白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2018年3月ドコモ機種変更端末購入サポート機種の白ロム価格相場チェック

ドコモの白ロムを安く買えるタイミング・高く売れるタイミングの傾向を知るために定期的な価格調査を実施しています。今日のデータは、きっと来年の今頃に役に立つことでしょう。

周知の通り、今日2018年3月20日にドコモは非常に多くのモデル(スマホ・iPhone・iPad)を一度に端末購入サポートの対象に拡大し、年度末最後の投げ売りを開始しました。その対象数、なんと22機種。
d0262326_21233350.png
じっくりと過去のデータを調べたわけではないのですが、たぶん一度に端末購入サポート対象を拡大した機種数では歴代最大でしょう。

☆「NTTドコモ-2018年3月20日(火曜)より「端末購入サポート」に「Xperia™ XZ1 SO-01K」ほか21機種を追加

今まで24分割で適用されていた割引を1度に適用されるようになり、事実上最短で13ヶ月で次の機種変更を繰り返していけるようになることから、24/13≒1.8倍くらい割引が強化されたと言い換えることも可能な変更であるため、端末購入サポートの対象になったモデルの販売数が急激に増えます。

その影響は白ロム価格相場にも大きな影響を及ぼすことが過去の傾向からも明白です。

過去記事:ドコモ最新モデル白ロム価格相場 1年前の購入サポシーズンと比較

ただ、2017年1月~3月頃の端末購入サポート投げ売りシーズンに比べて、今年は主要機種の機種変更端末購入サポート適用可能時期が2018年4月2日までの短期間で打ち切りが予定されています。セールが長く続けば当然それだけ流通数が増えて価格の値下がりに影響が出ていたはずであり、今年は若干去年とは違う短期~中期における価格変動をすることが予想されます。

今週中にすぐに白ロム買取店は査定に此度の端末購入サポート化の影響を反映させてくると見られますが、端末購入サポート適用時にSIMロック解除が可能になる100日の待機期間も含めて、どう動くべきか参考になるように「セール開始前」の価格をチェックし、減額の幅と加速度を随時把握しておくことをオススメします。


さて、前置きはこれくらいにして、2018年3月下旬における、ドコモの主要端末購入サポート対象機種・docomo withの白ロム価格相場(SIMロック解除済み・解除対応メイン)をチェックしておきましょう。前回のチェックは「2月27日」にもやっています。

・Galaxy S8 SC-02J(26k/クーポン対象)・・・65~70k
・Galaxy S8+ SC-03J(59k)・・・70~75k
・Galaxy Note 8 SC-01K(76k
/クーポン対象)・・・72~78k

・Xperia XZ1 SO-01K(31k
/クーポン対象)・・・70~77k
・Xperia XZ1 Compact SO-02K(26k)・・・70~73k
・Xperia XZ Premium SO-04J(39k
/クーポン対象)・・・65~73k

・AQUOS R SH-03J(26k)・・・65~75k


・V20 Pro L-01J(1k)・・・27-31k
・V30 + L-01K(49k/クーポン対象)・・・80-85k(VR込み)

・arrows NX F-01K(27k/クーポン対象)・・・70-80k(流通ほぼなし)
・DM-01K(16k)
・・・70~72k
・らくらく F-04J(16k)・・・
流通ほぼなし

・M Z-01K (43k)・・・85-92k

・arrows Be F-05J(28k)・・・12k-15k
・Galaxy Feel SC-04J(36k)・・・20-23k
・AQUOS sense SH-01K(30k)・・・17-18k
・MONO MO-01K(25k)・・・10-12k


・iPad(5th Gen.) 32GB(0円)・・・38-46k
・iPad(5th Gen.) 128GB(10k)・・・52-55k

*括弧内の数字はドコモの公式機種変価格。クーポンの対象機種・取得方法はこちらより。

一部機種はほとんど流通がない端末も混じっていますので、あくまで価格は大雑把な相場となります。基本的にはSIMロック解除済み・解除対応の場合に高値くらいの売買相場程度までオクでは入札が入ります。

上記の価格は「端末購入サポートセール開始前」の相場ですので、特にこれと言ってコメントすることはありませんが・・・ディズニースマホの DM-01Kは2月28日に一般販売開始されたばかりだったので、発売日直後のSIMロック解除済み端末にて高値が記録されています。購入サポート入りしたことも影響し、今後は大きく下がるでしょう。

Galaxy S8+ SC-03Jはすでに在庫が無く販売終了していますので、今回オンラインでは端末購入サポートのリストにも入りませんでした(店頭で在庫があれば端末購入サポート扱いになっていると思いますが)。2月頃よりちょっと価格相場が上がっていますが・・・SC-03Jの白ロム価格は大きく上昇することはないものの、今後の下落も小さいと予想されます。

arrows NX F-01Kは3月9日に月サポを1万円増+クーポン値引き5,400円+VRゴーグルをオンライン限定特典として追加したばかりです。上記の価格相場チェックにはまだこれらの値引きが反映されていないので、今後流通数が増えて価格が下落する展開が予想されますが、ドコモのarrowsスマホの白ロムは意外に高値を保つことが多いので、機種変で買うのなら結構オススメです。

☆「ドコモ arrows NX F-01K特典・価格をみる

あとはイロモノ端末である、M Z-01Kの端末購入サポート入りも面白いですね。機種変での価格自体は他機種に比べて高いのでちょっと悩ましいですが、まだまだニッチな需要はありそうです。

昨年と全く同じような価格変動をするのなら、4月の中頃には新しく機種変(Xi→Xi)の端末購入サポート対象に拡大された機種は1~2万円くらい白ロムが安くなることもありえます。

しかし、昨年に比べると「セール期間が短期間であること」+「開始が年度末ギリギリすぎたことによる、機種変更需要がある程度解消済みであること」+「端末自体の評価が高い機種が多いこと」の影響を考えると、今後1ヶ月以内に現在の価格相場から1割~2割弱程度の白ロム価格相場の下落を予想します。

もちろん下落幅は機種によって差が出ると思いますので、需要と供給のバランスを読み、どの機種を入手するかよく考えて行動できると良いですね。


by ke-onblog | 2018-03-20 22:17 | 白ロム転売法 | Comments(6)
Commented by shelablog at 2018-03-20 22:36
この情報知らなかったです…
今月2回線F-04Hにしちゃいました…(*_*)
来月になれば別の2回線いけるのですが…
何にしようかな(-_-;)
Commented by ke-onblog at 2018-03-20 23:17
> shelablogさん

ここまで年度末ギリギリに追加してくるとは予想外ですよね~。来月は1日に機種変出来れば端末購入サポートをうまく使えそうですが、家族まとめて割のペアリング期間はリセット・下取りなどのキャンペーンも変わる可能性があるので難しいところですね(´∀`;)
Commented by ふじわら at 2018-03-21 03:09 x
今日、ドコモでSO-01kを新規で買おうとしたら、審査に引っかかって月サポがつきません。て言われました。
えっ、これが特価ブラックってやつ?それとも、総合判定てやつ?
結局、機種変更で買いましたが、新規でよりかなり高めで掴まされました。
いつになったら買えるようになるか分かりませんが、当分、携帯戦略を見直さざる得ない状況になりましたねー。
せっかく、クーポンも用意してたのに、使い道なしです。
ショックでダメージ大きいです。

Commented by ke-onblog at 2018-03-21 05:52
> ふじわらさん

SO-01Kは機種変(Xi)向けには端末購入サポート入りしなかったので初期コストは相当差がありますね~。クーポンや下取り用端末が使えなくなるのは計画にかなり支障が出るので厄介ですね・・・。ドコモでは一度特価BLになると割引を使わない状態をかなり長く空けないと喪明けしないと見られるので要注意です。
Commented by kazu at 2018-03-27 15:16 x
白ロムの出品も増えないし、相場も下がりませんねー。
期待していたのですが。
Commented by ke-onblog at 2018-03-27 22:53
> kazuさん

購入サポで買った分は制限が41日目まで○にならない、SIMロック解除の100日待ちなどの理由ですぐに市場には流れないので、相場に反映されるにはもう少し時間が掛かるかもしれませんね~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。