白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ふるさと納税の超高還元率返礼品 日本旅行ギフト券の受付予定数上限間近!

3月27日~3月30日までのたった4日間だけ受付を再開した、神奈川県寒川町の超お得なふるさと納税返礼品が間もなく打ち切られます。

月末の31日までではなく今日30日23時59分までで受付打ち切りなので、お間違えなく。

日程的には今日中の申し込み・支払が完了した分のみが対象となりますが、受付可能な予定数がもうすぐ埋まってしまうそうなので、まだ申し込みをしていない人は急いだほうが良いかもしれません。上限に達した場合、日付変更前に注文出来なくなります。

☆「神奈川県寒川町やふるさとに行こう!日本旅行ギフトカード

寒川町の日本旅行ギフトカードの受付は一度3月21日の時点でも終了しており、今回は4日間限定で再開されていたものです。年度が切り替わるので、それに合わせた終了ということです。

来年度も提供出来れば・・・とのコメントも出ていますが、一方で今回が最後になる可能性も示唆されています。
大好評により、復活しました旅行ギフトカードですが 予定数に達し次第、または、30日の23時59分をもって終了いたします。 今回は、予定数もあと少しですのでお早めにお願いいたします。 機会があれば、新年度またご提案できるといいのですが これで最後かもしれません。
寄付額に対して5割の還元(+納税サイト特典による1%のアマゾンギフト券)は、国が決めた返礼品の上限目安「3割」を大幅に超えてしまっていますので、今後ギフト券として提供が復活しても貰えるギフト券の量が減ってしまう可能性も十分にあります。

実際、この3月末で商品券系の返礼品を取りやめる自治体もあります。

4月以降のギフト券提供再開の有無は現時点では全くわからず、少なくとも今より条件が良くなることを期待するのは難しいと思いますので、お得な返礼品は貰えるうちに貰っておくのが鉄則です。

ちなみに、この春から働き始める新入社員(新卒・既卒)の場合も、今年ふるさと納税をした分で節税が可能です。ふるさと納税は「翌年度に納める住民税の控除」ですので、2018年中に収入が発生すれば控除対象となります。

*新卒・新社会人で日本旅行ギフト券が貰える寄附(10万円以上)を行うのはちょっと厳しいと思いますので、収入に応じた寄附先・返礼品を選択しましょう → 「ふるなび ふるさと納税控除の収入別目安

by ke-onblog | 2018-03-30 06:05 | ふるさと納税 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。