得方法まとめ 手順・手数料・有効期限

2013年9月11日:ソフトバンクの予約開始時間確定!アップルストアにもう並ぶ人まで

2013年9月14日:ソフトバンクの本気!オンラインショップでiPhone5c以外の機種を全排除

2013年9月19日:並んでもiPhone5sは買えないかも?スペースグレイ以外のカラーは初日入荷ほぼなし

【発売後】

2013年9月20日:iPhone5s買えた?ゴールド・シルバーはすでにプレミアへ

2013年9月21日:iPhone5s 10万円超の白ロムにも入札?!

2013年9月21日:ヤフオクでdocomo iPhone5s 64GBゴールドに45万円出すツワモノ現るw

2013年9月26日:ゴールドラッシュ終了?iPhone5sのゴールド本格出荷始まる

発売1週間でこのアップダウン。この頃でもまだ十分高いですが、祭りのピークは7日間も持ちませんでした。

2013年9月27日:iPhone5sゴールド大量出荷情報で、オークションの落札額急落

2013年10月5日:iPhone5sゴールドの転売失敗、ヤフオク高値で入手⇒値下げしても売れず

2013年10月30日:iPhone5の投売り一括0円はそろそろ終了?在庫が無くなり始めたかも

2013年11月13日:iPhone5sゴールドのプレミア感も薄れた?最近のヤフオク出品状況

発売から1ヶ月半で祭りは完全に終わりました。この後、3キャリアによるユーザー争奪MNP優遇のiPhone投売りが始まり、3月末のピークを迎えるまで巨額キャッシュバックの黄金期を迎えることになります。

今年のiPhone6では同じように動くかどうかは判りません。過度な期待は禁物ですが、状況次第ではオイシイ思いが出来るかもしれないと考えてしまうのも詮無きこと。状況次第でどのようにでも動けるように、昨年の祭りを経験していない方も復習をオススメします。



by ke-onblog | 2014-08-11 19:02 | 白ロム転売法 | Comments(0)
昨日も「iPhone5s 16Gの買取額5万円超!コリアン並みの超高額買い取りネットショップ現る」として取り上げたショップの細かいサービスについて追記です。

今日の査定でもまだiPhone5s 16GBモデルが最高52000円と都内買い取り店でも最高額レベルのショップと渡り合えるほどの額で買取をしている「iPhone55」。

☆「iPhone55 査定申し込みページ

ネットで申し込んで無料買い取りをやっている買い取り店は今や全国各地にあります。他店に比べてiPhone55の優れている点として、iPhone5sの買い取り金額がダントツに高いのが一番ですが、他にもいくつかメリットがあります。

これは非常に珍しいのですが、買い取りをキャンセルする場合にも返品送料が無料だとしています(査定申し込み時との状態が異なるなど、一部適用外のケースがあります)。それだけ買取額に自信があるってことでしょう。


そしてこちらは一般人にはあまり活用の機会がないかもですが、買い取り金額10000円につき1ポイントのオリジナルポイントが付与され、累計獲得ポイントが500ポイント(つまり500万円分w)を超えた場合には20ポイントにつき10000円のキャッシュバックが貰えます。

キャッシュバック額は累計ポイントによって5000円・7000円とアップしていくシステムです。転売でガンガン転がす方ならば、ポイントカードでのキャッシュバックも足しになるはず。最初のグレードでも200000円分で+5000円ですから、2.5%査定アップと同等です。

iPhone以外も売れますが、iPhone5s以外はぶっちゃけそこまで査定は高くないです(笑) iPhone5cでは25000円なので、他店と同レベル。店名にちなみ、5s買い取り専門店という位置づけで利用できそうです。


by ke-onblog | 2014-07-31 19:16 | 白ロム転売法 | Comments(0)
この値段大丈夫か?と心配してしまうほどiPhone5sの買取額をブチ上げているネット買い取りショップがあります。

携帯電話の買い取りショップはネット上にも多数あり、このサイトでもいくつか紹介したことがあります。ヘタな買い取り店より買い取り価格が高くて送料無料で売れるショップもあるのですが、それでも外人経営のショップ群には劣るのが現状でした。

都心部にはちょっと怪しいアジアンな方々が経営する携帯買い取り店があり、iPhone5sなら未だに5万円超で売れたりします。しかし、このような店舗があるのは限られた地域だけ。コスト削減のためか小さな事務所で、日本語が怪しい人に売る必要があり、ちょっと怖いという人も多いでしょう。

そんな中で、ネットで無料宅配買い取り・キャンセルも返品送料無料、かつiPhoneの買い取りが尋常じゃなく高いサイトが「iPhone55」です。

☆「iPhone55(アイフォンゴーゴー)

かなり思い切った名前のショップですね(笑) でもその名の通り、iPhoneの買取額が他のネット系買い取りショップの比ではありません。

つい先ほどの査定で、ドコモのiPhone5s 16GBで未使用なら最高額52000円でした。これ、超高額買い取りで有名なコリアン並みなのです。交通費・手間隙を考えればiPhone55の方が上な可能性すらあります。

ショップの営業所は名古屋、運営も日本人ですね。小規模だからここまで出来るのだと思いますが、ネットでこんな価格を維持していて大丈夫でしょうか?潰れないか??

実は今はもうやっていないショップなのですが、かつて同じようにアジア系買い取り店並みの査定を出すネット買い取りショップがあったのです。余りにも高い買取額を提示したせいか、相当オーダーが入り買い取ったものの、ショップが転売する前に価値が下り、わずか半年ほどで潰れてしまった会社を知っています。

いつまでこの価格を維持できるか見物ですが、現時点で白ロム買い取り店としては破格の値段で買い取ってくれるショップなのは間違いないです。売却可能なiPhoneがある場合は、査定が下る前にチェックしてみて下さい。




この他、ネットで査定できるショップには以下のようなところもあります。どのお店が一番というわけではなく、機種毎・時期ごとに利用するショップを使い分けるのがコツです。

ダイワンテレコム
手数料・送料無料 ネットオフ
ライズマーク
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト
by ke-onblog | 2014-07-30 11:17 | キャンペーン情報 | Comments(0)
昨日の夜にauのiPhone5cが2台で一括0円キャッシュバック50000円付きというのを紹介したのですが、キャッシュバック額だけを見ればソフトバンクの方が今週末は上を行きます。

他にもキャッシュバックの大きな案件はいっぱい出ていますが、今のところ目に付くのは以下の案件がなかなかでっした。

対象ショップ:「 イーブーム吉祥寺店

都内での案件ですが、細かい条件が書かれていないのでどれだけコンテンツが必要かは不明ですが、2回線だけのMNPでau版より40000円もキャッシュバックを上乗せされた本体一括0円にキャッシュバックが90000円とのこと。週末限定だそうです。

1台で45000円のキャッシュバックですから、これはなかなかです。かなり厳しい条件があったとしても元が取れそう。新プランが条件でも維持費を上回る還元になるはずです。

キャッシュバック額の大きさだけならばAQUOS PHONE Xx mini 303SHも同等かそれ以上のものも見つかりましたが、303SHとiPhone5cでは本体売却額に雲泥の差があるので、転売目的なら断然iPhoneです。


この週末から新しく投げ売られている機種は特に見当たりませんので、従来の安価なモデルからキャッシュバックが大きいものを狙うのが戦略としては良さそうです。白ロムとして売るなら売却相場を確かめながら案件の比較を行ってみてください。



by ke-onblog | 2014-07-26 14:47 | キャンペーン情報 | Comments(0)
最近は特に目新しい案件もないですね。ドコモの春モデルの一括0円やauの旧モデルの一括0円キャッシュバック案件などは見つかりますが、どれもこれも標準レベル。条件が厳しくても奇抜なセット販売などがあると紹介してみたくもなるのですが・・・

それはさておき、近頃再び安く売られている機種としてはiPhoneの廉価版、iPhone5cが目立ちます。auとソフトバンクのモデルは新規でも一括0円案件がいっぱいあります。MNPならキャッシュバックが付くショップもありますね。

一方でかなり長い間投売りが続いているのに、白ロムの価格相場はあまり安くなっていないのですね。あわよくばauのiPhone5cを安く買えないかな?とヤフオクを見てみても、結構落札価格は高めのままのようです。

完全な未使用品、残債なしの白ロムだとキャリアにもよりますが、落札価格は3万円~3万5000円くらい。これって定価よりは安いですが、投売り機種の価格ではないです。同じく投売り機種のauのFJL22なら1.5万くらいで買えますし。

一括払い済みの中古でようやく25000円くらい。分割中(制限△)のものなら2万円くらいでも落札実績がありましたが、やっぱりLTE使えなくなる可能性がある端末は今時ちょっともの足りなくなりますからね。特にauのmineoで使うなら絶対に制限が掛かってはマズイです。Wi-Fiオンリーなら何でもいいですが、それならiPod touchでも変わらないですからねぇ。

これはやはりiPhoneのブランド人気、ってことなのでしょう。安く手に入れられるチャンスがあるなら本体転売による利益率は他の投売り機種より断然高い。キャッシュバックが多く付いた本体の安い機種か、本体が高く売れるiPhone5cか、どちらを選ぶかは戦略次第でしょう。


ちなみに、iPhone5c 16GBの値段で言えば今はソフトバンクが最も安く、ドコモが異常に高くて論外。SBでの一括が39960円なのに対し、auは55,080円、ドコモは62,208円です。サポートに違いがあるとはいえ、ここまで差がつくと違和感がありますね。

いつまでauとソフトバンクのiPhone5c投売りが続くのか、ドコモは投売りにはこのまま参加せずに終わるのかは市場の値動きをよくチェックしておきましょう。白ロム転売をするにしろ、白ロムを買うにしろ出回っている数次第で取引価格が動きます。タイミングを逃さず売買をしましょう。

今は売り手市場といった様相ですが、投売りがさらにヒートアップすれば安く買うチャンスも出てくるでしょう。


by ke-onblog | 2014-06-13 19:38 | 白ロムコラム | Comments(0)
今までもiPhone5cはauとソフトバンクで新規一括0円案件はいくらでもありましたが、なかなか単一回線でのものは少なかったように思います。

しかし、最近は純新規・1回線のみの契約でiPhone5cの一括0円やってますね。多少契約条件はつくものの、回線数を増やしすぎずにiPhone5cを手に入れたい・回線が欲しい方には使えそうです。

対象ショップ:「カメラのキタムラ福岡/松島店

カメラのキタムラで6月10日まで行われているキャンペーンのようで、オプション加入は必要ですが有料コンテンツはなし、iPhone5c 16GBが新規とMNPどちらでも一括0円、32GBだと一括1万円だそうです。

2回線セットで一括0円というのはありふれていましたが、1回線だけで購入できるのはいいですね。

上記は九州・福岡の案件ですが、カメラのキタムラなら全国各地で同じような条件で買えるのでしょう。複数回線仕込むならキャッシュバックも狙える店舗もあるかもしれませんね。

iPhone6発売まであと3ヶ月ほどですから、5cはそろそろ在庫を片付けておきたい時期というのも納得できるところです。今後の投売りセールには注目しておきましょう。

by ke-onblog | 2014-06-09 18:10 | キャンペーン情報 | Comments(0)
社会、芸能、スポーツ、海外などニュース速報に加え、エキサイト独自の明日使えるコネタ、びっくりニュースも配信中。
iPhone5、5sが大阪のショップで何十台も盗まれたという事件は知っていましたが、あれって逮捕されていたんですね。

半年で4000台以上を盗み、中華系携帯買取ショップに売り捌き1億6000万円以上を稼いでいたそうです。一台に付き4万円ですか。iPhoneならそんなところですね。

国内で販売されているiPhoneはキャリアのロックがかけられていますので、盗品は日本国内では普通使えません。業者は違法改造してロックを外すかして中国で売っていたのでしょう。


iPhoneもそうですが、最近のスマホはパッケージがコンパクトですからね。宝石店などに比べればセキュリティも緩そうですし、盗み易かったんでしょうか(結局捕まってはいるわけですが)。

今でもスマートフォンの盗難が起きているそうですね。白ロムショップで盗品が売られていることはまずありませんが、オークションなどに出回っている可能性もあるので購入時にはネットワーク制限の確認と、日本語の怪しい相手からは買わないように気をつけてください。




by ke-onblog | 2014-06-02 19:02 | スマホニュース | Comments(0)
最近は「iPhone一括○円」などとして、金額を明示せずに広告を出していたショップが久しぶりに一括0円を出していたのでピックアップ。

iPhone5sは相変わらず0円にはなりませんが、近頃iPhone5cがソフトバンクとauで安く売られている印象です。8月だか9月だかにiPhone6が出るのならば、そろそろ廉価版の5cは在庫をなんとかしたいと思っているのかも。

条件も一時期に比べ緩めになってきているのはよい兆候です。

対象ショップ:「カメラのキタムラ 市川・妙典店

価格をぼかしてきた「大人の事情」は緩和されたんでしょうか(笑)

こちらは千葉の店舗ですね。ソフトバンクのiPhone5c 16GBモデルでMNP本体一括0円です。学割適用時にキャッシュバック10000円付き。

オプション、パケット定額は必須のようですが、有料コンテンツ系は要らないようです。

4月頃はコンテンツ付けても一括0円にすら届いていなかった時期があったことを考えると、価格の再値下げスピードは結構早かったですね~。

転売でボロ儲けというほどのキャッシュバックは難しいですが、ショップによっては複数台でキャッシュバック増額案件を要しているところもあるはず。上手く使えばiPhone5c白ロム転売で利益が出そうです。

今後iPhone6発売まで、どのくらい在庫が続くかを睨みつつ、値下げ・キャッシュバック増額のタイミングを狙っていきたいところです。


by ke-onblog | 2014-05-18 08:43 | キャンペーン情報 | Comments(0)