白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:iPhone5S ( 158 ) タグの人気記事

iPhone6の登場に伴い、予想通り旧モデルのiPhone5sが値下げされましたね。

発表前にチェックした価格はiPhone5s 16GBでau 55,080円, ドコモは72,576円, SB 70,080円でした。

auとドコモは今日も価格はそのままですが、ソフトバンクが59,040円まで11,040円の値下げです。アメリカでも2年契約で99ドルに値下げされているので、ちょうど同じくらいですね。これでソフトバンクは2年以上の継続回線でスパボに入れば機種変更でも実質0円になりました。

☆「ソフトバンクオンラインショップ


iPhone5sについては、今後も在庫が続く限りは販売が継続されるそうです。追加製造しているのかどうかは知りませんが、iPhone6, iPhone6 Plusとはサイズ感が違うため、このまま作ってくれたほうが嬉しいですね。

この公式値下げを受けて、今日そして今週末はソフトバンクのiPhone5s投げ売りがさらに加速されることが予想されます。本体が安くなる・キャッシュバックの増額もありそうです。

値下げされるのは結構なことですが、転売目的で手に入れる、あるいはすでに入手している方はスグに手放すせるように動くべきです。新機種発表を受けて、旧機種のオークション相場・白ロムショップの買い取り査定は一気に厳しくなると予想されます。

白ロムショップだと来週には1割、2割といったレベルで買取価格が下がっても不思議ではありません。iPhone55!の査定は9月10日時点で発表前と同じ41000円になっていましたが、これもいつ崩れることかわかりません。中華系買い取り店でも今は4万円台前半が最高になっています。


すぐに売りたいなら今スグ、というのはそうなのですが、一方で市場の白ロム在庫が切れてくるまでキープするという戦略も無しではありません。いきなり先の主張を翻すようではありますが、白ロム価格は稀にあとから上昇することもあるからです。

iPhone5cだとスペック的に将来人気が出るとは思えませんが、5sならば半年~1年後くらいでもまだ需要があると予想され、その頃に完全未使用の状態の良い白ロムが少なくなっていれば価値は下手に相場の下がった時期より高く売れる可能性が残ります。

すぐに売るのか保存するのかはギャンブルです。査定を出して利益が確保できそうなら売ったほうが良いですが、トントンにしかならないような状況になってしまうようならキープする(あるいは自分用に使ってしまう)のもありでしょう。状況にあわせて臨機応変に活用したいところです。



by ke-onblog | 2014-09-10 19:05 | キャンペーン情報 | Comments(0)
iPhone5sがMNPならば有料コンテンツの契約無しで一括0円購入が可能になってきました。しかし、コンテンツは無しでもオプションの指定がある場合、初期費用も本体0円だからタダ同然なのか?と言われるとそうでもありません。

今回はauのMNP一括0円案件を例に、いわゆるキャリアオプション条件でいくらくらいのコストが掛かるのか試算してみましょう。

計算には千葉県にある下記ショップの案件を例を使ってみます。とても詳しく条件が書かれた良心的なお店で、管理人のお気に入りです(お店には1回しか行ったこと無いですけど)。

対象ショップ:「ケータイショップNo.1京成大久保店

このお店ではAndroidスマホではコンテンツ契約が割引き条件に必須ですが、iPhoneには必要ありません。

1回線だけのMNPの場合、iPhone5s 16GBが一括0円、32GBは6000円、64GBで12000円です。複数台なら1台に付き10000円CB増額です。

契約条件には新プランは必要ありませんが、フラットプランおよび各種有料の公式オプション契約が必須となります。各プラン・オプションの維持期間もハッキリと書かれており,今日からなら月をまたいで10月1日まで解約・変更しないこと、とされていますね。

さて、各オプションプランでは一定期間の無料体験期間・日割り条件があります。

ケータイアウトレットの指定オプションは11個あります。
・LTEフラット:6,156円=当月は日割
・安心ケータイサポート:月額411円=日割
・LTENET:月額324円=日割
・電話きほんパック:月額324円=最大3ヶ月間無料
・auビデオパス:月額607円=14日間無料
・auブックパス:月額607円=14日間無料
・auスマートパス:月額402円=30日間無料
・auうたパス:月額324円=14日間無料
・auアニメパス:月額432円=14日間無料
・au通話定額24:月額516円=最大2ヶ月間無料
・通話ワイド24:月額1,009円=日割

仮に今日9月6日に契約した場合、今月はあと24日間ありますので日割り分は8割負担になります。上記オプションの9月分の料金は以下のようになります(小数点は適当に四捨五入してますので、細かい数値は多少異なる可能性あり)。

4925円(パケフラ)+259円(LTE)+607円×2(ビデオ・ブックパス)+324円(うたパス)+432円(アニメパス)+806円(通話ワイド24)=合計7960円、加えてユニバーサル料金+事務手数料(MNP転入・転出)が掛かりますね。

電話きほんパック,スマートパス、au通話定額24については翌月すぐに解約すれば全く料金は発生しません。

毎月割は契約の翌月適用なので、10月の利用分から-1395円が割引されるはずです。フラットプランを残して他をすべて解約すれば7000円弱の請求額になるはずです。11月分から○○パス系の料金が無くなるのでもっと維持費は下がります。


以上のように、たとえiPhone5s本体を一括0円で購入できたとしても、最初の2ヶ月分で2万円近くのコストが掛かるのです。そしてこのまま回線を短期間解約すれば違約金が約1万円発生します。
それでもトータルで3万円程度しか掛かっておらず、iPhone5sを白ロムとして転売すれば4万円以上になりますから・・・まぁ、そういうことですね。

今回はiPhone5sを1台だけ、有料コンテンツ無しの極めてシンプルな系で計算しました。実際の転売購入をする場合にはもっと安くなるようにコンテンツ加入をしてみたり、スマートバリューや複数台購入によるキャッシュバック増額などを狙うわけです。

どうやってお得な案件、儲かる案件を見つけて良いのか判らない方はこうったシンプルな条件を提示しているショップで試算をしてみると良いです。各種割引きが絡んでくると複雑になるので初心者の方でなくても難しいものですからね。




by ke-onblog | 2014-09-06 16:37 | 白ロム転売法 | Comments(0)
連日のiPhone5s一括0円祭りが続いていますね。白ロムの価値が急下降しているので転売をするには難しいタイミングになっていますが、安いことには変わりありません。

ソフトバンクはコンテンツ無しでもMNPなら一括0円が当たり前になってきました。あとはプランの縛りや複数台でどこまでキャッシュバックが付いてくるかを比較しながら案件を選びたいところですね。

条件をつけまくればもっと大きなキャッシュバック案件もありますが、とりあえず条件緩めでわかりやすい案件をひとつピックアップ。

対象ショップ:「ドスパラ 大阪・なんば店

大阪のドスパラでソフトバンクへのMNP、2台同時契約で16GBが一括0円にキャッシュバック50000円。

有料コンテンツ・オプションの指定はありませんが、支払いはクレジットカード指定・データプランは5GB以上が必須です。

データプランを選ばない場合はキャッシュバックが30000円に減額。2万円の差ならデータプラン運用でキャッシュバックをもらってから変更するのが良いでしょうか(期間契約のあるプラン変更なら違約金は掛からないんでしたっけ)。

先月までならこの程度の緩い条件だとキャッシュバック1万円/1台が限界だったでしょう。そう考えるとやっぱりキャッシュバック相場は上がっていますし、転売のチャンスは広がっていると言えます。


逆視点で白ロムでの購入を考える場合も、そろそろiPhone5sが狙い目になってくる頃合い。白ロムショップでは4万円台の在庫も増えてきました。未使用で5万円前後。

iPhone6が出てからならもっと安くなりそうですね。iPhone5sの性能を考えれば4万円を切るのはしばらくは辛いと思われますが、9月中なら4万円半ばあたりは買いです。3万円台で買えるようになるのは来年に入ってからでしょう。




by ke-onblog | 2014-09-06 08:09 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ネット広告を見ていると9月に入ってから急激にiPhone5sの一括0円情報が増えており、「これはチャンスだ」と思っている方も多いと思いますが、セールの割安感から適当に契約してしまうと大変な目に遭うかも知れません。


自分自身でiPhoneを利用したいのならばいっこうに構わないのですが、本体を白ロムとして転売することを前提に入手する場合、iPhoneの売却額の調査も怠ってはいけません。近くに高額買い取り店がある場合、ネット買い取りを利用する場合、オークションで自分で売る場合もありますが、相場を理解していないとせっかくの転売行為も利益が出せずに終わってしまうこともありえます。

そして今、9月に突入してから毎日のようにiPhone5sの買取相場が下落していることを確認しておかなければなりません。

9月2日、「みるみる下がっていくiPhone5sの最高買い取り額 速攻で最も高く売るには?」という日記を書きました。その時点でiPhone5sのネット買い取り(iPhone55!)では16GBが最高45000円でした。しかし、昨日9月4日時点では42500円、さらに9月5日本日の査定は41000円まで下がっており、1000円減額/1日より早いペースで急落中なのです。

iPhone55の41000円の査定はこれでも全国どこからでも注文できるショップ買取としてはトップクラスだと思います。他店ではもう2万円台まで落ちているところすらありますね。

また、買取リストが更新されていないショップでも、実際に買取に出してみるとわずか1日や2日の差で何千円、下手すれば1万円以上の減額もあり得そう(申込時の価格保証をしているショップを利用するのもありです)。

ほんの1-2週間前まで5万円以上で売れたiPhone5s。先月よりも販売価格が1万円安くなっていたとしても、転売での利益は下がっているということですね。

iPhone5sは今後ますます値下がっていくことでしょう。iPhone5sの転売に挑戦する場合には、3日前の情報はすでに当てにならないと考えた方が良いです。特に入手後~売却までをできる限り短い期間で処理することが大切です。

とはいえ、焦りすぎて有料コンテツの契約条件やキャッシュバックの期日などの確認を忘れないようにして下さい。案件の比較をする場合は古い情報と比べるのではなく、最新の売却利益見込みとコストを算出して優れたものを選び出しましょう。



by ke-onblog | 2014-09-05 18:21 | 白ロムコラム | Comments(0)
今iPhone5sで白ロム転売をするならauかソフトバンク。ドコモ用も安くなってきてはいますが、白ロムの価値はSB,auより若干高いくらいなので、キャッシュバックの大きなキャリアを選んだ方がお得です。


実際にはプラン・コンテンツによる維持費を細かく精査しなければ行けないので単に「巨額キャッシュバック」だけに釣られてはいけませんが、ソフトバンクは先月に比べて明らかにキャッシュバックが増額されています。

1台でも一括0円ですが、3台ならキャッシュバックでも利益も期待できちゃいそう。

対象ショップ:「 携帯いかがですか松原団地

埼玉のドンキ内にあるケータイショップですね。9月5-7日の限定案件でソフトバンクへのMNPによるiPhone5sセール情報が出ています。

1台のMNPで一括0円キャッシュバック8000円。これだけでも結構な投げ売りですが、2台なら50000円(1台あたり25000円分)、3台同時で81000円の巨額キャッシュバックです(1台あたり27000円)。

契約条件には新プランが必須。5GB以上のプランに限定されますので維持費は決して安くありませんが、iPhone5sがここまで高額なキャッシュバック付きで一括0円購入が可能なのは今年の3月末ぶりではないでしょうか。

カラーが選べる場合はシルバーかゴールドを買いましょう。どの色でも同じ買取額のショップもありますが、グレーが減額されるショップも出てきています。今後iPhone5sの白ロム売却価格は暴落すると予想されます。転売目的の場合は迅速に行動しましょう。

本日のiPhone55!査定額は16GBで45000円。前日から変わっていません(先週比-2000円, 先々週比-8000円)



by ke-onblog | 2014-09-03 14:51 | キャンペーン情報 | Comments(0)
おそろしい程の早さでiPhoneの白ロム売却価格が下がっています。オークション、白ロム買い取り店ともにです。

ほんの3日前、このブログで「あぁ、iPhone5sの転売価格が5万円を切り始めた・・・ 今後さらなる下落...」というタイトルで日記を書いたわけですが、もう今週末あたりには4万円台も危うい状況になってきました。


1週間前なら都心部にひっそりと店舗を構える外国系携帯電話買取ショップ(イリーガルというわけではありません)なら5万円以上の値が付いたことでしょう。ネット通販型最強(だと私は思って価格チェックに使用中)の「iPhone55!」もほぼ同額で頑張っていました。

しかし、今日9月2日時点では、iPhone55のiPhone5s査定額は最高で45000円です。ここ1週間ほど、1日1000円くらいのペースで落ち続けていることになります。外国系ショップの査定も46000円が最高ですかね。

ヤフオクの落札額を見てもそうですね。もう即決で5万円をちょっと超えるかどうかってレベル(これなら送料や出品手数料を考えると、iPhone55の45kで手を打った方が手っ取り早いくらい)。出品した頃にはもうちょっと高い落札額が付くか?と思っても、1週間期間を設けていればその間に値下げしないと売れないくらいになっちゃいそう。

iPhone5sの転売を狙う場合は、最新価格相場に気をつけて下さい。ちょっとの情報遅延が儲けを左右しますね。


転売はとにかく、iPhone5sから6に乗り換えるためにそのうちiPhoneを売ろうかな?という計画のかたは、多少のブランクを覚悟してでも発売前に本体は手放した方がよさそう。その間に代替端末が無いのではどうしようもないですけど、中古のiPhone5s買い取り額も今後さらに厳しいものになっていくのは確実です。


現時点で「早く・高く・簡単」にiPhoneを売るなら先述の「iPhone55!」に速攻で申し込みましょう。全国買取が可能な宅配買取ではおそらくここが最高値です。データ更新が遅くて先週レベルの相場を継続しているショップがあれば、他店の方が高い可能性もありますけどね。

iPhone55とコリア系ショップの差額は1000円程度です。そういったリアル店舗にすぐに行ける(交通費1000円以内で)ならショップに行くのもアリ。未使用品ならほとんど審査なんてしてないんじゃない?というほどの査定スピードです^^;


ヤフオクで売る場合、プレミアム登録の会費が月額410円+落札手数料5.4%が最低でも掛かりますよね。5万で落札しても、3000円以上の費用が掛かります。現状は手間に見合わないレベルまできちゃってます。今後さらにショップ買取が下がってしまった場合にはオークションの出番(特に美品の中古でアクセサリーなどの特典もつけて好印象を与えられそうなケース)もあるでしょう。

ヤフオクに出すならあまり長い出品期間を設けない方が良いかもです。1日1000円、1週間で7000円くらい冗談抜きで相場が下がる可能性があるため、価格がちょっと高くなってしまうと終了日が近づく頃には入札がほとんど入らなくなってしまう危険性が考えられます。


今週に入ってauがiPhone5sの一括0円を出し始めているということですから(2台で一括0円、3台でキャッシュバック付きというのがありますね)、相場が崩れることは容易に予想されます。iPhone関連で動こうとしている方はくれぐれもご注意下さい。



by ke-onblog | 2014-09-02 18:13 | 白ロム転売法 | Comments(5)
iPhone6の発表日が9月9日に決定した影響か、一気にiPhone5sの白ロム査定額が下がり始めています。

2014年3月末頃、世の中がキャッシュバック・投げ売りで祭りだった頃には3-4万円程度まで査定が落ち込んだiPhone5sの16GBモデル。

その後キャッシュバック自粛の流れを受けて査定はアップし続け、先月でも50000円超の査定をだすショップがありました。特に知る人ぞ知る中華・韓国系のアレな買取ショップに行けば超高額での転売も可能でした。


しかし、今日8月30日時点でコリアン系でさえiPhone5sの査定が下がっているのですね。
16GBモデルはもう5万円に届くショップは無さそう。ちょっと調べた中では48000円が最高かな?

ネット買取を実施しているiPhone55!でも査定はやはり減額。ここはショップに行かずコリアン並の超高値で買い取るとして以前に紹介したことがありますね。

iPhone55の場合、ほんの数週間前には16GBは53000円での買い取り査定でしたが、こちらも今日は最高47000円まで減額です。中華系並の高額ではありますので、そういうショップに行けない方・交通費が1000円以上掛かる場合はまだiPhone55の方が有利でしょう。



9月に入ってもさらにiPhone5sの安売りキャンペーンは増える可能性はありますが、それに伴って白ロムの価格相場も大きく落ち込むことを織り込んでおかなければなりません。先週より5000円条件が良くなった!と喜んで入手しても、転売利益は5千円以上落ちてしまう可能性も無きにしも非ずということです。

自分で使うなら白ロム価格などどうでも良いですが、本体転売前提でiPhone5sの入手を計画する場合は買取相場の変動も良くチェックするようにしましょう。
by ke-onblog | 2014-08-30 18:43 | 白ロム転売法 | Comments(0)
AQUOS Xx 304SHは白ロムとしての価値が低いので使い道は考えなければなりませんが、セットのiPhone5s+キャッシュバックが美味しそうな案件が出ていますね。

iPhone5s, 5cのセット案件もさまざまなタイプが出ていますので単純比較が難しくなっています。どのレベルがもっとも白ロム転売にとって効率が良いのか判断は極めて困難ですが、iPhone6発表前とあって全体の相場は良い方向へ進んでいるようです。

今週末はドコモのiPhone5cがフィーバーしていますが、ドコモの5cよりソフトバンクの5sでしょう。

対象ショップ:「SMART IT 都島店

SMART ITは大阪に複数出店しているソフトバンクの代理店ですね。扱いがあるのはソフトバンク系列のみのようですが、セット販売の安売り案件が散見されます。

上記都島店では2台同時MNPでiPhone5s 16GB & 304SHで本体一括0円にキャッシュバックは現金で30000円になっています。

契約条件は広告には書かれていませんが、キャッシュバックが大きいのでオプション、新プラン、コンテンツもいるかなぁ~といったレベル。

304SHは最新モデル(来週305SHが出ますが、系統が少し違うので型落ちにはならない)ですが、かように一括0円にキャッシュバック付でばらまかれており、本体の価値は低いです。買取査定もオークション相場も今は低すぎるので、自分で使うのも宜しいかと思います。

ソフトバンクはAQUOS系スマホが303SH,304SH両方で安売りされています。このセットで安いiPhone5s向け案件を探すと見つけやすいでしょう。



by ke-onblog | 2014-08-24 11:55 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ソフトバンクとauのiPhone5sと5cがジリジリと値下がり(あるいはキャッシュバックの増額)が進行していますね。

今までならiPhone5cを2台で一括0円+ウン万円キャッシュバックという案件が多かったのですが、ここにiPhone5sを絡めた案件がたくさん出ています。

今日から土日にかけてはお盆セール最盛期のはず。世間がお休みの中で頑張るショップも出てきそうです。

明日以降も良さそうな案件が出る気配はありますが、金曜の時点でiPhone5s一括0円案件を一つ取り上げておきましょう。

対象ショップ:「モバワン赤羽店

最近モバワンの案件でおもしろいものが増えましたね。良い傾向です。モバワンは全国チェーンですかね?関東にやっぱり多いですが、愛知や大阪、九州にも「アプライド」という店舗に入っているところがあるようです。

上記の赤羽店でソフトバンクへの2台同時MNPでiPhone5s+5cを同時契約で本体一括0円にキャッシュバックは25000円になっていますね。

詳しい条件は不明ですが、このレベルならフルオプションにコンテンツも免れないかな・・・。

iPhone5sは今でも相当な高値で売れます。ネット系ショップのiPhone55!なら全国どこから申し込んでも都内のアジアン系ショップ並の高値で買い取ってくれます。今日の査定はiPhone5s 16GBで53000円!頑張りますねぇ。

iPhone5sの値下がりはまだこれから本格化してくるところだと思いますが、本体を転売する予定の場合は白ロム買い取り相場のチェックもお忘れ無く。本体が5000円安くなった頃に転売価格が1万円落ちるようでは上手く転売できたとは言い難いですからね。


転売に限らず、今月から来月にかけてiPhone5s, 5cの白ロム価格は間違いなく大きく動くでしょう。もちろん下に、です。こればかりは如何な人気を誇るiPhoneだろうと型落ちによる相場下落は避けられません。

価格の値下がりと売却利益の縮小を見極め、バランスの良いタイミングで動きたいものですね。ではいつが良いの?といわれると非常に難しいですが、やはりiPhone6登場直前・直後がピークでしょうか。
iPhone5sの公式価格の値下げが行われれば、その翌週が最大のチャンスになるでしょう。


by ke-onblog | 2014-08-15 13:01 | キャンペーン情報 | Comments(0)
いろんなことを考えるショップがありますねぇ。

先日、「iPhone5s 16Gの買取額5万円超!コリアン並みの超高額買い取りネットショップ現る」として紹介したiPhoneの買取に非常に強い白ロム買い取り店にて、iPhone6の発売に便乗したキャンペーンが開始されています。

☆「iPhone55(アイフォンゴーゴー)

このショップではiPhone以外の査定はそれほど他店と変わりありませんが、iPhone5sだけ見れば最強クラスです。

で、このiPhone55ではiPhone6の発売前日までに買取の申し込みを行う際、メッセージ欄に「早得希望」と書き込むことで8月31日までに申し込んだ場合査定が20%アップ、9月1日~iPhone6発売日前日の間は10%の査定アップが適用されるというキャンペーンを始めました。

これは面白い企画ですね。少なくとも他店で「買い取りの予約」なんてものは私は見たこと無いです。こんなことが出来るのは、発売時期がある程度予想でき、乗り換えユーザーが多数出るiPhoneくらいなものでしょう。

査定アップは良いんですが、このキャンペーンは新品・未使用品はダメでそうです。白ロム転売の見切り買い取り予約の防止ってところでしょうか。買い取りアップの対象も1人1回、1台限りの利用です。

あと、予約注文した端末の送付期限が10月31日必着となっているので、iPhone6を手に入れてから売却する予定で発送するのを忘れないように注意してください。

iPhoneシリーズ、特にiPhone5sならキャリアや下手な家電ショップで下取りキャンペーンに出すより確実に高く売れると思いますので、この時期に乗り換え予定の方は8月中に申し込んでみると良いでしょう。


by ke-onblog | 2014-08-13 08:54 | キャンペーン情報 | Comments(0)