白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2018年1月 ハイエンドスマホ スナドラ835搭載機(MSM8998)の白ロム価格相場

2018年が始まり、まもなく携帯市場は本格的な学割&年度末セールシーズンに突入します。

例年この時期は比較的新しいスマホ機種の値下げ・割引方式の変更が行なわれやすく、価格が下げられた端末の白ロム価格が急落することも少なくありません。

これから狙い目になる(主に白ロムを買う側)のは、2017年のスマホ業界を牽引したといっても過言ではない、SoCにSnapdragon835(MSM8998)を採用した各社のハイエンド端末群です。

関連記事:2017年夏ハイエンドスマホ用SoC Snapdragon835搭載機種を比較


大雑把な機種の紹介は上記の記事にまとめてありますが、それぞれ各社の最先端機能が盛り込まれていますので1~2年前くらいのスマホからの買い替えでも、大幅な性能・機能性の向上を体験出来るでしょう。

スマホのサイズも4.6インチから6インチオーバーの大画面モデルまで、好みに合わせて色々選べるのもいいですね。
d0262326_19534598.jpg
海外モデルを含めると20種近くのスナドラ835搭載機があるわけですが、各機種発売時点の価格はやっぱり高めです。

私も現在メイン端末のひとつとして使っているGalaxy Note8はAndroidスマホとしては過去最高額レベルの12万円でしたし、同じく上記で写真に写っているXperia XZ1 Compactも、旧モデルX Compact SO-02Jに比べて市場価格はまだ高め。

しかし、どんなハイエンドモデルでも時間が経てば安くなります。その値下げのきっかけになりやすいのが、ドコモの一括値引き・端末購入サポートです。

昨年の例では1~3月の期間に、

・Galaxy S7 edge SC-02H
・Xperia XZ SO-01J
・Xperia X Compact SO-02J
・arrows NX F-01J
・AQUOS ZETA SH-04H
・AQUOS EVER SH-02J


などが端末購入サポートで投げ売られました。

同じスパンで考えれば、2017年夏モデル~冬モデルすらこの春に端末購入サポート入りする可能性があります。実際、2017年9月に発売されたばかりのiPhone8/8Plusは新規・MNPで購入サポ入りしてしまいましたし。

というわけで、今後の値下がりが期待できる(期待したい)、ドコモ版のスナドラ835搭載機の2018年1月時点における価格相場をチェックしておき、年度末セールが始まる前のデータを残しておくとしましょう。

・Galaxy S8 SC-02J(31k)・・・63~65k
・Galaxy S8+ SC-03J(59k)・・・66~70k
・Galaxy Note 8 SC-01K(76k)・・・90~94k

・Xperia XZ1 SO-01K(31k)・・・80~90k
・Xperia XZ1 Compact SO-02K(26k)・・・80~83k
・Xperia XZ Premium SO-04J(39k)・・・79~82k

・AQUOS R SH-03J(26k)・・・70~80k


*価格相場はSIMロック解除済み・制限○の未使用品の場合。括弧内の数字はドコモ公式の機種変用価格。

この他、スナドラ搭載機のドコモ向けではLG V30+ L-01K(およびJOJO L-02K)が2018年に発売予定があります。

上記の中でSO-01K, SH-03Jは取引数が少なく、価格にバラツキ(チェックした売買時期に幅)があるので注意してください。

いずれもハイエンドなので格安スマホに比べればどうしたって破格で入手することは難しいですが(特に上記はほとんどがSIMロック解除後の売買をチェックしているので)、海外メーカーのハイエンド端末であるZenFone4 ProやMate 10 Proといったモデルと比べるなら、むしろ割安と言えるかもしれません。

現時点でお買い得なモデルは、Galaxy S8/S8+でしょうか。Note8の登場でちょっと影が薄くなった感じがあります(苦笑) MNP用に発売時から強い優遇があったので、流通数も多めなので相場は安くなりやすい環境にあります。

Xperia XZ1 Compact SO-02Kは、今後の値動きが一番怖いモデルです。今はドコモ限定モデル・スナドラ835搭載機で(おそらく)最小スマホということで、高い白ロム需要が続いています。月サポ補充目的で機変するなら、まだSO-02Kが有利です。

☆「Xperia XZ1C SO-02K

こうしてみると、Xperia3兄弟はほとんど価格相場が変わらないのですね。実質価格は大画面のSO-04Jが一番高いのですが、発売時期的には半年早かったので、新鮮味という意味で高くはなりにくいようです。

今後、決定的な値下がりのためには「機種変更向けの端末購入サポート」が必要でしょう。上記の機種ですでに端末購入サポート入りしているのは、SO-04J・SH-03J・SC-02J・SC-04JならばMNP用に一括値引きが使えます。

☆「ドコモ 端末購入サポート

機種変用で早めに端末購入サポート適用になりそうなのはGalaxy S8/S8+ですが、この2種はすでに在庫が少ないので(確かもう生産も終わっている色があったはず)、もし購入サポ入りしたらすぐに買っておいたほうが良いかもしれません。

SO-02Kはスナドラ835搭載機の中では定価が安く、機種変更用に優遇されやすいモデルなので要注意です。

あるいは、SIMロック解除をしてからリリースをする前提ならば、端末購入サポート入りしてからでは遅いので、機種変しておきたい回線があるのなら年度末の値引き合戦が始まる前に動いてしまうのも一つの手でしょう。これは運用方針の違いによって選ぶべき端末・買い換えるべき時期が違うので、どちらが良いかは各自の判断次第。

すでに今年は各社の学割が発表済みであり、受付も始まっていますが、ドコモの次のキャンペーン・値引きの入れ替わりは1月10日前後になる可能性が高いです(話題の新スマホ購入キャンペーン・エンジョイ15GBキャンペーンの区切り)。その次は2月1日ですね(家族まとめて割ペアリング期間の区切り)。

随時新しい情報があればまたお伝えしたいと思いますけれど、先月末のiPhone 8/8 Plusの購入サポのように意外なタイミング・少数の機種を次々に割引変更していく戦略をドコモが採る可能性もあります。今は高値で売買されるスナドラ835でも、リリース前提で買う場合は急激な価格相場変動に注意しながら購入してみると良いと思います。


by ke-onblog | 2018-01-03 21:22 | 白ロムコラム | Comments(2)
Commented by ふじわら at 2018-01-04 00:31 x
さっさと購入サポは、iphone8はやっぱり売れてないのかなー?て思いますねぇ。
私は、2画面携帯が気になりますね。人気がでれば、すぐに動いて高値で売り抜けれないですかねー。
XPERIAは新機種が発表されると買い控えするんじゃないかと悩みますねー。実際、私も買い替えるか、待つべきか悩んでます
Commented by ke-onblog at 2018-01-04 07:45
> ふじわらさん

iPhone SEの発売から2年が経ち、iPhone Xのコンパクトモデルがこの春に投入されるのなら、早めに8シリーズの在庫を・・・なんて展開も期待したいですね~。

M-01Kはたぶん国内ではドコモだけが扱うので(開発にドコモが関わっているのならSIMフリー版も国内では売らせないでしょう)、直後は需要があるかもです。

現行のXperiaは安定した進化はしているので十分オススメ出来るレベルですが、デュアルカメラやベゼルレスなど最近の流行りに乗り遅れているため、新しさをスマホに求めるのならさらに次世代機を待ったほうが良いかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。