白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ビットコインをクレジットカードで買うと大損かも(コインチェックでの例)

ビットコインやイーサリウムなどの仮想通貨を買う方法として、国内の仮想通貨取引所を使うと多くの場合は日本円から直接仮想通貨へ変えることが可能ですが、その支払い方法としてもいくつかのパターンがあります。

私の場合は最も手数料が安く・反映が早いと思われるネットバンキングのある銀行から、ウェブ入金→入金した残高からコインを買うという方法を採ってますが、仮想通貨の購入方法および入金方法によってかかる手数料や交換レートまで違うことがあるので、各方法のメリット・デメリットをしっかりと把握してから使ったほうが良いでしょう。

コインチェックの場合、仮想通貨を買うまでに以下のパターンを使うことが出来ます。

・銀行振込(日本円):無料(+各銀行の振込手数料) → 入金した金額で仮想通貨購入(即時反映)
・銀行振込(USドル):25ドル(+各銀行の振込手数料)
・銀行振込(海外口座からの日本円振込):2500円(+各銀行の振込手数料)

・クイック入金/コンビニ入金 (金額に応じて756円・1,000円、入金金額×0.108%+486円)


上記のパターンが「アカウントに入金してから、仮想通貨に変える」という方法です。コンビニ入金は必要に応じて使う可能性があるかもしれませんが、一般的には一番上の日本円での振込になるでしょう(より詳しい手数料については「コインチェック公式サイト」のヘルプを見て下さい)。

そして、今回のテーマであるクレジットカードで買う場合は、「アカウントに入金されたお金を変える」のではなく、直接的に各コインを買うことになります。
d0262326_15191923.png
ここで重要なのは、「アカウントへの入金分をクレジットカードで支払う」のではないということですね(それだと「円を円で買う」みたいなことになるので、いわゆる直接的なクレカの現金化が出来てしまいます)。

コインチェックでは、取扱のある全13種すべてをクレジットカードで買う事ができます。ただ、一般的な通販でクレカを使う時と同じく、即時決済ではなく審査がある場合もあるので、その間に相場が変動する可能性もあります。
レートは10秒毎に更新されますので、クレジットカード決済の手続きに時間を要した場合、多少コインの購入量が変動することがございます。

そして、クレジットカードでの購入時のレートは、やや通常入金よりも高めに設定されているようです。


例えば、2018年1月14日のとある時点において、


・アカウント残高から1ビットコインを買う場合:1,726,637円

・クレジットカードで1ビットコインを買う場合:1,851,852円

 cf. 1ビットコインを売る場合:1,675,200円


コインチェックのスプレッドは普段から大きいので短期売買にはもともと向かないと思いますが、相場が変動しないとしてクレカで1ビットコインを買う→1BTC売却するだけで18万円も目減りします。約1割。


普通に入金済みの残高からビットコインを買うよりも12万円も割高です。


クレジットカード決済の場合は、クレカ側の何らかのキャンペーン等で利用枠に対してポイントが付いたり、還元キャンペーンがあったりもしますが、この1割の目減り分をカバーできる特典がある場合を除き、普段からクレカ決済を使うのはやめたほうが良いでしょう。


また、上記でクレジットカードで買ったビットコインを売ると・・・という話しをしましたが、実際にはクレカ購入分の仮想通貨は1週間程度の期間、売却して日本円出金出来ないようにロックされます。

クレジットカード決済で購入したコインを送金および、売却して日本円出金するには、「クレジットカード決済でコインを購入してから1週間程度経過していること」の条件を満たす必要があります。

それこそ、クレカの現金化を自由にさせないための仕組みなのでしょう。


現金がなくても仮想通貨が買えるのは便利ではありますが、決してお得ではない(可能性が高い)ので、注意しましょう。他の取引所の事情をすべて把握しているわけではありませんが、ビットフライヤーも同じようなシステムです。その他もたぶんどこも似たようなもののはずです(そもそもクレカ購入が出来ないところもあったはず)。


個人的には大手以外のサイトにはクレジットカード情報を入力するのもためらっちゃいますけれど(他の取引所ではつい最近もフィッシングで残高が盗まれる被害が出ているなど、セキュリティ管理が信頼できないサイトもありそうです)、投資としての安全面から考えても、仮想通貨ではすでに手元(銀行口座)にある余剰資金だけで遊ぶのが宜しいかと思います。


コインチェックでの通常方法での仮想通貨購入までの流れは以下の過去記事にまとめたので、興味のある人は参考にどうぞ。



by ke-onblog | 2018-01-14 15:43 | 仮想通貨 | Comments(2)
Commented by ももも at 2018-01-15 02:40 x
「皆(素人)が手を出はじめたら終わりのサイン」
というのはこのビットコインや他の仮想通貨にもあてはまるんですかね~(^-^;)
Commented by ke-onblog at 2018-01-15 08:56
> もももさん

仮想通貨自体は広まってこそ価値が高まるものであるという性質上、むしろ基盤のしっかりしている仮想通貨はまだまだこれからの可能性が高いです。技術的に未熟であったり問題がある、詐欺くさい(あるいはネタ的な)仮想通貨や取引所は消えていくかもしれませんね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。