白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ふるさと納税で2018年モデルiPad(第6世代)が2000円の負担で貰える!SIMフリーあり

ドコモとソフトバンクでは2018年3月31日から発売が始まる、2018年モデルのiPad「9.7インチ iPad(2018, 第6世代)」が、佐賀県みやき町のふるさと納税返礼品に追加されています。

[追記] みやき町のiPad返礼品は2018年4月30日で打ち切られる見込みです。5月以降の再開・提供予定は不明ですので、欲しい方は早めに貰っておきましょう。 現時点でみやき町以外にiPadが貰える自治体はないはずです。→「ふるさと納税 iPad返礼品一覧をみる

第5世代→第6世代のiPadではCPUが1世代分新しくなり、Apple Pencilが使えるようになるといった進化がありました。
d0262326_18331325.jpg
還元率としてはそこまで高いものではないものの(定価のほぼ3割)、発売されたばかりのモデルを速攻で取り入れてくるとは、なかなか仕事が早いですね。

みやき町では以前より専用の観光アプリ入りのiPadを返礼品として提供しており、3月30日時点では新旧モデル両方のiPadの在庫がある型番がありますので、寄附時によく注意してください。返礼品の選択画面に2017年・2018年モデルといった、わかり易い記載が無いため型番で判定する必要があります。

☆「ふるさと納税 iPad返礼品一覧

新型の型番と寄付額は以下の通りです(3月30日時点)。

・Q5-2 iPad Wi-Fi 32GB - スペースグレイ MR7F2J/A 13万円
・Q6-2 iPad Wi-Fi 32GB - シルバー MR7G2J/A 13万円
・Q7-2 iPad Wi-Fi 32GB - ゴールド MRJN2J/A 13万円
・S4-2 iPad Wi-Fi + Cellular 32GB - ゴールド MRM02J/A 18万円
・T3-2 iPad Wi-Fi 128GB - ゴールド MPGW2J/A 16万円


128GBモデルのセルラーモデルは無いみたいです。初回の在庫が少ない?のかもしれませんね。Apple製品は発売直後にモデル・カラーで在庫状況が生産レベルでかなり偏ることもあるので。

先程「新旧モデルを判別するわかり易い表記が無い」と書きましたが、よく見ると返礼品の頭に「Q6-2」とか「S4-2」といった、「○-2」という種別番号が書かれている在庫が2018年モデルになっているようです。「-2」が付いていない返礼品は2018年モデルですね。

みやき町では上記以外にもiPad Proシリーズ、iPad mini4もまだ在庫があります。Proはともかく、mini4はちょっと時代遅れになってきました。

みやき町への寄附で貰えるiPadは国内のアップル正規モデルですので、セルラーモデルはSIMフリーバージョンです。

古いモデルのiPadはふるさと納税で貰わなくても安く買えるチャンスがありますが、発売されたばかりのモデルは安売りされることが少ないので、アップルペンシル対応のiPadを試してみたい人はみやき町に寄附して貰ってみるのも良いでしょう。

ふるさと納税は「寄附」によるシステムですので、申込み後のキャンセルは出来ません。特にこのiPadの場合は受注後にアプリを入れる関係なのか「キャンセルは一切受けられない」と注意書きがあるほどなので、新旧iPadの選択ミス・寄付額の入力・家族用に複数のアカウントを持っている場合などに、注文間違えがないように気をつけてください。

☆「ふるなび-ふるさと納税の流れ

もっとお得なふるさと納税返礼品・5割還元のギフト券も有ります→☆「[2万円~の寄附でOK]ふるさと納税5割高還元ギフト券登場 HIS旅行券


by ke-onblog | 2018-03-30 18:49 | ふるさと納税 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。