白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

1月下旬発売 LG V30+ L-01Kは人気になるか?ライバル機種との機種変メリット比較

個人的には今季のスマートフォン機種で最も気になっているモデル LG V30+のドコモモデル L-01Kについて、発売日が迫ってきたので改めて機種的な特徴と価格面から、人気が出そうかどうか過去の傾向と最近の流行り、および個人的な感想を交えて考えてみたいと思います。

V30+はすでにauから「LGV35」として発売中、ドコモモデルも旗艦店には展示があるので実機を見たこと・触ったことがある人も多いと思いますが、何と言ってもあの軽さは驚異的です。
d0262326_22195998.jpg
ディスプレイは6.0インチの超大画面でありながら、重量は約158グラムです。他社・従来モデルなら5.2インチ前後のスマホの水準でしょう。

細かいスペックは公式サイトを見れば判るので省略しますが、「18:9比 6インチQHDの有機ELディスプレイ・スナドラ835・RAM 4GB・ROM 128GB・広角・望遠デュアルカメラ」という特徴は他社ハイエンドモデルと渡り合える性能・機能性です。

☆「NTT docomo LG V30+機種詳細ページ

確かV30+ではデュアルカメラの望遠側を「ズーム」ではなく「標準」と表記していたはず(実機を触ったのが随分前なので記憶が曖昧(苦笑)ですが、2つのカメラレンズによる疑似光学ズーム機能を持ったスマホとして、ドコモのフラッグシップモデルではiPhone X,iPhone 8 Plus, Galaxy Note8の3種がありますが、そのいずれよりも圧倒的に軽いです。

カメラレンズのF値が1.6と非常に明るく、並べて比較したデータはまだ見たことがないですが、Galaxyシリーズのカメラ性能に匹敵するほど暗い場所でも綺麗に撮れるらしいのも期待できそうです。

また、Androidスマホでは珍しいストレージ容量が128GB。タフスマホの基準としてよく使われる14種類の軍事標準耐久試験「MIL-STD 810G」に相当する頑丈さもあります。

全体の印象としては「他社メーカーで人気になった仕様・特徴を全部詰め込んだモデル」という感じです(笑)V30+だけの斬新なところがあるかというとそうでもないのですが、ハイエンドとしての隙が本当に少ないモデルです。

流行の仕様を手当たり次第取り込み、それでいて158グラムという軽量さを実現している点にユニークさがあります。

機能面に関しては、最近のハイエンドモデルであればだいたいどの機種でも十分に高性能ですし、満足できる域に達しているので好みの問題ばかりになってしまうのでこのくらいにしておきましょう。続いて、価格面を見ていきます。

V30+ L-01Kの本体通常価格は99,144円です。性能を考えれば、妥当なところでしょう。Galaxy Note 8(12万円)より安く、Xperia XZ Premium(9.4万円)より高いという設定。
d0262326_22574422.png
機種変更の月サポは49,896円分、実質価格は49,284円。限定コラボモデルのL-02Kは月サポ無しで12.5万円でしたけれど、L-01Kは普通の価格です。

他機種との月サポ適用時の実質価格で比べてみると、

・Galaxy S8 SC-02J 25,920円
・Xperia XZ Premium SO-04J 39,528円
・iPhone 8 Plus 64GB  43,416円
・LG V30+ L-01K 49,284円
・Galaxy Note8 SC-01K 76,464円


このような順番と価格差です。XZ Premiumとの定価差は0.5万円でしたが、月サポ適用後は1万円の差があります。

ただ、V30+の場合は購入特典とクーポンがあるので、事実上の負担はもう少し安いです。

V30+の購入特典として、ドコモモデルを買うと先着(在庫がある限り)でDaydream View(https://vr.google.com/intl/ja_jp/daydream/smartphonevr/)が貰えます。これが通常価格1.2万円のVRゴーグルとコントローラーのセットのはずです。このキャンペーン特典送付後は相場が下がると思いますが(笑)

Google Daydream Viewは現時点で正規品はGoogleストアのみでの取扱い?なのでしょうか。ありふれた製品でもないみたいなので、ある程度の価値はあるのでしょう。

また、公式ウェブサイトで使えるシークレットクーポンがL-01K専用に出ていますので、事実上誰でも5,400円引きが使えます。
d0262326_23114956.jpg
クーポンの取得方法は「 [機種変更用クーポン配布] ドコモ arrows NX F-01K&LG V30+の値引きシークレットクーポン取得方法」を参照(2018年2月28日まで、先着順)。

これでDaydream View1.2万円+クーポン値引き5,400円で、1万円相当以上の実質還元(VRゴーグルの価値を5千円くらい)としておきましょう。

(上記クーポンはJOJOモデル L-02Kには使えません。Daydream Viewのプレゼント対象もL-01Kのみとされています)

XZ Premiumとの実質負担差が1万円でしたが、特典と値引きクーポン分を考えれば実質上は同等クラスの負担で買えると考えても良いでしょう。

あとは下取りプログラム・家族まとめて割・学割・dカード決済ポイント2倍・事務手数料(Xi機種変)/頭金無料などのキャンペーンは他機種と同条件なので省略。

性能面でV30+を明らかに上回る機種はGalaxy Note8 SC-01K(RAM 6GB+スタイラスペン対応)くらいですが、Note8はMNPだけを優遇(月サポ10万円)しており、機種変更で買うと3万円以上の負担差があります。

一方でV30+の懸念としては、LGのスマホの知名度と人気の低さですね(苦笑)スペックデータ・機能面、そして実機の仕上がりも特に悪くは無さそうなのですが、有名メーカースマホに実売数で勝てるかどうかは・・・

LGのスマホと言えば、今は「V20 Pro L-01J」が機種変で一括648円になるほど、投げ売りをしなければ在庫が捌けない状態になりがちなことからも、ぶっちゃけ人気は全然無いとしか思えません。性能面ではL-01Jは同時期に発売された2016年夏~冬モデルとあまり変わらないはずなのに(V20 Proは電池の持ちがあまり良くないですけれど)。

V20ProとV30+では相当魅力的に性能・機能がアップしていると思うのですが、機種イメージは白ロムの需要には大きな影響を与えます。

発売直後ならばある程度の需要があると思われますが、それ以降は難しいかもしれません。V20 Proは発売日時点で新規・MNPで端末購入サポート入りから始まったこともありますので、将来的な値下げのタイミングも早いかもしれません。

販売価格が高いことは、dポイントを一気に消費して機種変更するには悪くないでしょう。

Daydream Viewのプレゼントは在庫限りの先着順(なくなり次第終了)です。数量がどれだけあるのか分からないため、L-01Kを機種変更で買うと決めているのなら事前予約をしておくことをオススメします。

☆「ドコモオンライン LG V30+ 予約/購入ページ


by ke-onblog | 2018-01-20 23:43 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。