白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:iPhone5S ( 158 ) タグの人気記事

ドコモは公式で先日のiPhone5Sの発売報道を否定しましたが、やはり発売はするようだ、というのが現状の流れのようです。

報道に対するコメントでも、「現状でお知らせする内容はない」だけであって、発売しないとは言ってませんでしたね。

ドコモのiPhone参戦で、三つ巴の争いになることはもう確定した未来です。となれば当然、各社なんとしても他社からユーザーを引き込もうと、MNPのキャンペーンを強化してくれるはずです。

今まではMNPの移転先にはau, softbankの2キャリアでしたが、これからは1.5倍の3キャリアに移ることが出来るわけです。

特に注目なのは、iPhone4、4Sあたりが日本で発売されたとき、ドコモからau, softbankへ流れたユーザーがドコモに戻るためにMNPを利用できるというのは美味しいですよね。

現状のau、ソフトバンクの通信網やサービスに満足していなかったけど、iPhoneは使いたい人がドコモへ移動することも十分考えられます。


転売用では、ソフトバンクのプリモバイル回線からauだけでなく、ドコモへも転出してiPhoneゲット、という手法が使えるようになるのは嬉しいところ。

ただ、気になるのは人気が分散、あるいは偏ってしまったときに利益が出しやすいキャリア・出しにくいキャリア移動というのが出てきそう。どこのMNP弾をたくさん確保しておくか、というのがiPhone白ロム転売のポイントになって行きそうです。


by ke-onblog | 2013-09-08 14:46 | 白ロム転売法 | Comments(0)
今朝のテレビのニュースを見てビックリしました。なんとドコモがiPhone5Sを発売するとか言っているじゃないですか。

だがしかし、会社に着いてからネットを見れば、もうドコモが公式に報道に関して否定のコメントを出していると。

この関連ニュースでドコモの株価が一気に上がっていたみたいで、市場はやっぱりドコモからのiPhone発売を期待しているということでしょうか。


実際にドコモから発売されるかどうかは、状況的にはもう公式発表を待つしかありませんね。ドコモ関係者が発売する、というような話をしていたという噂もネットにはありましたし、iPhoneで使う周波数帯も取得済み、といった情報もあったはずですし。

いくら推測しても、時間の無駄です。ましてや、新聞社の飛ばし記事は信じてはいけないということですね(笑)


ですが、白ロム転売をする上では、ドコモからのiPhone発売は歓迎ですね。今までのsoftbank,au、そしてドコモによる三つ巴で販売開始となれば、客の取り合いがさらに激化することは想像に易いです。

となれば当然、またぞろMNPキャンペーンで割引・キャッシュバックが増えるでしょう。キャリアとしてはつながりやすさやコンテンツなどの付加価値で勝負したいのかもしれませんが、消費者にとってはやはり価格面での優劣がまだまだキャリアを決める大きなウェイトを持っています。


ドコモ参戦でiPhoneがどこまで安くなる(定価という意味ではなく、割引という意味で)のか、注目です。9月11日の各社の出方をしっかりとチェックしておきましょう。




by ke-onblog | 2013-09-06 18:19 | スマホニュース | Comments(0)
昨日より、ついにAppleが新製品発表会の招待状を配り始めたとしてニュースになっていますね。

今年のイベントは現地時間で9月10日、日本では11日の深夜2時頃からのスタートとされています。しかし、すでに多くの情報がリークされていますので、実際にイベントが行われても、それほど大きな驚きはないかも知れません。

国内では、特にドコモで発売があるのかどうかのほうがiPhone5S発売自体よりよほど気になりますね。


発表までまだ1週間ありますが、その間に出来ることはiPhone5Sに関する情報を集めることでしょうか?いえ、違いますね。今われわれがやるべきことは、実際の購入に向けた準備をすることでしょう。そのほうが有意義に時間を使えるというものです。


iPhone5Sはau,softbankからは9月20日前後に、そしてとあるうわさではドコモからは10月10日頃に、なんて話も出ています。

iPhone5Sを手に入れようとするとして、新規・機種変更・MNPどの方法で買うつもりなのか、転売用ならば何台買うのか、何色を買うのか、ストレージ容量はどれにするのか、といろいろ選択はあるはずです。


新規・機種変更ならば飛び込みでも在庫さえあれば買えますが、MNPでキャリアを移動する場合は注意が必要です。MNPで乗換えを行う際には、まず移動前の電話会社で「MNP予約番号」を発行してもらわないといけないからです。


MNPを使ったことがある人は十分に理解していると思いますが、MNP予約番号には有効期限があり、発行日を含めて15日以内となっています。これを超えてしまうと、再度予約番号を貰わなくてはいけなくなり、手数料も余計に掛かってしまいます。

店頭で購入する場合は良いですが、オンラインショップを利用してMNPをする場合には、申し込み時点で予約番号の有効期限が7日以上残っている必要があります(ソフトバンクオンラインショップ参照)。auでも(あるいはdocomoでも)iPhoneをMNPで安く買うには、出来れば申し込み前日くらいに予約番号の取得をしておきたいところです。


では、今回のiPhone5Sの場合、いつ予約番号を取得すればよいのか、と考えてみると、製品の発表は日本時間で11日、予約開始はおそらく11日~12日から始まるはずです。したがって、12日から前後7日間である5日~17日に取得しておけばまず間に合うはずです。

なかなか忙しくて手続きしている暇がない、という方は今週末の7・8日の土日あたりで手続きをしてしまっても良いかも知れませんね。


あと確認しておきたいのは、今の回線の解約月がいつなのか、ということでしょうか。2年縛りのあるプランを使っている場合、解約月以外にMNPをすると9975円の違約金が発生します。違約金を支払う覚悟ですぐに機種変更したいのか、それともちょっとなら発売日から遅れてもいい、と考えるのかも事前に検討しておきましょう。




by ke-onblog | 2013-09-04 09:19 | 白ロム転売法 | Comments(0)
発売までもう1ヶ月を切っている(はず)のiPhone5S。1年に一度の白ロム転売の最大のチャンスといっても過言ではないでしょう。

白ロム転売の鉄則は「速攻で仕入れて、速攻で売り抜ける」ことです。それはもちろんiPhoneでも同様ですが、iPhone5Sの場合は特に「スピード」が重要なポイントになりそうです。

去年のiphone5発売時には、予約開始日に予約出来たか否かで、実際の入手時期に大きな隔たり、そして転売価格に差が出ました。

予約開始日に予約できればOKですが、もたもたしていて、予約が2,3日後になってしまうと転売には手遅れになりかねません。

ソフトバンクのオンラインショップで購入するのはそんなに難しいことではないですが、予約方法を今一度確認しておきましょう。

普通にiPhone5Sを発売日にゲットしたい人も参考にどうぞ。

【予め準備するもの】

・ネット環境・・・ スマホでも予約出来ますが、パソコンのほうが操作が早いため、パソコンからの予約がいいでしょう。

・本人確認書類のデジタルデータ・・・ デジカメなどで、免許証や保険証などを撮影、あるいはスキャンしておけばオンラインで確認が出来ます。当日あわてないように前以って書類に使えるものをパソコンに取り込んで置きましょう(本人確認に使える書類は公式サイト「ソフトバンクオンラインショップ」を参照してください。使える書類・組み合わせが詳しく書いてあります)。

・預金口座、クレジットカード・・・ 利用料金支払い用の口座・クレカ情報を入力する必要がありますので、万一持っていない場合は用意しておきましょう。

MNP予約番号有効期限 ・・・ MNPを使う場合は、期限が1週間以上残っている必要があります。予約開始と予想される9月10日前後には現在のキャリアで手続きを行っておきましょう。


用意するのは以上です。あとは住所を入力したり、新規・MNP・機種変更の種別を選び、プランにチェックを入れるだけ。これは数分もあれば出来るでしょう。

「注意事項」という項目はポップアップで必ず読まないと選択チェックが出来ないため、確認を忘れないようにしてください。

【公式ページのブックマーク】

予約に使うパソコンのブラウザに、今のうちにオンライン販売ページを登録しておきましょう。予約当日は回線が重たくなる可能性もありますので、すぐにアクセスが出来るようにしておきます。

ソフトバンクオンラインショップ 公式ページはこちら

【販売ルートの確保】

自分で使うならこの項目は関係ありませんが、白ロム転売するならばどこへ売るのかを予め考えておきましょう。白ロムショップでも高額で買い取ってらえると思いますが、初日に売りたいならヤフオクのほうがいいでしょう。ヤフオクの出品利用にはプレミアム登録が必要なので、こちらも予め登録しておきましょう。

Yahoo!プレミアム登録ページ


iPhone5S確保のための準備はだいたいこんなところでしょうか。auの場合はオンライン予約がすぐに締め切られる可能性がありますが、iPhone5時にはソフトバンクは常時受け付けを行っていました。

契約のためによく準備をして、iPhone5Sの予約開始日に備えておきましょう。
by ke-onblog | 2013-08-24 20:51 | 白ロム転売法 | Comments(0)
最近は何かにつけてiPhone5Sの話題ばかりですが、ここで懐かしのiPhone4Sの話でもしてみましょう。

iPhone4Sは去る2011年10月14日にソフトバンクとauで発売されました。auがiPhoneに参戦してまだ2年も経っていないというのは、なんだか驚き。


ソフトバンクの独占だったアイフォンが、auからもiPhone4Sを発売することになって、一気に国内のiPhoneユーザーが増えた印象ですが、問題は今2013年8月末、つまり、もうすぐ2年になるわけです。

【2年】といえば、携帯業界ならば誰もがイメージするのは契約の「2年縛り」・「2年分割支払い」のはず。

ちょうど2年という意味では10月・11月なのでもう少し先なんですが、4S→iPhone5Sで機種変更をしようと企んでいるユーザーはきっと多いですよね。

で、当然機種変更するならば、古い端末は要らなくなるわけで、だったら売ってしまうという人が非常に増えているようです。

そのため、スマホの買取業者のiPhone4Sの買取額が激減しているそうです。

こちらの携帯スマホ買取価格比較ガイドさんの「アイフォン買取比較結果 ソフトバンク iPhone4s 64GB 」を見ると、僅か1ヶ月の間に5000円以上も下取り額が下ったという報告が。。。

2年という期間はたしかに機種のバッテリー性能・スペック性能の進化から見ても買い替えに最適の時期です。ちょっと早めに白ロムとして売ってしまうというのは多くの人が考えるところかもしれませんね。

ちょうど今日の更新で買取最高額は3万円ほどになっていますが、これから9月・10月になればさらに下ってしまいそう。


もしiPhone5Sに変更を考えていて、iPhone4Sを近々売却しようと考えているならば、一刻も早く売ってしまったほうが賢明でしょう。



by ke-onblog | 2013-08-23 22:15 | 白ロムコラム | Comments(0)
来月上旬のイベントで発表予定のiPhone5Sですが、いろいろとリーク情報が出ていますね。それはもう、毎日のように。

秘密主義のAppleではありますが、iPhoneに関しては緘口令もあまり効いていないようで、去年のiPhone5時にも実際は発売前にスペック、バリエーションはほとんど情報が漏れていました。

今時分にこうやってリークが相次ぐのも、ただの噂レベルと切って捨てられない真実を含んでいるのでしょうね。

昨日は「iPhone5Sは新色ゴールド追加」という情報を扱いましたが、今日はストレージ容量に関するリーク情報を。

これまでiPhoneには、8GB, 16GB, 32GB, 64GBの4タイプのストレージ容量(データフォルダ容量)のものがあり、モデルが新しいほど大きな容量が追加されてきました。

そして、今回のiPhone5Sでは今までの最大容量の倍となる128GBモデルが追加されるのがほぼ確実だということです。すでにパッケージ箱の写真がネット上に流出しているそうで、そこに128Gの記載があるのだとか。

iPhoneは他のスマホのようにメモリーカードでストレージを追加できないので、大きな容量を欲しがる人も多いです。実際、iPhone5時には64GBもよく売れました(総合的には一番安い16GBが売れていたのかもしませんが)。

容量が大きいほど値段が100ドルずつ高くなるのですが、個人的な予想としてはiPhone5の64GBと同じくらいの価格でiPhone5Sの128GBが売られると予想しています。64GBが849ドル(昨年は円高だったので、これで7万円後半くらい)だったので、iPhone5S 128GBモデルは日本では8万円強くらいでしょう。


iPhone5Sの白ロム転売用として仕入れるなら、発売直後ならどのモデルでも売れるとは思いますが、128GBという選択もありですね。16GBモデルは安くてリスクは少ないですが、買いやすい価格なだけに在庫が出回るのが早そうなので、白ロム価格の下落も早いはずです。

複数台仕入れようと思っているなら、バラバラの容量を買うのもいいですね。

発売まであと一ヶ月を切っている(はず)ので、そろそろ戦略を練っておくとよいかもしれません。


by ke-onblog | 2013-08-23 11:07 | 白ロム転売法 | Comments(0)
公式発表もまもなくかと言われる、iphone5Sですが、今度は新色が追加されると言う噂も聞こえてきました。

iPhoneがカラフルになるのでは?という話は、確かiPhone5にもありました。結局去年は色はホワイトとブラックの2色だったんですけど。

iPodのようにビビットカラーの追加は、廉価版のiPhone5=iPhone5C?というモデルで行われると言う話もやはり結構前からありました。

そして、iPhone5には、「ゴールド」が新色として追加される見込みであると海外の情報サイトが掲載しているらしいですね。もちろん、真偽のほどは定かではないわけですが。


新色のゴールドは、金ピカなカラーではなく、もうちょっとおとなしい「シャンパンゴールド」のような色合いなんだとか。

それはそれでちょっと見てみたい気もしますが、もし白ロムとして転売を考えるならば、悪いことは言いません、黒か白にしておきましょう。

どんな色合いなのかはやはり実機が出てこないと判らないですが、通例から見れば、ゴールドを使いたいという需要はやはり少ないでしょう。

需要が少ない=売れ難い⇒白ロムの価格も安くなるのは避けられません。

今年のXperia Z SO-02E時にパープルという特殊な色が流行ったケースもあるので事前段階であまり言い過ぎるのは危険かもですが、それでもゴールドは持っていて目立ちますし、毎日使い、職場・学校・公共の場で人目に触れるアイテムとしてゴールドが万人に受けるとは到底思えません。

黒・白は当然発売されるでしょうから、もし白ロム転売用としてiPhone5Sを仕入れるつもりでいるならば、無難な色を注文することをおすすめします。

逆にニッチな需要に応えるためにゴールドを仕入れてみるのも戦略的には無しとは言いませんけども。


by ke-onblog | 2013-08-22 01:00 | 白ロムコラム | Comments(0)
今気付きましたが、8月19日より、ソフトバンクのプリペイド式の端末「プリモバイル」がオンラインショップ限定でセールをやっていますね。

今回は在庫一層セールとして、スマートフォン型プリペイドモデル「Libero 003Z」が値下げされています。

販売価格は、本体価格「3379円」+プリペイドチャージ額「5000円」の、合計8379円

旧機種とはいえ、本体3千円ってw 投売りにも程がありますね。

しかも、2週間以内にアンケートに答えれば1000円分のプリペイドチャージまで余分に貰えるので、このカードも転売してしまう、なんてことも可能でしょう。

MNP転売をやる人には御用達のプリモバイル回線、しかもスマホタイプなのでWi-Fiでならいつでもお金をかけずにネットができるのもいいですね。

販売は店頭ではやっていないので、こちらの「ソフトバンクオンラインショップ公式ページ」で注文できます。送料も代引き手数料も一切掛かりません。

iPhone5Sの発売も間近なので、しっかりと回線チェックをしておきましょう。iPhone5Sの予約も来月にはオンラインショップで始まるはず(早ければ9月7日午後4時くらいという予想です)なので、注文の仕方をチェックするのもいいでしょう。


by ke-onblog | 2013-08-20 20:27 | 白ロム転売法 | Comments(0)