白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

新規で買うならありかもしれません。

2018年9月21日~9月23日の3日間限定で、SBの準公式代理店とも言えるYahoo携帯において、公式オンラインでは販売が終わったはずのiPhone XやiPhone 8シリーズの値引き販売を実施しています。
d0262326_21105633.png
SBでは今日21日からiPhone Xが2万円ほど値下げされており、さらにそこから3万円引きが適用されるようです。

販売されているモデルと価格は、

・iPhone X 64GB スペグレ 10,9440円 → 一括79,440円
・iPhone 8 64GB(各色) 86,400円 → 一括35,760円

です。

購入条件は以下のように指定されています。
・対象機種を新スーパーボーナス(一括払い、または分割払いのいずれか)で購入すること。
・従量プラン+専用2年契約※1+データ定額50GBプラスまたはデータ定額ミニモンスターに加入すること。
・オンラインでの購入であること(店頭、電話での購入は対象外)。 本ページの購入ボタンからの購入であること(本ページ以外の場所からのオンライン購入は対象外)。
※2 月月割、ガラケ→スマホ割対象回線は本特典対象外です。
ヤフー携帯ではSBのアウトレット品を扱うこともありますが、こちらは普通の新品販売のようです。

iPhone Xの場合は30000円引き、iPhone 8で50,640円引きですので、iPhone 8の割引は結構オイシイです。公式サイトでやるとXSとの比較でいろいろとアレでしょうから、一応代理店扱いであるヤフー携帯に在庫を投げたのでしょうか(笑)

ヤフー携帯のIDクーポンが使えるならさらに8,000円キャッシュバック・11,000Tポイント還元も貰えます。

iPhone Xに関してはMNPなら「スマホ乗り換え.com」でも4.5万円キャッシュバック(初月ギガモン+が条件、問い合わせキャンペーンIDは「0926」)がありますので、1.5万円差がありますから維持費を考えてもヤフー携帯より有利。

ヤフー携帯の良いところは新規でも同額の値引きであること、最初からミニモンスターでも同じ価格であることの2点ですね。

iPhone 8,iPhone Xの新規契約としては他のネット型代理店より有利っぽいので、チェックしてみるのも良いかもしれません。

なお、このキャンペーンでは9月6日から始まった新プランでの契約が必須です。機種変更は対象外なので旧プランや月月割を使うことは出来ません(2年契約無しでの契約は不可)。

タイムセールは21時~翌日9時までの夜間から朝まで開催しています。



# by ke-onblog | 2018-09-21 21:29 | キャンペーン情報 | Comments(0)
iPhone XS/XS Maxの発売日を迎えました。

今年もアップルストアには行列ができて、日本とは思えないグローバルな雰囲気になっていたそうですね。

私は今年は数年ぶりに新型iPhoneをスキップし、今回はApple Watchに手を出してみました。
d0262326_10582230.jpg
Apple Watchは昨年のシリーズ3のときに買ってみようとは思ったものの、予約が遅れて発売日入手に間に合わなかったために見送りましたけれども、今年はちゃんと買えました(∩´∀`)∩

それはさておき・・・

本日21日付けで、ドコモとソフトバンクが型落ちしたiPhone X(64GB/256GB)の値下げを発表しています。こちらのほうが私的に優先順が高いので、Apple Watch Series4のレビューはまた気が向いたらやります。

d0262326_11030605.png
NTTドコモは21日から、iPhone X 64GB/256GBの新規・機種変・MNPすべての契約種別で月サポを増額することで実質1万円ほどの値下げを行いました。


64GBの場合は2376円→2808円、256GBの場合は2403円→2835円に月サポが増えました

ソフトバンクの場合は2018年9月6日から月月割が実質廃止されているため、割引の増額ではなく本体価格の値下げがされました。

64GB:2,730円×48ヵ月(131,040円)→ 2,280円×48ヵ月(109,440円)
256GB: 3,110円×48ヵ月(149,280円)→2,660円×48ヵ月(127,680円)

64GB,256GBともに21,600円の値下げ

SBのほうが値下げ幅は大きいですが、ドコモの場合は「オンライン限定特典」を使うとあと5,184円安くなります。

アップルストアではすでにiPhone Xの販売が終了しているように、キャリアへのX提供もすでに打ちきられていると見られますが、このタイミングでの値下げはiPhone XS/XS Maxの登場に伴う在庫処分以外の何物でもないでしょう。

SBのネット代理店「スマホ乗り換え.com」ではXのMNP契約で4.5万円キャッシュバックを先週から継続してやっていますので、値引き分と併せて昨日までの通常価格から6.6万円引きです(下取り別。2台で5000円、3台で10,000円CB上乗せ。問い合わせ用キャンペーンIDは「0926」)。

iPhone Xの値下げによってiPhone XSとの価格差がやや広がりましたが・・・市場はどういう反応をするのかよく判りません。私は安ければXで十分だと思いますが、XSの新色ゴールドや512GBモデル、多少向上したカメラなどに魅力を感じる層がどれくらい居るのか。

iPhone XSとiPhone Xの価格が近ければ当然XSを買う人の方が多いと思いますが、思ったよりも進化が少なかったiPhone XSの売れ行きがイマイチだったときには、売上を確保するためにもXの在庫処分でXRの発売まで繋ぎたいと考えても不思議ではありません。8/8Plusも在庫が少なくなってきているみたいですし。

iPhone Xの在庫は長くは続かない可能性が高く、これまでのiPhone在庫処分のように年末・年度末までセールが続く・値下げ競争が過熱するということはやや考えづらいので、購入するうタイミングが難しそうです。

iPhone XSを買うつもりでMNPのスケジュールを立てていたのなら、Xの在庫があるうちに買っておくのも良いかもしれませんし、まだ待てるならXSの値下げやXRを待つ戦略も無くは無さそうですし・・・難しいですね。



# by ke-onblog | 2018-09-21 11:24 | 白ロム転売法 | Comments(0)
明日21日発売のiPhone XS, iPhone XS Maxの買取査定をいくつかの専門店が出し始めました。
d0262326_06012726.png
2018年モデルのiPhoneは、10月26日発売の廉価モデルiPhone XRを除き、いずれも10万円超えの高額スマホとなりました。予約が始まった14日時点の在庫の動きを見る限りでは例年よりも入手は容易そうに感じられましたが、それでもそこはiPhone、発売日からすべてのモデルで在庫がどこにでも溢れかえるというほどにはならず、予約開始直後に手続きをしていなければ明日21日の入手が難しいこともあるようです。

そして、公式での発売日ゲットが出来なかった人なのか海外需要なのかは知りませんけれど、多少のプレミアム価格がついてでも購入しようという人向けに在庫を確保したいのか、各種専門店がiPhone XS, XS Maxの買取準備を始めているようです。

具体的にどこのお店でいくら、とは書きませんが・・・現時点でウェブサイトで公開されているいくつかのショップの査定を見る限り、若干の定価割れでのスタートのようです。

まぁ、予想の範疇ですね。これから買取申込の状況に応じて価格は随時変動するはずですが、いきなり超高値での買取価格を提示するショップはさすがに少なそうです。

iPhone XS/XS MaxのSIMフリーモデルの定価は税込みだと

・XS 64GB 121824円
・XS 256GB 140184円
・XS 512GB 165024円
・XS Max 64GB 134784円
・XS Max 256GB 153144円
・XS Max 512GB 177984円

こうですね。

で、現在出ている査定はそれぞれ定価に比べて3,000円~7,000円くらい低い査定を出しているショップがちらほら出てきています。まだ空欄のままのショップもあります。私のよくチェックしているショップでは定価を超えている査定を出している店舗は見つかりませんでした。

最上位モデルのiPhone XS Maxだと17万円近くの買取額になるのですが、それでも定価以下・・・恐ろしい次元です。

イオシスの査定が出ました(21日17時)。


キャリアモデルではSB>au>docomoとして価格に差を出しているショップが多いようですね。これは最近の傾向の通り。

色による査定の差は今のところなさそうです。色による査定差は発売開始後、各店の買取状況に応じて調整してくるのが一般的でしょう。

今回、各キャリアモデルの定価はアップルのSIMフリーモデルよりも高いという驚きの価格設定がされていますけれど、キャリアモデルのほうがSIMフリーモデルより高い査定になるなんてことはもちろんありません。

ヤフオクを見るとすでにいくつかの売買が成立しているようですが・・・値がつかずに終わっている・定価割れしているものから、いたずら入札っぽいものもこの時期は多いので、相場の参考にはならないかもしれません。

発売前の状態での査定表示は各ショップともに手探り状態でしょうから、まだ高騰化を全くしないと断定出来るレベルでは無いながら、予約・出荷状況を見る限り超品薄で長期間入手不可能な時期が続くということも考えづらい状況ですので、ギリギリまで状況を見ながら臨機応変にいくのが宜しいかと思います。


# by ke-onblog | 2018-09-20 13:59 | キャンペーン情報 | Comments(8)