白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

3月20日ドコモ端末購入サポート大量追加 一番の狙い目はiPadの機種変活ゼロか

本日10時から一斉にドコモのスマートフォン・iPhoneの月々サポート→端末購入サポート化されることについては昨日も話題にしました・一晩いろいろと考えてみたところでは、機種変更の需要が最も集中しそう&在庫がすぐに無くなりそうな機種は、スマホではなくiPad(第5世代)なのかもしれません。
d0262326_06395597.jpg
32GBモデルなら新規だけでなく機種変更でも一括0円(GO!GO!iPad割分を含む)になる格安タブレット化となる第5世代のiPadにはiPhone 6s/6s Plus世代のA9チップを搭載しているので、一般的なAndroidタブレットよりかなり高性能と言えるでしょう。

直近のiPadモデルと搭載されたチップを比べてみると、

・iPad mini4(2015年モデル A8チップ)
・iPad Air2(2014年モデル A8Xチップ)
・iPad Pro 12.9/9.7インチ (2015-2016年モデル A9Xチップ)
・iPad Pro2 12.9/10.5インチ (2017年モデル A10Xチップ) 


となっており、第5世代iPadはiPad Proほどではないものの、mini4/Air2よりは上ですね。

iPad Proシリーズはイラストレーターなどが仕事に使うようなモデルという印象があり、今でもやはりちょっと高嶺の花的ポジションだと思いますが、今回値下げされた第5世代iPad (2017)は、普及用モデルとしては必要十分なタブレットだと思います。

ドコモのAndroidタブレットではかつてソニーや富士通、NEC,シャープも出していましたが、今はもう富士通のarrows Tabしか生き残っていません。代わりに登場したファーウェイのdtabも良い出来だとは思いますが、やっぱりタブレットはiPad、という人には一括0円のiPadは買いやすいでしょう。

問題は、iPadの供給量が怪しいという点です。
d0262326_07212218.png
3月20日朝の時点で、すでにドコモのオンライショップでは一部カラーの在庫が切れており、【入荷時期未定・予約不可】の表示になってしまっています。メーカーから在庫の融通が続いている間は在庫なしでも予約を受け付けるはずですから、もうアップルへの発注数は限られている段階に入っていると見られます。

iPhoneにPlusシリーズがで始めた頃から、iPadの存在価値が若干揺らいでいるのか、iPadの在庫をあまり店頭やオンライショップでも十分に確保していない印象があります(印象があるだけで、バックヤードや倉庫にはいっぱいあるのかもですが)。

過去にiPadが端末購入サポートに追加されたときにも、すぐに在庫が売り切れて販売が終わったという記憶が強く残っています。

過去記事がありますね。日付を見ると2017年3月1日になっています。このときはiPad mini 3 64GBモデルが新規・機種変更で一括1,080円でした。それでも即日完売だったので、第5世代iPadの一括0円需要はかなり強いのではないかと予想されます。

第5世代iPadには一括0円の32GBモデルと、一括1万円の128GBモデルがありますが・・・どちらが人気になるでしょうか、、、0円という価格のインパクトでは32GBモデルでも良い気がしますが、iPadをゲーム機や動画閲覧用にするのなら多少容量に余裕があったほうが良いようにも感じますので、128GBモデルに人気が集中しても不思議ではありません。

第5世代iPadは2017年発売のモデルですが、先述の通り使われているチップは2世代前のA9系です。廉価版という位置づけだったこともありますが、大量に在庫を確保し、今後の分も追加生産しているとはちょっと思えません。特にもうすぐ新型のiPadが出るのではないかという噂もありますし、今回の端末購入サポート化が在庫処分的な意味で行なわれたのであれば、在庫分を売り切ったらお終いという可能性もありそうですね。

データプランで機種変更が出来る回線がある・新規追加しておきたいのなら、なるべく早めに手続きを行ったほうが良いかもしれません。

特にタブレットの機種変更は事務手数料が無料になるオンラインショップを使うユーザーが非常に多いそうなので、在庫争奪戦になることも想定して買えるうちに買っておきましょう

☆「ドコモ 9.7インチiPad(2017) 32GBを見る
☆「ドコモ 9.7インチiPad(2017) 128GBを見る


なお、iPadの最新の下取りプログラムの査定額は、

・iPad mini4 15,000円
・iPad mini3 10,368円
・iPad mini2 10,368円
・iPad Air 10,000円
・iPad Air2 15,000円


となっています(全容量同額)。スマホの下取りと違ってiPadの下取り価格は微妙なので、まだまだ使える状態なら、iPadは動画専用やゲーム用、子供用などに残しておくほうが良いかもしれません(「ドコモ 下取りプログラム」参照)。



by ke-onblog | 2018-03-20 07:25 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。