白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

サイバーマンデー並 Essential Phoneが米アマゾンで349.99ドルに値下がり

すでに時代はSnapdragon 845を搭載した2018年夏モデルの登場を間近にしていますが、安定した性能とパフォーマンスを発揮するスナドラ835機種でお得なスマホが増えています。

日本国内のキャリアモデル・SIMフリースマホでも年度末セールによる投げ売りの影響を受けて白ロム価格が下がることはありますが、海外のスマホも時間が経過すれば少しずつ安くなっていきます。
d0262326_17280927.png
数少ない"日本で発売されていないのに日本の技適を取得しているスマホ"でもある、Essential Phoneはスナドラ835搭載・RAM 4GB・ROM 128GBというハイスペックモデルでありながら、発売当時の定価は699ドルでした。

700ドルでは中華スマホの価格帯に比べると高く感じなくもありませんが、他社有名メーカーのハイエンドモデルに比べると一回りくらい安い価格だったはずです。

そして、2018年4月15日現在、日本に直送可能な在庫がアメリカのアマゾンにて399.99ドルに値下げ中です。

*2018年4月20日時点で、更に値下げされて349.99ドルになっています

☆「Amazon.com Essential Phone in Black Moon – 128 GB Unlocked Titanium and Ceramic phone

最近は450ドル~500ドルくらいで販売されていた時期が多かったと思いますので、400ドルを割るのは久しぶりかと思われます。

この値下げっぷりは、昨年のサイバーマンデー時期に短期間で売り切れた2017年11月末頃以来のレベルでしょう。

サイバーマンデー時には、360度カメラ付きで399ドルでしたので、今回の値下げよりもさらに安かったということになりますが、360度カメラは別にいらないという場合は十分に本体が399.99ドルというだけで格安でしょう。

輸入手数料込みで、およそ4.7万円で買えることになります。ドコモのSIMロック解除版白ロムの価格で比べても、まだスナドラ835機種は5万円を切る価格で新品を入手するのは難しいでしょう(関連記事: 2018年4月上旬 ドコモ端末購入サポート/主要スマホの白ロム価格相場変動 )。

昨年末頃には先述のサイバーマンデーセールの効果で日本国内でもEssential Phoneの輸入済み在庫がヤフオク等で多めに売買されていましたが、最近ではそれも減ったようです。他人の手を介さず自分で輸入できる能力がある人は、アマゾン輸入にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

ちなみに、その他にアマゾンで日本へ直輸入可能なハイスペック機種の価格相場は、

・Galaxy S9+ 839.99ドル
・Galaxy S9 764.99ドル
・Galaxy S8 599.99ドル
・Galaxy S8+ 643.99ドル
・Galaxy Note8 784.89ドル
・Google Pixel2 699.99ドル
・Xperia XZ Premium 535.00ドル
・Xperia XZ1 489.95ドル
・Xperia XZ1 Compact 399.99ドル


こんな感じです(出品者によって日本直送出来ない在庫もあるので、購入前によく注意してみてください)。

Xperia XZ1 Compactもスナドラ835搭載モデルとしてはめちゃくちゃ安いです。少し前からこの価格で売られているところを見ると、海外でもXZ1 Compactが在庫処分の段階にあるのかもしれませんね。Xperiaはこの夏にもまたモデルチェンジしますし。

Essential Phoneの後継モデルがあるかどうかは情報を持っていませんが、国内のスマホに飽きている人は簡単に輸入できるアマゾンで、日本向けに配送できる「Amazon.com Global:International Shopping」から探してみると良いです。アマゾンIDに日本の住所を入れて登録しておけば、日本に送れるアイテム・手数料等も表示されるはずです。

by ke-onblog | 2018-04-15 17:55 | 端末輸入 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。