白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

1/12まで ソニーαIIカメラ,レンズ購入で現金最大3万円キャッシュバック

キャンペーンが終了間近だったのでつい・・・
d0262326_07383504.jpg
昨年末、「2017年に買ってみたかったガジェット」として紹介した、α7SII(ILCE-7SM2)を買っちゃいました。

この機種を含むソニーのデジカメ向けのキャッシュバックキャンペーンが、ソニーストアで2018年1月12日まで実施されています。

カメラ本体の購入で最大30,000円、交換レンズの購入で1万円のCBがあり、同一製品でなければ複数製品でも申請が可能なので、αシリーズ・αシリーズ用レンズを購入したい人は1月12日までの購入(購入日が12日まで、キャンペーン応募は2月13日まで)がオススメです。

キャンペーンの対象商品と還元額は以下の通り。

・α7RIIボディ(ILCE-7RM2)30,000円CB
・α7SIIボディ(ILCE-7SM2)30,000円CB
・α7IIボディ(ILCE-7M2)20,000円CB
・α7IIレンズキット(ILCE-7RM2)20,000円CB


最新機種のαRIII、初代の7シリーズは対象外です。

フルサイズ用レンズはすべて1万円還元です。

・Gマスター 標準ズーム FE 24-70mm F2.8 GM [SEL2470GM]
・Gレンズ 望遠ズーム FE 70-200mm F4 G OSS [SEL70200G]
・Gレンズ 望遠ズーム FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS [SEL70300G]
・Gレンズ 単焦点マクロ FE 90mm F2.8 Macro G OSS [SEL90M28G]
・ツァイス 広角ズーム Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS [SEL1635Z]
・ツァイス 標準ズーム Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS [SEL2470Z]
・ツァイス 単焦点 Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA [SEL55F18Z]


☆「ソニーストア デジタル一眼カメラ“α”Eマウント

キャッシュバックキャンペーンはソニーストアでの購入および一般量販店等で買った場合も対象となりますが、中古品や輸入品の場合、購入保証書(その他正規ストア領収書)に記入が無い場合は対象外になるので気をつけて下さい。オークションやフリマサイトで、外箱のバーコードが切り取られて出品されているのは、この手のキャンペーンのためです(´∀`;)

ソニーの公式ストアで買うと通常の3年保証(ベーシック)→水濡れや故障まで保証対象になる3年・5年のワイド保証をつけたりすることも出来ます。

また、2018年1月15日まで限定で、レンズ長期保証の優待・メンテナンス費用最大半額・下取り増額などの優遇が受けられる「αあんしんプログラム」の入会費が通常3,000円→無料になります(入会は任意)。
d0262326_07594883.jpg
キャッシュバックキャンペーン対象となるボディで最も安い α7 IIでも価格は164,880円(税別)~となっていますので、長く安心して使いたい人はあんしんプログラム、ワイド保証を検討したほう良いでしょう。

また、ソニーストアを初めて使う場合は無料の会員登録時に10%のクーポンが出るはずなので、これもカメラ購入に使えたはずです。

☆「ソニーストア クーポン・お買い物券対象商品icon


このクーポンとキャッシュバックを併用することで実質20%引き前後になると思います。

なお、ソニーストアは1月9日まで実施中のdポイント30倍キャンペーンの対象にもなっていますが、dケータイ払いプラスはαカメラ購入には使えません(ストア上限の10万円を超えているので)。10万円以下のケースやカメラアクセサリーの購入ならばdケータイ払いプラスが選べると思いますので、支払い方法による還元を狙う場合は使い分けが必要です。

最近のスマホカメラの性能向上は著しいですが、利用シーンによっては絶対にハイエンドカメラには太刀打ちできない領域があります。

例えば、私が買ったα7SIIとiPhone Xで、非常に暗い環境で比較テストをしてみました。撮影しているのは高さ2~3センチの東京駅のおもちゃ(当サイトではお馴染みのメタリックナノパズル)です。
d0262326_08271539.jpg
どちらがiPhoneかを言うまでも無いかと思いますが、上がソニーのカメラ、下がiPhone Xです。

目視でもほとんど何も見えないくらい暗い部屋での撮影なので、iPhoneでこうなってしまうのも仕方ないところなのですが、高感度撮影に特化したα7SIIはヤバイです。

三脚を使って長時間露光(シャッター時間を長く)させれば、このような厳しい撮影環境でも他のカメラ・マニュアル設定により暗い場所でもある程度綺麗なものが撮れます。しかし上の作例では、α7SIIを手持ちで、シャッタースピードを1/25秒にして撮影しています。

事前に店頭で試し撮りもしていたのでα7SIIの性能は知っていたつもりでしたが、面白すぎます(∩´∀`)ワ

上記はISOを4万まで上げているのでさすがにノイズ・ざらつきは目立ちますが、スマホや他のデジカメの追随を許さないレベル。

まだα7シリーズのフルサイズで使えるレンズを持っていない(上記はアダプタを付けてキヤノンのレンズで撮った)ので、またそのうちお小遣いが貯まったらレンズも買って、どこかへ撮影旅行に出かけたいものです。

ソニーストア

by ke-onblog | 2018-01-09 08:45 | デジイチ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。