白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:iPhoneSE ( 32 ) タグの人気記事

今年はサーバーの混雑もなく発売日入手は結構簡単だったと思ったのですが、その後の入荷状況がイマイチのようですね。

SIMフリーのiPhone SEの予約状況を見てみると、4月13日時点でほぼ全モデルが「2-3週間待ち」状態に変わっています。

☆「apple iPhone SE

予約開始日に納期状況の推移をチェックしていましたが、5-10分程度で64GBモデルの発売日在庫分は捌けたようでした。それからも数日間は4/2-5着、5-7営業日、その後4月4日時点で7-10営業日の配送予定になっていました。

予定通り配送されていたのなら、発売日以降の予約でもそろそろ届いているはずなのですが、、、


ドコモ版なら16GBモデルは在庫がそれなりに準備されているみたいなのですが(関連記事:docomo版iPhoneSE ローズゴールドも在庫あり!機種変なら最短2日で到着)、シルバーやグレーの入荷は少なく、64GBモデルはずっと在庫切れ表示が続いています。

アップルストアだけでなく、キャリア版の64GBモデルもほとんど入荷していないモデルがあるようですね。

オンラインで在庫状況が見られる家電量販店の様子を調べてみると、1週間前から商品のお渡し状況が全く進んでいない店舗もありました。カラー別だとローズゴールドの入荷が多いようですが、それでも24日の16時台予約者でも入手出来ていない状況です。


かといって、やっぱりiPhone5s/6の発売時のようなプレミアム化はしていないようですね。ヤフオクにもいくつかSIMフリーモデルの出品が見られますが、手数料を考慮するとほぼ利益が無いレベルです。

昨日は「エクスパンシスicon」にSIMフリーのiPhone SE A1723 16GBモデルローズゴールドが入荷していました。在庫不足が影響してか、予約開始直後よりも値上げされてしまいましたが、予約時に10ドル引きクーポンを発行していれば多少安く買えるかもしれません。

eBayで先日価格相場を調べた際にも、高騰はほとんど見られませんでした(過去記事:円高で割安で買える(かもしれない)eBayのSIMフリースマートフォン価格相場)が、在庫が多いのはやっぱり16GBみたいです。

64GBモデルに予約が集中しすぎているのか、それとも追加在庫が何らかの事情で生産・到着が遅れているのかわかりませんけれど、店頭でいつでも買えるようになるまでしばらく掛かりそうなので、iPhoneSEに買い換えたい人は早めに予約はしておいたほうが良いでしょう。

この春からキャリアの2年縛りの更新月が2か月分に延長されてはいますが、こうも入荷が遅いとMNP転入して買いたい人にとってはストレスが溜まりますね(´Д`;)


by ke-onblog | 2016-04-14 10:22 | スマホニュース | Comments(2)
私はあまりiPhoneの使い方について詳しくないので、訳の分からないことを言っているような気もしますが、、、

最近手に入れたソフトバンクのプリペイド用4G SIMカードで、SIMフリーのiPhoneをアクティベーション出来るかどうか試したいのです。

でも、すでに手持ちのiPhoneは初期設定済み。

iOS7以降では、「iPhoneを探す」機能をiCould経由で発動させ、「紛失モード」にしてやれば「アクティベーションロック」は掛かりますが、これは普通に6桁のパスコード(あるいは自分で設定したコード)で突破してしまいます。

☆「Apple - 「iPhone を探す」のアクティベーションロック

iPhoneを初めて使うときに必要な「アクティベーション」と、「アクティベーションロックの解除」は別物なのですよね?

iPhoneの初期設定時には普通、キャリアのSIMを使うものかと思います。SIMフリーのiPhoneであれば、対応するキャリアのSIMならドコモでもauでもソフトバンクのSIMでも、どれでも出来るはず。MVNOのSIMでも出来ます。

私が先日iPhone SEを初期設定したときには、fiimoのSIMを使って行った(はず)のですが、これが「プリスマ用305SHのnano SIM」でも出来るのかどうか試したかったのですが・・・

iPhone用では「アクティベーション専用SIM」というのが出回っています。これは普通キャリア毎に種類があり、端末に掛かっている「キャリアロック」に合わせたSIMを選ぶはずです。

AU iPhone5 専用 純正Nano simカード(0.68mm) アクティベーション〓アクティベートカードactivation

新品価格
¥194から
(2016/4/12 01:35時点)




OSのバージョンによっても動作したり、しなかったりするのかもしれません。

とりあえず、305SH用のプリペイドSIMで、SIMフリーのiPhone SEは通話・SMSは出来ますので、たぶん初期アクティベートも出来るとは思うのですけれども。。。

あぁ、なんとなく、今こうして記事を書きながら「アクティベーションロック」の意味が判ってきた気がします。

初期にSIMカードを挿して「アクティベーション」をするのは、やっぱり「最初だけ」ということですかね。それ以降の「アクティベーションロック」状態は、パスコードで解除するものですものね。そのコードがわからなくなると、白ロムショップでまれに「アクチロック状態のジャンク」として売られているアレらになるわけですか~

「iPhoneを探す」機能によってアクティベーションロックされた端末はデータだけ初期化しても、やっぱりロック解除には元のパスコードが必要になります(これは上記で書いたアップルのリンク先では「デバイスを再アクティベートして使用する」というケースですね)

バックアップは取ってあるので初期化してみてもいいのですが、どなたか「プリスマ用SIMでiPhoneのアクティベーションをやってみた」という方がいらっしゃれば、ぜひ教えて下さい(´∀`)


ちなみに「iPhoneを探す」をONにしておくと、当然ながらちゃんとSIMフリーのiPhoneでも現在地が表示されます(GPSによる位置捕捉なので、SIMは入っていなくてもOK)。「紛失モード」にするとロック画面の背景が黒一色になり、通常のロック画面とは違う仕様になってました。これもロック画面の画像から情報が流出することを防ぐ一環なのですよね、きっと。

iPhoneを万が一なくしてしまった時にはすぐに別の端末やパソコンからロック出来るように、これはiPhoneを購入したら必ず設定しておくべきですね。


by ke-onblog | 2016-04-12 01:59 | 白ロムコラム | Comments(2)
iPhone5sでは出来ない機能のひとつ、4Kビデオ(4K動画)の撮影をしてみました。

私は動画は見る専門でアップロードできるアカウントが無いので、撮影した動画はここでは紹介できませんが、たぶんYoutubeあたりで探せばもういくらでも見つかると思いますので、画質を確認したい方は適当に探してみてください(´∀`)


iPhoneSEで4K動画を撮影するには、まずカメラの設定を切り替える必要があります。デフォルトのままでは1080pのHD動画になるはずです。

設定方法は、設定の一覧から「写真とカメラ」→カメラメニューの「ビデオ撮影」→「4K/30fps」を選択するだけです。

iPhoneSEの4K動画撮影では1分あたり375MBほどの容量が必要だと書かれていますね。私が購入したのは16GBであり、先日京都に行った際に写真をとりまくった後だったので、空き容量が5GBくらいしかありませんでした^^;


で、充電100%の状態からとりあえずどこまで動画撮影が出来るのか試してみると・・・

14分14秒まで撮影したところで、ストレージ不足で自動的に動画撮影が終わってしまいました。

撮影後のストレージ状況を見ると、
d0262326_11391999.png

判っていたことではありますが、4Kビデオをまともに使いたいのなら16GBでは全然足りないですね。

14分で5GBくらいですから、1分当たりは約360MBとなります。ほぼ想定どおりの数値です。16GBモデルではシステム領域を除いたユーザーの利用可能容量は11GBちょいですから、すべてを4K動画撮影に充てても30分が限界です。64GBモデルなら4倍の2時間くらいですね。

14分間の動画撮影で消費したバッテリーは8%でした。これもかなりの消費ですね~。相当重いゲームアプリでも、ここまでは使わないでしょう。4K動画を撮ると1時間あたり30%以上のペースで減っていくことになります。

4K動画の撮影を出来るAndroidスマートフォンはすでに数多くありますが、しばしば問題になるのは発熱です。中には5分程度で過熱状態になり、自動的に撮影が終わってしまうスマホもあるほど。

その点、iPhoneSEは少なくとも15分くらいなら、システムが落ちるほど発熱はしませんでした。ただ、全く熱を持たないというわけでもありません。

撮影は本体をスマホスタンドに立掛けたまま行いましたが、撮影中に何度か触って確かめてみるとやはりカメラレンズ周りが徐々に暖かくなっていきました。

本体背面・側面・ディスプレイ周りなどはそれほどでもありませんが、撮影終了時頃にはレンズ付近はそれなりの熱を持っていました。表面温度を測れるアイテムなんて持っていないので具体的な温度はわかりませんが、、、そうですね、40℃前後くらいでしょうか。持っていて「熱い」と感じるようなことはありませんが、確実に体温は超えている温度です。

撮影後もカメラフォルダの表示・動画の再生にも、もたつきは全くありません。

15分も動画撮影が出来れば一般用途には十分かと思いますが、iPhone SEに4Kカメラ機能を期待して購入する場合は、必ず64GBモデルを選びましょう。


by ke-onblog | 2016-04-08 11:57 | 白ロムコラム | Comments(0)
為替相場がまたすごいことになってますね・・・FXをかじっている身としては、どこかでドル円を買いたくなってしまいますが、逆張りは大抵負けるのでやめておきます(´∀`)

現在の円相場が1ドル約108円。もう107円台も目の前です。

つい2ヶ月ほど前までは1ドル120円台にも届くタイミングがあったのに、あっという間に10%くらいドルに対する円の価値が変わってきているということになります。

輸出にとっては「円高」は良いことばかりではないのでしょうけれど、「輸入」にとっては円高が進めば進むほど基本的に有利になります。

先日発売されたiPhone SEなら、16GBモデルがアメリカでは399ドルでした。もしここで1ドル120円だったとしたら、手数料や税金はひとまず無視して、約47880円。これが1ドル108円なら43092円です。これが2月初頭→4月現在までの2ヶ月間の変動です。

国内のSIMフリー版iPhoneSEの場合は、アップルが定めた価格は1ドル120円どころか130円オーバーでの換算だったわけですが、円相場の影響はめったにアップルストアの価格には反映されないので、まぁ、このままでしょう(過去に値上げされたことならありますが)。

ですが、海外からSIMフリースマホをドル建てで買い付ける場合は、支払い時のレートがもろに効いてきます。

iPhoneSEは在庫があるようで、ないような状況になっているみたいですが、eBayではかなり活発に取引がされています。しかも、けっこう安い。

☆「eBay Unlocked Apple iPhone SE is Here

iPhone SEの特設ページが出てますねw

eBayはグローバル向けのオークションサイトなのでいろんなバージョンが入り混じっているため購入時には良く気をつけてモデルの確認が必要ですが、中には24時間で900台以上売っているセラーまでいますね~。

トップセラーの商品で、iPhone SE 64GBモデルが489.99ドル。今、4月7日23時の時点で表示されているeBay上の価格は 53,904円。約1ドル110円で計算されているようですね。

iPhone SE 16GBモデルだと395ドルくらいから。これもアメリカの定価よりちょっと安くなっています。eBayではもう全くプレミアム感は無いようです。

日本での64GBモデルの価格は64800円(税込み69984円)です。eBayで輸入する場合はShipping Cost, Import chargesも掛かります。そのあたりまで考えると64GBモデルで6万円を切るのはまだ難しいかもしれませんね。

しかしそれでも国内版よりは安いでしょう。出品者次第ではもっと安い在庫もあるかもしれませんし、今後の為替相場次第ではまだまだ下がる可能性もあるわけです。


他にも特設ページにはiPhoneSE(というより、iPhone5シリーズ)で使えるケースやアクセサリーなども豊富に出てます。日本には送れないみたいですが、以前ブログで紹介したことあるSBセレクションで投げ売りされていたバッテリー内蔵のMophieのケースなんかもありますね。

iPhoneSEはそれほど定価が高くないので、円相場の差額だけだとまだ微妙なラインですが、国内のアップルストアでは品薄が続いて2-3週間待ちもありえます。エクスパンシスの販売価格も上がっちゃいましたし、上級者向けではありますが、安く手に入れたいのならeBayでオークション品を狙ってみるのも良いでしょう。

iPhone SEの場合は5/5sと同じアクセサリ-が使えるという理由で国内通販サイトでも安いケースやフィルムは多めなので、どの程度安いのかを良く確認してから購入したほうが良さそうです。eBayに限りませんが、安価な商品はやっぱりそれ相応のクオリティーなことも多いので(笑)


もちろん為替相場の影響はスマホ関連商品だけでなく、あらゆる輸入商品に影響してきます。電化製品は比較的日本も安く買えるジャンルの商品が多いのですが、なかなか普通は買えない海外ブランド品・メーカー品を探してみるのも面白いかもしれませんね。

日銀がどこかで動くかもしれませんので、それまでが勝負です(数年前の7~80円台の時代を覚えていると、まだまだ100円を切るでは動かないかな?とも思いますけど)。


by ke-onblog | 2016-04-08 00:08 | ebay | Comments(2)
ご要望がありましたので、iPhoneでGPS機能とマップを利用したロガーアプリ「FieldAccess」というものをiPhone SE(iOS9.3)にて使ってみました。

GPS機能を使って現在地を確認したり、標高・移動距離・速度、移動したルートを記録するためのアプリで、登山などに使われるようです。

今回はiPhoneSEにこのアプリをインストールして、iPhoneSEのカメラテストを兼ねて、春の京都へ行ってきました。昨年も桜を見に行ったのですが、その時はちょっとタイミングが遅かったのでリベンジです。

写真については・・・天気がイマイチであまり綺麗に撮れていなかったので、またの機会に(苦笑) 5sとの撮り比べをしたのですが、やっぱり「12メガピクセルは伊達じゃない!iPhoneSEのカメラは5sよりも格段に綺麗」でレビューしたような違いは見られるものの、「どっちもスマホのカメラにしてはキレイ」以上のことは・・・


とりあえず、field accessの話しをしましょう。今回の旅行では、field accessをつけっぱなしにして京都の宇治市を観光する、という条件を想定していたのですが、途中でログの記録を一時停止してしまったみたいで、2時間ほど、データが途切れております^^;

京都駅から電車で宇治市に向かい、
d0262326_1655419.jpg

鵜飼いで有名な宇治橋を渡り、
d0262326_16574576.jpg

源氏物語ミュージアムに行ってみたり、
d0262326_1713715.jpg

宇治上神社に行ってみたり、
d0262326_1763556.jpg

平等院鳳凰堂に行ってみたり、
d0262326_1773331.jpg

植物公園にも行ってきました。

半日しか時間が無かったので、ダッシュで観光してきました。そのルートがfield accessを使うと、以下のように記録されます。
d0262326_165393.png

ちゃんとマップ上のルート記録もできていますし、マップもスムーズにズムームイン・アウトが可能です。アプリを開きっぱなしにしていたわけではないですが、GPSの方向もおよそ正確だったと思います。

field accessで記録した時間が2時間45分、ログを取り始めてからゴールの京都駅に戻るまでが約5時間なので、2時間15分くらい止まってしまっていたようです^^;マップを見ると宇治植物園に向かったところが全く記録されていないので、、、orz

まぁ、停止してしまったものはどうしようもないので諦めるとして、このアプリを使いながら写真を撮りまくって観光をすると、ものすごくバッテリーを消費しますね~

京都駅の出発時点で97%だったバッテリーが、約5時間で40%まで減りました。iPhoneSEは1週間前に買ったばかりですし、まだ電池の劣化はほとんどしていないはずです。1時間あたり10%以上減っていますね。

設定メニューからバッテリーをチェックすると、カメラとfield accessがほぼ同等の電池消費でした。
d0262326_17204815.png

この期間内に、iPhoneSEで写真を180枚ほど撮影しています。これはこれでむちゃくちゃな使い方ではあると思いますが、「iPhoneSE一台で旅行中に写真を撮りながらfield accessでログを撮り続けると、朝から晩までは100%のバッテリーでも保たないかも」という程度の消費でした。

アプリ自体はしっかりと動作するようですので、iPhoneSEで「field access」のアプリを使いたいという方は、たぶん心配しなくても大丈夫です。電池消費に関しては、バックグラウンドで動かしておくだけなら1時間で5%くらいの消費というところでしょう。iPhoneSE一台で登山用のログ・写真撮影をしたいなら、モバイルバッテリーを持っていくことをオススメします。

iPhoneSEではiPhone6sと同じくRAMが2GBに増えていますので、バックグラウンドでこうしたロガーアプリを動かしていても、通常操作には全く支障は感じませんでした。

今回使ったiPhoneは16GBモデルですが、このアプリ内の地図データを事前にキャッシュとして保存しておく場合、使用済みのデータ容量が多い場合(残量が少ない場合)は読み込みが遅くなる可能性があります。無料版ではキャッシュの上限は1GB固定になっていますが、もっと大容量の保存をしておきたい場合は64GBモデルを選んだ方が良いかもしれません。

16GBモデルと64GBモデルの価格差はキャリア版の場合5400円です(ドコモだけ1万3千円くらい)。後悔したくない方は64GBモデルの購入をオススメします。



by ke-onblog | 2016-04-07 17:39 | 白ロムコラム | Comments(0)
今日は新しいiPhone SEの処理性能を確かめようといろいろと実験をしています。

iPhone5sとiPhoneSEの2台を比べているのですが、なかなかうまく比較でき、違いがはっきりする方法って無いものですね(´∀`;)

ベンチマークでは、確かにはっきりと差がでました。

☆「[iPhoneSEレビュー]Antutuベンチスコアは12万超 iPhone5sと比較

AnTuTuで10万を超えるので、スコアだけの比較なら他のAndroidスマホでは全く歯がたたないほどに、最強です(Androidと同じ比較が出来ているのかどうかは知りませんけど)。上記の記事でも少し触れていますが、10万を超えるAndroid機種はGalaxy S7シリーズくらいの最新・最上位機種くらいです。5万円台のSIMフリー機種でここまでのスコアを叩き出す機種はないでしょう(Xiaomiのアレは規格外ですが^^;)。

私の測定結果では、それぞれ最新バージョンのAnTuTuでiPhoneSEで12万5千、iPhone5sで6万4千点でした。私が普段家で使っている304SHは4万6千、Nexus6は7万6千ほどでした。

Xperia Z5 SO-01Hで7万後半、Nexus6Pでは9万弱くらいですね。国内で通常販売されているハイエンド機種でも、10万の壁は超えられないはず。


304SHだとAntutuのムービーがちょっとカクつきます(苦笑) 304SHはスナドラ801,2.3GHzクアッドコアを搭載しています。個人的にはこれで十分(通信ジャンクなのでお家専用ですけど)だと思っているくらいです。iPhone SEの10分の1以下の価格でしたし。

304SHの4万台だと重いゲームはちょっと実感としてもたつきがあるかもですが、それを超えたある程度スペックが高い機種になると、違いが出るのはベンチマークアプリくらいです。よほど性能の低いCPUでも積んでいない限り、最近のスマホはどれも快適に動きますよねぇ。


試しに動作が重そうなアプリとして「ファントムオブキル」というゲームアプリを5sとSEの両方でプレイしてみました。

すると、2台を並べて全く同じ操作を続けていくと、戦闘画面への切り替わり・ステージの読み込みなどで、それぞれ一瞬ずつではありますが確実にiPhoneSEの方が速く動きます。

このゲームはターン制のシミュレーションバトルゲームですが、敵が2体居る状態で敵のターンへ同時に切り替えを行うと、敵ターンが完全に終わる頃(約20秒後)には1秒くらい差がつきます。

でも、iPhone5sの動作がカクつくというわけでもなく、あくまで2台を並べて操作すると差がわかるというだけ。普通にiPhone5sでもゲームを楽しめるレベルだと思います。

ゲームの動作で20秒で1秒くらいの差が、とてもシビアに影響するゲームならiPhoneSEに買い換えるのも意味があるかもしれません(CPU以外にもカメラ・バッテリーの持ちが性能アップしているので、それだけで比較するものでもないですけど)。

でも、それ以外にゲームが重くなるということはないですねえ。

iPhoneSEではRAMが2GBに増えていますので、どんどん処理が重くなっていくRPGゲームなどでは威力を発揮するようです。そこは確かに、5sとの違いはあるはず。

普段iPhoneでゲームなんてほとんどしないので、どれが重いゲームなのかもよく判らないですが、パズドラやモンスト、ディズニーツムツムあたりの軽いゲームなら、差を感じる場面はないでしょう。SNSやニュースアプリも同様です。ディスプレイは5sと全く同じなので、見やすさなどに違いは出ません。

そう考えてしまうと、普段からコストパフォーマンスばかりを気にしてしまう私のような人間では、iPhoneSEを買うお金があるのなら中古でiPhone5sを2~3台買った方が良くない?と思ってしまうくわけです。

SIMカードばかりが増えて、端末が足りていない人には特に(笑)

ジャンクではないiPhone5sの中古白ロムを「ノジマオンライン」でau,docomo,Softbankの3キャリア分を揃えたって6万円はしませんw

中古品だとバッテリーの持ちが悪くなっている可能性が高い(私の5sも、すでにほとんど使わなくても4日くらいしか持ちません^^;)ので、バッテリーだけは交換したほうがいいかもですけれど、それだって自分で交換すれば1~2千円程度、街の修理屋さんに持って行っても3-5千円くらいなものでしょう。5sのバッテリー交換はかなり安いので。

Apple 純正 日本仕様 iPhone 5S 5C 専用 純正バッテリー ※5では使用不可※ 電池パック (保護フィルム巻き)  完全工具セット バルク GENUINE ORIGINAL BATTERY

新品価格
¥1,480から
(2016/4/2 13:59時点)




iPhone5sとSEの処理性能について比較していくと、違い自体はベンチマークやゲームアプリを使うと、確実にパフォーマンスはSEの方が向上していると言って良さそうですが、そこだけが決めてとなって「iPhoneSEは買いだ」と判断するほどでもないかな、というのが購入3日目の感想です。

実用レベルでSEのメリットが感じられた他の点では、やっぱりカメラ性能とバッテリーの容量アップ・システム変更に伴う電池の長持ちくらいです。でも、この2つはスマホ選びでも重要なポイントでもあるはずなので、ここにお金を出す事ができるのなら5sよりもSEの方が高い満足度を得られると思います。

ワイモバイルを除けば今キャリア版のiPhone5sを新品で買うのは難しいでしょうし、キャリアの割引を使って実質1万円程度で買えると思えば、確かに驚異的なパフォーマンスではあります。SIMフリーモデルにしたって16GBモデルは6万弱、「アップルストアより安く買える!SIMフリーiPhoneSE A1723の輸入版価格 52,460円 」で紹介したように海外から買えばさらにもう少し安く買えます(先週末円高が進んだので、もしかしたらさらに買い易くなるかも(ΦωΦ)フフフ…)ので、「高性能かつ小型のiPhoneが欲しい」というのなら買いでしょう。

総じてiPhoneSEはいい機種だとは思います。でも、人を選ぶというか、用途を選ぶというか、、、大画面が良い人はiPhone7を待つべきだと思いますし、スペックが低くても安いほうが良いなら5sをオススメしたくなる、万人受けする機種では無いな~というところでした。

買いたい人は買っても不満は生じないと思います。4.7インチ・5.5インチの他に、新しい選択肢が出来たということ自体が、iPhoneSEの存在価値だと思いました。
d0262326_14232897.jpg

5sには無かったローズゴールド、可愛いですよ(´∀`)



by ke-onblog | 2016-04-02 14:24 | 白ロムコラム | Comments(4)
iPhoneSEのレビューをガシガシやろうと思っていたのに、もう気力が尽きてしまいました。

iPhone5sからアップグレードされたiPhoneSEのカメラはiPhone6sと同じ1200万画素にアップしています。

6sとの違いはレンズが出っ張っていないことくらいです。
d0262326_2031668.jpg

(さらに多くの外観写真はモバイルびよりの方にアップしてあります)

iPhone6で出っ張るようになったレンズはやや不評だったとようですので、ここはある意味では改善点ですね。

そして、そのカメラの性能をテストするべく、被写体として「メタリック ナノパズル」というおもちゃを買ってきたのです。

メタリックナノパズル 五重塔

新品価格
¥654から
(2016/3/31 20:05時点)


シリーズが沢山あるようですが、私は初挑戦でした。

ペラペラの金属シートが、立体的なフィギュアになるという面白アイテムです。
d0262326_20121346.jpg

サイズが小さいし、この作成過程をタイムプラスで撮影したら面白いかな~と思ったのです・・・

実際、タイムプラスの撮影は行ったのですが、このパズルは作成のコツを掴んでいないとなかなかうまく作れないのですね^^;

こちらがiPhoneSEで実物を撮影したものです。
d0262326_2085225.jpg

一応完成はしました。

この五重塔は完成状態で高さ10センチ程度。かなり近寄っての接写ですが、綺麗に撮れていると思います。でも、微妙にフィギュア自体が歪んでいるのです(´・ω・`)

立体的に折り曲げ、小さく出っ張った「ツメ」の部分を穴に差し込み、捻ったり・折ったりすることで固定するのですが、そのやり方がまずく、曲げたツメが邪魔になってパーツがピッタリとはまっていないのですよね( ゚∀゚)アハハ~

私はそんなに不器用なほうでもないと思っていたのですが、一応の形になるまで1時間以上掛かりましたし。

この玩具のおかげで、レビューをする気力を使い果たしました _| ̄|○ il||li

パズルを作るのに真剣になりすぎて、タイムプラスの画面外で作業している時間が多すぎになってしまいました(苦笑)

だいたいコツは解ったので別のナノパズルを買ってきて再挑戦しようと思います。

(もうカメラレビューとパズルのどちらの再挑戦なのか、自分でもワケが判りません)

メタリックナノパズル 1908年式フォード・モデルT

新品価格
¥1,027から
(2016/3/31 20:21時点)



by ke-onblog | 2016-03-31 20:26 | 白ロムコラム | Comments(8)
iPhoneSE、無事に発売日購入が出来ました。

そして、もうちょっと飽きてきました(´∀`)

やっぱりiPhoneってiOS次第なので、どれも基本的には同じですよね~。iPhone5sとSEでは、使い勝手も全く同じです。
d0262326_1412012.jpg

左がiPhoneSE 16GB(57,024円),右がiPhone5s 32GB(「ノジマオンライン」で中古購入16480円)。

CPUが違うので処理性能は大きくアップしているはずですが、初期設定を触るくらいでは大して差は感じません。

カメラは画素数がアップしているのでちょっと違う気がしますね。iPhone上で見ている限りでは大きな差は感じませんが、そのあたりはまた後ほど・・・

開封の儀は「Apple iPhoneSE(SIMフリー,ローズゴールド)撮って出し開封の儀 with iPhone5s」でやってます。ただ写真を並べてあるだけですけど^^;

もうMVNOでも動作確認が行われていますが、mineoのdプランで接続できることは確認しました。

dプランならテザリングも可能。aプランの場合は通話・データ通信・SMSは可能ですが、テザリングは不可となっています。

mineoの公式動作確認一覧も更新されていますね。仕事が早いです。

☆「mineo

SIMフリーモデルは本家・MVNOのdocomo,au回線でVoLTE通話も当たり前ですが可能です。

初期設定と指紋認証設定・新規Apple ID設定まで行いましたが、問題なく動いていますね。特別何か不具合がある感じはしないので、購入の人柱待ちだった人も特に心配する必要は無さそうです。

次のレビューは夜更新予定です。写真撮影用素材なども買ってきたので、たっぷりと新旧4インチiPhoneのカメラ機能を比較していきます。

by ke-onblog | 2016-03-31 14:26 | 白ロムコラム | Comments(0)
もう並んでいる方がいらっしゃる?!(´∀`;) 

2016年3月31日、iPhoneSE、発売です。

国内ではドコモ・au・ソフトバンク・Apple Store、各店で朝8時より販売開始予定です(開店時間は店舗により異なる)。アップルストア店頭での予約は無かったはずなのですが、在庫が過剰にあれば店頭で売る可能性もあるのかな・・・ウェブ上ではすでに7-10営業日待ちになっているので、端末ではなく9.7インチ版iPad Pro用のケースやアクセサリーを狙っている人でしょうか。

私はオンラインで予約をして自宅配送にしました。昨晩8時頃に発送メールが来ており、今日中に手に入る予定です。ゲットし次第、レビューをやってみたいと思います(写真の整理がしやすいので、モバイルびよりの方にアップします)。

といっても、iPhoneSEって特に目新しい機能があるわけでもないので、ドコをレビューしていいのかイマイチわかからないですね(苦笑)

処理性能はiPhone6s相当、見た目やデザインはほぼiPhone5sそのままですし、ケースの互換性もほぼ5sと同じであるの分かり切っているので・・・

操作性はiOS9.3に更新したiPhoneシリーズと同じでしょうし、ネットワークに関してもVoLTE対応のSIMフリーiPhone6と挙動はほぼ同じはず(CAに非対応なので、6sとは異なる)。

重めのアプリを入れて動作テスト、カメラ性能テストあたりは基本的なところでやるつもりです。(試して欲しいアプリなどがあればコメントください^^)

iPhoneSEは新しさには欠けますが、一方で「こういうのを待ってた」という人も多そうな一台です。各キャリア機種変更向けに値引き優遇を初っ端から設定しそうなので、店頭での実売価格も気になりますね。

実質0円禁止がどこまで影響するのかを見るバロメーターにもなりそうなので、色んな意味で楽しみです。


by ke-onblog | 2016-03-31 06:49 | スマホニュース | Comments(2)
iPhoneSEが届いたらauネットワークとdocomoネットワークの両方で使えるのが楽しみです。私はSIMフリー端末は何台か持っているのですが、iPhoneは初めてです(開封するのは)。

SIMフリーモデルのiPhoneSEの挙動は、おそらくSIMフリーのiPhone6シリーズとほぼ同じですよね。対応バンドは全く同一ではありませんが、nanoSIMサイズの各種SIMで利用が出来るのでしょう。

そうなると、キャリアの本家回線を使えば十全に接続できるのでしょうけれど、au系の格安SIMを使うと「通話・データ通信は可、テザリング不可」、ドコモ系なら「通話(VoLTEも可)・データ通信・テザリング可」となりそうです。このあたりは私でも31日に実機が届けば確認は出来そうですが、下手なことは書けないので発売後に公式の動作報告をお待ち下さい。

au系の格安SIMでは最新のiOS9.3にアップデートしてしまうと、auのiPhone5シリーズはデータ通信が出来なくなる(不安定になる)とか。今回SEと比較しようと思っているauのiPhone5sはiOS7で止めてあるのですけど・・・比較するにはやっぱりアップデートしないとダメでしょうか?(´∀`;) 

もう一台iPhone5sを買うか、将来のプロファイル更新を期待してアップデートしてしまうか悩ましいです。ゲオジャンクで5000円くらいで売ってないかな・・・


iPhone SEはVoLTEに対応するのが5sからの大きな進化ですね。auの本家SIMを使う場合は下記公式サイトにあるのような設定をすればVoLTEが使えるはずです。
SIMフリーiPhoneでauをご利用のお客さまはネットワーク設定オプション(無料)のお申し込みが必要です。au IDでオプションサービス追加・変更画面にログインいただき、「ネットワーク設定オプション」を追加してください。

☆「au iPhone VoLTE

auモデルを買う場合は最初から使える設定になっていますが、SIMフリーモデルの場合は初期設定が要るのですね。

ドコモの場合は「VoLTE SIM」などの特殊な仕様のSIMは必要ないので、LTE用のnano SIMなら使えるのでしょう。SBは・・・複雑すぎ&興味が無いのでよく判りません。5s以降のiPhone SIMなら使えるのだったかな?という程度の認識しかありません^^;

ワイモバイルのSIMでも多分利用できます。公式サイトにはiPhone5s/6のiOS9までしか動作確認が更新されていませんが、音声・データ通信・SMSが可能と書かれていますね。ワイモバのSIMのみの契約では以下のバンドが使えます。
サービスエリアについて
[4G] 2.5GHz、2.1GHz、1.7GHz、900MHz
[3G] 2.1GHz、1.5GHz、900MHz

☆「Y!mobile

キャリアのSIMを用意すればおそらく問題ありませんが、通話・データ通信・VoLTE・SMSを格安SIMで安定して使いたいのならドコモ系ネットワークのサービスを選んでおくべきでしょう。

au系の格安SIMでは、普通のLTE用でもVoLTE用でも使える(SIMフリーモデルのiPhoneに限ります)はずですが、SIMを差し替えて色んな端末で使いたい場合は良く考えて選んだほうが良いですね。


by ke-onblog | 2016-03-27 10:49 | 白ロムコラム | Comments(0)