白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

コインチェック仮想通貨盗難事件 460億円補填から考える今後のリスク対策

仮想通貨業界に大きな衝撃を与えている真っ最中の, 2018年1月26日に発生したコインチェックNEM盗難事件およびサービス停止問題。

事実関係・運営方針に不明瞭なところが多かったため、応援も批判も感想も、憶測だけで何かを書くつもりはありませんでしたが、一つの方針が出たので少しばかり個人的に感じたこと・今後の仮想通貨業界に対して採るべきスタンスの考え方を日記に残しておこうかと思います。

以下、投資・投機や資産運用に対するアドバイス、というわけではありません。まだ問題のすべてが解決したわけでもなく、私もまだまだ仮想通貨関連は勉強中で運用もほとんどしていない状態なので、どう考えるのが正解か判断も付きません。今は「こうあって欲しい」という一方的な思い込みも危険だと思いますので。

今回のコインチェックの対応は最悪のケースにはならなかったという点では良かったなと思いますが、それだけで終わらせられない・現状で問題が解消されたとは言えません。

携帯転売も株もFXも仮想通貨であっても、すべて自己の考え・管理によって運用すべきだと思いますので、他人の意見に流されず、確固たる各人の方針で関わるかどうかを考えるのが宜しいかと思います。

さて、NEM盗難事件に関する事の経緯は多くの報道がされていますので興味のある人は把握していると思いますが、確実なことはコインチェックのプレスリリース(http://corporate.coincheck.com/#press)にあることだけです。

今回盗まれた仮想通貨 NEM(XEM,ネム)の総量は5億2300万XEM 、当時のレートで500億・600億円という巨額のものでした。

盗難されたNEMがどういう問題点から盗まれたのかも1月28日時点で公式の発表(大雑把に「不正アクセス」ということではなく、根本的に解決できる方法・見込みについて)はありません。

27日23時に発表されたリリースでは、「NEM保有者に対して、自己資金による補償を行う」ということが発表されただけです。

最悪の展開では保有していたNEMが返ってこないばかりか、他の仮想通貨・日本円もすべて返ってこないということすらあり得た(このあたりも不明瞭であり、契約や法律で確実な裏付けがあるものではない)のでしょうから、被害関係者にとっては過去のMt.GOX事件から考えうる最悪のパターンにはならなかったという点において、救いのあるニュースになりました。

一方で、現在私も一部のお金がコインチェックに残ったままなので害を被っている最中でもあるのですけれど、現時点でコインチェックにある仮想通貨資産・預けた日本円資産が動かせない状態が続いており、これがいつ復旧するかの具体的な予定はまだ決まらないようです。

持っている資産に対して少額である場合は大きな問題にならないのですが、間もなくやってくる確定申告シーズン前に、納税のために出金を行わなければならない状態にあったとすれば、盗難分の補填時期・出金サービスの再開時期が重要なものになります。私は幸いにもそういう自体にはなりませんでしたが、十分考えうるケースです。

出金が間に合わず、納税が出来ない展開も「自己責任で投資・投機した結果である」という判断でバッサリと切るべきものかもしれませんし、「トラブルを引き起こした側が補償すべき事例である」という展開になるべきかどうかなのかも、私には判りません(まぁ、現状の法整備的には前者のなのでしょうけど)。

また、現在失われたNEMが取り戻せるのかどうかも、結論が公表されたものではありません。コインチェックはZaifという仮想通貨取引所のレートを参考に、「1NEMあたり 88.549円×保有数を全保有者に日本円で補填する」としています。これに納得いかない人も絶対に居るでしょう。

これを「もともと保証されていない取引分を補償出来るコインチェックの凄さ」と感じる一方で、逆に補填できる資産が無かったら、もっと問題は大きくなった可能性があるということでもありそうです。

今回の補填発表は、手放しで喜べる・賞賛すべき段階ではまだ無いと私は感じました。何もかもが最悪の展開にはならなさそうという点では安心できるものの、根本的な解決・回復はこれからです。

詳しい原理も完全には把握していませんが、例えば、今回盗まれたNEMが将来的にコインチェックに戻ってきた場合を考えてみると、補填は88.5円というレートで行なわれることが先に決定していて、NEMを取り返した時にもっと高いレートだったら・・・とかですね。

妄想で良ければ、「将来的に取り戻すアテもすでにあり、将来はさらにNEMは値上がることが間違いない」というようなシナリオならば、補填発表があってから仮想通貨全体で値上がっていますので、そんな裏事情が空想ではなく本当に無いとは言い切れないのかもしれません。現時点で誰が盗んだのかも分からないですし、噂ではサイバー戦で追跡をしているという情報もあります。

NEMをコインチェックが取り戻せた時に、レートが200円だったり300円だったり暴騰していれば、今自己資本を463億円支払うことくらい、コインチェックにとっては痛手でも何でもないという空想が出来ます。そういうことが出来る仕組みかどうかも知りませんけど、システム的に絶対に取り返せないと公式の発表がない限り、疑いは晴れません(出来ないはずだ、という個人的理解はここでは無意味)。

公式の発表がない段階・資産が事実上凍結されている現状では、このような不安が払底できません。性急にまずい対応をするよりマシである or 慎重に対応を保留することが最善手か、良くない結果を招くのか、運営自体でも対応を図りかねてしまうのは仕方ないと思うものの、現実としてトラブルに巻き込まれると、より良い対応・結果が出るまでは納得出来ないのも判ります。そして、すべてのユーザーが納得できる対応・結末はありえないでしょう。セキュリティの甘さからトラブルを引き起こした時点で、たとえリスクの範囲内・ルールの範囲内で対応されたとしても、ですね。

もちろんそんなことは無いとは思いたいですが、報道されている内容や噂だけの情報を信じて「絶対に問題ない」と信じ込んでいるのなら、かなり危険な思想だと思います。

逆に、今88.5円で補填すると発表した後に、実際の返却時までに仮想通貨の相場が大きく下落するような何らかの事件が追加で起きた場合、NEM保有者にとって寧ろプラスになる部分だってゼロではない(自己資産として自由に運用出来ない時点で問題オオアリではありますが)という考え方もあるかもしれません。

仮想通貨は現実世界での動きがあるわけではないので、まだまだ知られていない抜け道・偽装の可能性が皆無だとは、私には思えません。

こう書くと、どっち付かずのことばかり書いているような気もしてきましたが、現時点ではどんな妄想も成り立つくらい状況が不明瞭である・結果は出ていない、ということかと思います。これが手放しで「コインチェックの対応は万全で最高の結果」とは現状では判断出来ないという考えの元です。

今回NEMが盗まれたのは仮想通貨としてのシステム的欠陥ではなく、コインチェックの運用のずさんさ・セキュリティ管理の甘さが原因だと言われています(*言われているだけで、はっきりとしたことは保留されており、先日の会見のとおりグダグダなまま)。

コインチェックはたくさんお金を持っていたので盗難の補填が出来る見込みがあり、最悪の事態だけは避けられそうですが、将来他の通貨が、もっと多額で盗まれた時に同じく補填出来るかは未知数です。コインチェックに限らず、同様のことが他の取引所にも言えるでしょう。

「仮想通貨は投機だから盗まれるのもリスクのうち」と考えて運用するのが安全(これは投資者の心構えの問題)だとは思いますが、かと言って現状のまま盗む方は盗み放題・補償の有無もケース・バイ・ケースでどんなこともあり得るという印象が仮想通貨全体に広がってしまうと、仮想通貨の市場規模が縮小してしまうかもしれません(今の反発を見る限りでは、そうでもなさそうですが)。

取引所にトラブルが発生した時に、運営が負うべき責任とその範囲、契約・法律的に保証される範囲も、公表されたものだけを見れば、非常に曖昧なのがコインチェックの現状なのでしょう。

460億円分の仮想通貨を盗まれても補填できる凄さと、460億円をみすみす盗られている現状では、何とも判断しかねます。今回の単一の事象に関してどうトラブル対応するのが正解なのかという話ではなく、信頼度や判断基準の問題がまだ山積み・むしろ解決されるべき問題は増えていく最中だと感じました。

いろいろ妄想を書きましたが、個人的には現状で楽観視も悲観視も出来ないかなと、思っているという、ただの感想でした。

仮想通貨に参戦中の人や興味があった人は、今後各自でどう関わっていくべきか、今回の事件はいろいろと考えるべきところがあったかと思います。

何も考えず投資して上手く稼げてしまうこともあれば、仮想通貨ではどれだけ慎重を期したつもりでもトラブル一つで資産が減る・なくなる可能性を、強烈に印象づける事件であったことだけは確かですね。仮想通貨の「マウント・ゴックス事件」といえば誰でも知っているように、今回のコインチェック事件は良くも悪くも歴史に残る、関係者は今後の展開も含めて知っておくべき事件なのでしょう。

この難所を乗り越えて発展する未来も、さらに新たなトラブルや真実が発覚して仮想通貨が終わることもすべて含めて、自己責任で覚悟を決めて参加しなくては危なすぎる、と感じました。発展途上だからこそ参加する面白さもありますけれど、それも個人の考え方次第であり、他者に押し付けるものではありません。

個人的な状況では、今回のレベルのトラブルも十分想定の範囲内です。大きなリスクを取っていないので、当然上手く運用してもリターンもたかが知れています。それでも今回の大事件は衝撃的だったので、大きな金額を動かしていた人・動かしたいと思っていた人にはもっともっと重大なことだったと思います。

いずれにせよ、よ~く考えて仮想通貨の関わり方を見直すきっかけにしなければならないと思いました。仮想通貨から撤退すべき時なのか、今がチャンスなのか、あるいは仮想通貨には関わらず別の方法で稼ぐべきなのか、冒頭に書いたとおり、アドバイスも人に意見するつもりはありません。

短期での運用、長期的な見通しなどで、いろんな考え方があって然るべきです。参加しないのもリスク回避のためには重要な手の一つでしょう。

ただ、すべての判断は自分自身だけで行うべきだと改めて考え直さなければチャンスもピンチも、勝ち抜いていくことは難しいのでしょう。仮想通貨に限らず、ビジネスを行う上で考えうるリスク分散(投資の資産比率や、トラブルに備えて複数の取引所への取引分散など)・セキュリティ対策を可能な限り行い、情報収集を続けて成功できる確率を高めていきたいものですね。

色んな意味で仮想通貨業界はさらなる盛り上がりを続けそうですので、少なくとも勉強だけは続けていきたいところです。

by ke-onblog | 2018-01-28 06:45 | Comments(4)
Commented by 通りすがる at 2018-01-28 14:06 x
ネットでは利根川とか言われてますが、
自分の手元に戻ってくるまでは安心できませんね。
自分とこのミスで暴落させておいて、
その暴落時の平均値で補償金を算出、
で、その発表を材料にさせて爆上げ祭りと、
なんか、胡散臭い気しかしません。。。
ってか、自己資金で500億持ってるなら、
凍結させる必要はないわけで。。
と、なんかまだまだいろいろありそうですね。
でも、これで無事に返ってきたとしても、
Coincheckを続けるかと言われたら微妙ですよね。
となって顧客が離れれば手数料も稼げず倒産しかないわけで。。
うーん。
Commented by ke-onblog at 2018-01-28 14:28
> 通りすがるさん

すべてが終わるまではなんとも言えないですよね。混乱を拡大させないように慎重に動くのはある程度しかたないとは理解できますが、行政処分が行われるという報道もあるみたいですし、少なくとも出金制限を解除する・顧客資産の全額補償が確定・実行されるまでは安心できないと私も感じました。
Commented by 読者 at 2018-01-28 23:29 x
先日ここに書いたばかりなのに、
ついに巻き込まれた取引所GOX。
たいした額は置いてなかったんですが、
これを機にハードウェアウォレットを注文したら「入荷待ち」。
みんな考える事は同じですね。。。

まさか保障の発表がされるとは思いませんでした。
CCの対応、客の反応、国の処分、
全員が手探りで睨み合いながら落とし所を探してる感じですね。
CCも規約に則り保障無しの対応もできたけど、
色々と秤にかけてそれは悪手であると判断したのでしょう。
去年は国内トップを走り続けた取引所なので、
それなりの強かさはあるはず。
取引所経営はかなりおいしい商売なんでしょうね。

それにしても、600億は巨額だと思うんですが、
想像したほどは大きく報道されてないような。。。
参加者が思っているほど世間はまだ仮想通貨に興味ないのかな?
Commented by ke-onblog at 2018-01-29 07:07
> 読者さん

実際に返金・出金解除がされるまではやっぱり信用できないですね。無茶なことだとは思いますが、返金予定の460億円をすぐにドンと見せるくらいのパフォーマンス(資産状況の公開)が欲しいですね。

金融庁がアプローチを掛けているのですぐに逃げることはなさそうですが、正念場はまだまだこれからなのか?と勘ぐってしまいますね...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。