白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

新色iPhone8 PRODUCT RED 初回在庫は豊富、当日購入も可能か

今週金曜日4月13日(ドコモでは14日)にアップルから発売される(PRODUCT) REDの限定カラーiPhone 8/8 Plusの予約受付が10日夜9時30分から開始されています。

iPhone7シリーズからフロントパネルのベゼル部分をホワイトからブラックに変更し、背面パネルの素材が金属系からガラス系に変わったことで高級感が非常に高く感じられるため、従来のレッドカラーのiPhone以上に注目を集めているようです。
d0262326_12390575.jpg
しかし、今回のiPhone8新色も、かつて起きたような「新型iPhone発売時の品薄・プレミアム化」とは無縁になりそうです。

予約開始から半日が経過した11日お昼の時点で、アップルストアのオンライン予約分はまだ初回在庫分が残っている模様。
d0262326_12413077.png
どのくらい在庫があり、どれほどの予約が入っているのかは全く不明ですが、アップルのオンライン注文では全レッドモデルが4月14日配送となっており、長い入荷待ちは不要な状態を維持しています。

昨晩から予約受付を始めたソフトバンク・auでも、予約ウェブサイトが繋がりにくい・サーバーがダウンするといったトラブルもなかったようですね。

すでに年度末のスマートフォン買い換え需要時期を過ぎています。3月までならiPhone8は多くのショップで一括0円で購入が可能な状態でしたし、アップルのファンだという人は昨年の発売時点ですぐに購入したでしょうから、今このタイミングで新しいiPhoneを買おう!という人は少ないのかもしれません。

昨年の例を見ても、iPhone 7/7 PlusのPRODUCT REDは発売後に通常購入が可能な状態でリリースされました。

一部の買取店では若干のレッド優遇をする可能性はあります。通常カラーの在庫はこの年度末にいっぱい増えたでしょうし(笑)

ドコモでは1日遅れの本日9時から予約開始、14日発売です。今回も通常のオンラインショップのURLとは別に、ドコモのHPから予約を受け付けています。

☆「https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/purchase/onlineshop/index.html

iPhone7/7 PlusのPRODUCT REDはしばらくは在庫が豊富でいつでも買える状態でしたが、いつの間にかオンラインショップでは販売が終わっています。レッドは予約しなくても買えそうな雰囲気ですが、いつまでも買えるものでもないようですね。

「限定モデル」として発売直後よりも将来的に希少なモデルになることなら有り得そうです(プレミアム化するという意味ではないです)。赤色が好みという方・REDプロジェクトに参加しようという場合は入手してみるのもよいでしょう。

直近の赤色スマホだとXperia XZ PremiumのRosso, HTC U11のソーラーレッドなどがありますが、赤色の市場需要はそれなりにあるようなので、将来中古品として手放すときに他の色より売りやすいかもしれません。

by ke-onblog | 2018-04-11 12:57 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。